2017年1月24日

ブルーパパイアタイランド センレックトムヤム (京橋)

Gr004632002
京橋エドグランにやって来る。目当ては、京橋モルチェ。明治屋直営のレストランで、再開発のため暫く休業していたのが、エドグランにオープンと共に再開。ハンバーグや骨付きのチキンが入ったカレーが懐かしい。

 

なんて向かったのはいいが、10人以上の行列。珍しく、少し待ってみようかなんて考えたが、短い昼休み。残念ながらと回れ右。

 

またここからが大変だ。ソラノイロを始め、やまやや、他の店も満席。こちらも再開した山茂登にも入ってみたいが、昨日も蕎麦だったし――とフロアをぐるぐる。そんな中、テーブルは一杯だったが、カウンターに空席を見つけて、滑り込んだのがブルーパパイアタイランド。

 

名前から分かるとおり、タイ料理店。ランチタイムは、ガパオやカオマンガイ、グリーンカレーなど6種類(1,000)。自分は、見ると、ついつい頼んでしまうセンレックトムヤム(トムヤムヌードル)をお願い。

 

ガツガツと勢い良く料理が作られているから、出るスピードの速いこと。短い昼休みには、大事なこと。器は小さめだが、中には麺がギッシリ入っていて、見た目以上のボリューム。赤さの控えめなスープは穏やかに感じるが、食べ終わってみれば、舌は僅かにピリピリ。タイ風のサラダにスープ付き。

 

店を出るころには、この店も行列。とはいえ、一人なら回転は速そうだ。


【お店情報】

ブルーパパイアタイランド 京橋エドグラン店 京橋2-2-1 京橋エドグラン B1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月12日

ビフトロ バイ ラコクシネル 牛ハツのロースト (京橋)

Gr004532005_2
年末に伺えなかったから、年始の挨拶にとラコクシネル。今日は空席が外から確認できて、よろこび勇んで、店に入る。

 

そうだ、今日はFacebookでメニューを確認してこなかった。と店内の黒板を見ると、三元豚ロースのグリエ、牛ハツのロースト、香潤鶏ムネ肉のソテーとある。気になるのは、絶対牛ハツ。けれども、ワインなしで食べるのはある意味拷問だなぁ。それなら違うのにしようか――。

 

なんて考えていたら、こちらの考えを見透かしたように、「今日は珍しいところで、牛ハツがおすすめですよ」なんて勧められしまった。こうなったら、話には乗っておけというもんだ。

 

これがまた、見事な薔薇色でそそる。そして、どう考えてもワインが欲しいやつ。肉厚で外側カリッと中がプリッ。野菜の豊富に乗って(特に、慈姑が嬉しい)、ボリュームも満点、大満足。食後にはコーヒーと小さなケーキ。

 

やっぱり好きだ。今年もよろしくお願いします。それよりも、今年こそ、夜に伺わなくては。

 

【お店情報】

Beeftro by La Coccinelle 京橋3-1-1 東京スクエアガーデンB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月11日

美々卯 牡蠣そば (京橋)

Gr004525002_2
別の牡蠣料理を目指していたが、生憎今日はないらしい。それならコッチとやって来たのは美々卯。この時期に出る牡蠣そば(1,350)が目当てだ。

 

ここの牡蠣そばが好きなのは、ゴロゴロと7、8個も入る牡蠣も然ることながら、器一面にふんだんに入るわかめと、こちらもたっぷりと添えられる生姜。わかめの香りと牡蠣の香りが混じり合って、何とも云えず幸せな潮の香りが、湯気と共にふわりと立ち上がるのが堪らない。そこに生姜。潮風のべたつきを払拭してくれるように、さっぱりキリリと引き締めて、さあ、もう一口と誘う名脇役。


牡蠣といえば、季節のかやくご飯(320)も、今は牡蠣。うずらそばか、きざみうどんに牡蠣ご飯ってのも好いなぁ――、なんて思っていたら、お隣の方がきざみに牡蠣飯。くー、次はそれだ。

【お店情報】

美々卯 京橋店 京橋3-6-4 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月14日

雪園 牡蠣と豆腐のピリ辛石鍋ごはん (京橋)

Gr004200005
この時期、愉しみにしているものの一つが、雪園の牡蠣と豆腐のピリ辛石鍋ごはん(1,340)だ。けれども、ここ数年、昼時は満席になっていることが多く、食べたいときに食べられない。1シーズンに一度出合えればいいところ。それで、遅い時間ならばどうだとやって来た。

 

店のエントランスまで来ると、見慣れた「満席」を知らせる立て看板。ドキッとして案内係の方と目を合わせると「お一人ですか?」とのこと。すぐに空席状況を確認してくれたが、テーブルを片付ける時間が必要だったのだろう。少し待って「3階へどうぞ」と案内された。

 

2時頃だというのに、まだまだテーブルには食事中の方々が何組も。なるほどこの時間でこの状況なら、ピークタイムは入れないはずだ。

 

さて、お愉しみの石鍋ごはん。石鍋にクツクツと沸き立つ姿がそそる。火傷するのは分かっているのに、堪らず口に放り入れれば、案の定熱くてハフッと咽るが、落ち着いて噛むと、辛みと熱さの下から、牡蠣の香りとふくよかな身の旨みが広がる。牡蠣にすっかり気を奪われてしまうが、こっくりとしたコク味を存分に吸いこんだ豆腐が、また好い。この熱、この味わいは冬にぴったりだ。

 

和え物に、コーンスープ、ザーサイや大根の漬物、タピオカのデザート付き。日常のランチとしては少々高いが、それに見合う満足感。なんとか今シーズン中にもう一度。

 

【お店情報】

雪園 京橋店 京橋3-6-3 ぐるなび

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月 1日

らんまん食堂 若鳥から揚げ定食 (京橋)

Gr003973001
どうしても、どうしたって、から揚げなのだ。それで、東京スクエアガーデンにあるらんまん食堂にやって来る。からあげグランプリ金賞を獲ったから揚げの650円~というリーズナブルなランチが人気で、昼時は行列も出来る店。

 

から揚げは、塩にしょうゆ(650)、黒酢、黒胡椒、日替わり等、ソースかけが数種類(750)あるが、いつも塩。白い粉をふいた衣はサクサクで、脂っこくはなくふっくら。これ以上のソースなどはいらないくらいにしっかりと味がついて、ついついレモンサワーやハイボールなんかが、むくむくと頭を擡げてくる。

 

それに、ポテトサラダや日替わりのスープ、パクチーなどのトッピングが豊富なところが特長。気に入っているのは、野菜ダブル(+150)。から揚げと一緒に付いているレタスとは別に、10種類の野菜のサラダが付けられるというもの。トッピングをつけても、ご飯、スープ付きで800円。行列もできるわけだ。

 

【お店情報】

らんまん食堂 京橋3-1-1 東京スクエアガーデンB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月30日

TOKYO Mar Mare トムヤムそうめん (八重洲)

Gr003972004_2
先日、京橋エドグランで昼をとった流れで、近くのTOKYO Mar Mareの前まで。というのも、そろそろ温かいそうめんの新メニューが出ていないだろうかと気になってのこと。

 

入口の前に置いてあるメニューが書かれた看板を見る。と、夏にはなかった「トムヤムそうめん(温)」が目に飛び込んできた。きっと、夏の「エビとパクチーのエスニックそうめん」の冬バージョンという位置付けだろう。それならもう絶対好きなヤツに違いない。

 

「お待たせしました~」と運ばれてきた途端に、もういい香り。スッパ辛いあの香り。それに、想像したとおりの山盛りパクチー。イイゾ、イイゾ~。期待を胸に、スープを一口。おぉ、辛味に酸味がしっかり、それに旨みもあって、とても好み。きっと、こういう味が好きだという店員さんがいるんだろうな。ぜひぜひ、もっとやってほしい。

 

ランチメニューがそうめんだけになった当時は、それならと帰ってしまう方もいたが、今はもう、半田そうめんを目当てにやってくる人が続々とやって来る。そうめん好きとしては、それが何より嬉しいのだ。

 

【お店情報】

TOKYO Mar Mare 八重洲2-5-12 プレリー八重洲ビル1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月28日

京すし さばとかんぱちのハーフ丼 (京橋)

Gr003950001_2
新しいビルが出来ても、それほど興味が湧かなくなってきた昨今。けれども、25日にオープンした京橋エルグランは、オープンを心待ちにしていた。というのも、再開発で立ち退きを余儀なくされた店が、ここでリオープンすると聞いていたからだ。

 

特に、うれしかったのが「京すし」だ。店を閉めるときには、再開はしないと聞いていたが、息子さんが跡を継ぎ、リオープンすることにしたらしい。

 

京橋で明治から続く寿司店。と聞くと、敷居が高そうだが、ランチタイムには、リーズナブルに2種類の魚が味わえる丼が人気で、行列が絶えない店だった。新しいビルに入って、どうだろうかと多少不安に感じつつ、店までやって来た。

 

店前には、品書きは置いていなかったと思う。けれども、躊躇なく入ってみると、カウンター席を案内してくれた。L字のカウンターの奥に見えるのは、懐かしい丼。それに見覚えのある品書きと変わらぬ値段。本当に再開したんだと嬉しくなる。

 

はーふ&ハーフ丼(980/鉄火入り1,120)は、今日は、鯵・鯖・かんぱちと鉄火。このラインアップなら、迷わず、鯵・鯖だが、生憎、前の方であじが終わり。それで、鯖とかんぱちで作って貰った。

 

軽く〆た薄紅色の鯖に、紅梅色のかんぱち。ご飯が見えないように、びっしりと美しく並べられた姿が美しい。鯖には生姜、かんぱちには山葵が薬味。それ故に、わざわざ醤油皿を二つ出してくれるのも、ニクい心遣い。ネタと酢飯の間に施された生姜や蜆の味噌汁も、好いもの。

 

「おひさしぶりです」と入ってくる紳士や、品書きを見て「ハーフ丼ある!」と喜ぶOLさん。改めて愛されていた店だったということを知る。これからも、どうぞよろしくお願いします。

 

【お店情報】

京すし 京橋2-2-1 京橋エドグラン1F 地図

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年10月20日

CAFÉ DECO パンと20品目のサラダプレート (銀座・宝町)

Gr003590001
ピカソタワー銀座、若しくは、ピカソ美化学研究所をご存知だろうか。昭和通り沿いの銀座と京橋の間、高速道路の脇。ピカソ美化学研究所は、化粧品のOEMメーカー。日本初の洗顔クリームやパウダーファンデーションを創ったという会社で、その東京オフィスのビルがピカソタワー銀座だ。


その1階にカフェがあることはずっと前から知ってはいたが、先日、ちらっと覗いてみたところ、何だか素晴らしいサラダランチが見えて、これは一度来なくてはと思っていたところ。

 

入口は普通のオフィスビル。恐れずに開けて入ると、左手がカフェの入口。吹き抜けになっていて、窓からは燦々と光が降り注ぐ。ビル自体の造りも面白いが、中もカーブを活かしたりたりした凝った造りだ。

 

目当てのサラダランチは、「パンと20品目のサラダプレート」(800)というのが正式な名前。目の前にしてみると、20品目どころではないことが分かる。ブロッコリーに長芋、南瓜、蓮根、ヤングコーン、パプリカ、紫牛蒡、サヤエンドウ、オクラ、トマト等、盛り沢山の野菜の他に、数種類の豆に厚揚げ、玉子、蒸し鳥等々とタンパク質も数種類。惜しげなく出される10種類ほどから選べるドレッシングとオリーブオイルで、アレと食べて、次はコレでと、目にも食べても愉しく美味しい。

 

生姜が効いたスープ。それに、添えられたパンが侮れない。温かくてふかふか。じんわりとコク味が出る仕組み。

 

ランチは他、ハヤシライスにベーグルサンド。+100でドリンク、+300円でドリンク&デザートがセットに出来るのも魅力。女性ばかりかと思いきや男性客も結構いらっしゃるので、ご安心を。

 

【お店情報】

CAFÉ DECO 銀座1-16-3 PICASO TOWER GINZA 1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月11日

ビフトロ バイ ラコクシネル 牛バラ肉の赤ワイン煮 (京橋)

Gr003508002
先週振られ、どうしてもやって来たくて、ラコクシネル。今日はどうだと遠くから店を見てみると、幾つか空席が確認できる。

 

ヨーシ!なれば、次の問題はメニューだ。最近は、大抵3種類用意があって、一つを選択。予めFacebookで確認することも多いが、今日は「兎に角、席を」と慌ててやってきたから、壁の黒板を見てひと悩み。豚ロースのグリエに、牛バラ肉の赤ワイン煮、それに鶏モモ肉のコンフィ。バラ肉がとろとろになった煮込みなんて、肌寒い今日みたいな日には最高じゃないか。

 

運ばれてきたのは、想像どおりにぷるんぷるんの牛バラ。しかしながら、この大きさは想像していなかった。15cm程はありそうな塊がドンと鎮座。フォークを誘うとするだけでも、ぷるぷると震えるほどに柔らかで、口にするとホロホロと旨味を残してほどけていく。傍らに添えられた色鮮やかな野菜が、らしい。

 

食後には、コーヒーと小さな菓子がついて1,250円。隣の方が召し上がっていた豚のグリエも立派な大きさ。けれども、皆、美味しそうにペロリと召し上がっていく様子が気持ちがいい。そうそう、そろそろ夜にも伺わなくては。

 

【お店情報】

Beeftro by La Coccinelle 京橋3-1-1 東京スクエアガーデン B1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 4日

別亭 神田新八 焼魚定食 (京橋)

Gr003425003
そろそろ、リニューアル後のビフトロ ラコクシネルに再訪しようと向かったところ、ちょうど目の前で、カウンターが満席になったのが見えた。人気の店だから仕方がないか。それならと、2階のドラジでもと思ったが、途中、気になるものを見つけてしまった。

 

それが、神田新八の焼魚定食。店前にランチの実物が並べられていて、その中に豚汁を見つけた。しかも、器の大きいこと。うどんやそば用の丼くらいの器に入った豚汁なんて、このまま通り過ぎるわけにはいかないじゃないか。

 

焼魚定食(1,280)は、限定20食。ほんとにでかい丼でやって来た。中には、大根や人参、里芋、牛蒡がゴロリ。何より、この有り余る感じが好い。焼魚は、季節ものの秋刀魚。小鉢に漬物付き。

 

それにしても、カウンターや奥の冷蔵庫に並ぶ酒瓶は壮観。そりゃ、名酒場の別邸だもの。昨日も秋刀魚で日本酒を飲ったが、ムクムクと欲が湧いてくる。

 

【お店情報】

別亭 神田新八 京橋3-1-1 東京スクエアガーデンB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧