2024年2月15日

ヤナギ 目玉付きハンバーグ (築地)

R0010297001

今日は蜂の子でカキフライを食べるんだと張り切って来たものの、路地を曲がると、店の外にも多くの人が並んでいるのが目に入る。少しくらいなら待ってもいいと思ったけれど、この人数が席に着くには、しばらく時間がかかりそう。

それならは、中村屋で今シーズン食べていない豚汁がないかと、入口横のホワイトボードを確認すると、鍋物類は並ぶものの、豚汁はなし。うーん、それならヤナギに行こう。こちらも新富町駅近くの人気の洋食店だが、とりあえず覗いてみるべし。

どうだろうかとドアを開けると、意外にも「どちらでもどうぞ」というほどに余裕のある店内。一人だしと空いていたカウンター席を貰って、何を食べようかと算段。先客は、オムライスにメンチカツをトッピングしたもの。久しぶりにオムドラとか、カボチャのはさみ揚げトッピングとか、考えるほどに夢が広がる。

結局お願いしたのは、目玉付きハンバーグ。悩んだら、ついつい玉子。それに、ここのハンバーグの美味しさを思い出して。ソースがたっぷりとかかったハンバーグは、細やかなミンチに玉葱がふんだんに入って、旨味たっぷり。素朴に見えるが、忠実な仕事ぶりが窺えて、口にすると、もうニッコリしてしまうやつ。玉子も一緒に頬張って、黄身をソースにするのも好い。

それに、添えられたレタスがシャキッと立つような感じや、ケチャップスパゲティーの炒め具合なども絶妙で、毎度目を見張る。それに、豆腐とわかめの味噌汁が落ち着くことこの上ない。

食べている間に続々と客がやって来て、店は忙しくなる。その中でも、帰り際にはニコニコと挨拶してくれる店の方の温かさ。店の雰囲気も料理に似て、とても優しい。

【お店情報】
レストランヤナギ 築地2-1-12 地図

| | コメント (0)

2024年1月24日

中村家 牡蠣ちりライス (築地)

R0010068002

今日は、今シーズンまだいただいていない牡蠣ちりを食べようと中村家へ来る。途中、豚汁があったら豚汁にしてしまうかもしれないなぁと思ったが、入口のホワイトボードには、幸か不幸か、豚汁はなし。安心して、牡蠣ちりを堪能しよう。

暖簾を潜ると、1階は既に満席。2階へ上がると、こちらもほぼ満席で、「お一人でしたら、こちらで相席でもよろしいですか?」とのご案内。見ていると、今日は3階が閉まっているようで、多くの方が断られている様子。やはり、みんな大好き中村家だ。

店の奥から聞こえてくる声で、そろそろやってくるぞと身構えていると、「お待たせしました~」と牡蠣ちりが届く。簡易コンロに乗った鍋は熱々で、蓋を取ると、中にはぷっくりとした牡蠣がズラリ。久しぶり、会いたかった。

熱が入って、少し縮んで白みが濃くなった牡蠣を掬って、ポン酢に潜らせてパクリ。口いっぱいに広がるふんわりぷりぷり。仄かな潮の香りにポン酢が味をキュッと締めて、なんだか飲りたくなってくる。それにしても、火を入れても、縮まないところが堪らない。

豆腐にしめじ、葱、白菜もたっぷり。ごまの風味が豊かな美味しいごまダレも用意されているから、アレコレと愉しめるところも好い。一鍋食べ終わるころには、身体の芯からポカポカ。今日みたいな寒い日には格別だ。

自分以外にも、肉豆腐やちゃんこ鍋に舌鼓を打つ方もいらっしゃって、人気の程を思う。今シーズンこそ、ちゃんこ鍋も食べたいし、今日はなかった豚汁もまた合いたい。寒い時期にもう二度三度来なくては。

【お店情報】
中村家 築地1-4-9 地図

| | コメント (0)

2023年11月 8日

中村家 肉豆腐ライス (築地)

R0009298003

今日出社したら、中村家で肉豆腐ライスと決めていたんだ。昨日に比べれば秋らしいし、今期の初肉豆腐ライスだし、それにかきちりなど、他の鍋料理の動向も確認すべく来た次第。店前に出ている、本日のおすすめなどを知らせるホワイドボードを見ると、かきちりや牛しゃぶ鍋も始まっている。

ガラリと引き戸を開けると、1階席はやはり満席。2階へ上がってみてもほぼ満席。唯一空いていたテーブル席に腰を下ろす。食べたいものは決まっているから、お茶を持ってきてくれたお姐さんに即注文。後はしばらく待つだけだ。

しばらくすると、「おまたせしました~」と蓋つきの鍋が簡易コンロに乗ってやって来る。お姐さんが蓋を取ってくれると、湯気がふわり。中には、牛肉に焼き豆腐の他、白滝に葱、春菊、椎茸、エノキ等のキノコ類、それにうどん。脇には生卵。そう、まるですき焼きなのだ。味付けも甘辛くて、溶いた玉子につけてズルリ。追いかけるようにご飯をパクリ。また、ズルリ。温かさと甘辛さに、胃も心もほかほかと温まる。

肉豆腐も人気だが、肉豆腐食べたいけどなぁ…と言い合いながら、アジフライと鶏のから揚げを半分ずつにして楽しむ二人組。隣の方は迷って親子丼。ご常連には、弁当も不動の人気。メニューの多さも魅力の一つ。自分なら、次はかきちりか、タイミングが合えば豚汁かな。

【お店情報】
中村家(中村屋) 築地1-4-9 地図

| | コメント (0)

2023年10月17日

蜂の子 カキフライ (築地)

R0009079001

中村家で秋冬メニューの肉豆腐でもと思って向かったけれども、蜂の子でカキフライが始まっているのを見つけてしまう。店の前まで来てみると、都合のいいことに、ちょうど席が空いている。昨シーズンは、随分と臨時休業で振られたから、このチャンスは逃せないと店に吸い込まれる。

しかし相変わらずの人気。右の方は、日替わりのBランチ。左の方は、オムライスに野菜グラのわんぱくな注文。皆好き好きに幸せそうな雰囲気だから、店全体の雰囲気も当然良い雰囲気だ。

先ず、サービスのスープが届く。今日はコーンポタージュ。心地の良い甘みと温みでお腹がポッと温まって、美味しいものを頂くためのお腹が整う感じが好い。

そして、お待ちかねのカキフライ。最盛期に比べれば、幾分小さいような気もするが、それでも半分にしても口に入りきらないくらいの立派な大きさ。頬張ると、軽やかでサクサクの衣と身自体の旨味とエキスが交じり合って、口いっぱいに広がる香りと旨味。味わいも、まだ若々しく、寒さと共に、肥えて味わいが豊かになっていくのが愉しみだ。

それに、牡蠣殻にたっぷりと装われる自家製のタルタルがまた魅力的。自家製ピクルスが食感と程よい酸味を与えてくれて、たっぷりつけても、重くならないところが好い。

昨シーズンは、あまりお会いできなかった大女将も、今日は元気な声で会計と見送りをされていて一安心。今シーズンもお世話になります。

【お店情報】
築地 蜂の子 築地1-5-8 地図

| | コメント (0)

2023年9月 6日

長生庵 鱧天梅おろしそば (築地)

R0008637002

久しぶりに午後一で築地。それなら、早いとこ終わらせて、なんとか長生庵に滑り込みたいと三段する。早め早めの前倒しで押したおかげで、想定よりも早い時間で無事解放。長生庵にも多少余裕をもって伺うことが出来た。

実に3年ぶりの長生庵。ガラリと引き戸を開けると、店の中の雰囲気は変わっていない。違うところといえば、外国の方や若い観光客の方が多いことだろうか。空いていた席に腰をかけて、壁の短冊や品書きに目を向ける。

14時近くということもあって、売り切れているもののいくつかあったが、本日オススメ初物の仙台せりや松茸などが載る「秋の初物せりおろし冷かやけそば」も気になるし、夏らしい鱧天梅おろしそばも気になる。そうだなぁ、初物のせりもの気になるけれど、ここならやっぱり天ぷらが食べたいと、鱧天梅おろしそばをお願いする。

鱧が2切れに、茄子、獅子唐、紫蘇の熱々天ぷらに冷たいそば。おろしと梅肉が何とも涼し気。鱧天は肉厚でふっかりとして、噛むほどに上品な旨味がじわり。そこに梅肉を添えると、酸味が鱧を引き立てる。茄子はとろり、紫蘇ならサックリ。そして、そばつゆとの相性の良いこと。嗚呼、これは酒がないのが辛い。気を取り直して蕎麦を。細打ちの艶々の蕎麦も、のど越しつるりとして、おろしや梅と合わさってさっぱり。夏の味。

品書きにも秋の気配がしてきているが、きのこ類や牡蠣などの天ぷらも待ち遠しくなってくる。久しぶりにならないうちに、また来ることができるといいなぁ。

【お店情報】
長生庵 築地4-14-1 モンテベルデ 1F 地図

| | コメント (2)

2023年4月 4日

紅蘭 盛り合わせ定食 (築地)

R0006819001

やたらとシウマイが食べたくて、思い起こした「紅蘭」。築地二丁目交差点近くの裏路地の中ほどにある赤い看板が目印の中華料理店。目立たない立地にも関わらず、客が後を絶たない人気店だ。

ランチメニューは、チャーシューネギラーメン、野菜炒め、盛り合わせ定食、季節限定の冷し中華と極めてシンプル。目当てのシウマイは、盛り合わせの中。シューマイ3つとチャーシュー2枚の盛り合わせだ。

シューマイは、見た目にはごろんと大振りで肉感あふれるが、味わいは素朴かつ真摯で、品がいい。それに、厚切りの柔らかいチャーシューも嚙み締めたときの香りの豊かなこと。セットのワンタンスープも相変わらず美しく上品だし。ワンタンの滑らかな舌触りも素敵だ。あと、瑞々しい漬物も。

大満足のはずなのに、隣の方が召し上がっている盛り合わせや、ラーメンもいいなぁなんて思えてくるのが悩ましいが、どれも旨いのだから、仕方がないというもの。なぁに、また伺えばいいのだ。

【お店情報】
紅蘭 築地2-8-8 地図

| | コメント (0)

2023年2月27日

蜂の子 カキフライ (築地)

R0006338002_20230227213301

明後日はもう3月。陽射しのあたるところはポカポカと温かいし、牡蠣の季節も第4コーナーを回った感じ。けれども、今シーズン振られてばかりの蜂の子のカキフライを、もう一度くらい食べておきたくて、今日も懲りずにやって来た。

店が見えてくる場所までやって来ると、店の中の灯りが付いているのが確認できる。よし!今日は出合えそうだ。見れば、カウンター席も1卓だけだが空きがあって、すんなりと席を確保。水を持ってきてくれたところで、即注文。そういえば、日替わりのBランチのメニューさえ、確認していない。

香りと緑の色味が春を感じる菜の花のポタージュに続いて、カキフライがやって来た。こんもりした盛り付けと、牡蠣殻に入ったタルタルソースは、今日も変わらない。生憎、粒揃いとはいえないが、丸みも立派なカキフライ。

そして、軽やかでサクサクの衣としっかりと食べ応えのある身の厚みと旨味。これらが交じり合って、噛むほどに口いっぱいに広がる香りと味。そのままでも好いし、レモンを絞っても好し。そして、タルタルソースは、仄甘く、所々で玉葱やピクルスなどの食感と、その後に広がる風味が好きだ。

念願叶って大満足。他にも、食べ納めをしたい牡蠣料理が目白押し。急がなくては。

【お店情報】
築地 蜂の子 築地1-5-8   地図

| | コメント (0)

2023年2月16日

中村屋(中村家) クリームシチュー 小メンチ付き (築地)

R0006225001

もう2月の中旬だというのに、生活の中に圧倒的にカキフライが足りない。だから今日こそは、絶対に食べようと出社する。今食べたいのは、三州屋か築地の蜂の子のカキフライ。三州屋はきっと3月いっぱいは出してくれるだろうから、牡蠣が終わるのが早そうな、蜂の子を目指す。

蜂の子がある路地を曲がると、この雰囲気。嫌な予感。店の入り口まで来てみると「本日臨時休業」の貼り紙。今シーズン3度目。ここに来るときは目指してやってくるから、かなり痛い。けれども、がっかりしてばかりも居られない。この近くといえば、中村屋。ここにもカキフライはあるが、好物の肉豆腐もいいし、豚汁なんてあるといいなぁと思いながら足を向ける。

今日のおすすめを確認すると、豚汁はなかったが、牛肉と里芋煮やクリームシチューの文字が見える。牛肉と里芋も好いが、クリームシチュー。中々外では出会えないが、寒い時期に食べたくなるもの。これを逃がす手はない。

1階席は満席で、2階へ上がる。ここもほぼ満席に近い状態。混んではいるが、どこかのんびりとしているというのも好いところ。ほどなくして、クリームシチューが届く。あゝ、この感じ、懐かしい。じゃが芋に人参、きのこにブロッコリー。鶏肉の他、ウィンナーが入っているところが、またニクい。口にするとやわらかいミルク感。こういう何時ぶりだろう。

小メンチ付きと書いてあるが、全く小ではないメンチも好きだ。箸を入れると、ミッチリと肉々しくて、玉葱だろうか、こちらも仄かに甘くて、添えられた辛子が良く似合う。

気前のいい盛りのご飯に、小鉢、香の物、さらには食後にコーヒー付きと、相変わらずの充実ぶり。一度飲みにも来たいなぁ。

【お店情報】
食事処 中村屋(中村家) 築地1-4-9 地図

| | コメント (0)

2023年1月30日

中村屋(中村家) 牡蠣ちりライス (築地)

R0006044002

牡蠣の季節なら、これも季節のお楽しみとやって来たのは、築地の中村屋。冬限定の鍋料理がお気に入りで、肉豆腐や湯豆腐、ちゃんこ鍋、牛しゃぶとメニューも豊富。牡蠣好きとして外れないのは、やっぱり牡蠣ちり。今日もこれを求めてやってきた。

ガラリと引戸を開けると、目の前の壁に貼られた「豚汁 小メンチ付き」の文字が目に入る。そうなんだ。日替わりで出るこれも旨いんだ。2階へ向かう階段を上る途中、どっちにしようか悩んだが、今日はなんといっても牡蠣なんだ。

しばらくすると、簡易コンロに乗った鍋が届く。蓋を取って頂くと、中にはぷっくりとした牡蠣がズラリ。久しぶり、会いたかった。

段々と鍋が湧いてくると、牡蠣がキュッと少し縮んで白みが濃くなる。そこを透かさず、掬って、ポン酢に潜らせてパクリ。口いっぱいに広がるふんわりぷりぷり。仄かな潮の香りにポン酢が味をキュッと締めて、なんだか飲りたくなってくる。それにしても、火を入れても、縮まないところが堪らない。

豆腐にしめじ、葱、白菜もたっぷり。ごまの風味が豊かな美味しいごまダレも用意されているから、アレコレと愉しめるところも好い。一鍋食べ終わるころには、身体の芯からポカポカ。そこへたっぷりとしたコーヒーが届くから、至れり尽くせり。気持ちまでほくほく。

最近は、2階席も満席で、3階席までのご案内。自分以外にも、肉豆腐やちゃんこ鍋に舌鼓を打つ方もいらっしゃって、人気のほどを思う。他の鍋料理も頂きたいし、豚汁も食べたいし、寒いうちにもう二度三度。

【お店情報】
中村屋(中村家) 築地1-4-9 地図

| | コメント (0)

2022年12月22日

蜂の子 カキフライ (築地)

R0005403001

今日は絶対に、蜂の子でカキフライを食べようとやって来た。10月に入って、2度訪ねたが、2度とも臨時休業。今日こそは3度目の正直なるか、はたまた2度あることは…となるか。さてどうだ。

店へと向かう路地に入ると、先に店への入っていく人の姿。店頭には、メニューを知らせる看板も出ている。やった、今日は入れそうだ。ここのカキフライを食べずして、年は越せないと思っていたんだ。

ちょうど開店と同時に入った方と入れ違いのタイミング。一人用のカウンター席を貰って、お水を運んでいただいたところで、即注文。今日の日替わりが何だったか、隣の方の注文が届いて知ったくらいに一目散。

先ずは届くのはスープ。ほうれん草だったり、ブロッコリーだったりの緑のポタージュが多いが、今日は同じ緑でも九条ネギ。葱の香りや内側のぬめりも感じられて、誠実な味わい。

そして、お待ちかねのカキフライは、寒さが増していたからか、思わず「おぉ」っと声を漏れる大きさ。長さも厚みも充実していて、持ち上げるとずっしり重い。それに揚げた衣の香りの芳しいこと。

堪らず齧り付くと、軽やかでサクサクの衣としっかりと食べ応えのある身の厚みと旨味。これらが交じり合って、噛むほどに口いっぱいに広がる香りと味。そのままでも好いし、レモンを絞っても好し。そして、牡蠣殻にたっぷりと装われたタルタルソースは、仄甘く、所々で玉葱やピクルスの食感と、その後に広がる風味が好きだ。

はぁ、大満足。来られてよかった。今日は大女将のお姿もあって何より。これからが冬本番。年が明けてもっと牡蠣が肥えてくるのが楽しみだ。

【お店情報】
築地 蜂の子 築地1-5-8 地図

| | コメント (0)

より以前の記事一覧