2024年3月29日

紅矢 ハンバーグ (阿佐ヶ谷)

R0010666001

昨日ハンバーグもいいかもと思ったし、今日は肉(29)の日だという話を耳にしたら、今日こそハンバーグじゃないかと気分が盛り上がる。一口にハンバーグと言っても、人気料理だから、いろんな店で出している。どこがいいかなぁ…と考えていると、そういえば、ハンバーグがウリの一つなのに、食べたことがない店があることを思い出した。

それが、紅矢。食品製造会社が直営している、グラスフェッドビーフのステーキやハンバーグがリーズナブルな人気店。けれども自分は、ステーキやビーフシチューばかりで、何となく申し訳ない気がしてくる。

ハンバーグは、ソースを4種類から選ぶことが出来て、定番的なトマトデミソースでお願いすると、程なく、ジュージューと音を立てて、鉄板に乗ったハンバーグが届く。ソースがたっぷりとかかっていて、鉄板の上でふつふつと沸いているのが何ともそそる。

ナイフを入れると、ジュワッ~と肉汁が溢れるタイプではなく、粗挽きで、肉を食べているようなハンバーグステーキタイプ。180gと書いてあるが、食べ応えも十分。ライスの大盛が無料だったり、ライスをサラダに変えてくれたりと、サービスも好いのは相変わらず。値上がりしたとはいえ、700円というのもお見事。

そして、この店が好きな理由は、店の方の気持ちの良さ。ニコニコハキハキとして、店全体の雰囲気がとても好い。12時を過ぎると、続々と客が来るのも、リーズナブルなだけではないと思うのだ。

【お店情報】
紅矢 阿佐ヶ谷店 阿佐谷南1-12-5 レミントンハウス阿佐ヶ谷 地図

| | コメント (0)

2024年3月25日

きょうのランチェ 春キャベツのロールキャベツ (荻窪)

R0010597001

今日はこの店に来る!と決めていた。定期的に期待と思わせてくれるきょうのランチェ。野菜をたっぷりと使った小鉢がたくさん付く定食が魅力的。それに、具沢山汁物メニューが定期的に出るのも気に入っていて、今日は、クラムチャウダーが目当て。

傘を差しながら店の前までやって来て、念のためメニューをと確認すると、記憶にあるものとは違っている。メニューは大抵週替わり。Instagramを見るといつも火曜日にメニューが変わっていたから、今日まで変わらないと思ってけれど、改めてリールを確認したら、確かに今日から新メニューとの知らせがあった。よし、もう覚えたぞ。

目当てのクラムチャウダーはなくなっていたけれど、見れば、春キャベツのロールキャベツと、何ともそそるメニューがあって、今日はそれだとお願いする。

届いた料理は、ロールキャベツを中心に、ずらりと皿が勢揃い。サラダに肉じゃが、大根煮には、桜海老の餡がかかっていたり、トマトは酢漬けと春を思わせる味付けの料理がずらり。ロールキャベツはトマト煮込みで色合い鮮やか。春キャベツらしいやわらかいキャベツの中には、さっぱりとした軽い肉餡。この軽やかさと温かさが春らしさを想わせて、思わずにっこり。

今週のメニューには、ポークジンジャーもあって、こちらも気になるところ。メニューが変わるたびにチェックしたくなる店が出来て、本当にありがたい。

【お店情報】
きょうのランチェ 荻窪5-29-1(ZZYZX) 地図

| | コメント (0)

2024年3月19日

Aola 肉豆腐定食 (荻窪)

R0010572003

そろそろAolaへ行きたいと思うけれども、昨日サンドイッチを食べてしまった。ランチタイムは、特にサンドイッチがメインの店。けれども、ランチタイムには定食的なランチもあって、今日は肉豆腐と書いてある。肉豆腐かぁ。それもいいなぁとメニューをよく見ると、セットの料理に「ほたるいかの炊き込みごはん」と書いてある。これ、逃してはいけないやつだ。

店が開く直前に店に着いて、メニューを貰って即注文。我ながら楽しみすぎて、堪え性がないのが丸わかり。少しは落ち着いたらどうだと思うが、好きな店で好きな料理。気もそぞろになっても許してほしい。

「お待たせしました~」という声と共に、生姜の香りがふわりと届く。こっくりと色が染みた肉豆腐を中心に、炊き込みご飯にサラダ、玉子焼きと菜の花のお浸し、スープと春らしさがそこかしこ。気になっていた炊き込みごはんは、蛍烏賊の旨味と色を吸った春の色。生姜の香りに続いて、蛍烏賊の甘みや身全体を使うからこその旨味が広がって、口に運ぶたびに広がる幸せ。

メイン料理の肉豆腐は、出汁が染みたとろとろの玉ねぎと、その甘さが染み出た出汁を吸った豆腐や豚肉の旨いこと。それに、感激したのが玉子焼き。甘すぎず出汁過剰でもなく、おかずとして美味しい玉子焼き。これまた食べたいなぁ。

サンドイッチだけでもファンなのに、それとは別に定食も食べに来たい。伺うたびに好きになる。

【お店情報】
Aola 天沼3-30-41 地図

| | コメント (0)

2024年3月 4日

蜂の子 カキフライ (築地)

R0010445001

先日大行列で入れなかった蜂の子に再訪。いつもより、少し遅い時間だったけれども、それが良かったのか、ちょうど入れ替わりのタイミングで、待ってくる人はなくて、すぐに空席に通される。やっぱりタイミングってあるんだなぁ。

席に座ると、お店の方がランチメニューを通常メニューの方ではなく、なぜかカキフライだけが乗っている面を向けて置いていく。なんだかこちらの気持ちを見透かされているようで、恥ずかしいやら、うれしいやら。そうでなくても、カキフライをするのだけれど。

ランチセットのスープは、今日は九条ネギのポタージュ。これは初めてかも。春らしい萌黄色。口に含むと、葱のやさしい甘さの後に青い香りがふんわりと。

そして、目当てのカキフライがやって来る。こんもりした盛り付けと、牡蠣殻に入ったタルタルソースは、今日も変わらない。そして、秋にいただいたよりも明らかに大きくて、胴回りも丸々とした立派なカキフライ。今シーズン出合った中でも一番の大きさ。

箸で摘まみ上げても頬張ると、牡蠣の身の旨味とエキスが、軽やかでサクサクと香ばしい衣が交じり合って、口いっぱいに広がる香りと旨味。それにしても、牡蠣の身の美味しいこと。だからこそ、そのままでも好いし、レモンを絞っても好し。そして、牡蠣の殻いっぱいに添えられるタルタルソースなら、自家製ピクルスの風味と食感がいいアクセント。たっぷりと付けて満腹至福、大満足。

嗚呼、やっぱりカキフライが大好きだと再認識。もう3月。あとどれだけのカキフライを食べられるだろうか。

【お店情報】
築地 蜂の子 築地1-5-8 地図

| | コメント (2)

2024年3月 1日

ツバキ亭 ハンバーグステーキ (荻窪)

R0010431002

外に出ると想像以上にぽかぽかとして、少し歩いてもいいなぁと荻窪まで。歩きながら、何が食べたいかな...と考えていると、思い浮かんだのがツバキ亭。ハンバーグやフライが人気の洋食店。日替わりにカキフライがあったら頼んじゃうなぁ。

12時前でも行列が出来ていることもあるが、今日はカウンターが1席空いていて、運よく滑り込み。聞けば、エビフライは既に売り切れ。確かに、隣の3人はみんなエビフライ。日替わりはロースカツかぁ。それなら、今日はハンバーグステーキだ。

カウンターの目の前は厨房で、ハンバーグをパンパンと成形するなど忙しそう。くるくると働く店の方に感心していると、「お待たせしました~」とハンバーグが届く。いかにも、ハンバーグステーキらしい焼き色と、たっぷりと敷かれた赤味のあるソースが印象的。しっかりした焼き色に硬派に見えるが、口にすると挽肉がほろりとやわらかい。肉汁が滴るものではなく、焼けた香りとよく練られた柔らかさというところが好い。

それに、このソース。添えられたスパゲティーにも素晴らしく合うし、トマトの仄かな酸味は、山盛りキャベツにも合う。若芽とかきたまの汁も旨い。こういう和食の汁物やご飯に合う洋食、大好きだ。そして、忙しい中でも、快活で気持ちの良い接客は見事。夜の洋食も気になっている。

【お店情報】
洋食ツバキ亭 上荻1-6-12 2F 地図

| | コメント (0)

2024年2月28日

朔月 トンテキ (銀座)

R0010425001_20240228205101

今日はどこへ行こうかと散々迷って、少し久しぶりのコクシネルへ向かう。遠目に見てもカウンターもテーブルも満席。一応店の方に声をかけてみると、やはり満席でテラス席なら案内できるとのこと。流石にこの時期のテラス席は寒いしなぁ…と考えて諦める。

ここから近いところでと岩戸に向かうと、こちらも長い行列。それなら三州屋はどうだと向かうも、こちらも店先にも人が待っている。う~ん、他にどこかあっただろうか。それならあそこはどうかと思いついたのは、朔月。鉄板焼きの店で、ランチタイムは、お好み焼きや、ビーフステーキ、ハンバーグ、しょうが焼きなどが楽しめる店。

こちらも人気の店。恐る恐る店に入ると、グループ用のテーブル席は賑やかだが、手前の一人用のカウンター席は空いている。一安心して、カウンターに置かれた品書きを確認すると、一度メニューから消えたトンテキが復活している。好きだったのだ、このトンテキ。それなら今日はこれを食べるしかない。

大きな器に装われるスープに、こちらもこんもりと盛りつけられたサラダに続いて、トンテキが続く。一人用の鉄板で運ばれてくると、テンションが上がってしまうのは、子供の頃の記憶のせいだろう。スパゲティーやハンバーグ、時には、薄かったがステーキ。母が、子供がワクワクそうな料理を、偶に鉄板に載せてくれたものだ。たっぷりのキャベツを従えたトンテキは、甘い脂身によく合う甘辛味。箸は止まらないし、ご飯もすすむ。

こちらも少し久しぶりだったが、居心地もいいしリーズナブルで、やはり好い店。最近はせいろ蒸しをいただくことが多かったが、トンテキの復活で次の注文を迷いそうだ。

【お店情報】
銀座朔月 銀座3-3-14 銀座グランディアⅡ 9F 地図

 【独り言】
7丁目の「いわた」が明日で閉店との情報に触れる。ちなみにランチは、2/2で既に終了したとのこと。おかあさん、皆さん、どうぞお元気で。

| | コメント (0)

2024年2月15日

ヤナギ 目玉付きハンバーグ (築地)

R0010297001

今日は蜂の子でカキフライを食べるんだと張り切って来たものの、路地を曲がると、店の外にも多くの人が並んでいるのが目に入る。少しくらいなら待ってもいいと思ったけれど、この人数が席に着くには、しばらく時間がかかりそう。

それならは、中村屋で今シーズン食べていない豚汁がないかと、入口横のホワイトボードを確認すると、鍋物類は並ぶものの、豚汁はなし。うーん、それならヤナギに行こう。こちらも新富町駅近くの人気の洋食店だが、とりあえず覗いてみるべし。

どうだろうかとドアを開けると、意外にも「どちらでもどうぞ」というほどに余裕のある店内。一人だしと空いていたカウンター席を貰って、何を食べようかと算段。先客は、オムライスにメンチカツをトッピングしたもの。久しぶりにオムドラとか、カボチャのはさみ揚げトッピングとか、考えるほどに夢が広がる。

結局お願いしたのは、目玉付きハンバーグ。悩んだら、ついつい玉子。それに、ここのハンバーグの美味しさを思い出して。ソースがたっぷりとかかったハンバーグは、細やかなミンチに玉葱がふんだんに入って、旨味たっぷり。素朴に見えるが、忠実な仕事ぶりが窺えて、口にすると、もうニッコリしてしまうやつ。玉子も一緒に頬張って、黄身をソースにするのも好い。

それに、添えられたレタスがシャキッと立つような感じや、ケチャップスパゲティーの炒め具合なども絶妙で、毎度目を見張る。それに、豆腐とわかめの味噌汁が落ち着くことこの上ない。

食べている間に続々と客がやって来て、店は忙しくなる。その中でも、帰り際にはニコニコと挨拶してくれる店の方の温かさ。店の雰囲気も料理に似て、とても優しい。

【お店情報】
レストランヤナギ 築地2-1-12 地図

| | コメント (0)

2024年2月 9日

紅矢 ビーフシチュー (阿佐ヶ谷)

R0010212001

雪が降ってから少し経つが、日陰にはまだ雪が残っているせいか、しんしんと冷えて、やたらと温まるものが恋しい。今日の気分は辛いものというよりも、こっくり美味しいシチューとか。それでやって来たのが紅矢。食品製造会社が直営している、グラスフェッドビーフのステーキやハンバーグがリーズナブルな人気店。

やはり、ステーキやハンバーグが人気だが、個人的に好きなのは、ステーキをパンで挟んだステーキサンドや、今日の目当てのビーフシチュー。

このビーフシチューの好きなところは、パッと見では分かりにくいが、牛肉と野菜がゴロゴロと。これほどたっぷりと牛肉が入るビーフシチュー見たことないというくらい。牛肉はすね肉だろうか、スプーンを入れると、ほろりと解けるやわらかさ。さらにとご飯との相性がバツグンというのも好ましい。

一人悦に入っていると、隣の方のカレーソースハンバーグが届いて、その香りに心を奪われる。それに大盛ご飯は完璧。鉄板の威力ってやっぱりすごい。湯気はごちそう。

【お店情報】
紅矢 阿佐ヶ谷店 阿佐谷南1-12-5 レミントンハウス阿佐ヶ谷 地図

| | コメント (0)

2024年2月 7日

瓜坊の定食屋さん エビグラタン定食 (荻窪)

R0010181001

そういえば、あの味噌汁を最近飲んでないぞ、といそいそとやって来たのが、瓜坊の定食屋さん。料理のカテゴリーに拘らない定食が、いつも8種類ほど。それに、美味い味噌汁と副菜の多さも魅力の店。

昨日や一昨日より暖かいけれど、グラタンが食べたくて、あるといいなぁと思っていたら、今日のメニューの中に「エビグラタン」がある。もう完璧。

グラタンなどが準備される一方で、玉子をかき混ぜているなぁと思っていると、厚焼き玉子が焼かれていく。今日の副菜に出てくるだろうかと、ほのかに期待したけれど、焼いた後は冷まして味を落ち着かせている様子。残念。これには少し早かったみたいだ。

そうこうしていると、グラタンの定食が届く。ふつふつと沸き立つグラタンに、俄然元気が湧いてくる。器の縁のソースがやや焦げているところから、スプーンを入れると、立ち上がる香りとのびるチーズにそそられる。立派な海老ではないけれど、風味と食感、それにそれらが染みたソースが美味しい。

副菜も、蕪の煮物や、もやしと木耳のナムル、小松菜のお浸しなど、相変わらずの充実ぶり。それにご飯と、大好きな味噌汁は、今日も余計なもののない綺麗な味わい。ここに来ると、胃と気持ちがほっとする。

【お店情報】
瓜坊の定食屋さん&お惣菜お弁当 荻窪5-7-11 地図

| | コメント (0)

2024年1月26日

ハーマーズグリル デミグラスハンバーグ (阿佐ヶ谷)

R0010086002_20240127045701

今日は何故だかどうしたってハンバーグ。しかも目玉焼きが乗ったやつ。いくつか思い浮かぶ店はあるけれど、向かったのはハーマーズグリル。阿佐ヶ谷駅の南口からから西へと延びる川端振興会にある肉バル。ランチメニューも、ハンバーグにステーキ、日替わりも肉推し。しかも、メイン料理だけでなく、サラダや付け合わせまで全部美味しいところが好きなところ。

ほぼ満席のカウンターの端に席を作っていただいて、滑り込み。相変わらずの人気。人気の要因は、接客の素晴らしさ。忙しい中でも、一人一人にこやかに声をかける。

届いたのは、皿一杯、高さもこんもりと料理が盛り付けられた一皿。先ずは、目玉焼きを崩さないようにハンバーグを切り分けて頬張ると、程よい肉感とスパイス、それに旨味たっぷりのデミグラスソース。しかも、牛肉の塊も入ってビーフシチューみたいな仕様でご飯との相性抜群。

そして、そろそろクライマックスと、箸でつつくととろりと流れる黄身。これとデミグラスソースとハンバーグに絡めて食べる贅沢感。はぁ、今日も大満足。

【お店情報】
Meat Kitchen HARMER's GRILL 阿佐谷南3-37-5 エレガント阿佐ヶ谷 201 地図

| | コメント (0)

より以前の記事一覧