2019年7月18日

酒の穴 お好みランチ (銀座)

R0008327001

和食の気分。しかも魚。ついでに云えば、他にも何か野菜のおかずがあると好いのだが。魚系の定食の店を幾つか思い出してみたが、ピンと来ない。ふむ、他にはどこかなかっただろうか。そうだ!こういう時は、酒の穴だ。

茶碗蒸しが食べたいときにやって来る酒の穴。特に、3種類の料理を選んで作る「お好みランチ」(1,130円)が気に入っていて、たびたびやって来る店。選べる料理の中に大きな茶碗蒸しがあって、これを目当てにやって来ることが多いが、他にも刺身や煮魚、焼魚、揚げ物など、様々な料理が選ぶことが出来るのだ。

それで、今日はかますの開き、ほうれんそうの胡麻かけ、そしていつもの茶碗蒸し。淡白で品の良いかますも好いし、たっぷりと胡麻ダレがかかったほうれん草も好物の一つ。それに、中に種類も量も具材がふんだんに入った茶碗蒸し。量がたっぷりとあって、好物が、食べても食べてもまだあとるいう倖せよ。

茶碗蒸しは本当に人気で、売り切れることも多いもの。注文前に「まだ茶碗蒸しありますか?」と聞く方も多くて、今日も12時10分頃には売り切れた模様。茶碗蒸し目当てであれば、早い時間が必須。

【お店情報】
酒の穴 銀座3-5-8 銀座らん月B1 地図

| | コメント (0)

2019年7月16日

王十里サランチェ サムゲタン (銀座)

R0008281001

何だかサムゲタンの気分で、王十里サランチェへ向かう。もう少し暖かくなってもと思う日和に、温かい汁ものが恋しい。一方で、この店なら、愛しのユッケジャンもあるが、今日は辛いものよりも、旨いスープと鶏肉をたっぷりと愉しみたい。

ランチタイムは12:00~と書いてあるが、到着したのは数分前。声をかけてみると、「どうぞ、どうぞ」と入れてくれて、一番乗り。けれども、12:05にはもう満席という相変わらずの人気ぶり。

サラダとチヂミやキムチ、ナムルなどに続いて、サムゲタン(1,300円)がやって来る。そうそう、このスープ。見た目にも濃厚なスープは、鶏肉や高麗人参、なつめ等々のエキスが染み出て滋養たっぷり。ほかほかと身体の中から温まる。

たっぷりと入る鶏肉は、スプーンで簡単にほぐれるほどにやわらか。前回店の方に教えて貰ったとおりに、スプーンを使って大きくほぐすととても食べやすく美味しさ倍増。大満足。

お隣の方は、二人でユッケジャンと鉄板鶏カルビを頼んで、取り皿を貰ってシェア。なるほど、そういう愉しみ方もいいな。――まぁ、生憎、ランチを誰かとという予定はないけれど。

【お店情報】
王十里サランチェ 銀座3-9-18 地図

| | コメント (0)

2019年7月11日

トロヤン ブルガリアン ランチビュッフェ (銀座)

R0008243001_20190711225501

時々、猛烈にヨーグルトの味が欲しくなる朝がある。大抵、ヨーグルトドリンクを買ってということが多いが、今日は、トロヤンでランチにしようと考えた。メイン料理に前菜ビュッフェのランチ(1,100円)には、ブルガリア料理店らしい、ヨーグルトを使った料理や飲み物がいくつか並んでいるからだ。

特に好きなのが、水切りヨーグルトで作ったサラダのスネジャンカ。口当たりはしっかり水切りがされているからもったりとしているが、味わいはシンプルで爽やか。それでいて仄かに胡瓜の青さやハーブが香るところが好きだ。

メイン料理は、いつも豚肉と野菜の煮込みのカヴァルマを頼むが、新しく鶏肉の赤ワイン煮込みと白身魚のポワレが並んでいて(限定5食)、白身魚のポワレを。ソースはヨーグルトソースで、さっぱりとしてとても夏向き。

ビュッフェのほうには大きな変化はないが、肉団子の味付けが変わっていたり、フライがあったりと、少し変化がある様子。テーブルはほぼ満席。相変わらずの盛況ぶり。

【お店情報】
ブルガリアンダイニング トロヤン 銀座1-9-5 ホテルユニゾ銀座一丁目1F 地図

| | コメント (0)

2019年7月 8日

ヴィラモウラ 魚貝のカルディラーダ (銀座)

R0008171002

魚だ。けれども和食ではなく、中華でもなく、洋っぽいもの。日替わりや週替わりで魚があるところではなく、確実にあるところと云えば、オーバカナルとか。そうだ、近くのポルトガル料理のヴィラモウラも魚料理の日があるなぁ。Instagramで日替わりのランチメニュー(1,000円)が告知されているからチェックをすれば、今日は「魚貝のカルディラーダ」とある。よし、それだ!

カルディラーダは、ポルトガル風のブイヤベースと紹介されることが多いだろうか。店では、魚と貝を使った蒸し煮ですという説明。目の前に届いた瞬間に、魚介とスパイスの織り交ざった何とも云えず旨い香りが堪らない。それに、こんもりと具材が積みあがったこのボリューム。魚は2種類、浅利にムール貝、海老も入って、殻入れは山積みになる程。魚介はもちろんだが、旨味たっぷりのスープも格別で、パンに吸わせて最後まで。

たっぷりとしたサラダにドリンク付き。今日は梅雨寒のせいか、グラタンを注文している人多数。そのグラタンもそうだが、定番メニューにも食べたいものがまだあるのに、ついつい日替わりに目が行ってしまう今日この頃。いずれ必ずや。

【お店情報】
ヴィラモウラ 銀座本店 銀座6-2-3 ダイワ銀座アネックスB1 地図

| | コメント (0)

2019年7月 5日

ギンディー 日替わりランチ (銀座)

R0008159003_20190706061301

暑くなると暑いところの料理が食べたくなるもので、頭にチラつくのは沖縄料理やタイ料理。そうだなぁ。トムヤム味なんていいなぁ。酸っぱくて辛くて、食べるとスカッとするあの味。そうしたら、さてどこに行こう。やって来たのは、銀座一丁目のギンディー。

狭い店内は、今日も賑やか。運よく隅っこのテーブル席が空いていて、そこへ滑り込み。トムヤムヌードルのつもりだったが、日替わり(880円)を見ると、タイのローストチキンとある。あゝ、これ好きなヤツだ。タレはきっとタイの味付けだろうし、今日はこっちだ。

サラダにスープ、デザートが届いて、間もなくローストキチンが届く。香ばしい焼き色がなんともそそる。この香ばしさと鶏肉に染み込んだ味だけでも美味しいが、付いているタレが想像以上に刺激的でとても好み。そして、タレや肉の脂が染みたご飯が、これまた旨いんだ。

他、ランチメニューは、ガパオやグリーンカレー、パッタイ、カオマンガイや、これらがセットになったもの。テイクアウトの弁当を買い求めるために並んでいる人も多い。早いし、ボリュームもありで、人気なのも納得だ。

【お店情報】
ギンディー 銀座1-13-3 泰慈ビル B1 地図

| | コメント (2)

2019年7月 4日

つきすそ サバ干物定食 (銀座)

R0008145003

今日は魚と野菜の小鉢的なもの、それに味噌汁。魚料理に小鉢があるような定食だ。それなら、アソコにソコ。幾つか思い浮かぶところがあるが、先日行列で振られた、つきすそへ行こう。

行列は出来ているだろうかと地階へ伸びる階段を覗き込むと、行列はない。ヨシヨシと階段手前にあるランチメニューを確認しようとしたところで、店の方から「いらっしゃいませ」と声がかかった。メニューは大体記憶しているし、まぁいっか。それで「こんにちは~」と階段を降りる。

豊洲の仲卸の直営の店。ランチ(1,000円)も魚を使ったメニューが豊富で、刺身にフライ、煮付け、焼き、丼ものと何でも御座れ。そうだなぁ、今日は焼魚だなぁ。銀だらの西京焼き、鯖とほっけの干物。前にほっけは頂いたから、今日は鯖だ。

定食は、メインの料理の他に、刺身と小鉢、香の物付き。今日の目当ての小鉢は、大根と烏賊、厚揚げの煮物。そうそう、こういうのが欲しかったんだ。鯖の干物に、刺身は鮪。若芽と豆腐の味噌汁と、食べたかったものが全部ある。素朴だが、こういうの、倖せだ。

生憎の天気にも関わらず、威勢がよく活気溢れる店内は、スカッとして気持ちがいい。小耳に挟んだところによると、偶に出るアジフライが旨いらしい。是非出会いたい。

【お店情報】
つきすそ 銀座1-4-6 第一ナスダビル B1 地図

| | コメント (0)

2019年6月28日

岩戸 豚汁定食と夏の便り(銀座)

R0008077001

今日は朝から鯖塩気分で、久しぶりにつきすそへお邪魔しようと算段。いざ、伺ってみると、行列が出来ていて、回転の速い店だから――とも思ったが、この辺りには和食の好い店は沢山あるしと考え直す。冷汁のことも気になるし、今日は岩戸だ。

店前に出されている品書きを見ると、おぉ、あるある。左端に「冷汁 980円」。これを見ると、途端に夏がやって来たという気がしてくる。けれども、お願いしたのは豚汁定食(1,000円)。やっぱり魚が食べたかったし、クーラーが良く効いていたからだ。

大振りの具がこんもりと入る愛しの豚汁だが、今日はいつにも増して豚肉がもりもりと。夏バテしないようにということだろうか(食欲が衰えたことはないけれど)。有難いと、ハフハフ、ズズズッーと口にすると、胃がポッポと温まる。そして、鮪のヅケをご飯に乗せて、口へ放り込むと、胡麻や海苔の風味がふわりとして、好きめしの供。

隣の方は冷汁を。そうそう、冷汁についてくる、あのさつま揚げも旨いんだ。

【お店情報】
岩戸 銀座店 銀座1-5-1 地図

| | コメント (0)

2019年6月27日

おうち 若鶏香草焼 (銀座)

R0008073001

和定食を求めてやって来たのは、久しぶりのおうち。コリドー通り近くの古いビルのどん突き。店名からすると、家庭的な店かと思うが、どちらかというと料理店といった造り。けれども、堅苦しくなく、普段使いをするに相応しい雰囲気の店で、ランチタイムは近隣にお勤めと思しき方が集う店。

メニューは幾つかあって、定番が4種類に日替わり(いずれも1,080円)。こちらの日替わりは、メインの料理が2種類的なものが多く、ついついお願いしてしまう。今日はさわらの醤油焼きとチキン南蛮。焼魚いいなぁと思う一方で、珍しく揚げ物の気分ではなく、定番料理の中でずっと気になっていた若鶏香草焼を。

どんな感じで出てくるだろうと色々想像していたが、届いたものはちょっと予想外。鶏を焼いたものに、玉葱の薄切りと茗荷がこんもりと乗って、とても涼し気。醤油ベースのタレもさっぱり味で、期せずして、この時期に相応しいものに出会えて上機嫌。

そうそう、この店のランチの特長は、最初にボールほどの器で提供されるサラダ。一組に一つ。好きなだけどうぞというスタイルで、自分で取り皿に装って頂く。瑞々しいキャベツに大根、胡瓜に人参。自家製のドレッシング優しい味わいも好ましい。

記憶と変わらず繁盛していて、ひっきりなしに客がやって来る。久しぶりにならないうちに、また。

【お店情報】
おうち 銀座6-3-12 地図

| | コメント (0)

2019年6月24日

沁馥園 熱々土鍋麻婆豆腐 (銀座)

R0007990001

季節が逆戻りしたような天気に、欲するのは温まるもの。宿題にしているエスニックなスープとも悩んだが、やっぱり熱くて辛いものだろうと、沁馥園の土鍋に入った麻婆豆腐を目指す。

予約をしてコース料理をゆっくり召し上がる方も多いが、仕事の合間の短いランチにやって来る方もチラホラと。手渡されたランチメニューを見ると、月替わりのランチが「ラム肉のホイコーロー」とラム肉好きとしては頗る心が惹かれるもの。3度ほどやっぱりコッチ、いやアッチと悩みに悩んで、やっぱり今日は麻婆豆腐をお願いする(1,296円)。

タコのサラダに、冬瓜と鶏肉のスープと続いて、麻婆豆腐がやって来た。「熱々土鍋麻婆豆腐」という名前のとおり、土鍋の中はグツグツ熱々。辛さや痺れというよりも、牛肉のコク味や旨味が印象的。それに葱が好い風味付け。味わいに尖ったところはなく上品だが、食べ進むほどに、額にはじんわりと汗が滲んできて、今日の気分にぴったり。コレを選んで正解だ。花椒が入ったミルも出してくれるので、刺激が好きな方もご安心を。

食後には、マンゴー入りの杏仁豆腐。お茶は温かいものと冷たいものを聞いてくれる等、丁寧な接客で居心地がいい。束の間だがゆったりと贅沢している気分になる。

【お店情報】
GINZA沁馥園 銀座6-5-17 銀座みゆき館ビル 6F 地図

| | コメント (0)

2019年6月21日

トラットリア ラ ココリコ ロティサリーチキンプレート (銀座)

R0007961001

久しぶりにベルビアの定点観測。鶏肉気分だったところに、今日のアロッサの日替わりランチが鶏肉と知って、もし空席があったらと思ったところ、案の定、しっかりと行列が出来ている。けれども、鶏肉ならばここがある。ロティサリーチキンのココリコだ。大山鳥を一羽丸ごと専用のマシンで焼いている様子が見られるロティサリーチキンがウリの店。

こちらも人気で、前にいらっしゃった3人組の方には席がなく、一人だった自分が都合よく滑り込み。パスタのランチセットもあるが、見向きもせずに、ロティサリーチキンプレート。時間の余裕があれば、胸肉と腿肉の両方が楽しめる1/2を食べたいところだが、今日は1/4。それでも、行って戻って1時間のランチには十分なボリュームだ。

続きを読む "トラットリア ラ ココリコ ロティサリーチキンプレート (銀座)"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧