2021年9月15日

三州屋 アジフライ定食 (銀座)

R0017114001

出社する予定が出来ると、どこで何を食べようかをずっと考える。いつもの店に顔を出したいし、好物も食べたい。一方で、今年はほとんど食べられなかった、夏ならではのメニューも食べておきたい。悩みに悩んで決めたのが、三州屋の穴子フライだ。この春、10年ぶりくらいに復活した大好物。それに、カキフライが始まると、メニューから消えるかもなぁと思ってのこと。

手指消毒をして、店内に入る。相席がなくなった景色も、もうすっかり見慣れてしまった。気を取り直して、ホワイトボードを見ると、なんと穴子フライの文字が消えている。隣を見ると、今日の品切れに「アナゴフライ」。あゝ、タイミングの悪いこと。

そうなると、カツオの叩きなんかも気になって来るし、金目の煮付けだって旨い。でも今日はやっぱり今日はフライと、お願いするはアジフライ。

さぁ、アジフライがやって来る。千切りキャベツにフルーツサラダ。そうそうこの景色だよ。アジフライは、3枚に下ろした尻尾がついてないタイプ。そして身厚。これが好きだ。衣から薄っすらと透けて見える皮めも愛おしい。

歯を立てると、湯気と水蒸気がホコッと立ち上がり、中から、しっとりとした鯵が顔を見せる。ギリギリ全体に熱を入れましたというような生やかさ。雑味がなく、本当に美味しいところだけという味わい。穴子フライが食べられなかったことも忘れそうだ。

それに、ズズッとすすると、ほぉーと身体が落ち着くような赤出汁のなめこ汁。熱々の汁が、喉から胃にとろ~りと落ちていくこの感じが好きだ。

帰り足で、一丁目店の前を通りかがれば、「カキフライ10月~」という貼り紙。早いもので、後半月で、大好きな季節がやって来る。

【お店情報】
三州屋 銀座店 銀座2-3-4 地図

| | コメント (0)

2021年8月 5日

三州屋 アジフライ定食 (銀座)

R0016579001

次に出社したときには、アジフライか玉子サンドと決めていた。在宅勤務中でも、好きな店、好きな料理はたくさんあるが、アジフライと玉子サンドは、好物だけに、欲求が溜まる。アジフライなら、あの店か、あそこの店、玉子サンドなら…と悩ましいこと、この上ない。ランチの後、銀座界隈を歩いてみたいし、それなら三州屋でアジフライだと足を向ける。

入口は、換気も兼ねて開けっ放し。自分の前にいらっしゃるのは、UberEatsの方だろうか。生もの以外であれば、全品対応可だそうだ。ホワイトボードを見遣ると、アジフライ定食がちゃんとある。復活して感激したアナゴフライも食べたいが、なんてったって、今日はアジフライなのだ。

お茶とお新香に続いて、アジフライが届く。千切りキャベツにフルーツサラダ。そうそうこの景色だよ。アジフライは、3枚に下ろした尻尾がついてないタイプ。そして身厚。これが好きだ。衣から薄っすらと透けて見える皮めも愛おしい。

歯を立てると、湯気と水蒸気がホコッと立ち上がり、中から、しっとりとした鯵が顔を見せる。ギリギリ全体に熱を入れましたというような生やかさ。こんなだっけ?と思うほどに、雑味がなくて、旨いところだけを残しましたという味わい。あゝ、今日はこれを食べに来てよかったなぁ。3切なんてペロリだ。

それに、ズズッとすすると、ほぉーと身体が落ち着くような赤出汁のなめこ汁。香の物の塩気も、この季節ありがたい。満席だった…と残念に思った日も、今となっては懐かしい。壁一面の品書きを見るにつけ、飲みに来ることが出来る日を想う。

そうそう、岩戸の冷汁が今年も始まっていた。先日前を通ったときには見当たらなかったから、今年はないのかと思っていたから一安心。

【お店情報】
三州屋 銀座店 銀座2-3-4 地図

| | コメント (0)

2021年7月15日

ヴォージュ チーズのせハンバーグ トマトソース (銀座)

R0016475003_20210716071401

出勤の予定が決まると、前日から、ランチはどこへ行こうかと、わくわくと悩ましい。アジフライも食べたいし、絶品の焼き魚もあれば、洋食も恋しい。好物の玉子サンドやオムレツだって捨てがたい。そんな折、今日のヴォージュのメニューはなんだろうと思いつく。店のInstagramで確認してみると、肉料理がハンバーグとある。ヴォージュの料理は、なんだって旨いが、これ絶対旨いやつ。そういうことで、向かうはヴォージュ。

エレビーターで7Fへ上がって、店に入ると、「いらっしゃい!奥どうぞ」と迎えてくれる。満席だったらどうしようかと思っていたが、幸運にも席を確保。12時を過ぎると、やはり続々と客が訪れる。

「お待たせしました~」と皿が届く。ふふん、やっぱりそう来たか。相変わらず、こんもりとボリューミーで壮観。ハンバーグの上には、チーズが乗っているし、ソースもたっぷり。脇には、ヌイユ(平麺)がたっぷりと添えられている。

先ずは、ハンバーグをナイフを入れて、持ち上げると、チーズがとろ~んと糸を引く。それを、グルンとハンバーグに巻き付けてパクリ。うーん、みっちりとして牛肉らしさ満点。一方で、野菜たっぷりのトマトソースが軽やかで、ドンドン行けてしまうやつ。このソース、ヌイユにもご飯にもぴったりで、たっぷり絡めて倖せを満喫。

食後にはコーヒーを頂いて大満足。客の多くが、美味しそうに料理を気持ちよく食べていく。そんな雰囲気も好きだ。もう少し頻繁に来たいけれど、少しの辛抱だろうか。

【お店情報】
Bistro Vosges 銀座5-4-15 西五ビル7F 地図

| | コメント (2)

2021年7月 7日

銀座スイス 本日のおすすめメニュー (銀座)

R0016248002

久しぶりの銀座。行きたいところは沢山あるが、在宅だと欲求不満になりがちなのが、旨い洋食。それで、今日は洋食店を目指そうと、やって来たのが銀座スイス。創業昭和22年、カツカレーの元祖ということでお馴染みの店。

自分にとっては、カキフライの店であり、オムレツの店。今日は、オムレツと日替わり料理のセットがあるといいなぁと思って来たが、生憎、ハンバーグのセットの日の様子。ふと、目線を下げてみると、「本日のおすすめメニュー」として「豚ロースの赤ワインソース」とある。あゝ、これ絶対に好きやつ。けれども、限定10食とある。間に合うだろうか。

店に入ると、昼時というのに、珍しく客席に余裕がある。これなら大丈夫だろうとホッとしながら注文する。厨房へ注文を通すやりとりを聞いていると、どうやら、通称Bランチ。

ポタージュスープに続いて、メインの料理が届く。毎度思うが、皿の上の美しいこと。使われているものは、特別なものではないが、ドレッシングを纏った葉野菜に、トマト、マカリニサラダ。その手前には、豚ロースとたっぷりと添えられた赤ワインソース。気取らないが、少しだけ背を伸ばしたくなる美しさ。

やわらかく火を通した豚肉も美味しいが、これはソースをたっぷりつけたい。旨味や複雑な味わいの奥に感じる、仄かな酸味や苦み。うん、今日はこれをいただけて大正解の大満足だ。一方で、やっぱりフライも食べてみたい欲が湧いてくる。また今度。

【お店情報】
銀座スイス 銀座3-5-16 地図

| | コメント (0)

2021年6月15日

三州屋 カツオ叩きとライス (銀座)

R0015912001

暖簾が白地になって、初めての三州屋。前回頂いて感激した穴子フライも食べたいし、少しご無沙汰しているアジフライも逃せない。けれども、今日の目当てはカツオ叩き。先日から、カツオが食べたくて仕方がなかった。

暖簾をくぐると、先客が何組かいらっしゃるが、長いテーブルにそれぞれ一組ずつ。テーブルを仕切るパーテーションもすっかり馴染んだものだ。

お茶と箸を持ってきてくれたところへ「カツオ叩きを」とお願いする。叩きは早々に出てくるのがありがたい。鳥豆腐にカツオ、それにご飯や漬物が揃うと、随分と手狭になるが、目の前が食べたいもので一杯というのは、何という幸せだろう。

鰹に薬味を乗せてパクリ。続けざまに、ご飯を介して鳥豆腐。この温かみと澄んだコク。何度食べても体に染みる。春菊がこれまた、いい仕事をするんだなぁ。

壁を見ると、定食が14時以降は100円引きという貼り紙が。緊急事態宣言が終われば、終了だそう。夕飯にでも、いかがでしょう。UberEatも対応可。

【お店情報】
三州屋 銀座店 銀座2-3-4 地図

| | コメント (2)

2021年6月 8日

岩戸 いわし天婦羅定食 (銀座)

R0015857001

久しぶりの銀座。このご時世でランチを始めた店、新たに知った店にも行ってみたいが、やはり気になるのは、お世話になっている好きな店。もう6月。岩戸の今年の冷汁事情も気になるし、梅雨時期のいわし天婦羅も食べたいし。それに、皆さんお元気で営っているだろうか、気になって。

店前の交差点までやって来ると、店の入り口の前に6人ほどの人集り。入店までに少し時間がかかりそうだが、変わらぬ繁盛ぶりに一安心。その間に品書きを確認すると、今のところ冷汁はなし。それなら、心置きなく、いわし天婦羅がお願いできるというものだ。

豚汁などはすぐ出てくるが、天婦羅は、注文が入ってから揚げるから、少し待つ。けれども、待っている間にも、豚汁やまぐろ重が次々と並べられ、運ばれていく様子を見ているのは壮観だ。そして、先の方の穴子天婦羅が出たら、次は自分の番だ。

さて、やってきたいわし天婦羅。鰯は、15cm程で身の厚さも上々。衣を通してもピッカピカなのが見てとれる。サックリ熱々の衣の下には、待ち望んだふっかりしっとりした鰯。ギュッと噛みしめると、鰯の香りと甘い脂がジワジワ溢れる。ピーマン、茄子の天ぷらもついて、あゝ幸せだ。

帰り道では、升本にシャッターが下りていて肝を冷やしたり(貼り紙によれば、6月20日まで休業とのこと)、三州屋の暖簾が白地に変わっていて、季節の移ろいを感じたり。岩戸に次来るときは、冷汁に会えるだろうか。

【お店情報】
岩戸 銀座店 銀座1-5-1 第三太陽ビル 地図

| | コメント (0)

2021年5月13日

美味むすび uma umaセット (銀座)

R0015569003

久しぶりの出社。豚汁や玉子サンド、アジフライ等々、食べたいものや伺いたい店がたくさんあるが、先日、偶然Instagramで見つけた店がとても気になってやって来た。人気ラーメン店の篝や風見のある裏路地に、5月10日にオープンしたばかりの、おむすびランチ専門店。昼のみ間借りで営業しているため、ランチのみなのだそう。おにぎり好きの血が騒ぐ。

ランチは、塩むすびと日替わりの惣菜とスープカレー、お新香のセットで、おむすびの数を1つ~3つ選ぶというもの(700~900円)。オプションで、塩むすびに具を入れてもらうことも出来るそう。中でも鮭が大好きなもので、+50円で鮭を入れてもらうことに。

日替わりの惣菜は2種類と書いてあったが、見間違えだろうか。鶏のからあげ、焼きさば、玉子焼きに刺身こんにゃくと盛り沢山。しかも、から揚げは揚げ立てで、噛むとジュワッと肉汁が溢れるタイプ。さばは、目の前の囲炉裏で炙られたものだし、玉子焼きも上品な出し巻き。

おむすびは、もちろん握りたてでほかほか。噛み締めると、少しほろりとほどける絶妙の握り加減。米自体の旨さはもちろん、お願いした鮭もたっぷりと入って、とても好み。ここにスープカレーというのが面白いが、辛さではなく、スパイスの香りと旨味が印象的で、確かにご飯に合う飲み物かもしれないと思えてくる。

お新香まで自家製で、本当に隅から隅まで気取らず旨いものばかり。在宅勤務でなければ、定期的に通うな、きっと。店内は7席ほど。ランチは限定20食。次伺える日を楽しみに。

【お店情報】
美味むすびuma 銀座6-4-5 土屋ビル2F ろばた(呂者堂)内 地図

| | コメント (0)

2021年4月21日

いわた お楽しみ定食 (銀座)

R0015214003

久しぶりの出社。新たに見つけた新しいランチも気になるが、やっぱりお馴染みの大好きな店。変わらず営っているか気になるというもの。今日向かったのは、いわた。お母さんはお元気だろうか。

店の前に出されている品書きで、今日のお楽しみ定食の内容を確認。3種類のおかずから2種類を選ぶ仕組み。今日は、メンチカツ、金目の西京焼き、刺身の3種類。アジフライがあるといいなぁと思っていたが、肉汁たっぷりのメンチカツが旨いことも知っている。それに、西京焼きも気になるし、以前頂いた刺身も好かった。

さて、どうしようと悩みながら、引戸を開けると、丁度声をかけようとしてくれたらしいお母さんと鉢合わせ。「あら、いらっしゃい」とニッコリ笑顔。お変わりないようで一安心。

結局、西京焼きと刺身を選ぶ。昨日と似たような感じになったなぁと思ったが、旨いものだし問題ない。西京焼きなら、旨味たっぷりの脂がのった金目と甘味がご飯に合うし、刺身も綺麗。それに、切干大根やメンマの煮物。漬物に、自家製のおかかのふりかけと、ご飯のお供が勢揃い。盛り沢山で、西京焼きの皿が斜めにしか置けないというのもご愛敬だ。

「メンチカツに金目」や「メンチカツに刺身」なんて注文が聞こえてくるが、今日はこれで大満足。帰り際には、「またね」とニッコリと見送ってくれるお母さん。胃袋も気持ちも満たされる倖せのランチがここにある。

【お店情報】
銀座いわた 銀座7-4-7 地図

| | コメント (0)

2021年4月13日

只今 おばんざいランチ (銀座)

R0015116002

コロナ渦で始めたランチで知って、すっかり気に入り夜にもお伺いするようになった只今。とは言え、今年に入ってから、ほぼテレワークになってしまい、随分と伺えていない。そんな折、先日前を通ったところ、ランチのお知らせの看板が出ておらず、気になっていた。ホームページを見ると、月曜日のランチはお休みのようで、今日伺ってみようと来た次第。

続きを読む "只今 おばんざいランチ (銀座)"

| | コメント (2)

2021年4月 9日

三州屋 穴子フライ定食 (銀座)

R0015014002

鰹なんていいじゃないかと向かったのは三州屋。開けっ放しにされた入口から中を覗くと、先客が何組かいらっしゃるが、長いテーブルに一組、二組。テーブルを仕切るパーテーションもすっかり馴染んだものだ。

さてと、とホワイトボードを見遣ると、「あなごフライ」の文字が見える。見間違いではないだろうかと、しっかりと見直しても、やっぱりあなごフライだ。お懐かしや。ブログを検索してみると約10年ぶり。復活してくれたらと思っていたが、要望が多かったらしく、カキフライと入れ替えに、まずはお試し復活とのこと。

そうなったら、やっぱりあなごフライだとお願いしたら、これまた立派な穴子でニンマリ。丸々一本を2つに切ってあるが、一切れの長さも幅も立派なこと。持ち上げてみるとズッシリ。なるほど身も厚いんだ。齧り付くと、サックリとした衣の下から、眩しい白。噛むほどに、品のよい甘みがじんわりと広がって、あゝ倖せだ。

食べている途中、お姐さんから「あなごフライ?」と声がかかる。「久しぶりですよね」と返すと、「しばらくなかったもんね」とニッコリ。きっとお姐さん方も嬉しいのだろう。正式復活に向けて、応援しなくては。

【お店情報】
三州屋 銀座店 銀座2-3-4 地図

| | コメント (2)

より以前の記事一覧