2020年8月10日

カーザドルチェカーザ (浜田山)

R0012014001

昼に続いて、夜もこれまた素晴らしい!家庭的で実直、じんわり旨いイタリアン。

続きを読む "カーザドルチェカーザ (浜田山)"

| | コメント (0)

2020年7月28日

カーザ ドルチェ カーザ 本日の魚のグリル (浜田山)

R0011915001

一応、最寄駅が浜田山らしいから、浜田山と書いたが、高井戸や南阿佐ヶ谷からも等距離くらいの五日市街道沿いの一軒家レストラン。善福寺川緑地公園を散歩している際に見つけて気になっていたイタリアンだ。せっかくの在宅勤務だから、先ずはランチでと伺った次第。

続きを読む "カーザ ドルチェ カーザ 本日の魚のグリル (浜田山)"

| | コメント (0)

2019年8月25日

FABBRO (阿佐ヶ谷)


R0007951001

阿佐ヶ谷駅の北口を出て、中杉通り渡り、たこ焼き屋を右手に通り過ぎてすぐのところ。以前、ピッツェリアがあった場所に、洒落た店が出来ているのが目に入った。プレオープンの文字と、メニューを見ればイタリアン。前菜のメニューも豊富で、カウンターも長め。一人で飲むにも好いんじゃないかと愉しみにしていたのだ。

続きを読む "FABBRO (阿佐ヶ谷)"

| | コメント (0)

2019年7月 3日

クーリ Meat Lunch (新富町)

R0008130001

今日も久しぶりの店。時間のズレたランチの日。こういう日ならクーリへも行けるだろうとホームページを見れば、Fish Lunchに「鮎」を見つけて、これは気になると思ってそれで。

けれども、伺えるのは14時頃。売り切れているかもしれないと気をもんでいたら、案の定。代わったカレイもいいなと思ったが、ソースの黒酢は、昨晩とても好みで旨いものを頂いて、それで肉。若鶏のグリルを(1,300円)。

続きを読む "クーリ Meat Lunch (新富町)"

| | コメント (2)

2019年2月24日

らせん屋 (阿佐ヶ谷)

R0006118001_2

夜にも昼にも、食事をするにも飲むにも、使いが良くて感じが好い店。


続きを読む "らせん屋 (阿佐ヶ谷)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月14日

Bistro COBACO (高円寺)

R0005637001_2

ほんわかした雰囲気と旨い料理の止まり木。1周年おめでとうございます。

続きを読む "Bistro COBACO (高円寺)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月27日

TOKYO Mar Mare スズキのポワレ (八重洲・京橋)

R0005503001

野菜の補給がしたくて、どこへ行こうかと考える。先日伺った八重洲サラダマーケットに再訪しようと思ったが、同じエリアに、トーキョーマルマーレのランチのサラダバーもあるなと気付く。メイン料理のメニューを見て考えようとやって来たら、スズキのポワレが目に留まった。青海苔とアサリのソースが気になって。

 

こちらのランチは、6種類のメイン料理を選ぶと、サラダやスープ、パン、ライス、ドリンクバーが付いてくるシステム。葉野菜やトマト、玉葱等の他に、オクラやブロッコリー、かぼちゃのロースト、それにタマゴサラダがあって、その日食べたい感じで自分好みのサラダを作ることができるのが愉しいところ。

 

サラダもスープもお代わりをした頃、メインの料理が届く。スズキのポワレの他に、たっぷりと野菜が添えられているのが、今日の気持ちにあって嬉しい。それに、ソースには浅利が想像以上にふんだんに入って、そこに青のりの香りが溶け込んで風味豊か。

 

少し久しぶりだったが、相変わらずの盛況ぶり。寒い日に、ここの煮込み料理というのもいいな。

 

【お店情報】

TOKYO Mar Mare 八重洲2-5-12 プレリー八重洲ビル1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月22日

イタリー亭 限定ランチ・牡蠣と茄子のグラタン (銀座)

R0005444003

昨日、敦煌で昼をとった帰り道。ふと思い立って、イタリー亭の前へと歩いて行った。定番のパスタやピッツァのランチの他に、10食限定の限定ランチ(1,550)があって、秋冬になると、時々、牡蠣のグラタンが出ることがあるのを思い出したからだ。昨シーズンから、時々確認するのだが、確認できたのは一二度くらい。それも食後だから、遅かったーというやつである。

 

店前に出されているメニューを見ると、なんと牡蠣のグラタンと書いてある。それで、明日も同じメニューかもしれないとやって来たら、予想どおり!憧れの牡蠣のグラタンに初対面だ。

 

「お熱いですので」と恭しく運ばれてきた牡蠣と茄子のグラタン。表面が所々ふつふつとして熱さを物語るし、何より焦げ目が堪らなくそそられる。器の端のほうの、こんがりと焼き目のついた部分と、こちらも焦げ目のついた牡蠣をえいやっと一掬い。牡蠣のエキスが溶けだしたクリームに、熱を加えてもぷりぷりと太った牡蠣の身の旨いこと。なるほど、牡蠣自体が嫌味のなく透明感があるからこそだ。ベーコンや茸にも存在感があって、どこを食べても豊かな味わい。

 

サラダと食後にはドリンク付き。久しぶりに訪ねたが、隣のテーブルから流れてきたアサリと大葉のスパゲティの香りが、どうにも懐かしい。良き日本のイタリアンを感じさせる店も、気づかぬうちに、随分と少なくなったのかもしれない。

 

【お店情報】

銀座イタリー亭 銀座1-6-8 第2上一ビルディング1FB1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月11日

カピオ (阿佐ヶ谷)

R0005217003_2

オープンしてもうすぐ2年。前回よりも今回と、伺う度に好きになる。

続きを読む "カピオ (阿佐ヶ谷)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 5日

バンザイヴィーノ 本日のお昼ごはん (京橋)

R0005050001

今日は鶏肉の焼いたのかなぁ。焼鳥でもいいし、チキングリルみたいなのでも好い。とりあえず、ここのところ行っていない京橋方面へ向かって、それらしいメニューがあるところに飛び込もうと予定を立てる。東京スクエアガーデンまでやって来たところで、1Fにあるバンザイヴィーノのランチメニューに、チキンソテーがあるのを見つけた。

 

このビルが出来てもう5年くらいになるが、まだまだ入ったことのない店もあって、ここもその一つだ。ランチタイムには、パスタやリゾット、カレーにハンバーグなど、洋食系のメニューが並ぶ(1,200円)。

 

全てのランチメニューに前菜がついていて、これが仕切りのついた木箱で運ばれてくる。わさびの利いたソースの鶏ハムや、海老のマリネがある一方で、竹の子の土佐煮が入っていたり。ジャンルにとらわれないというのが、この辺りなのだろう。それにしても、ワインが欲しくて仕方がない。

 

メイン料理は、チキンソテー。たっぷりとかかったトマトソースには、茸がふんだんに入って、ケッパーが好いアクセント。好きな味。

 

テラス席もあって、天気のいい日ならどんなに気持ちがいいだろう。壁にかけられている夜メニューもそそる。

 

【お店情報】

BANNZAI VINO 京橋 京橋3-1 東京スクエアガーデン 1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧