2018年1月19日

TOKYO Mar Mare ポークソテー (八重洲)

R0002687003

今日は京橋エドグランあたりでと考えていたら、ランチを再開したTOKYO Mar Mareを思い出した。半田そうめんのランチをやめて、今は、メイン料理にサラダバー、ドリンクバー、スープがついたランチ(1,100)。前回はポークシチューを頂いたが、使い勝手が良かったのが印象的だ。

 

今日は、宿題にしているブイヤベースをと思っていたのに、「ポークソテー」を見てしまったら、ついつい厚切り豚肉好きの血が騒いでしまった。

 

サラダもスープも2回転めに入ったところで、ポークソテーがやって来た。期待どおりの厚切りの一枚肉。野菜に煮込みが添えられているのも嬉しい。サラダバーでは、ついつい玉子サラダを多く取ってしまうのも、お約束だ。人によって、バランスのよい人、トマトが半分くらい占める人等々、個性が出て、見ているのも中々に面白い。

 

それにしても、大盛況。半田そうめん贔屓としては寂しいところだが、この賑わいもよく分かる。次こそは、ブイヤベースを。

 

【お店情報】

TOKYO Mar Mare 八重洲2-5-12 プレリー八重洲ビル1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 5日

ぶーみんヴィノム ぶた焼き (京橋)

R0002531002

昨日が仕事初めだったけれども、昼前に取引先に挨拶に行ったところ、そのままランチという流れに。それで今日が、ある意味本当のランチ初め。どうぞ、今年もよろしくお願い致します。

 

さて、毎年そうだが、この時期には、どうしても野菜が食べたくなる。そして、今日は肉と野菜。野菜も火が入ったものがいいなと、銀座のある店に向かったが、生憎、今日はまだホリデーランチで目当てのメニューがない様子。それで、足を延ばして、やって来たのが、ぶーみんヴィノム。たっぷりの千切りキャベツの上に、焼いた豚肉がのったぶた焼きが目当て。

 

ぶた焼きは、いつもは3枚だが、今日は張り切って4枚(1,000)。それに、キャベツも大盛にしてもらったら、こんなにも、こんもりとわんぱくな感じに。一見生姜焼きのように見えるが、ベースの玉ねぎが下支えする酸味とニンニクの風味の旨味濃いタレで、豚肉にはもちろん、敷かれたキャベツとも相性バツグン。ぶた焼きなら1枚から、ご飯もなし(-50円)~100g毎にオーダーできるところも好い。

 

元々繁盛店ではあるが、まだ通常のランチを始めていない店もあるせいか、待つ人も出来る大盛況。隣の方は、豚軟骨入りのカレーにぶた焼きを乗せて、ライスは大盛というワイルドコンビネーション。働く人を支える元気を貰える昼飯処。

 

【お店情報】

ぶーみんヴィノム 東京スクエアガーデン 京橋3-1-1 東京スクエアガーデンB1 地図

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年12月24日

タンドタン (阿佐ヶ谷)

R0002038002

食事はもちろん、ちょっと一杯にも使える洋食店

続きを読む "タンドタン (阿佐ヶ谷)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月22日

レバンテ カキフライ (有楽町・丸の内)

R0002334001

今日はどうしたって、カキフライなのである。三州屋もあるし、先日美味しく頂いたスイスもある。ヤナギもご無沙汰だなぁ――と、あちらこちらのカキフライを思い出す。今日食べたいのは、そうだなぁ。あれだ、レバンテだ。 

ここのカキフライの素敵なところは、まず皿の上が美しい。美しく成形されたカキフライに、ドレスされた瑞々しいサラダに飾り切りされたレモン、皮が剥かれたトマト、色鮮やかなオレンジ。運ばれてくると、今日もついつい、「ほぉー」と声が零れてしまった。

 

そんなカキフライはナイフでカットしても、二つ抱き合わせた牡蠣が、綺麗に整列。軽やかで香ばしい衣と牡蠣の身の旨味とジュースが交じり合って、フライならではの美味しさを改めて思う。

 

そして、流石はビアレストラン。ここに来ると、必ずお見掛けするビール片手の人生の先輩方。羨ましい、あゝ、羨ましい。

 

【お店情報】

レバンテ 丸の内3-5-1 東京国際フォーラム(地下コンコース) 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月14日

京橋モルチェ カキドリア (京橋)

R0002249001

昨年リニューアルオープンした京橋モルチェ。昨シーズンの牡蠣料理と云えば、カキフライだけだったが、今シーズンはカキドリア(1,200)が登場。牡蠣にドリア。こんな寒い日に食べずして、何時食べるというのだ。

 

12時少し前に伺うと、大きなフロアだが随分と賑わっている。一人だと告げると、奥のカウンター席に。両隣りとも、古いモルチェの頃からいらっしゃっているとお見受けするご常連らしい先輩ばかり。このバックバーも初めて目にする。

 

サラダに続いて、10分ほどで、ドリアが運ばれてきた。「お熱くなっていますので、お気を付け下さい」という台詞も、欲を駆り立てて仕方がない。

 

色好い焼き目のベージュに身を委ねる牡蠣は5つ。火が入ってくっと凝縮した味わいと、周りに染み出した牡蠣の風味も麗しい。それに、ソースとチーズの焼けた香り、火傷しそうな熱もご馳走だ。

 

人気のハンバーグにカレー、カキフライと思い思いに好きなものを食べながら、にこやかな笑顔が沢山ある店は好い。

 

【お店情報】

京橋モルチェ 京橋2-2-1 京橋エドグランB1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 5日

銀座スイス カキフライ (銀座)

R0002175002

今週の牡蠣は銀座スイス。先日、店前を通りがかったところ、「カキフライ」と大きな文字の貼り紙が目に入って、そういえば、ここでカキフライを頂いたことがなかったなと思い立って。

 

ランチのセットメニューではなく、アラカルトで牡蠣料理が3種類。カキフライ、カキフライとエビフライの盛り合わせ、それにカキフライカレー。カキフライは3つ(900)と5つ(1,500)。やっぱり5つ食べたいなと欲張ってみる。ちなみにライスは別(S150円、M200円、L300円)。

 

お馴染みのあさりとベーコンのスープに続いて、届いたカキフライは、さすがに5つ載るだけあって、こんもりと立体的。


フォークで触れると、色見どおりにカラカラとしっかりとした揚げ具合。けれども、ひとたびナイフを入れると、牡蠣のジュースがたらり。口にすると、驚くほど瑞々しくジューシー。それに、芳ばしい衣が香りと食感のいいアクセント。タルタルは別添え。まったりとした玉子にシャクッと当たる玉ねぎがポイント。なるほど、このカキフライも好いなぁ。

 

ランチメニューや名物のカツカレーも出ているが、やはり季節もののカキフライやカキフライカレーも人気のよう。また食べたいカキフライとの出会いに万歳!

 

【お店情報】

銀座スイス 銀座3-5-16 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月30日

Transit Table d'or ベーコンと砂肝・ポーチドエッグのリヨン風サラダ (京橋)

R0002140001

野菜を補給すべく、サラダランチがある店を幾つか思い浮かべる。それで、Transit Table d'orの今週のサラダは何だろうと、Facebookを見てみれば、ベーコンと砂肝、ポーチドエッグのサラダと書いてある。ベーコン、砂肝に玉子。これは好きなやつに違いない。それでやって来た次第。

 

大きな皿に、ポーチドエッグが上手に乗れないくらいに山盛りのサラダ。砂肝は薄切りか何かで入っているものだろうと覆っていたが、丸々の状態。口に放りこんで噛みしめるほどに、なんだか飲みたくなってきてしまうのは、呑兵衛の性だろう。

 

そしてポーチドエッグは、最後のほうまで手をつけず、最後の最後に半熟の黄身をサラダに絡めて。ハンバーグに乗る玉子も、うどんに入る玉子も、必ずそうする。自分の流儀。

 

スープにワンドリンク付き。大箱だが、いつも賑わっている店。パスタや肉料理もあるが、男女問わず、サラダが一番出ている様子。

 

【お店情報】

Transit Table d'or 京橋3-7-1 相互館110タワーB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月21日

TOKYO Mar Mare サラダバー&ドリンクバー&スープ付きランチ (八重洲)

R0002083004

大好きだった半田そうめんのランチを止めてしまった(というか、ランチ営業自体を止めた)TOKYO Mar Mare。ところが、また最近、ランチを始めましたよ、とコメントを頂いて、覗きにやって来た。

 

今回のランチは、メイン料理にサラダバー、ドリンクバー、スープがついたランチ(1,100)。定番のメニューとして、ローストビーフとブイヤベース。他に、週替わりのメニューが4種類用意されている。名物というブイヤベースにも惹かれたが、昨日からの寒さに、豚バラのポークシチューをお願いする。

 

シチューはこっくりとしたデミグラスソース。柔らかく煮込まれた豚バラの他、蓮根やポテト、玉ねぎなどもたっぷり入る。サラダバーには、葉野菜の他、オクラやトマト、それについついたっぷり取ってしまったタマゴサラダ。ドリンクやスープの他、ご飯やフォカッチャも食べ放題。

 

半田そうめん贔屓としては悔しいが、満席の大盛況。次はやっぱりブイヤベースか、気になる週替わりか。

 

【お店情報】

TOKYO Mar Mare 八重洲2-5-12 プレリー八重洲ビル1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月16日

蜂の子 カキフライ (築地)

R0002019004

蜂の子のカキフライは、毎年愉しみにしているカキフライの一つだ。中央区役所の裏手の路地を入ったところ。大きく取ったガラス窓から、珍しく(少しだけだが)席に余裕があることが見て取れる。

 

席に着くなり、カキフライ(1,580)を注文。ここで少し安心して周りを見渡すと、もう隠居をされている頃だろうか。ワインを片手ににこやかに食べ語らう先輩方。見てる方も愉しくなるような雰囲気で、気持ちがいい。

 

一方で、客は次々入って来る。12時を少し回った頃には、日替わりのBランチが売り切れ。5分も遅ければ、席の確保も難しかったかもしれない。

 

さて、お待ちかねのカキフライ。いやいや、これはかなりの立体感。大振りの牡蠣が折り重なるように並んでいるし、千切りキャベツの上には、こんもりとポテトサラダ。それに、牡蠣殻にたっぷりと入ったタルタルソースと、所狭しと並んでいる。

 

それにしても、丸々と立派な牡蠣。フライを半分にしても口に入り切らないくらいのサイズ。身の旨さと衣の香ばしさ。噛むほどにそれらが交わって口内いっぱいに広がる香りと旨味。

 

そのままでも、レモンもいいが、青みが薬味のように効くタルタルがまた魅力的。パンがあったならば、たっぷりと付けて食べたいくらい。あゝ幸せだ。

 

【お店情報】

蜂の子 築地1-5-8 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年11月 9日

RANGETSU of TOKYO 仔羊のトマト煮 (銀座)

R0001947001

気分は肉。ついつい好物の厚切りの肉なんて思い浮かべてしまうが、いやいや今日は違うものにしようと考えなおす。焼肉、ステーキ――、そうだ、久しぶりにRANGETSU of TOKYOにしよう。

 

昨年、らん月の1階にオープンしたステーキやグリルの店。前に伺ったときよりも、ランチのメニューが幾分変わっていて、数量限定だったハンバーグは3種類。好物のチリコンカルネを見つけて、それにしようと思ったが、ここで伏兵が現れた。

 

新しく週替わりの創作フレンチランチ(1,404)というのがあるらしく、今週は「仔羊のトマト煮」だという。仔羊と聞いたら、選ばずにおれようか。

 

届いたのは、写真で見るよりも、ずっと濃厚そうな煮込み。ゴロリと入る仔羊のもも肉は、柔らかくて好い香り。トマトというよりもデミグラスのように、コク味たっぷり。寒い日にもしっかりと温まりそうだ。

 

サラダとスープはそれぞれ3種類から。スープはコンソメを選んだが、冬使用として溶き卵を入れ、チーズを加えているそう。熱々でよりリッチな味わい。

 

パンも種類が増えていたりと、少しずつ変わっている様子。今度はチリコンカルネと思うが、どんな出会いがあるかと想像すると愉しみだ。

 

【お店情報】

RANGETSU of TOKYO 銀座3-5-8 1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧