2018年11月14日

菊亭 牡蠣の天ぷら定食 (丸の内)

R0005365001

この季節、毎年愉しみにしているものの一つが、菊亭の牡蠣の天ぷら(1,296)だ。もう出ているかだろうと踏んでやって来たが、今年もA4サイズに堂々と「季節限定 牡蠣の天ぷら定食」と書かれた他のメニューとは違う特別な品書きが、なんとも嬉しく頼もしい。

 

但し、数量限定。でも、上天重などが人気で、自分が伺う時間には売り切れていたことはない。それでも客が多い気配がすると、残っているだろうかとハラハラするが、きっとあるだろうと期待をしてお願いする。

 

程なくして表れた丸々とした牡蠣に、思わず笑みが零れる。薄黄色の衣を纏っていても隠せないほどグラマラス。箸で持ち上げると、しっかりとした丸みと重さを感じられる身に堪らず歯を立てると、まるで慌てないでと窘められるように、ジュッとエキスが迸る。中は程よくレアで、追ってやって来る磯の香りが芳しい。

 

天つゆにレモンの他、塩やカレー塩など、薬味を変えながら食べるのも、また愉し。胡麻風味のサラダに蜆の味噌汁も変わらず、今年もまた頂けたことに感じる幸せ。外に出れば、店には行列が出来ている。

 

【お店情報】

てんぷら 菊亭 丸の内2-7-3 東京ビル TOKIA B1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月13日

北野 旬魚の炭火焼き (銀座)

R0005360003

焼魚を欲して、北野。最近すっかり混んでしまって、恐る恐る中を覗けば、カウンターには珍しく空きが目立つ。勧めて頂いた席に腰をかけると、「今日は、たらの煮付けがおすすめです」と云う。数席先の方が召し上がっているのがそうだろう。ここの煮付けは頂いたことがないが、たっぷりとあって、何時も旨そうだと思っていたところだ。けれども、今日は、焼魚。

 

そして、一口に焼魚と云っても、いつも3種類用意されているのが好い。今日は、かんぱち塩焼き、たらの柚庵焼き、ほっけの一夜干しだ。

 

待っている間も愉しいのも、この店の好きなところだ。今日は、炭焼き場が見える特等席。あれは自分のやつだなと思いながら、眺めるのも愉しいし、煮付けもやっぱり美味しそうだと、次への宿題を作るのも好い。

 

届いたのは、皮の焼き目が何ともそそるかんぱちの塩焼き。切身とカマに近いところの2切とたっぷりと乗るのが嬉しい。箸を入れると、ほわっと湯気が上がって、しっとりとした白い柔肌が顔を出す。口にすると、品の良い脂が堪らない。添えられた昆布の山椒煮が、またご飯のいいお供。小鉢に漬物、甘味までついて、何時もながら大満足。

 

そうこうしている間に、店内は満席で厨房はフル回転。今度は煮付けか、偶に出るフライにも出会いたいが、ついつい焼き物に手が伸びてしまう。悩ましい。

 

【お店情報】

炭割烹 北野 銀座7-2先 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 8日

宮下 月替わり御膳 (銀座)

R0005324003

何てったって肉。けれども、焼肉でも、ハンバーグでも、ステーキでも好い。というか、牛でも、豚でも、鶏でも、羊でも、なんでも御座れという、他人なら面倒くさいぼんやりとした欲望。

 

そうだな、あの辺りに行けば、朔月もやまともあるし、しゃぶ通や宮下、スーペルバッカーナやベルビア館もエリア内と考えて、銀座2丁目、3丁目を目指す。一番久しぶりなのは、宮下だろうかと考えて、先ずは、マロニエゲート。数量限定のハンバーグがなければ、同じフロアのしゃぶ通に行こうという目論みだったが、ハンバーグは既に売り切れだし、しゃぶ通は満席。結局、宮下に舞い戻ることにした。だって、他にも肉料理はある。

 

高級和牛を扱う割烹故、ランチも結構な値段のものもあるが、お手軽なのが、件のハンバーグ(950)と、月替わり御膳(850)、今月平日のおすすめ御膳(900)の3つ。おすすめの方は、焼肉重で重な気分ではなかったから、月替わりの「照り焼きチキン御膳」をお願いすることに。

 

そういえば、照り焼きチキンも、ものすごく久しぶりだ。むっちりとした鶏肉に、過ぎない甘辛さが好ましい。たっぷりと添えられた野菜に、小鉢、牛筋入りの茶碗蒸しまでついて、この値段は値打ち物。

 

【お店情報】

江戸前肉割烹 宮下 月替わり御膳 銀座2-2-14 マロニエゲート12F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 2日

いちにぃさん 蒸しとうふセット (銀座)

R0005260003

夜の予定を考えると、軽めにしておきたい。サラダランチも考えたが、できれば温かくて和風のものがいい。それなら――、とやって来たのがいちにぃさん。定番で人気のせいろ蒸し。

 

黒豚や野菜、豆腐の蒸し料理があって、今日は蒸しとうふセット(890)。豆腐の他、キャベツにブロッコリー、しめじ、南瓜、椎茸に薩摩芋等々の野菜に、玉子焼き付きと盛り沢山。次はこれ、また次はこれと、食べすすむのも愉しい。その合いの手には豚汁をズズズッーっと。やはり、この大きさに具沢山なところが魅力的。ご飯だって、炊き込みご飯の蒸し寿司と凝っている。

 

この店では、ねぎしゃぶセットが好きだが、やはり定番で人気のせいろ蒸しも好いもんだ。最近は、外国からのお客様も増えて、店に居る間、ずっと行列が出来る盛況ぶり。随分と湯気が恋しい季節になって来たし、益々入りにくくなったりして。

 

【お店情報】

いちにぃさん 銀座店 銀座西3-1 銀座インズB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月31日

升本 豚キムチ鍋 (銀座)

R0005248001

秋の深まりを感じる今朝のこと。食べたくなるのは、温かくて辛いもの。それに汁気があると、尚好い。チゲもいいし、ユッケジャンもいい。麻婆豆腐もいいなぁなんて考える。他にも何かありそうな気がするけれど――。そうだ、升本の豚キムチ鍋。

 

すっかり綺麗になったが、銀座に残る大衆酒場。ランチの値段もこの場所にあって、750円~850円がボリュームゾーン。この豚キムチ鍋(850)だって、高価な部類だ。

 

フライものや丼ものは提供が早いが、これは少し時間がかかる。後から来た方の料理が先に出たってガマンガマン。鍋まで熱々の鍋がやって来るのだから。

 

目の前に届くと、湯気とともにキムチの酸味ある香りが鼻を擽る。考えてはいなかったが、こういう酸味が、今嬉しい。豚にキムチ、つるつるの豆腐もたっぷりと入った鍋。ハフハフと食べ進めると、熱さだけでなく辛味と酸味で汗が滲む。他の定食同様に、味噌汁、昆布の佃煮、漬物付きで、盛りのいいご飯が、怖いくらいにスイスイとなくなってしまう。

 

目新しいメニューに麻婆豆腐を見つけたが、壁の品書きを見ると、夜のメニューにも麻婆豆腐が豚キムチ鍋と並んで書かれている。ツマミの麻婆豆腐かぁ。それもいいなぁ。

 

【お店情報】

銀座升本 銀座1-4-7 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月30日

おつぼ 日替わり定食 (銀座)

R0005242001

魚の定食の気分で、おつぼまで足を延ばす。豊洲市場の仲卸の直営で、昼には、旨い魚の定食を出してくれる店。居酒屋ではなく、料理屋然としているところも好きなところだ。

 

お願いするには、いつも日替わり定食(1,190)。刺身もあれば、焼魚、煮魚、フライや天ぷらもあったりして、内容は本当に様々。店先の黒板を見ると、今日は「鯖味噌煮」と書いてある。

 

そういえば、先週、似たようなシチュエーションで鯖味噌を頂いたが、こちらのは、それとはまた随分と異なる。食べやすい大きさにした鯖を、赤味噌でこっくりと煮たもので、ご飯にバツグンに合うもの。ほうれん草の他、こちらも味噌が染むまで煮た豆腐が添えられているのも、堪らない。

 

これに刺身が2種類、野菜と茸のお浸し、旨い漬物に納豆。食後には甘味までつく充実した内容は、相変わらず素晴らしい。カウンターの他、座敷もあり、一人でもグループでも使いやすいのも魅力だ。


【お店情報】

築地おつぼ 銀座店 銀座4-9-6 三原橋ビル1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月28日

酒場むゆう (阿佐ヶ谷)

R0002808005

開店準備をしている頃から、気になっていた店。日本酒と魚料理が目を惹いたが、若い方々のエネルギーが溢れる店で、どちらかというと、静かに呑みたい自分にはどうだろうかと思っていた処。けれども、そんな危惧は伺った途端に一発解消。素敵な肴が迎えてくれた。

続きを読む "酒場むゆう (阿佐ヶ谷)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月25日

いわた 豚汁定食 (銀座)

R0005185001

今日はたっぷりとした汁物が欲しい。スープ的なランチもいいし、チゲなんかもありだ。それに豚汁とか。豚汁といえば、いつもは大好きな岩戸だが、いわたにも豚汁定食(1,050)があって、今日はこちら。

 

店前まで来ると、おかあさんがいらっしゃって、「あら、いらっしゃい」と笑顔を向けてくれる。二人して店に入って、豚汁をお願いしようとしたところ、今日の「お楽しみ定食」が好物のカニクリームコロッケとアジフライの組み合わせだと気が付いた。あゝ、これは見てはいけなかったやつだ。しばらく悩んだけれど、今日は豚汁の勝ち。

 

豚汁はあっという間に提供される。大きいどんぶりに一杯っていうのが、まず好い。そして、ごろごろと入る大根、人参、豚肉に、蒟蒻、豆腐。ズズズッーっと啜ると、熱い汁が喉元を通って、胃に落ちるのが分かる。ポッと腹が温まって、思わず「ふぅ~」と息をつく。

 

そして、小鉢が充実しているのが、また好い。今日は鰯の煮たのに、切干大根、ちくわと白菜の煮物。それにぴかぴかのご飯と漬物。卓上には、おかかのふりかけ。こうだったらいいなと思う定食の有り様そのもの。

 

さぁて、次こそはフライだ!ここのフライはどれも旨いが、こんな季節だから、カキフライの日に当たりたい。

【お店情報】

銀座 いわた 銀座7-4-7 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月23日

つきすそ 鯖の味噌煮定食 (銀座)

R0005153001

過日、以前「おさしみにっぽん」があったところに、新しい看板が掛かっていることに気が付いた。ランチメニューも随分と豊富。新しい店が出来たのかと調べてみると、名前を変えてリニューアルしたようで、営んでいるのは、以前と同様、豊洲の仲卸「尾辰商店」。

 

変わった店名だと思ったが、築地のおすそわけで「つきすそ」らしい。ランチメニューもグンと変わっていて10種類程。刺身だけではなく、鮪ほほのフライや、干物に西京焼き、丼もの。しょうが焼きや鶏の唐揚げまであって、どれも税込1,000円ぴったり。

 

超おすすめという鮪ほほのフライも気になったが、「メニューには書いてありませんが、鯖の味噌煮があと2人前あります」と教えて頂いて、それを。これが、たっぷりと身をつけた金華さばで、身の旨味とサラリと溶ける良い脂。それを生かした味噌の味わいが、ご飯をすすめて困るくらいだ。

 

これに刺身に小鉢、香の物がついてこの値段は値打ち物。俄然他のメニューも気になって来るし、近いうちにまた。


【お店情報】

つきすそ 銀座店 銀座1-4-6 第一ナスダビル B1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月19日

魚や 魚づくし定食 (銀座)

R0005141001

昨日とは打って変わって魚が食べたい。刺身も食べたいが、そればかりというのもなぁという気分だから、それならインズだ。刺身に焼魚、煮魚と、いろんな魚料理をセットにしたランチを出す店が3店ある。

 

その中から、今日はインズ2の地階にある魚や。店名どおり、魚料理がランチタイムからずらりと並ぶ。ぶり照りに焼魚、づけぶつ丼、刺身盛り合わせや、面白いところでは焼魚三種盛り。

 

お願いするのは、魚づくし定食(980)。その名のとおり、刺身に焼魚、煮魚、さらにはフライまでが入った定食。それぞれはやや小さめだが、これだけ揃うと壮観だ。さば味噌のこっくりした味付けは、素晴らしくご飯に合うし、フライは揚げたてサクサク。2種類の刺身の盛り合わせには、玉子焼きが付いてニッコリ。

 

やや薄暗く昔乍らの居酒屋風な店で、てっきりサラリーマンのランチ処かと思いきや、女性の姿も想像以上。店で働く方々の活気も心地いい。

 

【お店情報】

魚や 銀座店 銀座西2-2 銀座インズ2 B1 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧