2018年8月13日

はまの屋パーラー 玉子・サンドゥイッチ (有楽町)

R0004613003

最近、やって来ては行列が出来ていて、振られてばかりのはまの屋パーラー。ランチタイムに入るのは、もう無理かもしれないと、半ば諦め気味になってはいるが、朝の電車の空き具合に、もしかしたら、今日なら入れるんじゃないかと思い立つ。

 

店の夏休みもチェックをすれば、去る1112日が休みで、今日から営業しているという。けれども、夏休みで東京に遊びに来てなんていう人もいるかもしれないしなぁなんて、過度な期待はしないようにやって来ると、「お好きなところにどうぞ」という具合。あゝ、久しぶりだ。

 

注文はもう決まっている。玉子・サンドゥイッチを半分はトーストで、半分はそのままで(コーヒー付き900円)。

 

交互に食べてみると、特長が良く分かる。トーストなら、焼いたからこその香ばしさに、カサカサとしたパンと玉子の食感の面白さ。そのままならば、指が沈むほどに柔らかいパンから、直接焼き立ての玉子の温かみがジンワリ届き、パンと柔らかい玉子が同じように口溶けるところ。特に、今日は玉子に柔らかいところがあって、パンと混ざってとろける感じが心地好く、うっとりする。

 

周りの注文を聞いていると、トーストの玉子とフルーツサンドのハーフが人気の様子。久しぶりに玉子以外もという気がないでもないが、やっぱり玉子だと思うのだ。

 

【お店情報】

はまの屋パーラー 有楽町1-12-1 新有楽町ビルヂング B1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月10日

サイゴン ブンチャーゾー (有楽町)

R0004593001

台風が去ったら、真夏が舞い戻って来た。こういうときは、米よりも麺。いろいろと思う浮かぶものはあるが、夏に一度は食べておかなくてはと、サイゴンへ来る。

 

ここの夏向きの麺といえば、ブンチャーゾー(1,000)。素麺や冷麦のような細く丸い米麺「ブン」に、揚げ春巻きや豚肉を乗せた和え麺。

 

冷たい麺に甘酸っぱいタレがさっぱりとして夏っぽいが、みっちりと詰まった肉々しい揚げ春巻きに、香ばしく焼かれた厚みのある豚肉までのって、ボリュームとスタミナも満点。野菜も入って、考えてみれば、夏に相応しいバランス食。

 

豚肉のタレが染みた麺も好いし、ナッツの食感や香草の香りも賑やかで、テーブルに備え付けの調味料で、好みの味に仕立てながら、あっという間にペロリの夏バテ知らず。まぁ、自分について云えば、暑いからといって、食欲が落ちるなんてことはないのだけれど。

 

【お店情報】

サイゴン 有楽町店 有楽町1-10-1 有楽町ビル B1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 2日

レバンテ 鯖サンドセット (丸の内・有楽町)

R0004511004

レバンテは、圧倒的に牡蠣のある秋冬に訪ねることが多い店だ。過日、店の前を通りがかったとき、季節のおすすめメニューという看板が目に入って、夏のおすすめメニューってなんだろうと近づくと、「鯖サンド」とあるではないか。しかも、グランドメニューと思いきや、ランチタイムには、サラダやスープ、ソフトドリンクがついたセット(930)があると知って、やって来た。

 

注文を済ませると、程なく、サラダとスープが運ばれて来る。カキフライ等に添えられているサラダがとても好きだが、小さな皿でやって来たサラダもとても好い。適度な量のドレッシングで装われて、口にするとキュッとする酸味が火照った体に心地いい。それに、冬場はポタージュだったスープも、透き通った冷たいコンソメ。オクラが浮かんでいて、目にも涼しくて素敵だ。

 

鯖サンドは、ランチで出されるパンに鯖を挟んだもの。その鯖はたっぷりと厚みがあって、焼き立て。しかも、芳しい燻香が立ち上って来て、食べる前から、これはビールが欲しくなるやつと心得る。齧り付くと、タラリと垂れる鯖の脂。燻香と鯖の脂の濃厚さに、ピクルスや紫たまねぎが上手く調和すする妙。


それにしても、やはりこれはビールだなぁ。隣の隣のご婦人が、美味しそうに飲んでいるのが、心の底から羨ましい。これを食べるなら、ビール片手に夜だな。うん。

 

【お店情報】

レバンテ 丸の内3-5-1 東京国際フォーラム地下1Fコンコース 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月25日

いちにぃさん なす黒豚かつセット (銀座)

R0004427004

ここに来るといつも、豆腐や野菜、黒豚の蒸しセットか、ねぎしゃぶセットだが、今日は他に気になるものがあってやって来た。それは、なす黒豚かつセット。茄子に豚肉なんて、夏にぴったり。しかも、かつ。スタミナ補給として最適だ。

 

店に入って驚いた。「受付機で受付番号を受け取って下さい」と云う。もう一度、店の外に出てみると、入口右側に受付機が備えられていて、人数を入力して、受付番号が書かれた紙を貰って待つというシステムに変わったらしい。昼時は行列が出来る店。いろいろ大変なんだろうな。

 

程なく席を貰って、お茶を出して頂いたところで、即注文。そして、運ばれてきたのがこれだ。茄子をそのままフライにしましたというような、丸くて細長いフライ。輪切りにされたものを一つ倒してみると、なるほど、薄切りの豚肉をミルフィーユ状に重ね合わせて、両側を茄子で挟んだものを、フライにしたものか。豚の脂を茄子が吸ってさらに美味しくなるという仕掛け。たっぷりキャベツも好い脇役。

 

このセットの素敵ところは、大きな器の豚汁がセットだということ。具沢山で満足。豚肉万歳。

【お店情報】

遊食豚彩 いちにぃさん 銀座店 銀座西3-1 銀座インズB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月13日

バインセオサイゴン バインセオとミニフォーのセット (有楽町)

R0004309002

あっさりさっぱりしたものが食べたい気もするし、辛いものが食べたい気もする。うーん、ホントは何が食べたいんだ。溶けそうな頭で考える。熱いものを食べる気力は随分となくなったし、あれだ!バインセオ。

 

バインセオとは、ベトナム風のお好み焼きとかクレープと云われるもの。ターメリックで色付けした米粉ベースの薄い生地の中に具を入れて二つ折りに。これを切り分けて、レタスなどの野菜で巻いて食べるもの。

 

この辺りならば、イトシアの地下1階のバインセオサイゴンで頂ける。ランチならば、ミニフォーとデザート付きのセット(1,170)。届いた途端、その大きさにちょっと驚くが、中身はたっぷりのもやしと海老で、意外に軽い。レタスやコリアンダーで巻いて、タレをつけてパクつくと、パリパリもちもちの皮の食感と、ヌクチャムの香りや酸味がグッと来て、この気候にピッタリ。こういう閃きだけは冴えている。

 

周りを見ていると、やはり人気はフォーのセット。テイクアウトの弁当も人気で、店の中も外も大賑わい。

 

【お店情報】

バインセオサイゴン 有楽町店 有楽町2-7-1 有楽町イトシアB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月20日

のもっか 野菜たっぷりセイロ蒸し (銀座)

R0004093001

どうしようもなく、はまの屋パーラーの玉子サンドが食べたかった。今日は生憎の天気だから、もしかしたら入れるかもしれないなんて淡い期待を抱いて、傘をひらく。けれども、あゝ、やっぱりだ。ここ最近の光景と同じ。今日も待っている人が何人か。

 

今日はどうしても食べたいんだ。少しくらい待ってみようかと思ってみたが、ちらりと中を覗いた限り、すぐ席が空くような雰囲気ではない。戻らなければならない時間があるし、仕方がない。

 

同じフロアにある今半は臨時休業。それでやって来たのが、ここのもっか。しょうが焼きや冷しゃぶなど、比較的豚肉料理が多い店。それで、ここに来るとついつい豚肉料理を選んでしまう。今日は、肌寒いこともあって、セイロ蒸し(1,000)

 

「蓋をお取りしますね」と店の方が蓋を持ち上げる。と、同時に湯気がふわり。温かさとわくわく感を運んでくる。「野菜たっぷり」という名に違わず、キャベツやもやし、ブロッコリーなどたっぷり。さらに、ランチには、サラダバーが付いているから、本当に野菜でお腹が満たされるランチ。サラダの他、ドリンクやデザートもセルフサービスで、お気に召すまま。

 

【お店情報】

遊楽酒場 のもっか 有楽町1-12-1 新有楽町ビル B1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月15日

宝 サバの桜干し膳 (丸の内・有楽町)

R0004032001

食べたいのは鯖。それも焼いたの。焼き鯖のランチを出しているお店を幾つか思い出す中、そういえばと思い出したのが、東京国際フォーラムに入る宝。全国9つの蔵元が協賛し、夢酒みずきなどを手掛ける会社が経営するから、「酒蔵レストラン」と謳う店。同じフロアにあるレバンテでの食事の帰り道、この店のランチメニューを見たところ、「日本一の桜干し」と書いてあったことを思い出した。

 

スタイリッシュな店内。大きなテーブル席もあれば、2人用のテーブルにカウンター席。12時前に店に来たときは、テーブルは満席だが、カウンターはゆったりした状態だったが、12時を回るとカウンターも満席。近隣に勤める方の気軽なランチスポットらしい。

 

届いたサバの桜干し(1,000)は、上品に4つにカットされたもの。そして、こちらから見える皮目の、何とも旨そうなこと。芳ばしさと、つやつやぷっくりと膨らんだところ。焼いている過程が想像できて、それだけでご飯がすすみそうだ。口にすると、桜干しらしい甘みと、何といっても鯖の脂。紛うことなき飯泥棒。

 

メニューを見れば、どうやら、その桜干しは、丹後は天橋立近くのやまいちという鮮魚店から仕入れているようだ。豚汁と小鉢が2つ。豚汁はお代わりまで貰って満足(ご飯、豚汁お代わり可)。

 

【お店情報】

酒蔵レストラン宝 東京国際フォーラム店 丸の内3-5-1 東京国際フォーラム B1 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月 8日

有楽町ワイン倶楽部 トンテキ (有楽町・日比谷)

Gr000214003

はまの屋パーラーの行列に敗れた後、やって来たのは有楽町ワイン倶楽部。ワインショップ併設の気軽なビストロ。自分的には、ステーキやトンテキ等の肉ランチの店だ。サラダ、スープ、ドリンクがフリーで、そのほとんどが1,000円以下ということもあって、近隣に勤める方で大賑わい。

 

ビフテキと迷って、やっぱりトンテキ。ここのトンテキは、いわゆる四日市のトンテキではなく、ポークステーキ。それも200g。熱々ジュージューの鉄板で運ばれてくると、テンションも上がるというもの。無骨なフォークとナイフで少し大きめにカットして、むしゃむしゃと頬張りたくなる。ボリュームはあるが、余計なもののないシンプルな味付けで、軽くペロリ。鉄板と豚肉の間に挟まれ、蒸し焼き状態になったキャベツも結構好みだ。

 

結構な大箱にも関わらず近隣に勤める人で大賑わい。この活気も午後へのいい景気付け。

 

【お店情報】

有楽町ワイン倶楽部 有楽町1-7-1 有楽町電気ビルB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 6日

あけぼの お好み定食 (有楽町)

R0003915001

時間のずれたランチタイム。こういう時こそ、最近行列が過ぎて、すっかり行けなくなったお店へ行こうと考える。キッチン大正軒もそうだし、はまの屋パーラーも最近振られてばかりだ。そういえば、大正軒は、もう2年以上伺えていない。アジフライにしょうが焼き――なんて思い出したら、居ても立っても居られない。

 

それで2時頃。東京交通会館にやって来たわけだが、ひょっとこにも、あけぼのにも行列があるというのに、大正軒の前は静かだ。そういえば、前にも休みのことがあったなと近づいてみると、店内に「しばらく水曜日のランチはお休み」という旨の貼り紙があった。なるほど、そういうことか。

 

口はすっかり、アジフライ、フライ口。それなら、あけぼのの行列に並んでしまおう。待っているのは4人ほど。これならそう長い時間はかからないだろう。そうすると、10分としないうちに、「次のお客様~」と声がかかった。

 

注文は、アジフライが入ったものだ。アジフライ定食もあれば、フライものを幾つか組み合わせたセットもある。お願いしたのは、お好み定食(1,000円)。アジフライ、メンチカツ、カニクリームコロッケ、串かつから、好みのものを3つ選ぶ定食だ。これらの中からどれかを一つはずすというのはとても難しく悩ましい。

 

届いた皿には、こんもりとした千切りキャベツの裾野に立てかけるようなアジフライ、串かつ、クリームコロッケ。食べたかったアジフライはもちろんのこと、豪快な串かつや、カリカリの中からとろとろのクリームが溢れる自家製のコロッケも、おかずに最適。

 

それに、キャベツを手切りし、調理台や調味料入れをこまめに手入れし、明るく丁寧に接客しと、くるくると細やかに働く店の気持ち良さ。働くための人の店は、実に働き者である。

 

【お店情報】

あけぼの 有楽町2-10-1 東京交通会館 B1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月25日

サイゴン 蒸し鶏白髪ネギ (有楽町)

R0003838001

暑さのせいだろうか、食べたいのは、豚の冷しゃぶのようなもの。だとすると、あそこの店にあったはず――なんて思っていたが、ふと、豚じゃなくてもいいんじゃないかと思いつく。例えば、サイゴンの蒸し鶏とか。ごまダレも選べたはずだ。

 

サイゴンは、席数が多い店だが、12時前でも結構な混みよう。隅の席をもらって、注文するのは、目当ての蒸し鶏白髪ネギ(1,000)

 

やって来たものを見て、「あゝこれこれ」と思う一方で、「あっ、そうだった」とも思った。ここのごまダレは、ちょっと赤い辛味の効いた憎い奴。柔らかい辛味が最後にピリリと来るのだが、それがこの暑い季節に好ましい。

 

こんもりと積み上がった上から下まで、ほぼ丸々全部が蒸し鶏とボリューム満点。揚げ春巻に生姜が効いた春雨たっぷりのスープ、盛りいいライスにザーサイ付き。お腹も大満足のランチ。

 

【お店情報】

サイゴン 有楽町店 有楽町1-10-1 有楽町ビルヂング B1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧