« サイゴン ブンチャーゾー (有楽町) | トップページ | カフェドロペ フルフルのフルーツサンド (銀座) »

2016年8月 1日

鳥ぼんち とり玉重 (銀座)

Gr002910002_2
久しぶりのマロニエゲート。というのも、先日、ここに入る沖縄料理店「土の実」で、沖縄そばが680円から食べられるというランチが始まったと知って、暑いときは暑いところのものと思ってやってきたのだ。

 

けれども、いざ、マロニエゲートまでやってきたら、新しい店がオープンしているのが目に入る。通り過ぎようかと思ったが、「今治焼鳥」の文字を見たら、そうはいくまい。松山で、やたらと仕事終わりのサラリーマンが吸い込まれていく店があると思って入った店が、今治風やきとりの店。まぁ、これが好い店で、すっかり今治焼鳥のファンになったという次第。

 

今治の焼き鳥は、何と言っても、串に刺さず鉄板で焼くのが特徴。ランチタイムは、焼き鳥のどんぶり「とり丼」と、厚焼き玉子が入った「とり玉重」、カレーの3種類だが、焼鳥は、ランチタイムでも、もちろん、鉄板でジューっと焼くスタイル。

 

とり丼の780円という値段は魅力的だが、やはり玉子は外せないととり玉重(980)を選ぶ。パリパリとした食感と香ばしさは、鉄板で焼くからこそ。気になっていた厚焼き玉子は、出汁のきいた品よい味。これに鳥スープが付く。

 

あゝ、あの日食べた皮焼きやら、せせりやらの味わいを思い出す。旅心が疼いていけない。

 

【お店情報】

焼とり 鳥ぼんち 銀座2-2-14 マロニエゲート12F ぐるなび

|

« サイゴン ブンチャーゾー (有楽町) | トップページ | カフェドロペ フルフルのフルーツサンド (銀座) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/63997431

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥ぼんち とり玉重 (銀座):

« サイゴン ブンチャーゾー (有楽町) | トップページ | カフェドロペ フルフルのフルーツサンド (銀座) »