2024年7月11日

山形屋海苔店 海苔を愉しむお結び御前 (京橋)

R0011837001

ずっと来てみたいと思っていたランチにようやっと。京橋の中央通り沿いにある山形屋海苔店の本店の喫茶スペースで提供されているお結び御前。予約せずに伺ったこともあるが、いつも予約で一杯。今日はどうしても出社ならず、予約をして訪問。

目当てのお結び御前は、11:30~、20食限定で提供。12席ほどのスペースだが、12時前でもほぼ満席。この時点で既に10食ほどは提供済み。やはり予約が安心だ。

メニューは1種類のみ。お茶とおしぼりをいただいた際に、焼き魚の種類(鯛の味噌漬け焼き又はサーモンの塩焼き)を問われるだけ。しばらくすると、焼き魚や吸い物、小鉢が揃えられた膳が届く。

吸い物はばら干し海苔。旬野菜のお浸しには、海苔黒酢のドレッシング。明石たこのやわらか煮なら、わさび海苔など、海苔が至る所に使われている。出汁が別に出される吸い物なら、椀に出汁を注ぎ入れると、海苔の香りがふわりと立つし、ドレッシングならこういう使い方もあるかと新しい発見。

メインのおむすびは、膳が揃ってから、目の前で一つずつ握ってくれる。一つ目は、有明海産の海苔を巻いたもの。頃合いを見て握ってくれる二つ目は、三河湾産の青まぜの焼きのり。温かくご飯をやわらかく結んだおむすびは、ほっとして、思わず笑みが零れる美味しさ。

特に二つ目のおむすびは、目の前に届いた途端、海苔の香りに包まれるほど。余りに嬉しそうな顔をしていたのか、「この海苔、本当に香りがいいんですよ。そして白いご飯にもよく合うんです」とニッコリと教えてくれた。

海苔の素晴らしさは勿論、おかずも見事。特にサーモンの塩焼きや、たこのやわらか煮は、おむすびに匹敵する美味しさ。これは、予約をしてもまた来たくなる。

【お店情報】
山形屋海苔店 京橋本店 京橋2-6-21 パイロット阪急阪神グリーンビル1F 地図

| | コメント (2)

2024年6月25日

ビフトロ バイラ コクシネル ハチノスのトマト煮 (京橋)

R0011647005

今日は俄然肉気分。トンテキやハンバーグ、あと厚切りのポークとか。それなら、コクシネルは候補の一つと、店のInstagramを確認すると、昨日からの新メニューとして、羊と豚のハンバーグが登場。これはいいぞと思っていると、ハチノスのトマト煮も、同じく新メニューとしてラインアップ。別日にあったら、絶対どちらも選んでるのに。

当初の予定としては、ハンバーグがドストライク。けれども、ハチノスのトマト煮も、好物だけど、ここのところ食べていない。ハンバーグのほうが、後日にチャンスがあるかもしれないと、ハチノスのトマト煮を選択。ワインが欲しくなるだろうけど。

さて問題は席があるかどうか。人気店だから満席で入れないという日もあるが、この天気ならテラス席でもいいなと気軽に来てみたら、その気軽さが良かったのか比較的空いていて、カウンター席を無事確保。これで幸せのランチタイムは約束されたも同然だ。

パンが運ばれてくると、もうすぐ料理が届きますよというサイン。しばらくしてやって来た皿は、相変わらずボリューム満点。トマト煮はもちろんのこと、ブロッコリーやカリフラワー、アスパラ、ズッキーニなどの野菜とフライドポテトもこんもりと。

ハチノスはかなり大振り。けれども、しっかり柔らかく煮込まれて、臭みがないのは勿論、トマトの風味がフレッシュで爽やか。トマトソースもたっぷりで、野菜やポテトに添えたりして大満足。惜しむらくは、やはりワインがないことだけだ。

食後にはオリーブ茶を頂いて。ホールスタッフの方も感じ良く、変わらず居心地のいい店であることがとてもうれしい。

【お店情報】
Beeftro by La Coccinelle 京橋3-1-1 東京スクエアガーデンB1 地図

| | コメント (0)

2024年5月22日

ドブロ 大きなサバのアクアパッツァ (京橋)

R0011350002

久しぶりに京橋にあるドブロ。日本唯一のクロアチア料理専門店。クロアチアには、肉料理もあるが、アドリア海に近いことから、魚も多く食べられているそう。今日の目当ては、その魚料理。和食は去ることながら、洋風に料理されたものも好きだ。ランチメニューには、サーモングリルや、タラのフリット、海老フライなどがあったはず。

日によっては待つこともあるから、今日はどうだろうと訪ねると、残り2席の1つに滑り込み。ご近所にお勤めらしい方々の人気は相変わらずの様子。メニューを貰うと、「海老フライとサーモングリルが終わってしまって…」という残念なお知らせ。一方で、新メニューとして、サバのアクアパッツァがあるという。それなら、アクアパッツァをいただこう。

「大きな」サバのアクアパッツァとメニューには書いてあったが、本当に大きな皿いっぱいの半身の鯖に、ムール貝や烏賊、トマトなどが入ったアクアパッツァ。グリルした鯖はもちろんのこと、魚介の旨味が溶け込んだスープの美味しいこと。パンを浸していただいたが、ライスを選んでリゾット風にしても好いかもしれない。

厚切りの豚肉好きとしては、300gのロゼポークも気になっているし、他にも食べたいものがいくつか。近いうちにまた。

【お店情報】
ドブロ 京橋2-6-14 日立第六ビル 1F 地図

| | コメント (0)

2024年4月15日

ビフトロ バイラ コクシネル 豚バラのグリル (京橋)

R0010855001

いろいろと行きたいお店はあるけれど、中でも気になっているのはコクシネル。人気店で、満席で振られることも多い店。テラス席もあって、冬の間は遠慮したいが、今日のような日ならテラスも大歓迎だと店に向かうと、テーブル席が1卓空いていて、滑り込みセーフ。

さて、何を食べようか。定番的な三元豚のロースや、タラのポワレ。豚は豚でも、豚バラなんてどうだろう。この店でもあまり食べた記憶がないし。

しばらくして届いた皿は、相変わらず色鮮やかでボリューム満点。豚バラも厚みのあるものが2枚ドドンと。一口大にして頬張ると、香ばしく噛むほどに脂がじんわり。一方で、余分な脂は落ちているし、粒マスタードソースの香りや爽やかな辛味も手伝って、この量でもぺろり。

そして、種類も量もふんだんな野菜も相変わらず。定番のブロッコリーやカリフラワーに加えて、瑞々しいトマトに、ホワイトアスパラもしっかり1本分。ジューシーで甘み溢れる季節の恵み。

食後には、コーヒーを頂いて。料理が美味しいことはもちろん、活気のある雰囲気も好きだ。そして、次はどんな料理に出会えるか、今からもう楽しみなのだ。

【お店情報】
Beeftro by La Coccinelle 京橋3-1-1 東京スクエアガーデンB1 地図

| | コメント (0)

2023年11月20日

ビフトロ バイラ コクシネル 豚バラのグリル (京橋)

R0009402002

出社したら行きたいと脳内でリストアップしている店を幾つか思い浮かべながら、職場を出る。こう寒くなってくると、愛しの岩戸の豚汁や、大きな茶碗蒸しも好いな。そうだ、コクシネルも少しご無沙汰している。けれども、人気店だし、とりあえず店を覗いて入れそうだったら入ろう。

やってくると相変わらずの盛況ぶりだが、カウンターに1席空席を確認。無事席を確保。され、次は何を食べよう。定番の三元豚のローストに、最近よくいただく魚のポワレ。豚は豚でも、豚バラなんてどうだろう。この店でもあまり食べた記憶がないし。

しばらくして届いた皿は、相変わらず色鮮やかでボリューム満点。豚バラも20cmほどありそうなものが2枚ドドンと。一口大にして頬張ると、香ばしく噛むほどに脂がじんわり。一方で、余分な脂は抜け落ちているし、タイムソースの清々しい香りも手伝って、この量でもぺろり。

種類も量もふんだんな野菜も相変わらず。提案のブロッコリーやカリフラワーに加えて、好物の椎茸に、熱してとろりとしたアボカド、外はこんがり中はジューシーな茄子。ポテトフライもたっぷりとあって大充実。

食後には、コーヒーを頂いて。料理が美味しいことはもちろん、活気のある雰囲気も好きだ。そして、次はどんな料理に出会えるか、今からもう楽しみなんだ。

【お店情報】
Beeftro by La Coccinelle 京橋3-1-1 東京スクエアガーデンB1 地図

| | コメント (0)

2023年10月31日

ドブロ チャバピ (京橋)

R0009198001

京橋にある、日本唯一のクロアチア料理専門店ドブロ。ランチメニューが変わったことに気が付いて、久しぶりに行ってみようと宿題にしていたところ。以前と同じメニューもあるが、好物のグーラッシュに、300gもある厚切りのロゼポーク。それに、クロアチア人が大好きというチャバピなど、気になるメニューが盛り沢山。

日によっては待つこともあるから、今日はどうだろうと訪ねると、残り2席の1つに滑り込み。人気は相変わらずの様子。一安心とメニューを見ると、一番食べたかった豚肉のグーラッシュが売り切れらしい。とすると、厚切りの豚肉も好物だけど、初めてのチャバピ(チェバピとも言われるそう)にしよう。

セルフサービスのドリンクを飲みながら待っていると、料理が届く。棒状に成形して焼いたチェバピに、玉ねぎスライスと、パプリカとナスを使ったアイバルソースに、ほうれん草のクリームソースのペンネがセット。先ずはそのままと口にすると、程良いスパイス感とみっちりとした肉感が好きだ。ソースをつけると、コクや風味が増すし、これがパンにもぴったり。添えられたクリームペンネのソースも、チェバピに合うし、楽しさは2倍3倍にも。

今日食べられなかったのもあるし、気になるメニューもまだまだあるし、近いうちにまた。

【お店情報】
ドブロ 京橋2-6-14 日立第六ビル 1F 地図

| | コメント (0)

2023年10月 3日

京橋モルチェ エビマカロニグラタン (京橋)

R0008905001

昼間は暑いくらいだけれど、朝晩は湿度も低くて少し肌寒い。起き抜けに、「今日はグラタンだなぁ…」なんて思うくらいに。

10月と言えば、牡蠣のシーズン到来。昨日から三州屋でもカキフライが始まっていることは知っているが、まだ季節の走りだし、口はすっかりグラタン。それなら、京橋モルチェはどうだろうとこのブログを見てみると、昨年モルチェは、10月のかなり早い時期に牡蠣が出ていたらしい。あったら頼んでしまうだろうし、なければないでグラタンだと決める。

もし牡蠣が始まっていれば店頭で分かるはずとチェックすると、残念ながらまだの様子。じゃぁ、今日はグラタンだなと、入口に目を向けると10人くらいの行列。いつも賑わっているが、この時間で行列というのは始めてだ。少しすると、前のグループが断念された様子で、あれよあれよと先頭に。1人ということもあり、結局5分と待たずに案内された。

サラダが届いて、グラタンがやって来た。鼻を擽るソースやチーズが焼けた香りだけでもう旨い。そして焼き目とふつふつと沸くソース。端からフォークを入れて持ち上げると、湯気と共に、さらに強く立ち上がる香り。それに、とろ~りと伸びるチーズ。ハフハフと火傷しそうな熱もご馳走の一つだ。

具は惜しげもなく入る海老とマカロニ、わずかなマッシュルームと実にシンプルだが、コク味と引き際が鮮やか。最後の一口まで、アツアツなのも嬉しい。

人気のハンバーグにカレー、オムライスと思い思いに好きなものを食べながら(それに、今日はアルコールを片手にしている方がいつもより多め)、にこやかな笑顔が沢山ある店は好い。

【お店情報】
京橋モルチェ 京橋2-2-1 京橋エドグランB1F 地図

| | コメント (0)

2023年8月16日

LAVAROCK 鶏もも肉のグリル (京橋)

R0008441002

兼ねてより行きたいと思っていた店に向かったものの、1席を除いて予約で満席。それに、自分よりも2歩前を歩いていた方が、残りの1卓を確保されて、敢え無く撃沈。こんなこともあろうかと想定してきた店も、今週いっぱいお休みとの知らせ。さて、どうしたものか。こういうとき、ホテルのレストランなら確実にやっているだろうと向かったのが、先月伺ったラヴァロック。

コートヤード・バイ・マリオット 東京ステーションの1階にある、好い感じにカジュアルなレストラン。ランチも1,100円~とホテルのレストランとしてはリーズナブル。こちらも今日は予約がかなり入っているようで、窓際の席でしたらと席を確保することが出来た。

先日は日替わりに惹かれてやってきたが、今日は名物のグリル料理から、鶏もも肉のグリルを。サラダに続いて届いたメイン料理は、中々にダイナミック。もも肉一枚に、いんげんや極細フライドポテトがたんまりと添えられて。しっかりと網目状になった焼き目からして食欲をそそるし、甘酸っぱくて辛いソースがグリルに合う。ガーリックトースト又はライスがセットでお腹一杯。

会計をすると、テイクアウトのコーヒー又は紅茶のサービスあり。今日は、近隣に勤める方よりも、大きな鞄を引いた旅行者の方が続々と。銀座だけでなく、京橋も東京駅の極近くだし、こんな感じなんだ。というわけで、明日明後日と自分も旅行者になってきます。

【お店情報】
Dining & Bar LAVAROCK 京橋2-1-3 コートヤード・バイ・マリオット 東京ステーション 1F 地図

| | コメント (0)

2023年7月19日

ビフトロ バイ ラコクシネル トラウトサーモンのフリット (京橋)

R00081430012

気分としては厚切りの豚肉。それなら、あそこに行けば必ずあるに違いないとやって来たのが、ビフトロ バイ ラコクシネル。4種類ほど並ぶランチメニューの中に、大抵「三元豚ロースのロースト」があるからだ。

店に来ると、店内はカウンターもテーブルも満席。どうしようかと思っていると、シェフから「テラスでよければどうぞ」と声がかかる。初のテラス席!むしろウキウキとしてテラスへ向かう。

さて今日は目当ての豚肉はあるだろうかとメニューを見ると、豚もあるが、気になったのが、トラウトサーモンのフリット。メニューを見ただけで、出てくるだろう色鮮やかな皿が思い浮かんで、結局お願いしてしまった。

届いた皿は、やはりカラフルでボリューム満点。フリットは、素揚げと言ってもいい程に薄衣で、トラウトサーモンの鮮やかな色が目にも鮮やか。身の旨味にとろりと溶ける脂。添えられた温泉バジルのソースも、柔らかい萌黄色と爽やかな香りがいいアクセント。

それに、添えられたラタトゥイユも見事。野菜の存在感もうれしいし、味わいの濃さや甘さも好い。嗚呼、ここに冷えた泡か白ワインがあったら言うことないのに。いつも同様、ブロッコリーやカリフラワーなどの野菜やポテトフライもふんだんに。

テラスは大きなファンも回っているし、日陰だし、思っていた以上に快適空間。寒くない季節なら、テラス席大歓迎。

【お店情報】
Beeftro by La Coccinelle 京橋3-1-1 東京スクエアガーデンB1 地図

| | コメント (0)

2023年7月13日

LAVAROCK 週替わりランチ (京橋)

R0008082002

今日はあの店でランチをと昨晩から考えていたのに、通りがかりで「エンチラーダ」の文字を見つけてしまって立ち止まる。ホテル、コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション1階のダイニング&バー「ラヴァロック」。ホテル内にあるレストランだが、カウンター席もあって、好い感じにカジュアル。ランチも1,100円~とイメージよりもリーズナブル。

セットのトルティーヤチップス入りのサラダをいただいていると、それほど待つことなく、エンチラーダが届く。おぉ、これはこれは。見るからにたっぷりと具が巻かれていて、ボリューム満点のエンチラーダ。

ナイフで切り分けて頬張ると、皮の中からほぐしたBBQ豚肉がむちむちと溢れ出る。噛みしめると、ソースやチーズの旨味とコクに、ハラペーニョのすっきりとした辛さや、サワークリームの爽やかさが加わってアクセント。うん、これは夏向き。

会計をすると、テイクアウトのコーヒーor紅茶の案内があって、とてもうれしい。特にアイス用のカップは大きさもあってありがたい。ちなみに、他のランチメニューは、焼きチーズカレーや、ハンバーグ、鶏もも肉のグリル、ザーモングリルなど。近くにお勤めの方々で中々の賑わい。

【お店情報】
Dining & Bar LAVAROCK 京橋2-1-3 コートヤード・バイ・マリオット 東京ステーション 1F 地図

| | コメント (0)

より以前の記事一覧