2018年11月12日

伊萬里 ユッケジャンスープとライス (銀座)

R0005354001

急に寒くなったから、温まるもの。思い付くのは、単純に温かいものというよりも、温かくて辛いもの。チゲやユッケジャン、麻婆豆腐に水煮牛肉――。そうだ、Instagram で美味しいので是非と教えて貰った、伊萬里のユッケジャンはどうだろう。

 

続きを読む "伊萬里 ユッケジャンスープとライス (銀座)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年11月 9日

有楽町ワイン倶楽部 ビフテキ (有楽町)

R0005342001

今日も今日とて肉である。違うことは、今日はステーキの気分であること。そうは云っても、この界隈ではランチステーキを出す店が多いが、やって来たのは、有楽町ワインクラブ。気軽な値段で気取りなく食べられるカジュアルな店。しかも、サラダやスープ、ドリンクが自由というのが好い。

 

ここに来ると、トンテキをお願いすることが多いが、今日はビフテキ(1,000)。鉄板に乗せられてジュージューとやって来る。この音、これが先ず堪らない。想像していたよりも、肉はたっぷりとあって、柔らかでジューシー。下に敷かれたキャベツが、肉の脂をたっぷりと吸って、これもご馳走だ。

 

他には、ドリアやオムライス、パスタ、カレーなど、洋食的なランチメニューが並ぶ。使い勝手が好いからだろう。結構な席数があるが、伺うたびに行列が出来ている。

 

【お店情報】

有楽町ワイン倶楽部 有楽町1-7-1 有楽町電気ビルB1 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年10月18日

四方善 ハラミステーキ (銀座)

R0005128001

どこで何を食べようか。歩きながら考える。肉か魚か…。あゝ今日は肉だなぁ。今日は少しだけ早い時間だし、四方善にも入れるかもしれないと速足で向かう。

 

ずっと銀座で人気の牛庵の姉妹店としてオープンした四方善。こちらもすっかり人気が定着して、行列ができる人気店。今日も店前で、諦めて出てきたらしい雰囲気の4人組とすれ違って、恐る恐る階段を降りると、一人なら大丈夫らしく、席を案内してくれた。

 

さて、注文だ。サービスステーキにハラミステーキ、ビーフカツレツにハンバーグ。おぉ、前にはなかった気がするが、煮込みハンバーグなんていうのもあるのか。煮込みハンバーグに目玉焼きトッピングもいいなぁと考えたが、より肉らしいものとハラミステーキ(900)をお願いする。

 

サラダとご飯、味噌汁が届いて、ほどなくステーキがやって来る。ジュージューッと何とも食欲を誘う音。これだけでも、白飯が食べられそうだ。醤油をタラリと落とすと、ジュッとより強い音と芳ばしい香りが立ち上る。堪らずわさびをつけて、一切れ摘み上げてパクリ。レア気味で柔らかく、わさびと醤油が好い相性。

 

食べている最中に、行列が出来、帰るときには店内だけでなく階段にも伸びる行列。けれども、回転は速そうだ。

 

【お店情報】

四方善 銀座3-9-4 草野ビルディングB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月20日

BEEF UP TOKYO カットステーキ (京橋)

R0004933001

カオソイが食べたくて、久しぶりのタイ料理屋に向かったが、来ない間にメニューが随分と変わっていて、カオソイは無くなってしまったらしい。それで、ここまで来たならばと足を向けたのがBEEF UP TOKYO。前に頂いたラムステーキをもう一度と思ってのこと。

 

こういう日もあるもので、ラムステーキもメニューから姿を消している。代わりにサラダにステーキが乗ったステーキハウスサラダや、ステーキ重などが並んでいる。そうだなぁ、前に悩んだ300gのジャンボステーキにも惹かれるが、今日はカットステーキを(150g1,200)

 

スープとサラダが届いて暫くすると、ジューッという食欲を刺激する音と肉の香り。その後に続いては視覚への刺激。ステーキが鉄板で音を立てて運ばれてくる姿は、幾つになってもワクワクするというものだ。肉はサガリで、柔らかく脂は軽くてあっさり。故にぺろり。

 

右も左も、ジャンボステーキにソースをつけて、大盛ライスにバウンドさせながらモリモリと頬張る若者。頼もしい。

 

【お店情報】

BEEF UP TOKYO 京橋3-6-18 東京建物京橋ビル B1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月18日

バルピノーロ トンテキ定食 (銀座)

R0004916001

何時だったが。昼餉をとった後、銀座ファイブを通って職場まで戻る途中、トンテキという文字とやけに迫力のある写真が目に留まった。たしか、ここはイタリアンバルではなかったか。調べてみると、リニューアルをして、ランチタイムには、トンテキや重量系のナポリタンをウリにしているらしい。

 

周りを見てみると、実際出るのも、トンテキ(950)とナポリタン。ナポリタンやミートソースは300g400g、カレーwithナポなんてのは600gオーバーだそう。やはり男性客が多いが、女性の姿もあって頼もしい。

 

トンテキは、熱々のスキレットでジュージューとやって来る。こちらも中々立派な大きさで、たっぷり200g。それにこちらもたっぷりと添えられた千切りキャベツ。甘みの利いたタレで、白いご飯をすすめるやつ。味噌汁と漬物がセット。

 

銀座ファイブも、長くある店もあるが、閉店する店も数多い。好きなところ、気になるところは、できるだけ足を運びたいと改めて思う。

 

【お店情報】

バルピノーロ銀座 銀座5-1 銀座ファイブB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 7日

朔月 豪州産ロースステーキ (銀座)

R0004844001

肉と野菜の気分である。こういう時は、肉野菜炒めや、つばめやの「くまもと あか牛と野菜の陶板焼き」のことが多いが、今日はちょっと違うものにしようと考える。うぅん、そうだな。野菜も食べられるステーキという手があるな。それで、スーペルバッカーナと迷って、朔月にやって来た。

 

この店の好きなところは、セットのスープやサラダが新鮮で気が利いていること。今日の野菜がふんだんに入ったスープも目新しく、野菜が欲しい今日には打って付け。

 

メイン料理は、豪州産ロースステーキ(1,000)。鉄板の上でジューッと運ばれてくるステーキは、鉄板からはみ出そうな大きさというのが好い。上等ではないが、気軽に食べるには十分に柔らかく程よい脂。ステーキの下には、野菜が敷かれていて、牛肉の脂を纏った野菜のまた旨いんだ。

 

以前からある程度混んでいる店だったが、今日は二人以上の場合は予約必須という混雑ぶり。そういえば、ランチにお好み焼きが復活している。

 

【お店情報】

朔月 銀座3-3-14 銀座グランディアⅡ 9F 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年7月31日

でですけ 中落ちカルビ定食 (銀座)

R0004484001_2

暑いと肉が食べたくなるのは、何故なんだ。今日はステーキというより、焼肉。タレと脂、それに白い飯、最高!という気分なんだ。

 

やって来たのは、3丁目のでですけ。リーズナブルに焼肉のランチが食べられることで人気の店。ランチタイムには、焼肉メニューが幾つかあって、和牛切り落としや、ハラミ、サムギョプサル、ホルモン等々。火・木限定のA5カルビ定食も気になったが、前に来た時に一番人気らしかった数量限定の中落ちカルビ(1,100円)をお願いする。

 

浅漬け、スープ、キムチ、もやしナムルに続いて、焼き物が届いた。10切はあるだろう中落ちカルビに、野菜付き。焼き台を独り占めして昼から肉を焼くって、なんだか贅沢をしている気分。ちょっと(いや大分)ビールがほしい気がしてくれるのが厄介だが。

 

けれども、少しよく焼いて、脂がジリジリとしてきた肉にタレをつけて、ご飯にワンバンウンドさせてパクリ。そして追いかけるようにご飯を放り込むと、赤みの旨味と脂とタレ、そして白い飯が交じり合って、やっぱり最高。こっちも好い。

 

サムギョプサルも気になるなぁなんて思っていたら、隣の方が頼んでいて、中々のボリュームにこれまた心を奪われる。また来るであろう肉の日に。

 

【お店情報】

ホルモンでですけ 銀座3-3-9 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月20日

宮下 牛たたき御膳 (銀座)

R0004359003

久しぶりのマロニエゲート。ひつまぶしの備長に出来る行列を見て、今日が土用の丑の日であることに気が付いたが、自分は肉を頂きに12階の宮下。肉割烹とあって、ランチタイムでも牛鍋やすき焼き、牛ひつまぶしなど、立派な値段の料理も並ぶが、10食限定のハンバーグや、月替わりのメニューは1,000円でおつりがくる価格で、近隣に勤める方々のグループも見える。

 

ハンバーグはまだ残っているようだったが、余りの暑さにをさっぱりしたものを欲して、それに気が付いたなら、「う」が付くものがやっぱり好いし、牛たたき御膳(900円)。


皿一面に花が咲いたように並べられてやって来る。玉葱に薄切りに、生姜、葱と薬味がたっぷり添えられているのがうれしいところ。牛肉で薬味を巻いて、タレをつけてパクリ。薬味と酸味の効いたタレが合わさって、肉の旨味の後に広がる爽快さ。

 

サラダにがんもどきの煮物、肉が入ってこっくり味の茶わん蒸し。ドリンクバーも付いていて、食後にゆっくりと出来るのも好い。

 

【お店情報】

江戸前肉割烹 宮下 銀座2-2-14 マロニエゲート12F 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年7月18日

松永牧場 焼肉定食 (銀座)

R0004340003

子供の頃、実家で焼肉といえば、切り落としやこま切れを、玉葱と人参の薄切りと一緒に炒めて、焼肉のタレで味をつけたものだった(ちなみに、一枚ずつ焼いて、タレや塩で食べる「焼肉」は、ホットプレートを使っていたから、「鉄板焼き」と呼んでいた)。 

ここのランチメニューに焼肉定食(1,000円)を見つけて、料理の写真を見たとき、野菜と切り落としのような肉を炒めたものだったから、ひどく懐かしくなって、そのうち一度食べようと思っていたもの。暑さのせいか、何のせいか分からないが、昨日の続きて今日も牛肉に野菜の気分で、これを思い出してやって来た次第。

 

これが、失礼ながら、写真よりもずっとそそる料理が運ばれてきた。確かに、薄切りの肉に野菜、玉葱やもやしを加えて、炒めてものだが、玉葱は甘いし、もやしはシャキシャキ、こんもりとボリュームもある。それを、ご飯の上にワンバウンドさせて、タレが染みたご飯も旨いやつ。サラダに牛肉入りの金平、香の物、味噌汁付きと、定食としても申し分ない。

 

エレベーターで一緒になったご婦人方が、景気よく「生ビール」なんて注文している声が聞こえてきて、羨ましくて仕方がない。

 

【お店情報】

松永牧場 銀座本店 銀座2-4-18 アルボーレ銀座8F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月17日

つばめや くまもと あか牛と野菜の陶板焼き (銀座)

R0004315005

食べたいのは肉と野菜。できれば肉は牛肉が好い。そうなると真っ先の思いつくのが、つばめやの陶板焼き(1,469円)だ。

 

何が好きかって、たっぷりとある柔らかくて旨味の強いあか牛と、その旨味をしっかりと纏わせた野菜たち。あか牛の薄切り肉の下には、キャベツや玉葱、人参、ピーマンが、こんもりと山のように盛られている。それらが、下から加熱され、上に敷いた牛肉で蒸されることによって、旨みと甘味、香ばしさを増して、さらにはあか牛の旨味まで加わって旨いこと。

 

それにあか牛は、塩胡椒の味そのままを楽しんだり、タレをつけてみたり、さらにはご飯を巻いたりと、何通りもの食べ方で楽しめて好い。ハンバーグやステーキ丼などが人気だが、自分は最近これ一択。

 

満席で入れないこともあるが、この暑さのせいか、店内にも余裕がある。しかし、夏は暑いものだけれど、毎年こんなにも暑かったっけ?

 

【お店情報】

つばめや 銀座1-2-1 紺屋ビル1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧