2017年10月19日

グラムズカフェ 豚ロースの香草パン粉焼き (京橋)

R0001659001

食べたいものがあって、東京スクエアガーデンへ来る。けれども、こんな天気。傘を刺さずに来ることができるここは、やはり人気で、目指した店は一人なら案内できるが、料理を出せるのが30分後くらいになると云う。

 

周りの店も行列が出来ている店がほとんど。1Fに入れそうな店を見つけて、メニューを算段。そうだな、この中なら、ハンバーグか豚ロースの香草パン粉焼き。一頻り悩んだけれども、やっぱり豚ロース。厚切りの豚が好きなんだ。

 

このメニューを出していたのは、グラムズカフェ。大きくガラス窓がとってあって、こんな天気でもなければ、さぞ気持ちが好いだろう。


酸味の美味しいドレッシングのサラダに続いて、香草パン粉焼き。しっかりとした厚みの豚肉に、マスタードが好いアクセント。ルッコラがたっぷりというのも洒落ている。それにパンが特長的。中がしっとりとしてもっちりと密度の濃いこと。あゝ、これ、茹で玉子のサンドイッチにしてみたいなぁ。

 

他には、サラダ&スープランチ、タコライス、パスタ、チーズバーガー、ステーキ等。入れそうと思って入ったが、結局はものの10分ほどで満席。雨降り、寒い日は、このビルは厳しい。

 

【お店情報】

GRAHM'S CAFE Los Angeles 京橋3-1-1 東京スクエアガーデン 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 3日

世界食堂 Transit Table d'or ローストビーフとクレソンのサラダ (京橋)

R0001474003_2

時々やって来るサラダ熱。サラダランチを出す店はいくつかあるが、野菜だけではないのが好いからと、この店にやって来た。大抵、鶏や豚、ハム、時には魚が入ったサラダで、今日はローストビーフとクレソンのサラダ(1,000)。好物のクレソン入りとくれば、話は早い。

 

クレソンの他、レタスなどの葉野菜と、申し分なく乗るローストビーフ。ホースラディッシュの風味と辛味が定番だけれども、やはり好い。一皿だけでも十分な量というのも、ここのサラダの魅力。男女問わず、来店する客の多くがこれを注文するというのも頷ける。スープに自家製パン、ドリンクがセット。

 

サラダランチの他は、パスタや肉料理など。入店時、珍しく空いていると思ったが、店を出る頃には、100席近くある席はほぼ埋まっている繁盛店。

 

【お店情報】

世界食堂Transit Table d'Or 京橋3-7-1 相互館110タワーB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月26日

ビフトロ バイ ラ コクシネル クラムチャウダーと真鯛のソテー (京橋)

R0001437005

最近振られ続きのコクシネル。けれども、諦めずに足を向ける。すると、どうだろう。珍しくテーブルにもカウンターにも余裕あり。こんな日もあるから、やめられないんだ。

 

今日のランチ(1,250)は3択。中でも一番気になったのは、クラムチャウダーと真鯛のソテー。どんな風に出てくるのかワクワクする。魚料理も珍しいが、「と」というのがとても気になる。

 

それで届いたのがこれだ。スープ仕立てというのは、あるかもと想像していたが、随分おかしい。色合は地味だが、想像していた以上の素材の賑やかさや総やかさ。皿一面にソテーされた真鯛が並んでいて、野菜と貝がたっぷりと。皮のも香ばしさは失われておらず、身はしっとり。そこにスープの旨味も加わって、何たる口福。スープは最後の一滴まで美味しく頂いて、お腹も満腹。大満足。

 

食後にはバナナのケーキと珈琲。「今日は珍しく魚がありましたので、選んで頂けてよかったです」なんてニッコリと話して頂いたが、こちらこそだ。いつも気持ちよく美味しく、大好きな店。

 

【お店情報】

Beeftro by La Coccinelle 京橋3-1-1 東京スクエアガーデンB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月25日

頤和園 麻婆豆腐 (京橋)

R0001393004

麻婆豆腐が食べたいと思ったら、パッと浮かんだのが、頤和園の麻婆豆腐(980)。オープン当初に伺って以来だから、半年ぶりくらい。

 

京橋エドグランの6F100席近い席数があるというにも関わらず、10人近い方が自分の前で待っている。すっかりランチの店として定着したんだなぁと思う一方、回転は速く、「相席でよろしければ」と5分と待たずに案内された。

 

麻婆豆腐は、スパイシーさはあるものの、辛味や痺れは割と穏やか。けれども、ここの素敵なところは、テーブルに山椒のミルが備えてあること。ゴリゴリと挽けば、香り豊か。それにご飯はお櫃事。二人前といってもいい位に十分な量。それにザーサイ、スープ付き。

 

相席になった方々は、人気の担担麺に、麻婆豆腐。それに具沢山の海鮮湯麺。けれども、一番印象的だったのは、隣の方の、アオリイカと季節野菜のハムユイソース炒め。あの香りは堪らない。


【お店情報】

頤和園 京橋エドグラン店 京橋2-2-1 京橋エドグラン6F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月20日

トラジ ピビンBAR (京橋)

R0001379004

最近の食事を思い返してみると、明らかな野菜不足。とはいえ、サラダの気分ではないんだ。そうだなぁ、例えば惣菜のビュッフェのランチとか。そうだ、久しぶりにトラジでピビンBARはどうだ。

 

ピビンBARは、京橋店限定メニュー。ブッフェスタイルでピビンパを自分で作るというもので、プルコギやチヂミなどの韓国惣菜やスープ、デザートも、60分間食べ放題。

 

皿に、3種類あるご飯や、ナムル等を装って仕上げていく。それにしても、ナムルの種類の多いこと。定番の小松菜やもやし、蕨、人参の他、レンコンや枝豆、ブロッコリーやカリフラワー、筍等。他にも、キムチ、トマトやスプラウトなどの生野菜など併せて20種類程。

 

「解毒力」「抗酸化力」「免疫力」なんていう説明書きもあったりして、女性向けに推した印象を受けるが、野菜を摂りたい人、ご飯は控えたいけどお腹一杯食べたい人にも好く、男性客もかなり多い。さらに、トラジらしく焼肉をプラスする人も。

 

自分もナムルをたっぷり。若芽スープに、カレー、プルコギなど韓国惣菜にデザートまで。昔はブッフェが苦手だったが、食べたいものだけ食べられる有り難さを、しみじみ感じる今日この頃。

 

【お店情報】

トラジ 京橋店 京橋3-1 東京スクエアガーデン 2F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月11日

どんとね 丸天うどん (京橋)

R0001333001

コクシネルにと向かったものの、外のテラス席にも団体のお客様がいらっしゃって、店に近づく前から今日はムリという雰囲気。それで、フロアをぐるりと回る途中、新しく大衆居酒屋的な店が出来ていることに気が付いた。入口へ回ってみると、博多うどんも出しているらしい。今流行りのうどん居酒屋だろうか。柔らかいうどん好きとしては一度、と伺ってみることに。

 

ランチメニューは、うどんの単品、ご飯とのセット、から揚げや肉豆腐の定食など。ごぼう天うどんと迷ったが、温かい丸天うどん(680)をお願いする。

 

透き通ったあご出汁にたゆたゆと浮かぶうどん。持ち上げると、角のとれたつるつるのうどんで、印象的なのは透明感。やわやわというよりも独特の食感があって、つるつると喉を滑る。薬味は、葱の他、カウンターに据え置きの天かす(普通のものと海老入り)が2種類。ごぼう天はどんなのだろう。

 

柔らかいうどんの店が増えたことも嬉しいが、豚バラ鉄板焼きや肉豆腐と時々どうしても食べたくなるものが並んでいて気になる。

 

【お店情報】

博多うどん 酒 煮込み どんとね 京橋3-1-1 東京スクエアガーデンB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月17日

山茂登 すだちの冷やかけ (京橋)

R0001167003_2

再開発で新しくできるビルにそれほど興味はないが、京橋エドグランは、立ち退きを余儀なくされた店が戻っているところが好きだ。京すしもそうだし、ここ山茂登もそうだ。

そのうちにと思っていたが、夏になり、季節限定と書いてある「すだちの冷やかけ」(1,000円)を見つけて、夏のうちには必ずと思っていたところ。

 

エドグランの地下1階、以前の昭和の香りが残る食堂的な店ではなく、すっかりと洗練された綺麗な店になってはいるが、出迎えてくれる店の方々は、大変気持ちがよく、思わずこちらもニッコリ。旨いものが食べられそうだ、そんな気持ちにさせてくれる。

 

届いた傍から、酢橘の爽やかな香り。あまりの豊かさに気が逸る。堪らず啜り上げると、蕎麦が躍るたびに、酢橘と汁の香りが立つ。爽快な香りと冷たい汁。なんとも涼やか。さらには、おろしを添えたスタイルで、蒸し暑さなんてどこかに飛んで行ってしまうようだ。

 

麦酒や酒を片手にという方もいらっしゃって、何たる羨ましいこと。まだ休みの方もいらっしゃるのか、いつもは行列の絶えないレストラン街も幾分余裕のある様子。

 

【お店情報】

蕎麦きり 京橋 山茂登 京橋2-2-1 京橋エドグランB1 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月25日

京橋モルチェ 海老マカロニグラタン (京橋)

R0000855004

こうも暑いというのに、不思議とドリアやグラタンが食べたくなった。最近だとブラッスリー・ドンピエールのシーフードドリアが気に入っているが、満席で入れなかったり、数量限定ということもあったりで、最近すっかりありつけない。それならどこか別のところでないだろうか。それで思い出したのが京橋モルチェだ。

 

おすすめのハンバーグやカレーとは別のメニューリストの後ろのほうに記されているパスタやライス料理の欄に、グラタンやドリアが書いてあったはずだ。

 

前に伺ったときよりも、少し空いてはいるが、それでもほぼ満席という繁盛ぶり。恐らく引退されたであろう人生の先輩方が、アルコール片手にフライやカレーを召し上がっているのが眩しい。

 

自分は、海老ドリアと迷って、海老マカロニグラタン(1,150円)。焼き目はもちろんのこと、ソースとチーズの焼けた香り、それに海老の香りがもう堪らない。端からフォークを入れて持ち上げると、湯気と共に、さらに強く立ち上がる香り。ハフハフと火傷しそうな熱もご馳走の一つだ。具はたっぷりと入る海老とマカロニ、わずかなマッシュルームと実にシンプルだが、コク味と引き際が鮮やか。最後の一口まで、アツアツなのも嬉しい。

 

厚切りポークのソティやクリームコロッケも気になるし、そのうちカキフライの季節がやって来たりして、はぁ、悩ましいことこの上ない。

 

【お店情報】

京橋モルチェ 京橋2-2-1 京橋エドグランB1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月19日

もうやんカレー (京橋)

R0000779002_2

猛烈にカレーの気分だ。しかも、インド系ではなくて、どちらかといえば欧風カレー的な。アソコはどうだろう。はたまたココは?と考えて、そういえば、東京スクエアガーデンに入るもうやんカレーには伺ったことがないことに気が付いた。

 

もうやんカレーといえば、新宿の店に何度か伺った記憶があるが、もう10年以上も前のことだ。しかもランチは初。ビュッフェスタイル(1,100円~)で、好きなものを好きなだけというのは、愉しいしとやって来た。

 

入口で料金を払って皿を受け取ったら、イザ。まだランチの混雑前の時間で、ゆっくりと選ぶことが出来た。カレーはポークとビーフの2種類に、20辛ソース。ご飯の他にも、お粥や皮も美味しいじゃがいも、うどんなどの主食の他、チキンや野菜(生だけでなく、和えたり、サラダにしたものも)もあって、混雑してきたならば、きっと焦っていたに違いない。

 

もうやんのカレーは、欧風カレー的にどろりとしているが、野菜や果物由縁でグルテンフリー。辛いソースは足さなかったが、旨味だけでなく辛味もあって、中々旨い。それに、ビーフもポークもゴロゴロと大振りの肉が入っているのが好い。欲張らないように、と気をつけても、ついついお腹いっぱいになってしまう。

 

イートインの他、テイクアウトのお客さんも多いよう。料理の提供を待つ時間もなく、時間がないときにも好いかもしれない。

 

【お店情報】

もうやんカレー Tokyo 京橋3-1-1 東京スクエアガーデン 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月12日

ビフトロ バイ ラ コクシネル シュークルート (京橋)

R0000717002

そろそろ伺いたいなと店のFacebookを覗いてみると、ランチメニューにシュークルートがあると書いてある。これは!と走って向かうが、問題は席があるか否か。テラス側から近づいてみると、カウンターに空席を確認。よし、もう安心だ。

 

今日はシュークルートの他、三元豚ロースのグリエに、鶏ムネ肉のローストの3種類(1,250)。一応、再考してみるが、やっぱり今日はシュークルート。アルザス地方の郷土料理で発酵させたキャベツと豚肉などを煮込んだもの。

 

きっとボリュームがあるんだろうと予想はしていたけれども、想像以上にドーンと豚バラ肉が乗ってやって来た。淡い桃色の豚肉は、しっとりほろほろ。それに、クミンの風味を纏ったキャベツの酸味が堪らない。あゝ、願わくは、ここにアルザスのリースリングがあればいいのに。

 

食後にはコーヒーとバナナのケーキ。いつも気持ちよく、美味しい。伺うたびに、大好きだと思う店。

 

【お店情報】

Beeftro by La Coccinelle 京橋3-1-1 東京スクエアガーデンB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧