2019年1月21日

酒の穴 お好みランチ (銀座)

R0006210001

昨日とは打って変わった寒さに、食べたいのは、温まるもの。鍋のランチやチゲなんかが、先ずは思い浮かんだが、ふと、茶わん蒸しが頭を過ぎる。やわらかい茶碗蒸しが、熱を保ったまま、喉元を伝って胃に落ちる。そんな様子を想像したら、居ても立っても居られず、やって来たのは、茶碗蒸しと云えばの酒の穴。

 

茶碗蒸しが付けられるランチは幾つかあって、カキフライランチもその一つ。先週食べ損ねたから、ここで一つとも考えたが、今日はお好みランチ(1,130)。定番や週替わりなど、15種類のおかずから、好みの3種類が選べるランチ。茶碗蒸しは先ず決定。次に決めたのは、一時期毎回お願いしていたほうれん草の胡麻かけ。最後の一つは悩みに悩んで、キスと豆腐の揚げ出しを。

 

来たよ、来た来た。直径も深さもたっぷりとある器で提供される茶碗蒸し。スプーンで掬うと、中から、海老や鶏肉、椎茸、銀杏、蟹の身等が、ごろごろと入る。もう何度も頂いているから分かっているにも関わらず、掬うたびに、「おぉ、海老」「ここには銀杏」なんて、宝探しをしているようで、これまた愉し。頬張ると、出汁のきいた柔らかい味わいが、ほろりとろりと胃に落ちる。その間の熱の移動を感じるのがとても好きだ。たっぷりと胡麻を感じられるほうれん草も、やはり好み。

 

入口近くの席では、隠居されているだろう先輩たちが、昼間っから豪快に日本酒で酒盛り。愉しそうな姿に、うらやましいったらありゃしない。

【お店情報】

酒の穴 銀座3-5-8 銀座らん月 B1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月18日

ねぎポ しょうが焼き (有楽町)

R0006172002

レバンテでカキフライと意気込んでやってきたが、中を見ると満席。本格的な牡蠣のシーズン。そりゃ、食べたくなるよねと、残念に思いながらも、同志よ!とも思う。

 

さて、どうしたものか。牡蠣の流れで、牡蠣の天ぷらという手もあるが、久しぶりにと国際フォーラム横、JRの高架下にあるねぎポ。牛たんでお馴染みのねぎしがやっている豚肉料理店。とんかつに、とんてき、しょうが焼き、ハンバーグやロールキャベツにスンドゥブも、全部豚肉を使っていて、今一番のお気に入りは、しょうが焼きだ(セット1,000円)。

 

肉厚だが柔らかく、たっぷりと乗る玉葱と一緒に頬張りたいしょうが焼き。生姜のすりおろしが添えられていて、しょうが焼きにつけてもいいし、スープに入れても好いというところも好きだ。しょうが焼きの脇に、スパゲティーサラダが盛られているのが好きだったがなくなってしまったのが残念だが、代わりに、小鉢が付くようになったのは嬉しい。温泉玉子に漬物、なめ味噌なども付いていて、ご飯のおかずに事欠かない。

 

ランチのピークタイムには行列が出きるほどに定着した模様。寒い日にチーズがのったロールキャベツなんかも食べてみたい。

 

【お店情報】

ポークポークポーク ねぎポ 有楽町店 丸の内3-6-1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月17日

三州屋 天然ぶり叩きとライス (銀座)

R0006157001

鳥豆腐が食べたくて、三州屋。自分の目の前で、二人ほど先に店に入っていったから、席があるかどうか心配だったが、開いた扉からそっと覗いてみると、会計をしている人もいるし、少し余裕がありそうだ。

 

ここへ来る道すがら、注文するものはもう決めていたが、一応とホワイトボードを見遣って、あゝ、今日もちゃんとある。おしぼりと箸を持ってきてくれたお姐さんに、「天然ぶり(1,100)を」とお願いする。

 

鳥豆腐の熱々の旨味の濃いスープ。コクリと飲むと温みと旨味が体に染みわたる。豆腐に鳥。それに春菊。これには、この香りがないと寂しいと最近思う。ブリ叩きも見事なこと。ちょいと山葵を付けて、口に放り込むと、載った脂がじわりと溶けて、噛むとむっちりとした身の旨さに頬が緩む。

 

終始、席はほぼ満席で、自分も「ご馳走様」と席を立つと、新たな客が入ってくるという相変わらずの繁盛ぶり。そういえば、カキフライご無沙汰しているなぁ。

 

【お店情報】

三州屋 銀座店 銀座2-3-4 地図

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2019年1月 9日

喜心 週替わり御膳 (銀座)

R0006034001_2

マロニエゲート銀座1の宮下や好の笹でのランチの後に、見かけたランチが気になっていた。同じフロアにある喜心のランチ。少し高級で普段使いはしにくいなぁという印象があったが、限定10食の週替わり御膳というものがあって、トンテキやらハンバーグとカキフライやらが、864円という価格。店のウリの北陸の海鮮とは違うけれども、ランチとしては魅力的。

 

今週の週替わりは、ぶり丼と豚汁。店の得意分野だろうし、好物の豚汁と来れば、伺ってみる機会としては絶好だ。

 

ぶり丼は、どんぶり一面といって良いほどに万遍なく鰤が敷き詰められていて、一切れが大振り。寒ブリらしい脂が乗っているものの、嫌味のない軽やかな脂で好感。ご飯と一緒に口いっぱいに頬張る幸せ。一方の豚汁は、具がたっぷりと。白味噌のまろやかな甘さが、ほかほかと口に胃に染みて、寒い今日には格別だ。

 

サラダに、カニ身の乗った蟹味噌豆腐、漬物付きでこの価格は、かなりのお得感。あまり知られていないのか、ゆったりと頂けるのも嬉しいところだ。

 

【お店情報】

北陸海鮮 喜心 銀座2-2-14 マロニエゲート銀座1 12F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 8日

北野 カキフライ (銀座)

R0006004001

北野の今年のランチ初めは今日。それで、今日のランチメニューはなんだろうと、店のtwitterを確認すれば、なんと、カキフライ(1,200)があるという。一昨年から宿題にしていたが、中々出会えなかったもの。昨日牡蠣を食べたばかりだが、この機会を逃す手はない。

 

とはいえ、以前、目の前でアジフライが完売した経験もある。きっとカキフライも数量限定。間に合うといいなぁと思って伺えば、まだ席にも余裕があって、カキフライにもありつけた。

 

カキフライは、平たい牡蠣そのままにパン粉をつけたような小判型。けれども、横幅や長さは立派で、一口二口では入りきらないくらいだ。黄金色の細やかな衣に齧り付くと、サクッと軽やかな音と瑞々しく旨味たっぷりの牡蠣の身。辛子やレモンも好いし、自家製の粗く刻んだ具がたっぷり入ったタルタルソースも、和の店らしくあっさりして旨い。

 

小鉢はカニ身入りの酢の物。旨い白飯に具沢山の味噌汁、香の物。デザート付きと、相変わらず周りも充実している定食。すっかり人気も定着したようで、12時を過ぎた頃から、続々と客がやって来て、結局行列が出来た。今年もお世話になります。


【お店情報】

炭割烹 北野 銀座7-2 先 コリドー街 2F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月26日

いわた お楽しみ定食 (銀座)

R0005830001

今日はどうしたってフライ。それなら、いわた。ここのフライが大好きだ。


ランチタイムには、「○○フライ」というメニューはなく、日替わりのお楽しみ定食(1,150)の一つに何かのフライメニュー入っていて、それが目当て。コロッケにカニクリーム、アジフライにカキフライ、メンチカツ、キスフライ、ヒレカツだったりすることも。これらが盛り合わせのこともあったり、フライとハンバーグの盛り合わせだったりする。今日、店の前でメニューを確認すると、お初のカレーコロッケに、この時期うれしいカキフライ。こりゃ愉しみだ。

 

ここのフライの何が好きって、ザクザクの衣なのに軽い揚げ上がりで、いくらでも食べられてしまいそうなところだ。お初のカレーコロッケは、ふんわりとカレーが香る家庭的なものかと思いきや、カレーの風味が強くてかなりスパイシー。一方で、中身がとろりと柔らかくて、その口当たりと味わいが面白い。

 

一方のカキフライは、殻に入っていた形のまま揚げましたと云わんばかりの小判状。荒い衣に齧り付けば、中はシルキーで、レアでも揚げすぎでもない、そうココ!と言いたいくらいの好みの火入れ。火を入れたことによる身の旨味を感じられる旨いカキフライ。

 

ひじきの煮物に、若芽と胡瓜の酢の物、香の物に卓上にはふりかけが置かれていて、つやつやのご飯のおかずに事欠かないのも魅力の定食。それに、にこやかなお母さんと、慕うお客さんから滲む雰囲気もとても好い。今年もお世話になりました。来年も、どうぞよろしくお願いします。

 

【お店情報】

銀座いわた 銀座7-4-7 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月21日

岩戸 豚汁定食 (銀座)

R0005815002

忘年会の季節も佳境を迎えていて、昼は体を落ち着かせたいし、今日の予定を考えると、ゆっくり休んでいる時間もない。こういうとき、ありがたいのが岩戸の豚汁(1,000)。さっと出てくるし、温かく旨い。それに何より大好きだからだ。

 

今日もカウンターに腰を落ち着けたくらいのところで、運ばれてきた。湯気が立って、味噌と葱の香りがふわりと鼻を擽る。今日はまた、大根の大きいこと。おでんの具みたいで、箸で小さく切って、はふはふと頬張る。甘い人参に玉葱、ねっとりとした里芋も好きだ。

 

そして、鮪のヅケもこの定食の好きなところ。大きさが十分あるから、ご飯を巻いて食べるのが好い。豚汁と漬けとご飯、大根の漬物を合いの手に、止まらないトライアングル。

 

女将さんに挨拶をして、さあ、職場に戻って、あと半日。ちなみに、岩戸の年内営業は29日まで。年始は7日からだそう。

 

【お店情報】

岩戸 銀座店 銀座1-5-1 第三太陽ビル 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月19日

カフェオハナ 豚汁定食 (銀座)

R0005791002

昨日、サムゲタンで温まった後、ちょっと散歩と銀座をうろつく。時節柄か、格安チケット店の前にいつも以上の人込みがあって驚いていたら、「豚汁定食」と書かれた黒板が目に入った。

 

こんなところで、何処が?と近づいてみると、Café Ohanaのものだった。ランチタイムには、ハンバーグやカレーを出している印象だったが、なるほど週替わりのメニューらしい。それで、早速今日というわけ。

 

もう10年ぶりくらいになるだろうか。と調べてみたら、もう少しで11年ぶりらしい。店内は記憶にあるものとそう変わっていないが、クリスマスのオーナメントが、彩っている。温かくてゆったりとした雰囲気も、記憶にあるとおりだ。

 

お願いした豚汁定食(980)は、フィッシュフライ付き。豚肉、大根、人参、蒟蒻、牛蒡の他、こちらはじゃが芋入り。こっくりした味噌にごま油がきいていて、コクと風味が豊か。ゆずの香りが美味しい大根の漬物も好い。食後には、コーヒー又は紅茶付き。

 

圧倒的に女性客が多いかと思いきや、3割くらいは男性客。ゆったり過ごしたいときに、また。

 

【お店情報】

Café Ohana 銀座3-3-12 銀座ビルディング4F 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年12月12日

つきすそ 伴助ほっけ干物定食 (銀座)

R0005714002

寒い寒いと思っていたが、雨が止んで晴れ間が覗くと、少し空気が暖かい。温まるものばかりが頭に浮かんでいたが、そうじゃなくてもいいかなんて思い始めて、好い和食のランチを出す店が多い銀座一丁目の辺りにやって来る。

 

そういえば、リオープンした直後にやって来た、つきすそ。その後はどうだろう。頂いた鯖味噌は旨かったし、他に気になるメニューもあるし、伺ってみようと階段を降りる。

 

すると、大きなL字のカウンターは、手前の2席が空いているのみ。ズラリと客が並んでいる姿は何とも壮観で、ついつい見とれてしまうくらいだ。豊洲市場の仲卸が営む店だから、ランチメニュー(1,000)にも、魚メニューが多く〆るが、生姜焼きや唐揚げなんかも揃う。既に、生姜焼きとしらす丼は無くなっているようで、お願いしたのは、伴助ほっけ干物定食。

 

届いたのは、長さも厚みも立派な半身。口にすると、しっとりとして、干物らしい凝縮された旨味と脂が飯を呼ぶ。鮪の刺身に、切干大根、味噌汁、漬物と皿が膳に乗り切らないほどの充実ぶりで、人気が出るのも頷ける。

 

客が席を立てば、すぐに新たな客がやって来るという感じで、自分が店を出た後も、また一人吸い込まれていく。すっかりご常連という方も多く、定番の昼飯処として定着してきた様子。

 

【お店情報】

つきすそ 銀座店 銀座1-4-6 第一ナスダビル B1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月11日

松永牧場 肉団子鍋 (銀座)

R0005694001_2

今日も今日とて鍋である。昨日は牡蠣鍋だったから、今日は昨日休みだった松永牧場の肉団子鍋(900)だ。肉団子鍋は、出汁ベースの鍋だが、辛いチゲへの変更が可能で、チゲのほうが辛くてより温まるから気に入っている。

 

この鍋の特長は、その名のとおり肉団子。一口では口に入らないほど大きな肉団子が3つも入る。箸で切りやすいように、切れ目を入れてくれているところもポイントで、ハフハフと頬張って、スープをズズズッ。喉から胃まで温かくなるのがよく分かる。今日は寒いせいか、いつもより辛く作ってくれた気がする。

 

豆腐の他、野菜もキャベツにもやし、玉葱、ニラ、人参等がたんまりと。食べて少し鍋が空いてきたところに、温泉玉子を落として温める。これを最後まで残しておいて、ご飯を加え、全体をゆるく混ぜれば、おじや風の立派な〆。

 

今日はやたらと「肉団子鍋のチゲで」という声が、あちこちから聞こえてくる。やっぱりそうだよね、と妙な親近感が湧く。

【お店情報】

松永牧場 銀座本店 銀座2-4-18 アルボーレ銀座8F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧