« サイゴン 鶏もも肉の香り焼き (有楽町) | トップページ | 敦煌 週年特別ランチ (銀座) »

2016年10月31日

レバンテ かきフライ (丸の内)

Gr0036670011
こちらも毎年の愉しみの一つ。レバンテのかきフライ。何がいいかって、三重県産の牡蠣を使っていることだ。使われているのは、的矢の牡蠣と浦村の牡蠣。的矢は特に有名で、レバンテでも、的矢の牡蠣のカキフライとわざわざ明記してあるが、そうではない普通の「かきフライ」(1,500円)もおすすめだ。

 

こちらのかきフライは一皿に4個が定番。牡蠣が小振りのため、2つを抱き合わせたタイプ。中には弾けそうに太ったものもあって、もう待ちきれない。カリッと揚がった衣にナイフを入れると、ピュッとエキスが弾け飛ぶほどに美味しさを蓄えていて、心が躍る。

 

軽やかで香ばしいパン粉の下には、むっちりとした牡蠣。零れるエキスと身の旨さに思わず頬も緩むというもの。そのままでも美味しいが、レモンや自家製のタルタルをつけてと、あれこれ食べ比べるのもお楽しみ。

 

それに、付け合わせの美しいさと美味しさ。例えば、何の変哲もないように見えるが、キャベツの隅々にまで、しっかりとドレッシングで和えられていて、まさにサラダをドレスで装ったよう。これだけお代わりしたいくらいだ。ちなみに、月曜日はあんぱんがサービス。


そうだそうだ、ここに来たら、牡蠣のグラタンやピラフも忘れてはならない。夜にまた来なければ。

 

【お店情報】

レバンテ 丸の内3-5-1 東京国際フォーラム 地図

|

« サイゴン 鶏もも肉の香り焼き (有楽町) | トップページ | 敦煌 週年特別ランチ (銀座) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/64424567

この記事へのトラックバック一覧です: レバンテ かきフライ (丸の内):

« サイゴン 鶏もも肉の香り焼き (有楽町) | トップページ | 敦煌 週年特別ランチ (銀座) »