2018年12月17日

はまの屋パーラー 玉子サンドゥイッチ (有楽町)

夜の予定を考えると、ランチは軽めにしておきたい。はまの屋のサンドイッチなんてちょうど具合がいいのだけれど、やっぱり行列が出来ているだろうか。

 

とりあえず、行ってみようと店の近くまで来ると、行列の姿はないし、ちょうど店から出る人の姿が見える。これなら確実に入れそうだと中を覗くと、おや、珍しい。半分ほども入っていない。文字通り「お好きなところへどうぞ」といった感じだ。

 

お願いするものは決まっている。玉子サンドゥイッチのトーストするのと、しないのと半分ずつにホットコーヒー(900)。玉子サンドを満喫したいという願望が叶う注文。

 

交互に食べてみると、特長が良く分かる。そのままなら、指が沈む柔らかいパンから、直接焼き立ての玉子の温かみがジンワリ届き、パンと柔らかい玉子が同じように口溶ける感じ。一方のトーストなら、焼いたからこその香ばしさに、カサカサとしたパンと玉子の食感の面白さ。最近は、そのままのほうが好きかもなぁと思っていたが、今日は美味しい香ばしさの後から来るパンの優しい甘みが、とても印象的だった。

 

今年ここへ来るのは、もうきっとこれが最後。今年もお世話になりました。また来年も。

 

【お店情報】

はまの屋パーラー 有楽町1-12-1 新有楽町ビルヂング B1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月20日

慶楽 豚肉とモヤシの焼きそば (有楽町)

R0005408001

慶楽に来る。twitterで、年内で店を閉じるとの話が流れてきたからだ。長く多くの方に愛されてきた店。来月なんて、もうきっと沢山の方がお別れに来るだろうから、今のうちにとやって来た。

 

メニューが豊富で、さらには、品書きに書かれていないメニューもたっぷりとあって、食べていないものが余りに多過ぎる。そんな中でも、好きなものと云えば焼きそばだ。特に、豚肉とモヤシの焼きそばと、タイ式焼きそば。今日はどちらを戴こうか、昨晩からずっと悩んでいた。

 

お願いしたのは、豚肉とモヤシの焼きそば(1,080)。褐色の細麺の上に載る、麺よりも多いと思うほどにたっぷりと盛られた豚肉とモヤシの炒め物は、ゆるくトロリとする餡かけ風。熱感がたっぷりで、味も香りもされどのモヤシ。麺と絡めて啜ればシュルリ。咀嚼すればシャクシャクと響く音。自分が立てているのに、余りにも旨そうな音で、更に欲を駆り立てられて、夢中で箸を進めてしまう一品だ。

 

いつも混み合う店だが、注文が殺到して、今日はてんやわんや。同じように訪ねた人も多かったのかもしれないなぁ。数年前に焼きそばが(も)大好きだった店が閉店して、そして今年この店も。好きだと云い続け、伺い続けたいと思う今日。

 

【お店情報】

慶楽 有楽町1-2-8 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年11月 9日

有楽町ワイン倶楽部 ビフテキ (有楽町)

R0005342001

今日も今日とて肉である。違うことは、今日はステーキの気分であること。そうは云っても、この界隈ではランチステーキを出す店が多いが、やって来たのは、有楽町ワインクラブ。気軽な値段で気取りなく食べられるカジュアルな店。しかも、サラダやスープ、ドリンクが自由というのが好い。

 

ここに来ると、トンテキをお願いすることが多いが、今日はビフテキ(1,000)。鉄板に乗せられてジュージューとやって来る。この音、これが先ず堪らない。想像していたよりも、肉はたっぷりとあって、柔らかでジューシー。下に敷かれたキャベツが、肉の脂をたっぷりと吸って、これもご馳走だ。

 

他には、ドリアやオムライス、パスタ、カレーなど、洋食的なランチメニューが並ぶ。使い勝手が好いからだろう。結構な席数があるが、伺うたびに行列が出来ている。

 

【お店情報】

有楽町ワイン倶楽部 有楽町1-7-1 有楽町電気ビルB1 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年10月 1日

レバンテ かきフライ (有楽町・丸の内)

R0005008002

今年も10月がやって来た。10月と云えば、カキフライが出始める時期。三州屋も今日からと聞くし、レバンテもそうだ。

 

いそいそとやって来ると、入口に「お待たせいたしました。カキフライはじめました」と云う貼り紙が目に入る。ランチメニューも「かきランチ」が入ったものだ。的矢の牡蠣を使ったフライは、1020日頃からだそうだが、浦村の牡蠣を使ったかきフライ(1,500円)は味わえる。

 

ポタージュスープに続いて、かきフライが届く。ころりとした俵型に綺麗に成形されたフライが4つ。シーズン初頭だけれども、2つを抱き合わせているから、たっぷりとした大きさ。さっそくと頬張ると、軽い揚げ上がりの衣の芳ばしさと牡蠣の旨味が混ざりあって、口いっぱいに広がっていく。今年もありがとうと実家に近いあの海に思いを馳せる。

 

かきランチの「かきのピラフ」が、的矢と浦村のフライの食べ比べに変わっていたのが気になるが、ピラフもグランドメニューにはあるだろう。さて、今シーズンはどんな牡蠣に出会えるだろう。愉しみで仕方がない。

 

【お店情報】

レバンテ 丸の内3-5-1 東京国際フォーラムB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月28日

はまの屋パーラー 玉子・サンドゥイッチ (有楽町)

R0005003003

どうしたって玉子。願わくは、はまの屋パーラーの玉子サンドが食べたいが、並んで待っている方がいらっしゃることが多く、中々は入れない。今日はどうしても玉子なんだ――。うん、もし入れなかったら、オーバカナルまで足を延ばそうと算段をつけて。

 

やって来たら、行列はなく、空席も3席ほど。「お好きな席にどうぞ」と案内されて拍子抜け。最近気に入っている「玉子サンドを焼くのと、焼かないのと半分ずつ」とお願いすると、そういう方が増えたのか、「半分だけトーストですね」とあっさり受け入れられる。確かに、そういう風に云えば、スマートだ。

 

皿の上を確認せずに、端から一つ摘まみ上げると、その柔らかさにびっくりする。そう、トーストしていないほうで、そう強く持っていないのに、指が沈み込むような柔らかいパンと、パンを通しても伝わる焼き立ての玉子の温かさ。口にすると、パンと玉子が同じように溶けていく。この感じが堪らなく好きだ。

 

トーストした方は、カサカサとした手触りと芳ばしい香り。それに柔らかい玉子が交じり合う愉しさ。違った二つの玉子サンドを一度に味わえる幸せ。最後にどちらを残すかが、とても悩ましくはあるけれど。

 

【お店情報】

はまの屋パーラー 有楽町1-12-1 新有楽町ビルB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月26日

シクスバイオリエンタルホテル エンチラーダ (有楽町)

R0004987001

有楽町駅前のテラス席が印象的なレストラン、6th by ORIENTAL HOTELにやって来る。前を通ることは何度もあったが、入ったことがなかったのは、キラキラしたイメージがあったから。それに、最近はパンケーキが有名だそうで、自分なぞは近づかないほうが賢明だと思ってのこと。

 

けれども、今日やって来たのは、エンチラーダ(1,200)が目当て。どこかランチで食べられるところがないかと思っていたところ、ここで食べられると知ったからだ。

 

テラス席の他、バーカウンターにテーブル席。想像していた以上に広いが、客もしっかりと入っていて、繁盛店だということを実感する。

 

エンチラーダはサラダ付き。サラダが早く運ばれてくるが、セットというには勿体ないくらいの見た目と量、鮮度の良さ。主役のエンチラーダも大きなSTAUBに入ってやって来る。トルティーヤの中には鶏肉やチーズがたっぷり。辛味も中々で、こちらもシャキッとしたコリアンダーがたっぷりと添えられて、すこぶる好み。

 

店の方の接客も大変気持ちよく、これまで避けて来たことを後悔。ランチも好いし、家に帰る前に軽く一杯にも好い感じだ。

 

【お店情報】

6th by ORIENTAL HOTEL 有楽町1-12-1 新有楽町ビル 1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月21日

妻家房 スンドゥブチゲ (有楽町)

R0004941001

昨晩の雨から急に気温が下がったし、今日も引き続きの雨。自然と温まるものが欲しくなる。豚汁か、はたまたチゲか。ソルロンタンは先日食べたから、ユッケジャンでもいいなぁ――なんて思い浮かべる。今日は辛いの。スンドゥブチゲだな。

 

それでやって来たのが妻家房。昼時は、行列のできる繁盛店だが、駆け足でやってくれば、よかった。席は空いている。お茶を持ってきてくれたその場で、目当てのスンドゥブチゲ(1,280)を注文して、後は、やってくるのを待つばかり。

 

スンドゥブチゲの最初の醍醐味は、グツグツと湧きたってやって来る見た目と立ち上る湯気、香り。それだけで、お腹がグッとなりそうだ。特別「海鮮入り」とは書いていないが、アサリに烏賊、帆立などがふんだんに入る。

 

大好物の玉子は、最後のほうまで取っておいて、8割くらいに火が入るまで待つのが自分流。ご飯を少し入れて、黄身をたっぷりと絡ませて食べるのが好きだ。これを食べずして、スンドゥブチゲを食べた気にはならないくらいに。

 

セットとしてキムチにコリッとした食感のチャンジャ、たっぷりと付く韓国のりが嬉しい。帰る頃には、今日も満席。大盛況。

 

【お店情報】

妻家房 有楽町イトシア店 有楽町2-7-1 有楽町イトシアB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月29日

ねぎポ しょうが焼き (有楽町)

R0004775002

昼前に今日は肉(29)の日じゃないかと気が付いた。せっかくだからという訳ではないが、今日は肉にしよう!と東京国際フォーラム傍のトラジまでやって来た。

 

けれども、同じことを思う人はやっぱり多くて、並んでいる人がいらっしゃる。それならば、豚肉だって肉じゃないかと、同じ高架下にある、ねぎポに足を運んだ。

 

牛たんでお馴染みのねぎしがやっている豚肉料理店だから、ねぎポ。とんかつに、とんてき、しょうが焼き、ハンバーグやロールキャベツにスンドゥブも、全部豚肉を使っている。夏の新メニューとして冷麺も、冷しゃぶ風の豚肉入りで、麻婆豚丼付きらしい。

 

今まで頂いた中では、しょうが焼きが一番好きだ。肉厚だが柔らかく、たっぷり添えらえる玉葱と一緒に頬張りたい生姜焼き。葉野菜のサラダの他に、スパゲティーサラダが添えられているのにもグッとくる。豚足スープに漬物、温泉玉子がセット。

 

ランチのピークタイムには行列が出きるほどに定着した模様。豚肉料理専門店というのに、女性客が目立つのは、綺麗で清潔感のある店内と、料理のバリエーションが多いからだろうか。

 

【お店情報】

ポークポークポーク ねぎポ 有楽町店 丸の内3-6-1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月27日

シャム イカ、竹の子、カレー炒め (日比谷)

R0004756001

朝から絶賛タイ料理の気分である。昨日の昼も、タイとラオス料理の店で食べたというのにだ。きっと、この蒸し暑さのせいに違いない。この界隈はタイ料理を出す店が幾つもあるが、はてどうしよう。いつもと毛色の違うところへ行ってみたいという欲が湧いてきた。

 

それで思い出したのが、シャム。東京ミッドタウンの斜向かいの雑居ビルに入るタイ料理店。ホームページによれば、今年で創業30年。東京でも古い部類の店だろう。エレベーターの扉が開くと、そこはすぐに店。明るく広々とした店内だが、12時前というのに、すでに半分以上席は埋まっている。

 

ランチメニューは豊富で、ガパオにタイカレー、パッタイ、カオマンガイ、タイヌードルなど、一般的に親しまれているタイ料理は網羅されている様子。今日はそういう気分じゃないんだと、野菜炒めと迷って、イカ、竹の子、カレー炒めをお願いする(1,080)

 

運ばれてきた途端に、発酵調味料の香りがして、俄然食欲が湧いてくる。口にすると、竹の子のシャクシャクに、イカのむっちりが楽しいレッドカレーの炒め物。ご飯と混ぜると、香りよりも辛味は穏やかで、纏まりとバランスの好い味わい。2種類のサラダ(鶏肉とパクチーのサラダ、かなり好き)にスープ、タピオカのデザート。食後にコーヒーが運ばれてくる。

 

小皿のカレーやトムヤムスープ、ガパオにヌードルと豊富なオプションメニューがあるのも素敵だ。続々と近隣に勤めているらしい方々ややって来るのも頷ける。

 

【お店情報】

SIAM 有楽町店 有楽町1-6-1 第2日比谷ビル 10F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月22日

慶楽 豆板冷麺 (有楽町)

R0004708005

舞い戻って来た猛烈な暑さに、こういう日こそ冷麺だろうと思い立つ。そういえば、久しく慶楽の冷麺も頂いてないな。それで、JR高架脇までやって来た。

 

記憶には、慶楽の冷麺は、ごまだれの芝麻冷麺(甘いの)、豆板冷麺(辛いの)、姜葱鶏冷麺(塩味)の3種類があったはずだが、今年は、季節メニューの姜葱鶏冷麺と海南鶏飯の上に、白い紙が貼って合って、目隠しがされている。

 

そうか――。豆板冷麺と姜葱鶏冷麺で、悩んでいたんだけどな。それなら悩む必要はないと、豆板冷麺をお願いする。

 

涼し気なガラスの皿の上には、赤と白と緑のコントラスト。大きくカットされた烏賊に旨味たっぷりと焼豚、叩いた胡瓜。それに、しっかりと締められた細い麺。赤みの割に辛さは程よく、こちらも過ぎない酸味が好ましいタレが絡まって、喉越しも爽やか。先程までの暑さもすっかり落ち着いて、やはり夏には、こんな一皿が嬉しい。

 

人気は相変わらずで、客が入れ替わり、立ち替わりやって来る。おねえさん方の客あしらいも相変わらずで、なんだか妙にホッとする。

 

【お店情報】

慶楽 有楽町1-2-8 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧