2018年11月 5日

京橋モルチェ カキドリア (京橋)

R0005296002

寒さを感じると、俄然、グラタンやドリアが食べたくなる。それに牡蠣も旬。そうだ、モルチェにカキドリアがあったじゃないか。それで、モルチェへと足を向けた。

 

広い店内が活気に満ちていることも多いが、今日は幾分静か。入口近くの4人掛けのテーブルを貰って、念のため、メニューを一睨み。カキフライもあって、一瞬悩むが、熱々のドリアを頬張る様子を想像したら、やっぱりこちらだとカキドリア(1,200)をお願いする。

 

サラダに続いてドリアが登場。「器が大変熱くなっておりますので、お気をつけ下さい。」と台詞も、欲を駆り立てて仕方がない。

 

色好い焼き目のベージュに身を委ねる牡蠣は5つ。スプーンを入れて、牡蠣とソースを口の近くまで持ち上げると、漂う熱と潮の香りが混じったソースのそそる香り。口にすれば、火が入ってくっと凝縮したぷりぷりの牡蠣の身と、ソースに染み出した牡蠣の風味の旨いこと。

 

周りを見渡せば、やはり人気はハンバーグだろうか。皆がにこにこと嬉し気に頬張る姿は、こちらまで愉しくなる。

 

【お店情報】

京橋モルチェ 京橋2-2-1 京橋エドグラン 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 1日

ビストロヴォージュ 若鶏とクリームチーズの春巻きの皮包み (銀座)

R0005251003

久しぶりのヴォージュ。とにかく、気前の好いたっぷりとしたランチが魅力の店。しかも、料理が個性的で旨い。ランチメニューは、パスタ、オムレツカレー、肉(魚)料理の3種類。例えば、今日の肉料理は、「若鶏とクリームチーズの春巻きの皮包み」。何となくの想像は付くが、大抵、好い方に裏切られることが多い。

 

サラダに続いて、届いた皿がコレだ。とりあえず笑ってしまった。だって、このボリューム。なんか旨そうな、こんもりとした塊としか認識できない。

 

ナイフを入れると、確かにオーブンで焼かれた表面はパリパリとした春巻きの皮で、その下には若鶏と、包まれたクリームチーズ。けれども、それだけではなかった。ソーセージにエノキ茸、ほうれん草なども入っている。だからこそ、あの厚みだったんだ。

 

スープと食後にはコーヒー付きで1,000円ポッキリ。相変わらず人気で、12時前でもテーブルは満席。男女問わず、ご常連さんが多いが、皆明るく良く食べる。素敵だ。

 

【お店情報】

Bistro Vosges 銀座5-4-15 西五ビル7F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月29日

銀座スイス カキフライ (銀座)

R0005227001_2

先週、こちらでカキフライが出始めたのを見つけて、早速。昨年初めてこちらのカキフライを頂いたが、一遍で大好きになり、すっかり好物の一つになった。

 

グランドメニューにあるそれは、昨年とは少し変わっている。確か、カキフライ5つ付と3つ付があったはずだが、今年は、5つ付と2つ付の2通り。カキフライとエビフライのセットなんかがあるのは、変わらずだ。お願いするのは、決まってカキフライの5つ付(1,620円)。お馴染みのあさりとベーコンのスープに続いて、ほどなく届く。

 

立体的に盛り付けられたカキフライは、高温でカラリと揚げられ、目と鼻を誘う香ばしいキツネ色。そこにナイフを入れると、牡蠣のエキスがたらりと零れる。そして、口にすれば程よくレアで鮮やかに瑞々しい。好きなのは、この衣の芳ばしさや香りと、牡蠣の身のコントラスト。レモンやタルタルも好いが、そのまま食べるのが個性が一番よく分かる。


カキフライも大好きだが、付け合わせのドレッシングの品の良さやと、カレー味のペンネとブロッコリーなんかもそそる。


帰り道、煉瓦亭の前を通れば、こちらにも「カキフライ、始めました」という知らせ。本格的な牡蠣のシーズンがやって来た。

 

【お店情報】

銀座スイス 銀座3-5-16 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月17日

蜂の子 カキフライ (築地)

R0005120002

カキフライを求めて、今週は蜂の子。タルタルソースで食べる洋食店のカキフライの中でも好きな一つ。12時を過ぎると行列が出来る人気店。今日は大丈夫だろうかと駆け足でやって来たが、「お一人?どうぞ、こちらへ」と都合良く席を頂いた。注文は、もちろんカキフライ(1,580)

 

注文するとすぐにスープが運ばれてくる。今日は小松菜のポタージュ。心地の良い青みと温みでお腹がポッと温まって、美味しいものを頂くためのお腹が整う感じが好い。

 

そして、お待ちかねのカキフライ。最盛期に比べれば、幾分小さいような気もするが、それでも半分にしても口に入りきらないくらいの立派な大きさ。頬張ると、軽やかでサクサクの衣と身の旨味とエキスが交じり合って、口いっぱいに広がる香りと旨味。それに、牡蠣殻にたっぷりと装われる自家製のタルタルがまた魅力的。パンがあったなら、乗っけて食べたいくらい。

 

カキフライを待ちかねていた人、人気の日替わりBランチの人(今日は125分頃売り切れ)、オムライスを頬張る人。皆幸せそうな店の雰囲気がとても好い。

 

【お店情報】

蜂の子 築地1-5-8 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 5日

バンザイヴィーノ 本日のお昼ごはん (京橋)

R0005050001

今日は鶏肉の焼いたのかなぁ。焼鳥でもいいし、チキングリルみたいなのでも好い。とりあえず、ここのところ行っていない京橋方面へ向かって、それらしいメニューがあるところに飛び込もうと予定を立てる。東京スクエアガーデンまでやって来たところで、1Fにあるバンザイヴィーノのランチメニューに、チキンソテーがあるのを見つけた。

 

このビルが出来てもう5年くらいになるが、まだまだ入ったことのない店もあって、ここもその一つだ。ランチタイムには、パスタやリゾット、カレーにハンバーグなど、洋食系のメニューが並ぶ(1,200円)。

 

全てのランチメニューに前菜がついていて、これが仕切りのついた木箱で運ばれてくる。わさびの利いたソースの鶏ハムや、海老のマリネがある一方で、竹の子の土佐煮が入っていたり。ジャンルにとらわれないというのが、この辺りなのだろう。それにしても、ワインが欲しくて仕方がない。

 

メイン料理は、チキンソテー。たっぷりとかかったトマトソースには、茸がふんだんに入って、ケッパーが好いアクセント。好きな味。

 

テラス席もあって、天気のいい日ならどんなに気持ちがいいだろう。壁にかけられている夜メニューもそそる。

 

【お店情報】

BANNZAI VINO 京橋 京橋3-1 東京スクエアガーデン 1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 1日

レバンテ かきフライ (有楽町・丸の内)

R0005008002

今年も10月がやって来た。10月と云えば、カキフライが出始める時期。三州屋も今日からと聞くし、レバンテもそうだ。

 

いそいそとやって来ると、入口に「お待たせいたしました。カキフライはじめました」と云う貼り紙が目に入る。ランチメニューも「かきランチ」が入ったものだ。的矢の牡蠣を使ったフライは、1020日頃からだそうだが、浦村の牡蠣を使ったかきフライ(1,500円)は味わえる。

 

ポタージュスープに続いて、かきフライが届く。ころりとした俵型に綺麗に成形されたフライが4つ。シーズン初頭だけれども、2つを抱き合わせているから、たっぷりとした大きさ。さっそくと頬張ると、軽い揚げ上がりの衣の芳ばしさと牡蠣の旨味が混ざりあって、口いっぱいに広がっていく。今年もありがとうと実家に近いあの海に思いを馳せる。

 

かきランチの「かきのピラフ」が、的矢と浦村のフライの食べ比べに変わっていたのが気になるが、ピラフもグランドメニューにはあるだろう。さて、今シーズンはどんな牡蠣に出会えるだろう。愉しみで仕方がない。

 

【お店情報】

レバンテ 丸の内3-5-1 東京国際フォーラムB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月18日

バルピノーロ トンテキ定食 (銀座)

R0004916001

何時だったが。昼餉をとった後、銀座ファイブを通って職場まで戻る途中、トンテキという文字とやけに迫力のある写真が目に留まった。たしか、ここはイタリアンバルではなかったか。調べてみると、リニューアルをして、ランチタイムには、トンテキや重量系のナポリタンをウリにしているらしい。

 

周りを見てみると、実際出るのも、トンテキ(950)とナポリタン。ナポリタンやミートソースは300g400g、カレーwithナポなんてのは600gオーバーだそう。やはり男性客が多いが、女性の姿もあって頼もしい。

 

トンテキは、熱々のスキレットでジュージューとやって来る。こちらも中々立派な大きさで、たっぷり200g。それにこちらもたっぷりと添えられた千切りキャベツ。甘みの利いたタレで、白いご飯をすすめるやつ。味噌汁と漬物がセット。

 

銀座ファイブも、長くある店もあるが、閉店する店も数多い。好きなところ、気になるところは、できるだけ足を運びたいと改めて思う。

 

【お店情報】

バルピノーロ銀座 銀座5-1 銀座ファイブB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 3日

銀座スイス 帆立貝のフライ (銀座)

R0004808002

先日店の前を通ったときに、これ食べたいと思ったものがあった。それが帆立貝のフライ。ホタテフライが好きなこともあるが、昨シーズンの牡蠣フライの感じからすると、きっとこの帆立のフライも好きに違いないと思ってのこと。

 

帆立貝のフライは、レジュラー(4ケ付:1,404)とスモール(2ケ付:702円)があって、他にも帆立貝のフライと海老フライのセットや、サーモンムニエルとのセットがある。もちろん、お願いするのは4ケ付だ。ちなみにライスは別(S150円、M200円、L300円)。

 

運ばれてきたのは、厚みのたっぷりとした帆立貝のフライ。刺身で食べられるものと云うし、牡蠣フライの様子からすれば、高温でカラリと揚げて、中はややレアだろうと想像していたが、まさにその通り。ナイフを入れると、帆立貝は中心部分へ向かってややレアになっていてニンマリ。

 

口にすると、しっとりとしているが、繊維のサクッとした食感とぷりぷり感。そして噛み締めると甘みがジワリジワリと口に広がってくる。自家製のタルタルソースもいいが、この甘みを存分に楽しむなら、そのままかレモンが好い。

 

付け合わせには、サラダとあさり入りのスパゲティ。それに定番のあさりとベーコンのポタージュ。キチンとした洋食の愛おしきこと。

 

【お店情報】

銀座スイス 銀座3-5-16 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年8月28日

トラットリア ラ ココリコ ロティサリーチキンプレート(銀座)

R0004766002

思い立ったら、どうしても食べたくなってしまったロティサリーチキン。それで、ベルビア館にあるココリコにやって来た。大山鳥を一羽丸ごと専用のマシンで焼いている様子が見られるロティサリーチキンがウリの店。

 

ロティサリーチキンは、ランチなら1/2羽のセット(1,500)か、1/4羽(1,200)のセット。時間の余裕があれば、胸肉と腿肉の両方が楽しめる1/2を食べたいところだが、今日は1/4。それでも、行って戻って1時間のランチには十分なボリュームだ。

 

届いたチキンは、見た目にも皮が弾けそうにパリパリ。ナイフを入れた途端にそこから湯気がふわりと立って、広がる香りとジュワッと滴る肉汁が何とも食欲を誘う。こういうものこそ熱いままと、切っては頬張り、切っては頬張り。口にしても、ハフハフとなる熱量と香りが堪らない。

 

塩だけの味付けでも十分だが、チリやスパイス、レモンで味を変えても面白い。骨との際を細かにほぐしたところをチキンの出汁で炊いたライスに混ぜて食べるのも好い。

 

最初に出てくる前菜の盛り合わせは、冷製スープにトルティージャ、ローストビーフにトマト煮、サラダと盛り沢山。デザート、ドリンク付きと充実の内容。向かいのアロッサのような行列はないが、客席がほぼ埋まっているのも納得。

 【お店情報】

TRATTORIA LA COCORICO 銀座 銀座2-4-6 銀座ベルビア館8F 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年7月19日

タベルナウオキン 厚切り豚肩ロースのステーキ (京橋)

R0004341001

「そうだ、エドグランの山茂登ですだちの冷やかけを頂こう」とやって来たが、この暑さにサラッとそばでもと思う人が多かったのだろう。見たこともない行列が出来ていて、回れ右。

 

このビルには、他にも飲食店は多くあるが、行列が出来ているところも多くて、ぐるりと見渡す。ウオキンに行列が見えないけれど――と近づいてみると、今週のランチメニューの「厚切り豚肩ロースのステーキ」を見つけた。これ絶対好きなやつ。店に入ってみると、1、2卓だけ空いていて、運よく滑り込めた格好だ。

 

それにしても、「厚切り」という言葉には、胸が躍る。ワクワクしながら待っていると、立派な厚切り肉がやって来た。それも、ソースがテラテラ、ニンニクチップが散らして合って、なんともワンパク。さらには、ポテチサラダに、ケチャップ味のスパゲティには粉チーズまで乗って、スタミナ満点。夏バテ知らず。

 

定番のランチメニューは、ミックスフライにハンバーグ、オムライス。それに、蟹クリームコロッケやアジフライのオプションあり。店自体や店員さんに活気があって、午後からの活力を得られるところが好い。

 

【お店情報】

タベルナウオキン 京橋 京橋2-2-1 京橋エドグラン 1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧