2017年6月28日

三州屋 アジフライ定食 (銀座)

R0000593002_2

今日はどうしたってアジフライ。この辺りなら、キッチン大正軒のアジフライも魅惑的だが、向かったのは三州屋。三州屋のアジフライが久しぶりというのもあるが、食べたかったのが、鯵を開いて尾っぽが付いたタイプではなく、半身のタイプだったから。

 

生憎の天気だというのに、三州屋は流石の盛況ぶり。カウンターの端でちょうど会計をしている人がいて、入れ違いに席を確保。お姐さんが、相変わらずのクールな顔をしながらも、「今日は何にする?」と一声。迎えてくれる店がある有難さ。ホワイトボードを一睨みして、「アジフライを」とお願いする。

 

ほどなく届くアジフライ(1,050円)。いつもより小ぶりに見えるが、厚みはスゴイ。さてとと、衣に歯を立てると、湯気と水蒸気がホコッと立ち上がり、中から、しっとりとした鯵が顔を見せる。ギリギリ寸止めで熱を入れましたというような生やかさで、咀嚼していくと鯵らしい香りと甘みがやってくる。あゝ、これだよ、これ。

 

そこへ、ホカホカご飯と味噌汁、漬物と順々に放り込むと、改めて定食としての良さを思うのだ。

 

【お店情報】

三州屋 銀座店 銀座2-3-4 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月15日

髭戎 森林鶏の竜田揚げ (銀座)

R0000478002

近々再訪をと云っておきながら、随分と間が空いてしまった。火・木のみのランチ営業のため、思い出したが別の曜日なんてこともあったりして、半年以上も経ってしまった。

 

前に悩んだ生姜焼きをと思って来たが、定番以外にも新しいメニューが幾つかあって、これまた悩む。前に美味しく頂いたから、ホワイトカレーなんて捻ったメニューも気になるし、トンカツなんかも旨いに違いない。あれこれ悩んで、お願いしたのは、森林鶏の竜田揚げ(1,100)

 

想像していたよりも、ずっと色鮮やかな皿がやって来た。てっきりから揚げ的なものを想像していたが、大きく作った竜田揚げ2枚を食べやすい大きさにカットして、野菜を飾ったものらしい。醤油ベースの酸味と辛味のあるタレが、揚げた衣によく合って好い。

 

グラノーラなども入った充実サラダに、五穀米のご飯。小鉢にスープ。食後にはコーヒーと小さな焼き菓子付き。料理もいいが、店を切り盛りする二人の雰囲気も好い。今度こそ生姜焼きだ。次はこんなにも間を空けないうちに。

 

【お店情報】

髭戎 銀座4-3-2 銀座槁ビル5F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月13日

北野 豚肩ロースの炭火焼き (銀座)

R0000468003_2

あまりの肌寒さに温かいものが頭を過ぎったが、今日はここに来ると決めていたんだ。前に魚の炭火焼きと頂いて、必ずやまたと思っていた北野。

 

あの日食べられなかった鯵フライはあるだろうかと思って来たが、どうやら日替わり的なメニューだったらしい。今日はそのポジションには、まぐろの漬け丼が記されている。それなら他の炭火焼きと、豚肩ロースの炭火焼き(1,200円)をお願いする。

 

串を打って、厨房に大きく設えられた焼き台で焼いている時間もお楽しみ。香ばしく焼けた豚肉は、そもままでもジワリと染み出る脂が旨いし、添えてある梅味噌ダレが心憎い。添えられた焼いたトマトも甘くて好い。


それに小鉢を始めとする周りも素敵。今日の小鉢なら、つぶ貝と大豆の煮物。香りだけでも旨い蜆の味噌汁に、ほかほかご飯。蕪のぬか漬けなら、つけ具合と香りがとても好みだ。

 

食後には、デザート付き。今日は杏仁豆腐だった。どうやら、魚は日によって入っているものが違うらしい。なるほどそれでメニューが日によって違うのか。次出会える料理も気になるが、隣の方の金目の煮付けも旨そうだったし、トマトと思うと野菜の炭火焼きも気になる。あゝ、次が待ち遠しい。

 

【お店情報】

炭割烹 北野 銀座7-2-先 銀座コリドー街 2F 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月 6日

ちゃんぷるぅ家 ゴーヤチャンプルー定食 (銀座)

R0000413001

別の店に向っているはずだったのに、こんな陽気だからか、急に沖縄料理が食べたくなった。この辺りだと、ちゃんぷるぃ家。この近くにオフィスがあった頃は、良く伺っていたが、あれからもう、10年近く経つはずだ。

 

階段で地下に降りてみると、以前と全く変わっていない。メニューも変わっていない印象。昔、気に入っていたゴーヤチャンプルーと半ソーキそばのセットもそのままだ。新しいといえば、週替わりのそばなんてメニューがあることくらい。

 

半ゴーヤ半そばとも迷ったが、今日はド直球にゴーヤチャンプルー定食(831円)。シャキシャキに食感を残したゴーヤも好いが、すごく好みの焼き加減の玉子。それに、スープにはかき玉が入っていて、狙ったわけでもないのに、玉子にウハウハ。

 

食べている途中に、「おかず大盛り100円」なんて文字に気付いてしまった。これは嬉しい。次回は絶対そうしよう。ちなみに、セットも「おかず」「そば」のそれぞれ大盛り指定可だそうだ。

 

【お店情報】

ちゃんぷるぅ家 銀座3-4-16 B1 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月31日

みちのく みちのく定食 (銀座)

R0000375001

昨日は職場が用意してくれた弁当だったから、今日は好きなあそこに行こう!と楽しみにしていたのに、そうはさせてくれないらしい。でも、味噌汁は飲みたいし、温かい料理が食べたい。それで、近場で提供も早いところと、久しぶりにインズのみちのくに足を向ける。

 

いも煮やバラ焼き、牛たんなど、ランチタイムにも東北らしい料理があって、迷いに迷って、日替わりのみちのく定食(1,000円)。刺身、煮魚、焼魚のセットで、それぞれ内容は日替わりという定食。

 

今日は鯛の刺身に、鯖味噌煮、赤魚の粕漬。しかも、それぞれ量があるのも嬉しい。味噌汁を一口、もう一口と飲んで落ち着いたところで、メインの魚料理。加えて、玉子焼き、昆布の佃煮、漬物と勢ぞろいのご飯の友のおかげで、気前のいい盛りのご飯もペロリと消えてしまう。

 

短い時間の休息だが、ほっと息のつけるひと時。伺い始めた当初から長く板場にいらっしゃった方の姿が見えないのが、気がかりだ。

 

【お店情報】

みちのく 銀座西2-2 銀座インズ2 2F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月26日

岩戸 豚汁定食 (銀座)

R0000318001

肌寒いし、ゆっくり昼をとっている時間もないし。こういうとき、救いの手を差し伸べてくれるのは、お馴染み、岩戸の豚汁定食(920円)。

 

ゴロゴロと入る大振りの具材がここの特長だが、今日はそれが山盛り。特に大根と豚肉がいつも以上に入っていて堪らない。歩いてくる途中は、肌寒かったというのに、ふうふう、アツアツ、ズズズッーと食べ進めると、汗が滲み始めて、ジャケットを脱ぐ。

 

それに鮪の漬け。これをご飯に乗っけて頬張るのもお約束。変わったところは、もやしの小鉢が、今日はひじき煮になっていたこと。鶏肉の味がきいて、これまたご飯が進むやつ。

 

大満足して店を出る。雨脚は大分緩やか。そうか、もう梅雨も近い。そして、冷汁の季節も、もうすぐそこだ。

 

【お店情報】

岩戸 銀座店 銀座1-5-1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月24日

銀座虎杖 わら焼き鰹のたたき御膳 (銀座)

R0000305003_2

訳あって東急プラザ。世間の興味がGINZA SIXに移っている昨今、空いているかと思いきや、意外に人が入っている。とはいえ、レストランフロアで行列が出来ているのは、つるとんたんのみ。他はどこでもいい具合に空席がある。

 

昨日から、興味を惹かれるのは魚で、それで銀座虎杖。今や色々な場所に姉妹店があるが、ここは少し高級路線らしい。とはいえ、ランチは1,080円~と周りの店と比べてリーズナブル。

 

特別価格で出ていた「天然本マグロ炙り重」も気になったが、季節柄、「鰹のたたき」がやっぱり気になる(いずれも1,080円)。

 

鰹は、うれしいことにたっぷり八切れ。玉ねぎの薄切りもふんだんに添えられている。茗荷や生姜をつけて口の放りこむと、わら焼き特有の芳しさがふわりと立つ。それに、小鉢や漬物、ご飯のとものじゃこなんかも揃って、中々充実した内容。それに、店の方の気配りが素晴らしい。

 

【お店情報】

銀座虎杖 銀座5-2-1 東急プラザ銀座10F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月23日

伴助 さば干物定食 (銀座)

R0000292001_2

今日は魚と決めて、とある前の店の前。確か、魚料理があるはずとメニューを確認している傍から、あれよあれよと人が入っていく。その数ざっと10人弱。魚料理があることは分かったが、このタイミングで入るのは良くない。

 

それで、この辺りで別の魚の店――と頭を捻って出てきたのがここ。高級干物「伴助」の旗艦店。1階はショップ、2階がレストランになっている。前に頂いたが、干物が美味しいのはもちろんのこと、汁物や小鉢類も拘っているだけあって、美味しかった記憶がある。

 

今回も、さば干物定食(1,280円税抜)。見た目にもふっくら艶々。箸を入れると、飛び出すほどに脂が乗ってしっとり。けれども重さは全くなく、噛みしめると、只々旨味がジュワリと迸る。そこにご飯と味噌汁を放り込む幸せと云った。ちなみに、味噌汁は、豚汁のように具沢山で風味がよ好く、とても好みだ。

 

ご飯に干物を乗せ、出汁と薬味でかけてお茶漬けにも。それにしても、出してくれる冷たいお茶がありがたい季節になったものだ。

 

【お店情報】

銀座伴助 銀座3-5-17 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月19日

いちにぃさん 黒豚ねぎしゃぶセット (銀座)

R0000247002_2

昨日、美味しい魚料理をたらふく戴いたもんだから、今日は少しヘルシーになんて殊勝なことを思い、いちにぃさんの蒸し豆腐なんてどうだろうとやって来る。せいろで蒸した豆腐と野菜。それに好物の豚汁も付くというセット。

 

けれども、もう一つここには好物があって、それが黒豚ねぎしゃぶセット(980)。メニューを見たら迷ってしまって、結局、ねぎしゃぶをお願いすることに。

 

鰹の香りが豊かなそばつゆの中に、薄切りの豚と団子。それに、これまたたっぷりとした葱。にも拘わらず、薬味に使ってくださいと、別盛りの葱。この葱ダクが好いんだ。温まって少ししんなりとした葱と豚、それに柚子胡椒を少しつけて。すると、シャクシャクとした葱の食感と豚の旨味がやってきて、葱や柚子胡椒、さらには汁の鰹の香りが追いかけてくる。

 

セットには蒸した野菜と、きびなご寿司。元々のセットは、野菜と蒸し玉子ご飯だが、可愛らしいサイズのきびなご寿司に変えて貰うのが常。きびなごに、薄切りにした大根の酢漬けが載っていて、そのキュッと柔らかい酸味が嬉しいのだ。

 

【お店情報】

いちにぃさん 銀座店 銀座西3-1 銀座インズ1B1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月11日

三州屋 カツオ叩き定食 (銀座)

R0000200004

どうしても、今日は鰹だ。高知のアンテナショップのレストランで藁焼きなんかもいいなと頭をかすめたが、やっぱりここは三州屋。


なんてったって、定食としての態が素敵だ。鰹の他に、もう一つのメイン料理とも云える鳥豆腐。それに旨いご飯とたっぷりと盛られた漬物。素晴らしい。

 

早々に届いた、厚切りの切り身が7切れ程、それに生姜や葱、穂紫蘇と薬味も揃った待望の皿にニンマリ。まだ脂の少ない若い鰹に薬味を乗せてパクリ。続けざまに、ご飯を介して鳥豆腐をズズッと。そして、合いの手に漬物。どこを切り取っても幸せな流れ。


隣の若い二人組は、外回り途中の昼食らしい。しかも、初めてのココのようで、「すごい!」「美味しい!」と盛り上がっている。その初々しさが、若い鰹と初夏に似合い。

 

【お店情報】

三州屋 銀座2-3-4 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧