2018年6月15日

宝 サバの桜干し膳 (丸の内・有楽町)

R0004032001

食べたいのは鯖。それも焼いたの。焼き鯖のランチを出しているお店を幾つか思い出す中、そういえばと思い出したのが、東京国際フォーラムに入る宝。全国9つの蔵元が協賛し、夢酒みずきなどを手掛ける会社が経営するから、「酒蔵レストラン」と謳う店。同じフロアにあるレバンテでの食事の帰り道、この店のランチメニューを見たところ、「日本一の桜干し」と書いてあったことを思い出した。

 

スタイリッシュな店内。大きなテーブル席もあれば、2人用のテーブルにカウンター席。12時前に店に来たときは、テーブルは満席だが、カウンターはゆったりした状態だったが、12時を回るとカウンターも満席。近隣に勤める方の気軽なランチスポットらしい。

 

届いたサバの桜干し(1,000)は、上品に4つにカットされたもの。そして、こちらから見える皮目の、何とも旨そうなこと。芳ばしさと、つやつやぷっくりと膨らんだところ。焼いている過程が想像できて、それだけでご飯がすすみそうだ。口にすると、桜干しらしい甘みと、何といっても鯖の脂。紛うことなき飯泥棒。

 

メニューを見れば、どうやら、その桜干しは、丹後は天橋立近くのやまいちという鮮魚店から仕入れているようだ。豚汁と小鉢が2つ。豚汁はお代わりまで貰って満足(ご飯、豚汁お代わり可)。

 

【お店情報】

酒蔵レストラン宝 東京国際フォーラム店 丸の内3-5-1 東京国際フォーラム B1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 8日

有楽町ワイン倶楽部 トンテキ (有楽町・日比谷)

Gr000214003

はまの屋パーラーの行列に敗れた後、やって来たのは有楽町ワイン倶楽部。ワインショップ併設の気軽なビストロ。自分的には、ステーキやトンテキ等の肉ランチの店だ。サラダ、スープ、ドリンクがフリーで、そのほとんどが1,000円以下ということもあって、近隣に勤める方で大賑わい。

 

ビフテキと迷って、やっぱりトンテキ。ここのトンテキは、いわゆる四日市のトンテキではなく、ポークステーキ。それも200g。熱々ジュージューの鉄板で運ばれてくると、テンションも上がるというもの。無骨なフォークとナイフで少し大きめにカットして、むしゃむしゃと頬張りたくなる。ボリュームはあるが、余計なもののないシンプルな味付けで、軽くペロリ。鉄板と豚肉の間に挟まれ、蒸し焼き状態になったキャベツも結構好みだ。

 

結構な大箱にも関わらず近隣に勤める人で大賑わい。この活気も午後へのいい景気付け。

 

【お店情報】

有楽町ワイン倶楽部 有楽町1-7-1 有楽町電気ビルB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 6日

あけぼの お好み定食 (有楽町)

R0003915001

時間のずれたランチタイム。こういう時こそ、最近行列が過ぎて、すっかり行けなくなったお店へ行こうと考える。キッチン大正軒もそうだし、はまの屋パーラーも最近振られてばかりだ。そういえば、大正軒は、もう2年以上伺えていない。アジフライにしょうが焼き――なんて思い出したら、居ても立っても居られない。

 

それで2時頃。東京交通会館にやって来たわけだが、ひょっとこにも、あけぼのにも行列があるというのに、大正軒の前は静かだ。そういえば、前にも休みのことがあったなと近づいてみると、店内に「しばらく水曜日のランチはお休み」という旨の貼り紙があった。なるほど、そういうことか。

 

口はすっかり、アジフライ、フライ口。それなら、あけぼのの行列に並んでしまおう。待っているのは4人ほど。これならそう長い時間はかからないだろう。そうすると、10分としないうちに、「次のお客様~」と声がかかった。

 

注文は、アジフライが入ったものだ。アジフライ定食もあれば、フライものを幾つか組み合わせたセットもある。お願いしたのは、お好み定食(1,000円)。アジフライ、メンチカツ、カニクリームコロッケ、串かつから、好みのものを3つ選ぶ定食だ。これらの中からどれかを一つはずすというのはとても難しく悩ましい。

 

届いた皿には、こんもりとした千切りキャベツの裾野に立てかけるようなアジフライ、串かつ、クリームコロッケ。食べたかったアジフライはもちろんのこと、豪快な串かつや、カリカリの中からとろとろのクリームが溢れる自家製のコロッケも、おかずに最適。

 

それに、キャベツを手切りし、調理台や調味料入れをこまめに手入れし、明るく丁寧に接客しと、くるくると細やかに働く店の気持ち良さ。働くための人の店は、実に働き者である。

 

【お店情報】

あけぼの 有楽町2-10-1 東京交通会館 B1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月25日

サイゴン 蒸し鶏白髪ネギ (有楽町)

R0003838001

暑さのせいだろうか、食べたいのは、豚の冷しゃぶのようなもの。だとすると、あそこの店にあったはず――なんて思っていたが、ふと、豚じゃなくてもいいんじゃないかと思いつく。例えば、サイゴンの蒸し鶏とか。ごまダレも選べたはずだ。

 

サイゴンは、席数が多い店だが、12時前でも結構な混みよう。隅の席をもらって、注文するのは、目当ての蒸し鶏白髪ネギ(1,000)

 

やって来たものを見て、「あゝこれこれ」と思う一方で、「あっ、そうだった」とも思った。ここのごまダレは、ちょっと赤い辛味の効いた憎い奴。柔らかい辛味が最後にピリリと来るのだが、それがこの暑い季節に好ましい。

 

こんもりと積み上がった上から下まで、ほぼ丸々全部が蒸し鶏とボリューム満点。揚げ春巻に生姜が効いた春雨たっぷりのスープ、盛りいいライスにザーサイ付き。お腹も大満足のランチ。

 

【お店情報】

サイゴン 有楽町店 有楽町1-10-1 有楽町ビルヂング B1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 7日

交通飯店 きくらげ豚肉玉子炒め (有楽町)

R0003686001

時々無性に来たくなる交通飯店。けれども、交通会館の中でも指折りの人気店で、行列が出来ていることが多い店。行列が出来ているようなら、諦めようと思ってやって来たら、運のいいことに、前にはお一人が待っているだけ。よし、これなら待とうと待っていると、すぐに席を立つ方がいらっしゃって、早々に席に在りつけた。

 

炒飯がとても人気で、多くの方が炒飯単品か、半炒飯に餃子をつけた餃子セットを頼む中、お願いしたのは、きくらげ豚肉玉子炒めと小ライスのランチセット(800)

 

ここのは、「きくらげ」が品書きの一番初めに書いてあるとおりに、木耳が主役。皿の上の半分は黒褐色。ちなみに、注文も「きくらげ」で通る。木耳は、量だけでなく、一つ一つがそれぞれ立派で、食感はシャクシャク。お馴染みの玉子や豚肉は、熱と油の香りがして、さすが、火柱を上げて、ガンガン鍋を鳴らして炒め上げるこの店の味だと思う。

 

回転がいいが、それでも空席はほぼない繁盛店。待っている方がいるかもしれないからと、早々に席を立つと、外には長い行列が出来ていた。

 

【お店情報】

交通飯店 有楽町2-10-1 東京交通会館B1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月25日

のもっか 週替わり (有楽町)

R0003565001

昼休みで、外に出たのは、まだ雨が降って、強いビル風が吹いていた頃。こんな天候なら、いつも行列ができているはまのやパーラーだって空いているかもとやって来た。

 

ところが、然うは問屋が卸さない。店の外に置かれた待つ人用の椅子には、座っている方が何人か。うむ、こんな天気でもダメだったか。

 

それならとやって来たのが、同じビルに入るのもっか。以前は豚肉料理店だったところが衣替え。けれども、ランチタイムには、豚肉料理が多く並ぶ。昨日も豚肉だったけど、まぁいっか。流石に昨日食べたしょうが焼きは外して――と、冷しゃぶや、せいろ蒸し。週替わりのメニューを聞いてみると、ポークソテーと来た。今日はこれだ。

 

お願いしたポークソテーは、トマトソースを添えたもの。シンプルなポークソテーに、たっぷりと添えられた瑞々しいトマトソースがうれしい。プレートには葉野菜が添えられているが、別途サラダも付く。しかもお代わり自由。デザートやドリンクもセルフサービスで、お気に召すまま。それで、値段はいずれも1,000円。

 

カウンターで一人ササッと食べる人、同僚と語らいながら過ごす人。手軽なランチ処として重宝している様子。

 

【お店情報】

遊楽酒場 のもっか! 有楽町1-12-1 新有楽町ビルB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月24日

ねぎポ しょうが焼き (有楽町・丸の内)

R0003556001

今日は夜に魚だから、昼には肉。そうだなぁとアチコチの店を思い浮かべていると、ねぎポに、新メニューが出来ていたことを思い出した。ねぎポとは、東京国際フォーラム裏手の有楽町の高架下、牛たんのねぎしの隣。そのねぎしの豚料理店。

 

その新メニューとは、角煮カレーと、しょうが焼き。より肉々しいのはこっちだろうと、しょうが焼き(990)をお願いする。

 

葉野菜のサラダと人参がたっぷり混ぜ込んだスパゲティーサラダを従えて、しょうが焼きはやって来た。肉厚だけれど、やわらかくて、頬張ってむしゃむしゃとワンパクに食べたいしょうが焼き。添えられた生姜は、混ぜてもいいし、スープに溶くのもお勧めだそう。

 

オープン当初よりも、店内にずっと活気があって、行列も出来ている。この賑わい、好い感じ。

 

【お店情報】

ポークポークポーク ねぎポ 有楽町店 丸の内3-6-1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月17日

まだん スンドゥブチゲ (銀座・内幸町)

R0003485001_2

昼のまだんは、久しぶりだ。JRの高架下、西銀座JRセンターと呼ばれる銀座・日比谷付近の半地下通路をズンズンと。以前から昼でも薄暗かったが、最近は、高架の耐震工事の関係で、ポツポツとあった店の灯は、すっかりと減ってしまった。もう、営業している店はないんじゃないかと思うほどに。

 

けれども、まだんは、まだそこにある。半開きにした扉の向こうには、女将さんを始めとして、女性ばかりの店の方。それに、すっかりベテランといった風な客も多い。夜も昼もと賑わう店だが、今日は少し余裕のある様子だ。

 

スンドゥブチゲ(900)を注文すると、小鉢やキムチが出されて、しばらくすると、まぁ、大層グツグツと沸き立った鍋が届いた。あゝ、このグツグツを見ているだけで、ご飯が食べられると本気で思う。フーフー冷ましてみたところで、焼石に水のような熱さに、アチチと啜ると、気持ちのよい辛さにグッとくる。一方で、辛味に負けないコク味や旨み、葱や椎茸などの地味な具の滋味な旨みに、やっぱり好きだと再認識。

 

繰り返し使えるチケットで、会計時には100円引きで大満足。一方で残念なお知らせとしては、こちらも耐震工事の影響で、一先ず629日までの営業のよう。帰り際には、夜の予約を入れていくご常連客も。もう一回、夜来られるだろうか。

 

【お店情報】

まだん 千代田区内幸町1-7-24-47 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月13日

サイゴン ブンボーフエと揚げ春巻・蒸し春巻 (有楽町)

R0003457001

暖かくなってきたからだろうか。エスニックっぽい味が恋しくなった。タイカレーやガパオなんかもいいが、気分は汁めん。だったらトムヤム?カオソイ?そうだ、ベトナム。ブンボーフエみたいな辛口のスープはアリだ。

 

それで、やってきたのがサイゴン。最近は、鶏もも肉の香り焼きや蒸し鶏に嵌っていて、麺類を食べるのは久しぶり。けれども、フォーガーなど数種類ある汁めんに、生春巻きなどのセット(1,000)が、この店の一番人気だ。

 

辛口スープの麺は、ブンボーフエかシーフードビーフンの2種類。シーフードビーフンの干し海老のような香りが印象的なスープも捨てがたいが、お願いしたのは、辛口牛肉入りの麺「ブンボーフエ」。小さい器ながらたっぷりと入る細い米麺。ツルツルとしなやかなに喉を滑ると、スープのピリッとした辛味やレモンの爽やかな香り、八角の香りがふわりと踊って、さらに食欲が湧くというもの。

 

セットは、好物の揚げ春巻と蒸し春巻。蒸してトロリととろけるような皮と、挽肉や椎茸の風味が特長の蒸し春巻と、パリパリの皮とむっちりと具が詰まった揚げ春巻。蒸し春巻は特に久しぶりだが、やっぱり好きだ。こうなると、今度はシーフードビーフンにも、ご無沙汰を謝りにこなくてはという気がしてくる。

 

【お店情報】

サイゴン 有楽町店 有楽町1-10-1 有楽町ビルヂングB1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月30日

レバンテ かきフライ (有楽町・丸の内)

R0003321001

5月のような陽気が続いて、牡蠣熱もすっかり冷めてしまっていたが、やっぱり名残り惜しくって、今日は名残りのカキフライをと、レバンテにやって来る。地下に移転して、すっかり落ち着いた店内。キラキラと陽が入る前の店も素敵だったが、落ち着いた今の雰囲気が、正直に云えば好きだ。


隣で既に呑み終えたらしい先輩を羨ましく思う間に、目当ての品が届く。コロコロと美しく整えられ、並べられたカキフライ。


大きさも立派だが、身の厚いこと。噛む歯が押し返されるくらいにむっちりとして、そこからジュースが溢れ出す。身の旨みとジュースに、軽やかな衣の香ばしい風味と食感がアクセントとなって、牡蠣自体が好きだが、やっぱりフライが好きだと改めて思う。

 

それに、ドレスされた瑞々しいサラダに飾り切りされたレモン、皮が剥かれたトマト等々。脇役の一つ一つもウキウキとさせてくれる、幸せの一皿。今シーズンも、ごちそうさまでした。

 

【お店情報】

レバンテ 丸の内3-5-1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧