2018年5月16日

みちのく みちのく(日替わり)定食 (銀座)

R0003740002

肉というよりは、魚の気分だ。それもフライではない。刺身もいいが、刺身だけでは物足りない。そういうときは、インズに来るに限る。魚を刺身や焼魚、煮魚(店によってはフライも)等、盛り合わせたランチを出す店が幾つかあるからだ。

 

今日は、フライはなくてもいい。だから、みちのくである。店名を冠した日替わりのみちのく定食(1,000)は、刺身に焼魚、煮魚がセットになったもの。これが目当て。

 

提供が早いのも魅力。刺身は2種類。赤魚の煮魚に鮭の照り焼きと、魚料理のフルラインナップ。それぞれに量があるというのが嬉しいし、玉子焼きや昆布の佃煮、いぶりがっこと脇役も勢揃い。盛りのいい旨いご飯もペロリとなくなってしまうというものだ。

 

殊に嬉しかったのは、此の所お見掛けしなかった古くの板前さんの姿を久しぶりに目にしたこと。気になっていただけに、嬉しさも一入。

 

【お店情報】

みちのく 銀座西2-2 銀座インズ2 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月15日

しゃぶ通 好の笹 ランチセット (銀座)

R0003737003_2

しゃぶしゃぶが特に好きだという訳ではないが、不思議と、豚のしゃぶしゃぶをごまダレで食べたい欲求に襲われた。それで、気軽に来られるマロニエゲートのしゃぶ通。

 

ランチメニューは1,000円から。一番気軽なしゃぶしゃぶのランチセットでも、肉(140g)の種類が選べるし、野菜も6品。以前は合鴨ネギが気になってお願いしたが、今日はなんてったって豚。ロースとバラのセットをお願いする。

 

鍋に肉を潜らせて、色が変わって行く様子ってなんて面白いんだろう。それが自分の口に入ると分かっているから、余計に楽しくて、豚を入れウキウキする。それに、ポン酢とごまだれもあるが、豚バラ用のタレ、葱やもみじおろしと愉しみ方は色々。ごまダレ気分でやって来たのに、豚バラ用の酸味のあるタレにもみじおろしが今日のヒットだ。

 

鍋を食べ終わると、残った出汁でスープを作ってくれる。塩と黒胡椒、ごま油を効かせたスープで、これにも薬味の葱を足して一人悦に入る。広く取った窓から光が入って景色もいい場所で、鍋を独り占め。値段以上の贅沢をしている気分だ。

 

【お店情報】

しゃぶ通 好の笹 銀座2-2-14 マロニエゲート12F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月14日

酒の穴 ミックスフライランチ (銀座)

R0003728004

魚系のフライの気分。鯵も好いし、海老フライも素敵だ。どこで頂こうかと一悩みして、今日は銀座スイスにしようとやって来た。けれども、開いていた入口から中を見ると、工事中かメンテナンスをしている様子で、今日から16日(水)までお休みらしい。

 

さて、困ったもんだ。口はすっかりフライ気分。三州屋という手もあるが、そういえば、並び酒の穴にも、魚系のミックスフライがあったんじゃないかとやって来る。

 

メニューを開けば、記憶のとおりミックスフライランチ(1,050)が並んでいる。海老とカニコロッケ、イカフライの盛り合わせ。それに、好きな惣菜を一つ選べるというので、もちろん好物の大きな茶わん蒸しを貰うことにした。

 

サクサクと軽い食感のフライたち。これはすごいというものではないが、安定した美味しさと、何より、海老や魚の旨味や風味とフライらしい衣の香ばしさが、噛むごとに混ざり合い広がっていく。そう、今日欲しかったのはこれなんだ。

 

それに好物の茶わん蒸しは、直径10cmほどはありそうな大きな器で供される。中はエビ、鶏肉、椎茸、銀杏など。温かくて、食べても食べてもまだあるって、何て倖せ。

 

【お店情報】

酒の穴 銀座3-5-8 日本香堂ビルB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 9日

松永牧場 肉団子チゲ (銀座)

R0003707001

昨日から続く季節外れの肌寒さ。こうなると、やっぱり温まるものが恋しくなって、松永牧場の肉団子鍋(900円)。ゴロンと大きな肉団子が3つに、たっぷり野菜と温泉玉子。スープも普通のとチゲがあるというのが素敵。

 

寒いときは、やはりチゲだろう。待つこと15分ほどで、湯気を上げてやって来る。鍋に擦切り一杯ほどにたっぷりと具には、件の肉団子に、豆腐、キャベツや玉葱、ニラ等々。これらを少し食べて、隙間が空いたところに、温泉玉子をぽとりと落とす。これを温めつつ、最後まで残しておくのが自分流。

 

残った汁と温まった温泉卵、そこへご飯を投入して、えい!と黄身をめがけてレンゲを入れる。とろりと溢れ出た黄身をご飯と汁に纏わせて雑炊みたいにすれば、〆まで完璧な一人鍋。食べ終わる頃には、すっかりほかほか。汗も滲む。

 

ここに来るとこの鍋ばかりだが、焼肉やビーフカツ、すき重や焼肉定食など。メニューの写真を見ると、焼肉定食の焼肉が子供の頃食べていたものに似た風で、俄然興味が湧いて来た。

 

【お店情報】

松永牧場 銀座本店 銀座2-4-18 アルボーレ銀座8F 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年4月26日

黒木屋 チキン南蛮定食 (銀座)

R0003578003

銀座一丁目。銀座通りから1本築地側の通り道に、黒木屋という宮崎料理店がある。オープン後、暫くはランチをやっていたが、そのうちにやめてしまった。けれども、また最近、ランチを始めたことに気が付いて、久しぶりにやって来た。

 

店前に出ている黒板によれば、ランチは、平日11:3012:00だけ提供されている「幻のどんぶり」(なんと、2500円→1000円らしい)の他、鶏白湯カレーとチキン南蛮定食。

 

お願いしたのは、以前にも頂いたチキン南蛮定食。先ずは、こんもりと山のように積みあがったから揚げの上と、これでもかとかけられたタルタルソースに引き付けられる。タルタルソースをよく見れば、粗くつぶしたゆで玉子が胡瓜がゴロゴロと。具が残る部分をパンにはさんで、玉子サンドにしたいくらいだ。それに、大振りの野菜がふんだん入る汁物もうれしい。

 

他の方が注文したカレーも、これまたワンパクそうなボリューム(さらに大盛可)。分かりにくい場所でのランチの再開にもかかわらず、結構な賑わいぶり。

 

【お店情報】

黒木屋 銀座一丁目店 銀座1-8-8 三神株式会社・ALビル1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月24日

ねぎポ しょうが焼き (有楽町・丸の内)

R0003556001

今日は夜に魚だから、昼には肉。そうだなぁとアチコチの店を思い浮かべていると、ねぎポに、新メニューが出来ていたことを思い出した。ねぎポとは、東京国際フォーラム裏手の有楽町の高架下、牛たんのねぎしの隣。そのねぎしの豚料理店。

 

その新メニューとは、角煮カレーと、しょうが焼き。より肉々しいのはこっちだろうと、しょうが焼き(990)をお願いする。

 

葉野菜のサラダと人参がたっぷり混ぜ込んだスパゲティーサラダを従えて、しょうが焼きはやって来た。肉厚だけれど、やわらかくて、頬張ってむしゃむしゃとワンパクに食べたいしょうが焼き。添えられた生姜は、混ぜてもいいし、スープに溶くのもお勧めだそう。

 

オープン当初よりも、店内にずっと活気があって、行列も出来ている。この賑わい、好い感じ。

 

【お店情報】

ポークポークポーク ねぎポ 有楽町店 丸の内3-6-1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月23日

のまえ おでん定食 (銀座)

R0003551001

久しぶりに東急プラザへやって来る。下鴨茶寮が手掛ける日本酒バル「のまえ」のランチが目当て。以前は普段のランチには贅沢だと思っていたが、最近は、手軽なランチがあることを知って、それで。

 

大きな暖簾を潜ると、中央に大きなカウンターと、窓際にテーブル席がいくつか。カウンターの一角の席を頂いて、ランチメニューを眺める。おでん定食に、親子丼、それに刺定の定食。最近、昼におでんが食べられる店がすっかり減ってしまったしと、一番手頃なおでん定食(972円)をお願いする。

 

おでんは、おまかせ。頂いたのは、大根、昆布、厚揚げ、さつま揚げが2種類に、蒟蒻、白滝と、好物が沢山。種には、品のいい出汁が染みていて、噛むほどにじわりと溢れ出る。新玉ねぎの美味しいサラダに冷奴。ご飯、味噌汁付き。オプションでたまごかけご飯のセット等もあり。

 

解放感のある空間と、程よい静けさ。落ち着いて昼を摂りたいときにも向く。

 

【お店情報】

日本酒バル のまえ 銀座5-2-1 東急プラザ銀座11F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月20日

岩戸 豚汁定食 (銀座)

R0003496001

岩戸の豚汁は、定期的に食べたくなるものの筆頭だと思う。今日は、少し汗ばむくらいだというのに、どうしてもあの熱々の豚汁が恋しくてならない。

 

ガラリと引き戸を開けると、見えるカウンターはすでに満席。テーブル席も相席が少しある程度の賑わいぶり。なんとか入れそうだと思っていると、ここからは見えないカウンターの一番奥の席が空いていたらしい。

 

座るとすぐ位の早さで、提供されるのもうれしいところ。おやおや、今日の豚汁はいつにも増しての気前のいい盛り。椀の淵を超えるような盛りの良さ。片手で持ち上げるとずっしりと感じる重み。大根や人参も大振り。大根なんかを頬張って、はふっとなるのが旨いんだ。そして、汁をズズッー。あゝ、沁みる。

 

もう一つのお楽しみの鮪の漬けはご飯に乗せて。いつも以上にご飯が旨くて、「少なめ」を忘れたよかったなんて思ったりする。

 

食べ終わる頃には、ジャケットを脱いでも、暑いくらい。汗を拭って、さて後半日で週末だ。

【お店情報】

岩戸 銀座店 銀座1-5-1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月18日

かてて しょうが焼き定食 (京橋)

R0003489001_3

野菜をもりもり食べたくて、東京スクエアガーデンや相互館110タワーを覗いたが、こんな天気だからだろう。同じビルにオフィスのある方々で、いつも以上の長い行列。近くのサラダランチの美味しいカフェも覗いてみたが、こちらも一杯。職場に戻る時間も考えると、そろそろ腰を落ち着けたい。

 

ここも満席かな?と思ったが、ちょっと覗いておこうと向かったのが、かてて。京橋のアパホテルの1階にある、九州料理をウリにする居酒屋。チキン南蛮が食べたいとき等に時々覗くが、満席であることが多いランチの人気店。

 

今日はありがたいことに、カウンターならと席を貰って、さて、何を頂こう。チキン南蛮もいいし、そうだ、だご汁は前に頂いた。それなら、しょうが焼き(940)はどうだ。豚肉好きがここで疼く。

 

これが中々に個性的。豚肉に厚みがあるのもいいし、見た目のとおりに醤油ではなく、まろやかな甘さのある生姜焼き。一方で、生姜も程よく効いていて、優しいだけではなく、ご飯を誘う。それに、もやしも入るし、葉野菜も添えられて、さらには、味噌汁にはごろごろとした野菜入り。野菜欲求も満たされるというものだ。

 

ちゃんぽんや皿うどん、それにから揚げ+昭和コロッケが人気の様子。ランチメニューの殆どが1,000円以下というのも、人気の理由だろう。

 

【お店情報】

かてて 京橋店 京橋3-6-7 アパホテル銀座京橋1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月16日

三州屋 カツオ叩きとライス (銀座)

R0003481001

昨晩、魚を食べようと思っていたのに、肉料理にしてしまったからだろう。今、食べたいのは魚。それも、刺身だ。つらつらと店を思い浮かべてみる。岩戸で豚汁とまぐろ漬けにも惹かれたが、やっぱり三州屋だ。そろそろカツオ叩き(1,100)なんてどうだろう。

 

暖簾を潜って引き戸を開けると、おや、珍しく余裕がある。勧められたカウンターに腰かけて、目の前のホワイトボードを見遣ると、よぉし、カツオもあるじゃないか。

 

叩きは早々に出てくるのがありがたい。鳥豆腐にカツオ、それにご飯や漬物が揃うと、随分と手狭になるが、目の前が好物で一杯というのは、何という幸せだろう。鰹に薬味を乗せてパクリ。続けざまに、ご飯を介して鳥豆腐。この温かみとコク。叩きとの相性抜群の素晴らしいセットだ。

 

入ったときは、余裕があるなんて思ったものの、12時を過ぎたころから、続々と客がやって来る。隣の方の注文は、アジフライ。そうだ、そうだよ。あれも好物。サックリ揚がって旨いんだよなぁ。次はきっとアジフライだ。

 

【お店情報】

三州屋 銀座店 銀座2-3-4 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧