« 岩戸 冷汁 (銀座) | トップページ | ふじむら アジフライ (築地) »

2014年9月 7日

Bistroぺるしぃ (銀座)

R0000817002_2
まだまだプレオープン中ですが、シェフもさっちゃんも元気です。

7月頃だったか、元気かな? そろそろ落ち着いたかな? と電話をしたところ、待っていた方が多く、若干不定期な営業ということもあって、結局伺えたのが8月のこと。

 

マンションの一室だから、入口でピンポーンとチャイムを鳴らすと、「どうぞー」とさっちゃん。店内も以前よりずっとアットホームで、まるでお宅に伺っているよう。

 

R0000807001_2
グラスを片手に待っていると、登場するのが、お馴染みの3種類のペーストと自家製パン。この日は、定番の茄子のペーストに、箱根のホワイトバター、爽やかな旨みが夏に似合う讃岐さーもんのペースト。これらを温かいパンに乗せると、その熱で少し溶けて、もっちりしたパンに染みたところが、また好いんだ。

 

R0000809001
続いては、また「讃岐」で、さぬき蛸のテリーヌ。旨みたっぷりだけれど、軽いなと思ったら、豆腐を使っているのだそう。写真奥の瓜のようなズッキーニのような野菜は、勘次郎胡瓜という山形の伝承野菜。柔らかで瑞々しくて、爽やか。伺う度に、必ず何か新しいものに出会えるのが、楽しいのだ。

 

R0000817001
そして、ハーブ豚のグリル。ヒレの部分だそうだが、見て、この淡く美しい色。じわじわと手間をかけて熱を入れているからこその色と柔らかさ。こういう手間がかけられるのも、ランチを止めて時間が出来たからなのだそう。

 

R0000814001
これだけでも素敵なのに、周りを彩る野菜たちの凄いこと。3種類の茄子のラタトゥイユに、淡路島の玉ねぎ、間引いて甘みと香りをふんだんと携えた玉蜀黍。だだちゃ豆が香るキッシュ。どれも、口にして2度見、3度見したくなる個性たっぷり。

 

R0000818001_2
4皿目はパスタだが、上の黄色いのは、初めて口にする生からすみ。からすみに比べると、随分と穏やかな塩気。生ならではの良い絡みで、ぷちぷち、オカヒジキのシャクシャクと食感賑やか。これだけ食べた後でも、ぺろりとなくなってしまった。

 

あまりに夢中で写真を撮り忘れたが、チーズケーキやシャーベットの盛り合わせと、ハーブティーまでと盛りだくさんで満喫。

 

とにかく、シェフのメンテナンスも無事に終わったようで本当に何より。まだまだ新しい何かがどんどん現れそうな予感。まだまだ、ゆっくりとした営業ですが、ぺるしぃらしい料理とおもてなしを、無理せず、どうぞ長~く。前日までの完全予約制。平日休業のこともありますので、まずはどうぞお電話を。

 

【お店情報】
Bistro
ぺるしぃ 銀座1-15-13 地図

|

« 岩戸 冷汁 (銀座) | トップページ | ふじむら アジフライ (築地) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/60278946

この記事へのトラックバック一覧です: Bistroぺるしぃ (銀座):

« 岩戸 冷汁 (銀座) | トップページ | ふじむら アジフライ (築地) »