2017年7月20日

魚や 魚づくし定食 (銀座)

R0000792002

魚が食べたい。けれども、今日は、鶏豆腐もという気分ではないからな――なんて、他の店を考えてみる。あまり遠くまで足を運ぶ時間もないしと、インズ2の地下1階に入る魚や。ずっと知ってはいるが、入ったことのないという店があって、ここもその一つ。

 

店名どおり、魚料理がランチタイムからずらりと並ぶ。ぶり照りに焼魚、づけぶつ丼、それに刺身盛り合わせや、面白いところでは焼魚三種盛り。

 

お願いしたのは、魚づくし定食(980円)。焼魚に煮魚、刺身にフライと4種類。まさに「づくし」。それぞれはやや小さめだが、これだけ揃うと中々立派。さば味噌のこっくりした味付けは、素晴らしくご飯に合うし、フライは揚げたてサクサク。刺身の盛り合わせには、玉子焼き付きでニッコリ。

 

やや薄暗く昔乍らの居酒屋風な店で、てっきりサラリーマンのランチ処かと思いきや、女性の姿も想像以上。店で働く方々の活気も心地いい。

【お店情報】

魚や 銀座店 銀座西2-2 銀座インズ2 B1 地図

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月18日

やまと 日替わりランチ (銀座)

R0000769002

週末の3連休は、弘前・青森で、旨い魚や野菜を頂いたから、猛烈に肉欲求。とはいえ、昼休み直前にかかってきた電話によって、出遅れてしまって、近場でとアレコレ店を考える。

 

とりあえず、やまとの日替わりを確認して――と思って、ビルの入口に出されているメニューを確認すると、なんと好物のトンテキとある。前に頂いたトンテキの美味しい記憶もあるし、このまま上で登ってしまえ。

 

人気のある店だが、今日はほぼ満席というくらいの繁盛ぶり。メニューも確認せず、日替わりを(970円)とお願いする。またまた嬉しいことに、今日は菜飯があるという。菜飯は好物なのだ。

 

豚肉は150g。ブロックのまま焼いて、食べやすいようカット。断面は、仄かな桜色で、柔らかくしっとりとしてきめ細やか。それに、サラダキャンペーンということで、セットのサラダが、本当に大盛り。たっぷりしたと野菜と肉。今日望んでいたランチ。

 

それにしても、梅雨はどこへ行ってしまったのだろう。恐らく、これからも続くだろう暑さ。皆様どうぞご自愛下さい。

 

【お店情報】

豚肉創作料理やまと 銀座本店 銀座2-4-18 アルボーレ銀座9F ぐるなび

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月14日

岩戸 豚汁定食 (銀座)

R0000729001

今日はいわし天ぷらだ!と岩戸へ急ぐ。「いわし天ぷらを」と注文すると、「あら、ごめんなさい。売り切れちゃって」と残念なお知らせ。どうやら、ちょうど前のお客さんでお仕舞だったらしい。

 

それなら、愛しの豚汁。店前にも張り出してあったが、まぐろの高騰で、まぐろが入るメニューはいずれも少々の値上げ。豚汁は1,000円。まぐろ重は1,070円。それでも人気が衰えないというのが人気メニュー足る所以。次から次へと注文が入っている。

 

こんなに暑い日だというのに、豚汁はアツアツでうんまい。今日は蒟蒻と玉ねぎがやや多めで、かなり好み。豚汁を飲んで一息ついたら、鮪の漬けをご飯に乗せて、口の中へ放り込む。豚汁と鮪と白飯のナイストライアングル。

 

立て続けに入って来るお客さんの対応に忙しそうで、冷や汁のことを聞きそびれてしまったが、今年は出さないのだろうか。岩戸の冷や汁なしに、この暑い夏が越えられそうな気がしないんだが――。

 

【お店情報】

岩戸 銀座店 銀座1-5-1 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月13日

涵梅舫 木樨肉(銀座)

R0000725001_3

今日は、酒の穴で大きな茶わん蒸しと豚肉の炙り焼きと思って向かったものの、生憎、満席だと断られる。もう12時は回っているから、それほど混んでなくて、料理の提供が早いところ。そしてこの辺りの好きな店――。

 

それでやって来たのが、涵梅舫。何の因果か、混んでいるときでも少しは余裕があるのに、今日は空席が1卓だけ。にぎやかなのは良いことだが、てんてこ舞いな様子。

 

ここの麻婆豆腐が大好きだが、今日は辛い気分ではなく、お初の木樨肉(1,080)。先程まで気分だった茶わん蒸しと豚肉の炙り焼きと、なんとなく被るのも理由の一つ。

 

色見的に濃い味に見えたが、生姜がかなり効いて、スッキリした後味が好い。それに外は焼けて中はふんわりとした好みの焼き加減の玉子がたっぷり。ひょんなところで、好きなものに出会ってしまった。

 

そういえば、今年は冷麺は出さないのだろうか。

 

【お店情報】

銀座涵梅舫 銀座2-4-6 銀座ベルビア館8F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月11日

泰明庵 冷やしカレーそば (銀座)

R0000711002

冷やしカレーの美味しい季節がやって来た。愛しのヒヤアツ。冷たい蕎麦の上に熱々のカレーをかけたもの。

 

箸をグッと入れて蕎麦を引き上げると、カレーの湯気がぐわっと広がって、冷たい蕎麦が顔を出す。これに、アツアツのあんかけタイプのカレーを絡ませると、熱くも冷たい絶妙な温度になって、好きだ。油断をすると、カレーに入る豚や玉ねぎで、火傷しそうになるけれど。カレーもスパイシーで、とても夏向きだと思う。

 

やはり暑い日は、蕎麦をつるつるとと思う人が多いのか、いつも繁盛している店だが、いつも以上の大盛況。それで相席になったわけだが、向いの方は、噂に聞いていたカレーせいろ。こちらもヒヤアツ。気になるなぁ。

 

【お店情報】

泰明庵 銀座6-3-14 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月10日

いわた お楽しみ定食 (銀座)

R0000707003

何のフライかは問わず、とにかく旨いフライが食べたいときは、「いわた」だ。粗めの衣で、噛むとアジフライなら、ホワッと熱が上がってほこほこの身が現れるし、メンチカツなら、ジュワリと旨い肉汁が染み出す。それに油重くなくて、幾つでも食べられそうな気がする旨さ。

 

そんなフライが、日替わり定食的な「お楽しみ定食」(1,050)に、大抵1種類は入っていて、それを目指してやって来た。店前でメニューを確認すると、今日は好物の「アジフライ」と「ハンバーグ」の盛り合わせ。フライの盛り合わせでもよかったな、なんてチラッと思ったが、それを反省するのは後のこと。

 

好きな物は後に残す性分で、先ず、手を付けたのがハンバーグ。しかしこれが、とても好みのハンバーグだった。流行りの肉々しいのでも、ふわふわと柔らかいものでもなく、昔乍らの洋食屋的な正統派。それに美味しいソースがたっぷりとかかって、ついついもう一口、もう一口と箸が止まらない。

 

鯵の旨味と衣の香ばしさが、やたらとご飯に合うアジフライに、2種類の小鉢、漬物、手作りのふりかけ付き。それに、あまりに暑そうに入って来たからか、「ここが一番涼しいわよ」なんて、席を進めてくれるお母さんも、この店の魅力の一つ。いやはや、今日、益々好きになってしまった。

 

【お店情報】

銀座 いわた 銀座7-4-7 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 3日

EIKO サムゲタン (銀座)

R0000625003

梅雨が明けたような暑さに、真っ先に頭に浮かぶのは、岩戸の冷や汁。7月になったし、月曜日だし、今日から出すんじゃないかと思って向かったが、店前の品書きには、残念ながら「冷や汁」はなし。

 

季節柄、いわし天も確実に旨いのは分かっているが、天ぷらを食べる気分ではない。タイ料理にも気が向いたが、そうだ、夏こそサムゲタン!と、並びのEIKOへやって来た。

 

冷麺も始まっていて、そちらにも気を取られるが、店の中は景気よくクーラーが効いていて、これなら熱々のサムゲタン(1,450)を頂いても大丈夫と踏む。

 

いつにも増して、濛々と立つ湯気。濃くとろみを帯びているから、中々冷めそうにない。サラダや3種類の総菜を頂きつつ、少し落ち着くのを待って、スープを一口。喉元を通って、温かさを旨味が、胃から体中に染み渡る。箸とスプーンで簡単にホロホロとほぐれるトロ肉もたっぷり入って、食べごたえも十分。

 

会計をして店を出る。奥にあった春宵のランチメニューが出ていないことが気になって良く見てみると、馬肉料理の仲巳屋の看板に変わっていた。

 

【お店情報】

EIKO 銀座1-5-2 西勢ビル B1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月30日

松永牧場 肉団子チゲ鍋 (銀座)

R0000603004

喉が痛くなって3日目。なんとなく怠い気もするし、本格的に何とかせねば。こういうときは、温かくて安定の豚汁を思い出したが、鍋もののほうが喉通りがいいかと、松永牧場へやって来る。

 

目当ては、ここの肉団子鍋。ゴロンと大きな肉団子が3つに、たっぷりの野菜。温まるし、柔らかくなった野菜ってのが都合がいい。しかもチゲ味にも出来るというのが好い。

 

待つこと15分ほど。グツグツ沸いてやって来た。鍋に擦切り一杯ほどにたっぷりと具が入る。件の肉団子に、豆腐、キャベツや玉葱、ニラ等々。これらを少し食べて、隙間が空いたところに、温泉たまごをぽとりと落とす。これを温めつつ、最後まで残しておいて、そこへご飯を投入。いざっ!と玉子にレンゲを入れて、とろりと溢れ出た黄身をご飯と汁に纏わせて、おじやみたいして〆。

 

食べているうちは、先程までの怠さを感じないというのは、どういうことだ。それはさておき、あと半日で週末。もう一息。

 

【お店情報】

松永牧場 銀座本店 銀座2-4-18 アルボーレ銀座8F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月28日

三州屋 アジフライ定食 (銀座)

R0000593002_2

今日はどうしたってアジフライ。この辺りなら、キッチン大正軒のアジフライも魅惑的だが、向かったのは三州屋。三州屋のアジフライが久しぶりというのもあるが、食べたかったのが、鯵を開いて尾っぽが付いたタイプではなく、半身のタイプだったから。

 

生憎の天気だというのに、三州屋は流石の盛況ぶり。カウンターの端でちょうど会計をしている人がいて、入れ違いに席を確保。お姐さんが、相変わらずのクールな顔をしながらも、「今日は何にする?」と一声。迎えてくれる店がある有難さ。ホワイトボードを一睨みして、「アジフライを」とお願いする。

 

ほどなく届くアジフライ(1,050円)。いつもより小ぶりに見えるが、厚みはスゴイ。さてとと、衣に歯を立てると、湯気と水蒸気がホコッと立ち上がり、中から、しっとりとした鯵が顔を見せる。ギリギリ寸止めで熱を入れましたというような生やかさで、咀嚼していくと鯵らしい香りと甘みがやってくる。あゝ、これだよ、これ。

 

そこへ、ホカホカご飯と味噌汁、漬物と順々に放り込むと、改めて定食としての良さを思うのだ。

 

【お店情報】

三州屋 銀座店 銀座2-3-4 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月27日

カンティーナ シチリアーナ 鶏肉のオーブン焼き(銀座)

R0000576001_2

泰明庵に来たものの、ガラス戸から中を覗くと、どうやら混雑している様子。それなら別に店にしようと、久しぶりに、同じ通りにあるカンティーナシチリアーナ。

 

以前よりも幾分手頃な値段になって、パスタ、肉料理、魚料理に前菜とフォカッチャ、ドリンクがつくセットが1,100円。前菜は、フリッタータ、モルタデッラ等3種類の盛り合わせ。

 

選んだのは肉料理。今日は鶏肉のオーブン焼き。3種類のパプリカのソースに惹かれてのこと。というのも、最近、ピーマンやパプリカに俄然興味が湧いていて、それで。そのパプリカは、粒マスタードをきかせたソースに具として入っていて、よりパプリカとして味わえるのが好い。なんだろう、やっぱり好きだ。

 

食後には、アイスコーヒーを。季節柄カウンター横の扉を開けているのが気持ちよく、陽が落ちる頃に軽く一杯なんて格好だろうなぁ。

 

【お店情報】

CANTINA SICILIANA 銀座6-2-6 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧