2018年1月18日

保志乃 鯖一夜干しセット (銀座)

R0002679002

食べたいものは、鯖を焼いたの(写真は刺身がメインのようだが)。幾つか店は思い浮かぶが、必ずあるのはココだとやって来たのは、保志乃。魚料理の店。ランチライムでも常時10数種類の魚のランチが並んでいて、そのうちの一つが、鯖一夜干しセットだ(1,080)

 

季節柄だろうか、記憶にあるよりも、ずっと脂が乗っていて、そこに加わるは程よく焼けた芳ばしい香り。ご飯が進んで仕方がないというやつだ。それに、刺身が2種類5切。小鉢は、切干大根。ふりかけに香の物と、他にもご飯の供が盛り沢山の好い定食。

 

定番の定食類なら、この値段が最高値というのも魅力だし、料理の提供が早いと、普段使いのランチにはもってこい。そんなわけで、一人で、グループでと近くに勤めるサラリーマンで、今日も賑わっている。

 

【お店情報】

吟漁亭 保志乃 銀座7-4-14 光ビル1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月15日

やまと かつ煮(ロース)定食 (銀座)

R0002643003_2

やまとのランチメニューがリニューアルした後訪ねた際、隣の方に運ばれてきたかつ煮定食が美味しそうで気になっていたことを、ふと思い出した。とんかつは、食べたいと思うことはそれこそ年に1度くらいあるかないか。けれども、それが玉子でとじてある、さらに云えば、どんぶりではなく、ご飯とは別であるというのが、気に留めたポイントだ。

ロースが1,000円、ヒレならば1,200円。ロースをお願いしたが、皿一杯に敷き詰められて、ボリュームたっぷり。玉子は半熟部分がやや多め。そのため、揚げたての衣のサクサク感が残っているところも愉しめる。

 

汁と玉子で覆われた部分は、やはりご飯との相性がバツグンで、結局は自分の一口に合わせた「かつ煮ライス」を作って口に放り込んでしまうのだ。

 

前回伺ったときにはなかった、日替わりのかつランチや、ハンバーグ、リブロースステーキなど、サービスランチ(1,000)が登場。そのせいか、リニューアル直後より、賑わっている様子。

 

【お店情報】

やまと 豚肉創作料理やまと 銀座本店 銀座2-4-18 アルボーレ銀座9F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月28日

岩戸 豚汁定食 (銀座)

R0002380001

やはり、ここに挨拶に来なくてはと、岩戸にやって来る。入れるだろうかと心配しながらやって来たが、既に休みに入っている方も多いのか、比較的余裕がある。

 

いつもの「豚汁」(1,000円)をお願いすると、程なく提供されるというのも、ありがたいところ。大根に里芋、玉ねぎ、人参、牛蒡、それに豚肉が、大きな丼にたっぷりと装われている。ズズズッーと吸い込むと、冷えた身体には熱いくらい。けれども、喉を通って、胃に落ちるところまで、その熱が伝わっていく様子が、とても好きだ。

 

そして、鮪の漬け。これをご飯に乗せて、一口で頬張るのが好い。最近、小鉢として出されるようになったひじきの煮物も好み。それに、いつも朗らかに迎えてくれる女将さん。今年もお世話になりました。そうそう、来年は5日からの営業だそう。

 

さて、今年の更新は、これにてお仕舞。今年は昼休みも儘ならないことが多く、更新が飛び勝ちでしたが、来年は今年よりも、昼休みの確保が出来そうです。引き続き、どうぞよろしくお願い致します。そして、皆様、佳い年をお迎え下さい。

 

【お店情報】

岩戸 銀座店 銀座1-5-1 地図

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年12月27日

みちのく いも煮定食 (銀座)

R0002378002

出遅れたし、午後一に打ち合わせのため、早く戻らなければならないし。それに、昨日宴会だったから、味噌汁でも飲んで、ほっと落ち着きたい気分でもある。

 

それで、やって来たのがインズのみちのく。東北地方の郷土料理や食材を得意とする店。ランチタイムにも、十和田のバラ焼き、仙台直送の牛たん等が並ぶ。

 

ご飯がすすむバラ焼きも好きだが、今日はいも煮(950)。いも煮は、牛と豚、醤油や味噌など、家庭によって作り方が違うと聞くが、こちらは、牛肉に芋や牛蒡、蒟蒻を入れて、醤油味で仕立てたもの。あまっ辛い味付けが、懐かしくご飯をすすませる。

 

それにしても、味噌汁が染みる。

 

【お店情報】

みちのく 銀座西2-2 銀座インズ2 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月13日

北野 ブリの柚庵焼き (銀座)

R0002239002

今年出会って好きになった店の一つ。お礼も兼ねて、どうしても年内にとやって来た。炭火焼きの店。大きな焼き台があって、昼でも、注文が入ってから串を打って、炙ってくれる魚や豚肉を炙ってくれる炙り焼きのランチ(1,200)が好きだ。魚なら数種類あるし、ご飯は旨いし、小鉢類も気が利いている。

 

日によっては、カキフライがあることもと聞いて、僅かな期待を抱いてやって来たが、生憎今日はなし。代わりに、ぶり大根があって、とても惹かれたが、やはり魚の焼いたのと、同じブリの柚庵焼きをお願いする。

 

ブリの脂も手伝っての食欲を誘う照り。軽やかな綺麗な脂とタレの香りと旨味が残る口に、艶々のご飯を放り込む倖せと云ったら。それに添えられた薩摩芋の味付けの好いこと。ふっと笑みが零れるとはこういうことといった感じ。それに、柔らかいチャーシューの小鉢も旨い。食後にはデザート付き。

 

伺い始めたころは、席に余裕があったが、最近は、カウンターはほぼ満席。入りにくくなったら困るなぁなんて思う一方で、初めていらっしゃったらしい方が、料理を前に「美味しそう」と笑顔になるところを見てしまうと、こちらまで嬉しくなってしまうというもの。また、来年もお世話になります。

 

【お店情報】

炭割烹 北野 銀座7-2-先 銀座コリドー街 2F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月10日

福よし (気仙沼)

R0001893001

吉次だけじゃない!牡蠣、鯖、鰯!!

続きを読む "福よし (気仙沼)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 8日

三州屋 天然ブリ叩きとライス (銀座)

R0002206003

こう寒いからなぁ――なんて、何を食べるか考える日がめっきり増えた。今日もそんな風にいろいろと思い浮かべて、そうだ今日は鳥豆腐。それで三州屋へやって来た。

 

金曜日は混んでいる印象があって、少々心配だったが、ちょうど店を出る方が居て、都合よく席を確保。今日は鳥豆腐が付いているもの――とホワイドボードを見遣って、ナメタガレイの煮付けと迷って、天然ブリの叩き(1,100)を貰う。

 

この熱々の旨味の濃いスープ。コクリと飲むと温みと旨味が体に染みわたる。豆腐に鳥。それに春菊。これには、この香りがないと寂しいと最近思う。ブリ叩きも見事なこと。ちょいと山葵を付けて、口に放り込むと、載った脂がじわりと溶けて、噛むとむっちりとした身の旨さに頬が緩む。

 

最近は、外国からの客も多い。今日は相席になったのがタイから旅行でいらっしゃった方々。左側はおそらく韓国のご家族。好い思い出の一つになってくれるといいなぁ。

 

【お店情報】

三州屋 銀座2-3-4 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 1日

松永牧場 肉団子チゲ鍋 (銀座)

R0002151001

こう寒いと、やはり頭にちらつくのは鍋。それでやって来たのが松永牧場。目当ては、ここの肉団子鍋。ゴロンと大きな肉団子が3つに、たっぷりの野菜。温まるし、柔らかくなった野菜ってのが都合がいい。しかもチゲ味にも出来るというのが好い。


待つこと15分ほど。グツグツ沸いてやって来た。鍋に擦切り一杯ほどにたっぷりと具が入る。件の肉団子に、豆腐、キャベツや玉葱、ニラ等々。これらを少し食べて、隙間が空いたところに、温泉たまごをぽとりと落とす。これを温めつつ、最後まで残しておく。

 

残った汁と温泉卵、そこへご飯を投入して、いざっ!と玉子にレンゲを入れる。とろりと溢れ出た黄身をご飯と汁に纏わせて、おじやみたいにすれば、〆まで完璧な一人鍋。

 

食べ終わるころには、すっかりぽかぽか。この冬もお世話になります。

 

【お店情報】

松永牧場 銀座本店 銀座2-4-18 アルボーレ銀座8F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月28日

いわた お楽しみ定食 (銀座)

R0002117001_3

どうしたって、今日はフライ。それなら、いわただ。お楽しみ定食(1,050円)には、フライの盛り合わせがあって、内容は日替わり。カキフライがあるといいなぁなんて思いながらやって来ると、今日は、カニクリームコロッケとキスフライ。以前頂いて美味しかったカニクリームに、お初のキス。これも好いな。

 

クリームコロッケは、衣に箸を当てると、その中のクリームのとろとろが感じられてドキドキする。箸を入れて割ると、も想像したとことろクリームがこぼれ出る。口にすると、やはりとろとろで、しかも蟹の風味も豊かなクリームがたっぷり。一方のキスフライは、品が好くほっくりとして、こちらも好きだ。

 

ここのフライの何が好きなのだろうと改めて考えてみると、その一つは衣だと思う。ザクザク荒いように見えるのに、とても軽く繊細。一方で香ばしく、食感や風味にアクセントを与えてくれる。

 

脇には、ひじきの煮物に、もやしの油炒め、香の物。手作りのふりかけまでと至れり尽くせり。お母さんもお元気そうで、何よりである。

 

【お店情報】

銀座いわた 銀座7-4-7 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月26日

4328 (清水屋) (高円寺)

R0001645001

飲食店が立ち並ぶ高円寺の高架下を、阿佐ヶ谷方面へ少し。「4328」と書かれた提灯が揺れている。気になったきっかけは、店頭に出ていた看板。「漬物居酒屋」それに、「うずらキムチ」。漬物好きだし、うずら玉子のキムチって、何それ?!である。


続きを読む "4328 (清水屋) (高円寺)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧