« 三州屋 アジフライ定食 (銀座) | トップページ | 伊織 ランチバイキング (銀座) »

2014年6月 8日

日比谷BAR WHISKY-S Ⅱ (銀座)

R0016789002
銀座5丁目にオープンした日比谷BAR WHISKY-S Ⅱ。山崎を愉しめるWHISKY-S 1号店に続いてオープンしたこちらは、白州を堪能できるバー。森の蒸留所とも呼ばれる「白州蒸溜所」を思わせる森林の緑を基調とした バーらしくも柔らかさと清々しさを感じる雰囲気。

R0016738001_2
待ち合わせ時間ギリギリだったから、走ってやってきたところに、美味しい「森香るハイボール」。届けられたものが完成品ではなく、自らの手でポンとフレッシュミントを香りと広げて入れて、できあがり。

R0016758002
呑み心地の好いもう一杯は「白州Wソニック」。ノンビンテージと12年の白州を、ソーダとトニックで割ったから、このネーミング。しかも、ミントを一緒に凍らせた氷を使ってという小憎い作り。水、氷、ソーダも、同じ白州の天然水工場からのもので、馴染みが好く、さすがの飲み心地。

R0016751001
フードメニューは、白州蒸溜所の近くで獲れるものや、ウイスキーと合う燻製ものが盛りだくさん。特に気に入ったのは、
いぶりがっこよりも柔らかい香りで瑞々しい紫蘇べったら漬けや

R0016749001
こちらも穏やかに燻製が香る鰆の塩マリネ。
それにしても、どっぷり燻香というものではなく、自家製の燻製機で作られる柔らかい樽香というのが好い。写真はないが、脂がたっぷり乗った金目鯛の燻製も贅沢な味わいで美味。

R0016785002
ホットサンダー、そしてサバラバーなら、「これは!」 だったのが、サバ紫蘇ホットサンド。ライ麦パンのサクサクとした食感の後には、想像以上にジューシーで香りのある鯖。一方で、紫蘇や玉葱などのイイ抜け感があって好い感じなんだ。

R0016768001
この店舗は、特に、新しくウイスキーを好きになってもらいたいというテーマがあり、白州を使ったカクテルも。ハーブや果物を使った「森の恵み香りカクテル」や、デザートのようなヨーグルトカクテル。

R0016786003_3
一方で、この店だけで飲むことができる特別ヴィンテージモルトも。年を重ねるって悪くないなと思ったりするわけで―。

全面ガラス張りで気持ちがいいが、屋上には開放的なテラス席もあり。ビアガーデンも好いが、ウイスキーで乾杯というのも乙。

【お店情報】
ハウステラス銀座 日比谷BAR WHISKY-S Ⅱ 銀座5-6-5
NOCO8F ぐるなび
   

|

« 三州屋 アジフライ定食 (銀座) | トップページ | 伊織 ランチバイキング (銀座) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/59782218

この記事へのトラックバック一覧です: 日比谷BAR WHISKY-S Ⅱ (銀座):

« 三州屋 アジフライ定食 (銀座) | トップページ | 伊織 ランチバイキング (銀座) »