« はまの屋パーラー 玉子・サンドゥイッチ (有楽町) | トップページ | レバンテ かきフライ (有楽町・丸の内) »

2018年9月30日

さとや (青森)

R0004665001

今年もお世話になりました。


弘前の翌日は、毎年青森だ。最初は日曜日に営業していることがきっかけだったが、すっかり気に入ってしまって、今年は金曜日だったが、さとやに予約を入れる。伺う度に予約で満席。フリでは入れないことは何度も見てきた。

R0004666001

開店時間の5時に伺うと、さすがに一番乗り。ビールとお通しで、注文を算段するのも愉しい時間だ。本日のおすすめから、先ず頂いたのはホヤ。生、焼き、ホヤ酢と選べるのが悩ましく素敵だ。ホヤ酢でお願いしたが、出てきたものは、身厚でシコシコの食感と磯の香りも好ましいもの。早々に、さて、日本酒だと気持ちが上がる。

R0004671002

それに続けて、〆さば。程の良い艶やかさと厚み。口に入れただけで、とろりと脂が溶けるというもの。

R0004672002

続いては、毎年頂いているミズの水物。好物だが、東京では中々お目にかかれない夏の恵み。昆布と出汁でいただくミズは、シャキシャキとした清涼感も涼やか。

R0004677001

それにこの時期ならば、玉蜀黍の天ぷらは外せない。玉蜀黍の天ぷらにハマったのは、この青森だ。薄い衣の下に透けて見える黄色は、瑞々しく甘い夏の味。

R0004668001

ここに伺うのも3度めとなったからには、青森らしくはないけどという料理をお願いしたいと、鶏つくね焼き。軟骨入りでふんわりコリコリ。黄身を絡めて食べると、甘辛いタレにコク味とまろやかさが増す定番の美味しさ。

R0004682001

鯖の味噌煮も、ずっと気になっていたものだ。品の良い味噌の味付けが、鯖の旨味を引き立てて好い。これに添わせるは、もちろん青森の酒。

R0004680001

年の初秋刀魚はココだった。「丁度、今日からなんですよ」という秋刀魚は、走りと云うのに胴回りの太い見事なもの。「今年は秋刀魚が佳いみたいですね」なんて話で店主と盛り上がったりするのも、酒場の愉しみの一つだ。

 

来るたびに愉しく満足させてくれる安定感も頼もしい。今年もお世話になりました。また来年。

 

【お店情報】

さとや 青森市橋本1-1-6 リーストラクチャー 1F 地図

|

« はまの屋パーラー 玉子・サンドゥイッチ (有楽町) | トップページ | レバンテ かきフライ (有楽町・丸の内) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/67224745

この記事へのトラックバック一覧です: さとや (青森):

« はまの屋パーラー 玉子・サンドゥイッチ (有楽町) | トップページ | レバンテ かきフライ (有楽町・丸の内) »