« はまの屋パーラー 玉子サンドゥイッチ (有楽町) | トップページ | 東生園 カキぞうすい (銀座) »

2013年12月15日

アンドラ・モンターニュ@青い森コテージ (南魚沼)

R0014236001
昨年の12月19日。火災で全焼し休業を余儀なくされたオーベルジュ・アンドラ・モンターニュが、同じ12月19日に帰ってきます!。写真は、9月29日に撮影したもの。以前のイメージを変えないながらも、レストラン部分はグッと広くなり、客室のレイアウトも少々変更。この日は、まだまだ工事途中、木屑もいっぱいだったが、日に日に出来上がっていく様子を、Facebookで見るにつけ、嬉しく、ぴっかぴかのアンドラに行ける日への思いが募る。


この日、アンドラ・モンターニュを訪ねたのは、新しいアンドラを見に行くことだけが目的ではなく、アンドラの裏手にある青い森コテージでの仮営業も目的の一つ。「アンドラとは勝手が違うから」云うが、アミューズからディセールまでの7皿は、やっぱりアンドラ。うっとり、にっこりの繰り返し。

 

R0014243001
ポルチーニとマイタケのおから&ズイキのピクルス

地味なイメージのおからが、ポルチーニとマイタケで、こんなにも芳醇でリッチな香りと味わいになるんだとびっくり。

 

R0014246001
ワカサギのエスカベーシュ

まだ小さいワカサギは青森産。野菜のフレッシュさと酸味で、爽やかさや若々しさが全面に溢れ出る。

 

R0014252001
サンマを半生に焼いて、ゴーヤとキュウリにのせて

秋刀魚にゴーヤ?胡瓜?と不思議だったが、凄い掛け算だと分かる。秋刀魚の焼き加減、肝ソース、ゴーヤや胡瓜の厚さ、燻香。それらが立体的に組合わさり、交差する。

 

R0014258001
秋サーモンのムニエル イクラ仕立て

身厚のサーモンは、香ばしい皮めとふっかりした身の美味しいこと。イクラを混ぜ込んだパプリカのソースは、いくらがプチッと割れるたびに、コク味を増すのも愉しい。

 

R0014263001
岩手地鶏のコンソメ

スープも、ここの来たと思うものの一つ。こんなにも澄んだ輝く色のスープなのに、その香りの躍動感たるや。

 

R0014266001_2
雌の仔鳩胸肉のロティは、巨峰の実をふんだん使ったソースで。糸うりが添えられているのが新潟らしいところ。

R0014278001
塩沢産 山栗と里栗で作るガトー

こちらも地味な見た目だが、ぎっしりと濃密な栗とじわじわと広がる滋味は圧巻。

 

R0014288001
この日はあまりに嬉しくて、ついつい調子に乗り、いつも以上に飲んだが、それでも朝はスッキリお腹が空いて目が覚めるというのも、アンドラ。朝は、自家製のベーコンやハム、精力感たっぷりの野菜などを頂いて。

 

新しいアンドラ・モンターニュには、当然、すでに予約済み。全焼して1年での再開は、驚きだし、本当にうれしいが、その裏には、オーナーとマダムの頑張りと、お二人を慕う多くの方の支えがあったからこそ。そんな姿を見ていて、ますますファンになってしまった。再会が、いまから楽しみで仕方がない。

 

【お店情報】
オーベルジュ・アンドラ・モンターニュ 新潟県南魚沼市宮野下1191-1 

|

« はまの屋パーラー 玉子サンドゥイッチ (有楽町) | トップページ | 東生園 カキぞうすい (銀座) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/58753981

この記事へのトラックバック一覧です: アンドラ・モンターニュ@青い森コテージ (南魚沼):

« はまの屋パーラー 玉子サンドゥイッチ (有楽町) | トップページ | 東生園 カキぞうすい (銀座) »