« 源氏 銀かれい照焼 (荻窪) | トップページ | ツバキ亭 豚ロースの生姜焼き (荻窪) »

2023年8月 2日

はまの屋パーラー たまご・サンドゥイッチ (有楽町)

R0008296002_20230802221601

はまの屋パーラーへ来る。本当は、三州屋でアジフライでもと思っていたが、迫ってきたビルの建て替えのことを考えると、行けるうちに行っておいたほうがいいんじゃないかと考えて。

夏休み期間中でもあるし、混んでいるかもと思って来たが、店に入ると空席になったばかりの席が見える。「席をつくりますので、少しお待ちください」と、すぐに片づけてくれる店員さん。お礼を言って程なく、席に案内してくれた。

食べるものは決まっている。たまご・サンドゥイッチの半分だけトーストだ。今日は手前がそのまま、奥がトーストしたもの。さて、どちらから食べようか。先ず手前のそのままのほうを手にとる。指が沈むパンの柔らかさと、パンを通しても感じる焼き立ての玉子の温かさ。そう、これが好きなんだ。

次はトーストを手に取って頬張ると、こちらは、カサカサと香ばしいパンとやわらかい玉子のコントラストが好い。最近はそのままの方が好みだったが、今日はトーストかなぁ。トーストした感じがとても好み。

この店の雰囲気を味わうのも、もしかすると最後かもしれないなぁ…なんて思うと、いろんなことを思い出す。友人たちと来たこと。一時閉店して再開したときのこと。後、忙しいときほど、よくここに逃げ込んだこと。日比谷にも店があるからサンドゥイッチは食べられるけれども、この雰囲気に浸りに、また来れるといいのだけれど。

【お店情報】
はまの屋パーラー 有楽町店 有楽町1-12-1 新有楽町ビル B1F 地図

|

« 源氏 銀かれい照焼 (荻窪) | トップページ | ツバキ亭 豚ロースの生姜焼き (荻窪) »

コメント

先日初めて行ってきました。と言っても最初の狙いは有楽町ビル「竹むら」でしたが、既に8月末に閉店してました。では、と「マーブル」へ行くと見たこともない長蛇の列。これはとても講習に間に合わなくなると諦め、思い出したのはこの「はまの屋パーラー」でした。
なるほど、「昭和の喫茶店」でした。のむのむさんに見習って「玉子サンド」を頼むと「相がけも出来ますよ」と言われるので」「玉子とハムのトーストサンド」になりました。確かにおいしい!しっかりとして柔らかい玉子のサンド、今まで食べたことのないものでした(そもそもあまり食べないので)。ハムの方もおいしかったけど。
かつてこの界隈、丸の内3丁目の飲食店にはざっと20年もの間大変お世話になりました。お世話になったその店がビルごと消えてゆきます。なにかこう寂しい気持ちにとらわれてしまいます。ジジイになるということはこういうことなんだな、と。

投稿: よっしー | 2023年10月 8日 23:40

●よっしーさん
はまの屋パーラー、行かれたのですね。なんだか少しお役に立てたようで何よりです。
私も、有楽町や銀座界隈で働いて(この数年は何とも言えませんが)、
20年を超えました。
本当に最近、この辺りはビルの建て替えが多く、
特に銀座では、小さなビルの建て替えによる個人店の閉店に
しんみりとしてしまいます。
より良い街になるよう祈るばかりです。

投稿: のむのむ | 2023年10月10日 19:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 源氏 銀かれい照焼 (荻窪) | トップページ | ツバキ亭 豚ロースの生姜焼き (荻窪) »