« ビフトロ バイ ラコクシネル 牛バラ肉の赤ワイン煮 (京橋) | トップページ | 満留賀 あんかけそば (有楽町) »

2016年10月12日

三州屋 カキフライ定食 (銀座)

Gr003517002
いつもより、グッと遅い2時少し前。この時間なら、三州屋も空いているだろうし、今シーズン最初のカキフライを食べようかと考える。

 

一方で、最近、昼時の長い行列に足が遠のいているキッチン大正軒も気になるし、この時間ならのクーリもとHPを見ると、牡蠣のパスタやイノシシのコロッケと何ともそそるメニューが書いてある。ハテ、コマッタゾ。

 

気分は2転3転、考えるほど悩ましい。けれども、やっぱり三州屋のカキフライ(1,350円)を食べなければ、シーズンが始まった気がしないと、敬意を表する。

 

暖簾の先は、ランチタイムとは全く空気が異なっている。穏やかでゆったり。常に飲んでいる人はいるが、左の方は瓶ビール。背中からは、燗酒だ、焼酎だという声が聞こえる。いいなァ、この空気の中で飲めるのは幸せだろうな。ちょうど、ホワイドボードが定食ものからつまみメニューに代わるところで、好きな例のアレか、いやいやコッチがいいかと、エア飲みに興じてみる。

 

そんな折、「忙しい?」と声がして、その声の主に顔を向けると、もう随分と長いことここで働いている御姐さん。いつもと時間が違うから声をかけてくれたのだろう。こんなこと、この時間じゃなければ難しい。飲めないが、いいこともあるじゃないか。

 

そうこうするうち、「お待たせしました」と、半年ぶりのカキフライとご対面。まだ出始めだからと思っていたが、想像よりもずっと形が揃っていて麗しい。ザクザクの衣の下には、牡蠣らしいあの香りとエキス。ジュッと口に広がって、堪らずニッコリ頬が緩む。寒さが募るほどに大きさと旨味を増していくと思うと、わくわくが止まらない。

 

壁の短冊には、「牡蠣塩焼き」に「牡蠣豆腐」も並んでいる。やっぱり夜。そして燗酒。

 

【お店情報】

三州屋 銀座店 銀座2-3-4 地図

|

« ビフトロ バイ ラコクシネル 牛バラ肉の赤ワイン煮 (京橋) | トップページ | 満留賀 あんかけそば (有楽町) »

コメント

「牡蠣塩焼き」に興味津々
毎日の定番メニューではなさそうですよね 
来月お江戸に行った時もあるかなあ

投稿: ぶひ | 2016年10月12日 19:14

●ぶひさん
牡蠣塩焼きは、書いたとおり、短冊メニュー(すなわち夜)で
毎年の定番です。
ランチのピークタイムを過ぎれば、やってくれるのではないでしょうか。
塩強めで、如何にもな酒肴です。

投稿: のむのむ | 2016年10月12日 22:57

のむのむさんもカキフライですか~
私も昨日ふじむらで今年初のカキフライ食べてきました
すごく大きくてジューシー♪
もう秋なんですね。。。

投稿: なー | 2016年10月13日 11:25

●なーさん
奇遇ですね!最近すっかり秋めいてきて
牡蠣気分が盛り上がってきました!

ふじむらさん…、
カキフライがあるのを確認して、階段を下りたのですが、
ピークタイム後でも、行列ができてるんですよね。
時間がなくて退散しましたが、今年こそ再開をと思っています!

投稿: のむのむ | 2016年10月14日 00:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/64339115

この記事へのトラックバック一覧です: 三州屋 カキフライ定食 (銀座):

« ビフトロ バイ ラコクシネル 牛バラ肉の赤ワイン煮 (京橋) | トップページ | 満留賀 あんかけそば (有楽町) »