2017年6月28日

三州屋 アジフライ定食 (銀座)

R0000593002_2

今日はどうしたってアジフライ。この辺りなら、キッチン大正軒のアジフライも魅惑的だが、向かったのは三州屋。三州屋のアジフライが久しぶりというのもあるが、食べたかったのが、鯵を開いて尾っぽが付いたタイプではなく、半身のタイプだったから。

 

生憎の天気だというのに、三州屋は流石の盛況ぶり。カウンターの端でちょうど会計をしている人がいて、入れ違いに席を確保。お姐さんが、相変わらずのクールな顔をしながらも、「今日は何にする?」と一声。迎えてくれる店がある有難さ。ホワイトボードを一睨みして、「アジフライを」とお願いする。

 

ほどなく届くアジフライ(1,050円)。いつもより小ぶりに見えるが、厚みはスゴイ。さてとと、衣に歯を立てると、湯気と水蒸気がホコッと立ち上がり、中から、しっとりとした鯵が顔を見せる。ギリギリ寸止めで熱を入れましたというような生やかさで、咀嚼していくと鯵らしい香りと甘みがやってくる。あゝ、これだよ、これ。

 

そこへ、ホカホカご飯と味噌汁、漬物と順々に放り込むと、改めて定食としての良さを思うのだ。

 

【お店情報】

三州屋 銀座店 銀座2-3-4 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月27日

カンティーナ シチリアーナ 鶏肉のオーブン焼き(銀座)

R0000576001_2

泰明庵に来たものの、ガラス戸から中を覗くと、どうやら混雑している様子。それなら別に店にしようと、久しぶりに、同じ通りにあるカンティーナシチリアーナ。

 

以前よりも幾分手頃な値段になって、パスタ、肉料理、魚料理に前菜とフォカッチャ、ドリンクがつくセットが1,100円。前菜は、フリッタータ、モルタデッラ等3種類の盛り合わせ。

 

選んだのは肉料理。今日は鶏肉のオーブン焼き。3種類のパプリカのソースに惹かれてのこと。というのも、最近、ピーマンやパプリカに俄然興味が湧いていて、それで。そのパプリカは、粒マスタードをきかせたソースに具として入っていて、よりパプリカとして味わえるのが好い。なんだろう、やっぱり好きだ。

 

食後には、アイスコーヒーを。季節柄カウンター横の扉を開けているのが気持ちよく、陽が落ちる頃に軽く一杯なんて格好だろうなぁ。

 

【お店情報】

CANTINA SICILIANA 銀座6-2-6 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月23日

赤から ランチビュッフェ (銀座)

R0000545001_2

から揚げか、或いは、岩戸でいわし天なんて思って歩いていたが、あまりの暑さに、何やらエスニックな気分になってくる。そうだなぁ、これまであまり行ったことのない店はどうだろう。以前、赤から鍋を頂いた店で、アジアン料理ビュッフェをやっていたことを思い出した。

 

来てみて驚いた。以前とシステムが変わっていた。前は定食かビュッフェ利用かを聞かれたが、一応「赤から鍋定食」はあるものの、「お時間は1時間でいいですか?」と始まって、基本がビュッフェスタイルらしい。1時間なら税込1,000円。グリーンカレーやフォー、自分で巻く生春巻きなどの他、件の赤から鍋や野菜炒め、野菜の天ぷらなどもあるという懐の深さ。

 

最初食べたいと思っていたから揚げやら、運よく大好物の蒸しまで茶碗蒸しまであって、まさか、こんなにも食べたいものを食べられるとは思わなかった。

 

ドリンクバーはもちろん、フルーツバーやチョコレートファウンテン、ベトナム風ぜんざい、チェーのコーナーまで。料理がなくなると、すぐに補充される点も良い。

 

【お店情報】

赤から 有楽町店 銀座西2-2 銀座インズ2 2F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月22日

嘉禅 平日サービスランチ (銀座)

R0000536001_2

外堀通りを歩いていると、店のオープンを知らせる花輪が目に入った。近づいてみると、「新広東菜」とあって、ランチメニューを見てみると、手が届くコースメニューもある。それに、メニューの中には「薬膳スープ」なども入って、好みの感じ。

 

続きを読む "嘉禅 平日サービスランチ (銀座)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月20日

エスペロ 日替わりランチ (銀座)

R0000515002_2
どうしても玉子。それも焼いたやつ。と云っても、オムレツもあれば、ニラ玉もあるし、オムレツサンドだってある。思い浮かぶ料理は、どれも好きなものばかりで、悩ましいったらありゃしない。

 

続きを読む "エスペロ 日替わりランチ (銀座)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月15日

髭戎 森林鶏の竜田揚げ (銀座)

R0000478002

近々再訪をと云っておきながら、随分と間が空いてしまった。火・木のみのランチ営業のため、思い出したが別の曜日なんてこともあったりして、半年以上も経ってしまった。

 

前に悩んだ生姜焼きをと思って来たが、定番以外にも新しいメニューが幾つかあって、これまた悩む。前に美味しく頂いたから、ホワイトカレーなんて捻ったメニューも気になるし、トンカツなんかも旨いに違いない。あれこれ悩んで、お願いしたのは、森林鶏の竜田揚げ(1,100)

 

想像していたよりも、ずっと色鮮やかな皿がやって来た。てっきりから揚げ的なものを想像していたが、大きく作った竜田揚げ2枚を食べやすい大きさにカットして、野菜を飾ったものらしい。醤油ベースの酸味と辛味のあるタレが、揚げた衣によく合って好い。

 

グラノーラなども入った充実サラダに、五穀米のご飯。小鉢にスープ。食後にはコーヒーと小さな焼き菓子付き。料理もいいが、店を切り盛りする二人の雰囲気も好い。今度こそ生姜焼きだ。次はこんなにも間を空けないうちに。

 

【お店情報】

髭戎 銀座4-3-2 銀座槁ビル5F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月14日

東生園 酢豚定食 (銀座)

R0000474002_2

酢豚を食べたいと思ったのは、人生で初めてだと思う。今でも、それほど食べる機会もない。恐らく、子供の頃に馴染まなかったのが要因の一つだろうと思う。家で酢豚が食卓に並んだ記憶はない。それなのに、食べたいと思った酢豚が、甘酸っぱい昔ながらの酢豚。

 

それで、ここにならあるだろうとやって来たのが東生園。最近は、ここのにらたまに嵌っているが、ランチタイムには、定番の中華料理が並ぶ。メニューを確認すると、堂々と一番に並んでいる。

 

やって来たのは思い描いていたとおりに酢豚。豚の揚げたの他、玉ねぎ、シャキシャキ筍、キクラゲ、人参、ピーマン。甘さはあるのに口にするとキュッとする酸味に、そうそう、今日はコレが欲しかったんだと思う。

 

野菜と玉子の優しいスープに小鉢的な麻婆豆腐。サーザイもたっぷりとボリューム満点で850円。満足したが、他の方が頼んだあの「にらたま」を見てしまったから、近いうちにまた。

【お店情報】

東生園 銀座6-2-7 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月13日

北野 豚肩ロースの炭火焼き (銀座)

R0000468003_2

あまりの肌寒さに温かいものが頭を過ぎったが、今日はここに来ると決めていたんだ。前に魚の炭火焼きと頂いて、必ずやまたと思っていた北野。

 

あの日食べられなかった鯵フライはあるだろうかと思って来たが、どうやら日替わり的なメニューだったらしい。今日はそのポジションには、まぐろの漬け丼が記されている。それなら他の炭火焼きと、豚肩ロースの炭火焼き(1,200円)をお願いする。

 

串を打って、厨房に大きく設えられた焼き台で焼いている時間もお楽しみ。香ばしく焼けた豚肉は、そもままでもジワリと染み出る脂が旨いし、添えてある梅味噌ダレが心憎い。添えられた焼いたトマトも甘くて好い。


それに小鉢を始めとする周りも素敵。今日の小鉢なら、つぶ貝と大豆の煮物。香りだけでも旨い蜆の味噌汁に、ほかほかご飯。蕪のぬか漬けなら、つけ具合と香りがとても好みだ。

 

食後には、デザート付き。今日は杏仁豆腐だった。どうやら、魚は日によって入っているものが違うらしい。なるほどそれでメニューが日によって違うのか。次出会える料理も気になるが、隣の方の金目の煮付けも旨そうだったし、トマトと思うと野菜の炭火焼きも気になる。あゝ、次が待ち遠しい。

 

【お店情報】

炭割烹 北野 銀座7-2-先 銀座コリドー街 2F 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月12日

四方善 ハラミステーキ (銀座)

R0000465004_2

暫く家では魚が続く気配で、そうとなると、昼は俄然肉を欲してくる。肉といえば、先日のスーペルバッカーナも良かったけれども、今日はそのうちにと思っていた四方善。人気の牛庵の姉妹店。こちらもすっかり話題で、少し落ち着いてきたらと思っていた処。

 

伺ってみるとやはりとても賑わっている。都合よく会計をする先客がいらっしゃって、入れ違いに着席。店中にジュージューとそそる音が響いている。

 

ランチメニューは、牛庵でも人気のハンバーグの他、ステーキやすき焼き、ビフカツなど。ハンバーグとハラミステーキ、揚げ物を盛り込んだ「大人様ランチ」も気になったが、今日は肉とハラミステーキ(990)をお願いする。

 

こちらも鉄板の上でジュージュー音を立てやって来た。「醤油を少し垂らしてお召し上がり下さい」という案内どおり、醤油をタラリ。ジュッと強い音と芳ばしい香りが立ち上る。堪らずわさびをつけて、一切れ摘み上げてパクリ。レア気味で柔らかく、なるほどわさび醤油が合う。

 

ハンバーグ(10)やハラミステーキ(8)、大人様ランチ(12)など限定ものは、店を出る時点ではもう売り切れ。食べたいものがある方は、早めの時間の訪問が吉。

 

【お店情報】

神戸牛居酒屋 四方善 銀座3-9-4 草野ビルディング B1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 9日

シュタインハウス ソーセージランチ (銀座)

R0000434001

朝からSNSでやたらとホットドックやソーセージの画像が流れてきて、気分はすっかりソーセージ。それで、ベルビアにあるシュタインハウスにやって来る。ドイツビールワインの専門店で、ランチタイムには、ハンバーグや、南ドイツのショートパスタ『シュペッツレ』、ソーセージなどが並ぶ。

まず運ばれてくるのはサラダと前菜の盛り合わせ。鶏肉のパテや野菜のマリネ、キャロットラペ、ゼリー寄せとなんだか飲みたくなってくる。

 

そこへやって来るのがソーセージ。ドイツ直輸入のフランクフルトにレバーケーゼ。口当たりが繊細で、グッと旨味の詰まったソーセージに、うむ、ここに足りないのはビールだけだと思い至る。

一杯くらい飲んだって変わらない自信はあるが、午後から大事な打ち合わせはあるし、箍を外すと毎日飲んでしまいそうだし、そういう訳にもいかない。トドメは、皿を下げてくれるときの「お口に合いましたか?とてもビールに合うんですよ。」の一言。もう十分体感しました。

 

食後にはコーヒー又は紅茶付き。来たときはソーセージ気分だったが、帰るころにはビールの気分。さあ、後半日経てば週末だ。

 

【お店情報】

シュタインハウス 銀座 銀座2-4-6 銀座Velvia8F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧