2021年1月26日

只今 おばんざいランチ (銀座)

R0014263002

久しぶりの出社で悩むのは、やはりランチのこと。行きたい店、お会いしたい方が多くあって、どこか一つに絞るのは難しい。カキフライなど、季節の食べたいものも色々あって、悩みに悩んで、只今へ。今日の気分は、おかずが色々だったからだ。

続きを読む "只今 おばんざいランチ (銀座)"

| | コメント (0)

2021年1月25日

蒲重蒲鉾店 おでんのテイクアウト (阿佐ヶ谷)

R0014255001

ランチタイムにWeb会議が設定されたから、今日はテイクアウトでお昼にしようと考える。最近は、店内飲食だけでなく、テイクアウトのお弁当を始めている店も多いから、どこにしようかと悩んだが、いいものを思い出した。阿佐ヶ谷パールセンターに、かまぼこ屋があり、そこでおでんも販売しているのだ。

蒲重蒲鉾店は、昭和11年創業の老舗かまぼこ店。家族経営で、最近は、3代目のお嬢さんも手伝っている姿も見える。店頭には、自家製のさつまあげ(おでん種)がずらりと並んでいて、奥のショーケースには、はんぺんやロールキャベツ、煮凝りなどが並ぶ。まだ、さつま揚げが揚げ立ての時などは、「そのままでも美味しいわよ。揚げ立てだから、少し袋の口を開けておきますね」なんて、声をかけてくれる温かさが好い感じなのだ。

おでんは、店頭の右端で販売されていて、以前は、店の端で食べることも出来たが、現在は、この状況のため、テイクアウトのみ。けれども、1つ80円からと、とてもリーズナブルで、さつま揚げだけでなく、このおでんのファンも多い。

今日は、好物の玉子と昆布、大根、こんにゃくに、自家製のはんぺんとさつま揚げ。さつま揚げは、数種類あって、大好きな紅生姜を。自家製はんぺんは、ふわふわなめらか。さつま揚げも、滑らかで、魚の旨い味がする。大根やこんにゃくにも、出汁がしみしみ。やっぱり旨いなぁ。

この商店街も、個人店が少なくなって来ているが、ぜひ、続けてほしい店。また、お伺いします。

【お店情報】
蒲重蒲鉾店 阿佐谷南1-47-10 地図

| | コメント (0)

2021年1月24日

只今 (銀座)

R0013603002

予感的中。昼のお気に入りの店は、やっぱり夜も好きだった。

続きを読む "只今 (銀座)"

| | コメント (0)

2021年1月21日

テンポラネオ食堂 日替わり定食 (荻窪)

R0014209001

ずっと気になっていた店がある。荻窪駅の南側、人気の洋菓子店Le Coeur Purの裏手に、ひっそりと看板を上げるテンポラネオ食堂。昼も夜も、拘りの日替わり定食(1,200円)1本のみを提供。興味はあるが、夜の米は液体のため、伺う機会がなかったのだ。テレワークなら行けるじゃないかと、いそいそとやって来た。

まるで普通の民家のようなアプローチ。伸びる石畳を抜けると店が表れる。席はかなり絞って合って、カウンター3席とテーブル2卓。ゆったりと寛げる雰囲気だ。目の前には、「セルフサービスのほうじ茶を飲みながら、ゆっくりとお待ち下さい」という案内。お一人で一汁三菜を拵えるのだから、ゆったりと待たせてもらおう。

今日のメニューは、鶏むね肉のパン粉焼きに、いわし丸干し、ほうれん草のおひたし、10種類程の野菜がたっぷりの味噌汁、土鍋で炊いた雑穀ご飯、自家製のぬか漬けと盛り沢山。中でも印象的だったのが、いわし丸干し。頭からガブッと齧り付くと、身と脂の濃い旨味、香りにグッと来る。味噌汁には、トマトやズッキーニなど、あまり味噌汁になじみのない野菜も入るが、澄んだ出汁の味わいが何とも奥深い。

隅々まで気が配ってあって、透明感のある料理たち。ちょっと居住まいを正したくなるような、それでいて、ぬくもりがあって優しい。これは何度も伺いたくなる。

【お店情報】
テンポラネオ食堂 荻窪5-18-9 杜ビル1F 地図

| | コメント (0)

2021年1月19日

むゆう 鰤塩焼き定食 (阿佐ヶ谷)

R0014186001

阿佐ヶ谷の酒場が立ち並ぶ一番街でも、ランチタイムや昼からの通し営業を始める店が増えてきた。魚と日本酒の旨い酒場むゆうも、ランチタイムの営業を始めたと知って、お伺い。

ランチタイムは、魚を中心とした定食の他、アジフライや出巻玉子などの一品ものや、アルコールの提供もあり。好物のカマの煮付けや塩焼きの定食も気になったが、今の時期なら鰤。むゆうであれば、きっと好いものを出してくれるだろうと、鰤の定食をお願いする(1,280円)。

塩焼き、煮付け、照り焼から選べるというのも、ありそうでない。照り焼もいいが、脂の乗った鰤を好い塩梅の塩で頂くのが好きだ。運ばれてきた鰤は、やっぱり立派。身が厚くて、じわじわと染み出た脂と焼き目のそそること。箸で割ると、ほわりと立ち上る湯気。堪らず口に放り込むと、身の旨味と塩気が口に広がって、そこへご飯。ほう、倖せだ。

夜おばんざいとして出してくれる小鉢や漬物、ご飯がセット。飲んでいる人がうらやましいが、好い昼飯にバンザイだ。

【お店情報】
酒場むゆう 阿佐谷南2-20-7 田中ビル1F 地図

| | コメント (0)

2021年1月12日

つきのや ハンバーグ (阿佐ヶ谷)

R0014099001_20210112184101

夜飲みに伺っている店にも、営業時間の時短要請を受けて、昼から営業を始める店がいくつか。それならと先ずやって来たのが、つきのや。杉並区役所の裏手、先月、数軒隣に移転したばかりの人気の酒場。週末に、店前に貼りだされていた「12日よりランチメニューはじめます」という貼り紙を見て、伺わなくてはと思っていたんだ。

伺うと、「いらっしゃい。明るいうちにお会いすると、気恥ずかしいですね」なんて言いながら、相変わらずの元気さで出迎えてくれる。テーブルには、ご飯に合う一品なんて案内があって、サバ塩焼きやハンバーグ、肉じゃが、煮込み、鶏の唐揚げなどに、ご飯セットが+250円。聞けば、これに書いてあるものだけではなく、どのメニューでも、ご飯セットに出来るし、単品も可(もちろん呑める)。

壁には、ズラリと目移りする短冊。でもなぁ、飲みたくなるメニューは止めておこうと固い決意をして、案内されていたハンバーグをご飯セットで(800円)。思い返してみると、こちらでハンバーグを頂いたことがなかったのだ。

暫くすると、ハンバーグとセットがやって来た。自家製というハンバーグは、コロンと円盤状で家庭的。さて一口と食べてみると、みっちりと肉々しく、生姜だろうか、パンチのある和風ソース。居酒屋らしい味付けで、ご飯や酒に打ってつけ。ご飯セットは、ご飯と味噌汁だけでなく、冷奴と漬物までがセット。

待っている途中、ご飯セットにするならばと、短冊を眺めていると、飲みに来るときとは違って見える面白さ。サバ塩にお浸しを追加してもいいし、この時期ならではのぶり大根ならご飯にも合うだろう。好物のオムレツやハムエッグに、アジフライを1枚なんてのもいいなぁ…なんて、新たな愉しさを発見。

【お店情報】
つきのや 杉並区阿佐谷南1-14-12 地図

| | コメント (0)

2021年1月 5日

將 焼魚定食 (阿佐ヶ谷) 

R0014003001

スターロードの営業状況を確認しようとやって来る。あれ?ここ、ランチやってたんだと目が留まったのは、駅の高架向かいにある將。炭火焼きや和食が主体のカウンターのみの小体な店。オープン当初から、チラチラと横眼で伺ってはいるものの、居酒屋の魔宮に誘われ、伺っていなかった。

ランチメニューは、煮魚、焼き魚、揚物、焼鯖棒ずしなど計6種類(1,000円)。今日の煮魚は鰯、焼魚は鯖だと云う。どちらも好きだなぁと一頻り悩むが、焼いた鯖の香ばしさと脂の香りが思い浮かんで、焼魚をお願いする。

見ていると、鯖は注文してから串を打ち、大根おろしも皮を剥いての卸し立て。何と丁寧なことと思っていると、先客のいわしの立派なことに驚いた。それに、大きく出汁の凍みた大根が添えられていて、堪らない。

そうこうしているうちに、届いた一揃えにまた驚いた。小鉢に味噌汁付きと書いてあったが、茶碗蒸しに酢の物、黒豆、鯖の傍らには、田造りと、小さな料理が盛り沢山。これは、仕事中じゃなければ、飲みたいやつ。

なんて思っていると、お裾分けを持ちながら、新年の挨拶にいらっしゃったご常連がやって来る。「煮魚と日本酒もらえる?なかったらビールで」なんて調子で、羨ましいやら微笑ましいやら。やっぱり阿佐ヶ谷、好きだなぁ。

【お店情報】
將(Háta) 阿佐谷北2-2-8 第60オーナーズビル 1F 地図

| | コメント (2)

2020年12月28日

魚や旬 ブリの照り焼き (銀座)

R0013798001

本日は仕事納め。今年は年末らしいイベントもなく、淡々と時が過ぎる。が、それでも、昼はやって来る。今年の〆のランチはどうしよう。昨夜もそうだが、年末年始はごちそうが続くから、普段使いの昼が好い。そうだな、今日は魚だ。塩鯖とか、ブリ照りとか、そういうの。

それでやって来たのが、インズ2の2Fにある魚や旬。魚づくしがお馴染みの魚料理がウリの店。メニューを見ると、この季節ならではのかきフライも目に留まる。が、以前姉妹店で頂いた、ブリ照りがとても立派だったことを思い出して、ブリの照り焼き。最後だからと、厚焼玉子を付けて。

さて、やって来た。これまた、立派な大きさのブリだこと。手のひら程もある大きさで、脂もあるが、味付けがあっさりとして、程良い塩梅。それに、香ばしく焼けた皮の旨いこと。厚焼玉子は2切。それに、汁物が、ふわふわの玉子たっぷりのかき玉汁で大興奮。切干大根、漬物付き。普段の食卓には、こういうのが好い。

1年前には想像もしなかった困難な一年でしたが、ご覧下さった皆様、ありがとうございました。年末年始は、寒波が予報されているようです。どうぞ、ご自愛下さい。そして、よい年をお迎え下さい。

【お店情報】
魚や旬 銀座西2-2 銀座インズ2 2F 地図

| | コメント (0)

2020年12月25日

岩戸 豚汁定食 (銀座)

R0013762001

年末のご挨拶にと、今日は岩戸。ガラガラッと引戸を開けると、「いらっしゃいませ~。今日は何にしましょう?」と、女将さんからいつもの調子の声がかかる。夏の時期の冷汁といわし天ぷら以外は、ほぼ豚汁。今日お願いするのも豚汁定食(1,000円)だ。

ジャケットを脱いだり、かばんを置いたりしているうちに、届くのも魅力の一つ。具が汁から頭を出すほどに具沢山な豚汁は、この季節うれしい熱々。大振りにカットされた大根や人参、丸ごとの里芋。今日は玉葱が少し多めだろうか。豚の脂が浮いた汁が喉元を滑って胃に落ち着き、ほっかりと温まるのを感じる瞬間が好きだ。

それにお供の鮪の漬け。これをご飯に載せて食べるのも好きだ。豚汁と漬けとご飯、大根の漬物を合いの手に、止まらないトライアングル。今日はどうしてもコレというものは沢山あるが、毎日でもいいと思うものは意外に少ない。ここの豚汁は、自分にとってそういう大事にしたいもの。

少しずつ工夫しながら、値段を据え置きにしてくれているのには頭が下がる。いろいろと厳しいことの多かった今年も、こうやって挨拶に伺うことが出来て何より。来年も、どうぞよろしくお願いします。

【お店情報】
岩戸 銀座店 銀座1-5-1 地図

| | コメント (2)

2020年12月23日

北野 ぶり大根 (銀座)

R0013720001

こちらも年内に一度伺っておきたかった北野。コリドー街にある炭割烹。炭火で焼いてくれる魚や豚肉、野菜のランチが気に入っている。

今日は魚かなぁと思って来たが、ぶり大根の用意があると聞いて、迷いに迷って、ぶり大根をお願いする。以前頂いた、タラのあら煮が美味しかった記憶があったから。

届いたのは、立派なカマの部分も入ったぶり大根が、大振りの深い器にたっぷりと。しかも、大根よりもぶりの方が多いくらいの大盤振る舞い。品の良い味付けだから、ブリの旨味がじんわりと広がる。一人黙々と骨辺りを突く姿は、上品な味付けとは程遠いかもしれないが、ここが旨いんだ。許してほしい。

小鉢は、ひじき煮。たっぷりと蜆の入った味噌汁に漬物、それに旨い白米。大満足。なお、年内は26日まで、年始は5日から。来年もよろしくお願いします。

【お店情報】
炭割烹北野 銀座7-2番先 地図

| | コメント (0)

より以前の記事一覧