2022年8月 9日

ふじむら なかおちとアジフライのハーフ (築地)

R0003917001

今日は、絶対にふじむらでアジフライを食べるんだと出社して、暑い中、築地方面へ足を向ける。店がある大通りから1本入った通りに入ると、店前のランチの品書きを見ている二人組が目に入る。もしかして、先客だろうか。行列が少ないといいのだが…と近づくと、件の二人はどちらかへ消えていき、店へ向かう階段を下りても、今日は行列なし。こんな日もあるもんだ。

さてと、と今日のランチメニューを見ると、目当てのアジフライがない。でも、代わりにイワシフライと書いてあって、今日はそれだなぁ…なんて思っていると、注文を取りに来たお姐さんから、「今日のハーフは、なかおちとアジフライです」なんていう案内。

「今、アジフライとおっしゃいましたか?」声には出さなかったが、まさにそんな気持ち。ハーフだから、いつものアジフライとは違うだろうが、久しぶりになかおちも頂けるしと、ハーフをお願いする。ちなみにハーフは限定品。今日のあと2人前だったらしい。

ほどなくして、自分の定食が届く。アジフライは、確かにいつもと違う観音開きタイプ。けれども、尻尾までピンと張った粋がいい。それに、お久しぶりの鮪のなかおち。艶々とした見事な赤の美しいこと。箸で持ち上げただけでも分かる軽くねっとりした身は、軽やかさと甘さや脂のバランス、舌触りがとても好い。それに穂紫蘇を少し添えると、ふっと抜ける香りがまた心地いい。

アジフライも持ち上げただけでずっしりと来る厚みのあるもの。ハフッと齧り付くと、湯気がホコッ。サクッとした衣の食感の後から、しっとりジワッ~と旨味が広がる旨いやつ。どちらかをたっぷりというのもいいが、旨味ものを両方という醍醐味に大満足。副菜が2種類にご飯に味噌汁、漬物と、定食としての有り様も好い。

気が付けばもう8月。カキフライが始まる前に、今度はアジフライ頂きに来なければ。

【お店情報】
築地 ふじむら 築地2-14-12 EUROビルB1F 地図

| | コメント (0)

2022年3月31日

ふじむら カキフライ定食 (築地)

R0002234001

牡蠣の今シーズンを振り返ったとき、ふじむらのカキフライを一度も食べていないことに気が付いた。割りとシーズンのぎりぎりまでやっていた記憶はある。それなら今日行けないだろうかと、あれこれ都合をつけて向かう。

行列必至の繁盛店だし、カキフライは限定20食。そろそろ終わりごろだろうかと食べ納めに来るご常連さんもいるだろうしなぁ…なんてドキドキしながらやって来たが、待っているのは、3人連れの一組。カウンターが1席空いていて、先にどうぞと通される。ありがたいことに、カキフライも残数あり。注文してから運ばれてくる時間が早いことも、この店の魅力だ。

「お待たせしました~」と運ばれてきたカキフライは、それはそれは見事な大きさ。特に太さ。そのまま齧り付けないんじゃないかと思うほど。身はむっちりブリンと存在を主張する一方で、噛んだ傍からエキスが滴り落ちて、オッと勿体ない。そして、噛み締めるほどに牡蠣らしい香りがむんむんと。

そのまま食べて、次は辛子。レモンにタルタルと愉しみ方も様々。5つ食べ終われば大満足。これ以上ない今シーズンの食べ納め。

漏れ聞こえてきたご常連さんと大将の話によれば、カキフライは今日で終わろうと思っていたところ、手配が付いたので、まだ暫く出せるそう。自分もGW頃まで、美味しい牡蠣を出してくれる店があるから、まだもう少し食べると思うが、シーズンとしては今日でお仕舞い。今年も海の恵みをありがとう。

【お店情報】
築地 ふじむら 築地2-14-12 地図

| | コメント (2)

2022年3月10日

蜂の子 カキフライ (築地)

R0001954001

一か月ぶりの出社。今月中に食べておきたいものがありすぎて、体と時間が全く足りない。こういう時は、優先順位が大事。目当ての季節ものが早くなくなってしまうだろう店から行くのが好い。それならば、蜂の子のカキフライだ。他にももう一度食べたい店、今シーズンまだ食べていない店もあるが、経験的には、そろそろもう終わりが近い。

店に近づくと、まだカキフライを知らせるボードが見える。後は席があるかどうかだ。入ってみると満席だったが、ちょうど席を立つ方がいらっしゃって、入れ替わりで席を確保。満席でも回転は速めで、そう長く待つこともないのがありがたい。

先ずはと運ばれてくるスープは、日替わりで、今日は何だろうかと想像するのも愉しみの一つだ。今日はコーンポタージュ。定番だが、ここでは初めてではないだろうか。ぽってりとして玉蜀黍の甘さがやさしい。思わずニッコリするまろやかさ。

そしてカキフライ。まぁ牡蠣の大きさ、太さの見事なこと。サクサクの衣にナイフを入れると身自体も逞しくて立派。噛み応えもバツグンでしっかりと牡蠣を頂いていることが分かる。そして、噛むほどに混じって広がる旨味とエキス。そう、これが食べたかったんだ。

そのまま食べて、レモンを絞って。そして、牡蠣殻にたっぷりと装われるタルタルソースをつけて。この自家製のピクルスがたっぷりと入ったタルタルソースも好きなんだ。

途中、これで今シーズン最後だろうなとしんみりしたが、食べ終わると、それを超える満足感に満たされる。はぁ、今日は来られて本当によかった。また来シーズン、会えるのを愉しみに。

【お店情報】
築地 蜂の子 築地1-5-8 地図

| | コメント (0)

2022年2月 8日

中村家/中村屋 牡蠣ちり (築地)

R0001602003

いろいろ食べたいものはあったが、この寒さに、今日は中村家の牡蠣ちりにしようと早々に決める。でも、中村家といえば、時々出てくる豚汁や、クリームシチュー、おでんなんかがあったら、迷ってしまうなと思ったが、それはそのとき考えようと、中村家を目指す。

入口で、日替わりのメニューがないかを確認して、入ってもう一度、壁を見遣る。なるほど、今日のおすすめは、エビフライライスらしい。それなら、牡蠣ちりに決定だ。

1階席がそこそこ埋まっていたから、2階に上がって席を確保。注文をして、後はしばし待つのみだ。奥のほうで、家庭用の燃料に、火をつける様子が見える。おっ、あれはきっとここに運ばれてくるやつに違いない。

案の定、「熱いのでお気をつけて~」と運ばれてくるのは、簡易コンロに乗った鍋。蓋を取ると、中にはぷっくりとした牡蠣がズラリ。久しぶり、会いたかった。

段々と鍋が湧いてくると、牡蠣がキュッと少し縮んで白みが濃くなる。そこを透かさず、掬って、ポン酢に潜らせてパクリ。口いっぱいに広がるふんわりぷりぷり。仄かな潮の香りにポン酢が味をキュッと締めて、なんだか飲りたくなってくる。それにしても、火を入れても、縮まないところが堪らない。

豆腐にしめじ、葱、白菜もたっぷり。ごまダレも用意されているから、アレコレと愉しめるところも素敵。一鍋食べ終わるころには、身体の芯からポカポカ。そこへたっぷりとしたコーヒーが届くから、至れり尽くせり。気持ちまでほくほく。ご飯に味噌汁、漬物、小鉢(今日はもつ煮)がセット。

空いていた2階席も満席になり、今日は3階席までご案内。牛しゃぶやちゃんこ鍋など、他の鍋メニューも気になるし、カキオイル焼きもそう。シーズン中に間に合うだろうか。

【お店情報】
中村家(中村屋) 築地1-4-9 地図

| | コメント (0)

2021年12月 2日

中村屋(中村家) 肉豆腐ライス (築地)

R0010056004_20211202222901

今日も、どうしたってここでコレを食べるんだと決めていたものがある。中村家の肉豆腐ライスだ。中村家の寒い時期のお楽しみの鍋メニューの一つ。肉豆腐という名前だが、陶板鍋に装われて、簡易コンロでぐつぐつとやって来るやつを、溶き卵で食べるんだから、まるですき焼き。1,000円で、ちょっと贅沢な気分が味わえる大好物。

ガラリと扉を開けると、1階はなんと満席。初めての2階席は、1階の倍くらいありそうな広々とした客席。厨房の上に貼られているような品書きの短冊はないが、日替わりのおすすめの黒板などがあって、こちらはこちらで味わい深い。

「火が通るまで、もう少し待ってね」と運ばれてきた肉豆腐は、湯気が立って、肉豆腐というよりも、やっぱりすき焼き。具は、焼き豆腐と牛肉の他、白滝に葱、春菊にキノコ類。脇には生卵。味付けも甘辛くて、溶いた玉子につけてズルル。追いかけるようにご飯をパクリ。また、ズルル、パクリ。温かさと甘辛さに、胃も心もポカポカ。小鉢のひじき煮や味噌汁もやさしい味。

独り満喫していると、2階にも続々と客がやって来て満席に。人出が多くなったとはいえ、すごいなぁ。牛しゃぶやちゃんこ鍋など、まだ食べていない鍋料理も制覇したいが、カキのオイル焼きライスなんていう、気になるメニューを発見。これは、またすぐに来てしまいそう。

【お店情報】
中村屋(中村家) 築地1-4-9 地図

| | コメント (2)

2021年8月31日

魚竹 銀鮭照焼となかおちのセット (築地)

R0016941001

築地で予定よりも早い時間に開放されそうな予感。恐らく開放されるのは、10時半過ぎ。築地から東銀座の辺りで昼をとろうという算段だったが、少し時間がありすぎる。11時開店の店はなかったどうか…と調べてみると、伺おうと思っていた店の一つ、魚竹がそうだった。

少し余裕があったから、辺りを少し散歩してからと歩いていると、とある店の前に行列が出来始めている。おぉ、平日でもこういう感じなんだ。それなら、魚竹にも行列が出来ているかもしれないと向かうと、その予感は大正解。店の前には数人の列。ざっと人数を数えて、まだ1回転目には入れそうだと算段をつけ、列の一番後ろに連なった。

まだ11時は少し早い時間だったが、準備が出来たのだろう。扉が開いて、暖簾をかける準備が始まる。暑い中だから、ありがたい。お願いするのは、鮭となかおちのセット。ここ数回は、漬けまぐろだったし、あれはどうしたって酒が欲しくなってしまうから。

口にするたび、倖せがやってくる、笑みが零れるとは、こういうことを云うのだろう。なかおちならば、滑らかな舌触りに続いて上質な脂がとろり。銀鮭なら肉厚でふっくらとした噛み応えはもちろん、パリッと焼けた芳ばしい皮の香り、皮目と身の間のぷるんとしたところもご馳走だ。味噌汁も酢の物も、素朴に見えるが魚に相応しいもので、定食としての有り様も、実に素晴らしい。

11時を回った頃から、ご常連が一人、また一人とやって来る。皆黙々と、倖せそうに頬張って帰っていく。短い時間で、旨いものを、気持ちよく。ここには全てが揃っている。

【お店情報】
魚竹 築地1-9-1 地図

| | コメント (0)

2021年3月10日

蜂の子 カキフライ (築地)

R0014659004

そろそろ、蜂の子のカキフライも終わりじゃないだろうか。大好きな洋食系のカキフライの一つ。もう一度食べなくては後悔しそうとやって来る。外のランチメニューには、カキフライの文字はなかったが、ガラス戸から店内を見ると、壁にカキフライの写真が見える。よし、まだ大丈夫だと扉を開ける。

お願いするとすぐに運んでくれるセットのスープは、コーンポタージュ。スープとして定番だがここでは初めて。淡い黄色が春らしい。それに素材を活かした柔らかい甘みが素敵。

さて、カキフライ。食欲を駆り立てるキツネ色の山と、その横に牡蠣殻にたっぷりと入った自家製のタルタルソース。それにしても、さすが3月。丸々と胴回りも立派なカキフライ。今シーズンであった中でも一番の大きさだ。これは2口では絶対無理だと3つに分けたが、それでも口がいっぱいになるくらい。

頬張ると、軽やかでサクサクの衣と身の旨味とエキスが交じり合って、口いっぱいに広がる香りと旨味。まぁ、身の美味しいこと。だからこそ、そのままでも好いし、レモンを絞っても好し。そして、タルタルソースは、何となく玉子が多め。たっぷりと付けて満腹至福、大満足。

帰り足で、中村家さんの鍋メニューが気になって、確認すると、うれしいことにまだ継続中の様子。あるうちに来たいなぁ。

【お店情報】
築地 蜂の子 築地1-5-8 地図

| | コメント (0)

2021年2月17日

中村家 豚汁 小メンチカツ付き (築地)

R0014535001

近年の冬の好物、中村家の鍋料理も、そろそろ食べ納めに行かなければと店へ向かう。牡蠣ちりもいいし、すき焼きみたいな肉豆腐も大好きだ。それに、ちゃんこ鍋など、まだ頂いてない鍋料理もある。

どの鍋にしようかと悩みながら、引戸に手をかけると、「豚汁 小メンチカツ付き 850円」という貼り紙が目に入る。豚汁かぁ。こちらも大好きな具沢山の汁。中村家の豚汁ってどんなだろうと、俄然気になって来る。

店に入るとさらに悩ましい。目の前に貼られた貼り紙には、鍋料理と件の豚汁の品書きがズラリ。鍋なら肉豆腐、それか豚汁か…。うーん、やっぱりどうしても豚汁が気になってしまって、豚汁をお願いする。

運ばれてきたのは、具がたんまりと入った具沢山の豚汁。それに、具も大きくてゴロゴロと。先ずはと一口、ズズッと啜る。ほぉっ、温かくてほんのり甘い。さつま揚げが入っているからだろうか。豚肉の他、里芋に人参、ごぼうに蓮根、大根、蒟蒻、キノコ等々、食べても食べても具が出てくる。やさしさが一杯だ。

それに、メンチカツも決して「小」なんかじゃなく、一品としても十分な大きさ。それに、ちょっと歪なところが愛らしい。箸を入れると、ミッチリと肉々しくて、玉葱だろうか、こちらも仄かに甘くて、添えられた辛子が良く似合う。

小鉢の香の物までついて、さらには食後にコーヒー付きと、こんな値段でいいのだろうかと思う充実ぶり。落ち着いたら、今度は夜にも来なければ。

【お店情報】
食事処 中村家(中村屋) 築地1-4-9 地図

| | コメント (0)

2021年1月 8日

蜂の子 カキフライ (築地)

R0014040001

今年初めての出社で、絶対に食べようと思っていたのが、カキフライ。年末年始と美味しいものを頂いたが、カキフライが足りない。牡蠣自体は、食べているんだ。つい先日だって、好きな居酒屋で、牡蠣と春菊の味噌鍋で燗酒を頂いて、ほくほくしたばかり。でも、カキフライが足りないのだ。

そして、ここからが悩ましい。好きなカキフライだって幾つもある。絶対に食べたいから、日替わり的に出ているのは、やめておこう。一番久しぶりのカキフライは…、そうか蜂の子。前に伺ったのは10月。年が変わって、牡蠣も随分と立派になっていることだろう。

行列の出来る人気店だが、テレワークに移行している人も多いのだろう。まだ、席に幾分の余裕がある。案内されたのは、お初の窓際の一人席。自然光が鮮やかで、中々に気持ちが好い。

先ず運ばれてくるのが、ランチのセットのスープ。今日は下仁田葱のポタージュ。仄甘くて、ぽってりと温かい。今日のような寒い日には、殊の外ありがたい。

さて、カキフライ。運ばれてきた皿を見て、思わず一人「おぉっ」と心の中で声が漏れる。これはこれは、立派な大きさ。特に太さは然ることながら、長さの立派なこと。それに揚げた衣の香り。齧り付くと、軽やかでサクサクの衣と身の旨味、エキスが交じり合って、噛むほどに口いっぱいに広がる香りと旨味。そのままでも好いし、レモンを絞っても好し。そして、タルタルソースは、仄甘く、所々で玉葱やピクルスの食感と、その後に広がる風味が好きだ。

はぁ、カキフライの欠乏は満たされた。ちなみに、今日のBランチは、ハンバーグ、天使の海老フライ、カキフライと何ともそそる盛り合わせだったが、これではカキフライ熱は治まりそうにないなぁと、ド直球でカキフライ。テレワークが続きそうな今日此の頃、また、カキフライが足りない日が来そうで、悩ましい。

【お店情報】
築地 蜂の子 築地1-5-8 地図

| | コメント (0)

2020年12月 2日

中村家 牡蠣ちり鍋ライス (築地)

R0013492002

今日みたいに寒くなる日を待っていた。というのも、中村家の牡蠣ちり鍋を食べたいが、同じなら寒い日がいいんじゃないかと思ってのこと。天気予報と自分の予定を確認しながら、今日は絶対と決めていたんだ。

よしよし、気温が10度にもいかない絶交の鍋日和。ガラガラと引き戸を開けると、距離をとって、ほぼ満席。2階に行くという手もあるが、空いていた1席に滑り込み。お茶を運んでくれたところで、すぐさま、牡蠣ちり鍋(1,000円)をとお願いする。

「熱いのでお気をつけて~」と運ばれてくるのは、簡易コンロに乗った鍋。蓋を取ると、中にはぷっくりとした牡蠣がズラリ。あゝ、会いたかったよ。

段々と鍋が湧いてくると、牡蠣がキュッと少し縮んで白みが濃くなる。そこを透かさず、掬って、ポン酢に潜らせてパクリ。口いっぱいに広がるふんわりぷりぷり。仄かな潮の香りにポン酢が味をキュッと締めて、なんだか飲みたくなってくる。

豆腐にしめじ、葱、白菜もたっぷり。ごまダレも用意されているから、アレコレと愉しめるところも素敵。一鍋食べ終わるころには、身体の芯からポカポカ。そこへたっぷりとしたコーヒーが届くから、至れり尽くせり。気持ちまでほくほく。

壁の品書きには、ホワイトシチューやおでんなんて文字も。食べたいと思うことはあれど、中々出会えないことの多いメニューだけに、気になって仕方がない。

【お店情報】
中村家(中村屋) 築地1-4-9 地図

| | コメント (0)

より以前の記事一覧