2023年2月 2日

Café Spile 車麩のフライ (阿佐ヶ谷)

R0006094002

最近嵌っているものの一つが車麩だ。子供の頃から麩が好きだった。口にしてジュッと出汁が溢れてくるところとか。車麩に出合ったのは、随分と大人になってからのことだが、特に昆布が利いた出汁を含んだそれは大好物。最近無性に食べたくなって、家で炊いたら、すっかり嵌ってしまったのだ。

それで思い出したのが、Café Spileの車麩のフライ。店の人気メニューだし、美味しいですよと食べた方からもお勧めされていたもの。思いついたら吉日。店へ向かおう。ちょうどオープンの時間だ。

一番客だと思っていたが、目の前を歩いていた人が店の扉に手をかける。あなたもそうでしたか。人気店だから、その後続々と客が続いて、12時10分を過ぎると満席で断られる方も。人気は相変わらずらしい。

しばらくして、車麩のフライが届いた。衣が細やかで見るからにサクサク。さてと一つ持ち上げてバクリ。なるほど、中はもっちりなんだ。下味が美味いし、これをカリッと軽やかに揚げているところも好い。以前頂いたカキフライやサーモンフライよりも好きかもしれない。

フライに添えられたサラダもふんだんだし、青菜や人参などの卯の花に南瓜サラダと野菜がたっぷり。とろみのあるかきたまスープも温まって好い。すっかり久しぶりになってしまったが、やはり料理が美味しい。ランチにはデザートやドリンクをセットにすることも出来て、ゆっくりされる方も多い様子。ポークソテー蜂蜜トマトソースなんかも気になるなぁ。

【お店情報】
Café Spile 阿佐谷南3-4-22 地図

| | コメント (0)

2023年1月23日

Aola たらの白子と里芋のグラタン定食 (荻窪)

R0005989001

今年初のAola。ボリューム満点のサンドイッチが美味しい店だが、昨年の終わりごろからランチタイムに定食を始めて、こちらもすっかりと気に入ってしまった。冬らしい寒さだから、シチューやグラタンなんかがあるといいなぁ。なければ、宿題にしている新しいオムレツサンドをいただこうと思って来た。

今日の定食メニューを見ると、なんとグラタンがある。しかも、たらの白子と里芋なんて、絶対に美味いやつ。待っている間に、先客のグラタンが出来上がり。ちらっと見えた焼き色のそそること。「わぁ~おいしそう」なんて声が聞こえてきて、もう堪らない。

さて、自分のグラタンがやって来た。見た目だけでなく香りにも誘われる。スプーンを入れると、先ず表れたのは里芋。ほくほくねっとりのやわらかさも美味しい。次には白子。口にするととろりととろけて、口いっぱいに広がる旨味。どこにスプーンを入れても、具に当たるという具のたっぷりさも大好きだ。

スープにサラダ、オムレツ、ご飯と漬物がセット。大満足だが、他の方が注文したオムレツサンドやカキフライサンドもやっぱり気になる。そうか、グラタン単品とサンドイッチのハーフという方法もあるか。いずれにしても、楽しみが増えて、益々足が向く機会が増えそうな予感。

【お店情報】
Aola 杉並区天沼3-30-41 地図

| | コメント (0)

2023年1月10日

ストラーダ 煮込みハンバーグシチュー (荻窪)

R0005789001

食べたいのは、どうしたってハンバーグ。けれどもこの寒さ。温まるものもほしい。そんな都合のいいもの、どこかにないかと考えていたら閃いた。カフェストラーダに、煮込みハンバーグシチューがあったじゃないか。

ストラーダは、カフェと名乗っているが、老舗洋食店から独立したお父さんと、バリスタの息子さんが営む店。だから、コーヒーだけでなく、洋食メニューも豊富で旨いのだ。

それに、目当ての煮込みハンバーグシチューは、小鍋でクツクツと熱々の状態で運ばれてくるところが先ず素敵。湧いている状態を見るだけで、もう温まりそう。ハンバーグの他、ブロッコリーや人参、じゃがいものなどの野菜が、深い色合いのブラウンソースに浸かっている。

湯気が少し落ち着いて来たところで、ハンバーグにスプーンを入れると、もわっと上がる湯気とともに、空腹を刺激する牛肉やナツメグなどの香りが溢れ出す。堪らずハフッと頬張ると、熱さに一瞬怯んだが、程良い肉感とソースのコク味とほろ苦さが何とも好い。食べている間、ずっと温かくてほくほく。これからの季節、温かさは正義だ。

セットのドリンクは、単なるコーヒーではなく、エスプレッソやカフェラテなども選択可で、自分はすっかりカフェラテのファン。季節限定のチキンクリームコロッケも、とても気になるし、近いうちにまた。

【お店情報】
CAFFE STRADA 荻窪4-21-19 荻窪スカイハイツ1F 地図

| | コメント (0)

2023年1月 9日

オーベルジュ・アンドラ・モンターニュ (南魚沼)

R0005519003

安心感のある美味しさと、新しい驚きと。

アンドラを訪ねるようになって、14回目の年末。すっかり馴染んだ場所だが、年によって天気も違ってヒヤヒヤすることも。年末はご存知のとおり雪が多くて、新幹線は通常運行だが、上越線が運休になる直前に滑り込み。オーベルジュの前も、見事な雪模様。

続きを読む "オーベルジュ・アンドラ・モンターニュ (南魚沼)"

| | コメント (0)

2023年1月 6日

ぷちぽわ サーモンのソテー (荻窪)

R0005736001

鍋やポトフを求めて荻窪へ向かったが、生憎どちらも、ランチタイムは10日からの営業とのこと。そろそろ今日ぐらいなら開いているかと思っていたが、カレンダーを見ると、サラリーマン向けの店や個人の店なら、なるほどというところ。

それならと向かったのが、荻窪駅の南側にあるビストロぷちぽわ。丁寧に作られた洋風料理が旨い店。ランチメニューは、定番のビーフシチューと、日替わりの肉料理と魚料理。ビーフシチューも好いけれど、サーモンソテーの色鮮やかな一皿を想像してドアを開ける。

先ず運ばれてくるのは、サラダとスープ。葉野菜のシャキシャキした食感と、おそらく自家製だろうドレッシングの美味しさに改めてウキウキする。一方のスープは、透明感のあるやさしい旨味と香り。喉を通って胃に入ると、ポッと身体が温まる。

届いたサーモンは、「わっ」と声が漏れそうな美しさ。鮮やかなトマトソースに、ブロッコリーや薩摩芋、人参、茄子、きのこなどの彩り野菜。トマトソースは瑞々しく、ケッパーが利かせてあって、ふっくらと脂の乗ったサーモンに、爽やかなアクセント。

静かだった店内も、12時を回って暫くすると、続々と客が来る。皆、なんとなく地元の旨い洋食屋に来るような、ニコニコとした雰囲気なのが感じ好い。壁には、夜のメニューが掛けられているが、メニューにも値段にもずっと興味津々。今年こそ。

【お店情報】
ビストロぷちぽわ 荻窪5-23-7 加藤ビル1F 地図

| | コメント (0)

2022年12月22日

蜂の子 カキフライ (築地)

R0005403001

今日は絶対に、蜂の子でカキフライを食べようとやって来た。10月に入って、2度訪ねたが、2度とも臨時休業。今日こそは3度目の正直なるか、はたまた2度あることは…となるか。さてどうだ。

店へと向かう路地に入ると、先に店への入っていく人の姿。店頭には、メニューを知らせる看板も出ている。やった、今日は入れそうだ。ここのカキフライを食べずして、年は越せないと思っていたんだ。

ちょうど開店と同時に入った方と入れ違いのタイミング。一人用のカウンター席を貰って、お水を運んでいただいたところで、即注文。今日の日替わりが何だったか、隣の方の注文が届いて知ったくらいに一目散。

先ずは届くのはスープ。ほうれん草だったり、ブロッコリーだったりの緑のポタージュが多いが、今日は同じ緑でも九条ネギ。葱の香りや内側のぬめりも感じられて、誠実な味わい。

そして、お待ちかねのカキフライは、寒さが増していたからか、思わず「おぉ」っと声を漏れる大きさ。長さも厚みも充実していて、持ち上げるとずっしり重い。それに揚げた衣の香りの芳しいこと。

堪らず齧り付くと、軽やかでサクサクの衣としっかりと食べ応えのある身の厚みと旨味。これらが交じり合って、噛むほどに口いっぱいに広がる香りと味。そのままでも好いし、レモンを絞っても好し。そして、牡蠣殻にたっぷりと装われたタルタルソースは、仄甘く、所々で玉葱やピクルスの食感と、その後に広がる風味が好きだ。

はぁ、大満足。来られてよかった。今日は大女将のお姿もあって何より。これからが冬本番。年が明けてもっと牡蠣が肥えてくるのが楽しみだ。

【お店情報】
築地 蜂の子 築地1-5-8 地図

| | コメント (0)

2022年12月20日

Aola 今日のランチ (荻窪)

R0005380001

今年出会って、すっかりファンになった店といえば、Aolaもその一つ。荻窪にあるサンドイッチの専門店で、夜にはクラフトビールやワインで、つまみも楽しめる店。オープン当初は、冷製のサンドイッチのみだったが、ホットサンドの提供を始め、最近、ランチタイムに定食を始めたそうだ。しかも、グラタンだったり、ラザニアだったり、トリッパの煮込みだったり。絶対好きに違いない。

オムレツサンドが新しくなって、それを頂くつもりだったのに、ワクワクする新展開。行く前から悩んでいても仕方ないから、今日のメニューを見て、何を食べようか考えようとやって来た。

メニューを貰うと、今日の定食は、白子と旬野菜のクリーム煮と、チキンのスパイスカレーの2種類。はぁ、悩む。特に白子のクリーム煮なんて、絶対ワインが欲しくなりそう。けれどもやっぱり気になるから、食べたい気持ちに正直に、クリーム煮をお願い。

しばらくして定食が届く。クリーム煮の他、スープにサラダ、オムレツにパン、リンゴまでがついた充実ぶり。クリーム煮は、注文が入ってからソースと白子や野菜を合わせる出来立てで、味わいも瑞々しく綺麗。白子は口にするとプチッと弾けて、濃厚な味わいがとろり。ほうれん草や芽キャベツなど、冬野菜の個性もあって、ワインが欲しくなるが大満足。ミネストローネも具沢山で、旨味とトマトの酸味がとても好い。

サンドイッチだけでもファンなのに、それとは別にこの定食を食べに来たい。来年は、益々うかがう頻度が増えそうな予感。

【お店情報】
Aola 天沼3-30-41 地図

| | コメント (0)

2022年12月15日

ツバキ亭 本日の日替わり (荻窪)

R0005325002

今日は一番の寒さを聞いていたけれど、外に出てみると、覚悟していただから
だろうか、そうでもない。これなら、温かいものというよりも、食べたいもの、行きたい店。それなら最近繁盛過ぎて、振られてばかりのツバキ亭。ハンバーグやフライなどが人気の洋食店だ。

階段を上って店に着くと、やはり満席。けれども待っている人は一人。回転の早いこの店なら、きっとすぐに席が空くだろうと待っていると、5分せずとも席が空いた。

待っている間に注文したのは、日替わりの「真鱈のフリット」。ハンバーグのつもりで来たが、店の方の「生姜がお好きなら、とてもおすすめですよ」という声に惹かれて。生姜と焼き葱のあんかけがかかっているそうだが、さてどんなだろう。

「お待たせしました~」と運ばれてきた皿は、相変わらずこんもり。厚みのある立派な鱈のフリットに、ゴロゴロと生姜や焼き葱、玉葱などが入ったあんかけ。奥には、千切りキャベツに白スパと、洋食らしさがてんこ盛り。サクサクっとした軽い衣とあっさりした鱈に、生姜の風味がグッと利いたあんがとても良く合う。メニューには、「ぽっかぽかあんかけ」と書いてあったが、本当にぽっかぽか。

会計をしていると、「お口に合いましたか?」とニッコリ。相変わらずの接客の素晴らしさ。ツバキ亭は、今年いっぱいで移転。けれども、移転先は徒歩2分ほどの近さ。しかも、店舗が広くなるそうで、入りやすくなるといいなぁ。来年もお世話になります。

【お店情報】
洋食 ツバキ亭 上荻1-6-12 2F 地図

| | コメント (0)

2022年12月13日

ひゃっかみつ Hyaccamitsuのまかないドリア (阿佐ヶ谷)

R0005290002

雨が降って、真冬のような寒さ。こんな日なら、近くの町蕎麦で、カレー南蛮なんてどうだろうと思い立つ。雨も止んできた頃、店前まで向かうと、嗚呼しまった。定休日か。気持ちはすっかり温まるものを迎える気分。どこか代わりになりそうなもの…と思い出したのが、ひゃっかみつのまかないドリアだ。

阿佐ヶ谷の北口、8月下旬にオープンしたカフェ。キャンドルレッスンなども開いている洒落たカフェだが、牛タンシチューや件のドリア、夜には軽く料理を食べながら飲むことが出来る店として記憶していたところだ。

続きを読む "ひゃっかみつ Hyaccamitsuのまかないドリア (阿佐ヶ谷)"

| | コメント (0)

2022年12月 6日

ぷちぽわ ビーフシチュー (荻窪)

R0005219002

今日も小雨交じりで真冬の寒さ。こういう日なら、やっぱり鍋で温まりたい。この界隈で確実に鍋のランチがあるといえば、源氏だ。日替わりのランチメニューに、日替わりの鍋料理があって、すき焼きや、鶏鍋、ときには鮟鱇鍋などが出たりして、楽しみにしているランチの一つだ。

店の前で今日のメニューを確認すると、今日の鍋は鰻の柳川鍋とある。旨そうだと思うものの、今日食べたい鍋のイメージとは少し違うかもなぁ。それならと、並びにあるぷちぽわを思い出す。こちらはビストロ。魚料理や肉料理のランチもあるが、いつもビーフシチューがメニューにある。熱々のシチューで温まるのもいいじゃないか。

続きを読む "ぷちぽわ ビーフシチュー (荻窪)"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧