2017年4月 6日

ぐりる てる 鉄板じゅうじゅうぐりるハンバーグ (京橋)

Gr005154001_2

なんだかハンバーグが食べたくて、お店を幾つか思い浮かべる。そういえば、エドグランに新しい店が出来たんじゃなかったっけ。それでやって来たのが、ぐりる てる。ニュージーランドの牛肉などのグリル料理の店だそうで、ランチタイムには、ハンバーグやメンチカツ、ハンバーグドリアに、ポークジンジャー、ビフテキと肉料理が勢揃い。

 

ハンバーグドリアにも心惹かれたが、「じゅうじゅう」という文字に惹かれてハンバーグ(950)


ソースはおろしとデミグラスの選択制。ハンバーグは180gだそうだケチャップ味のスパゲティーに、フライドポテト、コーンにインゲン。鉄板のおかげで、デミグラスチーズソースとスパゲティーが焼けて混ざって、所々パリパリカサカサ。いい感じのジャンクさ。

 

サラダや、目玉焼きにカレートッピングなど、サイドメニューが充実。店内に設置されている「昭和の京橋・銀座ジオラマ」も見もの。

 

【お店情報】

ぐりる てる 京橋2-2-1京橋エドグラン1階 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月31日

とんかつ富士 しょうが焼き (八重洲・京橋)

Gr005125001

送迎ランチだろうか。向かった店が予約で一杯。どうしたものかと時計を見れば、1159分。そうだ、とんかつ富士の開店時間だ。12時開店と自分には少し微妙で、なかなか伺い難い店。今日はチャンスだ。 

とんかつ店。当然とんかつも人気だが、もう一つの人気はしょうが焼き(850)。個性的でダイナミックでボリュームたっぷり。来る客のほとんどが、ロースかつか、このしょうが焼き。

 

何が個性的って、ダイナミックな生姜の使い方。隠れようがないほどにたっぷりと入る。そんな生姜と、こちらもこんもりと盛られたキャベツのおかげか、ボリュームたっぷりの豚肉も、意外にさっぱり。けれども、ご飯がしっかりと進む味わい。

 

この数年出来た新しいビルの谷間で営業する、いい味わいの個人の店。こういう店が賑わっているというのがうれしい。

 

【お店情報】

とんかつ富士 八重洲2-8-11 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月21日

ビフトロ バイ ラコクシネル 鶏モモ肉のコンフィ (京橋)

Gr005039002

幾つか行きたいと思っていたところがあったけれども、午前中のハプニングの煽りを受けて、遠くの店にはいけそうにない。けれども、美味しいも譲れないと、ラコクシネルにやって来た。

人気の店。恐る恐る遠目に人出を確認すると、珍しいこともあるもので、かなり余裕がある様子。こんな日もあるもんだ。

 

今日のランチメニュー(1,250)は3種類。三元豚のロースのグリエに、鶏モモ肉のコンフィ、それに香潤鶏ムネ肉のロースト。それぞれソースも異なっていて、しかもどれもそそられる。あゝ、ウレシナヤマシ。

 

結局お願いしたのは、鶏モモ肉のコンフィ。骨付き丸々1本とボリュームたっぷり。しっとりとした身に、酸味のきいたマスタードソースがこれまた好く合う。それに、色とりどりの付け合せの野菜たち。春の苦味や香りもふわりと漂い、やっぱり今日はここで正解だ。

 

空いていたおかげで、店の方とも話が出来たというお愉しみ付きで、短い時間でも充実のランチに。雨の日や連休明けは比較的空いていることもそう。

 

【お店情報】

Beeftro by La Coccinelle 京橋3-1-1 東京スクエアガーデンB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 7日

頤和園 麻婆豆腐 (京橋)

Gr004916001_2

八重洲で働く元同僚と会うことになって、それならここにしようと約束。今月1日、京橋エドグランの6階にオープンした中国料理の頤和園(イワエン)。客席数の多さも選んだ理由だったが、オープンして間もないというのに、ほぼ満席。少し遅ければ相席だったらしい。

 

名物は、胡麻風味の豊かな担担麺だそうだが、麻婆豆腐と見つけたならば、ついついこちらを選んでしまう(980)。すぐに、スープにザーサイ。それにお櫃入りのご飯。食べ放題と書いてあるが、二人でも食べ切れないくらいの立派な量だ。

 

麻婆豆腐は、スパイシーさはあるものの、辛味や痺れは割と穏やか。けれども、ここの素敵なところは、テーブルに山椒のミルが備えてあること。ゴリゴリと挽けば、香り豊か。

 

料理の提供の早さも、とてもうれしい。担担麺のほか、焼売2種盛り定食や週替わりの定食が8種類。他にも汁そば、焼きそば、炒飯など、種類豊富。帰りに気が付いたが、一口杏仁豆腐やランチビールは50円だそうだ。


【お店情報】

頤和園 京橋エドグラン店 京橋2-2-1 京橋エドグラン6F ぐるなび

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 2日

世界食堂Transit Table d'Or サーモンのチョップドサラダ (京橋)

Gr004897004_3

食べたいのは野菜。最近京橋界隈では、CAFÉ DECO 等、好いサラダランチ的なメニューを出す店が多くてありがたい。今日の気分は、個別の野菜の盛り合わせというよりも、チョップドサラダのような一体感あるサラダが好い。それで、ここにやって来た。

 

サラダランチ(950)がいつもあって、チョップドサラダは人気の品。今週は、サーモンのチェップドサラダと云うからそれで。

 

そうそう、今日はこういうの。サーモンの他、チキンにアボカド、ポテトに豆類、トマトや胡瓜なども入ったサラダ。食べるところによって食感や味わいの違いが面白く、大盛りのサラダもぺろり。写真では分かりにくいが、お隣の女性は食べきれないくらいにたっぷりとある。ちなみに、1215分くらいには売り切れた。

 

スープに自家製のフォカッチャ、ドリンク、小さいデザート(今日はガトーショコラ)付き。100席を超える席数というのに、それでもほぼ満席。使い勝手の良さも魅力。

 

【お店情報】

世界食堂Transit Table d'Or 京橋3-7-1 相互館110タワーB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月28日

京橋モルチェ カキフライ (京橋)

Gr004857001

洋食気分。タルタルソースなんてあるといいなと、前に振られた京橋モルチェ。もし満席だったら、山茂登で蕎麦にしようと考えてきたが、今日は行列なし。とはいえ、広い店内は既にお客さんでいっぱい。運よく客席がよく見渡せるフロアの端の席を貰った。

名物のハンバーグステーキや、骨付きチキンが入ったカレー、それにモルチェ特製スカロピニ。瞬間レアカツなんてのも気になるが、やっぱり牡蠣、それにタルタルソースが付いているカキフライ(1,200)

大振りではないけれども、綺麗な揚げ色に揃ったカキフライ。がぶりと齧り付くと、潮の香りがふわりとして、続けて凝縮された旨みが届く。それに衣の美味しいこと。バリバリではなく、サクリと軽くいい味わい。

だからこそ、そのままでもレモンを絞っても美味しいけれども、タルタルが見るからに玉子たっぷりの好みのタイプ。

ほぼ満席の状態だが、騒がしくなく、ゆったりと食事やその後のお茶を楽しんでいる方がほとんど。この老舗らしい雰囲気が帰って来たのも嬉しい。

【お店情報】

京橋モルチェ 京橋2-2-1 京橋エドグランB1F 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月24日

おでん処 しおの (京橋・八重洲)

Gr004834002

刺身の盛り合わせがいいかなぁ――なんて外に出てみたら、想像以上に風が冷たくて、おでんなんかもいいなと思い出す。

さぁ、どうしたものかと一頻りあぐねていると、しおののランチ(1,000)を思い出した。メニューは1種類だが、おでんに刺身、煮魚付き。とろろやお茶漬けも楽しめるという、今欲しいものが勢揃いのランチ。

待っていると、先ずお櫃に入った麦ご飯、そしてお膳が届けられる。刺身が3種類に漬けが1種類。そして、小さいながらも煮魚はかれいの煮付けにおでんが3種。1膳目はそのままおかずとともに、2膳目はとろろをかけて、3膳目は、その漬けに出汁をかけて。

メイン料理をガッツリ食べるのが好きだと思っていたが、あれやこれやと食べ進めるのも、結構楽しいもので、調子に乗ってご飯を食べすぎてしまうのが怖いくらいだ。

【お店情報】

おでん処 しおの 八重洲2-10-7 SHIONO八重洲ビル2号館 2F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月24日

ブルーパパイアタイランド センレックトムヤム (京橋)

Gr004632002
京橋エドグランにやって来る。目当ては、京橋モルチェ。明治屋直営のレストランで、再開発のため暫く休業していたのが、エドグランにオープンと共に再開。ハンバーグや骨付きのチキンが入ったカレーが懐かしい。

 

なんて向かったのはいいが、10人以上の行列。珍しく、少し待ってみようかなんて考えたが、短い昼休み。残念ながらと回れ右。

 

またここからが大変だ。ソラノイロを始め、やまやや、他の店も満席。こちらも再開した山茂登にも入ってみたいが、昨日も蕎麦だったし――とフロアをぐるぐる。そんな中、テーブルは一杯だったが、カウンターに空席を見つけて、滑り込んだのがブルーパパイアタイランド。

 

名前から分かるとおり、タイ料理店。ランチタイムは、ガパオやカオマンガイ、グリーンカレーなど6種類(1,000)。自分は、見ると、ついつい頼んでしまうセンレックトムヤム(トムヤムヌードル)をお願い。

 

ガツガツと勢い良く料理が作られているから、出るスピードの速いこと。短い昼休みには、大事なこと。器は小さめだが、中には麺がギッシリ入っていて、見た目以上のボリューム。赤さの控えめなスープは穏やかに感じるが、食べ終わってみれば、舌は僅かにピリピリ。タイ風のサラダにスープ付き。

 

店を出るころには、この店も行列。とはいえ、一人なら回転は速そうだ。


【お店情報】

ブルーパパイアタイランド 京橋エドグラン店 京橋2-2-1 京橋エドグラン B1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月12日

ビフトロ バイ ラコクシネル 牛ハツのロースト (京橋)

Gr004532005_2
年末に伺えなかったから、年始の挨拶にとラコクシネル。今日は空席が外から確認できて、よろこび勇んで、店に入る。

 

そうだ、今日はFacebookでメニューを確認してこなかった。と店内の黒板を見ると、三元豚ロースのグリエ、牛ハツのロースト、香潤鶏ムネ肉のソテーとある。気になるのは、絶対牛ハツ。けれども、ワインなしで食べるのはある意味拷問だなぁ。それなら違うのにしようか――。

 

なんて考えていたら、こちらの考えを見透かしたように、「今日は珍しいところで、牛ハツがおすすめですよ」なんて勧められしまった。こうなったら、話には乗っておけというもんだ。

 

これがまた、見事な薔薇色でそそる。そして、どう考えてもワインが欲しいやつ。肉厚で外側カリッと中がプリッ。野菜の豊富に乗って(特に、慈姑が嬉しい)、ボリュームも満点、大満足。食後にはコーヒーと小さなケーキ。

 

やっぱり好きだ。今年もよろしくお願いします。それよりも、今年こそ、夜に伺わなくては。

 

【お店情報】

Beeftro by La Coccinelle 京橋3-1-1 東京スクエアガーデンB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月11日

美々卯 牡蠣そば (京橋)

Gr004525002_2
別の牡蠣料理を目指していたが、生憎今日はないらしい。それならコッチとやって来たのは美々卯。この時期に出る牡蠣そば(1,350)が目当てだ。

 

ここの牡蠣そばが好きなのは、ゴロゴロと7、8個も入る牡蠣も然ることながら、器一面にふんだんに入るわかめと、こちらもたっぷりと添えられる生姜。わかめの香りと牡蠣の香りが混じり合って、何とも云えず幸せな潮の香りが、湯気と共にふわりと立ち上がるのが堪らない。そこに生姜。潮風のべたつきを払拭してくれるように、さっぱりキリリと引き締めて、さあ、もう一口と誘う名脇役。


牡蠣といえば、季節のかやくご飯(320)も、今は牡蠣。うずらそばか、きざみうどんに牡蠣ご飯ってのも好いなぁ――、なんて思っていたら、お隣の方がきざみに牡蠣飯。くー、次はそれだ。

【お店情報】

美々卯 京橋店 京橋3-6-4 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧