2018年6月13日

ルヴァン エ・ラ・ヴィアンド 鴨もも肉のコンフィ (銀座)

R0004027001

朝から今日は絶対ハラミステーキ!と意気込んで、四方善に向かったものの、階段を下りる前に数人の行列を見つけて、回れ右。でも、すっかり肉気分だった気持ちは消えないもので、この辺りでの肉料理を思い浮かべる。


近場で云えば、しゃぶしゃぶがあるが、薄い肉には今興味がない。それなら、ルヴァン。ランチはハンバーグが人気のビストロ。ハンバーグ以外にそれっぽいメニューがないかと覗いてみると、鴨もも肉のコンフィ(1,000)がある。今日はこれだ。

 

運ばれてきたのは、骨付き丸々1本の鴨肉。ナイフを入れると、ほろほろとほどける。口にすれば、濃い旨味。まさに傍らにワインがないのがおかしいくらい。一方で、添えられたキャベツとベーコンの旨味豊かな優しい味も染みる。

 

メイン料理に加えて、サラダとドリンクがつくランチセットは+200円。客が席を立てば、すぐに埋まるをいう繁盛ぶり。肩肘張らずに愉しめる雰囲気が素敵だ。

 

【お店情報】

LE VIN ET LA VINDE 銀座3-9-18 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月11日

ぴょんぴょん舎 GINZA UNA ユッケジャンスープランチ (銀座)

R0003995003_2

食べたいのは温かい汁物。岩戸の豚汁や、三州屋の鶏豆腐なんかが頭に浮かんだが、今日は刺身の類の気分ではない。そうとすると、あれだ、ユッケジャンなんてどうだ。これまで食べていないユッケジャンがないだろうか。それで思い出したのが、ギンザグラッセにあるぴょんぴょん舎。

 

冷麺が有名なぴょんぴょん舎だが、ここは焼肉や韓国料理も出す店。ユッケジャンやソルロンタン、それらを使った温かい麺もある。

 

お願いしたのは、もちろんユッケジャンスープランチ(1,188)。わらびや野菜がたっぷりと入ったスープは、結構赤味が強いものの、辛味に続いてじんわりとした甘さがふわり。もっちりとした五穀米に、牛筋と根菜の煮込み(これ好き)、カクテキ、ナムル、フルーツと脇が充実したセット。

 

近隣に勤める方々もいらっしゃるが、昼から肉を焼いているご家族連れやマダムも多い。こんな天気でも、大きく取ったガラス窓から見える景色は壮観。

 

【お店情報】

ぴょんぴょん舎 GINZA UNA 銀座3-2-15 ギンザグラッセ11F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 7日

北野 鮎の一夜干し (銀座)

R0003927001

今日は魚だとやって来たのは、北野。魚のランチで気に入っている店の一つ。炭火焼きが看板の店で、旬の物を炭火で焼いてくれる炭火焼きのランチ(1,200)が目当て。

 

最近はすっかり人気が定着したようで、入れるか心配しながら伺っているが、今日も空席はカウンターに2席のみ。滑り込みセーフだ。

 

今日の魚は、ひらまさの柚庵焼き、鰊の塩焼き、それに鮎の一夜干し。今日は数量限定で、ひらまさのあら煮もあって、それにも激しく惹かれたが、やっぱり鮎が気になる。

 

届いたものは、中々にいい大きさ。身をほぐして、一口。あゝ、これは夏の香りだ。ふわりとした身の味わいと芳ばしい皮。これは酒がほしくなるなぁ。けれども、ここはご飯もふっくらとして旨いんだ。こちらも旬の物を使った気の利いた小鉢に漬物。デザートも自家製で、伺うたびに満足する。

 

次来る時は、どんな魚があるだろうと思いつつ、以前いただいた豚肉の炭火焼きも、今日改めて見ると、これまた美味しそうで、愉しい悩みは尽きない。

 

【お店情報】

炭割烹 北野 銀座7-2-先 銀座コリドー街 2F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 5日

泰明庵 冷やしカレーそば (銀座)

R0003908001

愛しのヒヤアツ。冷やしカレーそばの美味しい季節がやって来た。

 

見た目は、普通のカレーそばと同じ。もったりテリテリとしたカレーの餡かけからは湯気が立ち昇って、カレーが装われている丼の上部分は熱いけれども、麺が入る下の部分は冷たいというヒヤアツ構造。

 

箸を入れて、そばをグッと引き上げると、冷たいそばに、アツアツのカレーのあんかけが絡みついて、熱くも冷たい絶妙な温度感。油断をすると、あんが絡んだ豚や玉ねぎで火傷しそうになるが、ご愛敬。カレーもスパイシーで、とても夏向きだとも思う。

 

泰明庵の隣には、交通会館の人気店ひょっとこの銀座店がオープン(9日までプレオープン)して、すでに行列が出来ている。ピッツァのイゾラ系の新店も先日オープンして、この通りも賑やかになりそうだ。

 

【お店情報】

泰明庵 銀座6-3-14 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 1日

チャオタイ バミーギョクントムヤム (銀座)

R0003895002

昨日、一昨日とはうって変わっての暑さに、食べたいのは酸っぱ辛い味。やっぱりそうだな、トムヤム味だと、インズのチャオタイにやって来る。

 

トムヤム味と云ったって、ここでは少し悩む。ランチセットのスープをトムヤムスープに変えて貰うこともできるし、トムヤムスープの麺類だって3種類。アレがいいな、いやこっちかな。なんて3週くらい迷って、海老ワンタン入りのトムヤム麺、バミーギョクントムヤム(850)をお願いする。

 

赤みのあるスープをまず一口。あー、これこれ。程よい辛味と心地よい酸味。余程、この味が食べたかったらしく、もう一口、もう一口と手が止まらない。そして麺。米麺で食べることが多いが、今日は小麦粉の中華麺。柔らかい細麺で、同じトムヤムスープでも麺の違いで、こんなにも食べ心地が異なるものなんだ。それに、海老ワンタンは、厚めの皮にエビがプリッと入ったつるりモチモチ。

 

使い勝手の良い店で、いつも賑わっているが、今日の12時過ぎなどは、本当にひっきりなしに客がやって来る状態。この陽気にタイ料理気分になった人が多かったのかもしれない。

 

【お店情報】

チャオタイ 銀座店 銀座2-2 銀座インズ2 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月29日

おうち 日替わり定食 (銀座)

R0003863001

そういえば、すっかりご無沙汰していると、やって来たのは、おうち。コリドー通り近くの古いビルのどん突き。店名からすると、家庭的な店かと思うが、どちらかというと料理店といった造り。けれども、堅苦しくなく、普段使いをするに相応しい雰囲気の店。

 

ランチタイムは、利休うどんや、三味丼、若鶏香草焼など5種類ほど。今日の日替わり(1,080)が、鮪ネギトロとフライの盛り合わせということで、それをお願いする。

 

ここのランチの特長は、最初にボールほどの器で提供されるサラダ。一組に一つ。好きなだけどうぞというスタイルで、自分で取り皿に装って頂く。時節柄かキャベツがパリパリとしつつも柔らかくて、自家製のドレッシング優しい味わいも好きだ。

 

フライの盛り合わせは、なんだろうと思っていたら、豚肉を巻いた玉葱や、茄子とチーズを重ねたもの、それに具だくさんのコロッケと工夫がされているのが素敵。薄衣でカリカリサクサク、揚げ上がりの軽さも好い。切干大根や温泉玉子、香の物。食後にはデザートまで付く。

 

記憶と変わらず繁盛していて、ひっきりなしに客がやって来る。久しぶりにならないうちに、また。

 

【お店情報】

おうち 銀座6-3-12 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月28日

王十里サランチェ 豚肉鉄板炒め (銀座)

R0003858003

梅雨が近付いてきていることをまざまざと感じるムシムシとした天気。この空気を吹き飛ばすような何か、ないだろうか。それで思いついたのが、王十里サランチェの豚肉鉄板炒め(900)。宿題にしていたランチの一つだ。

 

前に相席になった方のを拝見したことがあるが、鉄板でジュージュー焼かれた山盛りの豚肉と野菜、それに赤いタレ。ガッツリ食べて汗でもかけば、スカッとするんじゃなかろうかと思ってのこと。

 

鉄板焼きは、やっぱり、ジュージューと音を鳴らしてやって来た。こんもりとした山に、ブクブクと鉄板で沸くソース。食べてみると、見た目ほどの辛味はなく、むしろコク味でご飯が頗るすすむやつ。メインの鉄板炒めの他に、2種類のナムルと玉子焼き、それにキムチ。熱々のわかめスープもついて、大満足。

 

人気のほどは相変わらずで、一人ならば相席になることも。タッカルビも気になるし、愛しのユッケジャンも食べたいし、嗚呼、ウレシナヤマシ。

 

【お店情報】

王十里 サランチェ 銀座3-9-18 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月24日

涵梅舫 日替わりランチ (銀座)

R0001364002_2

どうやら一旦火がつくと、なかなか消えない質らしい。いや、単に玉子が好きなだけか。先日エスペロで大好きな玉子炒めを食べたというのに、どうしても玉子が食べたくて、今日が木曜日だと気づくと否や、今日の昼は涵梅舫で日替わり(1,080)だと決めた。

 

木曜日の日替わり(というか、正確には曜日替わり)は、海老と玉子炒め。たっぷりの玉子にぷりっぷりの海老が入る大好物の一品だ。

 

真白い皿の上に乗る焦げ目一つないふわふわの黄色は、自分好みのしっかりと焼けている表と柔らかいところのある絶妙な焼き加減。シンプルながら華やかさを感じる味わい。この大好きな味わいの玉子が、メインの料理としてたっぷりとあるというのがこれの醍醐味。好きなものだけでお腹がいっぱいになる。なんて倖せだ。

 

他のメニュー同様、3種類の前菜とスープ、食後には杏仁豆腐がつく。これも好きだし、麻婆豆腐も好み、火曜日の日替わりも時々食べたくなるしで、本当に悩ましい。

 

【お店情報】

銀座涵梅舫 銀座2-4-6 銀座ベルビア館8F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月23日

EIKO サムゲタン (銀座)

R0003825003

5月の青い匂いの雨の中、一目散に向かったのはEIKO。今朝から、昼はどうしてもサムゲタンと決めていたのだ。

 

注文するものは決まっている。けれどもメニューをザザッと見ると、もう冷麺が始まっている。5月とはいえ暑い日の多い昨今。そういえば、「冷やし中華始めました」の貼り紙も、もう幾つも見た気がする。

 

目当てのサムゲタン(1,450)は、グラグラ濛々と湯気を立ててやってくるが、湯気とともに立ち上がってくる、如何にも濃厚そうなスープの香りが堪らない。その香りに違わず、とろみを帯びたスープは、口にすると、喉元を通って、生気がじわじわと体中に染みわたるような気がする。ホロホロとほぐれるほどに煮込まれた鶏肉もたっぷり入って、食べ応えも十分。

 

他のメニューと同様に、3種類のおかずとサラダ付き。食べ終わると、いつも不思議とすっきりした気がするのは、きっと気のせいではない。

 

【お店情報】

韓国味工房EIKO 銀座本店 銀座1-5-2 西勢ビルB1 地図

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年5月22日

はし本のおばんざい お魚膳 (銀座)

R0003819001

肉でも魚でも好いから、和定食のようなもの。あれこれと幾つか店を思い出し歩く。この道筋ならば、はし本のおばんざいか。焼魚もあれば、角煮もある。どちらにするかは店で決めよう。

 

こちらは、おばんざいを盛り合わせた定食や、焼魚や角煮・刺身に、サラダやおばんざいが3種類、香の物、ふりかけに甘味までつく和定食が人気の店。今日のお魚膳(1,050)は、銀ひらすの西京漬け。西京漬けか、それはいいなぁ。

 

あゝ、この照りと香り。目の前に届いただけでも、もう旨い。箸を入れると湯気が上がって、ほぐれた身を口にすると、上品な味わいながらも脂の乗った身がほろり。そこへご飯を放り込む。旨い脂と米の旨味が口いっぱいに広がったところへ、味噌汁をゴクリ。

 

脇のおばんざいなどの充実ぶりも嬉しく、派手ではないが、毎日でも食べられる好い昼餉。

 

【お店情報】

はし本のおばんざい 銀座2-10-5 銀座オオイビル2F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧