2020年7月 3日

ぐりる・てる ポークジンジャー (京橋)

 
R0011749001_20200703201801

最近、京橋方面がご無沙汰だなぁと、京橋エドグランへ来る。気分は洋食的なものと、モルチェ、ウオキンを覗いて、そうだポークジンジャーだと、ぐりる・てる。ハンバーグやメンチカツ、ハンバーグドリアなど、肉系の洋食が並ぶ店。

日替わりのチキンソテーも気になったが、そういえば、先日チキンを食べたばかり。やっぱり今日はポークジンジャー日和なのだ。

ポークジンジャー(990円)は、厚みと大きさのある豚肉が3枚、ドンと鎮座。生姜がバッチリきいたソースで、食べるとさらに食欲が湧く。生姜がきいた豚肉も食べたかったが、キャベツの千切りも欲しかったもの。こちらもたっぷり装われていて、ありがたし。ポテトサラダに白スパゲティ、マヨネーズが添えてあるところも、心憎い。

ライスをサラダに変更するサービスもあり。サラダや、目玉焼きにカレートッピングなど、サイドメニューが充実。よし、今度は、ご飯にカレーをかけて貰おう。

【お店情報】
ぐりる・てる 京橋2-2-1 京橋エドグラン1F 地図

| | コメント (0)

2020年5月29日

世界食堂Transit Table d'Or かつおと新玉ねぎのサラダ (京橋)

R0011456002

昨日は野菜不足だったなぁと、サラダランチを考える。時節柄考えるのは、換気の良い店や大きな箱の店。それならと足を向けたのが、世界食堂Transit Table d'Or。客席数が多く、たっぷりのサラダランチ(1,200円)が頂ける店。

お店としては大変だろうが、席間をたっぷり取って席を案内。もう一つ、ここに決めた理由は、今週は、かつおと新玉ねぎのサラダだったこと。先日から、鰹が食べたいと思っているが、ずっと食べ損ねてきたんだ。

サラダは、長さも深さもある皿にこんもりと。程よく脂がのった鰹に、シャキシャキと瑞々しい玉ねぎ。この時期らしい季節の恵み。スープは、ひんやり冷えたビシソワーズ。夏を想わせる今日みたいな日和には、その冷たさもご馳走だ。

ワンドリンク付き。テイクアウト用のコップで持ち帰ることもできるが、今日はここで少しのんびり。コーヒー用のミルクがたっぷりと置いてあるところが、地味に好きだ。

【お店情報】
世界食堂Transit Table d'Or 京橋3-7-1 相互館110タワーB1 地図

| | コメント (0)

2020年5月 7日

ビフトロ バイラ コクシネル 豚バラ肉とソーセージのポトフ (京橋)


R0011297001_20200507210401

オフィスに出なければできないことが幾つかあって、それらを纏めて片付けようと、1か月ぶりに出勤する。テレビで見ていたように、歩いている人も少なく、一方で締まっている店舗も多く、街はかなり静かだ。

在宅勤務中に気になっていたのは、ランチでお世話になっている店のこと。例えば、三州屋は、昨日まで休みで今日から再開予定と聞いていたが、今日も休みで、来週月曜から再開予定。また、岩戸も、休業中で18日から再開予定だそうだ。

久しぶりのランチにやって来たのは、コクシネル。テラス席もあるから密ではないしと思って来たが、なるほど席数も減らしての営業。いつも悩ましいランチメニュー(1,300円)は、今日は4種類。珍しく、豚バラ肉とソーセージのポトフで即決だ。

届いた皿を見て、思わず「おおっ」と声が漏れる。相変わらずのボリューム感。それに、ドン!と入る豚バラ肉と、薫香も美味しいプリプリのソーセージ。そして何より、じっくりと柔らかくなるまで煮た野菜たち。芳ばしい焼き色を付けているものもあり、口にするとトロトロと溶けるほどにじっくり煮たものもあって、優しい甘みがジワリジワリ。

そして思うのは、好きなのは、お腹を満たすための食事ではなく、店の方や雰囲気、空気感、音や香りなどもひっくるめてなんだということ。早く皆さんに笑ってお会いできる日が来るように、今暫く。ちなみに、テイクアウトにも対応しています。

【お店情報】
Beeftro by La Coccinelle 京橋3-1-1 東京スクエアガーデンB1 地図

| | コメント (2)

2020年4月 2日

ビフトロ バイ ラ コクシネル ノルウェーサーモンのポワレ (京橋)

R0010944002

気分が上がるランチを求めて、向かったのはコクシネル。彩り豊かで、ボリューム満点。もちろん旨い。大好きな店。

今日は、店長さんはご不在だが、人気ぶりはいつもと変わらず。ランチは、今日は4種類(1,300円)。しかも、目新しいものが幾つかあるから、いつも以上に悩ましい。お願いしたのは、ノルウェーサーモンのポワレ。肉よりも、魚の方が珍しいし、何よりサーモンの色。想像するだけで、気持ちが華やぐ。

あゝ、やっぱりここの料理は美しい。マスタードマヨネーズの上に、皮目がパリパリの薄紅色。ブロッコリーやインゲンの緑に、オレンジ、白。色とりどり。それに加えて、このこんもりとした立体感。パリパリの皮の下の身は、しっとりとして、口にするとジワジワと広がる旨味と香り。食べている間、ウキウキ頬が緩みっぱなしだ。

食後には、コーヒーと一口チョコレート。レストランとしての営業の他、テイクアウトにも対応しているそう。気になる方は、お店にご相談を。

【お店情報】
Beeftro by La Coccinelle 京橋3-1-1 東京スクエアガーデンB1 地図

【追記】
ナイルレストランでは、ムルギーランチ弁当を始めとして、全メニューテイクアウト可能だそうです。こちらをご参考に。

| | コメント (2)

2020年3月31日

ドブロ 牛ほほ肉の赤ワイン煮 (京橋)

R0010911002_20200331215501

昼を食べた後、最近何度かサカキの前を通ったが、行列がない。ここまでもそうかと、今日来てみれば、いつもよりやや短いが、行列があって、なんだかホッとする。その流れで、やって来たのは、ドブロ。クロアチア料理店で、ランチタイムは、ボリューム満点の洋風メニューがズラリと並ぶ。メカジキのステーキや、鮪のレアカツ&エビフライ、サーモンソテー、若鶏のコンフィなど。

今日は、これまで頂いていないものをと、10種類ほどあるメニューの中から、牛ほほ肉の赤ワイン煮(1,200円)を。肉料理の定番で人気のメニューだそうだ。

スープに続いて、彩りも賑やかな皿が届いた。つやつやとしたソースを纏った牛ほほ肉に、黄色いガーリックライス、ポテトサラダに葉野菜のサラダ。それにしても、牛ほほ肉の立派なこと。けれども、ナイフを入れると、ほろほろと簡単にほぐれる柔らかさ。コックリとした味わいに、ガーリックライスの芳ばしさと風味がよく合うこと。

まだまだ食べたいメニューはあるし、もう一度食べたいメニューもある。そして、一人ビールからの白ワインを召し上がっていた方が羨ましくて仕方がない。

【お店情報】
ドブロ 京橋2-6-14 日立第六ビル 1F 地図

| | コメント (0)

2020年3月 3日

ビフトロ バイラ コクシネル 豚肩ロースのコンフィとシュークルート (京橋)

R0010613001

暫く行かないと、そろそろ伺わなくてはと気もそぞろになる。コクシネルもその一つ。美味しい料理と居心地の好さで人気の店。昨日今日の人出の少なさを考えると、今日なら入れるんじゃないかとも思ってのこと。

やって来ると、カウンターの空席は1席のみ。一方でテーブル席はガランとしていて、なんだか珍しい。今日のランチ(1,300円)は3卓。豚ロースのローストに、ササミのグリル、豚肩ロースのコンフィとシュークルート。ササミのグリルは初めて見るから気になるが、今日はコンフィとシュークルート。好物なのだ。

アルザス地方の郷土料理で発酵させたキャベツと豚肉などを煮込んだもの。柔らかな酸味のシュークルートと、ほろりとほどける柔らかい豚肉。厚みもたっぷりあって、相変わらずの食べ応え。

それに、この店らしくシュークルート以外の野菜もたっぷりと。定番のブロッコリーなどの他、季節らしく菜の花なんかが入っているところも素敵。それも、少し焼いてあって、仄かに苦い春の味。

食後には、コーヒーとマドレーヌを頂いて。いつも気持ちよく、美味しい。今日みたいな麗らかな春のような心地よさ。伺うたびに、大好きだと思う店。

【お店情報】
Beeftro by La Coccinelle 京橋3-1-1 東京スクエアガーデンB1 地図

| | コメント (0)

2020年2月13日

焼肉トラジ ピビンBAR (京橋)

R0010239002

今読んでいるエッセイの中に、ナムルを作る話があって、すっかり気分はナムルモード。たっぷりナムルが食べられるところと云えば、東京スクエアガーデンに入るトラジのピビンBARだ。

けれども、人気の店で満席のこともしばしば。とりあえず、当たってくだけろだとやってくれば、今日は席に余裕あり。よしよし、今日はツイている。

ピビンBAR(1,200円)とは、ブッフェスタイルで、自分で好みのピビンバを作ることができるもの。ナムルの種類は20種類ほど。定番のもやしや人参の他、枝豆やブロッコリー、ミニトマト、レンコン、キャベツ等々、色とりどり。それぞれに、免疫力や抗酸化作用に良いなんて解説があって、彩り豊かに盛り付けると、栄養的にもいいらしい。

ピビンバの他、スープやプルコギ、トッポギ、カレー、デザートまであって、60分の食べ放題。食べたいものを好きなように好きなだけ食べられるのも好いし、手を加えた野菜がたっぷり摂れるのも好い。焼肉のランチもあるが、ほとんどの客がこれ。むしろ、ピビンBARを食べたいから、ここへ来るという感じだ。

空間が広く、車いすやベビーカーがOKのようで、小さい子供を連れたお母さん方も多い。賑やかだが、半個室の席も多く、ゆったりと過ごせるところも好い。

【お店情報】
焼肉トラジ 京橋店 京橋3-1 東京スクエアガーデン 2F 地図

| | コメント (0)

2020年2月 3日

雪園 牡蠣と豆腐のピリ辛石鍋ごはん (京橋)

R0010099001

随分と時間のズレた昼休み。こういう時だからこそ行ける店をと考える。例えば、ランチのピークタイムには、混んでいて伺えない店。そして、遅くてもランチ営業をしているところ。

そうだ!雪園。この時期なら、年に一度は食べたい、牡蠣の石鍋ご飯(1,370円)を食べに行こう。

京橋の路地裏にある中国湖北料理店。ランチタイムは、リーズナブルに美味しいランチが頂けることから、満席で入れないことの多い店。今日は14時。それでも、まだは半分くらいの席は埋まる。

石鍋ごはんは「周りが熱くなっていますから、お気をつけて」と運ばれてくる。石鍋を見れば、確かに、鍋肌の部分はフツフツ。湧いている。そして目を惹くのは、やっぱり牡蠣。火は入っているにも関わらず、むっちりぷっくり。口にすると、ぷりんぷりんと弾けるくらいグラマラス。そして、辛味と熱さの後から、牡蠣の香りとふくよかな旨味がグワリと来る。豆腐はぷるぷる。少し辛くて甘さとコク味のある餡は、ご飯にぴったり。あゝ、やっぱりこれだなぁ。

玉子スープに油淋鶏、搾菜、タピオカデザート付き。牡蠣が好きであることを差し置いても、好い定食。今シーズン中にもう一度くらい来たいが、難しいかなぁ…。

【お店情報】
雪園 京橋店 京橋3-6-3 地図

| | コメント (0)

2019年12月25日

世界食堂Transit Table d'Or 国産牛ローストビーフと温泉たまごのサラダ (銀座)

R0009631001

昨晩の会食やら、年末年始の予定を考えると、この辺りで少し調整が必要だろうと、サラダランチにしようと決める。サラダランチも幾つかお店があるが、ここも好きな店の一つ。ボリューム満点で、たんぱく質もたっぷり。スープも付くというところが気に入っている。

今週は、国産牛ローストビーフと温泉たまごのサラダ(1,200円)。葉野菜やトマトの上には、薄紅色のローフトビーフがひらりひらりと、結構な枚数乗っている。葉野菜と一緒に口にすると、口当たりがとてもやわらかで、しっとり。その後にパリパリとしたレタスの食感が、チーズの香りがやって来る。

真ん中に落とされた温泉たまごは、やっぱり最後のほうまで残しておいて、贅沢なドレッシングに。スープの他、パン、ドリンクがセット。

パスタやカレー、チキンソテーなどもあるが、男女問わず、サラダランチを注文する方多数。ちなみに、毎週のメニューはお店のFacebookでチェック可。

【お店情報】
世界食堂Transit Table d'Or 京橋3-7-1 相互館110タワーB1 地図

| | コメント (0)

2019年12月 5日

ビフトロ バイ ラ コクシネル 仔羊と豚肉のミートボール (京橋)

R0009500002

もう12月。そろそろ今年お世話になったお店へ、今年もありがとうの挨拶にと、コクシネル。と云うのは半分ホントで半分ウソ。残りの半分は、単純に来たかっただけだ。

前回は、シェフが変わって…というタイミングだったが、今日伺うと、以前のシェフが戻っていらっしゃって、びっくり。ニッコリと出迎えてくれて、思いがけない嬉しい再会。

さて、今日のランチメニュー(1,300円)が問題だ。今日は4択。定番的にある三元豚ロースのローストに、鶏モモ肉のコンフィ。割と目新しいところでは、洋風メンチカツに、初めてお目にかかる仔羊と豚肉のミートボール。定番の料理が美味いことは知っているが、初めてのメニューも、ここなら絶対に美味しいはずと思うから、実に悩ましい。

それで、悩みに悩んでミートボール。何故って仔羊と聞いたら外せないというやつである。届いたのは、トマトソースに彩り野菜を従えた華やかな皿。ミートボールは、ふわふわの肉汁たっぷりというものではなく、みっちりむっちり肉々しい。けれども、併せられたコリアンダーやクミンなどのスパイスで、とても軽やかな食後感。あゝ、やっぱり好きだ。

食後には、小さいマドレーヌとコーヒーを。店に入ったときは、今日は比較的静かだなぁと思っていたが、続々とお客様がやって来て、結局いつもどおりの繁盛ぶり。入れない日もあるけれど、今年もお世話になりました。来年もお世話になります。

【お店情報】
Beeftro by La Coccinelle 京橋3-1-1 東京スクエアガーデンB1 地図

| | コメント (0)

より以前の記事一覧