2020年8月 5日

ピッキーヌ トムヤム麺と春巻き (阿佐ヶ谷)

R0011982002

こんな蒸し暑い日には、やっぱりタイ料理が食べたくなる。そこで、やって来たのはピッキーヌ。阿佐ヶ谷駅北口の住宅街の中にあるタイ料理店。創業して30余年。東京でも古い店である。

ここに来るのは、大抵休日の昼。夜に食事の予定があったりして、昼は軽めにしておいたい日だ。シンハーを貰って、揚げ春巻きをツマミにして、タイヌードルで〆。今日みたいな暑い日には、シンハーが格別に旨いと思うが、今は仕事中。そういうわけにはいかぬのだ。

ここのランチセット(900円)は、タイヌードルと小皿料理を一つずつ選ぶ仕組み。タイヌードルは、店のおすすめというカウソイを選ぶことが多いが、今日は酢っぱ辛い味を求めて、トムヤム。一方の小皿料理は、いつもの春巻きを。

春巻きは皮はバリバリ。中には春雨や人参などが入って、添えられている酢と唐辛子タレをつけると、味わいに深みが増す。そして、トムヤム麺。辛いけれども、甘さと酸味とコクが特徴的。平たい細麺をつるつると啜って、スープをゴクリ。グッと体温が上がって汗もジワリ。シロップ漬けのフルーツのデザート付き。

緊急事態宣言を受けて、6月29日まで、テイクアウト半額。ランチメニューは300円引きという太っ腹なサービスをやっていたが、現状に鑑みて、しばらくの間継続するそう。お近くの方はぜひこの機会に。

【お店情報】
ピッキーヌ 阿佐谷北2-9-5 地図

| | コメント (2)

2020年7月16日

せんなり スンドゥブチゲ定食 (高円寺)

R0011839001

今日は久しぶりの在宅勤務。温かい汁物の気分で、出勤していたら、岩戸で豚汁だったかもなぁなんて思いながら、この辺りだとどうしようかと考える。そうだなぁ、この辺りなら、せんなりだ。

新高円寺駅近くの焼肉店。焼肉の他、ユッケジャンやコムタンスープ、スンドゥブチゲなども並ぶ。ユッケジャンも好いが、何故かここではスンドゥブのほうが好みで、今日もスンドゥブチゲ(900円)をお願いする。

グツグツと威勢よく湯気を立て沸きながら、チゲが届く。豆腐や玉子の他、豚肉に海老、浅利が入った豪華版。玉子の具合も完璧で、最後まで半熟。ご飯と混ぜて、玉子たっぷりのおじやにして食べるのがお愉しみ。

チゲの他、盛りのいいサラダに、3種類のおかず、ご飯の他に、韓国風の海苔巻きまでがセットという大盤振る舞い。ニコニコと働き者のお母さんも、また素敵。

【お店情報】
せんなり 梅里2-3-7 地図

| | コメント (0)

2020年7月14日

JSレネップ 牛肉のグーラッシュ (有楽町)

R0011813001_20200715075701

すっかり定番のランチになったJSレネップ。今日伺ってみると、またランチの種類が少し変わっている。好物のソーセージのランチは、なんと3種類。中でも新メニューのソーセージのグラタンが気になる。それに、こちらも初めてのシーフードのグーラッシュ(ドイツシチュー)にも興味が湧く。

なんだかんだと悩んだ挙句、選んだのは牛肉のグーラッシュ(1,000円)。肌寒さに、コク味のある温かい料理が恋しくて。

鴨肉入りのサラダに、野菜がたっぷりと入ったスープに続いて、ドイツパンとグーラッシュが届く。以前頂いたときにも感じたが、想像以上に牛肉がたっぷりと入っていることに驚いた。遠慮なく食べたのに、最後の一口まで、塊肉が残るほど。ブロッコリーに人参、じゃがいも、茸など野菜もふんだんに入って大満足。

食後にはドリンク付き。ドイツのハーブティーを選んだが、仄かな酸味があって、後味すっきり。マスク入れや、パンの持ち帰り用の袋なども用意があって至れり尽くせり。どのメニューも、1,000円以下というのだから、頭が下がる。梅雨が明けたら、仕事終わりにビールでも。

【お店情報】
JSレネップ 有楽町2-1-8 JR高架下 地図

| | コメント (0)

2020年7月13日

でーびる沖縄 ごーやーチャンプルー (銀座)

R0011806002_20200714073101

ゴーヤが食べたくて、それなら沖縄料理だろうと、でーびる沖縄を目指す。松屋銀座の裏手にある沖縄料理店。ボリューム満点のランチが人気の店。

ここにはチャンプルー(1,000円)が幾つかあって、ごーやー、麩、そしてとうふ。麩チャンプルーも美味しいが、ゴーヤを食べるなら、もちろんごーやーチャンプルーだ(1,000円)。

そんな中、運ばれてきたのは、想像どおり、大きな皿にどっかりと盛られて、湯気が元気に揺れている。ゴーヤに大振りの豆腐に、玉子。肉類には、ランチョンミートと豚肉の両方が入っているというのもワンパクで好い。味噌汁に盛りの良いご飯まで食べるとお腹一杯。

ポーク玉子やソーキそばもあるが、何故か気になっているのはチキン南蛮。注文している方も多いんだ。

【お店情報】
で~びる沖縄 銀座3-8-10 朝日ビルB1 地図

| | コメント (0)

2020年7月 9日

王十里サランチェ サムゲタンハーフセット (銀座)

R0011793001

温かい汁物が欲しい気分。岩戸の豚汁もいいし、ユッケジャンやチゲもいい。あぁ、久しぶりにサムゲタンなんてどうだろう。王十里サランチェも久しぶりだしと、サムゲタンを目指してやって来る。

行列の出来る繁盛店。どうだろうかとやって来ると、かなりの空席。ここでもそうなんだとなぁ心配していると、12時を過ぎた頃から続々と客がやって来て一安心。

サラダとチヂミやキムチ、ナムルなどに続いて、サムゲタン(1,350円)がやって来る。そうそう、このスープ。見た目にも濃厚なスープは、鶏肉や高麗人参、なつめ等々のエキスが染み出て滋養たっぷり。体にじんわりと染みる。

たっぷりと入る鶏肉は、スプーンで簡単にほぐれるほどにやわらか。前に教えて貰ったとおりに、スプーンを使って大きくほぐすととても食べやすく美味しさ倍増。大満足。

お隣の三人組は、揃って鉄板鶏カルビ。ジュージューと焼ける音に漂って来る香りが堪らない。大好きなユッケジャンもあるし、豚肉鉄板炒めや、ミノ炒めご飯等々、旨いメニューが目白押し。愉し悩まし。

【お店情報】
王十里サランチェ 銀座3-9-18 東銀座ビル1F 地図

| | コメント (0)

2020年7月 5日

Spice飯店 (西荻窪)

R0010255002

まだ自粛ムードになかった頃、とても気に入って、何度か伺っていた店が幾つかある。定期的に伺おうと思った矢先に、そうも行かない日々の到来。どうしているだろうかと店のInstagramを覗いてみると、ようやく通常営業に戻りつつあるようで、また伺える日を楽しみに、過去の記憶を書き起こし。

続きを読む "Spice飯店 (西荻窪)"

| | コメント (0)

2020年7月 1日

アロッサ 週替わりランチ (銀座)

R0011730001

しばらく休業していたアロッサが、今日から営業再開という。しかも、ランチメニューは、好物のタンドリーチキン。入れないかもしれないが、行ってみようとやって来た。店の中を覗くと、幸運にも、まだ席に余裕がある。入ってみると、テーブルの配置を変えたり、席間を広くしているよう。

続きを読む "アロッサ 週替わりランチ (銀座)"

| | コメント (0)

2020年6月30日

EIKO スンドゥブチゲ (銀座)

R0011722001

久しぶりにスンドゥブが食べたくなって、こちらも久しぶりのEIKOへ足を向ける。今年初じゃないかというくらいの久しぶり。考えてみれば、今年も今日で半年が過ぎる。

食べたいものは決まっているが、念のため、あるかどうか確認すると、よかった、今も健在だ。チーズスンドゥブチゲ推しなのも変わらない。けれども、よく見てみると、韓国海苔巻きや、カムジャタンも加わっている。特に、カムジャタンは気になるなぁ。それに、夏限定の冷麺も。

けれども、今日はスンドゥブ(900円)なのだ。運ばれてきたスンドゥブは、威勢よくグツグツと湧いている。どう見たって熱いから、火傷をしないように、ふうふうしながら口にする。辛くて熱くて、けれども透明感のあるスープ。それに、熱々でふるふるの豆腐にあさり。それに何より大好きな玉子だ。

今日は玉子がいつもより固まっていて、これはご飯を入れておじやにするより、そのまま玉子を食べたほうが旨いだろうと考える。スプーンを入れると、やはりとろり半熟ではなく、8割くらい黄身が固まっている好みの感じ。パクッと頬張ると、スープの辛味が玉子の旨味をふくよかにして、思わず、ふふっと笑みがこぼれる。

雨が降り出しそうだが、職場までは持つだろう。その前に並びの岩戸の前でメニューを確認すれば、今年も冷汁が始まっている。

【お店情報】
EIKO 銀座1-5-2 西勢ビル B1 地図

| | コメント (0)

2020年6月26日

6th by Oriental Hotel エンチラーダ (有楽町)

Dsc_0036

欲しいのはエスニックな味。タイ料理?それとも、ベトナム?あれこれ考えてみるが、ピンと来ない。なんだろうなぁ…。そうだ、あそこで、エンチラーダだ!とやって来たのは、6th by Oriental Hotel。有楽町駅前のテラスが印象的な店。

パンケーキが有名で、今日も召し上がっている方が沢山いらっしゃったが、ここは、自分にとってはエンチラーダの店。メニューを見なくてもと思うが、今は感染症対策のため、QRコードを読み込む仕組みにしていて、なるほどとついついスマートフォンをかざしてみる。どこかに伺うたび、色々な対策を考えられていて、感心する毎日だ。

さて、サラダに続いて、エンチラーダ(1,300円)がやって来る。大きなSTAUBでやって来て、ナイフを入れると、湯気が立つほどに熱々。そして、トルティーヤの中に鶏肉やチーズがたっぷり。今日はハラペーニョが記憶にあるよりどっさりと入っていて、予想以上に好みの味。そうか、食べたかったのは、この味だ。

窓を開けっぱなしにしているのが、実に様になる。日が落ちてくる頃に、軽く一杯も気持ち好さそうだ。

【お店情報】
6th by Oriental Hotel 有楽町1-12-1 新有楽町ビル 1F 地図

| | コメント (0)

2020年6月24日

JSレネップ ロールキャベツ (有楽町)

R0011687002

すっかりお気に入りの一つ、JSレネップ。ランチが今日から新しいメニューになると知って、早々にやって来る。気になっているサラダとスープのランチなどは、変わっていないが、新しくロールキャベツが加わり、ソーセージの盛り合わせや、若鶏のビール煮込みが戻って来た。それに、前回頂いたミートローフは、ソースが3種類からの選択に。日替わりも併せると、10種類と豊富で悩ましいラインアップ。

ソーセージは好物だが、ここは新しいところで、ロールキャベツをお願いしよう(900円)。やって来たのは、こんもりと丸いロールキャベツ。焼き色が付いているのが特長だろうか。それに、細かく刻んだ野菜とザワークラフトのスープもたっぷりと。とろりと柔らかく煮込まれたキャベツの中には、肉もギッシリ。けれども、全体的にさっぱりと食べられるのが季節に好い。

スープにサラダ(加工肉が素晴らしく旨い)、ドイツパン、食後のドリンクまでがセットと、相変わらずの充実ぶりだが、パンが3種類から4種類になり、持ち帰り用の紙袋まで用意されているのには驚いた。また、伺います。そして夜にも。

【お店情報】
JSレネップ 有楽町2-1-8 地図

| | コメント (0)

より以前の記事一覧