2022年6月30日

ハーマーズグリル タンドリーチキン (阿佐ヶ谷)

R0003457001

熱くなると、肉の気分になるのはなぜだろう。それならと向かったのは、阿佐ヶ谷にあるハーマーズグリル。先日初めて伺って、美味しさと居心地の良さで、絶対にまたと思っていた店。

先日いただいたのは、ハラミステーキ。ランチタイムは、ステーキやハンバーグなどの定番の他、日替わりのメニューもあって、目移りする。今日気になったのは、日替わりにあった豚肉のトマト煮と、定番のタンドリーチキン。トマト煮も絶対好きだが、この気温。スパイス感を求めて、タンドリーチキンを。

運ばれてくると、これが何とも好い香り。堪らず頬ばると、欲していたスパイスの香りと味わい。それに肉の旨味がじんわりと混ざって美味いこと。それにチキンは骨付き肉でびっくり。こういう感じがグリルの店らしくてとても好い。たっぷりのサラダに紫キャベツのピクルス、ご飯とスープがセット。

前回もそうだったが、ランチライムから飲んでいる方がいらっしゃるというところも素敵。帰り際に夜の様子を聞いたりして、もう夜にも伺う気は満々。楽しみで仕方ない。

【お店情報】
Meat Kitchen HARMER's GRILL 阿佐谷南3丁目37−5 エレガント阿佐ヶ谷 201 地図

| | コメント (0)

2022年6月 8日

ハーマーズグリル ハラミステーキ (阿佐ヶ谷)

R0003107002

阿佐ヶ谷駅南口から西へと延びる川端振興会。飲食店、しかも夜の営業の店が多く、昼間の人通りは、それほど多くはない。そんな中、ステ-キにハンバーグ、タンドリーチキンなど、肉料理ばかりのランチメニューが目にとまって、記憶していたところ。今日は肉を食べよう!という気分で、初訪問。

勝手に若い方が元気にやっている店かと思っていたが、どちらかと落ち着いた雰囲気。若い方もいらっしゃるが、年齢層もやや高め。パテなどの盛り合わせで、ボトルのワインを楽しむ先輩ご夫婦もいらっしゃって、なるほど、こういう雰囲気だったのか。

ランチは、定番のメニューの他、その日のおすすめもある模様。こういう感じなら、ハンバーグよりも、ステーキに興味が湧いてくる。ステーキは、ロースとハラミ。それなら先ずは、ハラミにしよう。

暫くすると、「お待たせしました~」と運ばれてきた。たっぷりとしたサラダに、手前には、ローズピンクのハラミ。食べやすいようにカットされているのも、特にランチタイムにはありがたい。さっぱりとしているが、噛み締めてると旨味がじわり。3種類あるソースからオリジナルソースを頂いたが、塩梅が良くいい感じ。

ご飯とスープ、紫キャベツのピクルスがセット。入った時点で、ニッコリと迎えてくれたところから感じたが、接客がとても気持ちが好く、ファンの方も多いだろうという気がする。他のメニューも気になるし、次伺うのが楽しみだ。

【お店情報】
Meat Kitchen HARMER's GRILL 阿佐谷南3丁目37−5 エレガント阿佐ヶ谷 201 地図

| | コメント (0)

2022年5月10日

鳴尾 プルコギ定食 (銀座)

R0002709001

ずっと気になっていたランチにようやっと。ユッケジャンスープのランチが大好きな鳴尾。しばらくご無沙汰している間にランチメニューが増え、プルコギ定食が新たに登場。プルコギ自体もいいなぁと思っていたが、セットのスープを+200円で、ユッケジャンスープに変えてくれるというのだから、どうしたって気になるというもの。

以前から人気だったが、今日もかなりの盛況ぶり。けれども、多くのテーブルが半個室的になっているから、周りは静か。ゆったりと愉しめるところが好い。

ほどなくして料理が届く。プルコギは想像以上に量がたっぷりとあるし、キャベツのサラダやスープも大きめの器にたっぷりと。焼肉店らしく牛肉たっぷり。チュルチュルの春雨や、シャキシャキのピーマンや玉葱、人参。食感様々な食材を甘辛いタレが一つにまとめて、そして、ご飯に合い過ぎる。プルコギ、ご飯、時折ユッケジャン。箸を持つ手が止まらない。

ユッケジャンのファンだから、他のメニューを食べたことがなかったが、セットのスープがユッケジャンに変えられるなら、俄然、他のメニューにも興味が湧いてくるというもの。他のメニューをいただくのも楽しみだ。

【お店情報】
焼肉 鳴尾 銀座本店 銀座3-9-4 第一文成ビル 1F 地図

| | コメント (0)

2022年1月28日

せんなり コムタンスープ定食 (高円寺)

R0001505001

久しぶりの高円寺。そして、久しぶりのせんなり。本当は、昨年末に来るつもりだったが、すっかり定休日を忘れていて、その後も、なんだかタイミングが悪く、ずるずると1か月が過ぎてしまった。

こちらでは、ユッケジャンにスンドゥブチゲなど、いろいろと頂いたが、最近のお気に入りは、コムタンスープ。今日の目当ても、もちろんその定食だ。

何が好きだって、白濁スープに、ごろりと存在感のある牛肉。写真を撮っていると、すぐにコラーゲンの膜が張って来るところが、栄養満点ぶりを伝えてくれる。だからこそ、スープを飲むと、旨味はたっぷりなのに、後味の美しいこと。

それに、肉は小さいげんこつ程の骨付き肉の塊が2つ。箸を入れると、ほろほろとくずれるほどに柔らかく、肉の部分もたっぷり。煮てやわらかくなった大根も好いし、これらの旨味をふんだんに吸った春雨の美味しいこと。もう一つの主役。

サラダに3種類のおかず、韓国海苔巻きにご飯とサイドメニューも充実していて大満足。自分は、汁物系ばかりを注文しているが、焼肉店だから、人気は焼肉定食。評判が良いようで、ご常連も多く皆さんご機嫌。旨いものは、人を倖せにすると実感する。

【お店情報】
せんなり 梅里2-3-7 地図

| | コメント (0)

2021年12月28日

紅矢 ロースステーキ (阿佐ヶ谷)

R0001019001_20211229062501

年内最後の日は、お世話になった店で好物を食べようと思っていたが、店前まで来ると、なんだか暗い。入口を見ると、そうだ、火曜は定休日。バタバタしていてすっかり失念していたようだ。それなら、最近出会った素敵なランチで〆よう。あそこは水曜が定休だったはずと来ると、ランチの営業は昨日まで。およよ。さて、どうしたものか。

この辺りなら、気持ちの良い店がある。ステーキやハンバーグの店、紅矢。食品製造の会社が直営していて、グラスフェッドビーフのステーキやハンバーグがリーズナブルにいただくことができる地元の人気店。緊急事態宣言中は、毎月10日のキャンペーンで密にならないよう、いつもキャンペーン価格というのが頼もしい。

宣言も解除され、値段も元に戻ったかと思っていたが、今月末までは価格を据え置き。そういう姿勢も然ることながら、お店の方の働きぶりや、提供されるスピード感も良く、とても好感の持てる店。

頂いたのは、ロースステーキ。「お待たせしました~」とジュージューと音を立てて、鉄板に乗ったステーキが届く。上等ではないが、隠し包丁が丁寧に入っていて食べやすいし、ステーキらしさの一方で、脂控えめで、大人になるとこれくらいがちょうどいい。ミニとはいえないミニサラダに、こちらもキャンペーン中で無料のオニオンスープ。飴色になった玉葱の甘みと僅かな苦みが美味しいんだ。

今日もやっぱり素晴らしかった。キャンペーンが終わっても、また足を運びたくなる。ハンバーグやコンボなども頂いてみたいし、また来年。

今年の更新は、これでお仕舞い。ご覧下さった皆様、ありがとうございました。在宅勤務も定着して、銀座界隈が少し遠くなりましたが、新しいお店との出会いもあると思って、楽しんでいます。年末年始も寒い日が続くようです。どうぞ、ご自愛下さい。そして、よい年をお迎え下さい。

【お店情報】
紅矢 阿佐ヶ谷店 阿佐谷南1-12-5 レミントンハウス阿佐ヶ谷 地図

| | コメント (0)

2021年11月19日

つばめや ビーフハンバーグ&グリルチキン・自家製チョリソ (銀座)

R0000424001

どうしても食べたくなってしまったオムレツがあった。いつも混んでいる店だけどと向かってみると、遠くからでも店前に人だかりが出来ているのが確認できる。やっぱりそうか…。そうだったらと幾つか候補を考えていたが、次もその次の店も満席。いつも入れたのは、寸での差だったんだなぁ。人が増えてきたこともあるのだろう。

それで、次に目指したのは、つばめや。暫く休業していたから、こちらも久しぶりだ。外から空席が確認できたが、残り2席ほどだったらしい。ようやっと腰を落ち着けることが出来た。

さて、気に入っていたあの料理を久しぶりにと思って、ランチメニューを見ると、随分と変わっている。好きだった陶板焼きは、どうやら鉄板焼きに替わったようだ。ハンバーグやステーキ、ステーキ丼がずらり。お願いしたのは、新メニューとあった、国産牛100%ビーフハンバーグ&グリルチキン・自家製チョリソという盛り合わせのランチ。

届いた皿は、中々に洒落た盛り付け。小さなハンバーグにチキン、チョリソと、嬉しいのが、グリルしたキャベツや茄子が、たっぷりと添えられていること。グリルの店らしいギュッと肉感の強いハンバーグに、皮目の香ばしさとむっちりした、塩加減もバッチリのチキン。それに、ナイフを入れると、ジュッとエキスが滴るくらいにジューシーな茄子。そこかしこに驚きがあって、盛り合わせの面白みってこういうところ。

セットのスープも具沢山。彩りも豊かで、セットというには申し訳ない上質感。久しぶりだったが、相変わらずの美味しさ。ツイてないと思ったが、終わりよければ全て良し。

【お店情報】
つばめや 銀座1-2-1 紺屋ビル1F 地図

| | コメント (0)

2021年8月 4日

紅矢 ロースステーキ (阿佐ヶ谷)

R0016573001

どうしたって肉の気分。もう少し踏み込んで考えてみると、野菜も食べたいが、肉と野菜の炒め物のようなものではなく、肉は肉、野菜は野菜で食べたい。それなら、焼肉やステーキだ。いつもは、チゲなどをいただく新高円寺のせんなりで、焼肉を食べてみようかとも思ったが、久しぶりに南阿佐ヶ谷の紅矢でステーキと足を運ぶ。

本業は食品製造の会社が直営しているステーキハウス。グラスフェッドビーフのステーキやハンバーグがリーズナブルにいただくことができる人気店。緊急事態宣言中は、毎月10日のキャンペーンで密にならないよう、いつもキャンペーン価格というのが頼もしい。

ロースステーキをお願いすると、ほどなく、ジュージューと音を立てて、鉄板に乗ったステーキが届く。上等ではないが、隠し包丁が丁寧に入っていて食べやすいし、ステーキらしさの一方で、脂控えめで、大人になるとこれくらいがちょうどいい。それに、今回は、さっぱりとし和風おろしで、さっぱりと。

ミニとはいえないミニサラダに、こちらもキャンペーン中で無料のオニオンスープ。お店の方の接客や、感染症対応などを含め、来れば来るほど、店の姿勢の誠実さを感じられる。ただ安いだけでなく、こういうところが、人気の秘訣なんだろうな。次は、隣の方が召し上がっていたステーキとハンバーグのコンボなんかも食べてみたい。

【お店情報】
紅矢 阿佐ヶ谷店 阿佐谷南1-12-5 レミントンハウス阿佐ヶ谷 地図

| | コメント (0)

2021年6月 4日

紅矢 ロースステーキ (阿佐ヶ谷)

R0015840002

生憎の天気だが、鉄板ジュージューのステーキだったら、気分も盛り上がるんじゃないかと考える。それなら行ってみたい店があった。阿佐谷パールセンターのほぼ端にある紅矢。ハンバーグとステーキの店。オープン当初は、確かハンバーグのセットが500円と、かなりリーズナブルだった記憶がある。

今は少々値上がりして、ハンバーグが600円、ロースステーキは920円。けれども、肉はニュージーランドのグラスフェッドビーフのみというから驚きだ。本業は食品製造の会社が直営しているからかもしれない。

今日はやっぱりストレートに肉だと、ロースステーキをお願いすると、ほどなく、ジュージューと音を立てて、鉄板に乗ったステーキが届く。おぉ、180gと聞いていたが、これは中々のボリューム。上等ではないが、隠し包丁が丁寧に入っていて食べやすいし、ステーキらしさの一方で、脂控えめで、大人になるとこれくらいがちょうどいい。

しかも、緊急事態宣言中は、ステーキ750円のサービス価格。客が来ないからという理由ではなく、以前やっていた毎月10日のキャンペーンで密にならないよう、毎日キャンペーン価格にしたというのだから頼もしい。しかも、サイドメニューのオニオンスープもキャンペーンでセットというのだから堪らない。申し訳なくて、サラダを追加したら、100円で中々立派な量が出てくるという始末。ご飯の量も聞いてくれて、背後から聞こえた話によると、大盛なら茶碗2杯分だそうだ。

雨の日だというのに、12時を過ぎると行列が出来るというのもなるほどだ。店の方も気持ちが好いし、感染症対策もバッチリ。肉気分なら、またここへ。

【お店情報】
紅矢 阿佐ヶ谷店 阿佐谷南1-12-5 レミントンハウス阿佐ヶ谷 地図

| | コメント (0)

2021年1月29日

カウボーイ ミニッツステーキ (阿佐ヶ谷)

R0014304001

今日はなんだか肉の気分。そういえば、今日はニクの日じゃないか。それなら、焼肉かステーキが好い。うーん、どっちだ。鉄板でジュッーと音を立てている様子を想像したら、俄然気分はステーキだ。それなら、あそこだと向かったのは、阿佐ヶ谷駅ほど近くのカウボーイ。

この街に住み始めた頃には、既にあった記憶がある。気軽な街のステーキハウス。ランチは、一番安価な200gのハンバーグならライス(大盛可)、コーヒー付きで730円というリーズナブルさで、食いしん坊にも人気の店。

目当ては、10食限定のミニッツステーキ(970円)。野菜不足だからと、メキシカンサラダ(100円)を追加。ミニッツなだけに、左程待つことなく、ジュッーと音と湯気を立てて、鉄板が運ばれてくる。そうそう、これだよ。

ナイフで切ると、まだ少し中心が程よい桃色の好い感じの焼き加減。脂少なめで噛み締めて肉食べている感たっぷりの肉。パンチの効いたソースがご飯に合うし、付け合わせの焼けたスパゲティーが、これまたいい感じ。

食後のコーヒーを頂いていると、お隣によくいらっしゃるらしい老夫婦。注文したのは、グランドメニューから、お二人とも、いつもの225gビーフステーキセット。なるほど、お元気なわけだ。

【お店情報】
カウボーイ 阿佐ヶ谷店 阿佐谷北1-4-11 グリーンビュー杉並 地図

| | コメント (0)

2020年11月20日

有楽町ワイン倶楽部 トンテキ (有楽町)

R0013354001

今日は肉だ!と思い、どの店へ伺おうかと考える。そういえば、有楽町ワイン倶楽部は、コロナ渦になってから、伺っていないんじゃないかと気が付いた。トンテキやビフテキが、ジュージューと音を立ててやってくるのを思い出したら、居ても立ってもいられない。

サラダバーや、スープ・ドリンクバーが人気の一つ。今はどうなっているんだろうとやって来ると、やはりサラダバーはなくなっている。けれども、スープ・ドリンクバーの傍には、アルコール消毒液。いつもスープをお代わりしていたから、これはありがたい。

ランチメニューも少し変わっている。曜日替わりのメイン料理2種類盛り合わせのような限定メニューが登場していて、金曜日はポークステーキとメンチカツの盛り合わせ。ボリューミーな盛り合わせにかなり惹かれたが、やっぱり定番のトンテキを(990円)。

サラダに続いて、トンテキが届く。おー、お馴染みの熱々鉄板。だが、何か様子が違うなぁ。なるほど、ソースがかかっているんだ。そのせいで、艶々と照りがあって食欲誘う。敷かれたキャベツにも、甘辛ダレが染みて、シンプルなのも好かったが、これにはこれの魅力あり。やっはり厚切り肉は正義。

【お店情報】
有楽町ワイン倶楽部 有楽町1-7-1 有楽町電気ビルB1 地図

| | コメント (0)

より以前の記事一覧