2019年11月15日

いちにぃさん 蒸しとうふセット (銀座)

焼魚と迷ったが、湯気を求めてやって来たのは、インズに入るいちにぃさん。そばつゆで頂く黒豚しゃぶしゃぶが名物で、ランチメニューの黒豚ねぎしゃぶが好きな店。一方で、せいろで黒豚や野菜のせいろ蒸しがランチタイムには人気で、今日の目当てもそれ。

黒豚が入るもの、野菜や豆腐がメインのものと3種類あって、ここ最近は、決まって蒸しとうふのセットだ(890円)。

せいろの半分ほどに豆腐、その向こうには野菜や茸とバランスばっちり。付いているポン酢を熱々の豆腐にチョンと漬けて、火傷しないように、ハフハフと食べるのが好き。それに甘い玉子焼き。小さい頃に母が作ってくれていた玉子焼きは甘くて、いつもそれを思い出す。そして、大きな器にたっぷりと装われる豚汁付きというのも好い。

いつも賑わっている店だが、今日はいつも以上の賑わい。冬を予感させる空気の冷たさに、同じように、湯気を求めてきた方が多いのだろうか。咳をしている人も増えてきた今日この頃、どうぞ皆様ご自愛下さい。

*写真は後程追加
【お店情報】
いちにぃさん 銀座店 銀座西3-1 銀座インズB1 地図

| | コメント (0)

2019年11月14日

銀座スイス カキフライ (銀座)

R0009350001

銀座スイスでカキフライ。洋食のカキフライで好きなところの一つだ。先日前を通りがかったとき、カキフライのメニューが出ていることを見つけて、それで。海老フライとのセットなどもあるが、お願いするのは、決まってカキフライの5つ付(1,600円)。お馴染みのあさりとベーコンのポタージュに続いて、ほどなく揚げ立て熱々のカキフライが届けられる。

こんもりと立体的に盛り付けられたカキフライ。高温でカラリと揚げられ、目にも、香りも食欲を誘うキツネ色。ナイフを入れると、牡蠣のエキスがじゅるりと溢れる。断面を見れば、幾つかを纏めて揚げてある様子。好きなところは、口にしたときの牡蠣の瑞々しさと透明感。それに、衣の芳ばしさや食感、香りが、いいアクセント。レモンやタルタルも好いが、そのまま頂くのが一番特長が分かって好きだ。

カキフライの周りを彩る付け合わせのサラダのドレッシングの品の良さや、トマト味のペンネに浅利が混じっていたりするところも、グッと来る。

帰り道、煉瓦亭の前を通れば、こちらにも「カキフライ、カキバター焼き、始めました」という貼り紙。寒さと共に、牡蠣の季節も本格始動。

【お店情報】
銀座スイス 銀座3-5-16 地図

| | コメント (0)

2019年11月13日

母さんの台所 昼定食 (銀座)

R0009343001jpg

焼いた魚の和定食。そして、小鉢が幾つかあるといいのだが。そういうとき、思い浮かぶ店の一つがここ。母さんの台所。定食屋や居酒屋ではなく、クラブのような内装の店。けれども、ここの20食限定の昼定食(1,000円)がとても好い。

魚が3~5種類、肉は生姜焼き。それに小鉢が並べられた膳が付く。お母さんが「今日は秋刀魚がありますよ」と云ってくれたが、今日は鮭。こちらも秋だ。注文が入ってから焼いてくれる鮭は、大振りで存分に脂も乗ったもの。ご飯が止まらなくなる飯泥棒。

小鉢は、昆布の煮物に玉子焼き。鶏手羽と大根煮、しらたき炒めに、雑魚と青菜。それにサラダ。居合わせた初めていらっしゃった方から、「わぁ~、すごい」と声が上がって、「そうでしょう」と心の中でニヤニヤ。自慢したくなるランチ。

飲食店など入っているようには見えない、素っ気ないビルの1階。一見入りにくく見えるが、いざ入ってみると、不思議とアットホームで、大満足のランチが頂けるお気に入り。

【お店情報】
母さんの台所 銀座7-5-16 地図

| | コメント (0)

2019年11月11日

はまの屋パーラー 玉子・サンドゥイッチ (有楽町)

R0009340001

今朝から、どうしても、この玉子サンドが食べたかったんだ。はまの屋パーラーの、愛しの玉子サンドゥイッチ。けれども人気店。振られることも多いが、今日は不思議と行ける気がしていたんだ。来てみると、案の定行列もないし、店の中に入ってみると、半分ほどしかテーブルが埋まっていなくて、「お好きなところへどうぞ」という状態。

店の方は若い方ばかりではなく、人生の先輩が必ずいらっしゃるのが面白いところ。店の雰囲気にとても合うし、どこか懐かしい感じがするところが好い。今日注文を聞いてくれた方も、落ち着きと明るさがあって、とても気持ちがいい。

注文が混み合っていない分、サンドイッチが届くのも、いつもより幾分早い気がする。トーストして色がついたものと、白いままのものが半分ずつ(コーヒーセット:1,000円)。半分だけトーストしてもらうのが、最近のお気に入り。トーストした方は、パンのカサカサとした食感や香ばしい香りと存在感たっぷりの玉子のコントラスト。そのままのほうは、ふんわりと柔らかいパンが玉子と一緒に溶けていく感じが好きだ。両方愉しめるというのが、本当に好い。

12時を過ぎても、外には行列がなく、のんびりモード。いつもより少しだけゆっくりと寛いでいく。

【お店情報】
はまの屋パーラー 有楽町店 有楽町1-12-1 新有楽町ビルB1 地図

| | コメント (0)

2019年11月 8日

銀座羊屋はなれ 厚切ラムもも肉セット (銀座)

R0009336001_20191109063601

ラム肉が食べたいんだ。しかも焼肉で。ランチタイムに、そう都合のいいことが――、ここでなら出来る。銀座3丁目、松屋銀座の裏手にある銀座羊屋はなれ。ランチタイムも焼肉がメインで、カルビや牛タン、豚肉もあるが、店名から分かるように、羊肉が堂々の主役。だから、ラム肉の焼肉も3種類。肩ロースに、ネギ塩肩ロース、それに厚切ラムもも肉(950円)。厚切りって言葉に滅法弱くて、選ぶのはやはりコレ。

届いたのはタレに漬かったラム肉が7切ほど。肩ロースよりも確かに厚切り。トングで摘まんで網に乗せると、ジューッという音と煙が上がる。脂が染み出る様子を見たり、頃合いを見計らいながらひっくり返したりと、中々に忙しく愉しいもの。

焼けたところをパクリと頬張れば、柔らかく、厚切りらしい食べ応えもある。追いかけるようにご飯を掘り込めば、肉の旨味にタレの味がご飯と混ざり合って、あゝ幸せ。とはいえ、ビールや焼酎なかもチラチラとする。今日は金曜日。毎日飲んではいるが、金曜日はやはり別格。

【お店情報】
銀座羊屋はなれ 銀座3-8-8 太郎坊ビル1F 地図

| | コメント (0)

2019年11月 5日

銀座菊正 お楽しみ定食 (銀座)

R0009319002

気分は和定食。幾つか候補をあげて、中から銀座菊正にやって来る。品の良い定食と、素敵な大女将が印象的な店。西京焼きや玉子焼きの定食もあるが、日替わりのお楽しみ定食(1,000円)があって、今日は、栗ご飯と豚汁という。まさしく秋。今日はこれを戴かなければ。

地下1階には小さなカウンター席。2階にテーブルが4卓という面白い造りの店。先ずはと地下1階を覗くと、お客さんで一杯。2階に上がると、テーブルが2卓空いていて、一人で申し訳ないけれど、広々と使わせて頂くことに。

あゝ、秋っぽい。コロコロと入る栗のご飯と大きな器に装われた豚汁。全体的に見ると茶色だが、栗の淡い黄色、里芋の乳白色。茶色だって濃淡があって、秋の色。分かりやすい甘さではないが、ほんのり、そしてほくほくと甘い栗とご飯の旨いこと。それに、時々口に混ざるごま塩がいいアクセント。豚汁もやわらかい味で、ほっとする。お浸しと、昆布と浅利の佃煮、一口カステラもついて、定食として好い佇まい。

「おかわりもありますからどうぞ」とニッコリと声をかけてくれる大女将も、相変わらずキュートでお元気。その笑顔に安心して、「ごちそうさまでした。また伺います」と店を出る。

【お店情報】
銀座菊正 銀座3-8-17 地図

| | コメント (0)

2019年11月 1日

EIKO スンドゥブチゲ (銀座)

R0009277001

どうにもこうにもスンドゥブチゲの気分で、久しぶりにEIKOに来る。そういえば、スンドゥブチゲ(900円)も久しぶりだ。

いつも混み合う人気の店だが、今日も12時前だというのに、厨房はてんやわんやの真っ最中。辺りを見ると、なるほど、少し前にドッとお客さんが入ったようだ。食べたいものは決まっているが、ゆっくりとメニューを見ていると、限定メニューなんていうものがある。水キムチから自家製の水冷麺なんてものがあって、とても気になる。

とはいえ、今日はスンドゥブなのだ。石鍋で濛々と湯気を上げてやってくる。そうそう、これだ。どう見たって熱いから、火傷をしないように、ふうふうしながら口にする。辛くて熱くて、けれども透明感のあるスープ。それに、熱々でふるふるの豆腐にあさり。それに何より大好きな玉子だ。

食べている途中で崩してしまわないように、玉子のある位置を確認しながら、スプーンを入れて食べ進む。残りは玉子と汁が少しとなったところで、ご飯を入れて、エイヤッとスプーンを入れる。半熟の黄身がとろりと零れてきたところを、ご飯と混ぜておじや風にして食べるのが自分のスタイル。今日の玉子の出来は上々。玉子感たっぷりなところが大好きだ。

食べ終わる頃には、汗がじんわり。気分はスカッと爽快。うん、やっぱりスンドゥブチゲいいな。

【お店情報】
EIKO 銀座1-5-2 西勢ビル B1 地図

| | コメント (0)

2019年10月28日

でーびる沖縄 カレー風味チャンプルー (銀座)

R0009240001

野菜が食べたい。しかもサラダじゃなくてというときは、中華料理か沖縄料理だ。今日はそういう気分で、でーびる沖縄を目指す。松屋銀座の裏手にある沖縄料理店。ボリューム満点のランチが人気の店。

ここには、チャンプルー(1,000円)が幾つかあって、今日はそれが目当て。前頂いたのは、ごーやチャンプルーと麩チャンプルー。残されているのは、カレー風味ととうふの2つ。迷うが、これまでの2つとは味が大きく違うだろう、カレー風味に決めた。

ボリューム満点だと分かっているのに、また届いたものを見て、おぉっと驚く。25cmほどはある大きな皿にこんもりと。そして、鼻を擽るカレーの香り。うん、これは旨そうだ。ニラやもやし、玉葱などの野菜の他、想像以上に立派な豚肉やランチョンミートがたっぷりと。これはご飯片手にワシワシとワンパクに食べたいやつ。

今日はアオサや豆腐、野菜が入った具沢山のすまし汁に、漬物、サーターアンダギー付き。気になっていた煮付け定食など、限定のランチが姿を消していたが、お値段据え置き、むしろ値下げしたものもある庶民の味方の店。とうふチャンプルーも頂きたいし、沖縄料理ではないが注文する人の多いしょうが焼きも気になっている。

【お店情報】
でーびる沖縄 銀座3-8-10 朝日ビルB1 地図

| | コメント (0)

2019年10月24日

升本 豚キムチ鍋 (銀座)

R0009194001

朝晩の肌寒さに、そろそろ鍋が恋しくなってくる。この辺りで鍋といえば、松永牧場の肉団子鍋や、博多ほたるのもつ鍋。それに、升本の豚キムチ鍋(850円)。久しぶりに升本もいいなぁ。夜は大衆酒場、昼は手軽なランチで支持されている銀座の老舗。

入ってすぐの会計場で、豚キムチ鍋を注文してお金を払うと、「ちょっとお時間かかるかもしれませんが、よろしいですか?」と云う。どうしたのだろうと厨房を覗くと、なるほどお一人。「かまいませんよ」と答えたが、姿が見えないお父さんが気にかかる。

そうしていると、人が入って来る気配がして、見るとお父さんの姿。よかった、よかった。その時間だけだったんだ。

さて、豚キムチ鍋も登場だ。湯気と共に、キムチの酸味がグッと立ち上って、空きっ腹を刺激する。豚にキムチ、つるつるの豆腐もたっぷりと入った鍋。ハフハフと食べ進めると、熱さだけでなく辛味と酸味で汗が滲む。他の定食同様に、味噌汁、漬物付きで、盛りのいいご飯が、恐ろしいくらいにグイグイ進む。

少し前から気になっていたのが、ここでは異色メニューの「バターチキンカレー」。相席の方が召し上がっていて、これがまた好い香りがして堪らなかった。次は、アレにしてみようか。

【お店情報】
銀座升本 銀座1-4-7 地図

| | コメント (0)

2019年10月23日

酒の穴 カキフライランチ (銀座)

R0009184001

茶碗蒸しが食べたいから、酒の穴へ向かう。茶碗蒸しが好物で、ここのは兎に角大きくて、具沢山というところが特に好きだ。茶碗蒸しが付けられるランチは幾つかあって、そろそろ始まっていないだろうかと期待していたのが、カキフライ(1,250円)。来てみると、季節ものらしく、定番のメニュー帳とは別のボードに書かれているのを見つけて、心の中でガッツポーズ。

さぁ、やって来た。愛しの茶碗蒸し。ご飯の器よりも、味噌汁の椀よりも、大きくて重量感のある茶碗蒸し。中には、海老に鶏肉、椎茸、銀杏、蟹の身等が、これまた結構な大ぶりのものが入る。玉子の部分もすべすべつるつる。口にすると、ほろりと崩れて、とろんと胃へ落ちていき、ポッと胃が温かくなる。倖せだなぁ。

それに、こちらも好物のカキフライ。小振りではあるが、強い旨みの牡蠣。箸で持っているとエキスがタラリタラリと垂れるほどのジューシーで、薄く香ばしい衣との相性も好い。

好きなものは最後に残しておきたいから、今日は迷いに迷った。それで、結果はカキフライ。牡蠣の旨味とサクリと香ばしい衣が混じりあった味。改めて好きだと思う。並びの銀座スイスにもカキフライが登場。愉しい季節がやって来た。

*写真は後程追加
【お店情報】
酒の穴 銀座3-5-8 銀座らん月 B1 地図

| | コメント (0)

より以前の記事一覧