2021年11月19日

つばめや ビーフハンバーグ&グリルチキン・自家製チョリソ (銀座)

R0000424001

どうしても食べたくなってしまったオムレツがあった。いつも混んでいる店だけどと向かってみると、遠くからでも店前に人だかりが出来ているのが確認できる。やっぱりそうか…。そうだったらと幾つか候補を考えていたが、次もその次の店も満席。いつも入れたのは、寸での差だったんだなぁ。人が増えてきたこともあるのだろう。

それで、次に目指したのは、つばめや。暫く休業していたから、こちらも久しぶりだ。外から空席が確認できたが、残り2席ほどだったらしい。ようやっと腰を落ち着けることが出来た。

さて、気に入っていたあの料理を久しぶりにと思って、ランチメニューを見ると、随分と変わっている。好きだった陶板焼きは、どうやら鉄板焼きに替わったようだ。ハンバーグやステーキ、ステーキ丼がずらり。お願いしたのは、新メニューとあった、国産牛100%ビーフハンバーグ&グリルチキン・自家製チョリソという盛り合わせのランチ。

届いた皿は、中々に洒落た盛り付け。小さなハンバーグにチキン、チョリソと、嬉しいのが、グリルしたキャベツや茄子が、たっぷりと添えられていること。グリルの店らしいギュッと肉感の強いハンバーグに、皮目の香ばしさとむっちりした、塩加減もバッチリのチキン。それに、ナイフを入れると、ジュッとエキスが滴るくらいにジューシーな茄子。そこかしこに驚きがあって、盛り合わせの面白みってこういうところ。

セットのスープも具沢山。彩りも豊かで、セットというには申し訳ない上質感。久しぶりだったが、相変わらずの美味しさ。ツイてないと思ったが、終わりよければ全て良し。

【お店情報】
つばめや 銀座1-2-1 紺屋ビル1F 地図

| | コメント (0)

2021年11月18日

ヴォージュ 骨付き鶏もも肉のポトフ (銀座)

R0000417001_20211119074601

あそこへ行こうか、こっちへ行こうかとランチをとる店を考えていたところ、ヴォージュの日替わりが、「骨付き鶏もも肉のポトフ」を知る。ヴォージュもポトフも好きだ。それに、骨付き肉。どう考えたって、ボリューム満点。これは絶対行かなくては。

人気店だからと急ぎ足でやって来る。店を覗くと、大きいテーブルを除いて満席。あららと思っていると、その大きなテーブルに案内してくれた。周りを見ると、オムレツカレーに、限定4食のスペシャルメニューもあるが、ほとんどの方は、ポトフを召し上がっている様子。遠目に見ても分かるこんもり感。さぁ、楽しみだ。

「お待たせしました~」とやって来る。こんもりなのは百も承知だが、やはりこんもり。というか、山だ。骨付き肉の上にも、キャベツなどが乗って、鶏肉の全貌は見えないし、大根なんて、おでんの大きい大根のよう。他にも、人参、じゃがいもやさつま芋、牛蒡などがゴロゴロと。それに、でっかい鶏団子まで。

一方で、鶏肉は、簡単にほどけるほどにやわらかいし、根菜類もそう。てっきりスープは、ブイヨンの色だと思っていたら、軽いクリーム的で、それにアクセントのマスタード。やわらかい味わいで、ついついペロリ。はぁ、よく食べた。

食後にはコーヒーをいただいて。それにしても、ひっきりなしにお客様が来る。しかも、その多くはご常連の様子で、帰りに、夜の予約をしていく方も。お客様と長くお付き合いしているのが窺えて、気持ちがホカホカと温かくなる。

【お店情報】
ビストロヴォージュ 銀座5-4-15 西五ビル7F 地図

| | コメント (0)

2021年11月15日

エスペロ 日替わりランチ (銀座)

R0000334001

伺いたい店、久しぶりの店などいろいろあるが、今日はあの卵炒めが食べたくて、エスペロ。パエリアが名物のスペイン料理店。ずっとガス灯通り店にお世話になっていたが、今はリニューアルして洗練された銀座5丁目の店。

大好きな卵炒めは、ランチメニューの中の前菜的な一皿。前菜的な料理とメイン料理を選んで、パン又はライス、ドリンクがランチセット。人気のパエリアや、サラダ、スープ、スパゲティなどが並ぶが、自分が選ぶのは、必ずこの卵炒め。

続きを読む "エスペロ 日替わりランチ (銀座)"

| | コメント (0)

2021年11月11日

悟空 広島県産カキのチリソース定食 (銀座)

R0000285003

今日出社したら、絶対これを昼に食べようと思っていたんだ。悟空のカキのチリソース。今週のランチに、今シーズン初登場と聞いて、これを逃す手はない。昨年出会って、何度でも食べたいと思うお気に入り。

店の前まで来ると、既に6人ほどが並んでいる。行列は苦手だが、今日を逃がすと次がいつに分からないし、回転は速いし待ってみよう。

すると、5分も待つことなく、自分の番がやって来た。待っているうちに、オーダーを聞いてくれるから、席についてほどなく、料理が届く。時間のない昼休みだからありがたい。

そうそう、これこれ。赤いソースの中に、こんもりして見えるところが牡蠣。牡蠣を一つ摘まみ上げてパクリ。粉を塗し油通しをして、チリソースと併せているのだろう。薄い衣が牡蠣の風味を閉じ込めた上に、ソースが絡んで更に旨くなる。頬張って噛みしめると、ジュジュ~っと旨みや牡蠣のエキスが弾けて広がって、ズルいなぁと思うほどに上手い料理。

それにソース。これがとにかくご飯に合う。ワンバウンドさせたご飯もうまいが、たっぷりのソースをご飯にかけても、これまたうまい。ご飯があっという間になくなってしまうんだ。

温まるかき玉のスープに、小鉢、ご飯とザーサイで一通り。食べ終えて店を出ると、20人近い行列。いつも行列の絶えない店だが、すごい人気だなぁ。

【お店情報】
中国名菜処 悟空 銀座1-15-7 マックビル1F 地図

| | コメント (2)

2021年11月 8日

きつね庵 特製きつね (銀座)

R0000233001

今日は、どうしたってうどん。伊勢うどんも考えたが、あったかい汁も飲みたくて、それなら、きつね庵だとやって来た。京うどんを打ち出した店で、やさしい出汁のきつねうどんや肉うどんが人気。自分は、ここの揚げがとても好みだ。

それにしても、久しぶり。人気だから、行列が出来ることもしばしば。行列は苦手だが、今日は少しくらいなら待とうと思って来てみると、カウンターに1席だけ空席あり。ほくほくと席に着くと、間もなく次の客が来る。おっと、滑り込みセーフだった。

きつねうどんは、2種類あって、甘く煮たのとそのままのもの。口に含むと、じゅわっと甘い煮汁が染み出るのもいいが、好きな揚げをそのまま味わいたくて、お願いするのは特製きつね。

きざみの揚げは、まるくやさしい出汁をたっぷりと吸ってふっくらとして、口にすると、揚げと出汁の美味しさが混じり合った汁がじわり。そこの葱の食感と香りを足して味わう。そして、つるつるとうどんを啜って、出汁をズズッ。思わず、はぁ~と声が漏れる。胃が落ち着くというやつだ。

相変わらずの美味しさに大満足。今度は久しぶりにならないうちに、また。

【お店情報】
京うどん きつね庵 銀座3-8-13 光生ビル2F 地図

| | コメント (0)

2021年11月 2日

酒の穴 お好みランチ (銀座)

R0000143001

銀座ランチの好物の一つといえば、酒の穴の茶碗蒸しだ。脇役的についてくるものではなく、メインが張れるような立派な大きさの茶碗蒸し。たっぷり量があって、口にすると胃がポッと温かくなるところが好きだ。だから、年中好きだが、寒い季節は格別だ。

茶碗蒸しを選べるランチは幾つかあるが、今日は、好きなおかずを3つ選んで定食にするお好みランチ。

さぁて、今日はどんな料理があるだろう。茶碗蒸しは決まっているとして、刺身に焼き魚、フライに煮物等々、メニューは豊富。いつもは、肉か魚に、ほうれん草の胡麻かけをお願いすることが多いが、今日は鮭の柚庵焼きに、ほたてのぬた。好みで選ぶと、ついつい酒の肴みたいな料理になってしまうな。

来たよ、来た来た。直径も深さもたっぷりとある器で提供される茶碗蒸し。スプーンで掬うと、中から、海老や鶏肉、椎茸、銀杏、蟹の身等が、ごろごろと入る。もう何度も頂いているから分かっているにも関わらず、掬うたびに、「おぉ、海老」「ここには銀杏」なんて、宝探しをしているようで、これまた愉し。頬張ると、出汁のきいた柔らかい味わいが、ほろりとろりと胃に落ちる。その間の熱の移動を感じるのがとても好きだ。

この茶碗蒸しはとても人気で、「まだありますか?」と確認される人も多い一品。今日も伺ったときにほぼ満席で、残っているか心配になったくらい。茶碗蒸しが目当てならば、ぜひお早目に。

【お店情報】
酒の穴 銀座3-5-8 銀座らん月地階 地図

| | コメント (0)

2021年11月 1日

イタリー亭 広島県産牡蠣のグラタン (銀座)

R0000115004

牡蠣の季節になると、あそこのあれを食べに行こうと、毎年愉しみにしている料理がある。イタリー亭の牡蠣のグラタンもその一つだ。けれども、このグラタンは、定番としてあるものではなく、時々「限定ランチ」として出されるもの。タイミングが合わないと、お目にかかれない代物だ。季節的には、そろそろ出ている頃だけど…と、店の前まで来てみると、その「牡蠣のグラタン」がメニューにある。これを逃す手はない。

とは云え、安心はまだ出来ない。限定ランチは限定10食。先客の数からすれば、間に合いそうだが、聞いてみると、まだ大丈夫とのこと。よし、これで一安心。

サラダに続いて、お待ちかねのグラタンが届く。届いた皿からは、焼けたチーズの芳しい香り。それに表面はフツフツと沸き立っていて堪らない。器の端のほうの、こんがりと焼けたところと牡蠣をエイヤと一掬い。持ち上げると、とろーりと伸びるチーズと広がる香りにうっとり。口にすると、牡蠣の旨味とそれに負けない濃厚でリッチなクリームソースに惚れ惚れする。

食べている途中、お店の方から「自家製のタバスコのよく合いますよ」と声をかけていただいたから、おすすめとおりに、少しタバスコをかけてみる。自家製ならではの、フレッシュな香りと辛味、酸味。確かに濃厚なソースに良く合うし、何よりタバスコ自体が旨い。

食後にはコーヒー又は紅茶がつく。日常のランチとして安いものではないけれど、自分にとっては、間違いなく倖せになれるランチ。今シーズン、また出会える幸運を。

【お店情報】
銀座イタリー亭 銀座1-6-8 第2上一ビルディング1/B1 地図

| | コメント (0)

2021年10月25日

泰明庵 せりそば (銀座)

R0000020001_20211025211601

牡蠣の季節が来たということは、泰明庵のせりそばの季節も始まったということ。先日前を通りがかったところ、入口が開いていたらから、中をひょっこり覗いてみたら、「せりそば」の短冊が目に留まる。それなら伺わなくては心に決めて、それで今日。

先日はやや空席もあったが、今日は大繁盛のようで、2階の空席に滑り込み。来る途中、「せりそば」と「せりカレー」とどちらにするか悩みながら歩いて来たが、お願いしたのは、せりそばの方。シンプルに芹を愉しみたくて。もちろん、根っこ入りだ。

届いた器からは、あの爽やかで豊かな香り。目をやると、最盛期より控えめだが、愛おしき芹が乗る。待ちきれないと持ち上げて放り込むと、シャクシャクと噛むほどに、口内や鼻腔一杯に広がる香り。そこへ蕎麦をズズッと啜り込めば、温かい出汁の香りも相混ざって、倖せ一杯。

帰り道でさえ、残り香で、思わずニンマリできる大好物。今年も出会えた倖せよ。次は、せりカレーにしようか。久しぶりにせいろもいいなぁ。うれしい季節がやって来た。

【お店情報】
泰明庵 銀座6-3-14 地図

| | コメント (0)

2021年10月21日

岩戸 豚汁定食 (銀座)

R0017569003

冷え込む朝。恋しくなるのは湯気だ。今日は出社したら、何を食べよう。温まるもの…。先ず思い浮かぶのは、岩戸の豚汁。せいろ蒸しもあるし、鍋料理もある。指向を変えて、鉄板でジュージュー音を立てる湯気だってあるじゃないか。はぁ、どれも久しぶりで、一つに決めるのが難しい。

そうなると、やっぱり愛しの岩戸。愛しの豚汁。そういえば、いつぶりだろうと調べてみると、岩戸に来るのは4か月ぶり、豚汁に至っては何と8か月ぶり。こんなに来られてなくなるなんて思ってもいなかった。

引戸を開けると、久しぶりに見る賑わいぶり。出社する人が増えてきたのだろうか。入口で「豚汁をお願いします」と注文して、札を貰うと、「カウンターの中程へどうぞ」と案内された。

豚汁の好きなところは、腰を落ち着かせるタイミングで届くことだ。大きな器にたっぷりと装われた豚汁に、まぐろの漬け、ご飯に漬物。眺めると、豚汁には豚肉がたっぷりだし、まぐろの漬けも、記憶にあるよりこんもりと。いつもの調子で食べると、ご飯が足りるか心配になるくらい。

先ずは、豚汁の器を持ち上げて、ズズズッと。そして、大振りの大根や里芋に齧り付く。そして、また汁をズズッ。豚の脂が浮いた汁が喉元を滑って胃に落ち着き、ほっかりと温まるのを感じる、この瞬間が好きだ。

それにお供の鮪の漬け。これは、たっぷりとご飯に載せて頬張ると、まぐろの旨味に海苔の香り、漬けタレの味わいがご飯に交じって、さらに口一杯に広がる旨味。そこへ、また豚汁を一口。豚汁とまぐろの漬け、ご飯の幸せのトライアングル。

そういえば、店前の冷し汁の上には、白い紙が貼られていて、今年はもう終わったことを知る。今年の夏はどこかへ行ってしまったけれど、やって来た秋と冬は、存分に愉しめることを。

【お店情報】
岩戸 銀座店 銀座1-5-1 地図

| | コメント (0)

2021年10月 7日

北野 炭火焼き魚定食 (銀座)

R0017335001

営業を再開された北野へ来る。店前に出ているランチメニューを見ると、少しコンパクトにされただろうか。数種類あった魚の炭火焼きは1種類に、野菜の炭火焼きはなくなったようだが、再開されたこと自体がとてもうれしい。

店に入ると一番客だったらしい。半年ぶり。こちらもうれしいが、にこにことうれしそうに迎えてくれる。やはり、店を開けられるというのは喜ばしいことだろう。早速と今日の魚を伺うと、ヒラマサの柚庵焼きだそう。もちろん、それをお願いする。

そうそう、この感じ。柚庵焼きならではの身は艶やかさ、皮にはしっかりした焼き色。箸を入れて、一口。品の良い甘さに続いて、皮目の芳ばしさ。その後には、瑞々しい柚子の香り。旨味と好い香りで、口と鼻腔が満ちる倖せ足るや。

それに、添えられた切り昆布の佃煮も好きだ。それに、白いご飯が、これまた美味しい。甘さ、水分とても好みで、しばしうっとりするくらい。小鉢はまぐろの漬け、椀物はマスの粕汁と、隅から隅まで魚づくし。粕汁なんかも旨い季節になって来たなぁ。今日は来られて、本当によかった。

帰り足で、界隈を探索。閉店してしまった店もあれば、噂で聞いていた新しい話題の店の場所を発見したり。はたまた、あのかきそばが始まったという貼り紙を見つけたり。以前よりも、出勤する日数が増えそうで、これから愉しみだ。

【お店情報】
炭割烹 北野 銀座7-2先 地図

| | コメント (2)

より以前の記事一覧