2019年9月17日

京すし 煮魚膳 (京橋)

R0008853001

今日は魚の定食をと、久しぶりに京すしを目指す。エドグランの1階にある老舗の寿司屋。ランチタイムには、鉄火やあじ、さば、かんぱちなど、2種類を乗せたどんぶりが人気で、行列も出来る繁盛店。今日も伺うと、先にお一人お待ちだったが、5分とせずに、席に案内して頂けた。

自分の目当ては、件のどんぶりではなく、煮魚膳(1,400円)。前に頂いたふっくらした鰈の煮付けは絶品だった。今日の煮付けも、偶然にも鰈。口にするとふわりとほどけて、こっくりとしつつも品のよい味わいが、じんわりと広がる。そこに、つやつやのご飯。噛み締めれば、煮汁にご飯の甘みが混ざり合って、何とも旨い。日本人でよかったというやつだ。

刺身にしらすおろし、お新香。口にするとじわっと出汁があふれる甘めの玉子焼きもついて、少々贅沢だが、大満足の昼の定食。

どうやらこの煮魚膳、今日は自分の分で売り切れ。数量限定ゆえ、早い時間のほうが良い様子。

【お店情報】
京すし 京橋2-2-1 京橋エドグラン1F 地図

| | コメント (0)

2019年9月12日

ビフトロ バイラ コクシネル 真鯛のフリット (京橋)

R0008813001_20190913081101

暫く伺っていないと、うずうずしてくる店がある。コクシネルもそうだ。料理の美味しさと居心地の好さ。仕事の合間の短い時間でも、胃袋と気持ちを満たしてくれる大好きな店。

そう思う方も多くいる人気店で、満席で入れないこともしばしば。けれども、今日は運よく席に余裕があって一安心。そういえば、シェフが変わってから伺うのは初めてだ。

ランチ(1,250円)は大抵3~4種類からの選択。今日は豚ロースに鶏胸肉、真鯛のフリット。鶏胸肉のタルタルソースも、玉子好きとしてはとても気になるが、こちらでフリットを頂いたことがないなと、真鯛をお願い。

シェフが変わっても、ボリュームと野菜がたっぷり添えられているところは変わらない。ほわりとして甘みや旨味がギュッと詰まった真鯛はたっぷりと10切ほどもあるし、その下には、これまた野菜がこんもりと。焼いた香りはそそるし、秋を感じる立派な茸も印象的だ。

食後には、ドリンクとスイーツを頂いて、大満足。何度伺っても、気持ち良く美味しい店。これからもどうぞよろしくお願いします。

【お店情報】
Beeftro by La Coccinelle 京橋3-1-1 東京スクエアガーデンB1 地図

| | コメント (2)

2019年9月 3日

都鳥 唐揚げライス (京橋)

R0008696002

十数年、ずっと気になっていたから揚げがある。それが、京橋にある都鳥のランチに出ている唐揚げライス(1,300円)。焼鳥の有名店、伊勢廣や栄一と同じ通りにある焼鳥店で、創業は古く昭和26年と聞く。ランチタイムには焼鳥もあるというのに、多くの人が注文する唐揚げ。ずっと頭の片隅にあったもの。

来るまでに十数年もかかったのは、店の場所がやや遠いことと、から揚げ熱が上がって来るのが、年に一度くらいということ。子供の頃は、から揚げが好物でよく食べたものだが、その頃に、一生分近いから揚げを食べてしまったのかもしれない。

それはさて置き、都鳥。暖簾を潜って引戸を開けると、「いらっしゃい。空いているところへどうぞ」と威勢の良い声が耳に届く。一人客は、1階のカウンター席。目の前は厨房で、次々と入る注文を、声を掛け合い仕上げていく。こういう空気感、好きだ。

お茶に鳥スープ、漬物、ご飯をやって来て、目当ての唐揚げもあっという間に揃う。なるほど、これはインパクトがある。平べったい大きな唐揚げがドカリと4つ。それに、香りの芳ばしさ。喉が鳴るというやつだ。大きく口を開けて一口ガブリと齧り付くと、衣のカラリとした食感に続いて、しっとりジュワッと存在感のある鶏肉。下味のしっかりついたご飯に似合いの唐揚げ。家の唐揚げも下味をたっぷりと効かせたやつだったなぁ。

唐揚げライスは、限定30食。ご常連の中には、マヨネーズを追加でオーダーする方も。回転は速く、サッと食べられるところも、短い昼休みには有難い。

【お店情報】
都鳥 京橋1-4-10 地図

| | コメント (0)

2019年8月20日

TOKYO MarMare カツオのタタキ (八重洲)

R0008579002

昨日野菜が少なかった気がして、今日は野菜を食べたい気分。炒めものというよりもサラダ。といっても、葉野菜ではなくて――とやって来たのは、TOKYO MarMare。こちらのランチ(1,100円)は、サラダバー付き。レタスやキャベツ、水菜もあるが、ブロッコリーやオクラ、トマト、かぼちゃ等、ゴロリとした野菜も用意されていて、今日はそれが目当て。

いざ伺ってみると、今日は時節柄か、トマトやオクラがたっぷりと並んでいてニッコリ。願ったり叶ったり。サラダバーの他、スープやドリンク、ライスやパンもセルフスタイル。好きなものを好きなだけというのが好い。

メインの料理は、いつもなら、ローストポークをお願いしそうなところを、カツオのタタキ。トマトとバジルを使ったソースをあしらった洋風のカルパッチョ的な仕立て。フレッシュなトマトの瑞々しさとバジルの香りが印象的で、カツオのタタキというと、和風に頂くことが多いが、こういう料理の仕方も好いな。

定番のブイヤベースの他、週替わりのメニューがあったりして、リピートしやすいということもあるのだろう。近隣に勤める方で、今日も賑わっている。

【お店情報】
TOKYO MarMare 八重洲2-5-12 プレリー八重洲ビル1F 地図

| | コメント (0)

2019年7月29日

世界食堂 Transit Table d'Or トランジット風タンドリーチキン (京橋)

R0008403001

ようやっと、本格的な夏がやって来た。外に出るだけでも、茹だりそうな熱気に、恋しくなったのは、カレー味。けれども、カレーそのものとは違うんだよなぁなんて思っていたら、今週のトランジットのランチに、タンドリーチキンを見つけて、それだ!とやって来た。

多くはサラダランチを求めて来る店。けれども、肉料理(1,000円)がとても魅力的な日もあって、厚切りの豚バラ煮込みのパン粉焼きや、牛ほほ肉の赤ワイン煮込みなんかと頂いたことがある。

タンドリーチキンの気分でやって来たところに、席に着いた途端漂ってきた隣の方のタンドリーチキンの香りにノックアウト。「お決まりになりましたら――」と店の方が云い始めたところに矢継ぎ早に注文してしまった。もう少し落ち着いても、タンドリーチキンは逃げては行かないのにな。

さぁ、お待ちかねのタンドリーチキン。うん、やっぱりこの香りだ。切り分けて口に近づけると、より香りが鮮やかになって、ググッと胃が活気づく。中までしっかりと味が染み込んでいて、想像していたよりもスパイシー。時々レモンやトマトの酸味と共に口にしてスッキリとさせるのもまた好い。

ちなみに、今週のサラダランチは、サーモンマリネのニース風サラダ。ゆで玉子が入っているし、ちょっと気になるなぁ。

【お店情報】
世界食堂Transit Table d’Or 京橋3-7-1 京橋相互館110タワー B1F 地図

| | コメント (0)

2019年7月 9日

EAT an/other イートアナザー アジフライ&ポークジンジャー (京橋)

R0008179001_20190710080201 

京橋の昭和通り近くまで行ってみようと歩いていたところ。以前は焼き鳥の大虎があった辺りで、ランチのチラシを配っている方に出会った。貰ってみると、すぐ後ろに出来た洒落たホテルのレストランのもの。ランチメニューにアジフライとポークジンジャーが書いてあるのが目に入って、伺ってみることに。

1Fはテイクアウトメインのカフェ、2Fがホテルのレセプションとレストランになっていて、レストランスペースも広々として開放的だ。メニューは、ハヤシライスやカレー、オムライス、ナポリタンなどの洋食が中心。気になったアジフライとポークジンジャーは、有難いことに盛り合わせ(1,200円)があって、これをお願い。

メニューには書いてなかったが、3種類の前菜が付く。目を惹く緑色は、ケールとリンゴのスムージー。緑の色の発色の良さに青さを想像するが、味はほぼリンゴでとても飲みやすくて、これだけなのに、身体に好いことをしているような気になって来る。

メインの料理は、洋食らしいたっぷりとサイズのある皿で。こんもりとした千切りキャベツにナポリタン、タルタルソースやウスターソースの他に、ぽってりとマヨネーズが添えてあるところなんて、ニヤニヤしてグッとする。少し厚みのあるポークジンジャーは、生姜がバチッと利いてご飯を呼ぶし、アジフライはサクサク。パンとライスが選べるが、これはパンじゃなくて、絶対ライス。

今配っているチラシには、ドリンク無料のサービス付き。オムライスやパスタ、カレー等は、1,080円~。ホテルらしい目配りが利いていて、ゆったりと過ごせるのも魅力だろう。それにしても、この界隈も随分と変わったものだ。

【お店情報】
EAT an/other 京橋2-5-4 an/other TOKYO 2F 地図

| | コメント (0)

2019年6月25日

ビフトロ バイ ラ コクシネル ハンバーグ (京橋)

R0008006001

以前、コクシネルのランチのハンバーグを食べ損ねた話を書いたが、またハンバーグが出ていると知って、いそいそとやって来た。今日も満席かもしれないと心配しながら伺ったが、カウンターに空席を見つけて、心の中でガッツポーズ。

食べたいものは決まっているが、ランチメニューに目を向ける。今日は4択。ハンバーグの他には、豚のローストに真鯛のフリット、鶏ムネ肉のロースト(いずれも1,250円)。う~ん、フリットも気になるなぁ。特に、ガスパチョソースというのがそそる。けれども、今日はどうしたってハンバーグなのだ。

届いた皿を見て、思わずうっとり。艶々としたソースの照りの見事なこと。そしてふっくらと綺麗に整えられた小判型のハンバーグ。もったいないなぁなんて思いながらナイフを入れると、少し入れただけなのに、表面から肉汁がジワリと湧き出てソースと混ざる。

けれども、肉汁たっぷりのふわふわしたものではなく、みっちりと肉の詰まった肉々しいもので、口にすると肉の旨さガツンと来る。洗練、そして逞しい。ソースもそれに負けない豊かな味わいで、口福とはこういうことだなぁと改めて思う。

彩り豊かな旬の野菜がたっぷりと添えられているのも嬉しいし、食後には小さなマドレーヌにドリンクが付いて、至れり尽くせり。相変わらず居心地も満点の大好きな店。

【お店情報】
Beeftro by La Coccinelle 京橋3-1-1 東京スクエアガーデンB1 地図

| | コメント (0)

2019年5月28日

ビフトロ バイラ コクシネル 目鯛のポワレ (京橋)

R0007729004

近いうちに行こう、行こうと思っていたコクシネルにようやっと。前に見かけて食べたかったハンバーグは、既にランチメニュー(1,250円)から消えているけれど、今日はメニュー豊富で4種類からの選択。三元豚のロースに豚バラ、目鯛、若鶏はコンフィ。ソースも凝っていて、トマトレモンなんて初夏らしいものもあって、ううん、実に悩ましい。

お願いしたのは、目鯛のポワレ。選んだ理由は、ここでは肉よりも魚が並ぶことが少ないから。肉料理も、抜群に旨いけれどね。

魚といっても、ボリューム満点なのは変わらない。ポワレは4切れがこんもりと立体的に盛られていて、奥には相変わらずたっぷり乗る野菜たち。旬のものが必ず入っていて、今日は野生のアスパラも。平日のランチタイムに出会えるなんて思ってなかったから感激。ソースはケッパーを使ったもので、目鯛にも野菜にも、柔らかい酸味と香りをふわりと纏っていて清々しい。

食後には小さなマドレーヌとコーヒーを。テラス席までお客さんが一杯のいつも通りの繁盛ぶり。それでも騒々しいことはなく、心地よく過ごせる空気感が、とても好きだ。

【お店情報】
Beeftro by La Coccinelle 京橋3-1-1 東京スクエアガーデンB1 地図

| | コメント (0)

2019年5月15日

トラジ ピビンBAR (京橋)

R0007622001

コクシネルのランチに、ハンバーグが出ていると知って、そういえば初めてかもと急いで向かったものの、流石は人気店。同じようなことを思ったファンが沢山いらっしゃったのだろう。カウンターは一杯で、テーブルも予約席以外は空いていない様子。

やっぱりそうかぁ。そして、さてどうするか。好きだったぶーみんは閉店してしまったし。行列でこちらも最近伺えていないトラジを思い出して、ダメ元で伺ってみたところ、繁盛はしているものの、こちらは都合よく席を戴くことが出来た。無欲の勝利というやつか。

こちらのランチは、焼肉もあるが、人気は、ブッフェスタイルで、自分で好みのピビンバを作ることができるピビンBAR(1,200円)。

これの嬉しいところは、ナムルの種類の多いこと。定番のもやしや人参の他、レンコンや枝豆、ブロッコリーやカリフラワー、筍、ミニトマト等。キムチなども併せると20種類程。その他にも、トッポギやプルコギ、スープにカレー、デザートまで60分食べ放題。

食べたいものを好きなように食べられるというのも好いし、手を加えた野菜がたっぷり摂れるから、何だか身体にいいことをしているような気がして気分がいい。

それにしてもコクシネルのハンバーグ。いつまでランチで出ているだろうか。

【お店情報】
焼肉トラジ 京橋店 京橋3-1 東京スクエアガーデン 2F 地図

| | コメント (0)

2019年4月 9日

TOKYO MarMare 濃厚ブイヤベース (八重洲)

R0007120002_1  

久しぶりに京すしにでもと向かったところ、ランチタイムのピークにはまだ早いというのに遠くからでも行列が見える。うーん、やはり普通の日にふらっと伺うのは難しいか。

諦めはしたものの、口はすっかり魚が食べたくなって、ココならあるはずとやって来たのが、Tokyo MarMare。肉料理に魚料理、パスタなどのメイン料理に、スープやサラダ、パン、ライスなどはセルフでおかわり自由というランチ(1,000円~)。今日の魚系のランチは、濃厚ブイヤベースと、鰆の西京味噌漬け。この店は洋食のイメージだからと、ブイヤベース(1,100円)をお願いする。

サラダを盛りつけて、青菜がたっぷりと具として入ったスープのお代わりを貰ったところで、ブイヤベースがやって来た。以前にも頂いたときも驚いたが、浅利にムール貝、烏賊に白身の魚とこれがホントに具沢山。トマトベースのスープには、魚介の香りや出汁が染み出していて、最後の一滴逃さずパンに吸わせて頂きたくなる。

週替わりのメニューがあったり、セルフでおかわり自由だったりという使い勝手の良さもあるんだろう。近隣に勤める方々で、いつも賑わっている。

【お店情報】
TOKYO MarMare 八重洲2-5-12 プレルー八重洲ビル 地図

| | コメント (0)

より以前の記事一覧