2019年5月15日

トラジ ピビンBAR (京橋)

R0007622001

コクシネルのランチに、ハンバーグが出ていると知って、そういえば初めてかもと急いで向かったものの、流石は人気店。同じようなことを思ったファンが沢山いらっしゃったのだろう。カウンターは一杯で、テーブルも予約席以外は空いていない様子。

やっぱりそうかぁ。そして、さてどうするか。好きだったぶーみんは閉店してしまったし。行列でこちらも最近伺えていないトラジを思い出して、ダメ元で伺ってみたところ、繁盛はしているものの、こちらは都合よく席を戴くことが出来た。無欲の勝利というやつか。

こちらのランチは、焼肉もあるが、人気は、ブッフェスタイルで、自分で好みのピビンバを作ることができるピビンBAR(1,200円)。

これの嬉しいところは、ナムルの種類の多いこと。定番のもやしや人参の他、レンコンや枝豆、ブロッコリーやカリフラワー、筍、ミニトマト等。キムチなども併せると20種類程。その他にも、トッポギやプルコギ、スープにカレー、デザートまで60分食べ放題。

食べたいものを好きなように食べられるというのも好いし、手を加えた野菜がたっぷり摂れるから、何だか身体にいいことをしているような気がして気分がいい。

それにしてもコクシネルのハンバーグ。いつまでランチで出ているだろうか。

【お店情報】
焼肉トラジ 京橋店 京橋3-1 東京スクエアガーデン 2F 地図

| | コメント (0)

2019年4月 9日

TOKYO MarMare 濃厚ブイヤベース (八重洲)

R0007120002_1  

久しぶりに京すしにでもと向かったところ、ランチタイムのピークにはまだ早いというのに遠くからでも行列が見える。うーん、やはり普通の日にふらっと伺うのは難しいか。

諦めはしたものの、口はすっかり魚が食べたくなって、ココならあるはずとやって来たのが、Tokyo MarMare。肉料理に魚料理、パスタなどのメイン料理に、スープやサラダ、パン、ライスなどはセルフでおかわり自由というランチ(1,000円~)。今日の魚系のランチは、濃厚ブイヤベースと、鰆の西京味噌漬け。この店は洋食のイメージだからと、ブイヤベース(1,100円)をお願いする。

サラダを盛りつけて、青菜がたっぷりと具として入ったスープのお代わりを貰ったところで、ブイヤベースがやって来た。以前にも頂いたときも驚いたが、浅利にムール貝、烏賊に白身の魚とこれがホントに具沢山。トマトベースのスープには、魚介の香りや出汁が染み出していて、最後の一滴逃さずパンに吸わせて頂きたくなる。

週替わりのメニューがあったり、セルフでおかわり自由だったりという使い勝手の良さもあるんだろう。近隣に勤める方々で、いつも賑わっている。

【お店情報】
TOKYO MarMare 八重洲2-5-12 プレルー八重洲ビル 地図

| | コメント (0)

2019年3月22日

世界食堂Transit Table d’Or コロネーションチキンとキャロットラペのサラダ (京橋)

R0006894001
昨晩は大いに飲んで食べたから、今日は軽めにしておこうと、やって来たのはTransit Table d'Or。ランチの中でも、サラダランチ(1,200円)が人気の店で、今日の目当てもそれだ。メニューは週替わりで、今週のサラダは「コロネーションチキンとキャロットラペのサラダ」。写真を見るに、色鮮やかで春っぽい。

ミネストローネのスープに続いて、やって来たのは、大きな皿にたっぷりと盛られたサラダ。コロネーションチキンとは、確かイギリス発祥のカレー風味の料理で、こちらではヨーグルトを混ぜ合わせているそう。カレーの香りが、なんとも美味しく食欲をそそる。それに穏やかな酸味のキャロットラペ。オレンジなども入って、風味も豊か。

ドリンク1杯付き。店内で頂くだけではなく、テイクアウト用の容器の用意があるところは、さすがにオフィス街。サラダランチの他には、パスタや肉料理など。ピークタイムには、100席近くある席はほぼ埋まっている繁盛店。

【お店情報】
世界食堂Transit Table d'Or 京橋3-7-1 相互館110タワーB1 地図

| | コメント (0)

2019年3月20日

ビフトロ バイ ラ コクシネル 鶏もも肉のクスクス (京橋)

R0006881001_1

先週振られたコクシネル。今日はどうだろうなんて思いながら、店のFacebookを覗いてみると、今日のランチメニューにクスクスがあると知る。クスクスは好物。好きな店だが、否、だからこそ、今日を逃す手はあるまい。

テラス側から遠目に店内を覗いてみれば、カウンターに僅かながらも空席が見える。よしっ、ついている。今日のランチ(1,250円)は4択だったが、迷うことなくクスクス一択。

相変わらず、見た目にも美味しそうな皿にウキウキするが、先ず魅惑的なのはその香り。エキゾチックで旅心と食欲を駆り立てられる。野菜も鶏肉も、嬉しいことにゴロゴロとした大振りサイズ。けれども、ナイフを入れるとスッと簡単に切れる柔らかさ。美味しいものがたっぷりとある倖せ。

食後にはチョコレート味のマドレーヌとコーヒーを。いつもながらお店の方はとても気持ちが良く、居心地も抜群に好い。次伺えるときが、今から愉しみでならない。

【お店情報】
Beeftro by La Coccinelle 京橋3-1-1 東京スクエアガーデンB1 地図

| | コメント (2)

2019年3月14日

とんかつ富士 しょうが焼き (京橋・八重洲)

R0006840003

そろそろコクシネルに行きたくなって伺ったものの、テラス側から覗き見ただけで、カウンターは一杯。それならあれだ、ぶた焼きだと同じフロアのむーみんヴィノムに向かったものの、今月6日を以て閉店したそうだ。

 

口はもうすっかり豚肉。この辺りなら、そうだ。とんかつ富士のしょうが焼き(850)。個性的でダイナミックでボリュームたっぷり。来る客のほとんどが、ロースかつか、このしょうが焼きを注文する。

 

何が個性的って、ダイナミックな生姜の使い方。隠れようがないほどにたっぷりと入る。それに所々つくほど良き焼き目。それに、こんもりと盛られたキャベツ。緩急が面白くて、ボリュームたっぷり。もちろん、旨い白飯にぴったりと合うところも好い。

 

独り客はカウンターで、複数なら奥のテーブル席。12時を過ぎると、一人、一組と静かにやって来る客が多い。この数年出来た新しいビルの谷間で営業する、いい味わいの個人店。こういう店が賑わっているというのが嬉しい。

 

【お店情報】

とんかつ富士 八重洲2-8-11 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年3月 6日

雪園 牡蠣と豆腐のピリ辛石鍋ごはん (京橋)

R0006808004

3月に入って、もう牡蠣の季節も終わりが見えてきたと思ったら、混雑していたりして、今シーズン食べていない牡蠣料理が堪らなく食べたくなって来る。あきらめたはずだった、雪園の牡蠣と豆腐のピリ辛石鍋ごはん(1,340円)もそうだ。

 

ここ数年、12時前にやって来ても満席で、40分待ちなんてことも珍しくない。今日は、昼休みがずれ込んだことをいいことに、今日なら入れるかもとやって来た次第。さすがに2時前。無事に席を戴けたが、それでも、まだ店内には多くの客がいて、自分の後から来る方も。

 

嗚呼、久しぶり。鍋肌でグルグツと沸き立つ餡にもそそられるが、やはり目が行くのは牡蠣だ。火が入っているというのに、むっちりぷっくり。口に入れると、ぷりんぷりんと弾けるよう。そして、辛味と熱の下から、牡蠣の香りとふくよかな旨味がぐわりと広がる。一方で、餡に潜む椎茸や筍の食感や旨味にも心弾む。

 

酢辣湯に鶏と南瓜の揚げ物、タピオカ、ザーサイ付きで大満足。これはやはり好い定食。終わる前に来てよかった。ちなみに、時間にもよるが、2人以上ならランチタイムも予約も可だそう。

 

【お店情報】

雪園 京橋店 京橋3-6-3 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年3月 5日

ドブロ Wサーモンのソテーとトウモロコシコロッケ (京橋)

R0006775002

久しぶりに京橋のドブロ。クロアチア料理店で、ランチタイムは、ボリューム満点の洋風メニューがズラリと並ぶ。食べきれるか不安になるほどのメカジキや、レアのカツレツ&エビフライ。今日は、サーモンが食べたくて伺った次第。

 

サーモンのメニューは、Wサーモンのソテーとトウモロコシコロッケ(1,100)。Wとあるように、厚切りのサーモンが2枚。こんがりと焼かれた皮のパリパリとした食感や、ケッパーを効かせたソースが食欲を誘う。コロッケは、とうもろこしが粒ごとじゃがいもに混ぜられていて、ホクホク甘い。味わい優しいクリームリゾットとじゃがいものポタージュスープがセット。

 

この店では最近、魚料理ばかり頂いているが、肉料理も多くあって、一番人気という牛ホホ肉の赤ワイン煮込みや、隣の方が召し上がっていたボリューム満点のWチキン(若鶏のコンフィ)、クロアチアンステーキなど。ボリュームもあって、提供も早いからだろう。近隣に勤める方々で、いつも賑わっている。

【お店情報】

Dobro 京橋2-6-14 日立第六ビル 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月14日

BEEF UP TOKYO カットステーキ (京橋)

R0006527001_2

今日はどうしたって肉。それも、鉄板でジュージュー出てくるステーキが好い。幾つか店を思い浮かべて、やって来たのは、BEEF UP TOKYO。炭焼きステーキがウリの店。ランチタイムも、ステーキにハンバーグ、ステーキ重や、ステーキが載ったステーキハウスサラダなど。

 

ステーキは2種類あって、カットステーキ(150g1,200)と、300gのジャンボステーキ。伺うたびに、ジャンボステーキが気になるのだが、今日も前と同じカットステーキ。

 

スープとサラダが届いて暫くすると、ジューッという食欲を刺激する音と肉の香り。その後に続くは視覚への刺激。ステーキが鉄板で音を立てて運ばれてくる様子は、幾つになってもワクワクするというものだ。肉はサガリで、柔らかく脂は軽くてあっさり。故にぺろり。

 

今日のところは、ステーキ重とハンバーグが人気を二分。12時を回ると続々と客がやって来て待つ人もできる人気ぶり。

 

【お店情報】

BEEF UP TOKYO 京橋3-6-18 東京建物京橋ビルB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月29日

鶴橋きっちん ユッケジャンスープ定食 (京橋)

R0006296001

そういえば、最近京橋に来ていないと思うが、食べたいものが定まらない。それなら、先ずは、いろんな店が入るところへ行こうと、やって来たのは東京エドグラン。大好きなラコクシネルがあるから、他の店へはそれほど伺ったことはない。上階には、オフィスが入るビルだから、12時前にも関わらず、行列が出来ている店も多い。

 

選んだのは、前からユッケジャンがランチにあって気になっていた鶴橋キッチン。名前から推測できるように、大阪の鶴橋がテーマ。お好み焼きやホルモンが食べられる気軽な店。

 

ランチメニューにもお好み焼きや焼きそばの定食に、ステーキ丼やハンバーグ。それにユッケジャン(780)。届いたユッケジャンは、少々小ぶりだが、濛々と湯気を上げてやって来る。これは、絶対火傷するやつだと、先にサラダに手を付ける。

 

少し落ち着いたところで、スプーンを入れてみると、ユッケジャンとチゲの間のような個性的な具が入っているが、中々に旨味があって、寒い日、呑みすぎた翌日にはうれしいスープ。同じものを頼んでいた隣の女性も「美味しい」とご満悦の様子。小鉢キムチもついて800円でおつりが来るというのもリーズナブル。

 

母がお好み焼きが大好きだったから、子供の頃は本当によく食べていたお好み焼き。人生で一番美味いお好み焼きも、一番不味いお好み焼きも、両方母が作ったものだ(不味かったときは、すぐ顔を見合わせて、速攻作り直した)。鉄板で焼いている姿を見てしまうと、なんだかお好み焼きが食べたくなってしまうな。

 

【お店情報】

鶴橋きっちん 京橋3-1-1 東京スクエアガーデン B1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 4日

ビフトロ バイ ラ コクシネル 鶏モモ肉の香草パン粉焼き (京橋)

R0005979003

明けましておめでとうございます。今年も食べて呑んでの毎日になろうかと思いますが、引き続き、どうぞよろしくお願いします。

 

今日から仕事初めだけれども、明日は週末。まだ休みという方も多いようで、朝の電車はとても空いているし、飲食店も休みというところも多い今日。ランチ難民になりそうだと思っていたが、年末に挨拶に伺って、年始は4日からと伺っていたコクシネルにやって来る。年始から大好きな店。幸先のいいスタートだ。

 

東京スクエアガーデンのレストランフロアも半分くらいはまだ休みで比較的静か。コクシネルも、団体のお客様もいらっしゃってが、やはりいつもより静か。「今年もよろしくお願いします」と挨拶をゆっくりとして、ランチメニュー(1,250)に目を向ける。

 

今日は3卓。一つは先日頂いたメカジキ、もう一つは定番的にある三元豚のロースだったから、鶏モモ肉の香草パン粉焼きをお願いする。届いたのは、いつものように彩りの野菜と、鮮やかな朱色のトマトソース。瑞々しいトマトを思わせるようなフレッシュな味わいが印象的。香ばしくむっちりとした鶏肉だけでなく、バゲットにつけてみたくなる。

 

食後には小さいケーキと珈琲を頂いて。何度伺っても、気持ち良く美味しい店。今年もどうぞよろしくお願い致します。

 

【お店情報】

Beeftro by La Coccinelle 京橋3-1-1 東京スクエアガーデンB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧