2020年3月31日

ドブロ 牛ほほ肉の赤ワイン煮 (京橋)

R0010911002_20200331215501

昼を食べた後、最近何度かサカキの前を通ったが、行列がない。ここまでもそうかと、今日来てみれば、いつもよりやや短いが、行列があって、なんだかホッとする。その流れで、やって来たのは、ドブロ。クロアチア料理店で、ランチタイムは、ボリューム満点の洋風メニューがズラリと並ぶ。メカジキのステーキや、鮪のレアカツ&エビフライ、サーモンソテー、若鶏のコンフィなど。

今日は、これまで頂いていないものをと、10種類ほどあるメニューの中から、牛ほほ肉の赤ワイン煮(1,200円)を。肉料理の定番で人気のメニューだそうだ。

スープに続いて、彩りも賑やかな皿が届いた。つやつやとしたソースを纏った牛ほほ肉に、黄色いガーリックライス、ポテトサラダに葉野菜のサラダ。それにしても、牛ほほ肉の立派なこと。けれども、ナイフを入れると、ほろほろと簡単にほぐれる柔らかさ。コックリとした味わいに、ガーリックライスの芳ばしさと風味がよく合うこと。

まだまだ食べたいメニューはあるし、もう一度食べたいメニューもある。そして、一人ビールからの白ワインを召し上がっていた方が羨ましくて仕方がない。

【お店情報】
ドブロ 京橋2-6-14 日立第六ビル 1F 地図

| | コメント (0)

2020年3月26日

十勝屋 十勝屋特製ハンバーグ (銀座)

R0010878001

先日、コリドー街を歩いていたら、十勝屋でランチの営業が始まったことを知る。もう10年以上前になるだろうか。一度、何かの2次会でやって来た記憶がある。北海道・十勝の食材をメインに扱う店。ランチメニューには、十勝名物の豚丼や、牛トロフレークを使った牛トロ丼などが並ぶ。

メニューを見て、一番気になったのがハンバーグ(1,380円)。コロンと丸くて、つやつやのデミグラスソースがかかって蠱惑的。ハンバーグが食べたくなったら、来てみようと思っていたのだ。

セットのサラダとスープに続いて、ハンバーグがやって来た。小判型ではなく、写真でみたとおりのたっぷりと厚みのあるハンバーグ。ナイフを入れると、ジュワリと肉汁が出るが、口にしてみると、みっちりとして肉々しい食べ応えのあるハンバーグ。付け合わせは、さやえんどうに、人参のグラッセ、バターの風味豊かなマッシュポテト。

他には、ビーフシチューや、日替わりのパスタ、素揚げ野菜とザンギが乗る丼と計6種類(980円~)。全品、サラダ、スープ付き。

【お店情報】
十勝屋 銀座6-2先コリドー街 地図

| | コメント (0)

2020年3月24日

JSレネップ 平日限定ランチ (有楽町)

R0010857002

先日頂いた限定ランチがとてもよかったから、またとやって来たのはJSレネップ。3月の火曜・水曜限定のランチだから、今日、明日でお仕舞い。

ランチメニューは8種類。けれども少しメニューが変わっている。前回気になっていたグーラッシュや、ミートローフグリルはそのままに、自慢のソーセージのオーブングリル(1,000円)が加わっている。前回もソーセージ(4種類の盛り合わせ)を頂いたが、やはり好物。お願いせずにはいられない。

「鉄板が熱くなっておりますので、お気をつけ下さい」とやって来たソーセージグリルは、これまたボリューム満点。太さや長さの異なる3種類のソーセージに、チーズ。下には、これまたたっぷりとマッシュポテトが敷かれている。何より、チーズとスパイシーなソースの香りがそそること。ここに足りないのはビールだけだ。

前菜、スープ、ドイツパン3種類と、食後のドリンク付き。前に伺った時よりも、明らかに客が増えていて、しかも多くがリピーターの方のよう。この内容でしかも旨い。自分もそうだが、そりゃ、また来たくなるというものだ。平日ランチは、明日が最終日。そのうちに、また、やってくれないだろうか。

【お店情報】
JSレネップ 有楽町2-1-8 JR高架下 地図

| | コメント (0)

2020年3月17日

日東コーナー ロールキャベツ トマトソース (銀座)

R0010779002

昼だと外に出たら、想像していた以上に空気が冷たい。うん、今日は温まるものがいいなぁ。それで思い出したのが、日東コーナーのロールキャベツだ。少々遠いが、行けなくもないことが分かって、近々伺いたいと思っていたところ。

以前は歌舞伎座の近くにあって、数年前に京橋公園そばに移転。天井が高く、洒落たカフェのような雰囲気。ベビーカーでも入店可という優しい造り。

ランチメニューは、目当てのロールキャベツ(1,150円)に、今週からスタートというローストビーフ丼と焼きチーズカレーの3種類。カレーは隔週。翌週は、代わりにハヤシライスが出るそうだ。

ロールキャベツは、スキレットで熱々の状態で運ばれてくる。2つ入るロールキャベツは、ソースが染みて、見るからによく煮込まれていそうだ。さてと、とナイフを入れると、キャベツはとろとろ。落ちないように気をつけながら口に運ぶと、キャベツはもちろん、中身もしっとり柔らかで、ほろほろと溶ける。トマトソースというよりも、デミグラスソースに近い濃厚ソースは、ロールキャベツはもちろんのこと、ご飯に殊の外合う。

サラダ、スープがセットで、サラダとライスはお代わり自由。消毒用アルコールを染み込ませたおしぼりの他、手が乾燥するようならハンドクリームも用意がありますと気遣い満点。来週、再来週辺りなら、京橋公園の桜も見ごろだろうか。

【お店情報】
日東コーナー 銀座1-27-10 ザアソシエイトビル1F 地図

| | コメント (0)

2020年3月16日

ヴォージュ 鶏もも肉 ひき肉と野菜詰め (銀座)


R0010756001_20200317080401

久しぶりのヴォージュへ行こうと思い立つ。銀座5丁目のビルの7階。気前の好い盛りの洋食ランチが人気の繁盛店。メニューは日替わりで、パスタとオムレツカレー、肉料理(希に魚)の3種類(1,000円)。伺うときは、大抵肉料理で、今日は、鶏もも肉 挽肉と野菜詰詰めというので、それを。

運ばれてきた料理は、相変わらずボリューム満点。ゴロンゴロンと大きな塊が二つに、野菜にショートパスタ。件の塊は、確かに鶏肉に挽肉やら野菜が詰められたものだが、一番外側にはキャベツが巻いてあって、ロールキャベツのようにも見える。何料理というよりも、いつも個性的で創造性が豊かで、ヴォージュの料理になっているところも好きだ。もも肉に挽肉、菜の花などの野菜の複雑な彩りと味わいに、さっぱりしたトマトソースがなんとも春っぽい。

スープにコーヒーがセット。空いている飲食店も多い中、カウンターまで満席の盛況ぶり。皆明るくよく食べて、そういう店の雰囲気も好きだ。今度は久しぶりにならないうちに。

【お店情報】
Bistro Vosges 銀座5-4-15 西五ビル7F 地図

| | コメント (0)

2020年3月 9日

蜂の子 カキフライ (築地)

R0010684001

そろそろカキフライが終わるかもしれないと、蜂の子に来る。好きなカキフライの一つがここ。カキフライだけはなく、リーズナブルな洋食が人気で、行列の出来る繁盛店。けれども、今日伺うと随分と余裕がある。

テーブルに置かれたメニューに、まだカキフライ(1,600円)があるのを確認して一安心。お願いするとすぐに運んでくれるスープは、菜の花と新じゃがのポタージュ。綺麗な若草色に、すぐそこまで来ている春を想う。

さて、カキフライ。食欲を駆り立てるキツネ色の山と、その横に牡蠣殻にたっぷりと入った自家製のタルタルソース。それにしても、さすが3月。丸々と胴回りも立派なカキフライ。フライを口に入り切らないほどの立派なふくよかさ。

齧り付くと、軽やかでサクサクの衣と身の旨味とエキスが交じり合って、口いっぱいに広がる香りと旨味。そのままでも好いし、レモンを絞っても好し。そして、タルタルソースは、仄甘く、所々で玉葱やピクルスの食感と、その後に広がる風味が好きだ。

今シーズンもごちそうさまでした。後は、あそこにそこ。悔いの残らないように。

【お店情報】
築地 蜂の子 築地1-5-8 地図

| | コメント (0)

2020年2月26日

銀座スイス カキフライ (銀座)

R0010551001

今週で2月も終わり。カキフライの季節も第4コーナーだなんて思うと、なんだか気持ちが急いてくる。今日は午後一で打ち合わせだというのに、どうしてもカキフライの気分。それも、洋食のカキフライ。それで、銀座スイスへ足を向けた。

戦後間もなく創業した洋食店。有名なカツカレーを始めとして、想像する洋食がズラリと並ぶ。オムレツに生姜焼きやヒレカツなどがセットになった曜日替わりのランチも好きだし、カキフライも好物だ。

カキフライは2ケ付きの小さいサイズもあるが、いつも、レギュラーサイズの5ケ付き(1,600円)。こんもりと立体的に盛り付けられてやって来るのが特長の一つだ。高温でカラリと揚げられ、目にも、香りも食欲を誘うキツネ色。ナイフを入れると、牡蠣のエキスがジュルリと溢れる瑞々しさ。それと、生まれた海が想像できる牡蠣の透明感が好きだ。

そこに、衣の芳ばしさや食感、香りが相混ざって、縦に横にと膨らむ旨味。レモンやタルタルも好いが、最近は、そのまま頂くのが一番好きだ。

カキフライの周りを彩る付け合わせのサラダのドレッシングの品の良さや、トマト味のペンネに浅利が混じっていたりするところも、洋食店らしくて好ましい。

さて、メニューから消える前に、そこにあそこ。それにしても、時が経つのが早いこと。

【お店情報】
銀座スイス 銀座3-5-16 地図

| | コメント (2)

2020年2月25日

陶カフェ ゴロゴロお肉のビーフシチュー (銀座)

R0010539001

先週、泰明庵の帰りだったか、辺りの裏路地を徘徊していたところ、陶カフェの店前の提灯に灯がついているのが見えた。「あれ?昼の営業、再開したんだ」と近づいてみると、ランチメニューとして、「ゴロゴロお肉のビーフシチュー」(1,000円)という看板。これは久しぶりに伺わなくてはと思っていたところ。

泰明小学校前から泰明庵へと向かう道の裏路地。今は、ロールキャベツの四馬路のある通りと云うほうが通りが良いだろうか。以前は蕎麦、その前は有機野菜をたっぷりと使った日替わりランチを頂いたことがある。

久しぶりに扉を開けると、ママが変わりないふんわりとした調子で「いらっしゃい」と迎えてくれた。カウンター6席のみの小体な店。入った時は客はいなかったが、続々といらっしゃって、あっという間に満席に。聞けば、「やっと入れた」「今日は入れた」のだそう。今日こんなにスムーズに入れたのは、ラッキーらしい。

しばらくして届いたのは、懐かしいたっぷりとしたサラダと、小鉢の蓮根のキンピラとパン。続いて、鍋に入ったビーフシチュー。なるほど、塊のお肉がゴロゴロだし、野菜もゴロゴロと大振り。しかも、スプーンを入れると、ほろほろと簡単にほぐれるほどにゆっくりじっくりと煮込まれていて、ソースもぽってり温かくて美味しい。

温かくて、ゆったりとした料理と雰囲気、それに、その雰囲気を体現したようなママに再会できたのが、とても嬉しい。また、お伺いできるチャンスを狙って。

【お店情報】
陶カフェ 銀座6-3-6 地図

| | コメント (0)

2020年2月10日

キッチンミユキ Today’s マカロニグラタン (銀座)

R0010176001_20200211080601

今朝の凍みる寒さに思い浮かんだのは、グラタンだ。「アツッ」とか言いながら、温かいものがぽってりと胃から温めてくれる感じ。欲しいのは、そんなもの。色々店を思い浮かべて、久しぶりにと向かったのは、キッチンミユキ。銀座7丁目の並木通り沿いにあるビルの4階。夜は別の名前で営業しているが、ランチタイムはこの名前。

続きを読む "キッチンミユキ Today’s マカロニグラタン (銀座)"

| | コメント (0)

2020年1月24日

TOKYO Mar Mare 濃厚ブイヤベース (八重洲)

R0010020001

たっぷり食べたい気もするし、汁物がほしい気分でもある。どこかピタッとくるランチはないだろうかと、あれやこれやと考える。なるほど、ビュッフェスタイルの店はいいかもしれないなぁ。量も好みどおり、スープなんかがあれば最高だ。

それで、やって来たのは、TOKYO Mar Mare。メイン料理に、サラダやスープ、ドリンクバーがセットになったランチが人気。メイン料理は、5種類ほど。週替わりのメニューのローストポークと悩んで、今日は、定番の濃厚ブイヤベース(1,100円)をお願いする。

濃厚というとおり、届けられると辺りが魚介の香りで一杯になる。そして、スープにもしっかりと香りと出汁が染みていて、汁物欲が満たされる。具もゴロゴロと。あさりにムール貝、烏賊に鱈。ワインが欲しくて仕方がない。

スープは、今日はかき玉。しかもふわふわの玉子がふんだんに入って、大満足。そうこうしているうちに、入口辺りに行列が出来始めた。さて、次の方に席を空けましょう。

【お店情報】
TOKYO Mar Mare 八重洲2-5-12 プレリー八重洲ビル1F 地図

| | コメント (0)

より以前の記事一覧