2021年11月30日

高円寺食堂 おばんざいプレート (高円寺)

R0000582002

色々なおかずのある定食。それにご飯と味噌汁。今日はそういう気分だ。定食屋は、数店思い浮かぶが、品数を考えると、高円寺食堂のおばんざい定食は素敵だ。日替わりの惣菜が7品ほどとサラダ、ご飯と味噌汁がセットの定食。野菜が中心だが、肉類なども入っていて、ボリューム的にも満足できるところが、お気に入り。

弁当や惣菜のテイクアウトがメインの店。小さな入口から入ると、イートインスペースもあるというスタイル。今日は、イートインに先客はいなかったが、店頭・UberEATSでの弁当の注文がたくさん入っていて、とても忙しそうだ。「お時間かかるかもしれませんが...」と云われたが、「どうぞ、どうぞ」と答えると、あっという前に運ばれてきた。

鳥ハムのサラダに、ほうれん草の和え物や、筑前煮、ひじきと竹輪のサラダなどの他、店の名物の唐揚げも。温かいものは、ちゃんと温かいところも好い。今日は、ほうれん草が2種類の料理に使われていているが、これが味が濃くて旨い。有機野菜やオーガニックに拘り、全国の農家からその日届いたものを使うそうだから、旬の野菜が多くなるのは当然。あれこれ工夫をしながら、料理を出してくれる姿勢も素敵だ。

いつの間にやら、どんどん客がやってきて、ほぼ満席。気軽に健康的な定食が食べられる店は、人気絶大。

【お店情報】
高円寺食堂 高円寺南2-20-9 地図

| | コメント (0)

2021年11月25日

Chatoan 赤飯豚汁セット (阿佐ヶ谷)

R0000495001

自宅で仕事をしている部屋が、随分と冷えるようになってきた。そうなると、食べたくなるのは温かい汁もの。今日は、どこへ出向こうか。久しぶりにChatoanで豚汁はどうだろう。住宅地の中にある甘味処だが、食事のメニューもあって、しかも、豚汁(しかも大と小が選べる)がいつもあるというのが素敵。中でも、赤飯に、季節の小鉢が2つつく豚汁セットがお気に入り。

お願いしたのは、もちろん豚汁セットの大。汁椀よりも二周りほど大きな立派なサイズにたっぷりと装われているのがうれしい。大根に豚肉、豆腐にごぼう、蒟蒻、人参、油揚げ等々、王道どころが勢揃い。ほんのり甘めでほっとする。そして、赤飯は、もっちりとしてやさしい味。上に乗った胡麻がこれまた好い味わい。

今日の小鉢は、菜の花とラディッシュの酢の物と、蓮根とピーマン、ベーコンの炒め物。季節の野菜を使った健康的な料理たち。少し上質な日常。そんな加減がとても好い。

店に入ったとき、「お水にしますか、お湯にしますか」と聞かれて、そういえば、寒くなってからは初めてだなと思い、お湯をお願いしたところ、柚子の皮が入っていて、温かさと爽やかな香りが届く。さりげない気遣いが、この店らしい。穏やかで、少しゆっくりしていきませんか?というような、空気感も好い。

【お店情報】
Chatoan (茶とあん) 阿佐谷北1-21-28 地図

| | コメント (0)

2021年11月24日

瓜坊の定食屋さん 鶏肉と白菜のあん煮 (荻窪)

R0000475001_20211125075701

そろそろここの定食が食べたくて、瓜坊の定食屋さん。旨いご飯に味噌汁、小鉢がいろいろあって、メインの料理は、和洋折衷日替わりで。その上健康的。そのスタイルがすっかり気に入ってしまって、定期的に来たくなる。

定食は日替わりで6種類ほど。今日のメニューも悩ましかった。麻婆豆腐に、生姜焼き、カレーグラタン&目玉焼き定食等々、好きに違いないものばかり。そんな中、お願いしたのは、鶏肉と白菜のあん煮、ゆず風味というもの。とろっと温かくて、そこに柚子の香りがふわり。寒い時期のご馳走らしさに惹かれてのこと。

膳が届くと、ふわりと柚子の香りも届く。先程擦ったばかりの活き活きとした香りがうれしい。白菜と餡がとろりとして、鶏むね肉もしっとりやわらか。スパイスや辛味のある料理も好きだが、日常には、こういう穏やかな料理が好い。

それに、小鉢類も4種類と充実。今日は、白和えや玉子焼きと好物が沢山入っていてホクホク。それに、味噌汁が旨いのだ。初めて厨房が見える席に座ったが、注文が入ってから、基本の汁に具材を入れ、一杯ごとに仕立てていて納得。厨房はかなり狭いが、あれこれやりくりしながらの調理に感心。さて、次は何を食べよう。

【お店情報】
瓜坊の定食屋さん&お惣菜 お弁当 荻窪5-7-11 地図

| | コメント (0)

2021年11月16日

かきとり 蒸し牡蠣定食に、カキフライを追加して (荻窪)

R0000373001

過日、荻窪の西口を歩いていたとき、「かきとり」なる看板が目に入った。近くには、「牡蠣と鶏が旨い店」とも書いてあり、なるほどと思うが、どこかの大手チェーン店のような外観に、失礼ながら、あまり惹かれなかったというのが正直なところ。けれども、ひょんなことから、ここが魚耕が営む店だと知って、気になる店に急浮上。

魚耕は、荻窪でいい魚を買うなら向かう鮮魚店。飲食店もやっていて、魚を食べるならと、地元で人気の店だったが、コロナ渦で休業し、そのまま閉店してしまった。自分にとっても、在宅勤務中にカキフライを食べるならの第一候補だったから、思いが果たせないままだった。だから、ここであったが百年目。

店に入ってみると、牡蠣や鶏のメニューの他に、「魚こうの海鮮丼」と書かれたメニューもあって、これを目当てに来ている方もいらっしゃる様子。

続きを読む "かきとり 蒸し牡蠣定食に、カキフライを追加して (荻窪)"

| | コメント (2)

2021年11月 2日

酒の穴 お好みランチ (銀座)

R0000143001

銀座ランチの好物の一つといえば、酒の穴の茶碗蒸しだ。脇役的についてくるものではなく、メインが張れるような立派な大きさの茶碗蒸し。たっぷり量があって、口にすると胃がポッと温かくなるところが好きだ。だから、年中好きだが、寒い季節は格別だ。

茶碗蒸しを選べるランチは幾つかあるが、今日は、好きなおかずを3つ選んで定食にするお好みランチ。

さぁて、今日はどんな料理があるだろう。茶碗蒸しは決まっているとして、刺身に焼き魚、フライに煮物等々、メニューは豊富。いつもは、肉か魚に、ほうれん草の胡麻かけをお願いすることが多いが、今日は鮭の柚庵焼きに、ほたてのぬた。好みで選ぶと、ついつい酒の肴みたいな料理になってしまうな。

来たよ、来た来た。直径も深さもたっぷりとある器で提供される茶碗蒸し。スプーンで掬うと、中から、海老や鶏肉、椎茸、銀杏、蟹の身等が、ごろごろと入る。もう何度も頂いているから分かっているにも関わらず、掬うたびに、「おぉ、海老」「ここには銀杏」なんて、宝探しをしているようで、これまた愉し。頬張ると、出汁のきいた柔らかい味わいが、ほろりとろりと胃に落ちる。その間の熱の移動を感じるのがとても好きだ。

この茶碗蒸しはとても人気で、「まだありますか?」と確認される人も多い一品。今日も伺ったときにほぼ満席で、残っているか心配になったくらい。茶碗蒸しが目当てならば、ぜひお早目に。

【お店情報】
酒の穴 銀座3-5-8 銀座らん月地階 地図

| | コメント (0)

2021年10月29日

おにぎりのさんかく山 けんちん汁定食 (荻窪)

R0000075001

温かい汁物の気分。握りたてのほかほかおにぎりもあるといい。それならば、おにぎりさんかく山だ。最近、温かい汁物というと、在宅のときは、ユッケジャンなどを求めることが多かったから、少し久しぶり。

大好きな店だが、最近益々人気なようで、オープンの12時に伺っても振られる始末。それで今日はオープン前に伺って待とうと決めて向かう。店の前には、すでに2人並んでいらっしゃるが、この順番なら安心だ。

アジフライや、鯖の塩焼きなど、メインのおかずがある定食もあるが、ここに来ると、ついついけんちん汁定食。キャベツに人参、豆腐、油揚げなどがゴロゴロ入る大振りの汁。味噌の味も出汁も、ほんわかとやさしい味わい。それに、秋だからだろうか。これまでの季節にはなかったさつま芋や、きのこ類がたっぷり。季節の物は、安くて美味い。こういうところも、健康的で好いところ。

そして、おにぎり。ご飯の温かさで、海苔の香りがふわりと立って、鼻を擽る。香りだけでもう旨い。手にすると、指から伝わって来るぬくもり。温かくて、やわらかくて、噛むとほろりと解けるところも好きだ。具は10種類からお好みで。

3種類の小鉢に漬物、食後には甘味付き。相変わらず人気で、食べ終わって店を出ると、そこには行列が。こういう定食が気軽に食べられるってありがたい。

【お店情報】
おにぎりのさんかく山 荻窪5-29-9 地図

| | コメント (0)

2021年10月26日

となりの食堂 銀鮭のしょうゆ麹焼 (荻窪)

R0000039002

ずっと気になっていたものの、緊急事態宣言中は休業していた店へようやっと。荻窪駅の西口を出てすぐの商店街。ズズイと歩いて、少し店の数も減って来たかと思うところにあるとなりの食堂。小さいが清潔感のある佇まいと、しょうが焼きや焼き魚など、定番的な定食が日替わりで並ぶ。それに、ライス大盛り無料とあるのが、食堂的で微笑ましい。

外から見たところ、カウンターだけだと思っていたが、どうやら店の奥にテーブル席があるらしい。今日のメニューは、焼き鯖や鶏ももの味噌漬けなど6種類。鶏ももの味噌漬けも旨そうだと思ったが、最近鮭に目がなくて、銀鮭のしょうゆ麹焼をお願いする。

届いたのは、鮭を中心に、ご飯に味噌汁、小鉢に漬物などが勢揃い。先ずは、味噌汁をと一口すすると、温かくてやわらかい。ほっとするとはこういうこと。そこで、鮭に手をつけると、こちらは脂のりのりで、香りもいいし、旨味たっぷり。これはご飯がすすむというもの。漬物が旨いというのも、とても好い。

12時を少し回った頃から、ご常連らしいサラリーマンが、一人また一人と来る。サイドメニューも豊富で、「焼き鯖に、コロッケ」と慣れた様子でご注文。定食は全品800円だから、一品追加してもリーズナブル。定食な気分のときに行きたい店が、また一つ。

【お店情報】
となりの食堂 上荻1-10-3 地図

| | コメント (0)

2021年10月22日

源氏 特選和牛肉すき焼き鍋 (荻窪)

R0017577001

雨。しかも一気に冬が来たような寒さ。こんな日なら、食べたくなるのは、やっぱり鍋。今日は在宅勤務だしなぁ…。うん、それならあそこだ、荻窪駅南口にある源氏。魚料理が食べたいときに伺う店だが、何故か、夏でもほぼ毎日鍋料理がランチメニューに並ぶ店。しかも日替わり。

そこを曲がると、店へと続く路地という角に、その日のメニューが置いてあって、今日の鍋メニューを探すと、「和牛肉すき焼き鍋」とある。そう、これ。すき焼き的でもあり、鍋的でもある。ランチにもとてもいい料理。

注文をすると、厨房に注文が届くが、すぐさま「すき焼き、ヤマでーす」という声が聞こえる。どうやら、自分の注文が、最後の一つだったらしい。まだ12時前。同じ気持ちで来た方が、沢山いらっしゃったんだなぁ。

刺身や海鮮丼の方よりも少し待つが、温かいお茶を飲みながら、待つというのも楽しいもの。届いたすき焼き鍋は、やわらかく、ふつふつと煮える。傍からには、生卵。割ってかき混ぜて、いざ鍋に向かう。鍋の中には、牛肉の他、葱に豆腐、白菜、茸と、確かにすき焼き。上等ではないが、気軽に食べるには十分な牛肉の旨味。甘辛い味に溶いた玉子を潜らせると、昼間っから贅沢をしている気分になる。

小鉢類が充実しているところも相変わらず。お浸し、サラダにお新香。ご飯に味噌汁。これで980円とは大充実。2階席もある大きな店だが、それでも待つ人が出るというのも納得だ。今日も相変わらずの繁盛ぶりで、そのうち西京焼きも売り切れ。夜の予約などの電話もかかってきている。

【お店情報】
日本料理 源氏 荻窪5-23-8 地図

| | コメント (0)

2021年10月21日

岩戸 豚汁定食 (銀座)

R0017569003

冷え込む朝。恋しくなるのは湯気だ。今日は出社したら、何を食べよう。温まるもの…。先ず思い浮かぶのは、岩戸の豚汁。せいろ蒸しもあるし、鍋料理もある。指向を変えて、鉄板でジュージュー音を立てる湯気だってあるじゃないか。はぁ、どれも久しぶりで、一つに決めるのが難しい。

そうなると、やっぱり愛しの岩戸。愛しの豚汁。そういえば、いつぶりだろうと調べてみると、岩戸に来るのは4か月ぶり、豚汁に至っては何と8か月ぶり。こんなに来られてなくなるなんて思ってもいなかった。

引戸を開けると、久しぶりに見る賑わいぶり。出社する人が増えてきたのだろうか。入口で「豚汁をお願いします」と注文して、札を貰うと、「カウンターの中程へどうぞ」と案内された。

豚汁の好きなところは、腰を落ち着かせるタイミングで届くことだ。大きな器にたっぷりと装われた豚汁に、まぐろの漬け、ご飯に漬物。眺めると、豚汁には豚肉がたっぷりだし、まぐろの漬けも、記憶にあるよりこんもりと。いつもの調子で食べると、ご飯が足りるか心配になるくらい。

先ずは、豚汁の器を持ち上げて、ズズズッと。そして、大振りの大根や里芋に齧り付く。そして、また汁をズズッ。豚の脂が浮いた汁が喉元を滑って胃に落ち着き、ほっかりと温まるのを感じる、この瞬間が好きだ。

それにお供の鮪の漬け。これは、たっぷりとご飯に載せて頬張ると、まぐろの旨味に海苔の香り、漬けタレの味わいがご飯に交じって、さらに口一杯に広がる旨味。そこへ、また豚汁を一口。豚汁とまぐろの漬け、ご飯の幸せのトライアングル。

そういえば、店前の冷し汁の上には、白い紙が貼られていて、今年はもう終わったことを知る。今年の夏はどこかへ行ってしまったけれど、やって来た秋と冬は、存分に愉しめることを。

【お店情報】
岩戸 銀座店 銀座1-5-1 地図

| | コメント (0)

2021年10月19日

テンポラネオ食堂 日替わり定食 (荻窪)

R0017529001

緊急事態宣言中は休業していた、好きな店に再訪。テンポラネオ食堂は、在宅勤務になって出会ったお気に入りの店の一つ。昼も夜も、拘りの日替わり定食(1,200円)1本のみ。目立たない場所にあるし、お一人で拵えるため、少々時間がかかる場合もあるが、この定食を目当てに客が絶えずやって来る。

伺うと、先客はなかったが、テイクアウトの予約が数名入っていて、「その後の用意になりますが」との案内。急ぐ理由もないし、今日はすっかりここの料理をいただく気分だったから、しばらく待つことに。

今日の料理は、ひじき入り鶏つくねと白菜の煮物、しらすときゅうりの酢の物、大好きな鰯丸干しに代えて、塩さば焼き。お馴染みの土鍋で炊いた雑穀ごはんに、野菜たっぷりの味噌汁、自家製ぬか漬け。いつ来ても、上質で健康的なところが好い。

何度食べても感激する、鰯丸干しはなかったが、塩さば焼も見事なこと。繊細な包丁使いに、たっぷりといい脂が載っていて、お見事。鰯以外も旨いのかぁ。

煮物なら、出汁のシンプルさと鶏つくねの雑味のない透明感。酢の物なら、好い素材とその生かし方。家庭でもできそうな料理が、店の料理として仕上がっているところが好い。玉子焼きは、少し甘味が加わって、休業前よりも好みかもしれない。

引き続き、感染症対策もばっちりで安心。几帳面な感じを受ける方もいらっしゃるかもしれないが、それも安全を考えてのやさしさだと感じる此の頃。またお伺いします。

【お店情報】
テンポラネオ食堂 荻窪5-18-9 杜ビル 1F 地図

| | コメント (0)

より以前の記事一覧