2017年9月24日

頼登 (今治)

R0001063001

どの街にも、好い酒場あり。


続きを読む "頼登 (今治)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月21日

髭戎 黒酢たっぷりの豚生姜焼き (銀座)

R0001392001

2週間前にも来たが、どうしても今日は髭戎。というのも、今月でランチが終わってしまうというコメントを頂戴したからだ。宿題の生姜焼き(1,100円)を食べないと後悔しそうだ。それ以前に、この店がすっかり好きになっている。

 

最近は、カウンターに1席しか空席がない日もあったが、今日はテーブルに先客がいらっしゃるのみ。もう頂くものは決まっているからと落ち着いて座っていると、「今月でランチを止めるんです」と告げられて、知っているというのに、寂しさが募ってしまう。

 

充実サラダに続いて、生姜焼きが届く。黒酢たっぷりとあるが、強い個性ではなく、柔らかい黒酢の香りとコク味が、しっとりと旨味の強い豚肉によく合う。それに、小鉢の上に載っている薬味や、メインの料理に添えられるマッシュポテト、スープも気が利いていて好きだ。

 

食後のドリンクにはコーヒーと小さい甘いもの。それに最後だからと、食用のほおずきを。甘味と酸味がギュッと弾けて、なんだか少しだけ切ない。

 

【お店情報】

髭戎 銀座4-3-2 銀座槁ビル5F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月18日

しるの店 おふくろ (高松)

R0001031003

この汁を口にせず、高松の夜は終われない。


続きを読む "しるの店 おふくろ (高松)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月13日

保志乃 鯖一夜干セット (銀座)

R0001344001

今日は魚。こういうとき、先ず思い浮かぶのは三州屋だが、名残りの夏のような陽気に、生憎鶏豆腐の気分になれない。そうだなぁ――、それならと保志乃にやって来た。魚料理の店。ランチライムでも常時10数種類の魚のランチが並ぶ。

 

定番ものもあれば、季節もの、今日なら新さんまの定食などが1,000円前後。近くに勤めるサラリーマンで賑わう店だ。

 

今日は煮魚よりも焼魚、と鯖一夜干セット(1,080)。セットというのは刺身付き。せっかくの魚気分だから、欲張って。

 

見た目にも香ばしい鯖の一夜干し。色良く焼けた皮に箸を入れると、ふっかりした身。程よくのった脂と香りがご飯を呼ぶというやつだ。刺身は2種類。小鉢は蓮の金平。ふりかけが付くというのもなんだか好い。料理の提供が早いのも、短い昼休みには魅力。

 

【お店情報】

吟漁亭 保志乃 銀座7-4-14 光ビル1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月10日

多美也 (高松)

R0001018002

高松の「きも焼き」を知っているか。


続きを読む "多美也 (高松)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 7日

髭戎 ひこま豚のポークソテー (銀座)

R0001298006

雨のせいか肌寒いから、三州屋で鳥豆腐と思って歩き出したが、今度は蒸し暑くてジャケットを脱ぐ始末。すっかり先程までの気分は消え失せて、さてどうしよう。そうだ、今日は木曜日。髭戎が開いている日だ。

 

豚肉を始めとした肉料理の店。豚しゃぶ、鶏の竜田揚げと来て、次は生姜焼だと思って来たが、「ポークソテー」(1,200)を見つけてしまって心を奪われる。

 

ジューッと焼く音、それに芳ばしいソースの香り。あれがもうすぐ自分のところへやって来ると考えるだけで、ワクワクする。小鉢や漬物などが用意され、いよいよポークソテーがやって来た。

 

千切りキャベツに豚肉、玉ねぎ。パッと見生姜焼きにも見えるが、豚肉は厚みのある一枚肉。きめ細やかで柔らかく、それに甘い脂身。これに、好い香りをさせていたソースが味わいにも深みを加えて、これはとても好み。次こそ生姜焼きと思うけど、これがあれば、また悩んでしまうなぁ。

 

グラノーラなども入った充実サラダに五穀米、汁物、食後には珈琲と小さい焼き菓子付き。そうそう、ランチの営業は、火・木曜のみ。

【お店情報】

髭戎 銀座4-3-2 銀座槁ビル5F 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月 5日

北野 旬魚(秋刀魚)の炭火焼き (銀座)

R0001279002

最近、近くの魚屋でも秋刀魚を見る機会が増えてきた。それで、愉しみにしていた北野の旬魚の炭火焼き(1,200円)に秋刀魚が、もしかしたら出ているかもとやって来た。

 

最近は嬉しいことに、店の外に今日の魚を書いて出してくれていて、見ると「ヒラマサ」の下に「秋刀魚」!なければ違うものにしようと思っていたが、万々歳だ。

 

秋刀魚は、串を打って、囲炉裏で焼くように、焼き場に縦に刺して炭で炙る。平日のランチでこんな光景が見られるとは思わなかった。丁寧に串を抜いてやって来た秋刀魚。焼き色、香り、染み出る脂。あゝ、これを待っていたのだよ。

 

皮に箸を入れて、身をほぐす。ほわほわと湯気が湧き、さらに濃く香る。口にして広がる秋の旨味。そこへ白い飯。脂とご飯が一体となったこの美味しさ。堪らない。腸もしっかりとしているが、苦みや臭みはまるでなく、丸々一本だからこそのお愉しみだ。

 

小鉢は、茄子や南京、冬瓜の煮物。蜆の味噌汁、3種類の漬物。ご飯を呼んで仕方がない。食後にはデザート付き。今日はジュレがけのパイナップル。

 

そういえば、ご飯の旨いんだよなぁ…なんて思いながらの帰り道、「天高く馬肥ゆる秋」なんて言葉を思い出した。

 

【お店情報】

炭割烹 北野 銀座7-2-先 銀座コリドー街 2F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 3日

寄鳥味鳥 (高松)

R0001001001

ずっと呑みに来たい街だった高松は、やはり一泊じゃ足りなかった!

続きを読む "寄鳥味鳥 (高松)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 1日

いちにいさん 黒豚豚汁セット (銀座)

R0001270003

今日の夜は焼肉なのである。しかもいつもよりも少し早い時間から。そうなると、野菜中心だなぁと、京橋辺りのサラダランチの店もつもりだった。けれども、今日も出遅れ。思っていた店は時間的にちょっと厳しい。どうしたものか――。

 

それで思い浮かんだのが、いちにいさん。最近は、ねぎしゃぶ一辺倒だが、久しぶりにせいろ蒸しはどうだというわけだ。人気店だが回転はいい。2分ほど待つと、席に案内された。

 

お願いしたのは、黒豚豚汁セット。野菜や豆腐・玉子焼きのせいろ蒸しに豚汁付き。野菜の種類だって、キャベツに人参、南瓜に薩摩芋、蓮根、茸等々たくさんあるのに、態々、玉子焼きを最後まで残してしまうのはご愛敬。豚汁も大きな器でたっぷりと提供されるのもうれしい。

 

来週は、遠くの店まで行けるといいのだが。

 

【お店情報】

いちにいさん 銀座西3-1 銀座インズ1 B1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月30日

島根県×奥出雲町 揚げ物定食 (有楽町)

R0001256002

はまの屋パーラーに振られて、やって来たのは有楽町電気ビル。トンテキでも食べようかと思っていたが、見慣れない店があることに気が付いた。

 

目立つのが、島根と奥出雲の文字。確かに、割子そばなどを出している様子だが、今日は生憎蕎麦の気分ではないんだ。踵を返そうと思ったが、焼き魚や揚げ物の定食、しかも揚げ物は鯵フライ(900)というのが目に入り、お伺いすることに。

 

入口で注文をするスタイル。一人だったからカウンターに通されたが、テーブル席の他、個室仕様のテーブル席もある様子。

 

届いた鯵フライは、大きさはないけれども、サックリ揚げたて。大根おろしに山葵が添えてあるのが面白い。小鉢が2つに漬物。島根のブランド米「仁多米」のご飯に蜆汁と島根らしさも。

 

後から調べてみれば、東京スクエアガーデンにも入っている炉端かばの姉妹店だそうだ。なるほど、島根の会社だからね。夜のメニューも見せて頂いたが、島根、奥出雲の酒や産品を使った料理がズラリ。次はせっかくの蕎麦を頂きにでも。

 

【お店情報】

神々の幸 島根県×奥出雲町 有楽町電気ビルB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧