2022年5月17日

ル ココ ロールキャベツ (荻窪)

R0002845001

今日もいまいちすっきりしない天気に、やはり温かいものが欲しくなる。今日は汁物ではないんだ。グラタンは昨日食べた…。そうだ、ロールキャベツなんてどうだろう。それならと向かったのは、ル・ココ。荻窪駅の西口、すずらん通りから横道に入ったところにあるカフェ。ご家族で営まれているそうで、品が良く温かい雰囲気も好きだ。

ランチメニューは4種類あるが、一番人気がロールキャベツ。トマトベースのソースで煮込まれた、ゲンコツよりも大きなロールキャベツが2つとボリューム満点。けれども、ナイフを当てると、スーッと入っていくほどに柔らかく煮込まれていて、やさしい口当たり。噛み締めると肉とキャベツの旨味に、トマトソースがギュッと溢れて混じっていく。口いっぱいに広がる幸せに、体だけでなく、気持ちまで温まる。

サラダなら、ヨーグルトのような酸味のある自家製のドレッシングが美味しいし、食後には、ドリンクとアイスクリームで、ゆったりと寛げるところも好い。

テラス席もあって、天気のいい日なら頗る気持ちがいいだろう。ランチセットのほか、ケーキセットなどもあり、散歩の途中で一息入れるにも好い。そうそう、ここのグラタンも気になっているのだ。

【お店情報】
ル・ココ 荻窪5-17-6 トーワビル 1F 地図

| | コメント (0)

2022年5月16日

瓜坊の定食屋さん ベーコンときのこのトマトクリームグラタン定食 (荻窪)

R0002835001_20220516191101

荻窪の所用があって、昼をとった足で用を済まそうと考える。雨ふりだし、用事にある荻窪南口。それなら、瓜坊の定食屋さん&お惣菜お弁当だ。メイン料理に小鉢が4つ付く定食がお気に入り。しかも、定食は常時6種類ほど。焼魚に生姜焼き、グラタンなどの洋食もあれば、中華やグリーンカレーなどエスニックな料理もあって、来るたびに、どんなものがあるだろうとワクワクする。

今日向かうと、前に頂いて美味しかった納豆オムレツに、豚肉のさっぱりレモン炒めや、鶏肉とビロッコリーの塩炒めなどがスラリと並ぶ。それに、ずっと気になっていたが、見送って来たグラタンもある。あゝ、どうしたものか。よし、今日は少し肌寒いし、グラタンだ。

「おまたせしました~」と届いたグラタンは、ソースがフツフツと湧いているし、焼けたチーズの香りがなんともそそる。スプーンを入れて、火傷しないようにフーフーと少し冷ましてからパクリ。ホクホクのポテトにシャッキリきのこ、ベーコンの旨味の一方で、トマトの酸味でどことなく軽やか。完全に洋食なのに、ご飯との相性もバッチリというのが好ましい。

周りの小鉢だって、南瓜の煮付けに、牛蒡のきんぴら、しらすと青菜の炒め物、漬物と和食のものが並ぶが、バランス最高。それに大好きな味噌汁は、今日も余計なもののない、綺麗な味わい。

他の方の注文を聞いていると、グラタンか豚肉のレモン炒めが人気の様子。今日暑かったら日そっちだったかもなー、なんて思いながら、また出会える日を楽しみに。

【お店情報】
瓜坊の定食屋さん&お惣菜 お弁当 荻窪5-7-11 地図

| | コメント (0)

2022年4月24日

AOLA (荻窪)

R0002459001_20220424145001

サンドイッチのファンだけど、夜のツマミがまた秀逸。

続きを読む "AOLA (荻窪)"

| | コメント (0)

2022年4月 1日

ぷちぽわ ビーフシチュー (荻窪)

R0002247001

昨日とは打って変わった肌寒さ。自室が北側ということもあって、寒さがジワジワ体に沁みる。これなら昼は温かいものがいいなぁ…。具沢山の汁物もあれば、韓国や中国の辛くて熱い料理もある。そうだ、洋食だってあるじゃないか。ビーフシチューも好いし、ロールキャベツも温まりそう。

サイドメニューなども考えて、向かったのは、荻窪のぷちぽわ。丁寧に作られた洋風料理が旨い店。肉がゴロッと入ったビーフシチューは勿論のこと、サイドメニューも気が利いている。

先ず運ばれてくるのは、サラダとスープ。葉野菜のシャキシャキした食感と、おそらく自家製だろうドレッシングの美味しさに改めてウキウキする。一方のスープは、透明感のあるやさしい旨味と香り。胃が温かく整って、ビーフシチューを迎える準備も万端というもの。

そしてビーフシチュー。量は小ぶりながら、しっかりとしたコク味と香りのある好いシチュー。牛肉もゴロンと入って、スプーンで簡単にほろりと解けるほどにやわらか。ブロッコリーやインゲン、じゃがいもなども食感ホクホク。熱々で、一口ごとに体はぽかぽか。今日はこれで正解だったとニッコリ。

「いつものお願い」なんてやってくるご常連さんもいらっしゃって、地元に根付いていることが窺える。壁に掛けてある夜のメニューも魅力的。400-500円程度のツマミ的なメニューも豊富だし、近いうちに夜にも来よう。

【お店情報】
ビストロぷちぽわ 荻窪5-23-7 加藤ビル1F 地図

| | コメント (0)

2022年3月30日

ツバキ亭 ハンバーグステーキ (荻窪)

R0002200001_20220330220001

今日はどうしてもハンバーグ。どこのハンバーグが食べたいだろう。肉々しいもの、それとも柔らかいもの。はたまた正統派なもの。ハンバーグのタイプにそれほどこだわりはないが、できれば味噌汁的なものがあると好いなぁ…。となると、ツバキ亭だ。荻窪で人気の洋食店。料理の旨さと、接客の素晴らしさ。大変気持ちの好い店だ。

益々人気が高まっているようで、12時前にも関わらず、ほぼ満席。「席を片付けるので、少しだけお待ちいただけますか?」ということで、待つこと3分。空いたばかりのカウンター席に入れてくれた。

カウンターの目の前は厨房で、ハンバーグをパンパンと成形するなど忙しそう。くるくると働く店の方に感心していると、「お待たせしました~」とハンバーグが届く。いかにも、ハンバーグステーキらしい焼き色と、たっぷりと敷かれた赤味のあるソースが印象的。しっかりした焼き色に硬派に見えるが、口にすると挽肉がほろりとやわらかい。肉汁が滴るものではなく、焼けた香りとよく練られた柔らかさというところが好い。

それに、このソース。添えられたスパゲティーにも素晴らしく合うし、トマトの仄かな酸味は、山盛りキャベツにも合う。若芽とかきたまの汁も旨い。こういう和食の汁物やご飯に合う洋食、大好きだ。そして、忙しい中でも、快活で気持ちの良い接客は見事。夜の洋食も気になっているのだ。

【お店情報】
洋食ツバキ亭 上荻1-6-12 2F 地図

| | コメント (0)

2022年3月14日

らせん屋 旬野菜と豚しゃぶ肉の山盛り和風サラダ (阿佐ヶ谷)

R0002002001

一気に初夏まで来たような陽気。急ぎ足で歩いていると、少し汗ばんでくるくらい。これなら、さっぱりしたものがいいなぁ。久しぶりに豚しゃぶなんてどうだろう。それならこちらも久しぶり。らせん屋で、野菜が山盛り乗る豚しゃぶサラダだ。

料理名に「山盛り」と書いてあるが、これが本当に山盛り。高さは20cmを超えるんじゃないかと思うくらい。野菜は日によって違うが、いつも色鮮やか。今日は、紫大根やコマト、人参が目に眩しい。

上の野菜にはバルサミコ酢ベースの、豚しゃぶと一番下に眠るレタスには、胡麻風味のドレッシングで、味わいも豊か。山盛りサラダでも、食べ飽きることがないというのも魅力だ。パン又はライス、食後のドリンクがセット。時々、懐かしいお菓子のサービスもあって、今日はアルファベットチョコレートを。もう何年ぶりだろう!

隣のテーブルでは、ワインを片手に愉しそうなご夫婦。元々週末の昼に、グランドメニューとワインを愉しみに来ていた店だから、その気持ちすごく分かる。久しぶりに飲みにも来たいなぁ。

【お店情報】
らせん屋 阿佐ヶ谷店 阿佐谷北2-5-10 地図

| | コメント (0)

2022年3月11日

ウィング 海老とホーレン草とベーコンのオムレツ  (阿佐ヶ谷)

R0001984002_20220311185401

別の店に向かう途中、「今日のウィングの日替わりは何だろう。とりあえず、チェックだけしてみよう。」と思いつく。阿佐ヶ谷駅南口のロータリーを望む喫茶店。いわゆる喫茶店の料理よりも、レストラン寄りの見た目にも美しい料理が豊富な店。

店前に出ている「本日のおすすめ品」を見ると、何とオムレツがある。海老とほうれん草とベーコンか。しかも、写真のオムレツは、ぽってりとしたフォルムでかなりそそる。これは絶対食べたいやつ。数分前の自分を褒めてあげたい。

店に入ると、ご婦人方のグループや、少し早いランチをとるサラリーマンなどで、中々の賑わい。隣のお二人は、焼きサンドイッチとオムレツ。やっぱりオムレツに惹かれますよねと思いながら、焼きサンドイッチも食べて見たかったことを思い出した。

運ばれてきたのは、湯気の立つ焼き立てのオムレツ。玉子の黄色と白に、僅かに見えるほうれん草の緑、トマトクリームのやわらかい赤色が、春みたいだ。フォークを入れると、中には海老やほうれん草がゴロゴロと。玉子も好みの火の通りで、とろりとした玉子に、ぷりぷり、シャクシャクといろんな食感が入り混じって賑やかなこと。

ランチタイムは、コーヒーか紅茶がセット。悩んでアイスコーヒーを貰ったが、これが正解。冷たい飲み物が美味しい季節になって来た。

【お店情報】
カフェ ド ウィング 阿佐谷南3-37-14 第2北原ビル 2F 地図

| | コメント (0)

2022年3月10日

蜂の子 カキフライ (築地)

R0001954001

一か月ぶりの出社。今月中に食べておきたいものがありすぎて、体と時間が全く足りない。こういう時は、優先順位が大事。目当ての季節ものが早くなくなってしまうだろう店から行くのが好い。それならば、蜂の子のカキフライだ。他にももう一度食べたい店、今シーズンまだ食べていない店もあるが、経験的には、そろそろもう終わりが近い。

店に近づくと、まだカキフライを知らせるボードが見える。後は席があるかどうかだ。入ってみると満席だったが、ちょうど席を立つ方がいらっしゃって、入れ替わりで席を確保。満席でも回転は速めで、そう長く待つこともないのがありがたい。

先ずはと運ばれてくるスープは、日替わりで、今日は何だろうかと想像するのも愉しみの一つだ。今日はコーンポタージュ。定番だが、ここでは初めてではないだろうか。ぽってりとして玉蜀黍の甘さがやさしい。思わずニッコリするまろやかさ。

そしてカキフライ。まぁ牡蠣の大きさ、太さの見事なこと。サクサクの衣にナイフを入れると身自体も逞しくて立派。噛み応えもバツグンでしっかりと牡蠣を頂いていることが分かる。そして、噛むほどに混じって広がる旨味とエキス。そう、これが食べたかったんだ。

そのまま食べて、レモンを絞って。そして、牡蠣殻にたっぷりと装われるタルタルソースをつけて。この自家製のピクルスがたっぷりと入ったタルタルソースも好きなんだ。

途中、これで今シーズン最後だろうなとしんみりしたが、食べ終わると、それを超える満足感に満たされる。はぁ、今日は来られて本当によかった。また来シーズン、会えるのを愉しみに。

【お店情報】
築地 蜂の子 築地1-5-8 地図

| | コメント (0)

2022年3月 4日

ライトサイドカフェ 鮭のベジタルタル (高円寺)

R0001898001

半年ぶりに、ライトサイドカフェに来る。カフェでもあるが、料理の美味しい店。こちらの料理の特徴は、小鉢やスープにまで、野菜をふんだんに使っていて、肉料理でも魚料理でも、後味が軽やかなこと。店のコンセプト「ココロとカラダをlightな方へ」そのものだ。

料理は様々。ハンバーグやパスタなどの定番ものもあれば、月替わりや週替わりには、フライやカレーなども入る。今日気になったのは、週替わりの鮭のベジタルタル。最近、鮭が好きなこともあるが、ベジタルタルが気になって。

届いた鮭は、焼いたものにタルタルがたっぷりと。見た目は、本当に普通のタルタル。どんな味だろうと、一口そのまま食べてみても、幾分軽いという気がするが、言われなければ違いに気付かないくらい、見事なタルタル。

たっぷりのサラダに、青菜の煮浸しとトマトと胡瓜のヨーグルト和え。ふんだんに野菜が入ったスープは、今日は食欲を誘うカレー風味。ご飯は玄米と、相変わらず体に優しい料理と味わい。

ドリンクはフリー。広い窓から太陽の光がたっぷりと入るし、食後もゆったりと出来るのも好いところ。

【お店情報】
light side cafe 杉並区高円寺南2-20-19 地図

| | コメント (0)

2022年2月14日

ツバキ亭 メンチカツ (荻窪)

R0001676003

先週臨時休業で伺えなかったツバキ亭に再訪。向かう途中は、定番のハンバーグの気分で向かったのだが、日替わりが、メンチカツと書いてある。しかも、「牛すじデミグラスソース」というのがそそるし、目の前を通って、他の客のところへ運ばれていく姿が、これまた美味しそうで、すっかり心変わり。

カウンター席だから、調理されていくところが目の前で見られるというのも好きなところ。今日は、やっぱりメンチカツが人気だろうか。もう一つの候補だったハンバーグも、パンパンと成形されて焼かれていく。見ていてとても気持ちが好い。

そこへ、「お待たせしました~」とメンチカツがやって来た。おぉ、やっぱり好い感じ。デミグラスソースが下で、その上に、キツネ色した小判状のメンチカツ。千切りキャベツに白スパ。洋食屋らしい仕立て。

ヨシッとメンチカツに箸を入れると、サクッという軽快な音と共に、ふわりと湯気が立ち上る。なるほど、キャベツが入っているのか…と、見ていると肉汁が程よくジワリと溢れる。口にすると、肉や揚げものらしい旨味と、揚げ方やキャベツ入りだからだろうか、軽やかさもあって、あっという間にぺろり。ソースは、キャベツや白スパとも相性がよくて、食べ終わった皿はすっかり綺麗になってしまった。

少々久しぶりだったが、気持ちの良い接客は相変わらず。待ってましたといらっしゃるご常連さんもいらっしゃって、愛されている様子が窺えるというもの。定期的に伺いたい店の一つ。

【お店情報】
洋食 ツバキ亭 上荻1-6-12 2F 地図

| | コメント (0)

より以前の記事一覧