2019年9月20日

魚や 魚づくし (銀座)

R0008880001

自分のことですら、1分後のことは分からない。久しぶりにグリーンカレーを食べようかと、インズのチャオタイへと向かう途中、魚やの前を通りがかったら、焼き魚の気分になってしまった。焼魚なら、三種盛り合わせにしようと思っていたのに、なんだか鯖味噌も食べたくなって、それなら魚づくし(980円)だと相成った。

魚づくしは、その名のとおり、刺身に焼魚、煮魚、魚のフライ、味噌汁もアラ汁という定食。それぞれはやや小さめだが、これだけ揃うと見事なものだ。注文するとサッと出てくるが、焼魚もフライも温かいというのも嬉しいし、味噌煮のこっくりとした味わいは、ご飯にぴったり。玉子焼き付きというところにも、ご機嫌になる。

やや薄暗く昔乍らの居酒屋風な店で、てっきりサラリーマンのランチ処かと思いきや、女性の姿も想像以上。店で働く方々の活気も心地いい。

【お店情報】
魚や 銀座店 銀座西2-2 銀座インズ2 B1 地図

| | コメント (0)

2019年9月19日

キッチン大正軒 豚しょうが焼きセット (有楽町)

R0008877002_20190920080201

今日は断然揚げ物気分で、揚げ物パラダイス、東京交通会館の一角にやって来る。キッチン大勝軒とあけぼのが並ぶ一角。旨いフライを求めて、多くの方が並ぶ場所。昼のピークタイムより少し早い時間だというにも関わらず、両店ともに行列が出来ている。長さはそうだな、同じくらいか。

さて、どちらに並ぼうか。壁に張られたメニュー(これがまた、とても豊富で悩ましいのだが)を見遣って、「よしっ」とキッチン大勝軒の行列の最後尾についた。こちらのほうが久しぶりだし、何より惹かれたのがしょうが焼き。揚げ物気分で来たはずだが、「揚げ物にしょうが焼き」と思ったら、ますますグッと来るじゃないか。

豚しょうが焼きとフライのセットも、これまた豊富。アジフライにエビフライ、から揚げ、メンチカツ等々。選んだのは、しょうが焼きに、アジフライとクリームコロッケがつく豚しょうが焼きセット(1,050円)。

ドンッと盛りのいい皿が目に入ると、さぁ食べるぞ!と食欲が湧いてくるというもの。先ず手を付けたのがクリームコロッケ。ここのフライの好きなところは、サクサクカリカリの衣。揚げた香ばしい香りもあって、そこから溢れるとろーりクリーム。アジフライなら身厚でふっかり。歯を入れるとふわっと鯵の香りが立つところも好きなんだ。

一方の豚しょうが焼きは、厚みがあって脂身も多め。たれもよく絡んで旨味たっぷり。親しみがありながらも、肉屋直営らしいちょっと贅沢な肉使いが好い。行儀は悪いが、千切りキャベツや落ちたフライの衣、ケチャップスパゲティーなんかを皿の上で集めて、ご飯とともに掻き込むまでが、ここの定食の醍醐味。

外に出ると変わらず行列が出来ているが、自分が並んで、出てくるまでで20分ほど。並んでいる間に注文を聞いてくれるから、店に入ってから待つ時間が短いというところもミソ。ホールを捌くおねえさんも大変に気持ちが良い。並んでも美味しく、気持ちよく食べさせてくれる。そんなところも大好きなのだ。

【お店情報】
キッチン大正軒 有楽町2-10-1 東京交通会館B1 地図

| | コメント (0)

2019年9月17日

京すし 煮魚膳 (京橋)

R0008853001

今日は魚の定食をと、久しぶりに京すしを目指す。エドグランの1階にある老舗の寿司屋。ランチタイムには、鉄火やあじ、さば、かんぱちなど、2種類を乗せたどんぶりが人気で、行列も出来る繁盛店。今日も伺うと、先にお一人お待ちだったが、5分とせずに、席に案内して頂けた。

自分の目当ては、件のどんぶりではなく、煮魚膳(1,400円)。前に頂いたふっくらした鰈の煮付けは絶品だった。今日の煮付けも、偶然にも鰈。口にするとふわりとほどけて、こっくりとしつつも品のよい味わいが、じんわりと広がる。そこに、つやつやのご飯。噛み締めれば、煮汁にご飯の甘みが混ざり合って、何とも旨い。日本人でよかったというやつだ。

刺身にしらすおろし、お新香。口にするとじわっと出汁があふれる甘めの玉子焼きもついて、少々贅沢だが、大満足の昼の定食。

どうやらこの煮魚膳、今日は自分の分で売り切れ。数量限定ゆえ、早い時間のほうが良い様子。

【お店情報】
京すし 京橋2-2-1 京橋エドグラン1F 地図

| | コメント (0)

2019年9月16日

しまや (弘前)

Img_20190815_174730001

昨年の青森の旅では、伺うことができなかったしまや。今年は、以前と同じように暖簾がかかり、引き戸を開けると、いつもの場所におかあさんの姿。「あら、いらっしゃい」と変わらぬ様子で迎えてくれた。

続きを読む "しまや (弘前)"

| | コメント (0)

2019年9月10日

白桜 銀鱈の煮付け (銀座)

R0008793003

ある日、ヴォージュやHARE GINZAのランチを知らせるメニューの奥にひっそりと、ランチメニューを書いた小さな黒板が置かれるようになったことに気が付いた。メニューは、ハンバーグだったり、から揚げだったり、魚の煮付けだったり。気になってはいたものの、この道を通るときは、大抵、アソコに行こうと決めていることが多いから、中々伺えずにいたところ。

今日もヴォージュに引き込まれそうになりながら、エレベーターで5階。エレベーター正面の店に「小料理 白桜」という文字と、今日のランチメニューが書かれた小さな看板が出ていて、そこだと分かる。ドキドキしながら入ってみると、和の造りの綺麗な店。「こんにちは」と声をかけると、「お好きなところへどうぞ」と女性が迎えてくれた。

今日のランチメニューは、から揚げ又は銀鱈の煮付け(1,000円)。銀鱈をお願いすると、金平や煮卵、高菜漬けなど、小鉢が次々運ばれてきて、「お魚が小さいから」と南瓜の煮物のサービス。期せずして、小鉢が沢山の定食のできあがり。ご飯はふっくらつやつや。こういう定食が食べたいときってあるんだよな。

さっと出してくれるところも、短い昼休みにはありがたい。いらっしゃったご常連さんには、「あら、魚も食べるのね」なんて冗談を言いながら、明るく笑う。夜が本業の店の昼の顔。こういうのも銀座らしい。

【お店情報】
白桜(はくら) 銀座5-4-15 西五ビル 5F 地図

| | コメント (0)

2019年9月 9日

BARA dining BARAランチ (銀座)

R0008786002

鉄道が大混乱の午前中。皆様おつかれさまでした。職場は人が半分以下。飲食店の方も同様で、ランチタイムの営業を中止したり、営業時間を後ろに倒したりするお店も目にする。伺おうと向かった店も、ランチは休みの様子で、辺りをぶらり。

茨城のアンテナショップ「イバラキセンス」の前を通ったところ、平日のランチメニューに「冷しゃぶ」の文字を見つけた。今日は夏より夏らしい暑さだし、豚肉も好きだ。それに、このアンテナショップがリニューアルして、一度も伺ったことがなかったしと暖簾を潜る。

目当てのランチは平日限定の週替わりのBARAランチ(950円)。リニューアル直後に比べると、随分と手軽な値段になった印象だ。こんもりと盛られた豚肉の下には、茨城産の野菜がたっぷり。豚肉はオッと思うほどにしっとり柔らかで、野菜を巻いて食べるのにとても好い。さっぱりとしたごまだれとの相性は言わずもがなだし、この暑さに似合い。しじみの味噌汁に、魚の南蛮漬け付き。

他には、スープカレーや納豆スパゲティ。他の方が召し上がっていて気になったのは、野菜と豚肉のせいろ蒸し。のんびりした雰囲気でゆったり過ごしたいときに向きそうだ。

【お店情報】
BARA dining 銀座1-2-1 紺屋ビル1F 地図

| | コメント (0)

2019年9月 5日

魚竹 鮭焼と漬まぐろのセット (築地)

R0008757002

焼き魚にちょっとした小鉢がつく定食。今日食べたいのはそんな感じ。幾つか店が思い浮かぶが、今日の予定を考えると、魚竹まで足を延ばせるかもしれない。ちょっとご無沙汰してしまっているな。思い付くと気が逸る。

昼は魚の旨い定食が人気の繁盛店。故に少々待つこともあるが、ちょうど店を出る方との入れ違いで、都合よく席にありつけた。

先日から「いくら」が始まったようで、鮭いくらの親子丼もあったが、今日は鮭焼に、夜伺ったときの大好物の「漬まぐろ」を(1,400円)。

ご飯や味噌汁のセットに、漬まぐろ、そして鮭と続々とやって来る。膳に設えて箸を割って、先ず味噌汁をズズズッと。ハァァー、旨い。コクとまろやかな味噌。温かさがゆっくりと喉から胃へと伝わっていく。そして鮭。口にすると、肉厚の身とジワリと滲む佳い脂。そこへ焼けた皮の芳ばしい香りがふわりと鼻を抜けて、その素晴らしさについつい唸る。旨い白飯との相性も云う事なしだ。

そして、漬まぐろ。何が好きかって刻みわざびが添えられているところだ。ぬらりとして、旨味と酸味、爽やかな辛味がキリリと効く。ご飯も好いが、これはやっぱり酒だなぁ。

次から次へと客はやって来るが、皆静かに、倖せそうに頬張って帰っていく。短い時間で、旨いものを、気持ちよく。ここには全てが揃っている。

【お店情報】
魚竹 築地1-9-1 地図

| | コメント (0)

2019年9月 3日

都鳥 唐揚げライス (京橋)

R0008696002

十数年、ずっと気になっていたから揚げがある。それが、京橋にある都鳥のランチに出ている唐揚げライス(1,300円)。焼鳥の有名店、伊勢廣や栄一と同じ通りにある焼鳥店で、創業は古く昭和26年と聞く。ランチタイムには焼鳥もあるというのに、多くの人が注文する唐揚げ。ずっと頭の片隅にあったもの。

来るまでに十数年もかかったのは、店の場所がやや遠いことと、から揚げ熱が上がって来るのが、年に一度くらいということ。子供の頃は、から揚げが好物でよく食べたものだが、その頃に、一生分近いから揚げを食べてしまったのかもしれない。

それはさて置き、都鳥。暖簾を潜って引戸を開けると、「いらっしゃい。空いているところへどうぞ」と威勢の良い声が耳に届く。一人客は、1階のカウンター席。目の前は厨房で、次々と入る注文を、声を掛け合い仕上げていく。こういう空気感、好きだ。

お茶に鳥スープ、漬物、ご飯をやって来て、目当ての唐揚げもあっという間に揃う。なるほど、これはインパクトがある。平べったい大きな唐揚げがドカリと4つ。それに、香りの芳ばしさ。喉が鳴るというやつだ。大きく口を開けて一口ガブリと齧り付くと、衣のカラリとした食感に続いて、しっとりジュワッと存在感のある鶏肉。下味のしっかりついたご飯に似合いの唐揚げ。家の唐揚げも下味をたっぷりと効かせたやつだったなぁ。

唐揚げライスは、限定30食。ご常連の中には、マヨネーズを追加でオーダーする方も。回転は速く、サッと食べられるところも、短い昼休みには有難い。

【お店情報】
都鳥 京橋1-4-10 地図

| | コメント (0)

2019年8月29日

母さんの台所 昼定食 (銀座)

R0008682001_20190830070301

気分は小鉢が幾つかある定食。メインの料理は、アジフライか焼魚か。それなら、いわたのお楽しみ定食を覗いてアジフライでなければ、母さんの台所へ行こうと算段する。先ずはと、いわたのお楽しみ定食を見てみてれば、今日はヒレカツとアジではない何かのフライ(忘れてしまった)。それならばと程近い母さんの台所へと足を運ぶ。

こちらのランチ(1,000円)は、魚が3~5種類と生姜焼きというのが定番。今日の魚を伺うと、鯖、鮭、あこう鯛。鯖は前に頂いたし――と、あこう鯛をお願いする。

ここの定食の好きなところは、小鉢が沢山並ぶところ、メイン料理とは別の盆に所狭しと器が並ぶ。今日は、夏野菜のマリネにひじきの煮付け、サラダに昆布と人参のご飯のお供。あこう鯛は粕漬けになっていて、口にすると、身も柔らかく、何より芳醇な香りがふんわりと。そこに旨いご飯があれば云うことなしだ。

今日は、お客様から頂いたからと、西瓜のサービス。鮮やかな赤色の見事な西瓜。そう云えば、今年の夏は、西瓜を食べた記憶がないなぁ。

素っ気ないビルの一階。冷気を逃がさないため、入口を閉じたままにしているから、益々入り難いように見えるが、いざ扉を開けてみると、不思議とアットホームで、大満足のランチが頂ける気に入りの店。

【お店情報】
母さんの台所 銀座4-5-16 地図

| | コメント (0)

2019年8月23日

岩戸 豚汁 (銀座)

R0008621001

冷たいものを口にする機会が多いせいか、今日食べたいものは温かいもの。それも汁物が好い。そうとすると、三州屋の鳥豆腐か、岩戸の豚汁(1,000円)。夜の予定を考えると、そうだな、昼は豚汁だな。

外を歩いている間は蒸し暑いが、店の中は冷房が効いていて、むしろ豚汁が恋しいくらい。実は少々久しぶりだが、相変わらず、大振りの大根や人参。それに、里芋が入っているところが好きだ。具をガブリと頬張って、汁をズズズッー。身体中に温かさが染みていく。

お供の鮪の漬けは、いつもよりも多いんじゃないかと思うくらいにふんだんにあって、ご飯にたっぷりと乗せて。豚汁と漬けとご飯。この組み合わせは、毎日食べてもいいと思う、体に馴染んだ普段着の好い食事。

隣の方は、夏の名物「冷汁」を。冷汁も旨いが、あのさつま揚げも旨いんだよな。少し夏の終わりを感じる今日此の頃。夏が終わってしまう前に是非とも。

【お店情報】
岩戸 銀座店 銀座1-5-1 地図

| | コメント (0)

より以前の記事一覧