2017年2月22日

宮下 国産牛ハンバーグ御膳 (銀座)

Gr004811001

久しぶりのマロニエゲート。最上階の12階で、新メニューとして加わった親子丼や、30g増量中の文字に惹かれたしゃぶしゃぶと迷った挙句、限定10食のハンバーグ御膳(950)

 

肉割烹とあって、ランチタイムでも牛鍋やすき焼き、牛ひつまぶしなど、立派な値段の料理も並ぶが、件のハンバーグや月替わり御膳(1,080)を求めてやってくるサラリーマングループもちらほら。かく云う自分にとって、銀座が一望できるこの景色は、猫に小判だが。

 

鉄皿でジュージューとハンバーグはやって来る。目を奪われるのはその大きさ。鉄皿にギリギリいっぱいの立派なサイズ。下にはオニオンスライス。鉄皿とハンバーグに挟まれてじっくり熱され、甘みが増して、個人的なツボ。面白いのが茶碗蒸し。中には牛肉。牛のスープの餡がかかって、かなりのこっくり味。

 

サラダに味噌汁。セルフサービスでドリンク付き。限定10食といっても、他の料理を召し上がっている方も多く、早い時間でなくても大丈夫というのも、面白いところ。

 

【お店情報】

江戸前肉割烹 宮下 銀座2-2-14 マロニエゲート12F ぐるなび

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月20日

いわた お楽しみ定食 (銀座)

Gr004791001

今日は絶対フライ。ホントなら、東京交通会館のキッチン大正軒か、あけぼのに伺いたいところだが、前を通るたびの大行列に、最近すっかり意気消沈。

 でも、今日はどうしてもうまいフライなのだ。それならとやって来たのは、いわた。750円という頗るお得な」サービス提供も魅力だが、この店は、何と言ってもフライの旨さだ。

 

大抵、お楽しみ定食(1,050)の一つが、フライの盛り合わせになっている。日によってアジフライにカキフライ、メンチカツ等々。今日はカニクリームコロッケにヒレカツだ。

 

脂身が少なく柔らかく、けれどもグッと旨味を感じるヒレカツが2枚に、もう一方のクリームコロッケは、とろとろのクリームがたっぷり。ザクザクの衣なのに軽い揚げ上がりで、いくらでも食べられてしまいそうなのが素晴らしく恐ろしい。

 

それに、アラメや、ちくわと野菜の煮物、漬物や手作りのふりかけまで付くというのだから、堪らない。元気で陽気な女将さんの下町っぽい客あしらいも、好きなところ。一軒家の食堂、気軽で下町的、家庭的な雰囲気も好きだ。今年こそ、夜にフライとビールにやって来なければ。

 

【お店情報】

銀座 いわた 銀座7-4-7 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月16日

菊亭 牡蠣の天ぷら定食 (丸の内)

Gr004762001

最初は、フライが食べたいなぁなんて思っていたんだ。コロッケがいいかな、久しぶりにアジフライなんてどうだ等と、あーでもない、こうでもないと考えていたら、食べたい味が思い浮かんだ。それが何故だか、牡蠣の天ぷら。

 

そうと決まったら、向かうのはTOKIAの菊亭。限定15食で出されている季節の天ぷら定食。秋から冬にかけては、広島は地御前の牡蠣を使った天ぷら定食が用意されている(1,296円)。

 

10月に伺った頃は、まばらだった牡蠣の大きさも、今はすっかり長さも太さも立派。箸で持ち上げるのが難しいくらいにずっしりとした重さに、2口食べてもまだ食べ切れない大きさ。よく育ってくれたもんだ。噛みしめると磯の香りと牡蠣のエキスが溢れ出すのもお愉しみ。

 

気が付けば、もう2月も半ば。そろそろ牡蠣の料理を下ろす店も出始める頃。気が急いてくる。

 

【お店情報】

てんぷら 菊亭 丸の内2-7-3 東京ビル TOKIA B1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月13日

岩戸 豚汁定食 (銀座)

Gr004747001
今日はどうしたって、岩戸の豚汁。本当は、祝杯を上げたい気分だというのに、余裕がない。それなら、ここ。大好きな岩戸の豚汁で祝杯だ(920円)。

 

たっぷり熱々の豚汁。ズズズッーと啜って、よく味の染みた大根をかぶり。豚汁の温もりが体に伝わると、ホッと体も一息ついたようにやわらかくなる。それに寒い時期の愉しみは、里芋。つやつやでねっとりと舌に絡んで、季節の恵み、ご馳走だ。そして、鮪の漬け。これを温かいご飯に乗せて、一口で頬張るのも、もう一つのお愉しみ。

 

有り難いことに、自分は席にありつけたが、さすがは繁盛店。店を出ることには、席が空くのを待つ人の列。たくさんの人を支える店、いつもありがとうございます。

 

【お店情報】

岩戸 銀座店 銀座1-5-1 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月 9日

有薫酒蔵 だご汁定食 (銀座)

Gr004737002
暦の上では春だと云うのに、まだ冬真っ只中。どうにもこうにも、温かいものばかりが頭に浮かんでくる。毎日同じようなことを云っている気もするが、今日は、だご汁なんてどうだと思い付く。巧い具合に今日は木曜。有薫酒蔵で、木・金曜日限定で出しているメニューで、好物の具沢山の汁ものの一つ。


だご汁とは、小麦粉を練った平たい団子が入った汁物。ここでは味噌仕立てで、具材は色々。今日は、ドデカイさつま芋に里芋、人参、牛蒡の他、色を添える小松菜の緑が眩しい。寒い寒いと言いながらも、シャキシャキとした食感が鮮やか。温かい汁をズズッと吸うと、腹からポカポカと温まる。


それに、この店で好きなものの一つのおにぎり。少々小振りのおにぎりは、一つは梅や胡麻の混ぜご飯で、もう一つは塩。海苔が全面に巻いてあって、手にすると海苔を通してほんのりと伝わる温みが身に染みる。野菜や蒟蒻の煮物に、切干大根、玉子焼きに漬物。ヨーグルトと小鉢が充実しているのも好きなところだ。

 

他の客も、だご汁や、うどんやそうめんと温かい汁ものの注文がほとんど。寒い日が続くようですから、皆様、風邪などお召しになりませんよう。

 

【お店情報】

有薫酒蔵 銀座店 銀座2-2-18 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 6日

つばめや くまもと あか牛と野菜の陶板焼き (銀座)

Gr004719001
最近、つばめやの前を通ったときに、新メニューが出ていることに気が付いた。中でも気になったのが、くまもと あか牛と野菜の陶板焼き(1,360)。つい先週も食べた気がするが、鉄板や陶板でジュージューというのは、気分が盛り上がるし、この季節にはその温かさがありがたい。

 

ジューッと音を立ててやってきたものを見ると、これは素敵だ、想像以上。まず何がいいって、こんもりと盛り上がった様子。あか牛の薄切り肉の下には、キャベツや玉葱、人参、ピーマンが、それこそ山のように盛られている。それらが、下から加熱され、上に敷いた牛肉で蒸されることによって、旨みと甘味、香ばしさを増して旨い。

 

それに本命のあか牛もしっかりと量がある。だから、塩胡椒の味そのままを楽しんだり、タレをつけてみたり、さらにはご飯を巻いたりと、何通りもの食べ方で楽しめるのが好い。ちなみに、スープ付のセットは+100円。あゝ、それにしても旨くて満腹。野菜不足のときにもヨシ。

【お店情報】

つばめや 銀座1-2-1 紺屋ビル1F 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月30日

酒の穴 カキフライランチ (銀座)

Gr004681002
ある店の日替わりをチェックしたところ、自分の希望のものではなく、それで、近くのお店をうろうろ。そうだ、久しぶりに、大きな茶碗蒸しを食べようと、酒の穴へやって来る。たしか、前回は、満席で断られたんだった。イヤなことを思い出したが、今日は、無事席を確保。それでも、「カウンターでしたら」という繁盛ぶりだ。

 

さてと、いつものお好みランチでもと思い、品書きを開くと、開いたところがちょうど「カキフライランチ」(1,150)のページ。今日はカキフライでなくてもと思ったが、これも何かの縁。しかも、好きなおかずを一つ付けられるというから、茶碗蒸しも食べられるぞと、お願いする。

 

いや、これが想像以上に旨いカキフライ。小振りではあるが、強い旨みの牡蠣。箸で持っているとエキスがタラリタラリと垂れるほどのジューシーで、薄く香ばしい衣との相性もいい。使っているのは、大黒神島という瀬戸内最大の無人島で摂れるものだそうだ。

 

茶碗蒸しはいつものとおり、具がざくざくと出てくるビッグサイズ。それにしても、カキフライランチがあるうちに、もう一度来なくては。

 

【お店情報】

酒の穴 銀座3-5-8 銀座らん月 B1 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月27日

アラカルトン 豚ロースの生姜焼き (有楽町)

Gr004675008_2
豚肉なのである。厚切り肉のローストでも、生姜焼きでも何でも来い。それより問題は、どこで食べるか。それで思い出したのが、新有楽町ビルヂングの地下1階にあるアラカルトン。もう知ってから長いという
のに、はまの屋パーラーと同じフロアにあるから、ついつい存在感が薄くなってしまっていて申し訳ない。

 

豚料理を名乗る店で、店名だって「トン」がつく。ランチタイムは、頻繁に通う近隣にお勤めの方を意識してか、日替わり、週替わり、鳥のから揚げなど、豚以外のものもあるが、メニューのトップを飾るのは、豚料理。

 

限定15食という豚と野菜のせいろ蒸しと迷ったが、生姜焼き(1,000)。気になった特製の生姜ダレは、生姜がとても効いていてご飯をすすませる。豚肉が柔らかいから、ご飯を巻いて食べたい気分にさせられる。生姜の効果か、食べ終わる頃にはポカポカ。冷え症対策にもおすすめしたい。食後にはデザート付き。

 

ここに入る前も後も、はまの屋の様子を見たが、やっぱりいつも待つ人がいる。もはや昼休みには難しいのか……。

 

【お店情報】

アラカルトン 有楽町1-12-1 新有楽町ビルヂング B1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月26日

三州屋 カキフライ定食 (銀座)

Gr004661001_2
銀座2丁目の三州屋。2月から3月の中旬まで、内装工事のために休業。それほど頻繁に来ているわけではないが、それでも禁断症状がおきそうだと、休み前にやって来た。


この季節しばらく三州屋のランチがないというのは、すこぶるイタイ。大好物のカキフライに、冷えた身に染みる鳥豆腐。いい脂が乗った天然ぶりも好いもんだ。先日は、鳥豆腐にぶり叩きだったから、今日はカキフライ定食(1,350)


おおぉ、やはり、年を跨いだ牡蠣のフライ。見た目にも明らかだが、箸で持ち上げるときの重さと、口に入れようとしたときの大きさで、まざまざと思い知らされる。ザクッと粗い衣の下には、旨さと香りで膨れた牡蠣。咀嚼するたび旨みと油が入り混じって、じわりじゅわり。そしてさらに広がる潮の香り。堪らんな。

 

ちなみに、2丁目店が休むかわりに1丁目店は、昼夜通しで営業とのこと。

 

【お店情報】

三州屋 銀座店 銀座2-3-4 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月19日

赤から 赤から鍋 (銀座)

Gr004601001
冬のランチ鍋探訪。それで、赤からで「赤から鍋」。以前は、猛烈食堂という名前でエスニックなランチを提供していたが、赤からにリニューアルして、エスニックに加えて赤からで提供されているメニューが提供されるようになったらしい。

 

赤からは、ギンザグラッセにも入っているが、名古屋の赤味噌と赤唐辛子を使った「赤から鍋」が名物の店。そんな鍋が今日の目当て。

 

つくねに油揚げ、豆腐、モツ、もやし、白菜等、食感賑やかな鍋。見た目は赤いし、辛味もあるが、味噌らしいコク味や甘味も感じる。スープを飲めば、じんわりと胃から温まって、寒い季節はやっぱり鍋だと思わせる。セットのサラダや小鉢がエスニックテイストなのが融合店の面白さ。

 

ランチタイムには、赤から鍋(990)やパッタイ、フォーなどの単品メニューの他、エスニック料理のビュッフェも提供していて、入口でどちらかを申告するシステム。どちらも中々の人気のようだが、一番気になったのは、夜メニューのレモンサワーの充実ぶりだ。

 

【お店情報】

赤から 有楽町店 銀座西2-2 銀座インズ2 2F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧