2018年9月19日

保志乃 鯖一夜干しセット (銀座)

R0004924001

今日は焼き魚だと決めていた。けれども、問題はどこで何を頂くかだ。干物もあれば、西京焼きも好いし、それぞれを出す店も幾つかあるから悩ましい。

 

こういうときは、少々信号に運をまかせて、渡れないからこっちの道にと進んだ結果、晴海通りまでやって来た。ここまで来たなら、あそこだ、保志乃。十数種類の魚系のランチが揃う店。

 

でも、ちょっといわたも気になる。今日のお好み定食がアジフライだったら悩むなぁなんて、一応店先に出ているメニューを確認。どうやら今日のフライは、メンチカツとイカフライ。メンチは旨いし、イカフライは頂いたことがないから気にはなるが、初志貫徹で焼き魚だと舞い戻る。

 

さて、店は決まったが、何を頂くかだ。西京焼きに、季節ものとして秋刀魚の塩焼き。それに鯖の一夜干しに、ぎんだら照り焼。うーん、悩ましいが、ここは鯖一夜干だ(1,080)。理由の一つは、刺身がセットになっていること。季節の刺身が2種類ほど。今日は鯵のタタキに戻り鰹。メイン料理ではないのに、この揃えが好ましい。

 

それに一夜干しは、香りだけでもう旨い。色良く焼けた皮に箸を入れると、ふっかりした身。程よくのった脂と香りがご飯を呼ぶというやつだ。これに小鉢(今日はひじきの煮物)にふりかけ付き。


定食類ならこれで最高値というのは魅力的だし、料理の提供が早いというのも、仕事合間のランチには打って付け。そんなわけで、一人で、グループでと近くに勤めるサラリーマンで、今日も賑わっている。

 

【お店情報】

吟漁亭 保志乃 銀座7-4-14 光ビル1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月16日

赤津庄兵衛 (荻窪)

R0004216001

佳き肴と酒と、好き人と

続きを読む "赤津庄兵衛 (荻窪)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月12日

矢場とん ヒレ串かつと豚汁 (銀座)

R0004894001

それ程思い入れがあるわけではないが、偶に無性に食べたくなる味噌かつだ。昨晩から口が味噌だれを求めていて、矢場とんに駆け込んだ。

 

人生で初めて味噌かつを食べたのが、この矢場とん。社会人になる少し前、配属先が名古屋になると聞いて職場の下見に行った際、名物でも食べようと入った店だ。当時は全国展開もしていないし、本店もあんなに綺麗なビルではなく、如何にも、とんかつ屋、食堂という趣の店だった。それが今では、東京でも気軽に食べられるなんて、当時は想像だにしなかった。

 

初めて食べたのはみそかつ丼だったが、最近はロース串かつが定番(5本:702円)。他のものより少々リーズナブルだし、スポーツ観戦等のお供にと買っているうちに、すっかりこれが定番の味になってしまったからだ。

 

けれども、今日は誤ってヒレ串かつ(5本:810円)がやって来た。少しは気をつけろという誰かからの圧力のような気もするが、いつもとは違うものが食べられるぞと食い気が勝ってしまう性分だ。確かに、記憶にあるものよりも、柔らかくきめ細やか。けれども、甘辛い味噌だれと豚肉の相性は格別なのは変わらない。

 

それに今日は味噌汁の代わりにと初めて貰った矢場とん汁(324)が好かった。豚肉の他にふんだんに白菜と葱が入った汁で、手にずっしりと来るほど大きな器にたっぷりと。これは、また寒い日に思い出してしまいそうだ。豚汁好きとしては、こういう豚汁セットみたいなメニュー、出してくれないだろうか。

 

【お店情報】

矢場とん 東京銀座店 銀座2-11-2 銀座大作ビル 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 9日

はすや (弘前)

R0004646003

地元の方に愛されている繁盛店は、旅の者にも頼もしい。


続きを読む "はすや (弘前)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 4日

菊正 本日のお楽しみ定食 (銀座)

R0004818001

気持ちのいい食事をと思い、久しぶりに菊正を訪ねる。松屋銀座の2本裏の通り。そう大きくないビルの半地下と二階に店を構える銀座菊正。

 

店の近くまでやって来ると、ちょうど階段を降りてきた女将さんと目が合って、「あら、いらっしゃい。お一人なら、お二階でも一階でもどうぞ」と声をかけられた。この年を召されてもなおキュートな女将さんが、この店が好きな理由の一つ。店に入る前にお会い出来てラッキーだ。

 

今日は半地下。3、4席しかない小さなカウンターと厨房だけという小体な造り。一人だからこれで十分だが、ゆったりとしたいなら二階の席がおすすめだ。

 

昼食には、名物の玉子焼き定食や、西京焼き等が並ぶは、えぼ鯛と聞いて日替わりのお楽しみランチ(1,000)をお願いする。ふっくらしっとりと柔らかく、口にするたびに品の好い旨味と塩気が好い。それに、茄子と茗荷の煮物に、旨いご飯と味噌汁、香の物。食後には瑞々しい梨を。気持ちよく腹八分目。ちょうどいい。

 

店を出ると、また女将さんがいらっしゃって、「ごちそうさまでした」「ありがとうございました」。最後まで気持ちよく、帰り道は足が軽い。なお、明日5日のランチはお休みとのこと。

 

【お店情報】

銀座 菊正 銀座3-8-17 菊正ビル 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月31日

とりもつえん 牛ホルモン味噌炒め定食 (京橋)

R0004785001

絶賛「もつ」気分なのである。但し、この暑さだし「もつ鍋」というより、それをおかずに味噌汁が欲しい。けれども、そんな都合のいい店あったっけ。


あれこれと随分と悩んで、そうだ、あったあった。東京スクエアガーデンの2階にあるとりもつえん。ここにある牛ホルモン味噌炒め(1,180)なら、その欲が叶う。

 

運ばれてきた状態では、パッと見、もやし炒めのようだが、もやしの下にはプリプリのもつ。もやしを被っていたから、まだまだ熱感がたっぷりで、口にするとトロリと旨い脂がにじみ出る。その脂と味噌ダレが殊の外よく合って、ご飯の上にワンバウンドさせてタレの染みたご飯もまた旨い。味噌汁、漬物、デザート付き。

 

見ていると、赤鶏さつまを使った親子丼が人気だろうか。他、とんかつ、かつカレー、大海老天丼など。

 

【お店情報】

博多もつ鍋 幸 とりもつえん 京橋店 京橋3-1-1 東京スクエアガーデン 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月29日

ねぎポ しょうが焼き (有楽町)

R0004775002

昼前に今日は肉(29)の日じゃないかと気が付いた。せっかくだからという訳ではないが、今日は肉にしよう!と東京国際フォーラム傍のトラジまでやって来た。

 

けれども、同じことを思う人はやっぱり多くて、並んでいる人がいらっしゃる。それならば、豚肉だって肉じゃないかと、同じ高架下にある、ねぎポに足を運んだ。

 

牛たんでお馴染みのねぎしがやっている豚肉料理店だから、ねぎポ。とんかつに、とんてき、しょうが焼き、ハンバーグやロールキャベツにスンドゥブも、全部豚肉を使っている。夏の新メニューとして冷麺も、冷しゃぶ風の豚肉入りで、麻婆豚丼付きらしい。

 

今まで頂いた中では、しょうが焼きが一番好きだ。肉厚だが柔らかく、たっぷり添えらえる玉葱と一緒に頬張りたい生姜焼き。葉野菜のサラダの他に、スパゲティーサラダが添えられているのにもグッとくる。豚足スープに漬物、温泉玉子がセット。

 

ランチのピークタイムには行列が出きるほどに定着した模様。豚肉料理専門店というのに、女性客が目立つのは、綺麗で清潔感のある店内と、料理のバリエーションが多いからだろうか。

 

【お店情報】

ポークポークポーク ねぎポ 有楽町店 丸の内3-6-1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月26日

やんたけ (阿佐ヶ谷)

R0004610002_2

美味しい店は数あれど、通う店というのは特別だ。自分の生活圏にあって、季節の肴と好きな酒が2つ、3つ。それだけでいいが、殊の外難しい。

 

続きを読む "やんたけ (阿佐ヶ谷)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月24日

三州屋 金目煮付けとライス (銀座)

R0004726001

暑さも少し落ち着いて、これくらいなら鳥豆腐を食べる気にもなるなぁと足を向けるは三州屋。

 

鳥豆腐が付くメニュー(1,100)には、叩きと煮付けがあるが、自分にしては珍しく今日は煮付けの気分。金目と銀むつ。そうだなぁ、金目だな。珍しく随分と余裕のある店内の、ちょうどホワイドボードの目の前のカウンター席を案内されたから、「金目」があることをチラリと確認して、お願いする。

 

鳥豆腐付きのセットは、早々に揃うのも魅力の一つだ。金目の煮付けは、たっぷりと2切れともう一口、それに旨い煮汁を吸った牛蒡、一口大に解して口に運べば、身がほろほろと崩れ、旨みと甘辛い汁とが混じって溶ける。ほぐした身を白飯にワンバウンドさせて出来る、煮汁が染みたところも、また旨い。

 

食べている途中、ふと、ホワイトボードに目をやると、秋刀魚の塩焼きが目に入る。先日の青森での旅で、今年の初秋刀魚を口にしたが、ここでもランチで出ているのか。暑い暑いと云う最中にも、秋が着実に近づいているのだ。

 

【お店情報】

三州屋 銀座店 銀座2-3-4 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月23日

酒の穴 豚しゃぶランチ (銀座)

R0004718001

肉の気分ではあるけれども、暑苦しい料理はなぁ――なんて考えながら歩いていると、そうか、豚肉の冷しゃぶなんてどうだと思い付いた。とはいえ、思い付いたはいいが、どこかに出している店があったっけ? 

 

確かあった気がするが、自信はないなぁと思いながらもやって来たのは、酒の穴。目当てのものがなくても、ここならば、食べたいものがあるだろうと目論んでのこと。

 

2席だけ空いていたカウンターに都合よく滑り込んで、厚みのある品書きを捲る。ええっと、おぉ、あったあった。しかも、お好みランチ(好みの3種類のおかずを選べるランチ)の料理から、1つを付けられるという。そうと来れば、お願いするのは、茶わん蒸しと決まっている。

 

届いたものは、期待どおりの、野菜の上に冷やした豚しゃぶが乗ったもの。しかも、しっとりと柔らかさと旨味のある豚肉と、シャキシャキの瑞々しい野菜という好いもので、ついつい夢中で食べてしまうというものだ。

 

夢中といえば、茶わん蒸しだ。もう10数年も大好物のこれ。普通の茶碗蒸しの3倍くらいはありそうな立派な量と、ふんだんに入る具。海老に鶏肉、椎茸、銀杏、蟹の身等が、これまた結構な大ぶりのものが入っていて、スプーンを入れる度にワクワクするのだ。

 

それにしても、昼から日本酒を愉しむ御仁が召し上がっていた、立派な焼き魚に刺身が付いているあの定食はなんだろう。気になる、気になる。

 

【お店情報】

酒の穴 銀座3-5-8 銀座らん月 B1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧