2018年2月16日

トランジット ターブルドール 牛ほほ肉の赤ワイン煮込み (京橋)

R0002966002

久しぶりにあの店へ行こう!と来てみたが、相変わらず人気のようで満席状態。そうか…。それなら、この辺りなら他にどこか入れるところ――と思いついたのが、トランジットターブルドール。人気の店だが、何せ客席数が多い。この時間ならば、まだ空席があるはず。

 

幸運にも席には余裕があって、さて、今日は何があるだろう。ここではサラダランチをお願いすることが多いが、「牛ほほ肉の赤ワイン煮込み」(1,100)を見つけて即決。「煮込み」と名前がつく料理は、きっとどれも好きだと思う。

 

店の壁を見れば、フィギアスケートの生中継。そういえば、サッカー等夜はスポーツ中継をやっていると云ってたな。

 

白い皿に、こっくり艶々とした黒いソース。それにアイボリーのマッシュポテトと、メリハリの効いた皿が届く。ソースの下には、こんもりとした塊が2つ。大きいがナイフが簡単に入るほどに柔らかく、噛むほどにギュッと詰まった旨味がほどけていく。やっぱり煮込みは好い。

 

【お店情報】

世界食堂 Transit Table d'or 京橋3-7-1 京橋相互館101 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 6日

ドブロ 特大メカジキステーキとホタテのクリームコロッケ (京橋)

R0002841004

ふとした拍子に、ドブロのことを思い出した。京橋にあるクロアチア料理店。銀座の端に職場があったころは、昼にも夜にも伺っていて、最後は確か、今は結婚して子沢山となった同僚のデートのカモフラージュ役として付き合った時だったと思う。

 

ランチメニューは記憶にあるものと随分変わっていて、魚料理・肉料理がそれぞれ4,5種類。サーモンに鯖、マグロのレアカツ、ビーフステーキにチキン等々、それはそれは悩ましい。「クロアチアといえばアドリア海の魚」の文字の一番下に書いてあった、「特大メカジキのステーキと蟹クリームコロッケ」(1,200)。特大ってどんなだろう?という興味も手伝って、これを頂くことにする。

 

届いた皿を見て、ハハッと声が漏れた。確かに「特大」。というよりでかい。思わず、メカジキの上に手の平を広げてみたが、面積はほぼ同じか、メカジキのほうが少し大きいくらい。それにこぶし大クリームコロッケ。それにサラダ、ザワークラフト、クリームリゾット、スープ付き。ふぅ、久しぶりに食べきれないかもしれないという不安に襲われた。

 

円形劇場のような内装はそのまま。そうだ、そうだ。牛肉の赤ワイン煮込みなんか、絶対食べたくなる日があるに違いない。これを機会に、また。

 

【お店情報】

Dobro 京橋2-6-14 日立第六ビル 1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月23日

タベルナウオキン スタミナ豚テキランチ (京橋)

R0002736003

京橋エドグランが出来た当初、格安ランチで長い行列が出来ていたウオキン。先日前を通ったら、すっかりランチメニューが変わっていることに気がついた。ハンバーグにミックスフライ、オムライスにチキンステーキ。それに一番目を惹いたのが、トンテキである(全て1,000)

 

豚テキは、厚い一枚肉ではなく、厚めの生姜焼きくらいのものが2枚。けれども脂身たっぷり、にんにくチップもドンと乗って、なるほどスタミナ満点。しかも、生姜を効かせた甘辛い味付けで、完全なる飯泥棒。ポテトサラダに、こってり味のナポリタン、サラダにスープ付き。値段は上がったものの変わらず満席というのは、流石魚金と云ったところだろうか。


実は、オプションに、鰺フライ・カキフライ・メンチカツ(180)があって、乗せたいなぁと思ったものの、昨日もオプションで牡蠣フライを付けたことを思い出して、今日のところは大人しくしておいた。今度来るなら、ハンバーグ(目玉焼き付)に鯵か牡蠣のフライかなぁ。

 

【お店情報】

タベルナウオキン京橋 京橋2-2-1 京橋エドグラン 1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月17日

3丁目のカレー屋さん 焼きチーズビーフカレー (京橋)

R0002670001

時間をずらしてランチに行ける日。こんな日は、遠いとか、行列が出来るとか、ピークタイムに伺うのが難しい店に行ける日である。それで、募る想いのこの店、あの店を思い出して、どこへ行こうか悩む日でもある。

 

それで、選んだのは、雪園だった。この時期はもちろん、冬限定の牡蠣のピリ辛石鍋ご飯が目当てだ。けれども、店の前まで行けば、今日は17:30~という残念な知らせ。時間は、ほぼ2時。この時間に開いているお店か――。幾つか思い出したが、しばらくぶりに思い出したのが、3丁目のカレー屋さんだ。

 

まさか、こんなところに、こんな店といった雰囲気の店だが、旨いカレー店としてすっかりと知られるようになった。一番人気は、恐らく「焼きチーズビーフカレー」(1,400)。オーブンで焼かれてフツフツと湧くカレーに、チーズ。温まること請け合いだ。

 

「お待たせしました」と運ばれてきた傍から、クツクツという音と湯気、そして芳ばしい香り。溶けたチーズが好きでこれを食べることが多かったが、久し振りに食べてみると、カレー自体の旨いこと。20種類以上のスパイスを使っているそうだが、尖ったところのない、まろやかで、品と深いコクある味わい。

 

小さいシュークリームが一つ付くのも変わらず、懐かしい。そして、変わらないといえば、素晴らしい音響設備。水・木・金曜日限定の夜営業では、限定のメニューやアルコール類もあるようで、一度訪ねてみたいと思っている。

 

【お店情報】

3丁目のカレー屋さん 京橋3-9-9 ウィンド京橋ビルB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 5日

ぶーみんヴィノム ぶた焼き (京橋)

R0002531002

昨日が仕事初めだったけれども、昼前に取引先に挨拶に行ったところ、そのままランチという流れに。それで今日が、ある意味本当のランチ初め。どうぞ、今年もよろしくお願い致します。

 

さて、毎年そうだが、この時期には、どうしても野菜が食べたくなる。そして、今日は肉と野菜。野菜も火が入ったものがいいなと、銀座のある店に向かったが、生憎、今日はまだホリデーランチで目当てのメニューがない様子。それで、足を延ばして、やって来たのが、ぶーみんヴィノム。たっぷりの千切りキャベツの上に、焼いた豚肉がのったぶた焼きが目当て。

 

ぶた焼きは、いつもは3枚だが、今日は張り切って4枚(1,000)。それに、キャベツも大盛にしてもらったら、こんなにも、こんもりとわんぱくな感じに。一見生姜焼きのように見えるが、ベースの玉ねぎが下支えする酸味とニンニクの風味の旨味濃いタレで、豚肉にはもちろん、敷かれたキャベツとも相性バツグン。ぶた焼きなら1枚から、ご飯もなし(-50円)~100g毎にオーダーできるところも好い。

 

元々繁盛店ではあるが、まだ通常のランチを始めていない店もあるせいか、待つ人も出来る大盛況。隣の方は、豚軟骨入りのカレーにぶた焼きを乗せて、ライスは大盛というワイルドコンビネーション。働く人を支える元気を貰える昼飯処。

 

【お店情報】

ぶーみんヴィノム 東京スクエアガーデン 京橋3-1-1 東京スクエアガーデンB1 地図

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年12月25日

美々卯 牡蠣そば (京橋)

R0002359002

雨上がりのせいか幾分温かいとはいえ、やはり冬らしくて、温かいものが欲しくなる。そうだ、美々卯の牡蠣そばなんて、どうだろう。金曜日にカキフライを食べたことを思い出したが、土日を挟んでいるし、フライではないしと、下らない言い訳をあれこれ。結局は、一度食べたくなってしまったものを変えたくないというだけである。

 

年の瀬が近付いているからだろうか、いつにも増して賑やかな店内。一口近くの椅子に座って待っている方も多く、恐る恐る「一人ですが」と店の方に声をかけてみれば、「禁煙で相席でしたら」と席を用意してくれた。

 

さて、牡蠣そば(1,350)。その特長といえば、器の一面を覆う若芽だ。若芽の香りと牡蠣の香りが混じり合って、何とも云えず幸せな潮の香りが、湯気と共にふわりと立ち上がるのが堪らない。深緑の下には、ギュッと詰まってプリンとした牡蠣は8個ほど。そこに、たっぷりと添えられる生姜や葱を加えていくと、味と香りが少しずつ変わっていく。その様も愉しみの一つだ。

 

今の季節は「かやくご飯」(320)も牡蠣。うずらそばや、月見うどんに、かやくご飯も好いなぁ。ちなみに、牡蠣そばセットなら、牡蠣のかやくご飯と小鉢付き。

 

【お店情報】

美々卯 京橋店 京橋3-6-4 地図 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月14日

京橋モルチェ カキドリア (京橋)

R0002249001

昨年リニューアルオープンした京橋モルチェ。昨シーズンの牡蠣料理と云えば、カキフライだけだったが、今シーズンはカキドリア(1,200)が登場。牡蠣にドリア。こんな寒い日に食べずして、何時食べるというのだ。

 

12時少し前に伺うと、大きなフロアだが随分と賑わっている。一人だと告げると、奥のカウンター席に。両隣りとも、古いモルチェの頃からいらっしゃっているとお見受けするご常連らしい先輩ばかり。このバックバーも初めて目にする。

 

サラダに続いて、10分ほどで、ドリアが運ばれてきた。「お熱くなっていますので、お気を付け下さい」という台詞も、欲を駆り立てて仕方がない。

 

色好い焼き目のベージュに身を委ねる牡蠣は5つ。火が入ってくっと凝縮した味わいと、周りに染み出した牡蠣の風味も麗しい。それに、ソースとチーズの焼けた香り、火傷しそうな熱もご馳走だ。

 

人気のハンバーグにカレー、カキフライと思い思いに好きなものを食べながら、にこやかな笑顔が沢山ある店は好い。

 

【お店情報】

京橋モルチェ 京橋2-2-1 京橋エドグランB1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月30日

Transit Table d'or ベーコンと砂肝・ポーチドエッグのリヨン風サラダ (京橋)

R0002140001

野菜を補給すべく、サラダランチがある店を幾つか思い浮かべる。それで、Transit Table d'orの今週のサラダは何だろうと、Facebookを見てみれば、ベーコンと砂肝、ポーチドエッグのサラダと書いてある。ベーコン、砂肝に玉子。これは好きなやつに違いない。それでやって来た次第。

 

大きな皿に、ポーチドエッグが上手に乗れないくらいに山盛りのサラダ。砂肝は薄切りか何かで入っているものだろうと覆っていたが、丸々の状態。口に放りこんで噛みしめるほどに、なんだか飲みたくなってきてしまうのは、呑兵衛の性だろう。

 

そしてポーチドエッグは、最後のほうまで手をつけず、最後の最後に半熟の黄身をサラダに絡めて。ハンバーグに乗る玉子も、うどんに入る玉子も、必ずそうする。自分の流儀。

 

スープにワンドリンク付き。大箱だが、いつも賑わっている店。パスタや肉料理もあるが、男女問わず、サラダが一番出ている様子。

 

【お店情報】

Transit Table d'or 京橋3-7-1 相互館110タワーB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 6日

しおの おでん定食 (京橋・八重洲)

R0001914001

ランチを止めたり、少し前には牛すじ丼が始まっていたりと、動きが激しいしおののランチ。先日、前を通ったところ、おでん定食(900)が始まっていて、そのうちにと記憶していたところ。

 

牛すじ丼は継続されていて、ランチメニューはその2種類。入り口で注文と会計をして、席に着くシステム。

 

これが、中々に充実の内容。おでんの他、刺身に牛すじ煮込み。サラダ、汁物付き。刺身は2種類、牛すじも小鉢としてはたっぷりと入っていて、しかもとろとろ。ご飯にかけて、小さな牛すじ丼だって出来そうだ。おでんや刺身の内容は日替わりらしいが、今日は玉子が入ってツイテいる。

 

人気はどうやら牛すじ丼(700)。盛りのいい丼のほか、サラダにおでん付きというのだから、こちらもリーズナブル。少なくとも寒い間、続けてくれるととても嬉しいのだが。

 

【お店情報】

おでん処 しおの 八重洲2-10-7 SHIONO八重洲ビル2号館 2F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月26日

ガイ カオソイ (京橋)

R0001786002

こちらで紹介されていて、チェックをしていたタイ料理店。三丁目のカレー屋さんの隣に、先月オープン。温かい陽気に誘われて、すっかりタイ料理気分だ。

 

ここに来たかった理由の一つは、好物のカオソイがあること。店まで来ると、10人も入れば満席の小体な店。店頭ではテイクアウト用の弁当を売っている。奥ではおかあさんが一人で鍋を振り、ホールとテイクアウト用の弁当をにこやかなお兄さん一人で賄っていて、大忙しだ。

 

麺の上に、揚げた麺のせたカレーヌードルが、カオソイ(880)。ココナッツが効いたコクのあるカレースープがかなり好み。それに鶏肉も想像以上にゴロリと入る。食べていくうちに、パリパリと揚がった麺が、しんなりクニュと柔らかくなっていくのがまた愉しいんだ。

 

サラダにライス、デザート付き。さらには、ライスや麺のお代わりまで無料という太っ腹ぶり。汁麺ならトムラムヌードル他、4種類。ガパオガイやアオマンガイ、グリーンカレー、パッタイ等々とランチメニューは、全10種類と豊富で、概ね800円台と懐に優しいのも魅力的だ。何より、お二人の奮闘ぶりに、なんとも応援したくなってくる。

 

【お店情報】

ガイ 京橋3-9-9 ウインド京橋 1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧