« グリルスイス オムハヤシ (銀座) | トップページ | 敦煌 麻辣刀削麺 (銀座) »

2014年10月 9日

ランヌンビンザン 激辛ブンボーフエ (銀座)

R0001299001_3

 

 


辛いものが食べたくて、王十里サランチェでチゲでもと思い、銀座松屋の裏手までやってきた。ランチのメニューボードを見ると、チゲが数種類あるものの、どうしても気になってしまったのが、新メニューという「特上ミノ炒めご飯」。ご飯とミノを炒めたものだろうか?正体は分からないが、ここのミノが旨いことは知っている。いや~、絶対旨そうだ。と、想定とは全く別のものが食べたくなって困ってしまう。

 

 

 

それでもいいが、そういえばと――背を向けていた、ランヌンビンザンに目を向ける。たしか、ピリ辛の牛肉汁麺「ブンボーフエ」があったはずとランチメニューを見ると、それもあるが、「激辛ブンボーフエ」(938)なんてメニューが張り出してある。まさに、こ・れ・は! だ。よく見てみれば、ランチメニューではないようだったが、聞いてみると「単品になりますが、大丈夫ですよ」とのこと。

やってきたのは、確かに赤が目立つスープ。どれくらいなんだろうと口にすると、確かに辛いけど、これは好い!。辛いだけでなく旨味もしっかり。夢中で食べ進めると、ご馳走様の自分には、スカッとして、口はヒリヒリ。ちなみに、「激辛」は、麺はブンではなくフォーでの提供のよう。

 

 

 

期間限定だが、いつまでだろう。定番にしてほしいくらいだ。前から気になったブンリュー(海老みそスープ麺)も食べたいし、むむむ、悩ましい。

 

【お店情報】
ランヌンビンザン 銀座3-8-5 地図

 

 

 

|

« グリルスイス オムハヤシ (銀座) | トップページ | 敦煌 麻辣刀削麺 (銀座) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ランヌンビンザン 激辛ブンボーフエ (銀座):

« グリルスイス オムハヤシ (銀座) | トップページ | 敦煌 麻辣刀削麺 (銀座) »