« レバンテ かきフライ (有楽町・丸の内) | トップページ | ブラン亭 チキンカレーとキーマカレー (銀座) »

2018年10月 2日

魚久 さけ京粕漬定食 (銀座)

R0005021002

どうしようもなく、粕漬けが食べたくて、魚久にやって来る。本店は人形町、知られた京粕漬けの店。銀座にはショップと食事処があって、そこへ。食事処も人気で、昼時には行列ができることも珍しくない。

 

今日も先に待っている人がいらっしゃったが、5分もすれば空くというので、珍しくそのまま待つことに。店の方の予想通り、ほどなく席が空いた。ランチメニューは、ぎんだら京粕漬、さけ京粕漬、かれい味噌漬け、それぞれが少しずつ入る「あじみせ」の4種類。今日は粕漬だからと、さけ(1,242)をお願いする。

 

そうそう、ここのさけは色艶が美しいのだ。焼いて滲み出る脂も手伝って、つやつやの紅緋。それに酒粕の香りに焼けた香ばしさが相まって、何とも食欲をそそる。口にするとほろりと蕩けるように柔らかく、食むほどに脂と香りが口に広がる。その残り香は、有体だが「あゝ旨い。日本人でよかった」と思うやつ。小鉢や味噌汁なども、定番的なものだがそつなく、定食としての佇まいが好ましい。

 

切り落としが残っていたら、買って帰りたいと思っていたが、やはり12時少し前には既に売り切れ。今なら1日から6日までの限定発売、秋刀魚の味噌漬も購入できるそう。

 

【お店情報】

魚久 銀座店 銀座3-10-15 東銀ビル 地図

|

« レバンテ かきフライ (有楽町・丸の内) | トップページ | ブラン亭 チキンカレーとキーマカレー (銀座) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184801/67231800

この記事へのトラックバック一覧です: 魚久 さけ京粕漬定食 (銀座):

« レバンテ かきフライ (有楽町・丸の内) | トップページ | ブラン亭 チキンカレーとキーマカレー (銀座) »