« 大儀 ごぼう天そうめん・温 (銀座) | トップページ | SUGAR (阿佐ヶ谷) »

2016年7月 1日

沌 クイッティオゲーンイサーン (八重洲・丸の内)

Gr002599001
辛いものが食べたいんだ。もっと云えば、辛くて変な声が出るくらい辛いもの。思いつく辛いものといえば、まだんのビビン麺か、あとは、沌のクイッティオゲーンイサーン(950)。冷たいものより、温かいものが好いからと、沌に来る。

 

タイ料理店だが、特徴は麺類の多さ。ランチタイムでも10種類以上あるのではないだろうか。その中でも、一番辛い印がついているのが、これだ。

 

とりあえず、運ばれてきたときの黒胡椒の香りにそそられる。麺を引出し啜り上げると、レモングラスの爽やかな香り。啜り上げると、記憶にあるよりもずっと赤いスープが絡んで、期待どおりのヒリヒリ。ジワジワと汗が出る。

 

それに、これの嬉しいところは、鶏肉や野菜がたっぷり入っているところ。鶏肉なんて、鳥料理かと思うくらいに、大振りの鶏肉がゴロゴロと入る。

 

店内は満席、テイクアウトの弁当を買う人も多く、オフィスビルの人気店。カレーとガパオの合い盛りも人気だが、自分はコレを外せない。

 

【お店情報】

沌 丸の内1-11-1 パシフィックセンチュリープレイス丸の内B1 地図

|

« 大儀 ごぼう天そうめん・温 (銀座) | トップページ | SUGAR (阿佐ヶ谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/63853791

この記事へのトラックバック一覧です: 沌 クイッティオゲーンイサーン (八重洲・丸の内):

« 大儀 ごぼう天そうめん・温 (銀座) | トップページ | SUGAR (阿佐ヶ谷) »