2018年9月20日

BEEF UP TOKYO カットステーキ (京橋)

R0004933001

カオソイが食べたくて、久しぶりのタイ料理屋に向かったが、来ない間にメニューが随分と変わっていて、カオソイは無くなってしまったらしい。それで、ここまで来たならばと足を向けたのがBEEF UP TOKYO。前に頂いたラムステーキをもう一度と思ってのこと。

 

こういう日もあるもので、ラムステーキもメニューから姿を消している。代わりにサラダにステーキが乗ったステーキハウスサラダや、ステーキ重などが並んでいる。そうだなぁ、前に悩んだ300gのジャンボステーキにも惹かれるが、今日はカットステーキを(150g1,200)

 

スープとサラダが届いて暫くすると、ジューッという食欲を刺激する音と肉の香り。その後に続いては視覚への刺激。ステーキが鉄板で音を立てて運ばれてくる姿は、幾つになってもワクワクするというものだ。肉はサガリで、柔らかく脂は軽くてあっさり。故にぺろり。

 

右も左も、ジャンボステーキにソースをつけて、大盛ライスにバウンドさせながらモリモリと頬張る若者。頼もしい。

 

【お店情報】

BEEF UP TOKYO 京橋3-6-18 東京建物京橋ビル B1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 6日

世界食堂Transit Table d'Or シーフードのチョップドサラダ (京橋)

R0004834001

昨日のガッツリモリモリとは打って変わって、今日はサラダ。幾つかサラダランチ的なものを出す店を思い出す。すっかりご無沙汰しているあの店にしようかとも思ったが、この店は、今週のランチメニューをFacebookに載せているからと覗いてみると、今週は好きなチョップドサラダ(1,000)。しかも、シーフードと書いてある。それならここに決まりだ。

 

大きな皿にどっさりと盛られて運ばれてくるが、想像以上に葉野菜以外の部分の多さがとてもうれしい。海老に烏賊、タコの他、トマトにパプリカ、胡瓜にレンズ豆。クスクスも入って賑やかなこと。食感の面白さに加えて、これだけたっぷりと量があると食べ応えもあるというもの。

 

冷製のスープにパン、ドリンク付き。近隣の方などは、会計前にテイクアウト用のカップにドリンクを入れ、持って帰るのが定番の様子。入店時、珍しく空いていると思ったが、店を出る頃には、100席近くある席はほぼ埋まっている繁盛店。

 

【お店情報】

世界食堂Transit Table d'Or 京橋3-7-1 相互館110タワーB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月31日

とりもつえん 牛ホルモン味噌炒め定食 (京橋)

R0004785001

絶賛「もつ」気分なのである。但し、この暑さだし「もつ鍋」というより、それをおかずに味噌汁が欲しい。けれども、そんな都合のいい店あったっけ。


あれこれと随分と悩んで、そうだ、あったあった。東京スクエアガーデンの2階にあるとりもつえん。ここにある牛ホルモン味噌炒め(1,180)なら、その欲が叶う。

 

運ばれてきた状態では、パッと見、もやし炒めのようだが、もやしの下にはプリプリのもつ。もやしを被っていたから、まだまだ熱感がたっぷりで、口にするとトロリと旨い脂がにじみ出る。その脂と味噌ダレが殊の外よく合って、ご飯の上にワンバウンドさせてタレの染みたご飯もまた旨い。味噌汁、漬物、デザート付き。

 

見ていると、赤鶏さつまを使った親子丼が人気だろうか。他、とんかつ、かつカレー、大海老天丼など。

 

【お店情報】

博多もつ鍋 幸 とりもつえん 京橋店 京橋3-1-1 東京スクエアガーデン 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月20日

明治屋ワイン亭 お魚のランチ (京橋)

R0004686001

夏休みを貰って、今年も青森に旅をしていた訳だが、やはり「行きたい店には行けるうちに」と云うことを思い知って、宿題にしている中から、明治屋ワイン亭を目指す。

 

明治屋ワイン亭は、その名のとおり、明治屋直営のワインバー。入口は、京橋モルチェと同じで、その入口左手にワイン亭へと続く扉がある。ワインバーらしく照明を落とした落ち着いた雰囲気が印象的だ。

 

ランチメニューは、肉に魚、カレーやシチューなど4種類(いずれも1,000円)。前に拝見したときは、鴨もも肉のコンフィが気になったが、前には無かった「まぐろカマのロースト」というのが気になって、こちらをお願い。

 

どんな風に出してくれるのだろうに、とても興味を持っていたが、炙ったカマの塊がダイナミックにゴロンゴロンと並んでの登場。箸があるので安心して、一つ一つ骨を外していくと、結構大きな塊もとれる気前のいいカマ。肉を食べているようなしっかりとした身で、自家製のワイン入りのソースとの相性も好い。付け合わせには、ペンネジェノベーゼ。

 

メイン料理の前には、サラダとスープ。サラダには鴨のジュレが乗っていたり、スープは爽やかな冷製のホワイトアスパラのスープだったりと、拘りがそこかしこに窺えるのも愉しい。やはり本領発揮は夜だろうが、ランチにも、料理の内容が替わった頃にまた。

 

【お店情報】

明治屋ワイン亭 京橋2-2-1 京橋エドグラン B1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月15日

ラ・コクシネル 豚バラ肉のコンフィ (京橋)

R0004622001_2

今朝、出勤前に厚切りの豚肉を見てしまったから、気分はすっかり厚切りの豚肉。そういうとき、思い出す店の一つが、ラ・コクシネルだ。大抵、ボリュームのある肉料理が並んでいて、豚肉料理が並んでいることも多い。問題は、入れるかどうかだ。テラス側から覗いてみると、僅かだが空席がありそうだ。

 

今日のランチ(1,250円)は、豚ロースのポワレに、メカジキのソテー、豚バラ肉のコンフィの3択。うーん、これは難問だ。魚も珍しいから気になるけれども、昨日は昼も夜も魚だったし。予定どおり、厚みのある豚肉から考えると、豚バラ肉のコンフィだな。

 

それで、届いたのは期待どおりの厚みのある肉。周りは香ばしく焼いてあるが、コンフィされた豚肉はしっとり柔らか。脂の部分なんてトロトロで堪らない。それに程良くピリリ利くマスタードソースがとても好い。


そして、いつも愉しみなのが、周りを彩る野菜たち。夏らしい万願寺どうがらしや、立派なトマトも添えられている。それぞれ色どりだけでなく、香りも味も濃くて、次はどれを食べようかとワクワクするのだ。

 

食後には、今日は2種類のケーキと珈琲を。伺ったときにはまだ少し余裕のあった店内も、テラス席まで満席と、変わらぬ繁盛ぶり。いつも気持ちよく、美味しい。伺うたびに、大好きだと思う店。

 

【お店情報】

Beeftro by La Coccinelle 京橋3-1-1 東京スクエアガーデンB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月14日

京すし 煮魚膳 (京橋)

R0004621001

盆の期間なら入れるんじゃないかと、今日は、京すしを目指す。前に伺おうとしたところ、行列が出来ていて、諦めたところ。もしかしたら、夏休みかもしれないなぁとやって来たら、ありがたいことに営業中。しかも、明日から19日まで夏休みだそうだ。滑り込みセーフ。

 

今日こそはの目当ては、どんぶりではなく、焼魚膳か煮魚膳(1,400)。煮魚は鰈、焼魚は週替わりとあって悩んだが、鰈は好きだし、焼魚の方が食べる機会が多いからと、煮魚膳を貰う。

 

届いたものを見て思わずニッコリ。厚みのある立派な鰈だこと。むっちりとした皮とふっかりとした身に、煮汁に身をつけ、葱を乗せて口にすると、ふわりとほどけて、程好く品の良い味付けがじんわり。これは好いもんだ。それに、刺身に玉子焼き、しらすおろしに香の物。美味しいご飯に蜆の味噌汁付き。少々贅沢だが、大満足だ。

 

丼も大好きだし、焼魚も気になるが、この煮魚を知ると、次悩むなぁ。

 

【お店情報】

京すし 京橋2-2-1 京橋エドグラン1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月30日

山茂登 すだちの冷やかけ (京橋)

R0004454002

京橋エドグランに入る京すしに向かったところ、生憎、待っている方の姿が見えて、それならばと、先日振られた山茂登にやって来た。待っている方もなく、ちょうど会計を終えた方が店を出るところ。今日は程なく席を頂けそうだ。

 

「相席になってもよろしければ」と頂いた席は、すぐに客がやって来た。戻って来た暑さのせいもあるだろうが、ご常連さんも多くいらっしゃるのだろう。一応はと品書きを一瞥はしたが、お願いしたいものは、季節限定のすだちの冷やかけ(1,000円)だ。

 

届いた傍から、目にはもちろんだが、酢橘の爽やかな香りが涼を呼ぶ。堪らず啜り上げると、細くたおやかな蕎麦が躍るたびに、酢橘と汁の香りが立つ。キリリと冷えた汁の冷たさも何とも心地いい。さらには、おろしを添えたスタイルで、蒸し暑さなんてどこかに吹き飛んでしまうようだ。

 

店を出て、フロアを一回りすると、明治屋ワイン亭でランチ(1,000円)が始まっていることを知る。肉、魚、カレーにブラウンシチューの4種類。近いうちに。


【お店情報】

蕎麦きり 京橋 山茂登 京橋2-2-1 京橋エドグラン B1 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年7月19日

タベルナウオキン 厚切り豚肩ロースのステーキ (京橋)

R0004341001

「そうだ、エドグランの山茂登ですだちの冷やかけを頂こう」とやって来たが、この暑さにサラッとそばでもと思う人が多かったのだろう。見たこともない行列が出来ていて、回れ右。

 

このビルには、他にも飲食店は多くあるが、行列が出来ているところも多くて、ぐるりと見渡す。ウオキンに行列が見えないけれど――と近づいてみると、今週のランチメニューの「厚切り豚肩ロースのステーキ」を見つけた。これ絶対好きなやつ。店に入ってみると、1、2卓だけ空いていて、運よく滑り込めた格好だ。

 

それにしても、「厚切り」という言葉には、胸が躍る。ワクワクしながら待っていると、立派な厚切り肉がやって来た。それも、ソースがテラテラ、ニンニクチップが散らして合って、なんともワンパク。さらには、ポテチサラダに、ケチャップ味のスパゲティには粉チーズまで乗って、スタミナ満点。夏バテ知らず。

 

定番のランチメニューは、ミックスフライにハンバーグ、オムライス。それに、蟹クリームコロッケやアジフライのオプションあり。店自体や店員さんに活気があって、午後からの活力を得られるところが好い。

 

【お店情報】

タベルナウオキン 京橋 京橋2-2-1 京橋エドグラン 1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月11日

美々卯 冷麦 (京橋)

R0004300002

7月の中旬に入ったばかりだというのに、外を歩けば溶けてしまいそうな暑さ。こういうときはさっぱりとした麺だろうと、幾つかと思い浮かべる。すだちそばも目に涼しいが、美々卯の冷麦なんてどうだろう。ガラスの器に氷を張って、よりキラキラと涼やかで、具も彩りよく盛られたハレの素麺。

 

滑らかで、つるつると喉越しがいいが、噛むともっちりとしたコシを感じる自家製麺。冷たい汁につけて啜り上げると、柑橘香がふわりとして、風流で美味。海老に、ほんのりと甘い薄焼きの玉子、肉厚の甘辛く煮付けた椎茸に胡瓜、さくらんぼ、胡麻豆腐まで乗った豪華版。冷麦よりも素麺が好きだが、ここのは別。

 

今日は「冷麦」と決めて来たから、捲らずにいた品書きを改めて手に取ってみると、季節のかやくご飯は鱧ご飯だし、鱧ちりそばに、鱧の天麩羅と鱧づくし。鱧ご飯も頼めばよかった。

 

【お店情報】

美々卯 京橋店 京橋3-6-4 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月10日

別亭 神田新八 梅雨いわし定食 (京橋)

R0004266001

二日続けての東京スクエアガーデン。というのも、コクシネルを後にして、同じフロアのランチを覗いて行こうと見て回っていたところ、梅雨いわし定食(1,100)なるものを見つけた。梅雨時期が最も脂が乗って旨いと云われる鰯を、フライと塩焼きにした定食らしい。青魚好きとしては、これを見逃す手はないと、やって来た次第。

 

限定10食と書いてあったのが気にはなっていたが、間に合ったらしい(ちなみに、1215分で残り1食だった模様)。暫くして届いたのは、大きさのあるフライと、小ぶりの鰯の焼いたものが3尾。

 

焼きは、「頭からカブリとやって下さい」という案内に従ってガブリ。もう一口カブリ。焼けた芳ばしさが鼻を擽って、その後にはギュッと凝縮した脂がジワリジワリ。噛み締めるほどに広がって、もう堪らんとご飯を一口。鰯好きには堪えられない。一方のフライは、サクサクした衣の下にはふかふかの身。辛子をちょいと付けて。好きな物が2種類。それでお腹一杯になるなんて倖せだ。

 

そうそう、ここ数年毎年この時期に登場する冷汁うどんも始まっている。

 

【お店情報】

別亭 神田新八 京橋3-1-1 東京スクエアガーデン 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧