« レバンテ ハンバーグステーキ (丸の内・有楽町) | トップページ | タイ王国食堂 ソイナナ 海老のレッドカレー炒め (東銀座) »

2014年5月25日

ウィルビウス (三鷹)

R0016257003_3
季節が変わると、これまた愉し。

桜が満開の頃に訪ねたウィルビウス。これまで訪ねたことがあるのは、夏と冬。夏には岩牡蠣や桃、冬には、白子に鱈、蒸した真牡蠣。どちらの季節も素晴らしく、他の季節ならどうだろう?と期待をさせてくれるから、いつ予約を入れようかと、悩ましくて仕方がない。

 

R0016253001
伺ったのは金曜日の夜の気持ち遅い時間。恐らく気持同じ時間に予約をした方の席を除けば満席で、にこにこと美味しそうで幸せな雰囲気で溢れている。ワインを選んで、気分がよくなったところで届いたのは、黒鯛を使ったアミューズ。黒鯛は勿論のこと、下に敷かれた法蓮草がびっくりするほど味が濃くてニッコリ。

R0016254001
一皿めの前菜は、人参のムースと雲丹のコンソメゼリー寄せ。こちらの
スペシャリテだ。たっぷりと入った生雲丹も旨いが、真骨頂は極上のコンソメゼリー。いろんな店で似たものを頂くが、正直ここが一番好みだ。「このコンソメ、とても美味しいですね」とマダムに伝えると、嬉しそうに「シェフが丹精込めて作っていますから」とニッコリ。お二人が寄せ合う信頼が、ここに見えるようだ。

 

R0016256001
続いて出てきたのが、季節ならではの白アスパラ。春野菜を添えてのオランデーズ。このオランデーズソースが素晴らしかった。ふわふわとした質感とふんだんな玉子感。あんまり美味しかったから、それだけでも大変美味しいパンにたっぷりとつけると、とても美味しい玉子サンドに。タマゴスキーな方には強くおすすめしたいが、もう来年だろうか。

 

R0016259001
魚料理は、酸味のあるケッパーのソースを使ったソイ。

 

R0016265002
肉料理は、厚切りの松阪豚。桜色もそそる豚肉は、程よく脂が入って柔らかいけれども、この厚み。噛み応え、食べ応えもあって大満足。

 

R0016268001
そしてデセールは、以前に感激した苺のスープと迷ったけれども、この日はタタン。


お任せのコースで、5,500円。ワインもこちらが心配になるほど良心的な価格で、いつ伺っても、値段以上の満足感。中央線沿線に住む者としては、もう都心部のレストランへは行けないかもしれないと思ってしまう。そして、こう書いている間にも、次を想像して、既にニヤニヤとして、幸せな気分になってしまうのだから、もうどうしようもなく魅了されてしまっているらしい。

 

【お店情報】
Virbius
(ウィルビウス) 
三鷹市下連雀3-3-50 パークファミリア 1F 地図

|

« レバンテ ハンバーグステーキ (丸の内・有楽町) | トップページ | タイ王国食堂 ソイナナ 海老のレッドカレー炒め (東銀座) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/59706890

この記事へのトラックバック一覧です: ウィルビウス (三鷹):

« レバンテ ハンバーグステーキ (丸の内・有楽町) | トップページ | タイ王国食堂 ソイナナ 海老のレッドカレー炒め (東銀座) »