2021年9月 9日

パーラーエル 自家製ハンバーグ (阿佐ヶ谷)

R0017042001

食べてみたいものがあって、とある店に向かう。人気店だからいつも行列が出来ていて、雨の降る今日みたいな日なら入れるかもと思ってのこと。店を覗くと、確かにいつもよりは空いているが、行列はある。流石の人気だなぁ…。けれども、今日は、次の店を決めていた。それが、パーラーエル。阿佐ヶ谷住民にはなくてはならないパールセンター商店街の、古くからある喫茶店。

ここの来たのも、ずっと気になっていたメニューがあるからだ。それが、自家製ハンバーグ。態々「自家製」と書いてあるのも気になるし、このハンバーグを使ったサンドイッチもある。ぜひこれを食べてと云われているような気がして、それで。

サンドイッチも食べてみたいが、まずは、ハンバーグの定食を。届いたのは、ソースでつやつやのハンバーグ。マスク越しにも分かる懐かしいソースの香り。それにふっくらとして旨そうだ。箸で割って口にすると、表面の焼いた香りと、中の程よい柔らかさ。昔乍らのレシピを忠実に守っているような、誠実で、過剰な演出がないのが好ましい。

それに、千切りキャベツにトマトと胡瓜、ゆで卵にケチャップスパゲティと脇も完璧。食事と一緒にコーヒーを注文すると、1杯150円になるというサービスもありがたい。ミルクの他、ホイップクリームが出てくるというのも素敵だ。

近くにお勤めと思わしき方に、きっとご近所にお住まいの先輩方。年のついた店内も、どこか落ち着く。こういう場所がある街は好い。

【お店情報】
パーラーエル 阿佐谷南2-14-12 イセモトビル2F 地図

| | コメント (0)

2021年8月27日

瓜坊の定食屋さん&お惣菜 お弁当 ポークチャップ定食 (荻窪)

R0016914001

すっかり自分の定番となった瓜坊の定食屋さん。おかずがいろいろとある定食が食べたいとき、しかも、肉とか魚ではなく、ちょっと毛色の違うメニューがあるといいなぁなんて思うときは、ここへ来る。メニューは、恐らく日替わり。今日はガパオ風の挽肉の炒め物や、カレーグラタンにオムソバ等々。中でも、気になったのはポークチャップ。定番で好きな洋食だが、あまり食べる機会はない。

ジャッーっと炒める音がしている間に、小鉢類が用意される。いつも決まって4種類。今日は、牛蒡の金平にパプリカの炒めもの、白滝明太に香の物。そして、メイン料理のポークチャップ。

ポークチャップは、薄切り肉と玉葱の炒め合わせ的なタイプ。口にしてキュッとする酸味と旨味が何とも好い。懐かしくて、きっと永遠に好きだと思う味。そしてご飯と味噌汁と良く合うところも洋食らしいところ。全体として、過剰な味付けをしていないところも好きだ。

以前に見かけた納豆オムレツの定食にも出会ってみたいし、肌寒くなってきたらグラタンも好い。一方で、これらの定食とは一線を画すハンバーグも気になってならない。こうやってまた、伺ってしまうのだ。

【お店情報】
瓜坊の定食屋さん&お惣菜 お弁当 荻窪5-7-11 地図

| | コメント (0)

2021年8月17日

らせん屋 仔羊のハンバーグ (阿佐ヶ谷)

R0016763003

今日は絶対これを食べるんだと思っていたものがあった。らせん屋の仔羊のハンバーグだ。旨い洋風料理が気軽に食べられるから、昼に夜にと伺っている地元の人気店。生憎の天気だが、一人また一人と客が来る。

最近は、豚しゃぶスタイルのサラダランチか、グラタンをお願いすることが多いが、目当ての仔羊のハンバーグは、この店の名物の一つで、昼に夜にと人気のメニュー。南欧風とチーズ焼きデミグラスソースと2種類あるが、お気に入りは南欧風だ。

南欧風とは、フレッシュなトマトソースと、バジルソースのハンバーグ。このバジルソースは、安曇野で栽培された無農薬のハジルを使っているのだそう。なるほど、それで色や香りがこんなにも鮮やかなんだ。

ハンバーグは、しっかりと厚みがある。表面はしっかりと焼かれているものの、中はふっくらジューシー。程よく個性を残して、口いっぱいに溢れる肉の旨味。それとフレッシュなソースがこれまた好相性。ハンバーグの下にそっと敷かれたマッシュポテトや牛蒡の香りや食感も素敵なんだ。

ランチタイムなら、プチサラダとパンorライス、ドリンクがセット。プチというが、サラダランチ同様、葉野菜だけではなく、色鮮やかな大根やパプリカ入り。うーん、念願叶って大満足。壁に書かれた前菜的なおすすめメニューを見るにつけ、飲みに来られたらなぁと思う。そんな日が待ち遠しい。

【お店情報】
洋食食堂らせん屋 阿佐ヶ谷店 阿佐谷北2-5-10 地図

| | コメント (2)

2021年8月10日

ツバキ亭 千葉県産アジフライ (荻窪)

R0016685001

今日は2度目のワクチン接種のため、午前休。大変スムーズに終わって、ゆっくりと昼をとれそうな時間。行ってみたいけれど、往復するには少し時間がかかる店というのが幾つかあって、伺う絶好の機会じゃないかと営業時間を調べて見ると、どの店もなんと今日が定休日。

それなら、少し時間を潰して、少し前に感激した店へと足を運ぶと、「ごめんなさい、今日は開店時間が少し遅くなります」と申し訳なさそうに教えてくれた。さて、どうしよう。それでTwitterを覗いてみると、ツバキ亭の日替わりメニューが目に入って、なんとアジフライだという。これを逃す手はないじゃないか。そういえば、数日前に食べたなぁと思い出したが、好きなんだから、いいじゃないか。

いつもは混雑する店だが、オープン直後は、流石に余裕あり。とは言え、すでにお二人先客がいらっしゃって、人気ぶりは相変わらず。一人客が座るカウンター席の目の前には厨房があって、目の前で調理される様子を見ることができるところも好きだ。あのアジフライは、ここへ届くんだな~と見ているのも愉しいもの。

そして、見ていたフライがこちらにやって来た。尻尾のついた観音開きのアジフライ。カブリと齧り付くと、ほこっと熱と香りが溢れ出す。揚げ立て熱々、はふはふ美味い。思わずニヤけてしまうやつ。ホタテフライがセットで、こちらは半生。仄甘くてこれも好きだ。

たっぷりと添えられた千切りキャベツや白スパが、味噌汁に合うところも洋食店らしくて好い。それにしても、店の方は、相変わらず皆快活で働き者。接客の見事なこと。飲めるようになったら、夜来てみてもいいかもなぁ。

【お店情報】
洋食 ツバキ亭 上荻1-6-12 地図

| | コメント (0)

2021年7月15日

ヴォージュ チーズのせハンバーグ トマトソース (銀座)

R0016475003_20210716071401

出勤の予定が決まると、前日から、ランチはどこへ行こうかと、わくわくと悩ましい。アジフライも食べたいし、絶品の焼き魚もあれば、洋食も恋しい。好物の玉子サンドやオムレツだって捨てがたい。そんな折、今日のヴォージュのメニューはなんだろうと思いつく。店のInstagramで確認してみると、肉料理がハンバーグとある。ヴォージュの料理は、なんだって旨いが、これ絶対旨いやつ。そういうことで、向かうはヴォージュ。

エレビーターで7Fへ上がって、店に入ると、「いらっしゃい!奥どうぞ」と迎えてくれる。満席だったらどうしようかと思っていたが、幸運にも席を確保。12時を過ぎると、やはり続々と客が訪れる。

「お待たせしました~」と皿が届く。ふふん、やっぱりそう来たか。相変わらず、こんもりとボリューミーで壮観。ハンバーグの上には、チーズが乗っているし、ソースもたっぷり。脇には、ヌイユ(平麺)がたっぷりと添えられている。

先ずは、ハンバーグをナイフを入れて、持ち上げると、チーズがとろ~んと糸を引く。それを、グルンとハンバーグに巻き付けてパクリ。うーん、みっちりとして牛肉らしさ満点。一方で、野菜たっぷりのトマトソースが軽やかで、ドンドン行けてしまうやつ。このソース、ヌイユにもご飯にもぴったりで、たっぷり絡めて倖せを満喫。

食後にはコーヒーを頂いて大満足。客の多くが、美味しそうに料理を気持ちよく食べていく。そんな雰囲気も好きだ。もう少し頻繁に来たいけれど、少しの辛抱だろうか。

【お店情報】
Bistro Vosges 銀座5-4-15 西五ビル7F 地図

| | コメント (2)

2021年7月 7日

銀座スイス 本日のおすすめメニュー (銀座)

R0016248002

久しぶりの銀座。行きたいところは沢山あるが、在宅だと欲求不満になりがちなのが、旨い洋食。それで、今日は洋食店を目指そうと、やって来たのが銀座スイス。創業昭和22年、カツカレーの元祖ということでお馴染みの店。

自分にとっては、カキフライの店であり、オムレツの店。今日は、オムレツと日替わり料理のセットがあるといいなぁと思って来たが、生憎、ハンバーグのセットの日の様子。ふと、目線を下げてみると、「本日のおすすめメニュー」として「豚ロースの赤ワインソース」とある。あゝ、これ絶対に好きやつ。けれども、限定10食とある。間に合うだろうか。

店に入ると、昼時というのに、珍しく客席に余裕がある。これなら大丈夫だろうとホッとしながら注文する。厨房へ注文を通すやりとりを聞いていると、どうやら、通称Bランチ。

ポタージュスープに続いて、メインの料理が届く。毎度思うが、皿の上の美しいこと。使われているものは、特別なものではないが、ドレッシングを纏った葉野菜に、トマト、マカリニサラダ。その手前には、豚ロースとたっぷりと添えられた赤ワインソース。気取らないが、少しだけ背を伸ばしたくなる美しさ。

やわらかく火を通した豚肉も美味しいが、これはソースをたっぷりつけたい。旨味や複雑な味わいの奥に感じる、仄かな酸味や苦み。うん、今日はこれをいただけて大正解の大満足だ。一方で、やっぱりフライも食べてみたい欲が湧いてくる。また今度。

【お店情報】
銀座スイス 銀座3-5-16 地図

| | コメント (0)

2021年6月18日

ツバキ亭 豚ロース生姜焼き (荻窪)

R0015977001

やることが目白押し。だからこそ、しっかり昼を食べて、後半日を乗り切ろう。こういうときは、肉。しかも豚。豚と云えば、気になっているメニューがあった。荻窪で人気の洋食店、ツバキ亭の豚ロース生姜焼き。以前に頂いたカキフライやハンバーグも美味しかったし、接客の素晴らしいこと。そこで、定番メニューの一つである、豚ロースの生姜焼きが気になっていたんだ。

12時過ぎに来てみると、カウンターは満席。2人用のテーブル席が1つ空いていて、そちらを案内してくれた。さすが人気だなぁと思っていたら、ミックスフライと日替わりは、すでに売り切れ。日替わりは「しそとレタスのロール巻き」。実はこっちも気になっていたから、悩まず済んだ。

店員さんの働きぶりに感心していると、自分の生姜焼きが運ばれてきた。お馴染みのこんもり山盛りのキャベツの千切りに、白スパ。その山のふもとには、生姜焼きがずらりと敷かれる。うん、茶色って正義だなぁ。一切れ摘まんで口に運ぶと、程良い脂身と切れのある生姜とタレの味。タレはたっぷりと皿に乗っていて、キャベツにも、白スパにも合うし、生姜焼きをワンバンドさせたご飯にもピッタリ。

最後に一口残ったかきたま入りの味噌汁を飲んでお仕舞い。大満足。食べている間にも、どんどんと客がやって来る。回転は速いが、それでも行列が出来るほどの盛況ぶり。美味しくて、手頃で、感じが好い。日常に沿う良店。

【お店情報】
ツバキ亭 上荻1-6-12 2F 地図

| | コメント (0)

2021年6月 7日

キプフェル サクラマスのムニエル (阿佐ヶ谷)

R0015854001

気分は魚。ふっくらとした身に箸を入れるところを想像しただけでも、ニンマリするくらいに愛おしい。それならと、幾つか和食の店を思い出していたところ、そういえば!と思い出した店があった。

青梅街道沿いにあるキプフェル。何度となく前を通ってはいるものの、入りそびれていた店。確か、食材、特に、魚に力を入れていたんじゃなかったっけ。思い立ったが吉日だ。

店の前に出ているランチメニューを見てみると、キハダマグロにサクラマス、鰹などが並んでいる。これなら、サクラマスか、鰹か。想像したイメージに近いのはこっちだとお願いしたのは、サクラマスのムニエル。

「おまたせしました~」と料理が届く。色鮮やかで張りのあるサラダが添えられたムニエルに、金平牛蒡、漬物、玄米ご飯に味噌汁がセット。目当てのサクラマスは、厚みがあって、箸を入れると、皮がパリッと弾けて、身はふっくら艶々。脂が載っているのに重すぎず、味わい軽やか。

もともと小体な店だが、大幅に席を間引いているため、4席のみ。形に拘らず、いい食材を美味しくというスタンスも感じ好い。魚もいいが、今日なら好物の豚ロースのソテーなどもあって、ちょっと洋風な定食気分のときに、また覗いてみたい。

【お店情報】
キプフェル 阿佐谷南3-3-3 Y.S.Kビル1F 地図

| | コメント (0)

2021年5月 6日

ツバキ亭 ハンバークステーキ (荻窪)

R0015444002_20210506193601

今日は味噌汁だ。そうとすると、先ず思い浮かぶのが和食だが、味噌汁が合う洋食というのも好いじゃないか。それならば、先日伺って、接客ぶりに感心したツバキ亭なんてどうだろう。宿題にしているハンバーグステーキを、今日は目当てに。

12時を過ぎると、行列が出来る人気店。12時前に到着したところ、今日も中々の繁盛ぶり。一人と告げると、カウンター席を案内してくれた。前回は、日替わりのカキフライについつい浮気してしまったが、今日は初志貫徹でハンバーグステーキ。

カウンターの愉しいところは、目の前で調理される様子を見ることができるところ。ハンバーグステーキなら、パンパンとタネを叩いて成形し、焼いている。一方で、今日の日替わりというチキンカツの大きいこと。大きさも厚さも手のひら以上。

そうこうしていると、「お待たせしました~」とハンバーグが届く。いかにも、ハンバーグステーキらしい焼き色と、たっぷりと敷かれた赤味のあるソースが印象的。しっかりした焼き色に硬派に見えるが、口にすると挽肉がほろりとほどけるよう。流行りに肉汁たっぷりではなく、よく練られた柔らかさというところが好い。

それに、このソース。添えられたスパゲティーに絶対合うと思っていたが想像以上。仄かな酸味は、山盛りキャベツにも合うし、味噌汁ともよく合う。そして、忙しい中でも、快活で気持ちの良い接客は見事。しょうが焼きも気になるし、近くまた。

【お店情報】
ツバキ亭 上荻1-6-12 2F 地図

| | コメント (0)

2021年4月 5日

ヴォージュ 若鶏むね肉のロースト (銀座)

R0014953001

こちらも出社した折には、伺いたかったヴォージュ。銀座5丁目のビルの7階。気前の好い盛りのビストロ的なランチが人気の店。メニューは日替わり。最近はパスタがなくなって、オムレツカレー、日替わり、新たに始まっている限定ランチの3種類。伺うときは、大抵日替わりで、今日は、若鶏むね肉のロースト。これ絶対ボリューム満点に違いない。

席があるだろうかと、店に入ってみると、雨だからだろうか、結構余裕がある様子。と思っていたら、12時を過ぎると次々と客がやって来て、結局満席。相変わらずの人気ぶりに一安心。

届いた皿の上には、全体的に白っぽいこんもりした山。よく見てみると、クリームソースの端から、薄桃色のチキンが見える。その下には、マッシュポテトがたっぷりと。こりゃ、ホントにボリューム満点。先ずは鶏肉をと、ソースの下から取り出すと、改めて見ても綺麗な色。それに、パサつきのないしっとりした仕上げの見事なこと。ソースには、アンチョビが入っていて、深い奥行。それに、時々表れる焼き目の香りも芳しい。

ライスとスープ、コーヒーがセット。個性的でダイナミック、肩肘張らずに旨いものが食べられる好きな店。ファンも多く、夜の予約をされていく方も。隣の若者は皆ご飯大盛り。客の多くが、美味しそうに大盛りの料理を気持ちよく食べていく。そんな雰囲気も好きなんだ。

【お店情報】
Bistro Vosges 銀座5-4-15 西五ビル7F 地図

| | コメント (0)

より以前の記事一覧