« IBREW WIRED 鯖の南蛮漬け (京橋) | トップページ | 三州屋 カツオ叩き定食 (銀座) »

2017年5月10日

一凛 油淋鶏とよだれ鶏の御膳 (築地)

R0000193003

14時少し前、東銀座。辛いものが食べたい気もするが、YOUのオムレツも捨てがたい。そう思いながらYOUの前まで来てみると、どこかで取り上げられたのだろうか、店の外にまで行列が出来ている。

ならば辛いもの。この辺りでと考えてみれば、思い出したのが一凛。以前から気になっていた店ではあるが、人気店で入りにくいこと、それに職場から少し遠いこともあって、来ていなかった店。特に、よだれ鶏のファンが多くて、ランチにも、それが入ったメニューがあるという。

 

L.O.直前だったが、快く迎えてくれて、お願いしたのは、油淋鶏とよだれ鶏の御膳(1,300円)。手際良く揃えてくれたのは、油淋鶏とよだれ鶏の他、勢いよく湯気の立つもち豚焼売にかき玉スープ。

 

メイン料理の油淋鶏は、しっとりとした肉質と衣のバランスの良さだろうか。一口食べた瞬間に、もう旨い!と思うやつ。それに、焼売はきれいな桃色。見た目は肉々しいのに、口にするととろけるようにほどけていく。その後に残る仄甘さも印象的。

 

よだれ鶏は、小鉢として少しのサイズではあるが、しっとりと柔らかい鶏の食べ心地の好いこと。それも然ることながらタレの素敵なこと。香辛料の他、パクチーやナッツ類も入って、香りも食感も豊か。残ったタレをご飯にかけて掻き込みたくなる。

 

好物の麻婆豆腐なんかも気にあるが、今一番気になるのは、よだれ鶏冷麺。これから来る暑い季節に、また一つ楽しみが出来た。

 

【お店情報】

東京チャイニーズ一凛 築地1-5-8 地図

|

« IBREW WIRED 鯖の南蛮漬け (京橋) | トップページ | 三州屋 カツオ叩き定食 (銀座) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/65262100

この記事へのトラックバック一覧です: 一凛 油淋鶏とよだれ鶏の御膳 (築地):

« IBREW WIRED 鯖の南蛮漬け (京橋) | トップページ | 三州屋 カツオ叩き定食 (銀座) »