2022年9月20日

らせん屋 若鶏のジンジャーソテー (阿佐ヶ谷)

R0004416001

少し肌寒いし温かいものをと、ある店に向かっている途中、あれ?火曜日は定休日ではなかったかと思い出し、念のためと店前まで来ると、やっぱり休み。この辺りで他の店といえば、まず思い浮かぶのがらせん屋だ。旨い洋風料理が気軽に食べられるから、昼に夜にと伺っている地元の人気店。

扉を開けると団体のお客様もいらっしゃって、かなりの盛況。テーブルが1卓だけ空いていて、そこに滑り込み。ここに来ると、豚しゃぶの山盛りサラダをいただくことが多いが、今日は、日替わりの肉料理を。ソテーや煮込み、ソースのアレンジも様々で、今日は若鶏のジンジャーソテー。

届いた料理は、相変わらず綺麗な盛り付け。それに、ナイフを入れると、パリッという音が聞こえそうな焼き目がそそる。頬張ると、皮目の香ばしさに続いて、生姜の爽快な香りがふわり。パンを選んだが、ご飯にも合いそうだ。ブロッコリーや人参の他、大根のソテーが付け合わせ。

食後には、セットのドリンクと、懐かしい小さいお菓子のサービス。来ると必ず、ビールやワインを片手に楽しんでいらっしゃる方がいるという雰囲気も好きなところ。もうしばらくしたら、牡蠣のグラタンも出てくるだろうし、これからが楽しみだ。

【お店情報】
らせん屋 阿佐ヶ谷店 阿佐谷北2-5-10 地図

| | コメント (0)

2022年9月13日

ぷちぽわ サーモンのムニエル (荻窪)

R0004330001

昨日のようなサンドイッチやうどんというよりも、メインの料理に、汁物や副菜などがセットになった定食的な料理た食べたい気分。それなら、思いつく店の多い荻窪駅の南側。駅を出て、あちことの店の今日のメニューを見ながら、流れ歩く。

そういえば、久しぶりにぷちぽわなんてどうだろうと、思いついた。丁寧に作られた洋風料理が旨い店。店前に出ているランチメユーを確認すると、豚フィレ肉のパン粉焼きに、サーモンのムニエル。美味しいサラダとスープがセットになっていることは重々承知。よし、ここだ。

店に入ると、カウンターは既に満席で、初めてのテーブル席。サーモンをお願いして暫くすると、サラダとスープが届く。自家製のドレッシングが美味しいサラダと、おやスープは冷製だ。見た目は寒い時期に頂いたものと同じだが、ひんやりとしてさっぱり軽い。スッと汗が引いていくよう。

届いたサーモンは、「わっ」と声が漏れそうな美しさ。鮮やかなトマトソースに、パプリカやブロッコリー、人参、茄子などの彩り野菜。トマトソースにはケッパーが利かせてあって、ふっくらと脂の乗ったサーモンに、爽やかなアクセント。

静かだった店内も、12時を回って暫くすると、続々と客が来る。皆、なんとなく地元の旨い洋食屋に来るような、ニコニコとした雰囲気なのが感じ好い。壁には、夜のメニューが掛けられているが、メニューにも値段にも興味津々。そのうちに。

【お店情報】
ビストロぷちぽわ 荻窪5-23-7 加藤ビル1F 地図

| | コメント (0)

2022年9月 6日

ハーマーズグリル デミグラスハンバーグ (阿佐ヶ谷)

R0004233002

どうしようもなく食べたかったのが目玉焼き。目玉焼きそのものが食べたいというよりも、崩しながら、他のものと混ぜて一緒に食べたいというイメージ。例えば、ガパオライスみたいな…と思うが、その気分でもない。カレーとか、あとはー、そうだハンバーグ。目玉焼きが乗ったハンバーグがある店を思い浮かべて、今日はあそこと狙いを定める。

阿佐ヶ谷南口から釣り堀へ向かう途中にあるハーマーズグリルだ。ステーキにハンバーグ、タンドリーチキンなど、ランチタイムも肉料理全面推し。特に、チーズが乗っている上にソースもチーズという、チーズハンバーグが人気で、確かに来るたびに、召し上がっている方を見かける。

けれども、今日の目当ては目玉焼き。目玉焼きに合わせるなら、チーズやおろしよりも、デミグラスソースだろうと、デミグラスハンバーグに、目玉焼きをお願いする。

「お待たせしました~」と届いた皿は、想像していた以上に、今日食べたいものにどんぴしゃり。ハンバーグとコクのありそうな濃い色のソース。その上に乗る目玉焼きの白と黄色が眩しい。奥には、たっぷりと添えられた野菜やピクルスなど。見ただけでもう絶対美味いやつ。

先ずハンバーグを一口。肉料理店らしい、肉の美味しいハンバーグ。やわらかすぎず、程良い肉感がとても好い。それに、コク味の中に仄かな酸味を感じるソース。そこに、目玉焼きを潰して、半熟の黄身を乗せて食べる贅沢感。幸せは、こういう身近なところにあるんだ。

スープとご飯のほか、「頂き物なんですけど」とマスカットのサービス。相変わらず、ランチライムから飲んでいる方がいらっしゃるというところも好きだ。

【お店情報】
Meat Kitchen HARMER's GRILL 阿佐谷南3-37-5エレガント阿佐ヶ谷 201 地図

| | コメント (0)

2022年9月 2日

紅矢 ビーフシチュー (阿佐ヶ谷)

R0004218001

暑かった昨日と打って変わっての涼しい日に、なんだか温かいもの欲しくなる。しかも、狙いすましたような雨と、午後一からの打ち合わせの予定。できるだけ雨に降られないところで、何かなかったっけ…とあれこれ思い巡らせていると、そういえば!と思い出したのが、紅矢。ビーフシチューがなかったっけ。

紅矢は、食品製造の会社が直営している、グラスフェッドビーフのステーキやハンバーグがリーズナブルにいただくことができる地元の人気店。メインのハンバーグやステーキが目立つメニューの下の方に、ビーフシチューが乗っていたことを思い出した。

生憎の天気だというのに、店内は、お客さんでいっぱい。一人や二人用のテーブルはほぼ満席で、1席空いていた1人用のテーブル席に滑り込み。ビーフシチューと、毎度おなじみの全然ミニではないミニサラダをお願いする。

しばらくして届いたビーフシチューにスプーンを入れて、驚いた。見た目には分からなかったが、牛肉がゴロゴロと。しかも、中々の大きさのもの。こんなに牛肉が入るビーフシチュー見たことない。牛肉はすね肉だろうか、スプーンを入れると、ほろりと解けるやわらかさ。これはご飯に合うかもしれない、とご飯にかけて食べてみると、これがまたよく合うのも好ましい。

店内は清潔で、お店の方も気持ちがいいところも好きだ。そしてリーズナブルと来れば、人気なのも納得。12時を過ぎると、今日もほぼ満席。

【お店情報】
紅矢 阿佐ヶ谷店 阿佐谷南1-12-5 レミントンハウス阿佐ヶ谷 地図

| | コメント (0)

2022年9月 1日

銀座スイス ハンバーグと日替わり一品 (銀座)

R0004213001

今日は、どうしたって洋食の気分。在宅勤務よりも、出社したときのほうが、断然洋食熱が満たされる。銀座にも数軒、京橋や築地まで視野に入れると、どこに行こうか悩ましい。フライにタルタルソースも食べたいし、ハンバーグやポークソテーなんかもいい。オムレツがあったら最高!そうなると、銀座スイスを覗きに行こう。

オムレツとフライのランチがあればいいなと思って来たが、生憎、今日は、ハンバーグのランチかミックスフライの日のようだ。それぞれ内容は日替わり。ハンバーグにつく日替わりメニューは、ポークとチキンのソテー。フライも魅力的だが、一品のはずなのに二品という、食いしん坊ホイホイに、ついつい惹かれてしまった。

先ず、お馴染みのあさりとベーコンのポタージュが届いて、メインの料理が届く。一つの皿にハンバーグとポークソテー、チキンソテーが折り重なるように所狭しと並んでいる。こういうの、わくわくする。ハンバーグは、そそる焼き目に、肉々しいが口の中でほどける感じが、いかにも洋食店らしい正統派。

ソテーも、ポークとチキンと少しずつ味や食べ心地が異なって、欲張った甲斐があったというもの。柔らかく細いキャベツの千切りや彩りのトマト、マカロニサラダが脇に控えているところも抜かりなし。それに、あさりとベーコンのポタージュも滑らかで優しい味わい。

初めて窓側の席に通されたが、目の前のビルが取り壊されていて、銀座通りまでしっかりと見通せてびっくり。この辺りの景色も、変わっていくんだなぁ。

【お店情報】
銀座スイス 本店 銀座3-4-4 大倉別館2F 地図

| | コメント (0)

2022年8月30日

たつみ亭 ロースのソテーランチ (荻窪)

R0004172001

在宅勤務が続くようになって、ずっと気になっていた店がある。荻窪のあるたつみ亭だ。荻窪駅の西口を出てすぐの商店街。ズズイと歩いて、白山神社の前にあるとんかつ店。創業して50年と聞くが、街に馴染んでいて、ランチメニューを見るとリーズナブル。街のとんかつ店として人気だそうだ。

とんかつ店に伺って、とんかつを食べないというのは申し訳ないと思いつつ、お願いするのは、ランチメニューの一つ、ロースのソテー。カウンターで調理される様子を拝見したかったが、生憎テーブル席へ案内。けれども、ここからしか見えない景色もあるというもの。冷蔵庫に食パンがたくさん入っていて、あれ?カツサンドがあったっけ?と思ったが、フライに使うためのパン粉用の食パンらしい。

そうこうしているうちに、料理が届く。ロースのソテーに、こんもりとした千切りキャベツ。ご飯と豚汁、漬物で一通り。ロースのソテーは、佇まいからして美しい。薄切りで中々にパンチのある味付けが決め手。とはいえ、肉の旨味もしっかりあって、程良く品よいご飯の友。細やかでふんわりとした千切りキャベツも素晴らしいし、熱々で、根菜と葱がたっぷりと入った豚汁も最高。それにご飯の旨いこと。

そして、清潔な店内と穏やかな接客も大変に気持ちがいい。こうなると、評判のとんかつも食べて見たくなってくる。

【お店情報】
とんかつ たつみ亭 上荻1-10-4 地図

| | コメント (2)

2022年8月24日

Cafeふうらい サラダランチ (荻窪)

R0004124001

そういえば、ここにもサラダランチがなかっただろうか、とやって来たのが、荻窪にあるCafeふうらい。駅前の賑やかな商店会からは、少し離れたところ。とはいっても、駅からは3分ほど。元々は、ランチにポトフがあることが気になっていた店。よく見ると、チキンサラダがメインとなったランチがあったことを思い出した。

続きを読む "Cafeふうらい サラダランチ (荻窪)"

| | コメント (0)

2022年8月 5日

らせん屋 旬野菜と豚しゃぶ肉の山盛り和風サラダ (阿佐ヶ谷)

R0003902001

どうしたって、豚しゃぶサラダの気分。好きなのだ、豚しゃぶサラダが。時々、無性に食べたくなる。在宅勤務ならば、荻窪の愛しのおにぎりの店にも、豚しゃぶサラダ+おにぎりの、好物のセットがあるが、阿佐ヶ谷も素晴らしい豚しゃぶサラダがある。それが、らせん屋の豚しゃぶサラダだ。

名物の仔羊のハンバーグも大好きだし、グラタンや日替わりのランチも好いが、この豚しゃぶサラダのファンだ。何がいいって、この圧倒的な存在感。大きな皿に、山のように装われた豚しゃぶとサラダ。色鮮やで目にも食欲を誘うところも素敵だし、季節によって野菜が違うところも好い。今日なら、オクラや茗荷に玉蜀黍。特に、玉蜀黍を齧ったときの仄かに香る香ばしさと、シャキッとした食感、瑞々しさ。それと甘さに夏を想う。

ドレッシングもバルサミコ酢ベースのものに加えて、豚しゃぶらしく和風の胡麻ドレッシングも忍ばせてあって、味わいも豊か。山盛りでも食べ飽きることのがないというのも魅力だ。パン又はライス、食後のドリンクがセット。

隣のテーブルでは、ワインを片手に愉しそうなご夫婦。元々週末の昼に、グランドメニューとワインを愉しみに来ていた店だから、その気持ちすごく分かる。久しぶりに飲みにも来たいなぁ。

【お店情報】
らせん屋 阿佐ヶ谷店 阿佐谷北2-5-10 地図

| | コメント (0)

2022年7月11日

ツバキ亭 本日の日替わり (荻窪)

R0003593005

今日は荻窪駅の北口方面。少し久しぶりのお店を2つほど頭に入れて、どちらの店へ行こうと悩みながら、青梅街道までやって来た。向こう側へ渡る信号の緑がちょうど点滅しだしたタイミング。

暫く待つ時間があるから、すぐ裏手の路地にあるツバキ亭の日替わりでも覗いてみようなどと気が向いて、路地裏に入ってみると、日替わりが「鶏モモ肉のスパイシートマト煮込み」とある。ツバキ亭は、気軽な洋食屋で、ランチタイムなら、ハンバーグや生姜焼き、フライが人気で定番。そういえば、トマト煮込みって食べたことがないなぁと考えたら、どうしようもなく気になってしまって、そのまま店へと続く階段を上っていた。

ランチタイムも大人気。今日もテーブル席は空いていたが、しばらく待つとカウンター席が空くようで少しだけお待ち下さいとのこと。その間にも注文を聞いてくれるし、回転も速いから、待つのも全く気にならない。

ご飯と味噌汁に続いて、メインの料理が届く。たっぷりとソースのかかった鶏肉に、こちらもたっぷりの千切りキャベツと白スパ。よかったら、とハバネロソースも出していただいたが、トマトソースには、唐辛子が入っていて、このままでもすっきりと爽快な気持ちのいい辛さ。そして、このソースが千切りキャベツや白スパだけでなく、ご飯にもよく合って、さすが洋食というところ。

会計をすると、おつりと共に、手にひんやりとした感触が。何かと見ると、手の平には、冷えた小さなゼリー。小さなチョコレートなどをいただくことがあるが、この冷たさは、きっと心遣いの一つ。気持ちの良い接客に活気、そして美味い料理とくれば、何度だって来たくなる。

【お店情報】
洋食 ツバキ亭 上荻1-6-12 2F 地図

| | コメント (0)

2022年6月21日

ヴォージュ チーズのせハンバーグ コロッケ添え (銀座)

R0003330002

いくつか行きたい店、食べたいものを思い浮かべながらの出勤。アジフライもいいし、この季節ならいわし天婦羅もいい。それに、このエリアなら玉子サンドも数種類。昼前にInstagramを見たところ、ヴォージュの今日のランチに、チーズのせハンバーグを発見。しかも、コロッケ添えと書いてある。相変わらず、魅力的でワンパクなランチ。満腹覚悟で店へ向かう。

もしかしたら満席かもなと店に入ると、カウンターに1席だけ空席があり、滑り込みセーフ。後からも続々と客が来る相変わらずの人気ぶり。皆、食べるのが好きという雰囲気も、とても好きだ。

「おまたせしました~」と皿が届く。皿の上には、確かにチーズが乗ったハンバーグと、その隣にはコロッケ。けれども、ハンバーグも厚みのある立派なものにもかかわらず、コロッケは更にデカイ。これ、全然「添え」ではないぞ。ハハハッ。

気を取り直して、先ずはハンバーグ。ナイフを入れるとチーズがビローンと伸びる。噛みしめると、みっちりと肉々しくて、旨味も食べ応えもたっぷり。そしてコロッケ。とろりとやわらかく仕上げたじゃがいもの中から、人参や空豆がゴロッと出てくるところがヴォージュらしい。きのこが入ったデミグラスソースが、ハンバーグやコロッケだけでなく、千切りキャベツやご飯とも好い相性で、結局ペロリ。

食後にコーヒーをいただいて至極満足。いろいろ迷ったけれど、今日はここに来て正解。

【お店情報】
Bistro Vosges 銀座5-4-15 西五ビル 7F 地図

| | コメント (0)

より以前の記事一覧