2021年4月13日

只今 おばんざいランチ (銀座)

R0015116002

コロナ渦で始めたランチで知って、すっかり気に入り夜にもお伺いするようになった只今。とは言え、今年に入ってから、ほぼテレワークになってしまい、随分と伺えていない。そんな折、先日前を通ったところ、ランチのお知らせの看板が出ておらず、気になっていた。ホームページを見ると、月曜日のランチはお休みのようで、今日伺ってみようと来た次第。

続きを読む "只今 おばんざいランチ (銀座)"

| | コメント (2)

2021年4月 9日

三州屋 穴子フライ定食 (銀座)

R0015014002

鰹なんていいじゃないかと向かったのは三州屋。開けっ放しにされた入口から中を覗くと、先客が何組かいらっしゃるが、長いテーブルに一組、二組。テーブルを仕切るパーテーションもすっかり馴染んだものだ。

さてと、とホワイトボードを見遣ると、「あなごフライ」の文字が見える。見間違いではないだろうかと、しっかりと見直しても、やっぱりあなごフライだ。お懐かしや。ブログを検索してみると約10年ぶり。復活してくれたらと思っていたが、要望が多かったらしく、カキフライと入れ替えに、まずはお試し復活とのこと。

そうなったら、やっぱりあなごフライだとお願いしたら、これまた立派な穴子でニンマリ。丸々一本を2つに切ってあるが、一切れの長さも幅も立派なこと。持ち上げてみるとズッシリ。なるほど身も厚いんだ。齧り付くと、サックリとした衣の下から、眩しい白。噛むほどに、品のよい甘みがじんわりと広がって、あゝ倖せだ。

食べている途中、お姐さんから「あなごフライ?」と声がかかる。「久しぶりですよね」と返すと、「しばらくなかったもんね」とニッコリ。きっとお姐さん方も嬉しいのだろう。正式復活に向けて、応援しなくては。

【お店情報】
三州屋 銀座店 銀座2-3-4 地図

| | コメント (2)

2021年4月 7日

葡萄屋 とりめし (銀座)

R0014988001

最近焼鳥が食べたくて、予約の電話をしたり、覗いてみたりしているのだが、振られ続き。焼鳥で飲みたいから、夜にと思っていたが、もうどうしても食べたくなって、ランチで食べようと算段する。そんな矢先、インズの葡萄屋が今月末で閉店すると知る。これは今日伺わなくては。

少し久しぶりになってしまったが、少しばかり暗い落ち着いた店の雰囲気は変わっていない。唐揚定食やジャン丼も人気だったが、不動の一番人気は、とりめしだろう。レバ、ぼんじり、つくねの焼鳥と、山菜、炒り玉子が乗ったどんぶり。特に、レバが好きだった。

「お待ちどうさま」と運ばれてきた丼の真ん中には、焼鳥たちが勢揃い。特に、艶々と光るレバが何ともそそる。つくねに、脂の香りも美味しいぼんじり、艶々としたレバは、「歯応え」よりも「舌触り」「口溶け」という言葉が相応しいほど、滑らかで軟らか。タレも好いし、何と言っても、炭で焼いた香りの好いこと。残り香にもうっとりする。

切干大根に漬物、水菓子付き。閉店を聞いて、いらっしゃった方もちらほらと。例えば、20代の頃初めて来たんだとおっしゃる還暦過ぎの方がいらっしゃって、「30日まで?また来るよ」と席を立つ。インズがまた少し寂しくなる。

【お店情報】
葡萄屋 銀座西2-2 銀座インズ2 地図

| | コメント (2)

2021年4月 5日

ヴォージュ 若鶏むね肉のロースト (銀座)

R0014953001

こちらも出社した折には、伺いたかったヴォージュ。銀座5丁目のビルの7階。気前の好い盛りのビストロ的なランチが人気の店。メニューは日替わり。最近はパスタがなくなって、オムレツカレー、日替わり、新たに始まっている限定ランチの3種類。伺うときは、大抵日替わりで、今日は、若鶏むね肉のロースト。これ絶対ボリューム満点に違いない。

席があるだろうかと、店に入ってみると、雨だからだろうか、結構余裕がある様子。と思っていたら、12時を過ぎると次々と客がやって来て、結局満席。相変わらずの人気ぶりに一安心。

届いた皿の上には、全体的に白っぽいこんもりした山。よく見てみると、クリームソースの端から、薄桃色のチキンが見える。その下には、マッシュポテトがたっぷりと。こりゃ、ホントにボリューム満点。先ずは鶏肉をと、ソースの下から取り出すと、改めて見ても綺麗な色。それに、パサつきのないしっとりした仕上げの見事なこと。ソースには、アンチョビが入っていて、深い奥行。それに、時々表れる焼き目の香りも芳しい。

ライスとスープ、コーヒーがセット。個性的でダイナミック、肩肘張らずに旨いものが食べられる好きな店。ファンも多く、夜の予約をされていく方も。隣の若者は皆ご飯大盛り。客の多くが、美味しそうに大盛りの料理を気持ちよく食べていく。そんな雰囲気も好きなんだ。

【お店情報】
Bistro Vosges 銀座5-4-15 西五ビル7F 地図

| | コメント (0)

2021年4月 1日

ルヴァン・ドゥ 豚肩ロース肉と白インゲン豆のトマト煮込み (銀座)

R0014926001

今食べたいのは、ビストロ的な料理。この界隈には、カジュアルなフレンチのランチを出してくれる店が、いろいろある。さて、どこへ向かおうか。12時前でも行列が出来る人気店も多いし、ここは悩みどころ。幾つか店をピックアップして、ここがダメなら、あそこを覗いてと算段をつける。

先ず向かったのは、ルヴァン・ドゥ。ビルとビルの隙間の細い路地を入ったところに入口があって、更に地下に降りたところにある隠れ家的な店。こんな立地にも関わらず、満足度の高いランチの人気店。

よく出るのは、30食限定のハンバーグ。けれども、今日食べたいには、ビストロ的な料理。そんなときお願いするのは、肉のコンフィやグリルなど。今日は、豚肩ロース肉と白インゲン豆のトマト煮込み。よし、正に今日食べたい感じも料理。

届いた途端に鼻を擽るチーズの香りと、皿で出されるかと思いきや、熱々のグラタン皿でかなりそそる。そこにゴロゴロとたっぷり入る塊肉と豆、それにパスタ。豚肉は、よく煮込まれていてスプーンでも切れるくらいに、やわらかで、豚肉の脂が溶けだして熱々のスープも堪らない。ふぅ、大満足。

ドリンクバーとパンorライスがセット。食べている間も、次々と客がやってくる。こんなご時世にも関わらず、相変わらずの人気に一安心。

【お店情報】
LE VIN 2 DEUX 銀座3-3-12 銀座ビルディングB1F 地図

| | コメント (0)

2021年3月31日

北野 旬魚の炭火焼き (銀座)

R0014918001

3月8日から営業を再開された北野へ。炭割烹を名乗る店で、ランチタイムでも炭で魚や肉、野菜を焼いてくれる好きな店。

どれも旨いが、お願いすることが多いのは魚だ。旬の魚を塩焼きや柚庵焼き、干物などにして焼いてくれる。今日は、さわら柚庵とたい塩焼きの組み合わせか、ほっけの一夜干し。2種類の焼き魚が食べられるなんて贅沢だなぁと、さわら柚庵とたい塩焼きをお願いする。

確かに、届いた皿には、鰆と鯛が一切れずつ。それぞれ、食べやすいように切っての盛り付け。鰆なら、柚庵ならではの身は艶やかさ、皮にはしっかりした焼き色と香り。鯛なら、しっとりと仄甘く、最後にふわりと香る皮の香りの品の好いこと。添えられた切り昆布の佃煮も好きなんだ。それに、白いご飯が、これまた美味しい。甘さ、水分とても好みで、しばしうっとりするくらい。

小鉢に漬物、味噌汁も好いし、店の活気も心地好い。新しいメニューとして、魚のハンバーグが登場していて、これも中々美味しそう。さて、次は何をいただこうか。

【お店情報】
炭割烹 北野 銀座7-2先 地図

| | コメント (2)

2021年3月29日

ニッピカフェギンザ 豆乳つくね鍋 (銀座)

 

R0014875001_20210330072401

以前、RAGE COFFEE BARがあったところが、新しいカフェになっていることに気が付いた。看板には、「nippi café ginza」の文字。コラーゲン化粧品やサプリメントなどを扱う会社が、北千住にあるカフェとコラボして出来たカフェだそうだ。

メニューを見ると、カフェメニューの他、しっかりとした食事もいただけるよう。ここのところ、出勤時には、いつものお店に伺うことが多いから、新しい店に行ってみたい気持ちもある。

店内は、2人用のテーブルが8卓ほど。木と白を基調とした落ち着いた雰囲気だ。ランチメニューは、日替わり、丼、鍋、カレーの4種類。今日の日替わりは鶏のから揚げ、丼は、3種類の魚の海鮮丼。一番気になるのは、豆乳つくね鍋だ。今日は随分と温かいが、欲求に従うのが一番だ。

暫くすると、土鍋でクツクツと沸く豆乳鍋が届く。鶏つくねが想像以上にゴロゴロと入っているが、白菜や葱、そして優しいスープと相まって、全体として身体に良さそうなやさしい味。サラダ、鯵の南蛮漬け、ご飯、漬物がセット。サラダには、ドレッシングの他、コラーゲンゼリーが乗ってキラキラ。この一食で、一日に必要なコラーゲンが摂れるそうだ。

ボリュームも好いし、鍋料理がいつもあるというのも好み。オープンは3月8日。料理の内容が変わった頃、またお伺いしてみたい。

【お店情報】
nippi café ginza 銀座2-3-18 銀座高孝ビル1階 地図

| | コメント (0)

2021年3月24日

泰明庵 せりそば (銀座)

R0014859001

牡蠣の季節がもうすぐ終わりということは、泰明庵のせりそばも終わりが近いということだ。今年は例年ほどいただけなかったし、今シーズン最後とやって来る。けれども、人気店。混雑していたら、今日のところは見送ろうと覗いてみると、テーブルの半分ほどは空いている。

せりカレーそばや、せりせいろもあるが、今日はシンプルにせりそば(1,100円)と決めてきた。せりそばをお願いすると、「お肉はどうします?」と云う。豚か鶏肉が入れられるが、今日は普通のせりそばだ。いつもの「根っこはどうされますか?」はなく、女将さんは厨房の方へ背を向ける。あゝ、根っこは間に合わなかったか。でも、それも仕方ない…なんて思っていると、背中越しに「根っこは入れておきますね」と来た。くぅー、格好いい。

湯掻かれ、おそらく1把分はあろう程にたっぷりと盛られた芹の、湯気とともに立ち上がる香りに喉が鳴る。そばとともに啜り噛むと、シャクシャクとした音と共に、香りが更に強く立つ。そばつゆとの相性も好く、ボリュームも満点。五感が満たされるというものだ。

空いていた店内も、一人席を立てば、また一人来るという好い回転。改めて品書きを見ると、新物のわかめに、生しらす、桜海老のかき揚げなどが並び始めた。春が来る。

【お店情報】
泰明庵 銀座6-3-14 地図

| | コメント (0)

2021年3月22日

悟空 えびたま定食 (銀座)

R0014805002

久しぶりの出社に、週末から、今日のランチはあそこに行こうと決めていたところがあったが、昼前にInstagramを見ていたら、悟空の今日の日替わりが、えびたま定食(880円)とあるではないか。ずっーとこの日を待っていたんだ。

ボリュームのあるリーズナブルなランチが人気の店。12時を過ぎると行列が出来るが、今日は行列はなく、滑り込みセーフ。今週のメニューに、先日頂いたカキのチリソースがあって(しかも今週が最後)、少し気になったが、えびたまに何時出会えるか分からないのだからと、初志貫徹。

前にチャーシュー玉子を見ているから、知ってはいるが、改めてみると、いやいやこれは何というか、そう、こんもりした玉子の山。そこに薄桃色の海老があちこちに。頬張ると、しっとり玉子の中から、海老がぷりぷり跳ね踊る。

しかし、これ全部玉子って、いくつ玉子を使っているのだろう。そして玉子は、ふわふわというよりも、どちらかというとスクランブル状。これパンに挟んでも美味しいだろうなぁと思ったのは、母が作る玉子サンドと玉子の感じが似ているからに違いない。

盛りのいいご飯に、スープともやしと若芽の和え物、ザーサイ付き。好きなものでお腹いっぱいって、何たる倖せ。

【お店情報】
中国名菜処 悟空 銀座1-15-7 マックビル1F 地図

| | コメント (2)

2021年3月 1日

銀座スイス カキフライ (銀座)

R0014607003

今日から3月。しかも、ポカポカと春が来たかのような暖かさ。ウキウキと心が弾む一方で、牡蠣の季節も、もう終わりが近づいていると思うと寂しいし、心残りがないようにと気が急いてくる。

今日は、久しぶりの出社の日。セリそばも考えたけれど、今日はやっぱりカキフライだと向かったのは、銀座スイス。洋食のカキフライで、大好きな店の一つだ。

カキフライは2ケ付きの小さいサイズもあるが、いつも、レギュラーサイズの5ケ付き。こんもりと立体的に盛り付けられてやって来るのが特長の一つだ。高温でカラリと揚げられ、目にも、香りも食欲を誘うキツネ色。ナイフを入れると、牡蠣のエキスがジュルリと溢れる瑞々しさ。それと、生まれた海が想像できる牡蠣の透明感が好きだ。

そこに、衣の芳ばしさや食感、香りが相混ざって、縦に横にと膨らむ旨味。レモンやタルタルも好いが、最近は、そのまま頂くのが一番好きだ。

カキフライの周りを彩る付け合わせの千切りキャベツの繊細さやドレッシングの品の良さも好い。それに、あさりとベーコンのポタージュも滑らかで優しい味わい。

さて、メニューから消える前に、そこにあそこ。それにしても、時が経つのが早いこと。

【お店情報】
銀座スイス 銀座3-5-16 地図

| | コメント (2)

より以前の記事一覧