« 寄鳥味鳥 (高松) | トップページ | 髭戎 ひこま豚のポークソテー (銀座) »

2017年9月 5日

北野 旬魚(秋刀魚)の炭火焼き (銀座)

R0001279002

最近、近くの魚屋でも秋刀魚を見る機会が増えてきた。それで、愉しみにしていた北野の旬魚の炭火焼き(1,200円)に秋刀魚が、もしかしたら出ているかもとやって来た。

 

最近は嬉しいことに、店の外に今日の魚を書いて出してくれていて、見ると「ヒラマサ」の下に「秋刀魚」!なければ違うものにしようと思っていたが、万々歳だ。

 

秋刀魚は、串を打って、囲炉裏で焼くように、焼き場に縦に刺して炭で炙る。平日のランチでこんな光景が見られるとは思わなかった。丁寧に串を抜いてやって来た秋刀魚。焼き色、香り、染み出る脂。あゝ、これを待っていたのだよ。

 

皮に箸を入れて、身をほぐす。ほわほわと湯気が湧き、さらに濃く香る。口にして広がる秋の旨味。そこへ白い飯。脂とご飯が一体となったこの美味しさ。堪らない。腸もしっかりとしているが、苦みや臭みはまるでなく、丸々一本だからこそのお愉しみだ。

 

小鉢は、茄子や南京、冬瓜の煮物。蜆の味噌汁、3種類の漬物。ご飯を呼んで仕方がない。食後にはデザート付き。今日はジュレがけのパイナップル。

 

そういえば、ご飯の旨いんだよなぁ…なんて思いながらの帰り道、「天高く馬肥ゆる秋」なんて言葉を思い出した。

 

【お店情報】

炭割烹 北野 銀座7-2-先 銀座コリドー街 2F 地図

|

« 寄鳥味鳥 (高松) | トップページ | 髭戎 ひこま豚のポークソテー (銀座) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/65753878

この記事へのトラックバック一覧です: 北野 旬魚(秋刀魚)の炭火焼き (銀座):

« 寄鳥味鳥 (高松) | トップページ | 髭戎 ひこま豚のポークソテー (銀座) »