« はし本のおばんざい お魚膳 (銀座) | トップページ | EIKO スンドゥブチゲ (銀座) »

2017年4月20日

北野 旬魚の炭火焼き (銀座)

Gr005277002_2

コリドー街。本当は別の店に向かっていたが、ちらりと見えた「鯵フライ」の文字に立ち止まった。墨書きのいい字。美味しそうな気がすると、どの店のものかと確かめると、この北野だった。確か以前は、もう少し高い価格帯だった記憶しているが、炭火焼きランチ等が1,200円~。これなら入ってみようと階段を上がった。

 

店の中は想像以上に広く、カウンターと個室が数部屋。それに板前さんが数人キビキビと働いていて気持ちがいい。冷たいおしぼりに冷たいお茶。結構歩いてきたから、とてもありがたい。

 

さてと「鯵フライ」と思ったところ、生憎、ちょうど売り切れてしまったらしい。それならと、もう一度品書きを一睨み。炭火焼きが3種類(野菜、魚、豚肉)。しかも、目の前には立派な焼き台があるとなったら、炭火焼きをお願いしよう。

 

注文が入ってから、串を打って焼く。隣では――、あれがアジフライか。身が厚くて旨そうだ。別々に働いていた人たちが、完成のタイミングに合わせて動きを揃えていくところなんて目覚ましい。

 

魚は平政と鱸があって、鱸をお願い。ぷっくりと厚い身からは、鱸の香りと焼けた香ばしい香り。しっとりふっくらとした身はもちろん、皮目がまた旨いんだ。小鉢に手を出せば、独活と蕨が入った金平。ご飯に吸い物、香の物。食後のデザートまで、美味しく頂いた。

 

鯵フライのリベンジをしたいが、他の炭火焼きも食べてみたいし、地きんめ丼、金目鯛の煮付けなんかも気になって来る。あゝ、次が楽しみだ。

 

【お店情報】

炭割烹 北野 銀座7-2-先 銀座コリドー街 2F 地図

|

« はし本のおばんざい お魚膳 (銀座) | トップページ | EIKO スンドゥブチゲ (銀座) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/65174379

この記事へのトラックバック一覧です: 北野 旬魚の炭火焼き (銀座):

« はし本のおばんざい お魚膳 (銀座) | トップページ | EIKO スンドゥブチゲ (銀座) »