2017年5月17日

ぶーみんヴィノム ぶた焼き (京橋)

R0000239003_3

少し間が開いただろうかと、大好きなコクシネルに行こうと、東京スクエアガーデンにやって来たが、テラス席まで一杯という大入り満員。それで、別の店をと同じフロアを歩いてみたら、行列が出来ている店が多くて、結局ぐるりとフロアを一周。ぶーみんヴィノムに空席を見つけて、やっと腰を落ち着けた。

 

ランチメニューを見てみると、前に来たとき気になったミートソーススパゲティがなくなっていて残念に思ったが、代わりにカレーが登場。丁度、隣の方が召し上がっていて、いい香りがこちらまでやってきては惑わせる。

 

結局お願いしたのは、ランチの名物のぶた焼き。ココに来たら、やっぱりコレは外せない。玉ねぎと醤油ベースのソースがたっぷりとかかった豚肩ロースが3枚から(1,000円~)。旨味濃いタレで、豚肉にはもちろん、敷かれたキャベツとの相性も良く、キャベツの大盛りをお願いしたいくらいだ。もちろん、ご飯もグイグイと押し進めてペロリ。サラダにスープ付き。

 

入ったときには空いていたが、12時を過ぎた頃から、後から続々と客がやって来る。働く人を支える元気を貰える昼飯処。

 

【お店情報】

ぶーみんヴィノム 京橋3-1-1 東京スクエアガーデンB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 1日

アロッサ 日替わりランチ (銀座)

R0000105002_2

打ち合わせが長引いて出遅れた昼休み。ココリコでロティサリーチキンか、シュタインハウスでソーセージなんて思ってベルビア館へやって来た。が、ロティサリーチキンは売り切れで、シュタインハウスは休み。

 

どうしたものかとアロッサを見れば、カウンターの端に空席が見える。今日のランチを見れば、スパイシーチキンソテー。チキンの流れで、ここにしよう。

 

サラダと、それに続く副菜はビシソワーズ。スープメニューは久しぶり。冷たくて軽やか。今日みたいな暑い日には、うれしい一品。

 

メイン料理のスパイシーチキンは、玉ねぎの甘さがきいたソースで。食後にはピンクグレープフルーツのグラニテとドリンク付き。

 

短い時間でも、テンポよく料理を出してくれるからありがたい。意外と朝の電車が空いていたが、店も近隣勤め以外の方も多い様子。

 

【お店情報】

アロッサ 銀座店 銀座2-4-6 銀座ベルビア館8F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月12日

Nodo Rosso 尾花沢牛ハンバーグランチ (新富町)

Gr005203004_3

いろいろと都合がついて久しぶりの新富町。この辺りは個性的で魅力的な店が多くあって、行ってみたいと思う店も沢山。Nodo Rossoもその1件。イタリアワインと内蔵料理、尾花沢牛を楽しめる店だ。

 

続きを読む "Nodo Rosso 尾花沢牛ハンバーグランチ (新富町)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 6日

ぐりる てる 鉄板じゅうじゅうぐりるハンバーグ (京橋)

Gr005154001_2

なんだかハンバーグが食べたくて、お店を幾つか思い浮かべる。そういえば、エドグランに新しい店が出来たんじゃなかったっけ。それでやって来たのが、ぐりる てる。ニュージーランドの牛肉などのグリル料理の店だそうで、ランチタイムには、ハンバーグやメンチカツ、ハンバーグドリアに、ポークジンジャー、ビフテキと肉料理が勢揃い。

 

ハンバーグドリアにも心惹かれたが、「じゅうじゅう」という文字に惹かれてハンバーグ(950)


ソースはおろしとデミグラスの選択制。ハンバーグは180gだそうだケチャップ味のスパゲティーに、フライドポテト、コーンにインゲン。鉄板のおかげで、デミグラスチーズソースとスパゲティーが焼けて混ざって、所々パリパリカサカサ。いい感じのジャンクさ。

 

サラダや、目玉焼きにカレートッピングなど、サイドメニューが充実。店内に設置されている「昭和の京橋・銀座ジオラマ」も見もの。

 

【お店情報】

ぐりる てる 京橋2-2-1京橋エドグラン1階 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月23日

グリルスイス ハンバーグ・生アジフライ (銀座)

Gr005052006

今日はどこで昼をと歩いていた銀座3丁目。店前に出ているメニューをあちこち見ながら歩いていると、飛び込んできたのが「生アジフライ」の文字。


つい数分前まで、「昨日がフライだったから、今日はフライじゃないもので」なんて考えていたのに、気になって仕方がない。しかも「生」。それに、どこだか忘れてしまったが、港から直送だなんて書いてあったから、もう避けては通れない。

 

先ず目を奪われるのは、しっぽまでピンと張った凛々しいアジフライ。2つかと思いきや、鯵が大きいせいか、背と腹を別にフライにしてあるようだ。一口齧ると、ふわっと、そしてしっとりとした食感。火を入れ過ぎていない好みのフライ。

 

相棒は、一度たべてみたいと思っていたハンバーグ。そそる焼き目に、口の中でほどける感じが、いかにも洋食店らしい正統派。柔らかく細いキャベツの千切りや、ペンネに浅利も入ったケチャップ味のパスタにも見える心意気。このランチは、本日のサービスランチ(1,000)

 

3月末で閉店する店をいくつか耳にしているが、並びの蕎麦屋「きだ」も42日をもって閉店するそう。今年の夏は、あの涼やかな冷かけがないのか。

 

【お店情報】

グリルスイス 銀座3-5-16 地図 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月22日

レバンテ かきフライランチ (丸の内・有楽町)

Gr005041001_3

今日はどうしてもカキフライだ。それも洋食の。けれども、時間の融通が利かないのが恨めしい。しかも、そろそろ牡蠣の季節も大詰め。幾つか店を思い出しては、あそこはもう少し遅くまでやっているはずなど、アレやコレやと考えあぐね、やって来たのはレバンテ。牡蠣料理店としても名のある店。食べ納めの時期にやって来るにも、もってこい。

 

的矢のかきを使ったかきフライもあるが、仕事途中のランチには贅沢だから、普通のかきフライ(1,500)。とはいえ、こちらも三重県の浦村のブランド牡蠣でおすすめだ。

 

コロコロと美しく並んだカキフライ。ナイフを入れても、衣の下には身がギュッと詰まって、そこからジュースが滲みだす。身の旨みとジュースに、軽やかな衣の香ばしい風味と食感がアクセントとなって、牡蠣自体が好きだが、やっぱりフライが好きだと改めて思う。

 

それに、ドレスされた瑞々しいサラダに飾り切りされたレモン、皮が剥かれたトマト等々。脇役の一つ一つもウキウキとさせてくれる、幸せの一皿。

 

【お店情報】

レバンテ 丸の内3-5-1 東京フォーラム内 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月12日

アルデンテ (高円寺)

Gr003986003_2

パスタだけじゃもったいない!

続きを読む "アルデンテ (高円寺)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 2日

世界食堂Transit Table d'Or サーモンのチョップドサラダ (京橋)

Gr004897004_3

食べたいのは野菜。最近京橋界隈では、CAFÉ DECO 等、好いサラダランチ的なメニューを出す店が多くてありがたい。今日の気分は、個別の野菜の盛り合わせというよりも、チョップドサラダのような一体感あるサラダが好い。それで、ここにやって来た。

 

サラダランチ(950)がいつもあって、チョップドサラダは人気の品。今週は、サーモンのチェップドサラダと云うからそれで。

 

そうそう、今日はこういうの。サーモンの他、チキンにアボカド、ポテトに豆類、トマトや胡瓜なども入ったサラダ。食べるところによって食感や味わいの違いが面白く、大盛りのサラダもぺろり。写真では分かりにくいが、お隣の女性は食べきれないくらいにたっぷりとある。ちなみに、1215分くらいには売り切れた。

 

スープに自家製のフォカッチャ、ドリンク、小さいデザート(今日はガトーショコラ)付き。100席を超える席数というのに、それでもほぼ満席。使い勝手の良さも魅力。

 

【お店情報】

世界食堂Transit Table d'Or 京橋3-7-1 相互館110タワーB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月28日

京橋モルチェ カキフライ (京橋)

Gr004857001

洋食気分。タルタルソースなんてあるといいなと、前に振られた京橋モルチェ。もし満席だったら、山茂登で蕎麦にしようと考えてきたが、今日は行列なし。とはいえ、広い店内は既にお客さんでいっぱい。運よく客席がよく見渡せるフロアの端の席を貰った。

名物のハンバーグステーキや、骨付きチキンが入ったカレー、それにモルチェ特製スカロピニ。瞬間レアカツなんてのも気になるが、やっぱり牡蠣、それにタルタルソースが付いているカキフライ(1,200)

大振りではないけれども、綺麗な揚げ色に揃ったカキフライ。がぶりと齧り付くと、潮の香りがふわりとして、続けて凝縮された旨みが届く。それに衣の美味しいこと。バリバリではなく、サクリと軽くいい味わい。

だからこそ、そのままでもレモンを絞っても美味しいけれども、タルタルが見るからに玉子たっぷりの好みのタイプ。

ほぼ満席の状態だが、騒がしくなく、ゆったりと食事やその後のお茶を楽しんでいる方がほとんど。この老舗らしい雰囲気が帰って来たのも嬉しい。

【お店情報】

京橋モルチェ 京橋2-2-1 京橋エドグランB1F 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月 3日

有楽町ワイン倶楽部 トンテキ (有楽町・日比谷)

Gr004698003
昨日とは打って変わって肉気分。厚みのあるのをナイフで切って頬張りたい。それでやって来たのが、有楽町ワイン倶楽部。ワインショップ併設の気軽なビストロ。席数も多く、大人数でワイワイやるのに良さそうな雰囲気の店。

 

ランチメニューは、肉肉肉。ビフテキにトンテキ、トンテキとチキンソテーのプレートにハンバーグ等。サラダ、スープ、ドリンクがフリーで、そのほとんどが1,000円以下ということもあって、近隣に勤める方で大賑わいだ。

 

ここのトンテキは、甘辛い醤油ダレではなく、塩胡椒で焼いたポークステーキが200g。熱々ジュージューの鉄板で運ばれてくると、テンションも上がるというもの。少し大きめにカットして頬張ると、その噛み応えに、肉を欲していた気分が満たされる。細かなことをいえば、鉄板と豚肉の間に挟まれ、蒸し焼き状態になったキャベツが結構好きだ。

 

サラダ、スープ、ドリンクはセルフスタイルで取り放題。提供されるスピードも速く、結構な大箱にも関わらず満席なのは、この使い勝手の良さ故だろう。

 

【お店情報】

有楽町ワイン倶楽部 有楽町1-7-1 有楽町電気ビルB1 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧