« 三州屋 カキフライ定食 (銀座) | トップページ | ル シャボテ ニシンと牡蠣のムニエル (銀座) »

2014年1月27日

蜂の子 たまソーセージ (築地)

R0015656001
「たまソーセージ」(900円)と聞いて、「玉子」と「ソーセージ」を使った何かまでは推測できるとしても、どんな料理か知ってる人でなければ、その正体は分からないと思う。

どこでオムライスと考えていたら、そういえば蜂の子へは暫くご無沙汰と思い向かったものの、週末の温かさに慣れた体には、今日の空気は冷たくて、そういえば「グラタン」があるじゃないかと思い出したという次第。

蜂の子の「グラタン」というのは、所謂「グラタン」とは違って、「白スパ」に、野菜と肉類のシチュウ「レバヤサイ」や「肉ヤサイ」「ソーセージヤサイ」を載せて、その上にチーズをたっぷりかけて、オーブンで焼いたもの。これらは、それぞれ「レバグラ」「肉グラ」「ソーセージグラ」と呼ばれるが、これらに「玉子」を載せたのが、「たまレバ」「たまにく」「たまソーセージ」というわけだ。

説明が長くなってしまったが、キャベツや玉ねぎ等が入ったシチュウ自体が独特で、白スパも太めでアルデンテって何?という柔らかさ。これに蕩けたチーズが不思議と合って、独特だが不思議と懐かしい嵌る味。いつもは「レバ」のところ、今回お初の「ソーセージ」。ソーセージの脂と風味のせいか、味は全然違うのに、名古屋の「あんかけスパ」をふっと思い起こしてしまった。

壁に掛けられた夜のメニューをみれば、牡蠣グラタンと牡蠣フライの盛り合わせなんていう、素敵なメニューに釘付け。ここのカキフライ、好きなんだよな。

【お店情報】
蜂の子 築地1-5-8 地図

|

« 三州屋 カキフライ定食 (銀座) | トップページ | ル シャボテ ニシンと牡蠣のムニエル (銀座) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/59019765

この記事へのトラックバック一覧です: 蜂の子 たまソーセージ (築地):

« 三州屋 カキフライ定食 (銀座) | トップページ | ル シャボテ ニシンと牡蠣のムニエル (銀座) »