2024年7月10日

ハーマーズグリル 牛タンシチュー (阿佐ヶ谷)

R0011827001_20240710192601

先週ロースステーキをいただいたハーマーズグリルに、日を置かずに再訪。というのも、今週の週替わりランチの牛タンシチューがどうしても食べたかったからだ。

肉推しの店だから、もちろん週替わりメニューの肉推し。先週は、ブラックペッパーチキンで、来週はハヤシライスだそうだ。

カウンター席に座って待っていると、ソースの好い香りが漂って来た…と思っていると、カウンター越しに料理が届く。おぉ、スキレットに入って熱々でやって来た。牛タンの塊が2つに、つやっつやのソース、アスパラや人参、玉ねぎなどの野菜。これは、テンションが上がる。

ナイフを出してくれたが、牛タンは箸で簡単に切れるほどの柔らかさ。口にしてもほろほろとほどけて、舌の上に残る旨味とソースの芳醇な香りとコク。ランチでなければ赤ワインがほしいところ。

けれども、ランチセットとしての、こんもりと装われたサラダに2種類のマリネとスープ、グレープフルーツで大満足。次来るときは、定番か週替わりか。悩むことになりそうだ。

【お店情報】
Meat Kitchen HARMER's GRILL 阿佐谷南3-37-5エレガント阿佐ヶ谷 201 地図

| | コメント (0)

2024年7月 5日

ハーマーズグリル ロースステーキ (阿佐ヶ谷)

R0011790002

いつもは肉より魚だけれど、今日はどうしたって肉の気分。在宅勤務で肉といえば、ハーマーズグリルだ。阿佐ヶ谷駅の南口からから西へと延びる川端振興会にある人気の肉バル。ランチメニューも、ハンバーグにステーキ、週替わりももちろん肉推し。

デミグラスハンバーグに目玉焼きトッピングも好きだけれど、今日はより肉らしく、赤身のロースステーキを。カウンター席に腰を下ろして待っていると、目の前の厨房から、肉を焼くいい音と香りがやって来る。隣の方が注文したチキンステーキの皮めが焼ける香りも、これまたそそる。

届いたのは、これまでとは違う盛り付け。サラダやマリネは別盛りで、食べやすくカットされたステーキがうず高くこんもりと。口にして噛んでいくと旨味と脂がじわりと広がる美味い肉と相性抜群のソース。肉食べてる~という幸せ。

こちらも山盛りのサラダに、思わずシュワッとした酒が飲みたくなるマリネ2種類、スープにグレープフルーツまでついて至れり尽くせり。いつも口福になれるし、接客も気持ち良さもバツグン。やっぱり肉の気分なら、ここは外せない。

【お店情報】
Meat Kitchen HARMER's GRILL 阿佐谷南3-37-5エレガント阿佐ヶ谷 201 地図

| | コメント (0)

2024年6月14日

つばめや ミックスグリル (銀座)

R0011565002_20240615052001

久しぶりにセントルザベーカリーのオムレツサンドが食べたいと思って店まで来たけれど、流石の人気店。案の定、行列が出来ている。少し先にある岩戸に目をやると、セントル以上の長い行列。さてどうしよう。セントルの隣にある、つばめやを覗くと、まだ少し空席がある様子。夜は魚の予定だし、昼は肉もいいかもしれない。

つばめやは、お馴染みつばめグリルの別業態。熊本あか牛や黒毛和牛を使用したハンバーグやステーキがウリの店。ハンバーグ単品もいいけれど、好物のチョリソの文字を見つけて、ビーフハンバーグとグリルチキン、自家製チョリソが入るミックスグリルをお願いする。

届いた皿は、洒落た盛り付け。小さなハンバーグにチキン、チョリソ。それに、グリルしたキャベツや茄子が、たっぷりと添えられているのが嬉しい。グリルの店らしいギュッと肉感の強いハンバーグに、皮目の香ばしさとむっちりした、塩加減もバッチリのチキン。それに、ナイフを入れると、ジュッとエキスが滴るくらいにジューシーな茄子。そこかしこに驚きがあって、盛り合わせの面白みってこういうところ。

セットのスープも具沢山。彩りも豊かで、セットというには申し訳ないほどの上質感。久しぶりだったが、相変わらずの美味しさに、今日はここでよかったと思う。

【お店情報】
つばめや 銀座1-2-1 紺屋ビル1F 地図

| | コメント (0)

2024年5月14日

ハーマーズグリル 週替わりランチ (阿佐ヶ谷)

R0011269002

ハーマーズグリルの今月の週替わりランチの予定を見て、今週は、絶対に来なくてはと思っていたんだ。今週のメニューは、「厚!トンテキ」。トンテキは好物だし、何より「厚!」に撃ち抜かれる。トンテキの厚さは正義だ。

ハーマーズグリルは、阿佐ヶ谷駅の南口からから西へと延びる川端振興会にある人気の肉バル。ランチメニューも、ハンバーグにステーキ、件の週替わりももちろん肉推し。

カウンター席に腰を下ろして待っていると、目の前の厨房から、肉を焼くいい音と香りがやって来る。それにしても、肉を焼く香りはもちろんのこと、それにソースが加わった香りの芳しさ。直接目にしているわけではないのに、もう美味しさを確信できる。

やって来たトンテキは、確かに「厚」。聞けば200gあるそうだ。ナイフを入れて口にすると、噛み応えと程よい脂身。それに、仄かにガーリックがきいた醤油ベースのソースがクセになる。

シャキシャキのサラダに野菜のマリネ、ライスとスープ、デザートもついた充実のランチ。いつも口福になれるし、接客も気持ち良さもバツグン。やっぱり肉の気分なら、ここは外せない。

【お店情報】
Meat Kitchen HARMER's GRILL 阿佐谷南3-37-5エレガント阿佐ヶ谷 201 地図

| | コメント (0)

2024年3月29日

紅矢 ハンバーグ (阿佐ヶ谷)

R0010666001

昨日ハンバーグもいいかもと思ったし、今日は肉(29)の日だという話を耳にしたら、今日こそハンバーグじゃないかと気分が盛り上がる。一口にハンバーグと言っても、人気料理だから、いろんな店で出している。どこがいいかなぁ…と考えていると、そういえば、ハンバーグがウリの一つなのに、食べたことがない店があることを思い出した。

それが、紅矢。食品製造会社が直営している、グラスフェッドビーフのステーキやハンバーグがリーズナブルな人気店。けれども自分は、ステーキやビーフシチューばかりで、何となく申し訳ない気がしてくる。

ハンバーグは、ソースを4種類から選ぶことが出来て、定番的なトマトデミソースでお願いすると、程なく、ジュージューと音を立てて、鉄板に乗ったハンバーグが届く。ソースがたっぷりとかかっていて、鉄板の上でふつふつと沸いているのが何ともそそる。

ナイフを入れると、ジュワッ~と肉汁が溢れるタイプではなく、粗挽きで、肉を食べているようなハンバーグステーキタイプ。180gと書いてあるが、食べ応えも十分。ライスの大盛が無料だったり、ライスをサラダに変えてくれたりと、サービスも好いのは相変わらず。値上がりしたとはいえ、700円というのもお見事。

そして、この店が好きな理由は、店の方の気持ちの良さ。ニコニコハキハキとして、店全体の雰囲気がとても好い。12時を過ぎると、続々と客が来るのも、リーズナブルなだけではないと思うのだ。

【お店情報】
紅矢 阿佐ヶ谷店 阿佐谷南1-12-5 レミントンハウス阿佐ヶ谷 地図

| | コメント (0)

2023年8月16日

LAVAROCK 鶏もも肉のグリル (京橋)

R0008441002

兼ねてより行きたいと思っていた店に向かったものの、1席を除いて予約で満席。それに、自分よりも2歩前を歩いていた方が、残りの1卓を確保されて、敢え無く撃沈。こんなこともあろうかと想定してきた店も、今週いっぱいお休みとの知らせ。さて、どうしたものか。こういうとき、ホテルのレストランなら確実にやっているだろうと向かったのが、先月伺ったラヴァロック。

コートヤード・バイ・マリオット 東京ステーションの1階にある、好い感じにカジュアルなレストラン。ランチも1,100円~とホテルのレストランとしてはリーズナブル。こちらも今日は予約がかなり入っているようで、窓際の席でしたらと席を確保することが出来た。

先日は日替わりに惹かれてやってきたが、今日は名物のグリル料理から、鶏もも肉のグリルを。サラダに続いて届いたメイン料理は、中々にダイナミック。もも肉一枚に、いんげんや極細フライドポテトがたんまりと添えられて。しっかりと網目状になった焼き目からして食欲をそそるし、甘酸っぱくて辛いソースがグリルに合う。ガーリックトースト又はライスがセットでお腹一杯。

会計をすると、テイクアウトのコーヒー又は紅茶のサービスあり。今日は、近隣に勤める方よりも、大きな鞄を引いた旅行者の方が続々と。銀座だけでなく、京橋も東京駅の極近くだし、こんな感じなんだ。というわけで、明日明後日と自分も旅行者になってきます。

【お店情報】
Dining & Bar LAVAROCK 京橋2-1-3 コートヤード・バイ・マリオット 東京ステーション 1F 地図

| | コメント (0)

2023年6月21日

マツノヤ 放牧和牛ライス (荻窪)

R0007843001

今日は何て言ったって肉。牛肉。焼肉もあるし、ステーキもあるが、そうだ!と向かったのは、荻窪のマツノヤ。厳選した肉と野菜がウリの店。ランチタイムは、じっくりと焼き上げた放牧和牛を古代米や玉葱スライス、美味しいドレッシングで食べるランチ1本。大きさや多彩なトッピングでカスタマイズしていくのも楽しい。

今日は、ミディアムサイズの放牧和牛ライスに、レタスを中心としたちょいサラダを追加。ちなみに、トッピングには、ソースやニンニクチップ、半熟たまご、シチューやポテトサラダ等々。後からやってきた4人組はも悩んでいたが、楽しそうだった。

「ちょい」サラダというが、まったくちょっとではなく、皿の半分くらいがサラダ。そのおかげで、見た目にもボリュームたっぷりで彩り豊か。そして、和牛の艶、色味の見事さは相変わらず。グラスフェッドの肉は柔らかく、噛むと味わい豊かな赤身。野菜はシャキシャキで、自家製のソースが、野菜だけでなく肉にも古代米にもよく合う。このバランスが一番好きだなぁ。

夜は牛肉だけでなく、地鶏や放牧牛、ラムやジビエなどもあって、一人でも楽しめそうなメニューもあり。夜にも一度来てみたい。

【お店情報】
肉とハーブ マツノヤ 荻窪5-29-8 2F 地図

| | コメント (0)

2023年6月 8日

ビーフアップトーキョー ポークジンジャー (京橋)

R0007694002

先日トンテキを食べ損ねたから、今日は新たなトンテキを求めて、東京スクエアガーデンに来る。地下1階まで来て、他の店のランチメニューに変更がないかなとふと思いつき、ぐるりと回ると、ビーフアップトーキョーのランチメニューに、「NEW」と書かれたポークジンジャーを発見。豚肉を食べるつもりだったし、とついつい吸い込まれてしまった。

中央通り沿いにあった頃は何度か伺っていたが、こちらひ引っ越してからは初めて。カウンター席は、鉄板で肉を焼く様子がバッチリと見えて、しかも、自分まで美味しくなりそうなほど、肉の焼けるいい匂いがいっぱいだ。

定番で人気のステーキやハンバーグは、熱々の鉄板で提供されるが、ポークジンジャーは皿で提供。千切りキャベツに、鉄板で焼いた豚肉。同じく鉄板で炒めた玉ねぎがトッピング。印象的だったのは、豚肉のやわらかさときめ細やかさ。秋田のSPF桃豚を使用しているそうだ。

ランチにはスープとライスがセット。出勤する人が増えてきたのか、このフロアはどの店も大盛況。活気があるというのは気持ちがいい。

【お店情報】
BEEF UP TOKYO 京橋3-1-1 東京スクエアガーデン B1F 地図

| | コメント (0)

2023年6月 4日

望月 (長崎・福江)

R0007248002

福江での予定を考えると、昼にお店に伺える機会は1回のみ。どうしようかとかなり悩んだが、夜は居酒屋で魚を中心に呑むことを考えると、やはりもう一つの名物、五島牛を食べたい。それなら望月。

続きを読む "望月 (長崎・福江)"

| | コメント (0)

2023年6月 2日

紅矢 ステーキサンド (阿佐ヶ谷)

R0007651001
品書きの端のほうが気になる質だ。裏面とか、無理やり書き足されたような料理がないか、ついついと目を遣ってしまう。この店でもそうだ。ハンバーグとステーキがウリの店。メニューにも、ハンバーグやステーキが堂々と目立つところに掲載されているが、サラダやスープなどのサイドメニューや、ニューラインナップが豊富で、見ごたえのある品書き。そんな中で気になっていたのが、ハンバーグサンドとステーキサンドだ。

サイドメニューにひっそりと、写真もなく書かれている。けれども値段を見ると、サイドメニューとしては首を傾げたくなる、メイン料理のハンバーグやステーキと同等価格。先日お願いしたビーフシチューも好いものだったし、何より紅矢だし、きっとサンドイッチも素敵な料理に違いない。

念のため、店の方に単品で注文できるか聞いてみると、「お時間がかかるますが、大丈夫ですよ~」という返事。時間には余裕があるから問題ない。

お願いしたのは、ステーキサンド。たしかに、ステーキよりは時間はかかったが、それほど待つことなく運ばれてきた。トーストしたパンに、千切りキャベツと堂々のステーキ。おっと、オニオンフライは想定外だ。

一切れを持ち上げてみる。なるほどカットされた面はスパッと綺麗だが、反対側からは、収まり切れなかったステーキがこんにちは。確かに食パンの幅とステーキの横幅を考えると、どうしたってステーキが食み出てしまう。成程かなりのわんぱくメニュー。

ヨシッと頬張ると、肉も旨いがキャベツが実にいい仕事。ステーキソースなどの調味料を吸い込んで、それでもシャキシャキ感を残したままで、全体をまとめる感じ。パンの香ばしさや薄さもいい。だからだろうか、ステーキもそのままよりも、サンドイッチにしたほうが好きかもしれないと思うほど。しかしこれは、ビールが必要だなぁ。

ハンバーグサンドもこれとはまた違う美味しさがあるんだろうなぁと考えると、ワクワクが止まらない。店は大雨にもかかわらず今日も盛況。益々好きになってくる。

【お店情報】
ハンバーグ&ステーキ 紅矢 阿佐ヶ谷店 東京都杉並区阿佐谷北 南1-12-5 レミントンハウス阿佐ヶ谷2F 地図

| | コメント (0)

より以前の記事一覧