2017年3月23日

グリルスイス ハンバーグ・生アジフライ (銀座)

Gr005052006

今日はどこで昼をと歩いていた銀座3丁目。店前に出ているメニューをあちこち見ながら歩いていると、飛び込んできたのが「生アジフライ」の文字。


つい数分前まで、「昨日がフライだったから、今日はフライじゃないもので」なんて考えていたのに、気になって仕方がない。しかも「生」。それに、どこだか忘れてしまったが、港から直送だなんて書いてあったから、もう避けては通れない。

 

先ず目を奪われるのは、しっぽまでピンと張った凛々しいアジフライ。2つかと思いきや、鯵が大きいせいか、背と腹を別にフライにしてあるようだ。一口齧ると、ふわっと、そしてしっとりとした食感。火を入れ過ぎていない好みのフライ。

 

相棒は、一度たべてみたいと思っていたハンバーグ。そそる焼き目に、口の中でほどける感じが、いかにも洋食店らしい正統派。柔らかく細いキャベツの千切りや、ペンネに浅利も入ったケチャップ味のパスタにも見える心意気。このランチは、本日のサービスランチ(1,000)

 

3月末で閉店する店をいくつか耳にしているが、並びの蕎麦屋「きだ」も42日をもって閉店するそう。今年の夏は、あの涼やかな冷かけがないのか。

 

【お店情報】

グリルスイス 銀座3-5-16 地図 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月22日

レバンテ かきフライランチ (丸の内・有楽町)

Gr005041001_3

今日はどうしてもカキフライだ。それも洋食の。けれども、時間の融通が利かないのが恨めしい。しかも、そろそろ牡蠣の季節も大詰め。幾つか店を思い出しては、あそこはもう少し遅くまでやっているはずなど、アレやコレやと考えあぐね、やって来たのはレバンテ。牡蠣料理店としても名のある店。食べ納めの時期にやって来るにも、もってこい。

 

的矢のかきを使ったかきフライもあるが、仕事途中のランチには贅沢だから、普通のかきフライ(1,500)。とはいえ、こちらも三重県の浦村のブランド牡蠣でおすすめだ。

 

コロコロと美しく並んだカキフライ。ナイフを入れても、衣の下には身がギュッと詰まって、そこからジュースが滲みだす。身の旨みとジュースに、軽やかな衣の香ばしい風味と食感がアクセントとなって、牡蠣自体が好きだが、やっぱりフライが好きだと改めて思う。

 

それに、ドレスされた瑞々しいサラダに飾り切りされたレモン、皮が剥かれたトマト等々。脇役の一つ一つもウキウキとさせてくれる、幸せの一皿。

 

【お店情報】

レバンテ 丸の内3-5-1 東京フォーラム内 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月12日

アルデンテ (高円寺)

Gr003986003_2

パスタだけじゃもったいない!

続きを読む "アルデンテ (高円寺)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 2日

世界食堂Transit Table d'Or サーモンのチョップドサラダ (京橋)

Gr004897004_3

食べたいのは野菜。最近京橋界隈では、CAFÉ DECO 等、好いサラダランチ的なメニューを出す店が多くてありがたい。今日の気分は、個別の野菜の盛り合わせというよりも、チョップドサラダのような一体感あるサラダが好い。それで、ここにやって来た。

 

サラダランチ(950)がいつもあって、チョップドサラダは人気の品。今週は、サーモンのチェップドサラダと云うからそれで。

 

そうそう、今日はこういうの。サーモンの他、チキンにアボカド、ポテトに豆類、トマトや胡瓜なども入ったサラダ。食べるところによって食感や味わいの違いが面白く、大盛りのサラダもぺろり。写真では分かりにくいが、お隣の女性は食べきれないくらいにたっぷりとある。ちなみに、1215分くらいには売り切れた。

 

スープに自家製のフォカッチャ、ドリンク、小さいデザート(今日はガトーショコラ)付き。100席を超える席数というのに、それでもほぼ満席。使い勝手の良さも魅力。

 

【お店情報】

世界食堂Transit Table d'Or 京橋3-7-1 相互館110タワーB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月28日

京橋モルチェ カキフライ (京橋)

Gr004857001

洋食気分。タルタルソースなんてあるといいなと、前に振られた京橋モルチェ。もし満席だったら、山茂登で蕎麦にしようと考えてきたが、今日は行列なし。とはいえ、広い店内は既にお客さんでいっぱい。運よく客席がよく見渡せるフロアの端の席を貰った。

名物のハンバーグステーキや、骨付きチキンが入ったカレー、それにモルチェ特製スカロピニ。瞬間レアカツなんてのも気になるが、やっぱり牡蠣、それにタルタルソースが付いているカキフライ(1,200)

大振りではないけれども、綺麗な揚げ色に揃ったカキフライ。がぶりと齧り付くと、潮の香りがふわりとして、続けて凝縮された旨みが届く。それに衣の美味しいこと。バリバリではなく、サクリと軽くいい味わい。

だからこそ、そのままでもレモンを絞っても美味しいけれども、タルタルが見るからに玉子たっぷりの好みのタイプ。

ほぼ満席の状態だが、騒がしくなく、ゆったりと食事やその後のお茶を楽しんでいる方がほとんど。この老舗らしい雰囲気が帰って来たのも嬉しい。

【お店情報】

京橋モルチェ 京橋2-2-1 京橋エドグランB1F 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月 3日

有楽町ワイン倶楽部 トンテキ (有楽町・日比谷)

Gr004698003
昨日とは打って変わって肉気分。厚みのあるのをナイフで切って頬張りたい。それでやって来たのが、有楽町ワイン倶楽部。ワインショップ併設の気軽なビストロ。席数も多く、大人数でワイワイやるのに良さそうな雰囲気の店。

 

ランチメニューは、肉肉肉。ビフテキにトンテキ、トンテキとチキンソテーのプレートにハンバーグ等。サラダ、スープ、ドリンクがフリーで、そのほとんどが1,000円以下ということもあって、近隣に勤める方で大賑わいだ。

 

ここのトンテキは、甘辛い醤油ダレではなく、塩胡椒で焼いたポークステーキが200g。熱々ジュージューの鉄板で運ばれてくると、テンションも上がるというもの。少し大きめにカットして頬張ると、その噛み応えに、肉を欲していた気分が満たされる。細かなことをいえば、鉄板と豚肉の間に挟まれ、蒸し焼き状態になったキャベツが結構好きだ。

 

サラダ、スープ、ドリンクはセルフスタイルで取り放題。提供されるスピードも速く、結構な大箱にも関わらず満席なのは、この使い勝手の良さ故だろう。

 

【お店情報】

有楽町ワイン倶楽部 有楽町1-7-1 有楽町電気ビルB1 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月17日

牡蠣Bar カキフライサラダプレート (銀座)

Gr004589003
Facebook
で「ランチ始めました」という投稿を見て、気になっていた牡蠣Bar。紹介されていたのは、牡蠣エキスと牡蠣たっぷりの「牡蠣まみれカキポタつけうどん」だったが、カキフライや生牡蠣なんかもあると書いてあって、余裕が出来たらと絶対に行くんだ!と決めていた。

 

場所は、ヴォージュが入るビルの3階。カレーが人気のHARE GINZAの隣。カウンターと奥に小さなテーブルが1卓の小さな店だ。

 

オススメという「つけうどん」も気になるが、好きなのはやっぱりカキフライだと、「カキフライサラダプレート」(1,000)をお願いする。「バゲットにつけてもどうぞ」と出してくれたポテトサラダとバゲットに続いて、フライヤーからずっといい音を立てていたカキフライがやって来た。

 

小振りなフライが5つ。けれども、その大きさ以上の強い旨みに驚いた。香ばしいカリカリサクサクの薄い衣の下は、火が入っているものの、しっとりと艶やかな牡蠣。齧り付くと、牡蠣の身自体のミルキーな旨みがダイレクトにググッとやって来るんだ。これは堪らない。この倍は食べたい。

 

メニューには書いてなかったが、「寒いですから」とスープのサービス。もしかして、件のつけ麺のつけ汁のベースだろうか。こちらも旨みたっぷり。何を戴くかは悩ましいが、兎に角、すぐにまた。

 

【お店情報】

牡蠣Bar 銀座5-4-15 西五ビル3F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月16日

焼肉トラジ 牛タンシチュー (丸の内)

Gr004580001
こう寒いと、欲するのは温まるもの。先ず思い浮かぶのはチゲだったが、他に違うものはないだろうかと考えてみる。升本で豚キムチ鍋という手もあるが、チゲと似ているし、他に何かなかったっけ?そうだ、シチューはどうだ。国際フォーラム横のトラジには、牛タンシチューがあったはず。

 

東京スクエアガーデンのトラジとは違って、こちらはランチも焼肉がメイン。ご飯メニューとして、牛タンシチュー(1,300)や、石焼ピビンパ、炎のジャン麺が用意されている。

 

やって来たのは、チゲ用の鍋でグツグツと沸いたシチュー。うわ~、これは温まりそうだ。中にはスプーンでも簡単にほどけるほど柔らかく煮込まれた牛タンに野菜。はふはふと頬張ると、舌の上にはコックリとした旨み。この熱、コク味。やはりこの季節にはありがたい。

 

サラダに水ムチ、ご飯、バゲット。食後には棒アイス付き。あまりの寒さに、職場に戻るころには少し冷えてしまったが、暖かな幸せを感じるには十分。

 

【お店情報】

焼肉トラジ 東京フォーラム横店 丸の内3-7-7 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月28日

レバンテ かきフライ (有楽町・丸の内)

Gr004317001
今年最後のランチは、カキフライに決めた。先ず浮かんだのが三州屋だったが、仕事納めの方も多い今日なんて、早々に飲み始めている方がいらっしゃるから、避けておくのが得策だ。

 

それならとやって来たのがレバンテ。ビアレストランだが、牡蠣料理店としても名のある店。今年は出始めの10月に頂いたから、そこからの牡蠣の成長が愉しみだ。

 

的矢のかきを使ったかきフライもあるが、仕事途中のランチには贅沢だから、普通のかきフライ(1,500)。とはいえ、こちらも三重県の浦村のブランド牡蠣でおすすめだ。

 

皿全体の美しさが、魅力の一つ。整列したかきフライは、見た目にも10月よりも丸々ぷっくり。ナイフを入れても、衣の下には身がギュッと詰まって、そこからジュースが滲みだす。身の旨みとジュースに、軽やかな衣の香ばしい風味と食感がアクセントとなって、牡蠣自体が好きだが、カキフライの美味しさを改めて思う。

 

それに、ドレスされた瑞々しいサラダに飾り切りされたレモン、皮が剥かれたトマト等々。脇役の一つ一つも、うきうきさせてくれる。幸せの一皿。

 

さて、本ブログの更新は、この記事でお終い。今年もお越し下さり、ありがとうございました。何方様も佳い年をお迎え下さい。

 

【お店情報】

レバンテ 丸の内3-5-1 東京国際フォーラム 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月 8日

サファイア バイ レイジ クラシックラザニア (銀座)

Gr004120001
年中好きだが、この季節は格別だと思うものの一つがグラタンやドリア。目にも食欲をそそる焼き目と香り。それに熱。喉元を過ぎて胃に落ちていくのを想像しただけで、お腹がポッと温かくなりそうだ。

 

とはいえ、最近好きだった店は振りでは入れなくなったし、短いランチタイムには、遠い店のオーブン料理は選択肢として入れにくい。けれども、ここなら、気軽に食べに行けるから、ついつい足が向いてしまう。

 

今日は、前に振られたラザニアがあるだろうかとやって来た。すんなり注文が通ったと安心したが、次に来た方も、その次の次の方もラザニアを注文して、数人後には売り切れてしまったらしい。メニューにも大きく写真が乗せてあるし、人気メニューなのだろう。

 

先ず出されるのは、ワイルドライス、豆や鶏ハム等の入ったサラダに、温かいコーンスープ。カップに触れている指先から伝わる温かさにホッとする。

 

「器が熱くなっておりますから――」と運ばれてきたラザニア。想像どおりのそそる焼き目がグッとくる。軽やかなトマトソースにゴロゴロとした挽肉がたっぷり。口にしてその熱さに「あふっ」となるのも醍醐味だ。

 

食後にはコーヒーがついて850(税抜)。普段使いの気軽な幸せ。

 

【お店情報】

SAPPHIRE by RAGE 銀座2-3-18 銀座高考ビル1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧