« 鳴尾 ユッケジャン (銀座) | トップページ | ビフトロ バイ ラ コクシネル 豚バラ肉の白ワイン煮 (京橋) »

2020年10月 4日

オーベルジュ・アンドラ・モンターニュ (南魚沼)

R0012610002

毎年年末に伺っている、オーベルジュ・アンドラ・モンターニュに、珍しく車で、夕飯と朝食を頂いて、サクッと帰って来るという弾丸旅行。春から夏にかけては、お取り寄せでお世話になっていたが、シェフやマダムの顔を拝見できたのが、先ずうれしい。

R0012547001

アミューズは、オーストリアの代表的なオードブルというリプタウアー。チーズにパプリカや、パセリ、ニンニクを混ぜたもの。軽くてほんのりとハーブが香って食欲を誘ういいスターター。珍しく写真は撮り忘れたから、テーブルに着いたときの風景を。素敵でしょう?

R0012553002

続いては、ラタトゥイユのいくらのせ。いくらが兎に角瑞々しくフレッシュで、皮がとてもやわらかい。聞けば、その日の朝、シェフがほぐしたものだそう。ラタトゥイユは、野菜の食感を残した仕上げで、いくらがソース的な好い仕事。

R0012559001

生ハムと水ナス。生ハムは、パルマプロシュートにハモンセラーノ。生ハム自体が旨いのに、チーズにオイル。そして、水ナスの皮とジューシーさ。口が慌て蓋める感じが素敵。

R0012562001

そして、スズキのムニエル。村公一さんが釣ったスズキで、それ自体の身の美味しさや皮目の焼き目も素晴らしいが、スープの素晴らしいこと。味付け自体は淡いが、その分旨味がゆっくりじんわりと染みわたる。

R0012569001

この美しいスープは、赤牛のコンソメ。エッセンスだけを取り出した濃さと清々しさ。いつも驚かされるのが、凝縮感と透明感の両立具合。飲み込んで暫く口を開きたくないくらいの濃い香りと旨み。

R0012571001

フォアグラは定番的に出る料理だが、最近はこのムース推しだそうだ。クリームが入ってリッチな味わいのムースと、下には、それに負けないバターが芳醇なブリオッシュ。それに紅玉の優しい甘み。口溶けが早く、あっという間にその存在はなくなるが、残り香がまた美味しい。

R0012579001

この日のメイン料理は、仔羊のロティ。乳飲み仔羊のセル(鞍下肉)で、柔らかく、きめが細やかいのは然ることながら、とにかく香りがとてもいい。口から鼻腔にかけて幸せでいっぱい。思い出すだけでもうっとりするくらいに。

R0012589001

毎度愉しみにしているご飯料理は、おむすび。手に取ると、びっくりするくらいに柔らかい。もうむすんで、手に取れる限界じゃないかというような柔らかさ。頂上にカブッと齧り付くと、広がる海苔の香り。柔らかい中にも、もっちりふっくらとした粘りと旨味。最後に来ての衝撃的な一品。

R0012598001

最後には、栗のガトー。栗の砕いたものを振りかけて仕上げ。ホクホクと、甘さ、香りの多重層。最後まで大充実。

久しぶりの雪のないアンドラだったが、初秋も旨いものが目白押し。次はまた冬。

【お店情報】
AUBERUGE-ANDRA-MONTAGNE  新潟県南魚沼市宮野下1191-1 地図

|

« 鳴尾 ユッケジャン (銀座) | トップページ | ビフトロ バイ ラ コクシネル 豚バラ肉の白ワイン煮 (京橋) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鳴尾 ユッケジャン (銀座) | トップページ | ビフトロ バイ ラ コクシネル 豚バラ肉の白ワイン煮 (京橋) »