2017年8月17日

山茂登 すだちの冷やかけ (京橋)

R0001167003_2

再開発で新しくできるビルにそれほど興味はないが、京橋エドグランは、立ち退きを余儀なくされた店が戻っているところが好きだ。京すしもそうだし、ここ山茂登もそうだ。

そのうちにと思っていたが、夏になり、季節限定と書いてある「すだちの冷やかけ」(1,000円)を見つけて、夏のうちには必ずと思っていたところ。

 

エドグランの地下1階、以前の昭和の香りが残る食堂的な店ではなく、すっかりと洗練された綺麗な店になってはいるが、出迎えてくれる店の方々は、大変気持ちがよく、思わずこちらもニッコリ。旨いものが食べられそうだ、そんな気持ちにさせてくれる。

 

届いた傍から、酢橘の爽やかな香り。あまりの豊かさに気が逸る。堪らず啜り上げると、蕎麦が躍るたびに、酢橘と汁の香りが立つ。爽快な香りと冷たい汁。なんとも涼やか。さらには、おろしを添えたスタイルで、蒸し暑さなんてどこかに飛んで行ってしまうようだ。

 

麦酒や酒を片手にという方もいらっしゃって、何たる羨ましいこと。まだ休みの方もいらっしゃるのか、いつもは行列の絶えないレストラン街も幾分余裕のある様子。

 

【お店情報】

蕎麦きり 京橋 山茂登 京橋2-2-1 京橋エドグランB1 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月25日

京橋モルチェ 海老マカロニグラタン (京橋)

R0000855004

こうも暑いというのに、不思議とドリアやグラタンが食べたくなった。最近だとブラッスリー・ドンピエールのシーフードドリアが気に入っているが、満席で入れなかったり、数量限定ということもあったりで、最近すっかりありつけない。それならどこか別のところでないだろうか。それで思い出したのが京橋モルチェだ。

 

おすすめのハンバーグやカレーとは別のメニューリストの後ろのほうに記されているパスタやライス料理の欄に、グラタンやドリアが書いてあったはずだ。

 

前に伺ったときよりも、少し空いてはいるが、それでもほぼ満席という繁盛ぶり。恐らく引退されたであろう人生の先輩方が、アルコール片手にフライやカレーを召し上がっているのが眩しい。

 

自分は、海老ドリアと迷って、海老マカロニグラタン(1,150円)。焼き目はもちろんのこと、ソースとチーズの焼けた香り、それに海老の香りがもう堪らない。端からフォークを入れて持ち上げると、湯気と共に、さらに強く立ち上がる香り。ハフハフと火傷しそうな熱もご馳走の一つだ。具はたっぷりと入る海老とマカロニ、わずかなマッシュルームと実にシンプルだが、コク味と引き際が鮮やか。最後の一口まで、アツアツなのも嬉しい。

 

厚切りポークのソティやクリームコロッケも気になるし、そのうちカキフライの季節がやって来たりして、はぁ、悩ましいことこの上ない。

 

【お店情報】

京橋モルチェ 京橋2-2-1 京橋エドグランB1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月19日

もうやんカレー (京橋)

R0000779002_2

猛烈にカレーの気分だ。しかも、インド系ではなくて、どちらかといえば欧風カレー的な。アソコはどうだろう。はたまたココは?と考えて、そういえば、東京スクエアガーデンに入るもうやんカレーには伺ったことがないことに気が付いた。

 

もうやんカレーといえば、新宿の店に何度か伺った記憶があるが、もう10年以上も前のことだ。しかもランチは初。ビュッフェスタイル(1,100円~)で、好きなものを好きなだけというのは、愉しいしとやって来た。

 

入口で料金を払って皿を受け取ったら、イザ。まだランチの混雑前の時間で、ゆっくりと選ぶことが出来た。カレーはポークとビーフの2種類に、20辛ソース。ご飯の他にも、お粥や皮も美味しいじゃがいも、うどんなどの主食の他、チキンや野菜(生だけでなく、和えたり、サラダにしたものも)もあって、混雑してきたならば、きっと焦っていたに違いない。

 

もうやんのカレーは、欧風カレー的にどろりとしているが、野菜や果物由縁でグルテンフリー。辛いソースは足さなかったが、旨味だけでなく辛味もあって、中々旨い。それに、ビーフもポークもゴロゴロと大振りの肉が入っているのが好い。欲張らないように、と気をつけても、ついついお腹いっぱいになってしまう。

 

イートインの他、テイクアウトのお客さんも多いよう。料理の提供を待つ時間もなく、時間がないときにも好いかもしれない。

 

【お店情報】

もうやんカレー Tokyo 京橋3-1-1 東京スクエアガーデン 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月12日

ビフトロ バイ ラ コクシネル シュークルート (京橋)

R0000717002

そろそろ伺いたいなと店のFacebookを覗いてみると、ランチメニューにシュークルートがあると書いてある。これは!と走って向かうが、問題は席があるか否か。テラス側から近づいてみると、カウンターに空席を確認。よし、もう安心だ。

 

今日はシュークルートの他、三元豚ロースのグリエに、鶏ムネ肉のローストの3種類(1,250)。一応、再考してみるが、やっぱり今日はシュークルート。アルザス地方の郷土料理で発酵させたキャベツと豚肉などを煮込んだもの。

 

きっとボリュームがあるんだろうと予想はしていたけれども、想像以上にドーンと豚バラ肉が乗ってやって来た。淡い桃色の豚肉は、しっとりほろほろ。それに、クミンの風味を纏ったキャベツの酸味が堪らない。あゝ、願わくは、ここにアルザスのリースリングがあればいいのに。

 

食後にはコーヒーとバナナのケーキ。いつも気持ちよく、美味しい。伺うたびに、大好きだと思う店。

 

【お店情報】

Beeftro by La Coccinelle 京橋3-1-1 東京スクエアガーデンB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月29日

KUISHINBO KYOBASHI サガリ (京橋)

R0000596005

ハンバーグが食べたくて、アレコレと店を思い出してみる。ハンバーグならという店もあるが、そういえば、10数年前から知っているのに、一度も訪ねたことがない店があることを思い出した。

 

昔は、ステーキのくいしんぼという店名だったと思うが、いつの間にやら「KUISHINBO KYOBASHI」になっていた。それでも昔から、ステーキやハンバーグなど、肉を食べたいという欲求を満たしてくれそうな店で、それは今も変わらない。

 

ハンバーグのつもりで伺ったけれども、曜日替わりのランチメニュー(1,000円)を見て、心が揺れる。木曜日はサガリのステーキ。素晴らしくそそる写真に惹かれてしまった。ハンバーグに目玉焼きが付いていたら、心変わりしなかったかもしれないと、チラリと思ったりはする。

 

スープとサラダが届いて暫くすると、ジューッという食欲を刺激する音。それも、ランチメニュー全てがこの仕様だから、あちらからも、こちらからもイイ音がして、店柄の醍醐味ってあるもんだと思う。ソースもあれば、塩胡椒もあって、好きなように肉を向かい合うって楽しいもんだ。

 

帰りがけ、振り返ってみれば、入口の店の看板が「BEEF UP」となっている。検索してみると、7/1オープンという採用記事が見つけた。

 

【お店情報】

KUISHINBO KYOBASHI 京橋3-6-18 東京建物京橋ビル B1 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月19日

世界食堂Transit Table d'Or ローストポーク (京橋)

R0000504002_2

ここに来るときは大抵チョップドサラダの気分のとき。今週の「夏野菜とハムのチョップドサラダ」も、食べている方の皿を見ると、彩り豊かで美味しそうだが、それ以上に気になったのはローストポーク(950)。写真を見れば厚切りの豚肉。そう、好みのタイプだし。

 

やって来たのは、想像以上に好みのタイプ。1cmはある厚切りポークが3枚。それに、ローストしたポテトとキリッとした酸味の紫キャベツとボリューム満点。BBQソースには山葵がきかせてあって、時折ふわりと爽快さが広がるのが面白い。

 

120席あるというのに、12時前でも満席という人気ぶり。ランチは、ワンドリンク付き。テイクアウトが出来る容器が準備されているのもありがたい。

 

【お店情報】

世界食堂Transit Table d'Or 京橋3-7-1 相互館110タワーB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月17日

ぶーみんヴィノム ぶた焼き (京橋)

R0000239003_3

少し間が開いただろうかと、大好きなコクシネルに行こうと、東京スクエアガーデンにやって来たが、テラス席まで一杯という大入り満員。それで、別の店をと同じフロアを歩いてみたら、行列が出来ている店が多くて、結局ぐるりとフロアを一周。ぶーみんヴィノムに空席を見つけて、やっと腰を落ち着けた。

 

ランチメニューを見てみると、前に来たとき気になったミートソーススパゲティがなくなっていて残念に思ったが、代わりにカレーが登場。丁度、隣の方が召し上がっていて、いい香りがこちらまでやってきては惑わせる。

 

結局お願いしたのは、ランチの名物のぶた焼き。ココに来たら、やっぱりコレは外せない。玉ねぎと醤油ベースのソースがたっぷりとかかった豚肩ロースが3枚から(1,000円~)。旨味濃いタレで、豚肉にはもちろん、敷かれたキャベツとの相性も良く、キャベツの大盛りをお願いしたいくらいだ。もちろん、ご飯もグイグイと押し進めてペロリ。サラダにスープ付き。

 

入ったときには空いていたが、12時を過ぎた頃から、後から続々と客がやって来る。働く人を支える元気を貰える昼飯処。

 

【お店情報】

ぶーみんヴィノム 京橋3-1-1 東京スクエアガーデンB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 9日

IBREW WIRED 鯖の南蛮漬け (京橋)

R0000180006_2

以前、ハンバーグの増量無料の時に伺った「IBREW WIRED」。最近、増量無料はやめて、ワンコインでハンバーグを出し始めたと思っていたら、今日気になったのは「鯖の南蛮漬け」(980)というメニュー。南蛮漬けは好物だが、それも鯖。しかも、「生でも食える」と書いてある。

 

他の店に向かっている途中だったが、とりあえず、今日はこれだと方向転換。

 

注文してから、揚げて南蛮酢につけてのご登場。手渡された皿は、その重さにびっくり。厚みを生かした鯖に、南蛮酢の染みたニンジンもたっぷりと。作り置きの酢を吸った南蛮漬けも好きが、揚げたてホクホクなのも好いもんだ。鯖の旨味もたっぷりとして酢との相性ももちろん抜群。ご飯もいいが、酒が欲しくもなるなぁ、これは。

 

これにサラダ、小鉢、しじみの美味しいスープに盛りのいいご飯。烏龍茶までついて来た。

 

他には、ワンコインのハンバーグ(限定10食)の他、牛すじ丼、海鮮の三宝丼など。ご常連さんも多いようで、他の料理も気になって来る。

 

【お店情報】

IBREW WIRED 京橋3-4-1 TM銀座ビル1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 6日

ぐりる てる 鉄板じゅうじゅうぐりるハンバーグ (京橋)

Gr005154001_2

なんだかハンバーグが食べたくて、お店を幾つか思い浮かべる。そういえば、エドグランに新しい店が出来たんじゃなかったっけ。それでやって来たのが、ぐりる てる。ニュージーランドの牛肉などのグリル料理の店だそうで、ランチタイムには、ハンバーグやメンチカツ、ハンバーグドリアに、ポークジンジャー、ビフテキと肉料理が勢揃い。

 

ハンバーグドリアにも心惹かれたが、「じゅうじゅう」という文字に惹かれてハンバーグ(950)


ソースはおろしとデミグラスの選択制。ハンバーグは180gだそうだケチャップ味のスパゲティーに、フライドポテト、コーンにインゲン。鉄板のおかげで、デミグラスチーズソースとスパゲティーが焼けて混ざって、所々パリパリカサカサ。いい感じのジャンクさ。

 

サラダや、目玉焼きにカレートッピングなど、サイドメニューが充実。店内に設置されている「昭和の京橋・銀座ジオラマ」も見もの。

 

【お店情報】

ぐりる てる 京橋2-2-1京橋エドグラン1階 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月31日

とんかつ富士 しょうが焼き (八重洲・京橋)

Gr005125001

送迎ランチだろうか。向かった店が予約で一杯。どうしたものかと時計を見れば、1159分。そうだ、とんかつ富士の開店時間だ。12時開店と自分には少し微妙で、なかなか伺い難い店。今日はチャンスだ。 

とんかつ店。当然とんかつも人気だが、もう一つの人気はしょうが焼き(850)。個性的でダイナミックでボリュームたっぷり。来る客のほとんどが、ロースかつか、このしょうが焼き。

 

何が個性的って、ダイナミックな生姜の使い方。隠れようがないほどにたっぷりと入る。そんな生姜と、こちらもこんもりと盛られたキャベツのおかげか、ボリュームたっぷりの豚肉も、意外にさっぱり。けれども、ご飯がしっかりと進む味わい。

 

この数年出来た新しいビルの谷間で営業する、いい味わいの個人の店。こういう店が賑わっているというのがうれしい。

 

【お店情報】

とんかつ富士 八重洲2-8-11 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧