2020年7月 6日

はまの屋パーラー スペシャル・サンドゥイッチ (有楽町)

R0011757005

なんだか無性にはまの屋のスペシャル・サンドゥイッチが食べたくて、それで。最近は、玉子サンドの半分だけトーストばかりで、極まれに、玉子サンドとフルーツサンドの組み合わせ。調べてみると、スペシャルは、5年半ぶり。

スペシャル・サンドゥイッチ(コーヒー付き1,080円)は、玉子と野菜、ハムを挟んでトーストしたサンドイッチ。トマトの水気がパンや他の具材に染みないよう、また食感や、温度感に気を配って、この順番で挟んでいるのだろう。

口にすると、片側からトーストや玉子の焼けた香りと、ほんわりとした温かみ、反対側から、ジューシーなトマトやパリッとした胡瓜の食感と、ヒンヤリした冷たさが伝わってくる。相反するものたちなのに、段々と一つになっていく感じが面白くて、贅沢。

雨ということもあってか、幾分のんびりムード。久しぶりにゆったりと寛いでいこう。

【お店情報】
はまの屋パーラー 有楽町店 有楽町1-12-1 新有楽町ビルヂング B1 地図

| | コメント (2)

2020年7月 2日

輝咲 かんぱち塩焼き (有楽町)

R0011745001_20200703075801

今日は焼魚、それに味噌汁。焼魚の店をいくつか思い浮かべて、有楽町の輝咲を目指す。焼魚の旨い店、それに、先日、ちらりとメニューを見たとき、あれ?と思い、それを確かめようと云う次第。

6階の店まで上がるエレベーターの前に、ランチメニューが置かれている。改めてよく見てみると、大きくメニューは変わっていないが、炭火焼きの魚の種類が変わっている。新しいところでは、かんぱち塩焼き。黒むつは照り焼きと記憶していたが、柚香焼きだ。

もう1種類は好物のさば塩焼きだが、今日は新しいところで、かんぱち塩焼き(1,200円)をお願いする。やって来たのは、隅々までふっくらしっとりしたかんぱち。自分の脂でチリチリとしているところが何ともそそる。口にすると、品の良い脂がジワリと滲み出す。それに、パリパリと香ばしい皮目もご馳走だ。

サラダに五目豆、ご飯、赤出汁、漬物で一揃え。三つ葉の香る赤出汁が、これまた染みる。

【お店情報】
輝咲 有楽町1-2-9 有楽町小川ビル6F 地図

| | コメント (0)

2020年6月26日

6th by Oriental Hotel エンチラーダ (有楽町)

Dsc_0036

欲しいのはエスニックな味。タイ料理?それとも、ベトナム?あれこれ考えてみるが、ピンと来ない。なんだろうなぁ…。そうだ、あそこで、エンチラーダだ!とやって来たのは、6th by Oriental Hotel。有楽町駅前のテラスが印象的な店。

パンケーキが有名で、今日も召し上がっている方が沢山いらっしゃったが、ここは、自分にとってはエンチラーダの店。メニューを見なくてもと思うが、今は感染症対策のため、QRコードを読み込む仕組みにしていて、なるほどとついついスマートフォンをかざしてみる。どこかに伺うたび、色々な対策を考えられていて、感心する毎日だ。

さて、サラダに続いて、エンチラーダ(1,300円)がやって来る。大きなSTAUBでやって来て、ナイフを入れると、湯気が立つほどに熱々。そして、トルティーヤの中に鶏肉やチーズがたっぷり。今日はハラペーニョが記憶にあるよりどっさりと入っていて、予想以上に好みの味。そうか、食べたかったのは、この味だ。

窓を開けっぱなしにしているのが、実に様になる。日が落ちてくる頃に、軽く一杯も気持ち好さそうだ。

【お店情報】
6th by Oriental Hotel 有楽町1-12-1 新有楽町ビル 1F 地図

| | コメント (0)

2020年6月24日

JSレネップ ロールキャベツ (有楽町)

R0011687002

すっかりお気に入りの一つ、JSレネップ。ランチが今日から新しいメニューになると知って、早々にやって来る。気になっているサラダとスープのランチなどは、変わっていないが、新しくロールキャベツが加わり、ソーセージの盛り合わせや、若鶏のビール煮込みが戻って来た。それに、前回頂いたミートローフは、ソースが3種類からの選択に。日替わりも併せると、10種類と豊富で悩ましいラインアップ。

ソーセージは好物だが、ここは新しいところで、ロールキャベツをお願いしよう(900円)。やって来たのは、こんもりと丸いロールキャベツ。焼き色が付いているのが特長だろうか。それに、細かく刻んだ野菜とザワークラフトのスープもたっぷりと。とろりと柔らかく煮込まれたキャベツの中には、肉もギッシリ。けれども、全体的にさっぱりと食べられるのが季節に好い。

スープにサラダ(加工肉が素晴らしく旨い)、ドイツパン、食後のドリンクまでがセットと、相変わらずの充実ぶりだが、パンが3種類から4種類になり、持ち帰り用の紙袋まで用意されているのには驚いた。また、伺います。そして夜にも。

【お店情報】
JSレネップ 有楽町2-1-8 地図

| | コメント (0)

2020年6月11日

JSレネップ 自家製ミートローフのグリル (有楽町)

R0011580001_20200612075001

JSレネップで、またランチを始めていることに気が付いて、早々に。ソーセージやグーラッシュなど、ドイツ居酒屋らしいランチメニューが人気。ソーセージが好きなものだから、これまでは、ソーセージが主体のランチばかりを選んできたが、今日こそは違うものをとやって来る。

新しいメニューも増えている。スープとサラダのランチや、スパイスに漬けたチキングリル、グラタンや日替わりのメニューなど。悩みに悩んで、ずっと気になっていたミートローフを(900円)。

器ごとオーブンに入れて焼いているのだろう。「器が大変熱くなっておりますので」と一言。口にすると、肉の旨味と夏野菜たっぷりの味わい豊かなトマトソースに続いて、最後にスパイスの香りがふわり。思わずニッコリしてしまう。サラダにサラリと入ったベーコンが唸る美味しさなのも、らしいところ。

スープにサラダ、ドイツパン、食後にドリンクがついてこの値段は、こちらが心配になるくらい。お店の方もとても気持ちが良く、何度伺っても、帰り足はウキウキとする。一度夜にビールを飲りに来ないとな。

【お店情報】
JSレネップ 有楽町2-1-8 地図

| | コメント (0)

2020年6月 2日

キッチン大正軒 ハンバーグとしょうが焼き (有楽町)

R0011476002

久しぶりにキッチン大正軒。東京交通会館の行列店が犇めく一角も、今はまだ少し静かだ。キッチン大正軒にも行列はないが、中を覗くと、お姐さんの「もうすぐ空きますのでお待ちくださ~い」という明るい声が聞こえてくる。

さて、その間にメニューを決めよう。ここに来るときは、揚げ物の気分のときばかりで、そういえば、ハンバーグを食べていないことに気が付いた。それなら、揚げ物じゃないもの縛りで、ハンバーグとしょうが焼き(1,100円)だ。

いつもは狭いカウンターだが、1席ずつ開けて、隣の方との間には、パーテーションを設置。テレビで見ているときは、気にならないのだろうかと思っていたが、一人夢中で食べる分には、気にならないものなんだなぁと思う。

注文を先に通してあるから、お目当ての皿は、すぐに登場。さ~て、どこから手をつけようか。先ずはと箸を伸ばしたしょうが焼きは、豚肉に厚みがあって脂身も多め。たれもよく絡んで旨味たっぷり。親しみがありながらも、肉屋直営らしいちょっと贅沢な肉使いが堪らない。

それにハンバーグ。口に入れようとした瞬間に、「そういえば昨日も…」と思い出したが構うものか。つやつやのソースがそそるハンバーグは、柔らかさと肉々しさのバランスの素晴らしいこと。それにこのソースが好い。ご飯にも、千切りキャベツのソースとしてもぴったりだ。

久しぶりだが、やっぱり満腹、大満足。お父さんを始めとして、皆さんお変わりないようで何より。当面は、ランチタイムのみの営業だそう。

【お店情報】
キッチン大正軒 有楽町2-10-1 東京交通会館B1 地図

| | コメント (0)

2020年5月14日

はまの屋パーラー 玉子・サンドゥイッチ (有楽町)

R0011352002

出社しなければならない用事が出来ると、ついつい考えてしまうのは、ランチをどうするかということ。この頃食べたかったのは玉子サンド。それなら、はまの屋パーラーを覗きに行こうとやって来た。

ビル内は休業中の店が多いが、ドラッグストアとコンビニ、それにはまの屋パーラーは営業中。通常時のように行列もなく、満席でもなく、「お好きなところにどうぞ」とまったりムード。

お願いするのは、当然、玉子・サンドゥイッチ。そして、半分だけトーストしてもらう(コーヒー付き1,000円)。指が沈み込むような柔らかいパンそのままのも好いし、トーストして、少しカサカサとしたものも好きだ。日によって、どちらが好みというのがある感じ。

今日は、そのままの方にグッと来た。恐らく、厚焼きの玉子を頬張りたい気持ちだったのだろう。手で玉子を摘まんで食べているような感覚になる玉子サンド。焼き立ての温かい玉子で口がいっぱいになる倖せと云ったら。

いつもは、ホットコーヒーだが、今日は珍しくアイスを。夏の初め。緑が眩しい。

【お店情報】
はまの屋パーラー 有楽町1-12-1 新有楽町ビル 地図

| | コメント (0)

2020年4月 1日

はまの屋パーラー 玉子・サンドゥイッチ (有楽町)

R0010929003_20200401232801

好きなところで、好きなもの。それで、はまの屋パーラーで玉子・サンドゥイッチをとやって来る。来てみると、席が埋まっているのは半分ほど。しかも、多くがお一人様か二人連れ。静かでゆったりとしたムードが漂っている。

最近ご無沙汰しているツナやハム、スペシャルサンドゥイッチも、ちらちらと頭を過ぎるが、やっぱり玉子を、半分だけトーストだ。それにコーヒーのセット(1,000円)。

今日は厨房が良く見える席。フライパンに玉子を流し入れると、ジュッと音が立つ。そこから、かき回しながら玉子の具合を窺っている様子が見える。こうやって、愛しの玉子サンドが出来るのかと、ついつい頻りと見てしまう。

そして届いた玉子・サンドゥイッチ。先ず、どちらから食べようかと、いつも悩む。今日は、トーストした方からにした。カサカサと芳ばしいパンと、薄いパンに対するどっしりとした玉子の存在感。そして、そのままの方は、パンの柔らかさと甘さ、温かい玉子とのバランスの良さの見事なこと。

厚い玉子の黄色と、焼き立てで持つ手にも伝わる温かさ。このサンドウィッチに、度々春を想う。明るく暖かで、穏やかな日が来ますよう。

【お店情報】
はまの屋パーラー 有楽町1-12-1 新有楽町ビル B1 地図

| | コメント (0)

2020年3月24日

JSレネップ 平日限定ランチ (有楽町)

R0010857002

先日頂いた限定ランチがとてもよかったから、またとやって来たのはJSレネップ。3月の火曜・水曜限定のランチだから、今日、明日でお仕舞い。

ランチメニューは8種類。けれども少しメニューが変わっている。前回気になっていたグーラッシュや、ミートローフグリルはそのままに、自慢のソーセージのオーブングリル(1,000円)が加わっている。前回もソーセージ(4種類の盛り合わせ)を頂いたが、やはり好物。お願いせずにはいられない。

「鉄板が熱くなっておりますので、お気をつけ下さい」とやって来たソーセージグリルは、これまたボリューム満点。太さや長さの異なる3種類のソーセージに、チーズ。下には、これまたたっぷりとマッシュポテトが敷かれている。何より、チーズとスパイシーなソースの香りがそそること。ここに足りないのはビールだけだ。

前菜、スープ、ドイツパン3種類と、食後のドリンク付き。前に伺った時よりも、明らかに客が増えていて、しかも多くがリピーターの方のよう。この内容でしかも旨い。自分もそうだが、そりゃ、また来たくなるというものだ。平日ランチは、明日が最終日。そのうちに、また、やってくれないだろうか。

【お店情報】
JSレネップ 有楽町2-1-8 JR高架下 地図

| | コメント (0)

2020年3月10日

JSレネップ ドイツソーセージ4種盛り合わせ (有楽町・日比谷)

R0010712001

インスタグラムを見ていたら、JSレネップで、3月の火水曜日限定でランチをやるというのを見つけて。有楽町から日比谷へと続く高架下にあるドイツ居酒屋。数年前にも少しの間ランチをやっていたことがあって、そのときの印象も好かった記憶がある。

伺ってみると、なるほど以前と同じように。呼び込みをやっている。ランチメニューは7種類。なるほど、確か、前に頂いたのは、牛肉のグーラッシュ(ドイツシチュー)。ソーセージの盛り合わせや、グラタンの記憶もある。鶏肉のビール煮込みも気になるし、ミートローフのグリルも旨そうだ。

お願いしたのは、ソーセージ4種盛り合わせ(1,000円)。絶対飲みたくなるという懸念はあったが、ソーセージ好きが勝った。きめ細やかでボリュームたっぷり。パプリカの風味も美味しいパプリカフランクや、嫌味のないレバーケーゼ。ボイルしたもの、グリルしたものと両方あって、味わい豊か。やっぱり飲みたいと思うが、選んで良かった、満足満足。

ランチは、前菜、サラダ、スープ、ドイツパン、食後のドリンク付き。前菜には、鴨のローストとタラのマリネ。この内容で880円~1,100円というのは見事。3月中にまた。

【お店情報】
JSレネップ 有楽町2-1-8 地図

| | コメント (0)

より以前の記事一覧