« 博多ほたる チキン南蛮定食 (銀座) | トップページ | 泰明庵 せりカレーそば (銀座) »

2017年11月12日

さきと (博多)

R0001578002

やはりここに来たくなって。

夏に博多に来たときは、ちょうど店の夏休みで、伺えなかったさきと。けれども、やっぱり来たくて、熊本から博多へ移動する。

R0001574004

カウンターのみの店。ここを愉しみにやって来る客ばかりで一杯。先客はすでに、鯨刺しで愉しんでいる。さぁ、こちらも負けてられない。――なんて思っていると、お通しが届く。伺う度に違って、旨いからとても愉しみ。この日は、茄子とモツの味噌炒めと、魚の南蛮漬け。

R0001576001

色々と悩むが、ここに来たらまず魚。それも、普段なら頼まない刺身の盛り合わせ。正直に云うと、生よりも、〆たり、煮たり焼いたりしたのが好みだが、ここならば別。先ずは、ずらりと盛り込まれる種類の多さに、毎度目を奪われる。白身と青魚ばかりで、鮪が入らないってところが素敵だ。

R0001578001

それに、これもここに来たらの定番ごま鯖。ピカピカの鯖が甘口の九州醤油と胡麻の香りを纏って、更に引き立つ旨みに甘み。これこれ。これが好きなんだ。

R0001579001

この日はフライが悩ましかった。ちょうど出始めたばかりのカキフライもあれば、こちらも好物アジフライ、甘鯛のフライも。あゝ、今思い出しても悩ましいったら、ありゃしない。

R0001578001_2

結果的には、態々(大)と書いてあったアジフライと、この店らしい甘鯛を。見て、この身の厚み。軽やかなサクサクとした衣に歯を入れると、ホコッとした湯気に続いて、ふかふかの身。グッと旨味と香りの強い鯵と、柔らかな甘味の甘鯛。食べている間、ずっとニヤニヤが止まらない。

R0001583002

もう少しと、美味しいトマトと美味しい豆腐を。予約もままならない状況だが、一巡した以降の時間、余裕があれば入れるはず。気になる方は、臆せずぜひ、覗いてほしい。素晴らしい酒と、魚に肴が待っている。

 この後は、最近すっかり恒例の酒一番でカレー鍋。帰り道に愉しそうな店を見つけて、もう次の博多の夜が愉しみで仕方がない。

 

【お店情報】

さきと 中央区鶴舞2-8-25 1F 地図

|

« 博多ほたる チキン南蛮定食 (銀座) | トップページ | 泰明庵 せりカレーそば (銀座) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/66032827

この記事へのトラックバック一覧です: さきと (博多):

« 博多ほたる チキン南蛮定食 (銀座) | トップページ | 泰明庵 せりカレーそば (銀座) »