2021年4月22日

chatoan 赤飯・豚汁セット (阿佐ヶ谷)

R0015220003

阿佐ヶ谷の中心を走る中杉通りを1本高円寺側に入った住宅街の中に、chatoanという日本茶カフェがある。店名の由来は、「茶とあん」。それで、日本茶とあんこを使った菓子の店、という印象を持っていた。けれども、先日前を通って、改めてメニューを見てみると、ご飯メニューもあることに気付いた。それも、豚汁セットがあって、しかも、豚汁は大小から選べるという。これは絶対に来なくてはと思って、それで今日。

店は和風というよりは、カフェらしいすっきりと店内。カウンターでは、ご常連紳士がゆったりとお茶を飲んでいる。12時より少し早い時間。店主が「お食事ですか?」と訊ねてくれた。品書きを見ると、目当ての赤飯・豚汁セットの他、ぶっかけうどん+豚汁セットや、豚汁うどん、それぞれの単品などもあって、決めずに来たら、悩んでいたところだ。そして、豚汁はもちろん大。

運ばれてきた豚汁は、たしかに立派なサイズ。汁椀というより、やや小ぶりのどんぶりに、たっぷりと装われている。しかも具沢山というのが好い。豚肉の他、大根に人参、牛蒡に豆腐、蒟蒻、油揚げ等々、王道どころが勢揃い。そして、赤飯。久しぶり。もっちりとしてほんのり甘い、やさしい味。セットには、小鉢が2種類。筍のさつま揚げの煮物に、小松菜と蓮根の和え物と、季節感もあり、身体がよろこびそうなものばかり。

とてもゆっくりと時間が流れている。ゆったりとお茶を頂くにはぴったりだろう。新垣には、煎茶だけでも7種類。手作りの和菓子や、しるこ、かき氷などもある様子。中々そういう機会はないが、こんな風にのんびりと過ごす時間があっても好いかもしれない。

【お店情報】
chatoan (茶とあん) 阿佐谷北1-21-28 地図

| | コメント (0)

2021年4月21日

いわた お楽しみ定食 (銀座)

R0015214003

久しぶりの出社。新たに見つけた新しいランチも気になるが、やっぱりお馴染みの大好きな店。変わらず営っているか気になるというもの。今日向かったのは、いわた。お母さんはお元気だろうか。

店の前に出されている品書きで、今日のお楽しみ定食の内容を確認。3種類のおかずから2種類を選ぶ仕組み。今日は、メンチカツ、金目の西京焼き、刺身の3種類。アジフライがあるといいなぁと思っていたが、肉汁たっぷりのメンチカツが旨いことも知っている。それに、西京焼きも気になるし、以前頂いた刺身も好かった。

さて、どうしようと悩みながら、引戸を開けると、丁度声をかけようとしてくれたらしいお母さんと鉢合わせ。「あら、いらっしゃい」とニッコリ笑顔。お変わりないようで一安心。

結局、西京焼きと刺身を選ぶ。昨日と似たような感じになったなぁと思ったが、旨いものだし問題ない。西京焼きなら、旨味たっぷりの脂がのった金目と甘味がご飯に合うし、刺身も綺麗。それに、切干大根やメンマの煮物。漬物に、自家製のおかかのふりかけと、ご飯のお供が勢揃い。盛り沢山で、西京焼きの皿が斜めにしか置けないというのもご愛敬だ。

「メンチカツに金目」や「メンチカツに刺身」なんて注文が聞こえてくるが、今日はこれで大満足。帰り際には、「またね」とニッコリと見送ってくれるお母さん。胃袋も気持ちも満たされる倖せのランチがここにある。

【お店情報】
銀座いわた 銀座7-4-7 地図

| | コメント (0)

2021年4月20日

おさかな食堂 サワラのゆず香り焼き定食 (阿佐ヶ谷)

R0015182001

今日は阿佐ヶ谷でと駅周辺をうろうろとする。ペルシャ料理の店にも再訪したいし、ランチ営業を再開した居酒屋の定食も旨い。とりあえず、いつも行列で入れない食堂を覗いてみようと来ると、珍しく、今日は待っている人がいない。

阿佐ヶ谷のメイン商店街、パールセンターの駅側ほど近くにある、おさかな食堂。チェーン店のように見えるが個人店。店名のとおり、魚料理推しの店。清潔で一人で入りやすいこともあり、老若男女にファンがいる。

定食類が豊富なのも愉しいところだ。定番の定食に、旬の魚の定食や、日替わり定食等々。かつお叩きも旨いだろうし、鯖味噌煮なんて定番ものも好い。あれこれ思い巡らせながら品書きを捲っていると、最近の好物、サワラの文字が目に入る。うん、今日はこれだ。

サワラのゆず香り焼きの定食の、調子に乗って、小さい刺身が付くセット。「お焼するのに10分ほどかかりますがよろしいですか?」と聞かれたから、勿論です。忙しいランチタイムに、焼き置きをしていないことがむしろ素敵だ。

10分も待たずして運ばれてきた。程よい焼き目と艶が何ともそそる。ほぐして口にすると、爽やかな柚子の香りがふわり。品のいい鰆の味によく似合う。小刺身とあるが、立派で角の立った刺身が2種類4切の盛り合わせ。冷奴、漬物付きで大満足。

お茶をこまめにさしかえてくれるなど、接客も気持ちがいい。一組腰を上げれば、また一組やって来るという繁盛ぶりも納得というもの。そういえば、dancyuの今月号に掲載されているそう。

【お店情報】
おさかな食堂 阿佐谷南2-14-12 地図

| | コメント (0)

2021年4月18日

薫屋 (阿佐ヶ谷)

R0015028001

週末は、ここでの昼酒がお愉しみ。

続きを読む "薫屋 (阿佐ヶ谷)"

| | コメント (0)

2021年4月15日

源氏 本日の焼魚定食 (荻窪)

R0015131002_20210415204401

焼きでも煮でもいいが、今日は魚。以前、鍋料理に惹かれてすき焼き鍋を頂いた源氏。隣の方が食べていた煮魚が美味しそうだったのを思い出して、魚狙いでやって来る。ランチタイムも、刺身にちらし、焼魚、煮魚、フライに天ぷらと、魚料理に力が入っている。

メニューも日替わり。今日は、真鯛のかぶと煮や、洋風の平すずきのハジルソースなんていうのもあって悩ましいが、狙いを定めたのは。本鰆の照り焼き。以前から好きだが、最近、特に好きなのだ。

届いたのは、これまた立派な厚みの鰆。見た目にも、ふっくらしていて旨そうだ。箸を入れると、中々皿に辿り着かず、その厚みを実感。口にすると、しっとりふわり。上品な身の旨味の邪魔をしない照り焼きの程良い甘み。これがご飯にとても合う。

小鉢類が充実しているところも好い。まぐろ納豆に、ほうれん草のお浸し、サラダのお新香。これで980円とは大充実。2階席もある大きな店だが、それでも待つ人が出るというのも納得だ。魚が食べたくなったら、また来よう。

【お店情報】
日本料理 源氏 荻窪5-23-8 地図

| | コメント (0)

2021年4月13日

只今 おばんざいランチ (銀座)

R0015116002

コロナ渦で始めたランチで知って、すっかり気に入り夜にもお伺いするようになった只今。とは言え、今年に入ってから、ほぼテレワークになってしまい、随分と伺えていない。そんな折、先日前を通ったところ、ランチのお知らせの看板が出ておらず、気になっていた。ホームページを見ると、月曜日のランチはお休みのようで、今日伺ってみようと来た次第。

続きを読む "只今 おばんざいランチ (銀座)"

| | コメント (2)

2021年4月 9日

三州屋 穴子フライ定食 (銀座)

R0015014002

鰹なんていいじゃないかと向かったのは三州屋。開けっ放しにされた入口から中を覗くと、先客が何組かいらっしゃるが、長いテーブルに一組、二組。テーブルを仕切るパーテーションもすっかり馴染んだものだ。

さてと、とホワイトボードを見遣ると、「あなごフライ」の文字が見える。見間違いではないだろうかと、しっかりと見直しても、やっぱりあなごフライだ。お懐かしや。ブログを検索してみると約10年ぶり。復活してくれたらと思っていたが、要望が多かったらしく、カキフライと入れ替えに、まずはお試し復活とのこと。

そうなったら、やっぱりあなごフライだとお願いしたら、これまた立派な穴子でニンマリ。丸々一本を2つに切ってあるが、一切れの長さも幅も立派なこと。持ち上げてみるとズッシリ。なるほど身も厚いんだ。齧り付くと、サックリとした衣の下から、眩しい白。噛むほどに、品のよい甘みがじんわりと広がって、あゝ倖せだ。

食べている途中、お姐さんから「あなごフライ?」と声がかかる。「久しぶりですよね」と返すと、「しばらくなかったもんね」とニッコリ。きっとお姐さん方も嬉しいのだろう。正式復活に向けて、応援しなくては。

【お店情報】
三州屋 銀座店 銀座2-3-4 地図

| | コメント (2)

2021年4月 8日

高円寺食堂 おばんざいプレート (高円寺)

R0015004001

高円寺駅と新高円寺駅を結ぶ、人通りの多い商店街。前を通るたびに、客が惣菜や弁当を買っている姿を見て、てっきりテイクアウト専門店かと思っていたが、中で頂くことも出来ると知ったのは最近のこと。中はカウンターのみのカジュアルな店。

一番人気は唐揚げだそうだが、一方で、野菜をふんだんに使った惣菜もずらりと並ぶ。定食も、から揚げ定食に日替わり定食、おばんざいプレートなど、7種類ほど。日替わりが、好物の鯖の竜田揚げと聞いて悩んだが、おばんざいプレートをお願いする。

店頭でも販売されている野菜をふんだんに使った惣菜7種類の盛り合わせ定食。運ばれてきた膳の上には、サラダを中心に色とりどりの惣菜が勢揃い。コールスローにほうれん草のおひたし、大根のマリネなど、野菜が中心だが、鳥ハムの梅肉ソースや、ピーマンの肉詰めなど、肉を使った惣菜もあって、食べ応えも十分。オーガニックや有機野菜を使っているそうで、料理はもちろん、野菜自体が美味しいというのが印象的。

から揚げや日替わりの定食にも、惣菜が3品付くそう。こちらもバランスが良さそうだ。テイクアウトの他、UberEatsにも対応していて、ひっきりなしに注文が入る。気軽に健康的な料理が食べられること、ありがたし。

【お店情報】
高円寺食堂 高円寺南2-20-9 地図

| | コメント (0)

2021年4月 7日

葡萄屋 とりめし (銀座)

R0014988001

最近焼鳥が食べたくて、予約の電話をしたり、覗いてみたりしているのだが、振られ続き。焼鳥で飲みたいから、夜にと思っていたが、もうどうしても食べたくなって、ランチで食べようと算段する。そんな矢先、インズの葡萄屋が今月末で閉店すると知る。これは今日伺わなくては。

少し久しぶりになってしまったが、少しばかり暗い落ち着いた店の雰囲気は変わっていない。唐揚定食やジャン丼も人気だったが、不動の一番人気は、とりめしだろう。レバ、ぼんじり、つくねの焼鳥と、山菜、炒り玉子が乗ったどんぶり。特に、レバが好きだった。

「お待ちどうさま」と運ばれてきた丼の真ん中には、焼鳥たちが勢揃い。特に、艶々と光るレバが何ともそそる。つくねに、脂の香りも美味しいぼんじり、艶々としたレバは、「歯応え」よりも「舌触り」「口溶け」という言葉が相応しいほど、滑らかで軟らか。タレも好いし、何と言っても、炭で焼いた香りの好いこと。残り香にもうっとりする。

切干大根に漬物、水菓子付き。閉店を聞いて、いらっしゃった方もちらほらと。例えば、20代の頃初めて来たんだとおっしゃる還暦過ぎの方がいらっしゃって、「30日まで?また来るよ」と席を立つ。インズがまた少し寂しくなる。

【お店情報】
葡萄屋 銀座西2-2 銀座インズ2 地図

| | コメント (2)

2021年4月 6日

魚き食堂 3点盛り定食 (高円寺)

R0014984001

今日食べたいのは、旨い魚。それも、刺身や煮魚ではなく、焼魚。地元で人気の魚系の食堂が思い浮かぶが、この時間は行列が出来ているはず。それなら、あそこと向かったのは、新高円寺の魚き食堂。西京焼きを始めとする、漬け魚の専門店。

カウンター7席ほどの小体な店。けれども、テイクアウトに宅配と続々と注文が入る。ランチメニューも、銀しゃけ西京焼きを始めとした漬け魚がメイン。今日は、前回教えてもらった3点盛りの定食を。

今日の3点盛りは、カレイ西京焼き、サバ生姜醤油、豚ロース旨辛味噌の盛り合わせ。「豚をしゃけに換えることもできますよ」と声をかけて貰ったが、魚の気分だったのに、味噌漬けの豚肉も旨いよねとそのままお願い。

注文が入ってから、グリルで丁寧に焼いていく。焼き上がりが近付いたら、ご飯や味噌汁をセットして、「はい、お待たせしました」とカウンター越しに届く。見た目は地味だが、この照り、香りだけで、もう旨い。ほぐして一口。噛み締めると、魚や肉の旨味と漬けた床の甘みや辛味がじわりじわりと染み出てくる。その圧倒的な旨味は、追いかけて頬張るご飯が二口、三口ないと足りないくらいだ。

小鉢に、玉子焼き、漬物が2種類。これだけ揃うと、盛りのいいご飯も景気よくなくなっていく。いろいろな味が愉しめるこの3点盛り、いいなぁ。でも、食べたことのない単品があれば、そちらも気になる。次伺うのが愉しみだ。

【お店情報】
魚き食堂 高円寺南2-7-2 地図

| | コメント (0)

より以前の記事一覧