2022年5月19日

焼貝あこや 鯵づくし定食 (日比谷)

R0002891001_20220520072901

年中、鰯や鯵が好きだが、この時期は、やたらと欲が湧いてくる。今日は出社するし、どこかで食べようと、あれやこれやと考える。アジフライは大好物で幾つか好きな店があるし、いわし天も旨いよな。そうだ、鯵づくしの定食を出している店があった。日比谷OKUROJIにある焼貝あこや。貝を始めとした魚介料理がウリの店。

ランチタイムは、数量限定の丼と色々なおかずがセットの赤字ランチや、海鮮ひつまぶしが人気。けれども、自分の目当ては鯵づくし定食。鯵のたたきに、アジフライ、鯵の南蛮漬けがおかずの中心という定食。字面を見るだけでワクワクする。

漬物や小鉢料理に続いて、たたき、南蛮漬けが届いて、最後に揚げ立てアジフライがやって来た。これだけ皿数が並ぶと壮観だな。

たたきなら、見た目にもキラキラ。生姜と葱を添えて、ちょいと醤油をつけて口にすると、ぷりっぷりの食感と噛んで広がる旨味。アジフライは、衣も揚げ上がりも軽やか。鯵の香りと旨味に、サクッとした衣の香ばしさが混じると、改めてアジフライが好きだと思う。タルタルの他、山葵と鬼おろしが添えられているのも面白い。南蛮漬けは、噛み締めてジュワッと溢れる旨味。漬け汁の程良い酸味が心地いい。

辛子湯豆腐や、少し漬かりの深い胡瓜の漬物なんかもとても好み。これらにご飯と味噌汁でもいいが、酒にも好い。軽く2合はいけるなぁ。そうか、夜に来て貝で呑むというのもいいかもなぁ。

【お店情報】
焼貝あこや 日比谷店 内幸町1-7-1 HIBIYA OKUROJI G25 地図

| | コメント (0)

2022年5月16日

瓜坊の定食屋さん ベーコンときのこのトマトクリームグラタン定食 (荻窪)

R0002835001_20220516191101

荻窪の所用があって、昼をとった足で用を済まそうと考える。雨ふりだし、用事にある荻窪南口。それなら、瓜坊の定食屋さん&お惣菜お弁当だ。メイン料理に小鉢が4つ付く定食がお気に入り。しかも、定食は常時6種類ほど。焼魚に生姜焼き、グラタンなどの洋食もあれば、中華やグリーンカレーなどエスニックな料理もあって、来るたびに、どんなものがあるだろうとワクワクする。

今日向かうと、前に頂いて美味しかった納豆オムレツに、豚肉のさっぱりレモン炒めや、鶏肉とビロッコリーの塩炒めなどがスラリと並ぶ。それに、ずっと気になっていたが、見送って来たグラタンもある。あゝ、どうしたものか。よし、今日は少し肌寒いし、グラタンだ。

「おまたせしました~」と届いたグラタンは、ソースがフツフツと湧いているし、焼けたチーズの香りがなんともそそる。スプーンを入れて、火傷しないようにフーフーと少し冷ましてからパクリ。ホクホクのポテトにシャッキリきのこ、ベーコンの旨味の一方で、トマトの酸味でどことなく軽やか。完全に洋食なのに、ご飯との相性もバッチリというのが好ましい。

周りの小鉢だって、南瓜の煮付けに、牛蒡のきんぴら、しらすと青菜の炒め物、漬物と和食のものが並ぶが、バランス最高。それに大好きな味噌汁は、今日も余計なもののない、綺麗な味わい。

他の方の注文を聞いていると、グラタンか豚肉のレモン炒めが人気の様子。今日暑かったら日そっちだったかもなー、なんて思いながら、また出会える日を楽しみに。

【お店情報】
瓜坊の定食屋さん&お惣菜 お弁当 荻窪5-7-11 地図

| | コメント (0)

2022年5月15日

きのことおさけ (高円寺)

R0002747003

JRの高架下に出来た新店。きのこと酒にこだわりの店。

続きを読む "きのことおさけ (高円寺)"

| | コメント (0)

2022年5月13日

味彩坊 味彩坊定食 (阿佐ヶ谷)

R0002768001

生憎の悪天候だし、こういう日こそ人気店へ。それなら、おさかな食堂で、かつおのたたきなんてどうだろうと考える。阿佐谷パールセンター商店街にある魚料理が人気の店。多い日などは、店の前に10数人の行列が出来るほどだ。今日はどうだろうと伺ってみると、店の前には行列はないが、店内に数人待っている。

残念だが、流石だなぁと思うが、次の手は考えてある。周りの店を幾つか念頭に置いていたが、来る途中、こちらもパールセンター内にある味彩坊の日替わりメニューに、「鰹の土佐造り」があるのを見つけていたんだ。

店の名前がついた味彩坊定食は、日替わりのおすすめランチ。大抵メイン的な料理が2つとボリューム満点。先日は、から揚げと干物だったし、今日は目当ての鰹の他、かぼちゃのコロッケ。鰹の土佐造りは、玉葱や水菜をたっぷり添えたカルパッチョ仕立て。シャキシャキした野菜や、もみじおろし、生姜などの薬味がいいアクセント。

たっぷりと装われたひじきの煮物に漬物も4種類ほど。ご飯に味噌汁と盛り沢山。入ったときは、「こんな天気だしなぁ…」という店の方の声も聞こえたが、12時を過ぎると続々と客がやって来てかなりの賑わい。ご常連の方も多い地元密着型の繁盛店。

【お店情報】
味彩坊 阿佐谷南1-34-13 魚清ビル2F 地図

| | コメント (0)

2022年5月11日

岩戸 豚汁定食 (銀座)

R0002741001

予想以上にいい陽気。こんな時は冷たい麺でもと思うけれども、今日は朝から豚汁気分。出社して、豚汁といえば、愛しの岩戸の豚汁だ。こちらも随分とご無沙汰していて、どうしても来たかったのだ。

暖簾を潜ると、中々の盛況ぶり。席はあるだろうかと眺めると、手前のカウンター席が1卓空いているのが確認できる。「今日は何にしましょう」といつもの調子の女将さん。入口で会計をして、食券を貰うまでが、一つの流れ。

カウンターに座ると、テーブルに白菜漬けが置いてある。運ばれてきた膳には、空の皿が1つ。なるほど、自分で取って食べる仕組みに変わったんだ。

さあ、豚汁だ。ここの豚汁の好きなところは、大きな器にたっぷりと装われていることと、大振りの具が盛り沢山なところ。ずっしりと重い器を持ち上げて、ズズズッーと。温かい汁が喉を伝って胃に届く、この感じも大好きだ。具は同じだが、日によって様子が違うのも面白いところ。今日印象的だったのは、惜しげなく入る豚肉と、人参の味の濃さ。そして、もう一つの主役の漬け鮪。タレだくで、ご飯にたっぷりと載せて頬張る倖せよ。

自分の漬物の皿が空になっているのを見計らって、「たくさんあるから、いっぱい食べてね」と声をかけてくれるところも、相変わらずで和む。次は鰯の季節だろうし、いわし天にしようか。もしかして、冷や汁が始まっていたりしてと、楽しみは尽きない。

【お店情報】
岩戸 銀座店 銀座1-5-1 地図

| | コメント (0)

2022年5月 6日

源氏 銀鮭の西京焼き (荻窪)

R0002687001_20220506191101

昨晩は、旨い料理と酒で愉しんだからか、今日は定番の和定食。ご飯に味噌汁。魚に小鉢が幾つか。GW中でも安心して行けそうなところ…と考え見ると、やはり安定の源氏だろうと思いつく。荻窪の路地中にある日本料理店。昼時ならば、リーズナブルに魚を主体とした定食が味わえる。

ランチの内容は日替わり。店へと続く路地へと向かう角に、その日のメニューが出されている。今日は、縞ほっけの干物に、煮魚はさくら鰤のあらと大根。刺身の盛り合わせや、フライ、鍋料理など10数種類。中でも気になったのが、銀鮭の西京焼きだ。西京焼き、好きなんだ。

いつも混雑している店だが、今日も大繁盛。自分は1階席の最後の1卓を頂いた様子。ご近所に勤めているらしき方の他、家族連れや友達同士という方がいつもより多いというのも、GWらしいところ。

程なくして届くというのも、この店の好きなところだ。運ばれてきた西京焼きは、艶々として味噌床がしっかりと染みているのが良く分かる。それもしっかりとした厚みがあるのが嬉しい。箸を入れると、ほわりと湯気が上がって、しっとりとした身がほろりとほどける。口に入れると、甘い味噌の香りと脂の旨味が膨らむが、程良く穏やかでとても好み。パリパリに焼けた皮もご馳走だ。

ご飯に味噌汁の他、サラダに小松菜の和え物、豆苗の明太マヨ和え、漬物と脇もしっかりと揃う定食としてのバランスの好さも魅力の一つ。それに、店の方の働きぶり、目配りも素晴らしい。そして、この安定感、頼もしい。

【お店情報】
日本料理 源氏 荻窪5-23-8 地図

| | コメント (0)

2022年4月28日

おにぎりのさんかく山 けんちん汁定食 (荻窪)

R0002574001

今日は絶対にほかほかおにぎりだと、向かうは、おにぎりのさんかく山。最初は、おにぎりや弁当などのテイクアウトだと思っていたが、小さな入口から入ると、イートインスペースがあって、握りたてのおにぎりを中心とした定食が頂ける。

12時オープンだが、最近は人気で、12時には満席ということも。今日もしっかりと開店前に並んで待っていたところ、準備が出来たのか、「どうぞ~」と中から声を掛けてもらって、2分ほど早く入ることが出来た。

定食は幾つかあるが、一番好きなのがけんちん汁定食。キャベツに大根、人参、かぼちゃ、豆腐、油揚げなどがゴロゴロ入る大振りの汁。味噌の味も出汁も、ほんわかとやさしい味わい。野菜の組み合わせは季節によって変わるというのも好ましい。

そして、今日の目当てのおにぎり。10種類ほどから2種類選ぶことが出来て、今日は鮭と高菜を。手にすると海苔を通して、ほんわりとご飯の温かさが指先に届く。そして齧り付くと、ご飯がほろりとほどけるところが好きだ。海苔も香りがいいし、パリッとしたところと、しっとりしたところがあるのが好い。海苔が全面に巻いてあるのも、とても好み。

3種類のおかずは、いつもは野菜を中心としたものだが、今日は小松菜のお浸し、ひじき煮と、肉団子と新しい展開。しかも、ちょっと懐かしい味というのが泣かせる。食後には、デザート付き。今日は苺のアイスクリーム。

開店後、続々と客が入って、12時10分には満席。アジフライや蓮根のはさみ揚げなど、揚げ物の定食が人気だが、野菜がたっぷり添えられていて健康的。こういう定食が気軽にいただける倖せよ。

【お店情報】
おにぎりのさんかく山 荻窪5-29-2 地図

| | コメント (0)

2022年4月26日

すずらん さわら塩焼き定食 (荻窪)

R0002530002

午後一から取引先との打ち合わせ。遅れるわけにはいかないが、食べたいものは譲れない。魚の、できれば焼いた定食が好いんだけれど…とすずらんの今日のランチメニューを見ると、さわらのフライに、塩焼きがある。昔から好きだが、ここ数年、好き度が増したのが鰆。フライも好いが、やっぱり焼きだと、ウキウキしながら店に向かう。

店に入ると、どうやら自分は2人目の客らしい。少し前に注文した先客も、さわら塩焼きをご注文。「ですよね」と一人うんうん頷いて、鰆が焼きあがるのを愉しみに待つ。

届いたのは厚さも立派な鰆。シンプルだが、こういうのが好い。箸を入れると、ふっくらとして、口にするとじわりじわりと滲み出す繊細な旨み。それを逃したくなくて、口を開けるのが勿体ないと思うほど。絶妙に焼かれた皮もご馳走だ。

小鉢の和え物もたっぷりと装われるし、胡瓜、沢庵、白菜と盛り沢山の漬物、ご飯と味噌汁で一揃え。やっぱりこれで大正解。続々と注文が入るさわらフライも人気だったが、会計をした時に見た今日の品書きからは、さわら塩焼きは消えていた。間に合った!

【お店情報】
一膳めし屋 すずらん 荻窪5-11-12 荻窪マンション 1F 地図

| | コメント (0)

2022年4月25日

三州屋 あなごフライ定食 (銀座)

R0002523001

カキフライは大好きだが、その季節が終わっても愉しみはある。三州屋なら、昨年からカキフライが終わると、あなごフライがメニューに上る。嘗て大好きだったあなごフライが10数年ぶりに復活して、自分だけでなく、店のお姐さんも「久しぶりよね」うれしそうだった記憶がある。

今年もあるだろうかと伺うと、ホワイトボードのアジフライの隣に、あなごフライの文字。よかった、今年も食べられるんだ。

待っている間に、季節が移ろった品書きに目を通す。いわしの塩焼きなんかもいいね。おや、それに定食メニューに、新たに「とり豆腐ライス定食」(700円)なるものが出来ている。確かに、とり豆腐はボリューム満点で、ご飯とお新香だけ足せば、定食としてもありかもなぁ。けれども、ここに来たら、やっぱり魚が食べたいし。

そうこうしていると、あなごフライが届く。しなやかな身に細やかな衣が美しい。齧り付くと、サックリとした衣の下から、眩しい白。噛むほどに、品のよい甘みや旨味がじんわりと広がって、あゝ倖せだ。それに、なめこの赤出汁。しみじみと旨い。

12時を過ぎると、続々と客がやって来る。少しずつ活気が戻ってきているだろうか。そろそろ飲みにも来たいなぁ。

【お店情報】
三州屋 銀座店 銀座2-3-4 地図

| | コメント (2)

2022年4月20日

鳥ぎん やきとりランチ (荻窪)

Dsc_0845001

焼鳥気分。夜ならば、幾つも好きな店もあるし、テイクアウトの焼鳥店も多い。けれども、店で焼鳥を食べたいんだ。夜の店の数に比べると、圧倒的に昼に営業している店が思いつかない。あるのは、そうだ。銀座に本店のある鳥ぎんの荻窪店。支店ではなく暖簾分けと聞く。本店も老舗だが、こちらも創業50年を超える古い店。荻窪駅北口の一角。古い香りを残すエリアのある良店の一つ。

12時前に伺ったが、やはり鳥ぎん。釜めしを求めるグループでテーブルは満席。焼鳥をツマミに呑んで、釜めしをという方もいらっしゃる。釜めしは名物だが、注文してから20分ほどかかるし、今日の目当ては焼鳥だし、やきとりランチをお願いする。たれか塩かのいずれかで5本。内2本ほど内容が違う。ご飯ということもあるし、ここならたれだ。

もやしの和え物と漬物が届いて、その後やきとりが届く。シュッとした洗練された佇まい。やきとりにねぎま、獅子唐と正肉の「はさみ」に、レバーとつくね。肉の旨さはもちろんだが、甘さを抑えたキリッとしたたれが好い。旨いご飯と赤出汁。それに漬物。漬物の旨い店は大好だ。

テーブルが2卓とカウンターが5席ほど。小体で古くはあるが、清潔で、良き焼鳥を今に伝えているところが素敵。荻窪の焼鳥と云うと、他の店に押されがちだが、この好さは是非続いてほしいと願う。

【お店情報】
鳥ぎん 荻窪店 上荻1-6-14 地図

| | コメント (0)

より以前の記事一覧