2019年7月18日

酒の穴 お好みランチ (銀座)

R0008327001

和食の気分。しかも魚。ついでに云えば、他にも何か野菜のおかずがあると好いのだが。魚系の定食の店を幾つか思い出してみたが、ピンと来ない。ふむ、他にはどこかなかっただろうか。そうだ!こういう時は、酒の穴だ。

茶碗蒸しが食べたいときにやって来る酒の穴。特に、3種類の料理を選んで作る「お好みランチ」(1,130円)が気に入っていて、たびたびやって来る店。選べる料理の中に大きな茶碗蒸しがあって、これを目当てにやって来ることが多いが、他にも刺身や煮魚、焼魚、揚げ物など、様々な料理が選ぶことが出来るのだ。

それで、今日はかますの開き、ほうれんそうの胡麻かけ、そしていつもの茶碗蒸し。淡白で品の良いかますも好いし、たっぷりと胡麻ダレがかかったほうれん草も好物の一つ。それに、中に種類も量も具材がふんだんに入った茶碗蒸し。量がたっぷりとあって、好物が、食べても食べてもまだあとるいう倖せよ。

茶碗蒸しは本当に人気で、売り切れることも多いもの。注文前に「まだ茶碗蒸しありますか?」と聞く方も多くて、今日も12時10分頃には売り切れた模様。茶碗蒸し目当てであれば、早い時間が必須。

【お店情報】
酒の穴 銀座3-5-8 銀座らん月B1 地図

| | コメント (0)

2019年7月 7日

ととまめ (阿佐ヶ谷)

R0008164001

阿佐ヶ谷駅の南側。中杉通り沿いのビルの2階に、カウンター9席だけの小さな店がある。土地勘のある方なら、鰻や焼き鳥の稲毛屋の裏手と云えばわかりやすいだろうか。細い道に小ぢんまりと置かれた行灯が目印だ。

続きを読む "ととまめ (阿佐ヶ谷)"

| | コメント (0)

2019年7月 4日

つきすそ サバ干物定食 (銀座)

R0008145003

今日は魚と野菜の小鉢的なもの、それに味噌汁。魚料理に小鉢があるような定食だ。それなら、アソコにソコ。幾つか思い浮かぶところがあるが、先日行列で振られた、つきすそへ行こう。

行列は出来ているだろうかと地階へ伸びる階段を覗き込むと、行列はない。ヨシヨシと階段手前にあるランチメニューを確認しようとしたところで、店の方から「いらっしゃいませ」と声がかかった。メニューは大体記憶しているし、まぁいっか。それで「こんにちは~」と階段を降りる。

豊洲の仲卸の直営の店。ランチ(1,000円)も魚を使ったメニューが豊富で、刺身にフライ、煮付け、焼き、丼ものと何でも御座れ。そうだなぁ、今日は焼魚だなぁ。銀だらの西京焼き、鯖とほっけの干物。前にほっけは頂いたから、今日は鯖だ。

定食は、メインの料理の他に、刺身と小鉢、香の物付き。今日の目当ての小鉢は、大根と烏賊、厚揚げの煮物。そうそう、こういうのが欲しかったんだ。鯖の干物に、刺身は鮪。若芽と豆腐の味噌汁と、食べたかったものが全部ある。素朴だが、こういうの、倖せだ。

生憎の天気にも関わらず、威勢がよく活気溢れる店内は、スカッとして気持ちがいい。小耳に挟んだところによると、偶に出るアジフライが旨いらしい。是非出会いたい。

【お店情報】
つきすそ 銀座1-4-6 第一ナスダビル B1 地図

| | コメント (0)

2019年6月30日

水無月 (幡ヶ谷)

R0006129001

週の頭。早く帰れそうな日があれば、この店が頭を擡げる。この店とは、幡ヶ谷にある水無月だ。かつて高円寺にあった人気店で店長を務めていた中山さんが独立して開店した店。彼女が作る料理が殊の外好きで、帰宅する路線を使って、いそいそとやって来る。

続きを読む "水無月 (幡ヶ谷)"

| | コメント (0)

2019年6月28日

岩戸 豚汁定食と夏の便り(銀座)

R0008077001

今日は朝から鯖塩気分で、久しぶりにつきすそへお邪魔しようと算段。いざ、伺ってみると、行列が出来ていて、回転の速い店だから――とも思ったが、この辺りには和食の好い店は沢山あるしと考え直す。冷汁のことも気になるし、今日は岩戸だ。

店前に出されている品書きを見ると、おぉ、あるある。左端に「冷汁 980円」。これを見ると、途端に夏がやって来たという気がしてくる。けれども、お願いしたのは豚汁定食(1,000円)。やっぱり魚が食べたかったし、クーラーが良く効いていたからだ。

大振りの具がこんもりと入る愛しの豚汁だが、今日はいつにも増して豚肉がもりもりと。夏バテしないようにということだろうか(食欲が衰えたことはないけれど)。有難いと、ハフハフ、ズズズッーと口にすると、胃がポッポと温まる。そして、鮪のヅケをご飯に乗せて、口へ放り込むと、胡麻や海苔の風味がふわりとして、好きめしの供。

隣の方は冷汁を。そうそう、冷汁についてくる、あのさつま揚げも旨いんだ。

【お店情報】
岩戸 銀座店 銀座1-5-1 地図

| | コメント (0)

2019年6月27日

おうち 若鶏香草焼 (銀座)

R0008073001

和定食を求めてやって来たのは、久しぶりのおうち。コリドー通り近くの古いビルのどん突き。店名からすると、家庭的な店かと思うが、どちらかというと料理店といった造り。けれども、堅苦しくなく、普段使いをするに相応しい雰囲気の店で、ランチタイムは近隣にお勤めと思しき方が集う店。

メニューは幾つかあって、定番が4種類に日替わり(いずれも1,080円)。こちらの日替わりは、メインの料理が2種類的なものが多く、ついついお願いしてしまう。今日はさわらの醤油焼きとチキン南蛮。焼魚いいなぁと思う一方で、珍しく揚げ物の気分ではなく、定番料理の中でずっと気になっていた若鶏香草焼を。

どんな感じで出てくるだろうと色々想像していたが、届いたものはちょっと予想外。鶏を焼いたものに、玉葱の薄切りと茗荷がこんもりと乗って、とても涼し気。醤油ベースのタレもさっぱり味で、期せずして、この時期に相応しいものに出会えて上機嫌。

そうそう、この店のランチの特長は、最初にボールほどの器で提供されるサラダ。一組に一つ。好きなだけどうぞというスタイルで、自分で取り皿に装って頂く。瑞々しいキャベツに大根、胡瓜に人参。自家製のドレッシング優しい味わいも好ましい。

記憶と変わらず繁盛していて、ひっきりなしに客がやって来る。久しぶりにならないうちに、また。

【お店情報】
おうち 銀座6-3-12 地図

| | コメント (0)

2019年6月20日

風来 まき 自家製ハンバーグ定食 (日比谷・有楽町)

R0007949001

有楽町から日比谷の間の高架沿いに、今幾つか気になっている店やランチメニューがある。今日訪ねたのは、その中の1軒。古いビルの2階にある風来まき。ある日、ビルの前にランチメニューが書かれた黒板が出されて、次見たときには鯖の塩焼きが、またある時には鮭の塩焼きが増えていた。それに黒板の文字は達筆で、とても興味を惹かれたのだ。

今日黒板を見たところ、「肉じゃが定食」まで増えている。最初に知ったハンバーグ(900円)の気分で来たが、肉じゃがかぁ。それも気になる。

少し暗い急な階段を上ってドアを開けて、「こんにちは」と声をかけて窺うと、「あら、いらっしゃい」と明るい声が耳に届く。恐らくママと手伝いをされている方だろう。お二人ともお話好きのようで、にこやかにアレコレと声をかけてくれる。そして「黒板見て来たの?何にする?」と問われたから、ずっと頭にあった「ハンバーグを」と答えていた。

冷奴やらお新香、温泉玉子に、ご飯にかける胡麻なんかが次々とテーブルを埋めて、「お待たせしました~」とハンバーグがやって来た。たっぷりとある厚みと大きさもうれしいが、何と云っても手作り感満載で美味しいこと。柔らかすぎず、肉汁云々ではなく、野菜が程良く混ぜ込まれていて、こういうハンバーグ、そう云えば久しぶりだ。

食後には、珈琲か紅茶が付く。自分の後から団体のお客さんがいらっしゃったものだから、単なる偶然だけれども「お客さんを呼んでくれてありがとうね」「またね」とチャーミングな笑顔で見送ってくれた。それにしても、何だか愉しい。件のお客さんが頼んでいた肉じゃがも、益々食べてみたくなるものだったし、近いうちにまたと思うのだ。

【お店情報】
日比谷 風来 まき 有楽町1-3-8 カドヤビル2F 地図

| | コメント (0)

2019年6月17日

朔月 もち豚せいろ蒸し (銀座)

R0007902003

気分はコッテリというよりも、あっさりめ。あれこれと店とメニューを思い浮かべて、これだ!と決めたのは、朔月のせいろ蒸し。けれども、前回訪ねたとき、長い行列が出来ていたから、ダメだったときのことも考えて、エレベーターに乗り込んだ。

偶然同じ店に向かう人と乗り合わせたが、どうやら予約で待ち合わせている様子。今日も混雑しているかと思いきや、カウンター席に先客はなく、余裕綽々で席を頂くことが出来た。

けれども料理を待っている間、12時を過ぎる頃から、続々と客が押し寄せてくる。予約の方がほとんどだが、残りのカウンター席が埋まると、満席だった模様。余裕綽々と思っていたが、タイミングが良かっただけらしい。

さて、もち豚せいろ蒸し(950円)。大きな蒸籠の中にびっしりと豚肉が敷かれてあって、その下には、葱や水菜、えのきやしめじなどがふんだんに敷かれている。豚肉に野菜をたっぷりと巻き込んで、一口に頬張る。蒸してはいるものの、豚肉は旨味が強くて、さっぱりとしたおろしだれや、爽やかな柚子胡椒との相性がいい。小鉢に味噌汁、香の物付き。

お隣の方は、鉄板をジュージューさせるステーキやハンバーグ。あゝ、この音は罪作り。あっさりとと思ってココに来たのに、別の欲が湧いてくる。次は、何を頂くかなぁ。その前に無事入れるといいのだが。

【お店情報】
朔月 銀座3-3-14 銀座グランディアⅡ 9F 地図

| | コメント (0)

2019年6月16日

酒一番/宝雲亭 (博多)

R0007534001

旅の最後は、やはり博多。

続きを読む "酒一番/宝雲亭 (博多)"

| | コメント (0)

2019年6月12日

北野 旬魚の炭火焼き (銀座)

R0007861002_1

焼き魚が食べたくて、久しぶりに北野に来る。炭割烹を名乗る店で、ランチタイムでも、炭火で焼く魚や肉、野菜のランチ(1,200円)が気に入っている店だ。けれども、最近すっかり人気で、入れるかどうか心配になるくらい。

今日も2階へと続く階段を上る途中から、店の賑やかな空気が伝わって来て、そわそわする。店前の黒板を見ると、12時前というのに売り切れのメニューはあるし、扉を開けると想像どおりの活況ぶり。「一人ですが…」と伺ってみれば、「相席でよろしければ」という案内。カウンター以外の席、しかも相席は初めてだが、ありがたく席を頂戴する。

メニューによれば、鯵の塩焼きは売り切れているが、サクラマスの「木の芽焼き」というのが目に入る。木の芽焼きか、風情があるなぁ。うん、今日はコレだ。届いたものは、照り良く焼かれた朱色の身と、香ばしい焼き目。口にすると脂と旨味がトロリと溶ける一方で、木の芽の香りがふうわりと。短い時間のランチでも、気持ちが豊かになる気がする。

小鉢に漬物、旨いご飯に味噌汁、甘味付きという安定の旨い定食。一人帰れば、また客が来るという繁盛ぶり。煮付けや丼も気にはなるが、ここではやはり焼き物が好い。

【お店情報】
炭割烹 北野 銀座7-2先 地図

| | コメント (0)

より以前の記事一覧