2018年11月16日

ちゃんぷるぅ家 ポーク玉子定食 (銀座)

R0005379002

昨日の涵梅舫の玉子炒めで思い出したのが、ちゃんぷるぅ家。ここでは、ゴーヤチャンプルーの定食ばかりを頼んでしまうが、ポーク玉子定食(850)もあって、気になっていたのだ。

 

ビル前に出ているランチメニューでポーク玉子があることを確認したら、いざ地下の店へ。ここでは、もうメニューも見ずに、ポーク玉子をお願いする。

 

やって来たものに少々驚いた。想像していたよりも、たっぷりとランチョンミートと玉子が乗って、いいボリューム。ランチョンミートは厚切りのものが4枚。玉子も、これ幾つ使っているんだろうと思うような厚みのあるもの。

 

当然焼き立てで、箸を入れるとほわりと湯気が立つほど。しかも、外は美味しそうに焼けているのに、中はしっとりとした好みの焼き加減。それに玉子の密度の高さが、家庭の厚焼玉子的で、とても好い。添えられたマヨネーズやケチャップが付いてしまったところも、食堂らしい料理になんだか似合いで好ましい。

 

ここでの一番人気は、ゴーヤチャンプルーとそばのハーフのセットで、提供されるのも早い。けれども、タマゴスキーなら、少し待ってもこれがいい。

【お店情報】

ちゃんぷるぅ家 銀座3-4-16 銀座サニービル B1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月15日

涵梅舫 日替わりランチ・海老と玉子炒め (銀座)

R0005374001

朝方の寒さに、今日は鳥豆腐と意気込んで、三州屋まで来たものの、12時前にも関わらず、店の外にまで行列が出来ている。うーん、これじゃぁなぁと回れ右をする。さて、どうするか。

 

温まるものといえば、向いのビルの肉団子鍋。同じビルなら豚肉のやまともある。そうだ、今日は木曜日。涵梅舫の木曜日の日替わりランチは、あの玉子炒めじゃないか。思い出したら、案の定、どうしても食べたくて、ベルビアへ足を向ける。

 

麻婆豆腐も好きだが、これも好きだ。黄色に所々散らばる薄桃色と萌黄色。口にすると、しっかりと焼けている表と柔らかいところがあるのが好きで、それに時折ぷりっとした海老の食感が混じるもの愉しい。それに品のいい塩ベースの味付け。玉子欲を存分に満たしてくれる量も好い。

 

帰りに再び三州屋の前を通れば、先程よりも長い行列。空いている隙を狙うしかないか。

 

【お店情報】

銀座涵梅舫 銀座2-4-6 銀座ベルビア館8F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月13日

北野 旬魚の炭火焼き (銀座)

R0005360003

焼魚を欲して、北野。最近すっかり混んでしまって、恐る恐る中を覗けば、カウンターには珍しく空きが目立つ。勧めて頂いた席に腰をかけると、「今日は、たらの煮付けがおすすめです」と云う。数席先の方が召し上がっているのがそうだろう。ここの煮付けは頂いたことがないが、たっぷりとあって、何時も旨そうだと思っていたところだ。けれども、今日は、焼魚。

 

そして、一口に焼魚と云っても、いつも3種類用意されているのが好い。今日は、かんぱち塩焼き、たらの柚庵焼き、ほっけの一夜干しだ。

 

待っている間も愉しいのも、この店の好きなところだ。今日は、炭焼き場が見える特等席。あれは自分のやつだなと思いながら、眺めるのも愉しいし、煮付けもやっぱり美味しそうだと、次への宿題を作るのも好い。

 

届いたのは、皮の焼き目が何ともそそるかんぱちの塩焼き。切身とカマに近いところの2切とたっぷりと乗るのが嬉しい。箸を入れると、ほわっと湯気が上がって、しっとりとした白い柔肌が顔を出す。口にすると、品の良い脂が堪らない。添えられた昆布の山椒煮が、またご飯のいいお供。小鉢に漬物、甘味までついて、何時もながら大満足。

 

そうこうしている間に、店内は満席で厨房はフル回転。今度は煮付けか、偶に出るフライにも出会いたいが、ついつい焼き物に手が伸びてしまう。悩ましい。

 

【お店情報】

炭割烹 北野 銀座7-2先 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月12日

伊萬里 ユッケジャンスープとライス (銀座)

R0005354001

急に寒くなったから、温まるもの。思い付くのは、単純に温かいものというよりも、温かくて辛いもの。チゲやユッケジャン、麻婆豆腐に水煮牛肉――。そうだ、Instagram で美味しいので是非と教えて貰った、伊萬里のユッケジャンはどうだろう。

 

続きを読む "伊萬里 ユッケジャンスープとライス (銀座)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年11月 8日

宮下 月替わり御膳 (銀座)

R0005324003

何てったって肉。けれども、焼肉でも、ハンバーグでも、ステーキでも好い。というか、牛でも、豚でも、鶏でも、羊でも、なんでも御座れという、他人なら面倒くさいぼんやりとした欲望。

 

そうだな、あの辺りに行けば、朔月もやまともあるし、しゃぶ通や宮下、スーペルバッカーナやベルビア館もエリア内と考えて、銀座2丁目、3丁目を目指す。一番久しぶりなのは、宮下だろうかと考えて、先ずは、マロニエゲート。数量限定のハンバーグがなければ、同じフロアのしゃぶ通に行こうという目論みだったが、ハンバーグは既に売り切れだし、しゃぶ通は満席。結局、宮下に舞い戻ることにした。だって、他にも肉料理はある。

 

高級和牛を扱う割烹故、ランチも結構な値段のものもあるが、お手軽なのが、件のハンバーグ(950)と、月替わり御膳(850)、今月平日のおすすめ御膳(900)の3つ。おすすめの方は、焼肉重で重な気分ではなかったから、月替わりの「照り焼きチキン御膳」をお願いすることに。

 

そういえば、照り焼きチキンも、ものすごく久しぶりだ。むっちりとした鶏肉に、過ぎない甘辛さが好ましい。たっぷりと添えられた野菜に、小鉢、牛筋入りの茶碗蒸しまでついて、この値段は値打ち物。

 

【お店情報】

江戸前肉割烹 宮下 月替わり御膳 銀座2-2-14 マロニエゲート12F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 2日

いちにぃさん 蒸しとうふセット (銀座)

R0005260003

夜の予定を考えると、軽めにしておきたい。サラダランチも考えたが、できれば温かくて和風のものがいい。それなら――、とやって来たのがいちにぃさん。定番で人気のせいろ蒸し。

 

黒豚や野菜、豆腐の蒸し料理があって、今日は蒸しとうふセット(890)。豆腐の他、キャベツにブロッコリー、しめじ、南瓜、椎茸に薩摩芋等々の野菜に、玉子焼き付きと盛り沢山。次はこれ、また次はこれと、食べすすむのも愉しい。その合いの手には豚汁をズズズッーっと。やはり、この大きさに具沢山なところが魅力的。ご飯だって、炊き込みご飯の蒸し寿司と凝っている。

 

この店では、ねぎしゃぶセットが好きだが、やはり定番で人気のせいろ蒸しも好いもんだ。最近は、外国からのお客様も増えて、店に居る間、ずっと行列が出来る盛況ぶり。随分と湯気が恋しい季節になって来たし、益々入りにくくなったりして。

 

【お店情報】

いちにぃさん 銀座店 銀座西3-1 銀座インズB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 1日

ビストロヴォージュ 若鶏とクリームチーズの春巻きの皮包み (銀座)

R0005251003

久しぶりのヴォージュ。とにかく、気前の好いたっぷりとしたランチが魅力の店。しかも、料理が個性的で旨い。ランチメニューは、パスタ、オムレツカレー、肉(魚)料理の3種類。例えば、今日の肉料理は、「若鶏とクリームチーズの春巻きの皮包み」。何となくの想像は付くが、大抵、好い方に裏切られることが多い。

 

サラダに続いて、届いた皿がコレだ。とりあえず笑ってしまった。だって、このボリューム。なんか旨そうな、こんもりとした塊としか認識できない。

 

ナイフを入れると、確かにオーブンで焼かれた表面はパリパリとした春巻きの皮で、その下には若鶏と、包まれたクリームチーズ。けれども、それだけではなかった。ソーセージにエノキ茸、ほうれん草なども入っている。だからこそ、あの厚みだったんだ。

 

スープと食後にはコーヒー付きで1,000円ポッキリ。相変わらず人気で、12時前でもテーブルは満席。男女問わず、ご常連さんが多いが、皆明るく良く食べる。素敵だ。

 

【お店情報】

Bistro Vosges 銀座5-4-15 西五ビル7F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月31日

升本 豚キムチ鍋 (銀座)

R0005248001

秋の深まりを感じる今朝のこと。食べたくなるのは、温かくて辛いもの。それに汁気があると、尚好い。チゲもいいし、ユッケジャンもいい。麻婆豆腐もいいなぁなんて考える。他にも何かありそうな気がするけれど――。そうだ、升本の豚キムチ鍋。

 

すっかり綺麗になったが、銀座に残る大衆酒場。ランチの値段もこの場所にあって、750円~850円がボリュームゾーン。この豚キムチ鍋(850)だって、高価な部類だ。

 

フライものや丼ものは提供が早いが、これは少し時間がかかる。後から来た方の料理が先に出たってガマンガマン。鍋まで熱々の鍋がやって来るのだから。

 

目の前に届くと、湯気とともにキムチの酸味ある香りが鼻を擽る。考えてはいなかったが、こういう酸味が、今嬉しい。豚にキムチ、つるつるの豆腐もたっぷりと入った鍋。ハフハフと食べ進めると、熱さだけでなく辛味と酸味で汗が滲む。他の定食同様に、味噌汁、昆布の佃煮、漬物付きで、盛りのいいご飯が、怖いくらいにスイスイとなくなってしまう。

 

目新しいメニューに麻婆豆腐を見つけたが、壁の品書きを見ると、夜のメニューにも麻婆豆腐が豚キムチ鍋と並んで書かれている。ツマミの麻婆豆腐かぁ。それもいいなぁ。

 

【お店情報】

銀座升本 銀座1-4-7 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月30日

おつぼ 日替わり定食 (銀座)

R0005242001

魚の定食の気分で、おつぼまで足を延ばす。豊洲市場の仲卸の直営で、昼には、旨い魚の定食を出してくれる店。居酒屋ではなく、料理屋然としているところも好きなところだ。

 

お願いするには、いつも日替わり定食(1,190)。刺身もあれば、焼魚、煮魚、フライや天ぷらもあったりして、内容は本当に様々。店先の黒板を見ると、今日は「鯖味噌煮」と書いてある。

 

そういえば、先週、似たようなシチュエーションで鯖味噌を頂いたが、こちらのは、それとはまた随分と異なる。食べやすい大きさにした鯖を、赤味噌でこっくりと煮たもので、ご飯にバツグンに合うもの。ほうれん草の他、こちらも味噌が染むまで煮た豆腐が添えられているのも、堪らない。

 

これに刺身が2種類、野菜と茸のお浸し、旨い漬物に納豆。食後には甘味までつく充実した内容は、相変わらず素晴らしい。カウンターの他、座敷もあり、一人でもグループでも使いやすいのも魅力だ。


【お店情報】

築地おつぼ 銀座店 銀座4-9-6 三原橋ビル1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月29日

銀座スイス カキフライ (銀座)

R0005227001_2

先週、こちらでカキフライが出始めたのを見つけて、早速。昨年初めてこちらのカキフライを頂いたが、一遍で大好きになり、すっかり好物の一つになった。

 

グランドメニューにあるそれは、昨年とは少し変わっている。確か、カキフライ5つ付と3つ付があったはずだが、今年は、5つ付と2つ付の2通り。カキフライとエビフライのセットなんかがあるのは、変わらずだ。お願いするのは、決まってカキフライの5つ付(1,620円)。お馴染みのあさりとベーコンのスープに続いて、ほどなく届く。

 

立体的に盛り付けられたカキフライは、高温でカラリと揚げられ、目と鼻を誘う香ばしいキツネ色。そこにナイフを入れると、牡蠣のエキスがたらりと零れる。そして、口にすれば程よくレアで鮮やかに瑞々しい。好きなのは、この衣の芳ばしさや香りと、牡蠣の身のコントラスト。レモンやタルタルも好いが、そのまま食べるのが個性が一番よく分かる。


カキフライも大好きだが、付け合わせのドレッシングの品の良さやと、カレー味のペンネとブロッコリーなんかもそそる。


帰り道、煉瓦亭の前を通れば、こちらにも「カキフライ、始めました」という知らせ。本格的な牡蠣のシーズンがやって来た。

 

【お店情報】

銀座スイス 銀座3-5-16 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧