2019年9月10日

白桜 銀鱈の煮付け (銀座)

R0008793003

ある日、ヴォージュやHARE GINZAのランチを知らせるメニューの奥にひっそりと、ランチメニューを書いた小さな黒板が置かれるようになったことに気が付いた。メニューは、ハンバーグだったり、から揚げだったり、魚の煮付けだったり。気になってはいたものの、この道を通るときは、大抵、アソコに行こうと決めていることが多いから、中々伺えずにいたところ。

今日もヴォージュに引き込まれそうになりながら、エレベーターで5階。エレベーター正面の店に「小料理 白桜」という文字と、今日のランチメニューが書かれた小さな看板が出ていて、そこだと分かる。ドキドキしながら入ってみると、和の造りの綺麗な店。「こんにちは」と声をかけると、「お好きなところへどうぞ」と女性が迎えてくれた。

今日のランチメニューは、から揚げ又は銀鱈の煮付け(1,000円)。銀鱈をお願いすると、金平や煮卵、高菜漬けなど、小鉢が次々運ばれてきて、「お魚が小さいから」と南瓜の煮物のサービス。期せずして、小鉢が沢山の定食のできあがり。ご飯はふっくらつやつや。こういう定食が食べたいときってあるんだよな。

さっと出してくれるところも、短い昼休みにはありがたい。いらっしゃったご常連さんには、「あら、魚も食べるのね」なんて冗談を言いながら、明るく笑う。夜が本業の店の昼の顔。こういうのも銀座らしい。

【お店情報】
白桜(はくら) 銀座5-4-15 西五ビル 5F 地図

| | コメント (0)

2019年9月 9日

BARA dining BARAランチ (銀座)

R0008786002

鉄道が大混乱の午前中。皆様おつかれさまでした。職場は人が半分以下。飲食店の方も同様で、ランチタイムの営業を中止したり、営業時間を後ろに倒したりするお店も目にする。伺おうと向かった店も、ランチは休みの様子で、辺りをぶらり。

茨城のアンテナショップ「イバラキセンス」の前を通ったところ、平日のランチメニューに「冷しゃぶ」の文字を見つけた。今日は夏より夏らしい暑さだし、豚肉も好きだ。それに、このアンテナショップがリニューアルして、一度も伺ったことがなかったしと暖簾を潜る。

目当てのランチは平日限定の週替わりのBARAランチ(950円)。リニューアル直後に比べると、随分と手軽な値段になった印象だ。こんもりと盛られた豚肉の下には、茨城産の野菜がたっぷり。豚肉はオッと思うほどにしっとり柔らかで、野菜を巻いて食べるのにとても好い。さっぱりとしたごまだれとの相性は言わずもがなだし、この暑さに似合い。しじみの味噌汁に、魚の南蛮漬け付き。

他には、スープカレーや納豆スパゲティ。他の方が召し上がっていて気になったのは、野菜と豚肉のせいろ蒸し。のんびりした雰囲気でゆったり過ごしたいときに向きそうだ。

【お店情報】
BARA dining 銀座1-2-1 紺屋ビル1F 地図

| | コメント (0)

2019年9月 6日

イスタンブール 日替わりランチ (銀座)

R0008782002_20190907064801

今日はいつもとちょっと違ったものが食べたい。そうすると、外国料理を出す店へ伺うのが一番だ。幸いにも、この界隈には、珍しい外国の料理を出す店も幾つかある。ポルトガルにトルコ、クロアチアにブルガリア、メキシコ等々。徒歩圏内にこんなにもいろんな店があるというのは、凄いと思うし、ありがたい。

やって来たのは、トルコ料理を出すイスタンブール。ケバブを頂くことが多いが、マントゥ(水餃子みたいなもの)も気になっているし、スープやサラダからさり気なく香るハーブ使いが好きな店。今日来てみると、生憎マントゥは無かったが、日替わり(1,080円)にキャフテを見つけて、それを。

キャフテとは、中東や南アジアなどにおけるミートボールやバンバーグのような肉料理。こちらのものは、牛肉と羊肉を混ぜて使っているそうで、ちょっと細くて長い小ぶりのハンバーグのよう。ギュッと旨味が詰まっていて、噛むほどにスパイスが香ってエキゾチック。ポテトやパプリカがたっぷりと入ったトマトソースが、ライスに染みたところが地味に好きだ。

食後には、ドリンク付き。トルコ紅茶を頂きながら、少しだけのんびりした雰囲気に身を任せてみる週末前。

【お店情報】
イスタンブール 銀座店 銀座7-2 銀座コリドー街 1F 地図

| | コメント (2)

2019年9月 4日

オーバカナル キッシュランチ (銀座)

R0008742001

昨晩は、大いに飲んで食べた愉しい夜で、今日の昼は少し軽めにしておこうと、オーバカナルへやって来る。たしか、スープランチやキッシュランチがあったはずだし、オムレツを貰うという手もある。

店に近づくと、気候が好いからか、今日は扉を開けて、窓側はテラス席のようにしてあって、ご機嫌にランチをとる姿が見える。今日は過ごしやすい日だし、休みで軽く飲めたなら、さぞ気持ちが好いだろう。

さてと、注文。スープランチはオニオングラタンスープか、とうもろこしの冷製スープ。玉子好きとしては、断然オムレツだが、スープやキッシュのランチには、3種類のサラダが入っているというのが気になって、キッシュランチ(1,200円)をお願いする。

届くと、ふわりとバターの芳醇な香りと温かさが辺りに漂う。軽めの食事と思ってきたが、料理の温かさは、やはり大事。グッと食欲も湧いてくる。サラダは葉野菜の他、キャロットラペに、レンズ豆とベーコン。こういうので、冷えた泡なんかを飲ると旨いだろうなと思わせるニクい味で、昨晩あれだけ飲んだのにと苦笑い。

【お店情報】
オーバカナル 銀座店 銀座6-3-2 ギャラリーセンタービル 地図

| | コメント (0)

2019年8月29日

母さんの台所 昼定食 (銀座)

R0008682001_20190830070301

気分は小鉢が幾つかある定食。メインの料理は、アジフライか焼魚か。それなら、いわたのお楽しみ定食を覗いてアジフライでなければ、母さんの台所へ行こうと算段する。先ずはと、いわたのお楽しみ定食を見てみてれば、今日はヒレカツとアジではない何かのフライ(忘れてしまった)。それならばと程近い母さんの台所へと足を運ぶ。

こちらのランチ(1,000円)は、魚が3~5種類と生姜焼きというのが定番。今日の魚を伺うと、鯖、鮭、あこう鯛。鯖は前に頂いたし――と、あこう鯛をお願いする。

ここの定食の好きなところは、小鉢が沢山並ぶところ、メイン料理とは別の盆に所狭しと器が並ぶ。今日は、夏野菜のマリネにひじきの煮付け、サラダに昆布と人参のご飯のお供。あこう鯛は粕漬けになっていて、口にすると、身も柔らかく、何より芳醇な香りがふんわりと。そこに旨いご飯があれば云うことなしだ。

今日は、お客様から頂いたからと、西瓜のサービス。鮮やかな赤色の見事な西瓜。そう云えば、今年の夏は、西瓜を食べた記憶がないなぁ。

素っ気ないビルの一階。冷気を逃がさないため、入口を閉じたままにしているから、益々入り難いように見えるが、いざ扉を開けてみると、不思議とアットホームで、大満足のランチが頂ける気に入りの店。

【お店情報】
母さんの台所 銀座4-5-16 地図

| | コメント (0)

2019年8月23日

岩戸 豚汁 (銀座)

R0008621001

冷たいものを口にする機会が多いせいか、今日食べたいものは温かいもの。それも汁物が好い。そうとすると、三州屋の鳥豆腐か、岩戸の豚汁(1,000円)。夜の予定を考えると、そうだな、昼は豚汁だな。

外を歩いている間は蒸し暑いが、店の中は冷房が効いていて、むしろ豚汁が恋しいくらい。実は少々久しぶりだが、相変わらず、大振りの大根や人参。それに、里芋が入っているところが好きだ。具をガブリと頬張って、汁をズズズッー。身体中に温かさが染みていく。

お供の鮪の漬けは、いつもよりも多いんじゃないかと思うくらいにふんだんにあって、ご飯にたっぷりと乗せて。豚汁と漬けとご飯。この組み合わせは、毎日食べてもいいと思う、体に馴染んだ普段着の好い食事。

隣の方は、夏の名物「冷汁」を。冷汁も旨いが、あのさつま揚げも旨いんだよな。少し夏の終わりを感じる今日此の頃。夏が終わってしまう前に是非とも。

【お店情報】
岩戸 銀座店 銀座1-5-1 地図

| | コメント (0)

2019年8月21日

銀座スイス Bランチ (銀座)

R0008584002_20190821222301

オムレツを求めて、銀座スイス。以前、店の前を通ったときランチメニューを確認していたら、ハンバーグのAランチ(1,300円)、オムレツのBランチ(1,200円)というセットが出来ていて、よく見てみると、それぞれに曜日によってセットになるおかずが変わるというものらしい。確か記憶によれば、Bランチの水曜日は、オムレツと生姜焼き。好物の組み合わせ。

店に来て、記憶に間違いがないかとメニューを見てみると、間違いはないけれども、Aランチのハンバーグとシーフードコロッケという組み合わせも気になってくる。ここのフライは好きだし、ハンバーグが美味しいことも知っている。あゝ、悩ましい。けれども、やっぱり玉子が好きなんだ。

届いた皿を見て、やっぱりコレだと思う。焼き目のないつるりと眩しい黄色と、その上にタラリと乗る赤いケチャップ。見るだけで、ウキウキドキドキ。心拍数が上がる感じ。外は綺麗に焼かれていて、中は程の良い柔らかさ。口当たりの優しいことにもうっとりする。

一方の生姜焼きは、ロースが2枚。しっかりとした味付けのご飯に似合うやつ。付け合わせのペンネには浅利がたっぷり入っているし、千切りキャベツに施されたドレッシングも素敵。少し背を伸ばして洋食をといった頃の匂いがして好きだ。

ちなみに、Bランチのもう一品は、月:エビフライ、火:ポークヒレカツ、木:鮮魚のフライ、金:メンチカツ。先程食べたばかりなのに、エビフライもいいな、メンチカツもなんて思えてきてしまって悩ましい。

【お店情報】
銀座スイス 銀座3-5-16 地図

【おまけ】
明日8/22は、東京国際フォーラムのレストランのランチ半額デーです!

| | コメント (0)

2019年8月19日

ニルワナム ランチビュッフェ (銀座)

R0008561001

夏休みの頭をキリッとするにはカレーだろうと、先週のうちから今日はここだと決めていた。ベルビア館に先日オープンした南インド料理店、ニルワナム。ランチはビュッフェスタイル(1,296円)。カレーのビュッフェに伺ったことはあるが、南インド料理のランチビュッフェは初めてで、愉しみにしていたところ。

料理の内容は日替わり。入ってすぐのところに、料理がズラリと並んでいて、今日はカレーが5種類を始めとした10種類ほど。サンバルやドーナツのようなワダもあって、なるほど南インドという感じ。

特にカレーは興味があったから、あれもこれもと欲張って全種類を。スパイス感がたっぷりで一番好みだったマラバルマトンはお代わりまでして、お腹一杯。サラダやデザートの他、ライスもあり。ちなみに、ナンはバスケットに入れて、店の方が運んできてくれる。

日によっては、ビリヤニがあったりすることもあるそうで、他のカレーも気になるところ、ランチメニューは、お店のFacebookで確認できるようだ。

【お店情報】
ニルワナム 銀座店 銀座2-4-6 銀座ベルビア館7F 地図

| | コメント (2)

2019年8月14日

北野 タラあら煮 (銀座)

R0008499001_20190815070901

昨日が洋食だったから、今日は和食がいいなと思う。お盆時期は、あの店やこの店は毎年休みだからと断念する店もあるが、ここはどうだろうと閃いたのが北野。最近は便利なもので、店のSNSを確認すると、今日もランチを提供しているらしい。ありがたい。

電車も空いていたからと思ったが、繁盛店のこちらはかなりの賑わい。流石に予約が沢山入ってということはないようだったが、独りだったから運良くカウンターの角に滑り込めた格好だ。

炭割烹と名乗るこちらの店では、炭火で焼いた魚や豚肉を頂くことが多いが、今日は、数量限定のタラのあら煮(1,200円)を見つけてソレを。

届いたのは、立派なカマの部分も入ったあら煮で、傍らには豆腐に春菊。品の良い味付けだから、タラの旨味がじんわりと広がる。一人黙々と骨辺りを突く姿は、上品な味付けとは程遠いかもしれないが、ここが旨いんだ。許してほしい。

小鉢は、隠元の胡麻和え。たっぷりと蜆の入った味噌汁に漬物、それに旨い白米。食後には杏仁豆腐と至れり尽くせり。次伺うのは秋に入った季節だろうか。秋刀魚なんかが出ているといいなぁ。

ちなみに、泰明庵は、今週一杯お休み。19日から通常営業とのこと。

【お店情報】
炭割烹北野 銀座7-2先 地図

【お知らせ】
15日、16日と夏休みを頂いています。大抵飲んでいると思いますが、ご興味がありましたら、TwitterInstagram で。

| | コメント (0)

2019年8月13日

京橋モルチェ ハンバーグシュバール風 (京橋)

R0008498005

お盆期間らしく、朝の通勤電車は空いているし、すれ違う人も少ないけれども、ランチが休みの店が多いという期間でもある。そういうときは、商業施設内のレストランは比較的安心で、今日向かったのは、京橋エドグラン。京すしはあわよくばと思ったが、予想どおりにお休みで、向かったのは京橋モルチェ。良質な洋食が頂けるビアレストラン。

洋食気分の日なら、ハンバーグやカレー、グラタン、カツレツなど洋食がズラリと並んでいるし、牡蠣がある時期ならカキフライやドリアを目当てにやって来る店。今日の目当ては、名物料理の一つであるハンバーグシュバール風(1,050円:ライスorパン+200円税別)。

シュバール風という名前の詳しい由来は分からないそうだが、ハンバーグの中央部分に窪みが作って合って、そこに半熟玉子が入っているのが特長。ナイフを入れて、とろりと半熟の黄身が見事に溶けだす仕様で、この黄身と、見た目の色合いからすると思いの外あっさりとしたソースに絡めて食べるハンバーグは、味も香りもご飯を誘う旨いやつ。付け合わせの人参のグラッセなども、しっかり調理されていて、長く続く店らしさを感じるというものだ。

いつも混み合うこの店も、「今日は余裕がありますから」と店の方がおっしゃる空気感。他のエドグラン内のレストランも、いつもの行列は見当たらない。今から明日のことを云うのも何だが、明日はどうしたものかなぁ。

【お店情報】
京橋モルチェ 京橋2-2-1 京橋エドグランB1 地図

| | コメント (0)

より以前の記事一覧