« ISE-UDON BAR 伊勢物語 永光卵の天ぷらうどん (銀座) | トップページ | EIKO スンドゥブチゲ (銀座) »

2015年10月14日

三州屋 カキフライ定食 (銀座)

Gr000497004
先週は大行列だった三州屋。今週なら少しは落ち着いているだろうかと並木通りから覗いてみれば、とりあえず店先にまで伸びる行列はないらしい。紺地に変わった暖簾を潜って引き戸をがらり。賑やかだが、まだ少し余裕はある。「一人? カウンターでいい?」というすっかり馴染んだ案内に、安心して腰掛けながら、注文は決まっているが、一応ホワイトボードを確認する。

 

「よかった。カキフライちゃんとある。」それならと、「カキフライ」(1,350)と注文して、待つ間、もう一つ確認したいものを探して、壁に並ぶ短冊を見遣る。

 

「は~い、カキフライの方」と、見つかる前にカキフライがやってきた。年明けのものに比べれば、随分と可愛らしい牡蠣だが、ぷっくりと若々しく張り、思わず手を合わせたくもなる。とはいえ、これは二個抱き合わせかと思った大きなものも、食べてみれば単体で、しっかりとした身の歯応えもあって、なかなかどうして。これが、寒さが募るほどに大きさと旨味を増していくと思うと、わくわくが止まらない。

 

カキフライは既に余所で頂いたが、ここに来なければ始まった気がしない。そうそう、探していた「牡蠣塩焼き」に「牡蠣豆腐」も、今年は既に始まっている。これに大きい御燗酒。くぅ~、思うだけで堪らない。

 

【お店情報】

三州屋 銀座店 銀座2-3-4 地図

|

« ISE-UDON BAR 伊勢物語 永光卵の天ぷらうどん (銀座) | トップページ | EIKO スンドゥブチゲ (銀座) »

コメント

わたくしもこの前行ってきました~ 
ここのカキフライはひと味違う 
フライになってるのに 
噛むとカキの食感というか 
噛み応えがちゃんとあるんですよね 
カキフライといえば先日レバンテでも半額フェアをやってたみたいですね 

あ、三州屋ののれん 新しくなりましたよね

投稿: ぶひ | 2015年10月15日 08:00

あ、そろそろ「ふじむら」さん行ってみないとな。
日々は自作お弁当なのですが、来春には地元へ帰れそうなので、そろそろラストスパートかけて美味しい外食を楽しんでおかないと、と思っているところです。

投稿: にゃおにゃん | 2015年10月15日 11:54

●ぶひさん
そうそう、牡蠣の食感の身の食感ね。
この時期でもあるんだから~!とホント手を合わせたくなりますw
レバンテ、ちゃんとカキフライも半額で出してくれるの
うれしいですよね。

のれんもそうですけど、戸口も新しくなってません?

投稿: のむのむ | 2015年10月15日 23:23

●にゃおにゃんさん
ふじむらさん、カキフライ始まってますよ!!
今シーズンは行けるかな?行きたいなー。

それはそうと、地元へ戻られるのですか?!
美味しいものも沢山ありそうですが、
東京だからこその美味しいものもありますもんね。
ぜひ心残りのなきよう。
お会いしたことはないですが、
こうやってやり取りさせて戴いてると、なんだか寂しいですね。

投稿: のむのむ | 2015年10月15日 23:26

はい、来客があったので「ふじむらさん」営業に偵察がてら食べて来てもらいました。美味しかったそうです。
持病のこともあり、地元でのんびりしようと帰る希望を出しているのです。地元は素材が美味しいから工夫が無い。きっと自炊ばかりになると思うのです。東京の華やかな外食楽しかったですね。
このブログのおかげさまで築地~銀座の情報を収集させていただいておりました。ぺるしいには行っておきたいな。
ホント、お会いしたことが無いのですが近くにいらっしゃるとワクワクしたものです。
逆に東京へ(新宿あたり)通院することにしたので、年に何度かは上京する予定です。

投稿: にゃおにゃん | 2015年10月22日 10:24

●にゃおにゃんさん
そうなんですね。山陰は今年行って改めて思いましたけど
本当にいい素材が沢山。
健康な美味しいものを食べて、ゆっくりしてください。
戻られるまでに、どこかでバッタリなんてことが
あったりして(笑)

投稿: のむのむ | 2015年10月23日 08:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/62473296

この記事へのトラックバック一覧です: 三州屋 カキフライ定食 (銀座):

« ISE-UDON BAR 伊勢物語 永光卵の天ぷらうどん (銀座) | トップページ | EIKO スンドゥブチゲ (銀座) »