2019年12月24日

はまの屋パーラー 玉子・サンドゥイッチ (有楽町)

R0009626001

今晩は、取引先との会食があるし、年末までに終わらせたい仕事の量を考えると、今日の昼はサクッと軽く、手短に。けれども、今年中にもう一度伺いたいお店も幾つかある。う~ん、これなら、あれだ。はまの屋だ。

とは言え、店前で行列が出来ていることも多い人気店。いざと伺ってみれば、行列の姿は見えず、店を覗いてみれば、1卓だけ空席があって、滑り込み。1分と置かず、すぐ後からいらっしゃった方はごめんなさい。

最近、ハムやツナ、スペシャルなんかが気になるときもあるが、今日は、今年の最後。大好物の玉子・サンドゥイッチで決まりだ。それも、半分だけトーストしてもらって、そのままのとトーストしたのを両方愉しむ作戦。

今日は、先ず、そのままの方を。摘まんだ指が沈み込むくらいにふんわりと柔らかいパンと、指先を通して伝わる玉子焼きの温かさ。食むと玉子とパンが同じようにとろけていく感じがとても好きだ。それに、今日はパンが甘い。一方のトーストしたのは、カサカサとした香ばしさと、どっしりとした玉子の存在感。

食べたいときに入れるわけではないが、今年も大変お世話になりました。来年こそ、玉子以外を久しぶりにと思うが、来てしまうと、やっぱり玉子となりそうな気がしている。

【お店情報】
はまの屋パーラー 有楽町店 有楽町1-12-1 新有楽町ビルB1 地図

| | コメント (2)

2019年12月 2日

とんかつ繁 生姜焼定食 (有楽町・丸の内)

R0009479002

有楽町の高架下。耐震工事が終わった場所には、続々と新しい店が出来ているが、ここ、とんかつ繁は、創業1972年という行灯を掲げる店。手軽で旨いとんかつが頂ける店として、サラリーマンに人気の行列店だ。

けれども、今日の目当ては、とんかつではなく、生姜焼定食(1,350円)。ダイナミックな肉厚の生姜焼きで、思い出したら堪らなくて、こんな雨の日なら入れるんじゃないかと思った次第。

12時前ということもあってか、先客はカウンターにお二人のみで、お好きなところにどうぞという珍しい光景。作るところも齧り付きで見学できるおまけ付き。届いた皿は、そう、これこれ。スライスした豚肉ではなく、とんかつに使う厚みのある肉を一口サイズにしたものを使った肉厚の生姜焼き。

噛み応えはあるが、やわらかく軽やかな肉質。生姜というよりも、醤油がキリッと効いた味付けで、ご飯が進む。それに、とんかつ屋らしくたっぷりと添えられたキャベツも食べ応え十分で、ついつい夢中になってしまう生姜焼き。三つ葉がたっぷり入った汁も好きだ。

店の方の愛想も好く、気軽でとても感じが好い。外はどしゃぶりの雨だが、心は軽やか、大満足。また来よう。

【お店情報】
とんかつ繁 千代田区丸の内3-6-10 地図

| | コメント (0)

2019年10月25日

有楽町ワイン倶楽部 ビフテキ (有楽町)

R0009208001

ランチタイムは、雨。時折、横殴りで土砂降りだったりするくらい。こんな日なら、はまの屋パーラーにも入れるんじゃないかと来てみたものの、同じビルか、地下道を通っていらっしゃっただろう近隣にお勤めの方で、いつも以上に行列が出来ている。

こんなこともあろうかと考えていたのが、有楽町ワイン倶楽部。魚より肉。それも牛。はまの屋パーラーにも近いし、ここでビフテキ(1,000円)。

ビフテキって呼ぶところがいいし、熱々の鉄板でやって来るところも素敵だ。ジューッという音、牛の脂の香りが食欲を駆り立てる。鉄板から少しはみ出るくらいのサイズ、程良い柔らかさ。気軽なランチのステーキなら、こういう感じが好ましい。それに、牛肉の下に敷かれたキャベツも、脂をたっぷりと纏ってご馳走だ。

サラダやスープ、ドリンクはセルフで取り放題。ハンバーグにオムライス、パスタ、カレーなど、洋食的なランチメニューが並ぶ。手頃な値段と使い勝手が好さからだろう。結構な席数があるが、伺うたびに行列が出来ている。

【お店情報】
有楽町ワイン倶楽部 有楽町1-7-1 有楽町電気ビルB1 地図

| | コメント (0)

2019年10月 8日

謝謝ラーメン ニラ玉子炒め定食 (有楽町・日比谷)

R0009046002

このニラ玉が食べたくて、謝謝ラーメン。ランチ時は行列が出来ていることが多い繁盛店。今日も5人ほど並んでいたが、行列が苦手とは云え、今日はどうしても食べたいのだ。回転も速い店だしと一番後ろに並ぶと、5分も経たないうちに店内へと案内された。

注文は並んでいるときに既に済んでいるから、後は待つのみ。「ニラ玉の方~」と運ばれてくるのに返事をしたら、愛しのニラ玉がやって来た。そうそう、この黄色に会いたかったんだ。こちらのニラ玉は、肉野菜炒めの上に、ふんわりと玉子の帽子が乗ったもの。

玉子をチラッと捲ると、肉野菜炒めからふわりと立つ湯気に、グッと胃袋が動き始める。玉子で肉野菜炒めを巻いて食べるもよし、別々に食べるのもよし。そして、玉子の焼き加減は、今日も素敵。焼きすぎでも半熟でもなく、程良い空気感を保っていて、かなり好みの口当たり。

餃子が3つに、盛りいいライス、卓上には漬物がセットされている満腹ランチ(880円)。しょうが焼きなんかも気になってはいるが、ここに来たなら、やっぱりニラ玉。

【お店情報】
謝謝ラーメン 有楽町1-3-8 かどやビル 地図

| | コメント (0)

2019年9月19日

キッチン大正軒 豚しょうが焼きセット (有楽町)

R0008877002_20190920080201

今日は断然揚げ物気分で、揚げ物パラダイス、東京交通会館の一角にやって来る。キッチン大勝軒とあけぼのが並ぶ一角。旨いフライを求めて、多くの方が並ぶ場所。昼のピークタイムより少し早い時間だというにも関わらず、両店ともに行列が出来ている。長さはそうだな、同じくらいか。

さて、どちらに並ぼうか。壁に張られたメニュー(これがまた、とても豊富で悩ましいのだが)を見遣って、「よしっ」とキッチン大勝軒の行列の最後尾についた。こちらのほうが久しぶりだし、何より惹かれたのがしょうが焼き。揚げ物気分で来たはずだが、「揚げ物にしょうが焼き」と思ったら、ますますグッと来るじゃないか。

豚しょうが焼きとフライのセットも、これまた豊富。アジフライにエビフライ、から揚げ、メンチカツ等々。選んだのは、しょうが焼きに、アジフライとクリームコロッケがつく豚しょうが焼きセット(1,050円)。

ドンッと盛りのいい皿が目に入ると、さぁ食べるぞ!と食欲が湧いてくるというもの。先ず手を付けたのがクリームコロッケ。ここのフライの好きなところは、サクサクカリカリの衣。揚げた香ばしい香りもあって、そこから溢れるとろーりクリーム。アジフライなら身厚でふっかり。歯を入れるとふわっと鯵の香りが立つところも好きなんだ。

一方の豚しょうが焼きは、厚みがあって脂身も多め。たれもよく絡んで旨味たっぷり。親しみがありながらも、肉屋直営らしいちょっと贅沢な肉使いが好い。行儀は悪いが、千切りキャベツや落ちたフライの衣、ケチャップスパゲティーなんかを皿の上で集めて、ご飯とともに掻き込むまでが、ここの定食の醍醐味。

外に出ると変わらず行列が出来ているが、自分が並んで、出てくるまでで20分ほど。並んでいる間に注文を聞いてくれるから、店に入ってから待つ時間が短いというところもミソ。ホールを捌くおねえさんも大変に気持ちが良い。並んでも美味しく、気持ちよく食べさせてくれる。そんなところも大好きなのだ。

【お店情報】
キッチン大正軒 有楽町2-10-1 東京交通会館B1 地図

| | コメント (0)

2019年8月30日

はまの屋パーラー 玉子・サンドゥイッチ (有楽町)

R0008685001_20190831080101

夏休みということもあったのだろうか。ここ最近、何度も振られているはまの屋パーラー。けれども、今日は生憎の天気だし、8月も末。そろそろ、空いている日があったっていいじゃないかとやって来る。

同じフロアまでやって来ると、今日は行列がないのが確認できる。けれども、自分の前には、お一人様の女性が何人か。あそこへ向かっているんだろうなぁと思っていると、やはり2人が先に入られて、緊張気味に後に続くと、まだ少し空席があるという余裕ぶり。こういう日もあるんだな。

少し前まで、次ここに来たら、玉子と久しぶりに「ハム」をお願いしようかと考えていたけれど、いざ来てしまうと、やっぱり玉子。それも、半分トースト、半分そのまま。二つの玉子サンドを愉しめるアレである(コーヒー付き900円)。

2種類愉しめるのは、とても愉しいが、どちらを最後に残すかというのが、とても悩ましい。好きなものは最後に残すタイプだが、どちらが好きかというのは、不思議と日によって変わったりする。最近は、ふんわりと柔らかいパンと温かい玉子が、口の中で一緒にとろけていく感じが好きだったが、今日は、カサカサと芳ばしく少し薄くなったパンに、どっしりとした玉子の存在感がとても好み。

「ハム」以外にも「スペシャル」や「ツナ」なんかも久しぶりに食べてみたいという気がしているが、自分には、玉子の吸引力が強すぎる。ここに入ることさえ、いつもとい訳にはいかないから、口にするのは一体何時になることやら。

【お店情報】
はまの屋パーラー 有楽町店 有楽町1-12-1 新有楽町ビルB1 地図

| | コメント (0)

2019年8月27日

サイゴン シーフードビーフン (有楽町)

Img_20190827_115802001

夏の入りが遅かったせいで、幾つか夏の麺を食べそびれているのだけれど、今食べたいのは、温かい細い麺。細いうどんや煮麺も考えたが、そういえば、こういうのもあるじゃないかとやって来たのは、サイゴン。こちらにも、夏の好物、ブンチャーゾーがあるが、今日は、シーフードビーフンだ。

素敵なのは、先ず届いたときのスープの香り。干し海老のようなグッと食欲を誘うもの。それが、素麺のように細くて柔らかいビーフンを啜り上げるたびに、ふわりふわりと漂うのだから堪らない。それに所狭しと入る蟹に海老、ホタテ、烏賊に浅利。少しの辛味とレモンの爽快感もあって、和の麺にはない感じも好い。

それに、好物の揚げ春巻と蒸し春巻をセットにして(1,080円)。パリパリとした皮にみっちりと具が入る揚げ春巻に、蒸してトロリととろけるようなライスペーパーと、挽肉や椎茸の強い風味の蒸し春巻。うーん、コレ。冷たいビールにもピッタリだろうなぁ。夏が終わる前に宿題が盛り沢山だ。

【お店情報】
サイゴン 有楽町店 有楽町1-10-1 有楽町ビルヂングB1F 地図

| | コメント (0)

2019年7月17日

謝謝ラーメン ニラ玉子炒め定食 (日比谷・有楽町)

R0008306001

ここ半年ばかり、ずっと気になっているものがあった。日比谷の高架の向い。昼時になると行列ができる町中華。これが食べたいと気になっていたのは、ニラ玉子炒め。店前に出されているメニューの写真を見ると、惜しまれつつ閉店した中華シブヤのニラ玉のように、炒めた野菜の上に焼いた玉子の帽子をかぶせたようなやつだからだ。

ほとんどの日に行列があって、食べるものを決めているときに限って行列がなかったりして、中々伺えず仕舞いだったが、今日はどうだと向かったら、行列はなし。会計する人を待つだけで、席にありつくことが出来た。

注文はもちろん、ニラ玉子炒め定食(820円)。皿の上には、眩い黄色。しかもこのふわっとした感じと襞。焼きすぎでも半熟でもなく、程良い空気感を保った玉子で、かなり好みの口当たり。下のニラやもやし、豚肉の炒めものを巻いて食べるのも好い。定食には、餃子が3つ、ライス、味噌汁、卓上には漬物がセットの満腹ランチ。

テーブルは勿論相席必至。「いつも」「毎度」の客が多い日常の店で、回転は頗る速い。酒場に「ニラ玉」があると、ついつい注文してしまうが(「ニラ玉」は店によって様々でとても面白いと思っているが、その話はまた別の機会に)、また一つ、好きなニラ玉を見つけた気分だ。

【お店情報】
謝謝ラーメン 有楽町1-3-8 かどやビル 地図

| | コメント (0)

2019年7月10日

テクストゥーラ Lunch Plate (日比谷)

R0008204003

約5年お世話になった方とお疲れさまのランチ。お互いにとって来やすい場所で、好いランチがなかっただろうかとアレコレ考えて、選んだのがテクストゥーラ。築地の一凛の斎藤シェフが手掛ける新店。気になってはいたものの、独りでの平日の慌ただしいランチには向かないだろうと思っていたところ。こういうときにこそ、というやつである。

中華料理とスペイン料理ということで、カジュアルなLunch Plate(1,700円税抜)も両方の料理から選べる仕様。一凛のよだれ鶏やもち豚焼売、麻婆豆腐は好物だから、中華料理を選択する。ちなみに、スペイン料理なら、アヒージョやカスパチョ、トルティージャ等。

麻婆豆腐を中心に、よだれ鶏、もち豚焼売、季節野菜の蒸しスープで一揃え。そして、どれを食べても満たされる感のある美味しい料理。

一凛で感激したよだれ鶏なら、それ自体はもちろんのこと、ご飯にかけて食べたいと思っていたタレに山椒の香る麺を入れてどうぞという愉しい仕掛け。むっちりした肉々しいのにとろけるような焼売や、繊細だがコク味や程良い痺れ、後味にふっと香る爽やかさが印象的な麻婆豆腐。それに、旨味たっぷりの優しく品の良い蒸しスープ。これだけでもずっと飲んでいたいくらいだ。

惜しむらくは、自分の時間に余裕がないことだけ。ランチメニューとして、一凛でも人気のよだれ鶏冷麺や、カツサンドも登場。これらのランチは、入口近くのカジュアルエリアで。コースの場合は、店奥のテーブル席となるようだ。

【お店情報】
TexturA(テクストゥーラ) 有楽町1-7-1 地図

| | コメント (0)

2019年7月 1日

6th by ORIENTAL HOTEL エンチラーダ (有楽町)

R0008083002_20190702234301

珍しいことに、はまの屋パーラーの玉子サンドゥイッチではなく、スペシャルサンドゥイッチが食べたくなった。スペシャルは、玉子にハム、レタスやトマト、キュウリが入ったサンドイッチで、これだけは、ハーフサイズに出来ないもの。もう随分とはまの屋には伺っているが、ついつい玉子をお願いしてしまうこともあって、これまで頂いたのは2、3度だと思う。

雨の日だから入れるかもと淡い期待を持って行ったが、行列はないものの満席。雨にも負けない人気ぶりは流石だなぁ。こういうこともあろうかと、今日は次向かうところを考えていた。同じビルの1Fに入る6th by ORIENTAL HOTEL。ここのエンチラーダ(1,200円)も好物なのだ。

大きなSTAUBでやって来るそれは、トルティーヤの中に鶏肉やチーズがたっぷり。今日はパクチーやハラペーニョが記憶にあるよりどっさりと入っていて、いつも以上に好みの味。さらに器ごと熱々だから、食べている間に、身体がグッと温かくなる。セットもサラダもセットというには勿体ないほどの見た目としっかりとした量があるのも好い。

流れる音楽と落とした照明、フロアの騒めきと内装が相まって、場所や時間の感覚が曖昧になる感じも面白い。仕事終わりにサクッと一杯なんていうのも、気になってくる。

【お店情報】
6th by ORIENTAL HOTEL 有楽町1-12-1 新有楽町ビル 1F 地図

| | コメント (0)

より以前の記事一覧