« 臼家 ごぼう天そうめん (銀座) | トップページ | 春宵 ロールキャベツ (銀座) »

2014年9月18日

ブラン亭 キーマカレーとヤサイカレー (銀座)

R0001096001_2
暫くカレーを口にしていないと、自然と欲するから不思議なものだ。昨日ぐらいから、そろそろカレーと思っていたが、昨日はそれ以上に素麺だったから、それで今日。でも、一口にカレーと云っても、インド風、欧風等といろんなカレーがあるし、銀座には旨い店も沢山ある。今日食べたいカレーは――と自問すると、ふっと浮かんだのは、ブラン亭のママだった。

銀座7丁目、路地に少し入り込んだ古びたビルの地下1階。暗くて少し急な階段を下りて右手、カウンター7席だけの極小さな店。そんな見つけにくい店だが、客が引きも切らない。それは、たぶん、階段を降りる途中でも香るスパイス香と、ママと作り出す店の雰囲気のせい。今日も、ママが、転勤か何かで久しぶりになってしまったらしいご常連さんとにこやかに話していた。

メニューはカレーライス(780)と、トッピングの目玉焼き(+70)と、チャイとコーヒーのみ。チキン、ポーク、野菜、キーマ、豆の5種類から1種類か、2種類のカレーを選ぶ。ここに来ると、ついついチキンをベースに何かとなることが多いけれども、今日は「優しさ」を求めて「ヤサイ」と、それに合いそうな「キーマ」。やっぱりと、目玉焼きを載せてもらった。

「季節の野菜がたっぷりと入っています」というとおりに、じゃが芋に人参、トマトに里芋など豊富に入るが、特長的なのは、辛味が極柔らかいのに間違いなくカレーであること。記憶にある以上に、シチューのようで、具沢山の汁物のようで、穏やかで優しく、そしてふわりとスパイスが漂う。一方のキーマは、粗挽き肉を使っているのに、旨みをしっかり纏ってきめ細やか。噛みしめると、旨みとスパイス香が立つ。辛いものが欲しいときには、物足りないかもしれないが、今日求めていたのはこれなんだ。

食べ終わった頃を見計らって、「いい気候になったわね」から始まり、「明日が終わると、連休でしょ」なんて、ママが声をかけてくれた。今日は他にお客さんがいるからと少々残念に思っていたが、もう少しだけと腰掛け直す。ママもカレーも、鷹揚で品良く優しく、魅惑的。もうすっかりとその魅力の虜になっている。

【お店情報】
銀座ブラン亭 銀座7-2-17 南欧ビルB1 地図

|

« 臼家 ごぼう天そうめん (銀座) | トップページ | 春宵 ロールキャベツ (銀座) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/60335285

この記事へのトラックバック一覧です: ブラン亭 キーマカレーとヤサイカレー (銀座):

« 臼家 ごぼう天そうめん (銀座) | トップページ | 春宵 ロールキャベツ (銀座) »