2019年5月21日

シュマッツ ローストポークプレート (有楽町)

R0007660001

台風のような天気の中だったけれども、あまり気にせず行ける最近オープンした店があって、今日はそこを目指して向かう。今月10日、有楽町高架下センター商店街に出来た「シュマッツ」。最近、都内各所に店が出来ているドイツに特化したビアダイニング。以前に、ここを経営する会社を取り上げたものを見て、記憶に残っていたところ。

本格的に楽しめるのは、夜だろうが、ランチタイムにも営業をしていて、メニューは、チキンシュニッツェルにローストポーク、それにご自慢のソーセージがのったプレートや月替わりのメニューなど。中から頂いたのは、ローストポークプレート(1,000円)。シュニッツェルと迷ったが、結局豚肉が好きなもので。

届いたプレートのボリュームに驚いた。薄切りながらもたっぷりとした大きさのローストポークがズラリ。それに、ザワークラウト、ジャーマンポテト、サラダが添えられている。豚肉は柔らかくてしっとり、とても口当たりがいいが、ソースの香りや味わいに、どうしてもビールを呼んで困ってしまう(目の前にサーバーもあるし!)。

スープとドリンク付き。ホットコーヒーをお願いしたところ、マグカップで惜しみなく。オープンしたばかりの上に、生憎の天候で、店内は空き気味だったが、ビールを片手に賑やかに過ごすには、とても雰囲気のある店だと思う。ビールのメニューもしっかりとチェックしたことだし、近いうちに飲みにでも。

【お店情報】
シュマッツ 有楽町 丸の内3-6-17 地図

| | コメント (2)

2019年5月14日

レバンテ カニコロッケ (丸の内・有楽町)

R0007608001_1

久しぶりに肌寒いせいか、カニクリームコロッケが頭に浮かんで離れない。午後の予定を考えると、ちょっと遠くには行きづらいけれど、どこかにカニクリームコロッケがあっただろうか。そういえば、先日、ランチメニューが少し変わったことに気付いたレバンテに、カニコロッケ(1,296円)があったはず。

牡蠣の時期ではないからか、それともこんな天気だからか、ゆったりとした雰囲気。カニコロッケの他には、ハンバーグと新メニューの鶏のから揚げが人気だろうか。セットのスープは、今日はトマトベース。それから程なく、カニコロッケが届く。

美しい小判状に成型されたカニコロッケが2つ。サクサクと軽やかな衣にナイフを入れると、クリームがとろりとろりと溢れ出る。クリームを落とさないように、慎重に口に運ぶと、ふわりと香る蟹の風味と滑らかなクリームに、サクサクの衣の香りと食感がいいアクセント。それに、コロッケの下に敷かれたトマトの旨味と仄かな酸味が、スッと後味を纏めてくれる。

ここに来ると、必ずお見掛けするビール片手の人生の先輩方が、今日はいらっしゃらず。羨ましくはならない一方で、なんだか寂しい。

【お店情報】
レバンテ 丸の内3-5-1 東京国際フォーラム(地下コンコース)  地図

| | コメント (0)

2019年5月 7日

はまの屋パーラー 玉子・サンドゥイッチとフルーツ・サンドゥイッチ (有楽町)


R0007543001_1

GW中もメールだけはチェックをしていたけれども、いざ職場にやって来ると、唯でさえ月初だというのに、かなりのバタバタ。けれども、今日はランチタイムを死守したい。なぜなら、はまの屋パーラーの玉子サンドが食べたいからだ。GWの後半から、ずっと考えていたことだ。

行列が出来ていて入れないことも多い店だが、何故だか今日は入れる気がしていた。実際に伺ってみると、少しだが余裕があって、「お好きなところにどうぞ」という状態。こういう感は、よく当たるんだ。

兎に角、ここの玉子サンドが大好きだから、最近は、「半分だけトースト」という注文をするのだけれども、今日は珍しいことに、別のものが食べたい気分。あれこれと組み合わせを考えてみると、トーストしない玉子サンドと、フルーツサンドのハーフ。やさしく甘い組み合わせ(コーヒー付き:870円)。

もう数年ぶりというか、リニューアル前の店でしか、フルーツサンドは頂いたことがなかったかもしれない。やわらかいパンには、程良い生クリームに幾種類かのフルーツ。頬張る場所によって、口に入るフルーツが違うから、食感や香り、くちどけの違いにワクワクする。

それにお馴染みの玉子なら、フルーツにはない焼き立てならではの温かみ。やわらかいパンと指先を通って伝わるこの温かみが堪らなく好きなのだ。あゝ、普段の生活が返って来た。

【お店情報】
はまの屋パーラー 有楽町1-12-1 新有楽町ビルB1 地図

| | コメント (2)

2019年4月11日

輝咲 さば塩焼 (有楽町・日比谷)

R0007156001

今日は、どうしても鯖の塩焼きなのだ。最近、焼魚といえば、北野に伺うことが多いが、炭火で焼いた美味しい焼き魚といえば、輝咲もそうだ。JR高架沿いのビルの6F。ビルの入り口に小さな案内があるだけで、分かり難い店だが、焼き魚を目当てに多くの客がやって来る。

炭火で焼く魚は、さば塩焼、さわら塩焼、黒むつ照り焼きの3種類(1,100円)。季節柄、さわらに少し惹かれたが、やっぱり今日は鯖なのだ。

注文してから串を打って焼く鯖は、見た目にも皮がパリッとして身はパンと張って弾けんばかり。厚みのある身は、ほぐしても尚むっちりとして、噛みしめる度に、香ばしさや旨みが滲み出る。そして、炭で焼いたからこその香りが堪らない。

鯖の旨味を目一杯噛み締めたところへ、ご飯を一口。そして、三つ葉が香る赤出汁。派手ではないが、間違いなく幸せと思う昼餉。サラダに豆と野菜の煮物、漬物と副菜も揃っているのも有難い。

【お店情報】
輝咲 有楽町1-2-9 有楽町小川ビル6F 地図

| | コメント (0)

2019年3月25日

妻家房 スンドゥブチゲセット (銀座)

R0006936001

週末は実家に行っていたせいか、和食ではないものが食べたい気分だ。カレーやタイ料理なんかも候補に挙げてみたが、昨日一昨日と、寒い思いをしていたせいか、熱々の辛いスープが好いと、やって来たのはイトシアに入る妻家房。

スンドゥブチゲ(1,280円)の最初の醍醐味は、グツグツと湧きたってやって来る見た目と立ち上る湯気、香り。それだけで、お腹がグッとなりそうだ。

それに、ここのスンドゥブは、特別「海鮮入り」とは書いていないが、アサリに烏賊、帆立などがふんだんに入るのが特長。スープにも海鮮の旨味が染み出して、口にすると、じわじわと旨味がやって来る。

ここを選んだ理由の一つは、セットとして付いてくるチャンジャや、たっぷりと付く韓国のり。これらもご飯のいいお供で、ここに来ると愉しみなもの。それにしても、ご飯に汁もの、海苔に塩辛と思えば、日本の朝食に随分と近いものだ。

【お店情報】
妻家房 有楽町イトシア店 有楽町2-7-1 有楽町イトシアB1 地図

| | コメント (0)

2019年3月 7日

はまの屋パーラー 玉子・サンドゥイッチ (有楽町)

R0006822003

「雨の日は行列店へ」に従って、先週振られたはまの屋パーラーにやって来る。自分の前を歩く人が入っていこうとするのを見て不安になるが、店内には、まだ空席があって、並ぶことなく席を頂くことができた。

 

お願いするものは決まっている。玉子・サンドゥイッチの半分だけトーストにコーヒー(900円)。トーストしたのと、そのままのと、両方愉しめる最近のお気に入り。

 

春を待つこの季節に相応しい黄色と白と若草色。さて、今日はどちらから手をつけようか。うーんと一悩みして、手に取ったのは、そのままの方。指が沈み込むほどに柔らかいパンとパンを通しても温かさが伝わる焼き立ての玉子。口にすると、パンと玉子が同じように柔らかくほどけて消える。

 

次に手にしたトーストした方。こちらは焼かれてカサカサしたパンと厚い玉子の食感の面白さ。美味しい香ばしさも堪らない。どちらも特長があって、どちらも好き。だから、どちらを最後にするかが、また大問題なのだ。

 

【お店情報】

はまの屋パーラー 有楽町1-12-1 新有楽町ビルヂング B1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 4日

レバンテ かきフライ (有楽町・丸の内)

R0006772001

早いもので、もう3月。そろそろ牡蠣の季節も第4コーナーを回ったところ。今年、何度も伺ったが、何度も振られたのがレバンテ。こんな寒くて雨の降る日ならば、少しは空いていないだろうかとやって来た。

 

遠目からみても、予約もなく、大きいテーブルも空いている。意気揚々と店に入って、早速、かきフライ(1,500)を注文する。

 

ランチタイムならば、まずスープが運ばれてくる。今日は牛蒡のポタージュ。温かさと優しい味わい、ふんわりと香る牛蒡の香りがとても嬉しい。

 

そして、お待ちかねのかきフライ。いつ見ても、ここの皿の上の美しさには目を奪われる。美しく成形されたカキフライに、紫や橙色が混じるサラダ。飾り切りされたレモン、皮が剥かれたトマト、色鮮やかで瑞々しいオレンジ。脇にはタルタルソース。

 

さてと、とフライを持ち上げると、さすがこの時期。ぷっくり丸々として重い。カリカリとした衣に歯を立てると、むっちりとした牡蠣が表れる。咀嚼するほどに、牡蠣の旨味と滴るエキス。それに油と芳ばしい衣が綯い交ぜになると、よりフライらしい美味しさが表れて消える。そして、口腔に残る牡蠣の香りが、嬉しくもあり、もどかしくもある。


ちなみに、毎週月曜日のランチタイムには、あんぱんのサービスあり。

 

【お店情報】

レバンテ 丸の内3-5-1 東京国際フォーラム 地下コンコース 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 1日

サイゴン 鶏もも肉の香り焼き (有楽町)

R0006766002

昨日の寒さもあってか、ビルの外へ出てみると春めいていて、こんな日は、玉子サンドだと思う。行列が出来ているかもしれないが、とはまの屋パーラーへ向かってみると、案の定。そういう時に向かう店が3つほどあって、今日はサイゴン。久しぶり。

 

フォーと春巻のセットが人気だが、最近気に入っているのが、蒸し鶏白髪ねぎランチと、この鶏もも肉の香り焼き (1,080)

 

料理の名前のとおり、運ばれてきた途端に、香辛料の好い香りがふわりと漂う。それに、皮目の焼き色の素晴らしいこと。スイートチリソースも付いているが、そのままでも美味しい風味と味付け、それにパリパリとした食感のアクセントでご飯も進むが、どうしたって、ビールが欲しくなる。香り焼きの下には、色鮮やかな青梗菜と、お初の赤いパプリカ。サラダ、生姜の効いた春雨たっぷりのスープ付き。

 

こちらも繁盛店で、店を出る頃には、店の外にも10数人の行列。さぁ次の方に渡すべく、早々に席を立とう。

 

【お店情報】

サイゴン 有楽町店 有楽町1-10-1 有楽町ビルB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月13日

シクスバイオリエンタルホテル エンチラーダ (有楽町)

R0006520001

今夜は、早い時間からの宴会につき、少し軽めにしておこうと、はまの屋パーラーへ向かったものの、相変わらずの行列が出来ていて断念。そういうときに、助けてくれる店が幾つかあるが、そうだ!あそこいいかも!と思いついたのが、6th by ORIENTAL HOTEL。エンチラーダが食べたいときに伺って、とても好みだったことも記憶に新しい。

 

思うよりも結構広い店で、大きなフロアの他、テラス、バーカウンター、ソファが置かれたラウンジなどもあって、様子は様々。前回はメインダイニングに通されたが、今日はカウンター。ここから見える景色は壮観。夜ならもっと華やかだろう。

 

お願いしたのは、前回と同じエンチラーダ(1,200円)。大きなSTAUBでやって来るそれは、トルティーヤの中に鶏肉やチーズがたっぷり。辛味も中々で熱々だから、食べている間に、身体がグッと温かくなる。セットのサラダも、セットというには勿体ないほどの見た目と鮮度の良さ。

 

パンケーキがとても人気のようで、両隣の方も後ろの方も、パンケーキ。パスタランチをシェアしてからのパンケーキでランチという方々も。なるほどね。

 

【お店情報】

6th by ORIENTAL HOTEL 有楽町1-12-1 新有楽町ビル 1F 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年2月 1日

有楽町ワイン倶楽部 トンテキ (有楽町)

R0006360001

今日は肉だなと思っていたが、昼が近付くにつれて、今日は豚肉、それも厚切りだと思い至る。それで、やって来たのは、有楽町ワイン倶楽部。ワインショップ併設の気軽なビストロ。自分的には、ステーキやトンテキ等の肉ランチの店。

 

今日は迷わず、トンテキ(980)。甘辛いタレの四日市のトンテキではなく、ポークステーキ。それも200gで、厚みは1cmを超える。しかも、熱々ジュージューの鉄板で運ばれてくると、テンションも上がるというものだ。

 

ボリュームはあるが、余計なもののないシンプルな味付け。そのままでもいいが、生姜を効かせたソースも美味しく、ペロリと平らげられる。鉄板と豚肉の間に挟まれ、蒸し焼き状態になったキャベツも好きだ。

 

結構な客席数があるが、ピークタイムには行列も。サラダ、スープ、ドリンクがフリーで、そのほとんどが1,000円以下。使いやすさも魅力だろう。

 

【お店情報】

有楽町ワイン倶楽部 有楽町1-7-1 有楽町電気ビルB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧