2017年2月 7日

白さんの純豆腐 牡蠣のスンドゥブ (日比谷)

Gr004726003
食べようと思っていたものがあったのにも関わらず、外に出たときの風の強さと冷たさに、ついつい温かいものが欲しくなる。

 

今の場所なら、まだんか、日比谷シャンテに入る白さんの純豆腐。いつもなら、まだんに向かうが、最近はどうなんだろうと、日比谷シャンテにやって来る。来てみると、レイアウトが変わっているし、それにメニューも少し変わった気がする。普通のスンドゥブと白い塩味のスンドゥブの他、プルコギ、冷麺などもあるようだ。

 

スンドゥブの種類が10種類以上あるのが特長。あさりや茸、チーズなどから、烏賊、豚キムチ、海鮮等々。一頻り考えたけれども、選んだのはやっぱり牡蠣(1,500)。見てしまったら、外すことは難しい。

 

ランチタイムには、セルフサービス形式の日替わりの韓国惣菜がセット。モヤシのナムルにチャップチェ、キムチなど4種類。これらを頂いていると、熱々チゲがやってくる。

 

玉子は届いてから自分でポトリ。その間にも、辛味と牡蠣の香りが湯気と共にやってくる。具には、純豆腐と牡蠣がメインだが、浅利や烏賊なども入る。中辛でお願いしたスープは、記憶にある以上に辛さとコク味があって好み。牡蠣だって、季節柄だろうか、サイズの良いものが幾つも入って嬉しい驚き。値段が幾分上がった気もするが、これはこれで満足。


【お店情報】

白さんの純豆腐 有楽町1-2-2 日比谷シャンテB2 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 3日

有楽町ワイン倶楽部 トンテキ (有楽町・日比谷)

Gr004698003
昨日とは打って変わって肉気分。厚みのあるのをナイフで切って頬張りたい。それでやって来たのが、有楽町ワイン倶楽部。ワインショップ併設の気軽なビストロ。席数も多く、大人数でワイワイやるのに良さそうな雰囲気の店。

 

ランチメニューは、肉肉肉。ビフテキにトンテキ、トンテキとチキンソテーのプレートにハンバーグ等。サラダ、スープ、ドリンクがフリーで、そのほとんどが1,000円以下ということもあって、近隣に勤める方で大賑わいだ。

 

ここのトンテキは、甘辛い醤油ダレではなく、塩胡椒で焼いたポークステーキが200g。熱々ジュージューの鉄板で運ばれてくると、テンションも上がるというもの。少し大きめにカットして頬張ると、その噛み応えに、肉を欲していた気分が満たされる。細かなことをいえば、鉄板と豚肉の間に挟まれ、蒸し焼き状態になったキャベツが結構好きだ。

 

サラダ、スープ、ドリンクはセルフスタイルで取り放題。提供されるスピードも速く、結構な大箱にも関わらず満席なのは、この使い勝手の良さ故だろう。

 

【お店情報】

有楽町ワイン倶楽部 有楽町1-7-1 有楽町電気ビルB1 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月 1日

はまの屋パーラー 玉子・サンドゥイッチ (有楽町)

Gr004691001
最近、散々振られているというのに、性懲りもなくやって来た。今日は、どうしてもここが良かったのだ。というのも、今晩の宴会が、早い時間に始まって、大抵12時を回っても終わらない、延々と飲んで食べる会だからだ。早い時間というのもあるし、軽い食事にして、少し余裕を持っておきたい。

 

すると、どうだろう。今日は数席空きがあって、「お好きなところへどうぞ」という。タイミングが良かったのか、前回、ここで愚痴ったのが良かったのか。

 

ともあれ、久しぶりに出会った玉子・サンドゥイッチ(トースト代・コーヒー付き900)。今日は、幾分ヨクヤキで、サンドイッチのふちが香ばしさが伝わるトースト色。手にしたときの触感もカサカサ。口にしたときも、サクサクパラパラと散る感じ。トーストの仕方一つで、こんなにも表情が変わるんだ。

 

12時を回ると、やはり待つ必要があるようだが、それでも5分10分くらい。少しくらい待ってみてもいいかもな。

 

【お店情報】

はまの屋パーラー 有楽町1-12-1 新有楽町ビルヂング B1 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月27日

アラカルトン 豚ロースの生姜焼き (有楽町)

Gr004675008_2
豚肉なのである。厚切り肉のローストでも、生姜焼きでも何でも来い。それより問題は、どこで食べるか。それで思い出したのが、新有楽町ビルヂングの地下1階にあるアラカルトン。もう知ってから長いという
のに、はまの屋パーラーと同じフロアにあるから、ついつい存在感が薄くなってしまっていて申し訳ない。

 

豚料理を名乗る店で、店名だって「トン」がつく。ランチタイムは、頻繁に通う近隣にお勤めの方を意識してか、日替わり、週替わり、鳥のから揚げなど、豚以外のものもあるが、メニューのトップを飾るのは、豚料理。

 

限定15食という豚と野菜のせいろ蒸しと迷ったが、生姜焼き(1,000)。気になった特製の生姜ダレは、生姜がとても効いていてご飯をすすませる。豚肉が柔らかいから、ご飯を巻いて食べたい気分にさせられる。生姜の効果か、食べ終わる頃にはポカポカ。冷え症対策にもおすすめしたい。食後にはデザート付き。

 

ここに入る前も後も、はまの屋の様子を見たが、やっぱりいつも待つ人がいる。もはや昼休みには難しいのか……。

 

【お店情報】

アラカルトン 有楽町1-12-1 新有楽町ビルヂング B1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月19日

赤から 赤から鍋 (銀座)

Gr004601001
冬のランチ鍋探訪。それで、赤からで「赤から鍋」。以前は、猛烈食堂という名前でエスニックなランチを提供していたが、赤からにリニューアルして、エスニックに加えて赤からで提供されているメニューが提供されるようになったらしい。

 

赤からは、ギンザグラッセにも入っているが、名古屋の赤味噌と赤唐辛子を使った「赤から鍋」が名物の店。そんな鍋が今日の目当て。

 

つくねに油揚げ、豆腐、モツ、もやし、白菜等、食感賑やかな鍋。見た目は赤いし、辛味もあるが、味噌らしいコク味や甘味も感じる。スープを飲めば、じんわりと胃から温まって、寒い季節はやっぱり鍋だと思わせる。セットのサラダや小鉢がエスニックテイストなのが融合店の面白さ。

 

ランチタイムには、赤から鍋(990)やパッタイ、フォーなどの単品メニューの他、エスニック料理のビュッフェも提供していて、入口でどちらかを申告するシステム。どちらも中々の人気のようだが、一番気になったのは、夜メニューのレモンサワーの充実ぶりだ。

 

【お店情報】

赤から 有楽町店 銀座西2-2 銀座インズ2 2F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 6日

貝縁 本日の日替わり定食 (有楽町)

Gr004496001
年末に振られたはまの屋で、玉子サンド初めでもと意気込んで向かったところ、今回も行列に撃沈。それで、隣のビルにやってきたが、まるやは行列、カレーのマーブルは10日、さすがにサイゴンは行ったばかりだし――と、迷いに迷って、貝縁。決め手は、日替わりのアジフライやカニコロ。それにメンチカツがついた、フライ3種盛りの日替わり定食(950)

 

気になったのは、アジフライやカニコロだったが、手作りというメンチカツが中々好かった。ガブリと齧り付けば、香ばしい衣とほど好き肉感。少々濃いめの味付けが、またご飯を誘うが、本音を云えば、ビールやハイボールが恋しくなる。

 

蛤がウリの店で、ランチタイムにも、はまぐりラーメンや、はまぐりの玉子とじ丼の他、新しく蛤の酒蒸しなど数種類の蛤料理が楽しめるはまぐりづくしが登場。これこそ、ご飯じゃなくて、酒が欲しくなる。

 

【お店情報】

貝縁 有楽町10-10-1 有楽町ビルB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 4日

交通飯店 野菜炒め (有楽町)

Gr004493003
新年おめでとうございます。今年は、もっと意欲的に欲求に忠実に、そしてもう少し週末の記事を増やしたいと思ってはおりますが、相変わらず、酔狂・偏愛丸出しのブログになることと思います。懲りずに、今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

さて、凝った美味しい料理に恵まれた年末年始が過ぎて、そろそろ普通の旨い料理に自然と気が向いてくる。とはいえ、まだ営業を始めていない店も多く、「開いていたらいいな」と覗いてみたのが、交通飯店。

 

営業はしているものの、周りの店がやっていないこともあって、行列あり。とはいえ待っているのは2人だけで、これなら他を探すより、待ったほうが早いだろうと後ろに並ぶと、女将さんが顔を出して、「お一人の方いらっしゃいますか?」と声をかけてくれた。

 

結局待たずして店に入って、お願いしたのは野菜炒め。火柱を上げて、ガンガン鍋を鳴らして炒め上げるのがこの店の特長。野菜炒めも、食欲を誘う熱と油の好い香りがして、野菜はシャクシャク。小ライスのセット(スープ、お新香付き)で800円。

 

サクッと食べて席を立てば、すっかり正月気分は抜けてしまった。ちなみに、ひょっとこは営業開始済み。キッチン大正軒とあけぼのは、5日からの営業とのこと。

 

【お店情報】

交通飯店 有楽町2-10-1 東京交通会館B1 地図

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年12月21日

サイゴン 鶏もも肉の香り焼き (有楽町)

Gr004294001
昨日に続いて、今日も食べたいものに振られてしまった。玉子サンドが食べたくて、今年最後のはまの屋と思い、新有楽町ビルヂングの地下まで来たら、遠目に見ても分かる行列。

 

この辺りなら、今年お世話になったサイゴン。特に、鶏もも肉の香り焼きや、白葱が乗った蒸し鶏と、長く宿題にしっぱなしだったものが、好きなものに変わったことが印象的だ。

 

だから、今日も、鶏もも肉の香り焼きを(1,000)。特長は、そそる焼き色の素晴らしさ。見た目にもパリパリとして、食べる前から、もう確実に旨いやつ。スイートチリソースも付いているが、そのままでも美味しいしっかりとした味付けでご飯も進むが、むしろ、ビールが欲しくなる。それに、名前のとおり「香り」が素敵。バリバリの皮の香ばしい香りの後、噛むほどに、八角がふわりと漂う。香り焼きの下には、色鮮やかな青梗菜。サラダ、生姜の効いた春雨たっぷりのスープ付き。

 

やはり人気はフォーセットだが、お隣と、その隣の方が召し上がっていた海鮮焼きビーフンが気になって来た。色々食べているのに、まだまだ全種類制覇には遠い。

 

【お店情報】

サイゴン 有楽町店 有楽町1-10-1 有楽町ビル B1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月31日

レバンテ かきフライ (丸の内)

Gr0036670011
こちらも毎年の愉しみの一つ。レバンテのかきフライ。何がいいかって、三重県産の牡蠣を使っていることだ。使われているのは、的矢の牡蠣と浦村の牡蠣。的矢は特に有名で、レバンテでも、的矢の牡蠣のカキフライとわざわざ明記してあるが、そうではない普通の「かきフライ」(1,500円)もおすすめだ。

 

こちらのかきフライは一皿に4個が定番。牡蠣が小振りのため、2つを抱き合わせたタイプ。中には弾けそうに太ったものもあって、もう待ちきれない。カリッと揚がった衣にナイフを入れると、ピュッとエキスが弾け飛ぶほどに美味しさを蓄えていて、心が躍る。

 

軽やかで香ばしいパン粉の下には、むっちりとした牡蠣。零れるエキスと身の旨さに思わず頬も緩むというもの。そのままでも美味しいが、レモンや自家製のタルタルをつけてと、あれこれ食べ比べるのもお楽しみ。

 

それに、付け合わせの美しいさと美味しさ。例えば、何の変哲もないように見えるが、キャベツの隅々にまで、しっかりとドレッシングで和えられていて、まさにサラダをドレスで装ったよう。これだけお代わりしたいくらいだ。ちなみに、月曜日はあんぱんがサービス。


そうだそうだ、ここに来たら、牡蠣のグラタンやピラフも忘れてはならない。夜にまた来なければ。

 

【お店情報】

レバンテ 丸の内3-5-1 東京国際フォーラム 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月28日

サイゴン 鶏もも肉の香り焼き (有楽町)

Gr003657001
ずっと宿題にしたままだった、サイゴンの鶏もも肉の香り焼き(1,000)。今日はコレだ!と思い立った。
天候が怪しいからか、いつも賑わっている店が、今日はさらに賑やか。12時を過ぎる頃には、長い行列が出来始めて、店の方も大わらわ。あまり出ない注文をしてしまって、なんだかちょっと申し訳ない。

 

けれども、やって来た香り焼きに気分が上がる。焼き色の素晴らしいこと。見た目にもパリパリとして、食べる前から、もう確実に旨いやつ。ピリ辛のタレも付いているが、そのままでも美味しいしっかりとした味付け。何より、名前のとおり「香り」が素敵。バリバリの皮の香ばしい香りの後、噛むほどに、八角がふわりと漂う。

 

香り焼きの下には、青梗菜。サラダもついていて、野菜の高い折にありがたい。生姜の効いた春雨たっぷりのスープもつく。

 

フォーのセットも好きだが、他の麺類やカレーやお粥、日替わりなども。他のメニューも楽しくて、次何を食べようか、実に愉しく悩ましい。

 

【お店情報】

サイゴン 有楽町店 有楽町1-10-1 有楽町ビルヂング B1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧