2017年10月17日

三州屋 カキフライ定食 (銀座)

いろいろと考えたが、やっぱりここに来なくちゃ、始まらない。いつも混雑する繁盛店ゆえ、今日みたいな寒い雨降りなら、空いているんじゃないかとやって来たら、予想は的中。おねえさん方も、些か余裕のある様子で、空気も穏やかだ。

 

壁の短冊にも、ランチメニューが書かれたホワイトボードにも、「カキフライ定食」(1,350円)。今年もこの季節がやって来たことを実感する。

 

届いたカキフライに、おや?と思う。随分と端正なカキフライ。ここのフライの衣といえば、ヘタをすると口内に刺さりそうな荒いザクザクの衣だったはずだが、随分と細やかな衣だ。

 

さて、とカブリ付けば、まだ大きさが揃っていないというのに、濃いミルク感。牡蠣自体がそうなのか、衣のせいかは定かではないが、あゝ牡蠣!グッと来る。夜に酒のアテとしても好いが、なめこの味噌汁に漬物、ご飯とのカルテットも素敵だ。

 

壁を見渡せば、かき豆腐にかき塩焼きも始まっている。今シーズンもお世話になります。

 

*写真は後程追加

【お店情報】

三州屋 銀座店 銀座2-3-4 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月12日

涵梅舫 日替わりランチ (銀座)

R0001611002

久しぶりに、松若のオムレツが食べたくて、やって来たものの、外から中を覗いてみると、生憎の満席。でも、すっかり玉子を食べる口になってしまっているから、エスペロへ行こうかと思ったが、そういえば、今日は木曜日。涵梅舫の日替わりが「海老と玉子炒め」の日ではないか。

 

もう、前に頂いて、すっかりファンになった一品。たっぷりの玉子炒めとぷりぷりの海老。好みのしっかりと焼けている表と柔らかいところのある焼き加減。それに品のいい塩ベースの味付け。玉子欲を存分に満たしてくれる量も素敵だ。

 

昼時でも、割と落ち着いた店だが、今日は予約の大人数のお客様の他、続々と客がやって来て、満席の大賑わい。そうそう、他の曜日のメニューも確認しなければ。

 

【お店情報】

涵梅舫 銀座涵梅舫 銀座2-4-6 銀座ベルビア館8F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月10日

はし本のおばんざい お魚膳 (銀座)

R0001604003

焼き魚に、幾つか小鉢が付いていると、とても嬉しい。そんな昼餉を出してくれるお店は――といくつか候補を挙げて、やって来たのが、はし本のおばんざい。おばんざいを盛り合わせた定食や、メインの料理に、サラダやおばんざいが3種類、香の物、ふりかけに甘味までつく定食が人気の店。

 

お魚膳(1,000)という、日替わりの焼魚や煮魚がメイン料理の定食もあって、今日の目当てはそれ。けれども、入口に「おでん定食はじめました」なんて文字が目に飛び込んできて、一瞬悩むが、夏のような日和に、おでんはまた次回と思い直した。

 

今日の魚は鯵の干物。届いた途端に、干物特有の香りでいっぱいになる。あゝ、もう美味しい。もうご飯が進むしかない香り。それに、おばんざいには、切干大根、小松菜の煮浸し、大根と練り物の煮物。それに、玉子焼き付きまで。大きめの茶碗に装われたご飯も、すっかりと無くなってしまう充実ぶり。

 

女性客が多いが、常連の先輩紳士の姿も見える。提供時間が早いのも、短いランチタイムにはありがたい。

 

【お店情報】

はし本のおばんざい 銀座2-10-5 銀座オオイビル 2F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 6日

ルヴァン エ・ラ・ヴィアンド 定番ハンバーグ 黒いデミグラスソース (銀座)

R0001500002

俄然ユッケジャンの気分で、王十里サランチェまでやって来たが、外にまで行列が出来ている。あゝ、これは諦めたほうが良さそうだ。というわけで、並びのルヴァンの1号店。調べてみたら、どうやら4年ぶりらしい。

 

肌寒いから、赤ワイン煮込み(1,000)なんていいなと思ったが、夜の予定を考えて、30食限定というハンバーグ(800)

 

白い皿に真っ黒なソース。それに人参のオレンジと隠元の緑が効いて、おぅと思わず声が漏れる。ナイフを当てると、ふわっとした食感が想像できる手当り。そして肉汁がじわりと垂れる。とはいえ、すぎないところが好ましく、肉を楽しめる感じが好い。

 

それに、サラダやドリンク、バターまでオプションでというスタイルが好きだ。欲しい人は注文すればいいし、要らない人は頼まなくてもいいというのは、「これだけ食べたい」ことが多い自分にはとても嬉しい。

 

近隣に勤めるサラリーマンの他、場所柄買い物途中のマダムもいらっしゃる。肩肘張らずに愉しめる雰囲気が素敵だ。

 

【お店情報】

LE VIN ET LA VINDE 銀座3-9-18 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 5日

やまと 週替わりランチ(銀座)

R0001490004

食べたいのは、肉と野菜。けれども、それ以上具体的なイメージが湧かず、それなら、やまとや松永牧場、スーペルバッカーナのある辺りに行こうと銀座2丁目にやって来る。

 

やまとと松永牧場が入るビルの1F。入居するレストランのランチメニューがずらりと並んでいる場所があって、一しきり眺めると、やまとの週替わりランチ(1,100)に「肩ロースの生姜焼き」を見つける。あゝ、これ絶対好きなやつ。

 

薄切りではなく厚切りの豚肉だろうと想像していたが、その通り。しかも、千切りキャベツがたっぷりというんだから、今日の気分にこの上ない。さらに、嬉しいのは、選べるご飯が、白米と菜飯と来た。菜飯が好物。あの心地よい塩っ気。学生の頃、弁当なんかに入っていると、うれしかったものだ。

 

なんだか違和感があると思っていたら、10月からランチメニューをリニューアルしたそうだ。やまと豚を使った料理を9種類盛り合わせたプレートなどが目新しいところ。

 

【お店情報】

やまと 豚肉創作料理やまと 銀座本店 銀座2-4-18 アルボーレ銀座9F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 2日

泰明庵 セリカレーそば (銀座)

R0001469001_2

この時期になると、牡蠣も気になるが、もう一つ気になるのが、泰明庵のセリカレーだ。とある店にランチメニューに書いてあった「カキフライ」を横目にして、やや小走りでやって来た。

今日はまだ無くても仕方がないと思っていたが、「セリ」系メニューの定番の正面左側の壁に「セリカレーそば/うどん」「セリそば/うどん」の文字が並んでいる。しかも、不思議と今日は空いていて、「空いているところにどうぞ~」と告げられる。

 

オーソドックスなセリそばにしようか、かしわを入れてみようか。なんなら生卵を一つ……なんて想像どころか妄想が広がって行く。が、結局、お馴染みのセリカレーそば(1,200)


おー、来た来た。下から蕎麦を手繰り上げれば、穏やかながらも、あの香りがグッと鼻腔にやってくる。葉や茎も細く柔らかく若々しく。冬の盛りの圧倒的な存在感ではなく、蕎麦に寄り添う感じだか、それがむしろ、これからの盛りを想像させてそそるというもの。あゝ、これからの季節が楽しみだ。


【お店情報】

泰明庵 銀座6-3-14 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月28日

三州屋 カツオ叩き (銀座)

R0001456001

一雨振ったせいか、グッと涼しさが増してきた。こうなると、俄然、鳥豆腐が恋しくなって三州屋。鳥豆腐が付くメニューから、今日はカツオの叩きを選ぶ(1,100円)。

 

相変わらずの繁盛ぶりで、ちょうど入れ違いで、テーブルの真ん中の席。隣の女性は、刺し盛りでビールをゴクリ。あゝ、羨ましいことこの上ない。

 

叩きは早々に出てくるのがありがたい。鳥豆腐にカツオ、それにご飯や漬物が揃うと、随分と手狭になるが、目の前が食べたいもので一杯というのは、何という幸せだろう。鰹に薬味を乗せてパクリ。続けざまに、ご飯を介して鳥豆腐。この温かみとコク。好い季節になったもんだ。

 

次来るときは、もうカキフライが登場しているだろう。今年も残り3か月。早いもんだ。

 

【お店情報】

三州屋 銀座店 銀座2-3-4 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月21日

髭戎 黒酢たっぷりの豚生姜焼き (銀座)

R0001392001

2週間前にも来たが、どうしても今日は髭戎。というのも、今月でランチが終わってしまうというコメントを頂戴したからだ。宿題の生姜焼き(1,100円)を食べないと後悔しそうだ。それ以前に、この店がすっかり好きになっている。

 

最近は、カウンターに1席しか空席がない日もあったが、今日はテーブルに先客がいらっしゃるのみ。もう頂くものは決まっているからと落ち着いて座っていると、「今月でランチを止めるんです」と告げられて、知っているというのに、寂しさが募ってしまう。

 

充実サラダに続いて、生姜焼きが届く。黒酢たっぷりとあるが、強い個性ではなく、柔らかい黒酢の香りとコク味が、しっとりと旨味の強い豚肉によく合う。それに、小鉢の上に載っている薬味や、メインの料理に添えられるマッシュポテト、スープも気が利いていて好きだ。

 

食後のドリンクにはコーヒーと小さい甘いもの。それに最後だからと、食用のほおずきを。甘味と酸味がギュッと弾けて、なんだか少しだけ切ない。

 

【お店情報】

髭戎 銀座4-3-2 銀座槁ビル5F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月14日

涵梅舫 日替わりランチ (銀座)

R0001364001

珍しく「これが食べたい!」というのが湧いてこない。それで、好きな店が並ぶ銀座1丁目から2丁目の辺りをうろうろして、ベルビア館までやって来た。久しぶりにあの大好きな麻婆豆腐にしようか、と涵梅舫までやって来ると、これまで目にしたことのなかった「日替わりランチ」(1,080)というメニューが見える。

 

しかも、今日のメニューは「海老と玉子炒め」。あゝ、これは玉子の神様が引き寄せてくれたに違いない。

 

いつもの玉子スープと前菜に続いて、玉子炒めがやって来た。おう、これは見るからに好きなやつ。たっぷりの玉子炒めとぷりぷりの海老。好みのしっかりと焼けている表と柔らかいところのある焼き加減。それに品のいい塩ベースの味付け。アクセントの葱。こちらで海鮮湯面を頂いたことのある人なら、あの感じと云えば分かるだろう。それにしても、好きなものだけでお腹いっぱいになるって幸せだ。

 

テーブルにあった日替わりメニューには「木曜日」と書いてあった。ということは、日替わりというよりも曜日替わりなんだろうか。それを確かめに、また来なくては。

 

【お店情報】

涵梅舫 銀座涵梅舫 銀座2-4-6 銀座ベルビア館8F 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月13日

保志乃 鯖一夜干セット (銀座)

R0001344001

今日は魚。こういうとき、先ず思い浮かぶのは三州屋だが、名残りの夏のような陽気に、生憎鶏豆腐の気分になれない。そうだなぁ――、それならと保志乃にやって来た。魚料理の店。ランチライムでも常時10数種類の魚のランチが並ぶ。

 

定番ものもあれば、季節もの、今日なら新さんまの定食などが1,000円前後。近くに勤めるサラリーマンで賑わう店だ。

 

今日は煮魚よりも焼魚、と鯖一夜干セット(1,080)。セットというのは刺身付き。せっかくの魚気分だから、欲張って。

 

見た目にも香ばしい鯖の一夜干し。色良く焼けた皮に箸を入れると、ふっかりした身。程よくのった脂と香りがご飯を呼ぶというやつだ。刺身は2種類。小鉢は蓮の金平。ふりかけが付くというのもなんだか好い。料理の提供が早いのも、短い昼休みには魅力。

 

【お店情報】

吟漁亭 保志乃 銀座7-4-14 光ビル1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧