2019年5月24日

でーびる沖縄 麩チャンプルー定食 (銀座)

R0007703001

今日は絶対コレと決めていたのが、でーびる沖縄の麩チャンプルー。食べてみたいと宿題にしていたものの一つではあったが、夏真っ盛りのようなこの暑さも要因の一つだろうと思う。

けれども、ここに来たくなるのは暑さだけではない。お店の方の活気とシャーッと鍋を振るう音。そこから作られるボリューム満点のランチ。料理も含めて、元気で小気味の良い感じが、沖縄で感じた雰囲気に似ているからだ。

さて、目当ての麩チャンプルー。ボリューム満点だとは知っているのに、今日もまた届いたものを見て、驚いてしまった。25cmほどはある大きな皿に、まさにこんもりと乗るチャンプルー。湯気が濛々と立っていて、俄然食欲が湧いてくる。具には、麩にニラやもやしの他、豚肉にランチョンミート、玉子と、野菜とタンパク質のそろい踏み。これほどあっても油っぽくないから、コーレーグースをちょっと加えたりしながら、ペロリ。

そうそう、汁物が伺うたびに違うところも好きだ。今日はアオサや豆腐、野菜が入ったすまし汁。物は違えど、何時も具沢山というところが好きだ。大盛ご飯に漬物、サーターアンダギー付き。ハァ、お腹いっぱい。

来週の頭にかけて、記録的な暑さが続くようです。皆様どうぞご自愛を。

【お店情報】
でーびる沖縄 銀座3-8-10 朝日ビルB1 地図

| | コメント (0)

2019年5月23日

ヴィラモウラ 仔羊のアサード (銀座)

 
R0007695001_1

泰明小学校からコリドー街あたりを歩いていたら、日替わりのランチメニューに「仔羊」の文字を見つけて、ついつい立ち止まってしまった。好きなんだから、仕方がない。

店は、泰明小学校向いのポルトガル料理、ヴィラモウラ。黒板に、今週の日替わりランチ(1,000円)のメイン料理が書いてあって、木曜日の今日は「仔羊のアサード」。見てしまったら、食べずに居られようか。

たっぷりと嵩のあるサラダに続いて、届いた仔羊。アサードはローストとの案内。中に向かうほどに薔薇色を残した焼き具合がそそる。噛むと羊の好い香りがふわりと漂って、赤ワインとマスタードが利いたソースとの相性も好い。一緒に焼いたであろうトマトも甘みがグッと増して、テーブルに置かれているワインのメニューが俄然気になってくる。

食後にはドリンク付き。隣の方が召し上がっていた定番メニューのフェイジョアーダ(豚バラ肉と豆の煮込み)。好きなのに、まだ辿り着けていない料理だが、実物もやはり美味しそう。次はそれかと思う一方で、好きな日替わりに当たれば、きっとそちらに気が向いてしまったりするのだ。

【お店情報】
ヴィラモウラ 銀座本店 銀座6-2-3 ダイワ銀座アネックスB1 地図

| | コメント (0)

2019年5月21日

シュマッツ ローストポークプレート (有楽町)

R0007660001

台風のような天気の中だったけれども、あまり気にせず行ける最近オープンした店があって、今日はそこを目指して向かう。今月10日、有楽町高架下センター商店街に出来た「シュマッツ」。最近、都内各所に店が出来ているドイツに特化したビアダイニング。以前に、ここを経営する会社を取り上げたものを見て、記憶に残っていたところ。

本格的に楽しめるのは、夜だろうが、ランチタイムにも営業をしていて、メニューは、チキンシュニッツェルにローストポーク、それにご自慢のソーセージがのったプレートや月替わりのメニューなど。中から頂いたのは、ローストポークプレート(1,000円)。シュニッツェルと迷ったが、結局豚肉が好きなもので。

届いたプレートのボリュームに驚いた。薄切りながらもたっぷりとした大きさのローストポークがズラリ。それに、ザワークラウト、ジャーマンポテト、サラダが添えられている。豚肉は柔らかくてしっとり、とても口当たりがいいが、ソースの香りや味わいに、どうしてもビールを呼んで困ってしまう(目の前にサーバーもあるし!)。

スープとドリンク付き。ホットコーヒーをお願いしたところ、マグカップで惜しみなく。オープンしたばかりの上に、生憎の天候で、店内は空き気味だったが、ビールを片手に賑やかに過ごすには、とても雰囲気のある店だと思う。ビールのメニューもしっかりとチェックしたことだし、近いうちに飲みにでも。

【お店情報】
シュマッツ 有楽町 丸の内3-6-17 地図

| | コメント (2)

2019年5月17日

ラサ チキンボクシング (銀座)

R0007638002

夏が近づいてくる感じがする陽気に、暖かいエリアの料理熱が高まってくる。甘くて酸っぱい味もいいし、揚げたり蒸したりした春巻も好いなぁ。ふむ、そういえば、マレーシア料理店のラサが銀座3丁目に移転してから、1度伺ったきりだった。しかも今日は金曜日。気になっていたチキンボクシングが登場する日。

グランドメニューでも人気のメニューだそうで、懐かしの鶏のチューリップを油で揚げてから特製ソースとバターで炒めたもの。カリカリに上がった鶏肉に、甘くて濃厚なソースがたっぷりと絡む。香りも豊かでとても丁寧。そしてご飯が進むこと。

鶏肉のチューリップと云えば、思い出がある。小さい頃、記憶にはないが、鶏肉が苦手だったらしい(恐らく皮の見た目が苦手な食わず嫌い)。けれども、幼馴染の家で、チューリップの唐揚げをご馳走になった時にとても美味しくて、母に「なんで、家ではあれを作らへんの?」とせがんだところ、母は「あんたが鶏肉嫌いやからやん」とあきれたそうだ。それ以来、家でもチューリップの唐揚げが登場し、すっかり鶏肉嫌いは解消されたという話(今は皮も大好きだ)。

それはさておき、久しぶりに来てみたら、ランチメニューが増えている。特に気になるのは、チクテー(薬膳鍋)のランチセット。冷房が厳しくなった頃に好いかもしれない。

【お店情報】
ラサ 銀座3-3-6 モリタビル5F 地図

| | コメント (0)

2019年5月15日

トラジ ピビンBAR (京橋)

R0007622001

コクシネルのランチに、ハンバーグが出ていると知って、そういえば初めてかもと急いで向かったものの、流石は人気店。同じようなことを思ったファンが沢山いらっしゃったのだろう。カウンターは一杯で、テーブルも予約席以外は空いていない様子。

やっぱりそうかぁ。そして、さてどうするか。好きだったぶーみんは閉店してしまったし。行列でこちらも最近伺えていないトラジを思い出して、ダメ元で伺ってみたところ、繁盛はしているものの、こちらは都合よく席を戴くことが出来た。無欲の勝利というやつか。

こちらのランチは、焼肉もあるが、人気は、ブッフェスタイルで、自分で好みのピビンバを作ることができるピビンBAR(1,200円)。

これの嬉しいところは、ナムルの種類の多いこと。定番のもやしや人参の他、レンコンや枝豆、ブロッコリーやカリフラワー、筍、ミニトマト等。キムチなども併せると20種類程。その他にも、トッポギやプルコギ、スープにカレー、デザートまで60分食べ放題。

食べたいものを好きなように食べられるというのも好いし、手を加えた野菜がたっぷり摂れるから、何だか身体にいいことをしているような気がして気分がいい。

それにしてもコクシネルのハンバーグ。いつまでランチで出ているだろうか。

【お店情報】
焼肉トラジ 京橋店 京橋3-1 東京スクエアガーデン 2F 地図

| | コメント (0)

2019年4月15日

イスタンブール ケバブ&ライス (銀座)

R0007169001_1

今日は絶対にコレだと心に決めて、やって来たのがコリドー街にあるイスタンブール。店名から分かるように、トルコ料理店で、今日の目当ては、ケバブ&ライス(1,080円)。

ここに来る途中、いつも行列で、最近とても気になっている中国料理店を通って、珍しく行列がないのに、一瞬引っかかりそうになったし、日替わりの牛肉とラムのハンバーグにも興味が湧いたけれども、今日はどうしてもケバブなんだ。

皿には、かわいらしく整えられたバラーライスに、薄く削いだケバブがたっぷり。このケバブは入口近くで焼かれているドネルケバブから削いだものだろう。香ばしいところもあれば、ジューシーなところも楽しめるし、さっぱりしたトマトソースで食べるのも好きだ。

それに、ハーブの使い方がエキゾチックで味わい豊かなスープやサラダがあるのも好い。食後には、異国情緒あふれる店内で、ゆったりとトルコ紅茶を頂いて、先程まで慌ただしかった気分をリフレッシュ。こういう昼休みが必要なのだ。

【お店情報】
イスタンブール 銀座店 銀座7-2-2 地図

| | コメント (0)

2019年4月12日

エスペロ 日替わりランチ (銀座)

R0007157001

年中、玉子、玉子と云っているが、なんとなく春のイメージがある。恐らく、玉子の黄色と白が、春を思わせるからなのだろう。それで、今日も玉子。はまの屋パーラーのサンドイッチなんかは、春にとても似合いだと思うが、行列が出来ている可能性が高いからと、エスペロにやって来た。

続きを読む "エスペロ 日替わりランチ (銀座)"

| | コメント (0)

2019年3月28日

トロヤン カヴァルマ (銀座)

R0006998001

なんだか毛色の違う料理が食べたくて、思いついたのが、トルコとブルガリア。どちらにしようと迷ったが、トロヤンへやって来た。メイン料理に、オードブルビュッフェがつくランチ(1,100円)。肉団子に根菜の煮込み、パスタやピラフの他、ブルガリアらしいヨーグルトのサラダ、ヨーグルトドリンク等が並ぶ。

久しぶりに来てみたが、オードブルの内容に変化はないが、好きなものがあり続けていると思うと、とても嬉しい。

特に好きなのは、水切りしたヨーグルトで作るサラダのスネジャンカと、こちらもブルガリアの代表的なサラダで、シレネチーズを使ったショプスカサラダ。シンプルで爽やか、それでいて少し風味あるところが好い。ボール一杯は言い過ぎだが、抱えてずっと食べていたいくらいに。

メイン料理はいつも迷うが、結局いつもカヴァルマ。熱々でほろりと解ける肉の煮込みということもあるし、極めつけは玉子。これも黄身は取っておいて、最後に煮込みと絡めて食べるのが好きだ。

入れないかもと心配しながらやって来たが、今日は比較的余裕があって、ビュッフェも快適。好きなものばかりで大満足。

【お店情報】
ブルガリアンダイニング トロヤン 銀座1-9-5 ホテルユニゾ銀座一丁目1F 地図

| | コメント (2)

2019年3月25日

妻家房 スンドゥブチゲセット (銀座)

R0006936001

週末は実家に行っていたせいか、和食ではないものが食べたい気分だ。カレーやタイ料理なんかも候補に挙げてみたが、昨日一昨日と、寒い思いをしていたせいか、熱々の辛いスープが好いと、やって来たのはイトシアに入る妻家房。

スンドゥブチゲ(1,280円)の最初の醍醐味は、グツグツと湧きたってやって来る見た目と立ち上る湯気、香り。それだけで、お腹がグッとなりそうだ。

それに、ここのスンドゥブは、特別「海鮮入り」とは書いていないが、アサリに烏賊、帆立などがふんだんに入るのが特長。スープにも海鮮の旨味が染み出して、口にすると、じわじわと旨味がやって来る。

ここを選んだ理由の一つは、セットとして付いてくるチャンジャや、たっぷりと付く韓国のり。これらもご飯のいいお供で、ここに来ると愉しみなもの。それにしても、ご飯に汁もの、海苔に塩辛と思えば、日本の朝食に随分と近いものだ。

【お店情報】
妻家房 有楽町イトシア店 有楽町2-7-1 有楽町イトシアB1 地図

| | コメント (0)

2019年3月18日

で~びる沖縄 ごーやーチャンプルー (銀座)

R0006872001_3

暖かくなってきたせいだろうか。ゴーヤチャンプルー熱がむくむくと湧いてきた。それで、先日、ボリューム満点のポーク玉子を頂いた、でーびる沖縄にやって来た。店の入口には、ランチメニューは出ていないが、ランチメニューはすこぶる充実。チャンプルーもそばも数種類。他、チキン南蛮や生姜焼きなどもある。

また伺ったのには理由がある。一つはお店の方の活気と鍋を振るう音。小気味よい雰囲気がとても好い。

そんな中、運ばれてきたのは、想像どおり、大きな皿にどっかりと盛られたごーやーチャンプルー(1,000円)。ゴーヤに豆腐、玉子。肉類には、ランチョンミートと豚肉の両方が入っているというのもワンパクで好い。具沢山の味噌汁も嬉しいし、大盛ご飯、サーターアンダギーまで食べると満腹だ。

 

チャンプルーは、ゴーヤの他、麩や豆腐。野菜不足を感じたら、ここへ来るというのも一策だな。席数は多く、グループでやって来るサラリーマンも多く、中々賑やかだ。

 

【お店情報】

で~びる沖縄 銀座3-8-10 朝日ビルB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧