« 三州屋 イワシ叩きとライス(銀座) | トップページ | 王十里 サランチェ 和牛ユッケジャン (銀座) »

2017年8月 6日

さとや (青森)

R0000743002

昨年のリベンジを。

昨年の夏、すごく愉しかったのに、帰りの新幹線の時間が迫っていて、絶対に今度はゆっくりと来ようと思っていた青森「さとや」。今年は万全の態勢でのリベンジである。

 

開店時間の5時に予約。一番乗りだったが、続々とお客さんがやって来る。皆予約の方で、それ以外の方は満席でとお断り。変わらず人気らしいことが窺えて、なんだかうれしい。

 

R0000741002

お通しに続いて、真っ先にお願いしたのは、去年頂いて、とても印象に残っていたさつま揚げ。「さとや風」と店名を冠した人気のメニューで、中はふわふわ、とてもきめ細やかで綺麗な口当たり。だからこそ、魚自体の美味しさがグッと伝わる。 

R00007450011_2

品書きを見て、おぉ!あるっ!と思わず注文したのが、モウカザメの心臓の刺身。驚くほど清々しく綺麗見た目と、それに違わぬ、雑味のない美しい味わい。内臓系が好きな人には、厚くおすすめしたい。奥に見えるのは、松皮鰈。驚くほどの透明感と強い旨み。

R0000746001

夏に青森に来たらの愉しみの一つは、玉蜀黍の天ぷら。サクサクと軽い衣の下には、夏らしい甘さと香りを湛えた玉蜀黍。そこへ冷酒をぐびり。

R0000750001

ミズの水物。緑が夏を告げるこちらも夏もの。この日は、山菜のミズを昆布とだしでいただく水物。シャキシャキとした清涼感も涼やか。

R00007540011

青魚好きとしてどうしても見逃せなかったのは、大物の鰯の焼き物。これが、本当に大物。見たこともないくらい。炙られて染み出た脂と香り。箸を入れれば寄り濃く広がって、口にすればほろりとろり。

R0000758002

座っていたのが、ちょうどショーケースの前。どうしても気になっていたのが立派なつぶ貝。刺身で頂いたが、コリコリとして爽やかな味わい。それに、この乱れのない肝!

R0000762001

もう一つ。できれば温かいものがいいと、お願いしたのがアブラメの揚げ出し。繊細に入れた切れ目から染みる旨い出汁。素材の良さだけでなく、料理の素晴らしさが分かる最後で本当に良かった。

 

酒は各種揃っているが、やはり日本酒。季節ものを含め10種類ほど。津軽びいどろの徳利と猪口が、また好い。

 

【お店情報】

さとや 青森市橋本1-1-6 リーストラクチャー 1F 地図

|

« 三州屋 イワシ叩きとライス(銀座) | トップページ | 王十里 サランチェ 和牛ユッケジャン (銀座) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/65629667

この記事へのトラックバック一覧です: さとや (青森):

« 三州屋 イワシ叩きとライス(銀座) | トップページ | 王十里 サランチェ 和牛ユッケジャン (銀座) »