2018年10月 1日

レバンテ かきフライ (有楽町・丸の内)

R0005008002

今年も10月がやって来た。10月と云えば、カキフライが出始める時期。三州屋も今日からと聞くし、レバンテもそうだ。

 

いそいそとやって来ると、入口に「お待たせいたしました。カキフライはじめました」と云う貼り紙が目に入る。ランチメニューも「かきランチ」が入ったものだ。的矢の牡蠣を使ったフライは、1020日頃からだそうだが、浦村の牡蠣を使ったかきフライ(1,500円)は味わえる。

 

ポタージュスープに続いて、かきフライが届く。ころりとした俵型に綺麗に成形されたフライが4つ。シーズン初頭だけれども、2つを抱き合わせているから、たっぷりとした大きさ。さっそくと頬張ると、軽い揚げ上がりの衣の芳ばしさと牡蠣の旨味が混ざりあって、口いっぱいに広がっていく。今年もありがとうと実家に近いあの海に思いを馳せる。

 

かきランチの「かきのピラフ」が、的矢と浦村のフライの食べ比べに変わっていたのが気になるが、ピラフもグランドメニューにはあるだろう。さて、今シーズンはどんな牡蠣に出会えるだろう。愉しみで仕方がない。

 

【お店情報】

レバンテ 丸の内3-5-1 東京国際フォーラムB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月29日

ねぎポ しょうが焼き (有楽町)

R0004775002

昼前に今日は肉(29)の日じゃないかと気が付いた。せっかくだからという訳ではないが、今日は肉にしよう!と東京国際フォーラム傍のトラジまでやって来た。

 

けれども、同じことを思う人はやっぱり多くて、並んでいる人がいらっしゃる。それならば、豚肉だって肉じゃないかと、同じ高架下にある、ねぎポに足を運んだ。

 

牛たんでお馴染みのねぎしがやっている豚肉料理店だから、ねぎポ。とんかつに、とんてき、しょうが焼き、ハンバーグやロールキャベツにスンドゥブも、全部豚肉を使っている。夏の新メニューとして冷麺も、冷しゃぶ風の豚肉入りで、麻婆豚丼付きらしい。

 

今まで頂いた中では、しょうが焼きが一番好きだ。肉厚だが柔らかく、たっぷり添えらえる玉葱と一緒に頬張りたい生姜焼き。葉野菜のサラダの他に、スパゲティーサラダが添えられているのにもグッとくる。豚足スープに漬物、温泉玉子がセット。

 

ランチのピークタイムには行列が出きるほどに定着した模様。豚肉料理専門店というのに、女性客が目立つのは、綺麗で清潔感のある店内と、料理のバリエーションが多いからだろうか。

 

【お店情報】

ポークポークポーク ねぎポ 有楽町店 丸の内3-6-1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 2日

レバンテ 鯖サンドセット (丸の内・有楽町)

R0004511004

レバンテは、圧倒的に牡蠣のある秋冬に訪ねることが多い店だ。過日、店の前を通りがかったとき、季節のおすすめメニューという看板が目に入って、夏のおすすめメニューってなんだろうと近づくと、「鯖サンド」とあるではないか。しかも、グランドメニューと思いきや、ランチタイムには、サラダやスープ、ソフトドリンクがついたセット(930)があると知って、やって来た。

 

注文を済ませると、程なく、サラダとスープが運ばれて来る。カキフライ等に添えられているサラダがとても好きだが、小さな皿でやって来たサラダもとても好い。適度な量のドレッシングで装われて、口にするとキュッとする酸味が火照った体に心地いい。それに、冬場はポタージュだったスープも、透き通った冷たいコンソメ。オクラが浮かんでいて、目にも涼しくて素敵だ。

 

鯖サンドは、ランチで出されるパンに鯖を挟んだもの。その鯖はたっぷりと厚みがあって、焼き立て。しかも、芳しい燻香が立ち上って来て、食べる前から、これはビールが欲しくなるやつと心得る。齧り付くと、タラリと垂れる鯖の脂。燻香と鯖の脂の濃厚さに、ピクルスや紫たまねぎが上手く調和すする妙。


それにしても、やはりこれはビールだなぁ。隣の隣のご婦人が、美味しそうに飲んでいるのが、心の底から羨ましい。これを食べるなら、ビール片手に夜だな。うん。

 

【お店情報】

レバンテ 丸の内3-5-1 東京国際フォーラム地下1Fコンコース 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月15日

宝 サバの桜干し膳 (丸の内・有楽町)

R0004032001

食べたいのは鯖。それも焼いたの。焼き鯖のランチを出しているお店を幾つか思い出す中、そういえばと思い出したのが、東京国際フォーラムに入る宝。全国9つの蔵元が協賛し、夢酒みずきなどを手掛ける会社が経営するから、「酒蔵レストラン」と謳う店。同じフロアにあるレバンテでの食事の帰り道、この店のランチメニューを見たところ、「日本一の桜干し」と書いてあったことを思い出した。

 

スタイリッシュな店内。大きなテーブル席もあれば、2人用のテーブルにカウンター席。12時前に店に来たときは、テーブルは満席だが、カウンターはゆったりした状態だったが、12時を回るとカウンターも満席。近隣に勤める方の気軽なランチスポットらしい。

 

届いたサバの桜干し(1,000)は、上品に4つにカットされたもの。そして、こちらから見える皮目の、何とも旨そうなこと。芳ばしさと、つやつやぷっくりと膨らんだところ。焼いている過程が想像できて、それだけでご飯がすすみそうだ。口にすると、桜干しらしい甘みと、何といっても鯖の脂。紛うことなき飯泥棒。

 

メニューを見れば、どうやら、その桜干しは、丹後は天橋立近くのやまいちという鮮魚店から仕入れているようだ。豚汁と小鉢が2つ。豚汁はお代わりまで貰って満足(ご飯、豚汁お代わり可)。

 

【お店情報】

酒蔵レストラン宝 東京国際フォーラム店 丸の内3-5-1 東京国際フォーラム B1 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年5月11日

沌 トムヤムクン汁そば (丸の内・八重洲)

R0003717003

朝から口がどうしてもトムヤム味。問題は、どこで食べるか。近くて手軽なチャオタイもあるし、エスニック系といえば、銀座ファイブ。この界隈のレストランフロアがあるビルならば、ほとんど食べられそうな気がする。

 

悩んでやって来たのが、PCPビルに入る沌。麺類が非常に充実しているのが特長の店。ここで好きなのが、「辛いものが苦手な人はご遠慮下さい」と断り書きのある「辛口鶏煮込みそば」。最近はこればかりで、トムヤム系の麺を食べたことがないことに気が付いたからだ。

 

ここでの名前は、トムヤムクン汁そば(880)。見た目は辛そうではないが、スープを一口含むと、あゝこれこれ。食べたかった酸っぱ辛い味。それに、海老出汁とレモングラスの香りが食欲を駆り立てる。具は、海老に団子、パクチー、フクロ茸にもやし。ボリューム多めというのも好きなところだ。サラダにタピオカのデザート付き。

 

トムヤムクン春雨に生春巻きのセットや、夏には冷やしのトムヤムクン汁そばもあり。

 

【お店情報】

沌 丸の内1-11-1 パシフィックセンチュリープレイス丸の内B1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月24日

ねぎポ しょうが焼き (有楽町・丸の内)

R0003556001

今日は夜に魚だから、昼には肉。そうだなぁとアチコチの店を思い浮かべていると、ねぎポに、新メニューが出来ていたことを思い出した。ねぎポとは、東京国際フォーラム裏手の有楽町の高架下、牛たんのねぎしの隣。そのねぎしの豚料理店。

 

その新メニューとは、角煮カレーと、しょうが焼き。より肉々しいのはこっちだろうと、しょうが焼き(990)をお願いする。

 

葉野菜のサラダと人参がたっぷり混ぜ込んだスパゲティーサラダを従えて、しょうが焼きはやって来た。肉厚だけれど、やわらかくて、頬張ってむしゃむしゃとワンパクに食べたいしょうが焼き。添えられた生姜は、混ぜてもいいし、スープに溶くのもお勧めだそう。

 

オープン当初よりも、店内にずっと活気があって、行列も出来ている。この賑わい、好い感じ。

 

【お店情報】

ポークポークポーク ねぎポ 有楽町店 丸の内3-6-1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月30日

レバンテ かきフライ (有楽町・丸の内)

R0003321001

5月のような陽気が続いて、牡蠣熱もすっかり冷めてしまっていたが、やっぱり名残り惜しくって、今日は名残りのカキフライをと、レバンテにやって来る。地下に移転して、すっかり落ち着いた店内。キラキラと陽が入る前の店も素敵だったが、落ち着いた今の雰囲気が、正直に云えば好きだ。


隣で既に呑み終えたらしい先輩を羨ましく思う間に、目当ての品が届く。コロコロと美しく整えられ、並べられたカキフライ。


大きさも立派だが、身の厚いこと。噛む歯が押し返されるくらいにむっちりとして、そこからジュースが溢れ出す。身の旨みとジュースに、軽やかな衣の香ばしい風味と食感がアクセントとなって、牡蠣自体が好きだが、やっぱりフライが好きだと改めて思う。

 

それに、ドレスされた瑞々しいサラダに飾り切りされたレモン、皮が剥かれたトマト等々。脇役の一つ一つもウキウキとさせてくれる、幸せの一皿。今シーズンも、ごちそうさまでした。

 

【お店情報】

レバンテ 丸の内3-5-1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 9日

EIKO スンドゥブチゲ (銀座)

R0003146001_2

朝から、今日のランチはスンドゥブだと決めていた。それなら、久しぶりにEIKOに行こう。混んでいたら困るな、なんて思っていたが、幸運にも一席だけ空きがあった。座るなり、すかさず、スンドゥブチゲ(880)をお願いする。

 

しばらくして「チーズスンドゥブお待たせしました」という声が耳に届いた。「あれ?普通のスンドゥブをお願いしましたが」と言ってはみたが、他にチーズスンドゥブを頼んだ人もいないようで、こういうのも一つの出会いと、そのまま貰うことにした。

 

それにしても、溶けたチーズというのは、ときめかせる何かがある。辛いスープの熱で溶けたチーズなんて初めてだが、これはこれで中々うまい。

 

ところがだ、個人的には大問題が発生する。まだ、随分と残っているのに、玉子を崩してしまったらしい。半熟の黄身がタラリとスープに滲んでいる。あーーーー、玉子は最後のほうまで残しておいて、少し残したスープにご飯を入れて、辛いおじやみたいに食べる。それが愉しみなのに。上を覆うチーズで、玉子の居場所が分かりにくいせいだ。


一度は崩れてしまったが、それでもそれ以上には崩れないよう食べるのが、玉子好きとしての仁義だ。ということで、やはり普通のスンドゥブチゲが好い。 


【お店情報】

韓国味工房EIKO 銀座本店 銀座1-5-2 西勢ビルB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 9日

レバンテ かきフライ (有楽町・丸の内)

R0002863001

今日は、絶対牡蠣フライ。さぁて、どこへ行こうか。午後や夜の予定のこと、それに財布の事情とか。あとは、もちろん今日食べたい牡蠣フライのこと。そうだ、今日はレバンテ。

 

東京国際フォーラムの地下コンコースまでやって来て、ガラス越しに店の中を見る。混雑はしているが、大きいテーブルに相席で入れそうだ。

 

かきフライランチ(1,500)をお願いすると、すくに運ばれてくるスープ。隣の紳士3人組のところには、ビールジョッキが運ばれていく。クッー、うらやましい。

 

なんて気持ちも、かきフライがやって来たら、どこかへ行ってしまった。皿の上がとても美しいのが、ここの好きな理由の一つだ。美しく成形されたカキフライに、ドレスされた瑞々しいサラダに飾り切りされたレモン、皮が剥かれたトマト、色鮮やかなオレンジ。

 

さてととフライを持ち上げると、さすが、この時期。ぷっくり丸々として重い。嚙みつくと、むっちりとした牡蠣が表れる。その旨味に、好い季節と独り言ちる。咀嚼するほどに、牡蠣の旨味と滴るエキス。それに油と芳ばしい衣が綯い交ぜになると、よりフライらしい美味しさが表れて消える。そして、口腔に残る香りが、嬉しくもあり、もどかしくもあり。あゝ、牡蠣フライ熱が再燃しそうだ。

 

【お店情報】

レバンテ 丸の内3-5-1 東京国際フォーラム地下コンコース 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 2日

ねぎポ とんて~き (有楽町・丸の内)

R0002829001

先日、トンテキを食べに来たはずだったのに、寒くてスンドゥブを頂いてしまった、有楽町高架下のねぎポ。今日だって寒いけれども、今日こそトンテキ!と思ってやって来た。

 

けれども、やっぱり寒くて、湯気が上がってチーズがとろけそうなロールキャベツの写真に目が奪われる。嗚呼、でも――、今日はやっぱりトンテキだ。ここのメニューは、それぞれ可愛らしいネーミングがされていて、トンテキはとんて~き(1,080)

 

絶対に、ここでトンテキをと思ったきっかけの一つは、タレ。前に伺ったとき、生姜のきいた香りがとても印象的だった。今日も、運ばれてくる傍から、あの日と同じいい香りがやって来る。厚い豚肉を見れば、なるほど、生姜のみじん切りがタップリ。ピンク色の柔らかい豚の脂とこのタレの味は、ご飯をすすませるニクい味。

 

豚足スープやサラダ、温泉卵に漬物がセット。温泉卵は、トンテキにも好いし、サラダに乗せてもと、色々な提案があるのも面白い。

 

【お店情報】

ポークポークポーク ねぎポ 有楽町店 丸の内3-6-1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧