« 銀座珈琲店 銀座オムレツサンド (銀座) | トップページ | オギクボバル (荻窪) »

2015年5月30日

ジャックポット(汐留)で、牡蠣づくしと海のワイン「ビオンタ」

R0003393001
汐留に来るのも、何年ぶりだろう。銀座から物理的には近いけれども、気持ち的に遠い街。それでもやって来たのは、「魚介と白ワインを楽しみませんか?」なんてサントリーさんから願ってもない誘いを頂いたからだ。

R0003386001

場所は汐留のジャックポット。それなら牡蠣!!!と思っていたら、想像以上の牡蠣づくしに大興奮。まずは船盛で登場の生牡蠣。一方は佐賀の唐津、

 

R0003389001
もう一方は、長崎の華漣。「先ずは唐津を、その後華漣の順で召し上がってくださいね」と店の方。云われるままに食べてみると、軽やかさとミネラル感ある「唐津」に、グッと旨みが詰まった濃厚な「華漣」。なるほど、確かにこの順番は大事。

 

R0003592001
そこへ合わせるのが、今日のもう一つの主役、海のワイン「ビオンタ」。何故「海のワイン」かと云うと、すぐ目の前は大西洋という、スペインのリアス式海岸で栽培された葡萄を使っているからだとか。そのため、海からの風などの影響を受けて、ミネラルや塩味が感じる味わい。だから、海のものに合うんだ。

R0003387001_3


現地でも、生牡蠣や、海老、タコなんかと合わせて楽しんでいるのだそうだが、実際、口当たりは柔らかく、青りんごっぽい風味があるのに、魚介と合わせるとそのミネラル感や旨みをグンと引き立てる。

 

R0003391001
なるほど~と楽しんでいると、そこからは、もう牡蠣・かき・カキ。牡蠣やトマトの旨味の染み出たオイルも勿論忘れずに。

 

R0003398001
牡蠣が沢山のったピッツァに

 

R0003402001_2
焼き牡蠣は醤油とブルゴーニュ風。
フルーティーだけれども、甘すぎないから、調子にのってグイグイと進んでしまう。

 

R0003403001
そして、お久ぶりです、カキフライ。寒い時期の立派なカキフライも好いが、このワインには、小ぶりでサクサク、軽く口に入るカキフライが好いぞ。

 

R0003410001
最後には、大きな鍋一杯の蒸し牡蠣。う~ん、潮の香りが一杯。腹も牡蠣で一杯だ!

 魚介はもちろんだが、太陽と風、海にも似合うと思う。昼間っから飲むのに好いだろうな。そうだ、海鮮BBQなんて最高! 生産量が少なく、スーパーなどで買えるほどの流通量もないため、自宅でという方はAmazonからどうぞ。

 【お店情報】
ジャックポット 汐留店 港区東新橋1-8-2 カレッタ汐留2F ぐるなび

|

« 銀座珈琲店 銀座オムレツサンド (銀座) | トップページ | オギクボバル (荻窪) »

コメント

ほほう 汐留ですと 
新橋というと銀座のお隣って感じですけど
汐留はなんか遠いイメージ 
そして
ワタクシの好きな居酒屋が皆無なイメージだす
(新橋ビル周辺除くww)

この日のメニューはのむのむホイホイですねw

投稿: ぶひ | 2015年5月31日 20:18

●ぶひさん
>ワタクシの好きな居酒屋が皆無なイメージだす
わかりますww
まぁ、私が行かないのも、同じような感じですが。

美味しい牡蠣を食べさせてくれると云われたら
ついてきますwww

投稿: のむのむ | 2015年6月 1日 07:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/61669179

この記事へのトラックバック一覧です: ジャックポット(汐留)で、牡蠣づくしと海のワイン「ビオンタ」:

« 銀座珈琲店 銀座オムレツサンド (銀座) | トップページ | オギクボバル (荻窪) »