« よかよか おでん定食 (有楽町) | トップページ | 雪園 牡蠣と豆腐のピリ辛石鍋ごはん (京橋) »

2014年12月 7日

KINTAN (表参道)で焼肉と肉専用黒ワイン「カーニヴォ」

R0001744001_2
アウェイの地、表参道にやって来る。というのも、焼肉とワインを愉しみませんか?(しかも、表参道で)なんていう、自分の頭の中からは絶対出てこないような誘いを頂戴したから。

店の名前はKINTAN。大通りを1本裏に入ったところ、場所柄にぴったりの洒落た店。脂臭くも煙臭くもなく、焼肉店というよりも、むしろレストランかカフェ。お客さんもお洒落な女子同士でなんて方も多く、益々アウェイ感が募る。――のであるが、酒と旨いものがあれば、そちらに集中してしまうわけで。

 

R0001724001
肉!とやって来たが、最初はこちらをと運ばれてきたのが、生雲丹のフラン。上に載ったものだけでなく、つるんと滑らかなフランにも雲丹の風味。初っ端ならこれはズルい。

 

R0001726001
続いて、脂が好い具合に入った和牛ざぶとんのユッケに、

 

R0001729001
「日本一のカルパッチョ」なんていう、和牛の腿肉に、雲丹にキャビア、トリュフのカルパッチョ。天邪鬼的には、載せりゃいいってもんじゃないなんて思ったけれども、云…、人間、素直に生きようよ。香り、舌触り、楽しみが沢山。

 

R0001736002
さー、ここから焼肉祭り。店名にもなっている金舌と黒タンの食べ比べ。金舌は熟成させた牛舌だそうで、柔らかさと舌らしい程よい食感、風味が印象的。

 

R0001740001
続いてはサシも美しい塩上カルビ。

 

R0001746001
ここで、今日のもう一つの主役のワイン「カーニヴォ」。その濃い色から「黒ワイン」とも呼ばれているそうだ。その色味から受ける重そう、渋そうなイメージとはまるで違って果実味たっぷりでジューシー。酸味が少なく甘みがあって、肉の旨味に負けない。なるほどね。

 

R0001749002
単純だけれど、肉とステーキ!ということで、赤身肉のステーキ。目の前で焼いてくれた後、厨房でカット、盛り付けをしてくれるのだが、

 

R0001758001
この色!

 

R0001763003
調子に乗って、こんなにも脂ののった牛刺しの握り。口にして次瞬間、「ふぁっ!」っと思わず声が漏れる。体温で脂が溶けるってこういうこと。

 

R0001769002 R0001770003

このワインには、タレが
合うねって話になって、タレゾーンに突入。

 

R0001771003 R0001773003

最後は、この店の〆のサーロインの焼きすき。
一口分のご飯と潰した玉子の黄身をスタンバイ。

R0001778003_2
肉を軽く焼いたら、オンザサイス!巻いて一口。嗚呼、ズルい。嗚呼、旨い。

 

うーん、やっぱり人からの誘いには乗っておくものだ。それにしても、カーニヴォ。発売は10月だが、既に人気で、店頭では中々購入しにくい状況だそうだが、Amazonで購入可何かと飲む機会が増える時期に向けて1本ポチッ。カーニヴォについて詳しくは→こちら

 

【お店情報】

表参道焼肉 KINNTAN 港区北青山3-10-14 地図

|

« よかよか おでん定食 (有楽町) | トップページ | 雪園 牡蠣と豆腐のピリ辛石鍋ごはん (京橋) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/60773569

この記事へのトラックバック一覧です: KINTAN (表参道)で焼肉と肉専用黒ワイン「カーニヴォ」:

« よかよか おでん定食 (有楽町) | トップページ | 雪園 牡蠣と豆腐のピリ辛石鍋ごはん (京橋) »