2020年3月24日

JSレネップ 平日限定ランチ (有楽町)

R0010857002

先日頂いた限定ランチがとてもよかったから、またとやって来たのはJSレネップ。3月の火曜・水曜限定のランチだから、今日、明日でお仕舞い。

ランチメニューは8種類。けれども少しメニューが変わっている。前回気になっていたグーラッシュや、ミートローフグリルはそのままに、自慢のソーセージのオーブングリル(1,000円)が加わっている。前回もソーセージ(4種類の盛り合わせ)を頂いたが、やはり好物。お願いせずにはいられない。

「鉄板が熱くなっておりますので、お気をつけ下さい」とやって来たソーセージグリルは、これまたボリューム満点。太さや長さの異なる3種類のソーセージに、チーズ。下には、これまたたっぷりとマッシュポテトが敷かれている。何より、チーズとスパイシーなソースの香りがそそること。ここに足りないのはビールだけだ。

前菜、スープ、ドイツパン3種類と、食後のドリンク付き。前に伺った時よりも、明らかに客が増えていて、しかも多くがリピーターの方のよう。この内容でしかも旨い。自分もそうだが、そりゃ、また来たくなるというものだ。平日ランチは、明日が最終日。そのうちに、また、やってくれないだろうか。

【お店情報】
JSレネップ 有楽町2-1-8 JR高架下 地図

| | コメント (0)

2020年3月18日

チャオタイ センレック イェンタフォー (銀座)

R0010797002

い先日までとは打って変わったポカポカ陽気。そのせいだろう、食べたくなったのは酸っぱくて辛い料理。酢辣なども思い出すが、どちらかというと、トムヤムとかタイのテイスト。他に何かなかったかなぁ… そうだ、イェンタフォー(880円)。以前、チャオタイで食べた酢っぱ辛いタイヌードル。

イェンタフォーは、ピンク色のスープに、少々発酵臭の香りのするスープ麺。その色と香りの正体は、紅豆腐乳(豆腐に紅麹をつけて発酵させたもの)。そう聞くと、少々奇抜に思えるが、食べてみると、酸味と甘み、ピリッとした辛味が相まって、クセになる味。今日はこの味が欲しかったのだ。

具は、烏賊やチャーシュー、すりみ、揚げワンタンなどと具沢山。久しぶりだが、やっぱり美味しい、やはり好きだ。他の店でも食べてみたいが、中々お目にかかれていない。

【お店情報】
チャオタイ 銀座店 銀座2-2 銀座インズ2 B1 地図

| | コメント (0)

2020年3月15日

たみえ (那覇・安里)

R0010408001

地元のご常連に囲まれ、ゆったりぬくぬく。

続きを読む "たみえ (那覇・安里)"

| | コメント (0)

2020年3月12日

王十里サランチェ 豚肉鉄板炒め (銀座)

R0010726001

野菜と肉という日には、こちらのユッケジャンスープのことも多いが、今日は豚肉鉄板炒めである(950円)。鉄板でジュージュー焼かれた山盛りの豚肉と野菜、それに赤いタレ。白いご飯に旨いやつ。

その豚肉炒めは、今日も熱々の鉄板で、ジュージューッという音と湯気を立ててやって来る。野菜と肉からなる赤い山。それにブクブクと鉄板で沸くタレ。なんだか火山かマグマみたいで迫力満点だが、食べてみると、見た目ほどに辛さの迫力はなく、むしろコク味がたっぷりで、ハフハフと白いご飯が進むのだ。

こちらも熱々で、どっさりと若芽が入るスープに、チヂミやキムチなどのおかずがセット。こんなご時世だが、流石の繁盛店。相席必至だし、いつもと変わりない行列。

【お店情報】
王十里サランチェ 銀座3-9-18 地図

| | コメント (0)

2020年3月10日

JSレネップ ドイツソーセージ4種盛り合わせ (有楽町・日比谷)

R0010712001

インスタグラムを見ていたら、JSレネップで、3月の火水曜日限定でランチをやるというのを見つけて。有楽町から日比谷へと続く高架下にあるドイツ居酒屋。数年前にも少しの間ランチをやっていたことがあって、そのときの印象も好かった記憶がある。

伺ってみると、なるほど以前と同じように。呼び込みをやっている。ランチメニューは7種類。なるほど、確か、前に頂いたのは、牛肉のグーラッシュ(ドイツシチュー)。ソーセージの盛り合わせや、グラタンの記憶もある。鶏肉のビール煮込みも気になるし、ミートローフのグリルも旨そうだ。

お願いしたのは、ソーセージ4種盛り合わせ(1,000円)。絶対飲みたくなるという懸念はあったが、ソーセージ好きが勝った。きめ細やかでボリュームたっぷり。パプリカの風味も美味しいパプリカフランクや、嫌味のないレバーケーゼ。ボイルしたもの、グリルしたものと両方あって、味わい豊か。やっぱり飲みたいと思うが、選んで良かった、満足満足。

ランチは、前菜、サラダ、スープ、ドイツパン、食後のドリンク付き。前菜には、鴨のローストとタラのマリネ。この内容で880円~1,100円というのは見事。3月中にまた。

【お店情報】
JSレネップ 有楽町2-1-8 地図

| | コメント (0)

2020年3月 5日

サイゴン 鶏もも肉の香り焼き (有楽町)

R0010656001

和食でも洋食でもなく、中華でもない。少しだけエキゾチックな味わいのする料理が好い。タイ料理という気分でもないしなぁ…。そうか、ベトナム。それでサイゴン。

ランチタイムは、フォーと春巻きのセットが人気だが、ここ数年嵌っているのが、蒸し鶏と鶏もも肉の香り焼きだ。両方とも、ドンと鶏肉が盛ってあって、野菜も摂れてボリューム満点。ソースや香りがエキゾチックで魅力的。

蒸し鶏はどちらかというと夏のイメージで、今日は香り焼き(1,100円)を。名前のとおり、運ばれてきた途端に、香辛料の好い香りがふわりと漂う。それに、皮目の焼き色の素晴らしいこと。そのパリパリした食感と、むっちりとした鶏肉のコントラストがまた旨い。スイートチリソースも付くが、そのままでも旨い味付けと風味に、どうしたってビールが欲しくなってしまう。

香り焼きだけでなく、付いてくるスープもとても好きだ。生姜をたっぷりと効かせた春雨スープ。飲むと不思議とホッとする。閑散としている店もある中、こちらは満員、大盛況。店の活気が素敵だ。

【お店情報】
サイゴン 有楽町店 有楽町1-10-1 有楽町ビルB1 地図

| | コメント (0)

2020年2月28日

鳴尾 ユッケジャン (銀座)

R0010583001

先週末の温かさからすると、寒さがより厳しく感じる今日此の頃。温かいものがいいなぁ…と思ったところで、アレだ!と閃いたのが、鳴尾のユッケジャン(950円)。焼肉屋らしく、肉が塊でゴロッとたっぷりと入るのが魅力の一つだ。

ユッケジャンは、ラーメン、クッパ、スープのいずれかから選ぶことが出来て、自分は断然スープ派。先ずはスープと口にすると、記憶にある以上にビシッと辛い。これは好いねぇ。そして、肉は相変わらずゴロッと塊で。しっかりと煮込まれて、とろとろホロホロ。そうそう、これこれ。これが食べたかったんだ。途中ご飯を入れたりしながら、たっぷりと入るスープを飲み干すと、すっかりポカポカ。

チャプチェにキムチがセット。この辺りには、王十里サランチェや伊萬里と、ユッケジャンを出してくれる店が幾つかあるが、それぞれに特長があるのが面白い。ユッケジャン熱は、まだまだ冷めそうにない。

【お店情報】
鳴尾 銀座3-9-4 第一文成ビル 1F 地図

| | コメント (0)

2020年2月13日

焼肉トラジ ピビンBAR (京橋)

R0010239002

今読んでいるエッセイの中に、ナムルを作る話があって、すっかり気分はナムルモード。たっぷりナムルが食べられるところと云えば、東京スクエアガーデンに入るトラジのピビンBARだ。

けれども、人気の店で満席のこともしばしば。とりあえず、当たってくだけろだとやってくれば、今日は席に余裕あり。よしよし、今日はツイている。

ピビンBAR(1,200円)とは、ブッフェスタイルで、自分で好みのピビンバを作ることができるもの。ナムルの種類は20種類ほど。定番のもやしや人参の他、枝豆やブロッコリー、ミニトマト、レンコン、キャベツ等々、色とりどり。それぞれに、免疫力や抗酸化作用に良いなんて解説があって、彩り豊かに盛り付けると、栄養的にもいいらしい。

ピビンバの他、スープやプルコギ、トッポギ、カレー、デザートまであって、60分の食べ放題。食べたいものを好きなように好きなだけ食べられるのも好いし、手を加えた野菜がたっぷり摂れるのも好い。焼肉のランチもあるが、ほとんどの客がこれ。むしろ、ピビンBARを食べたいから、ここへ来るという感じだ。

空間が広く、車いすやベビーカーがOKのようで、小さい子供を連れたお母さん方も多い。賑やかだが、半個室の席も多く、ゆったりと過ごせるところも好い。

【お店情報】
焼肉トラジ 京橋店 京橋3-1 東京スクエアガーデン 2F 地図

| | コメント (0)

2020年1月27日

長寿韓酒房 牛テールのコムタン (銀座)

R0010046001_20200127220001

夜にかけてグッと冷え込みそうな今日。こういう日は温まるものだよなぁ。ついつい好物のユッケジャンを思い浮かべてしまうが、辛くないスープだってあるじゃないかと思いつく。そういえば、先日、3丁目の長寿韓酒房のランチメニューに、コムタンがあることに気付いたばかり。これも何かの巡りあわせ。随分前に一度伺ったきりだと調べてみると、何と2006年のこと。まさに、光陰矢の如しである。

店に入ると、あゝ、確かにこんな感じだったと思い出す。店内は広いが、既に結構な数のお客さんで埋まっていて、賑やか。頼むものは決まっているが、立派なメニューブックを開いてみると、おや、ユッケジャンもあるじゃないか。でも、今日は初志貫徹。コムタン(1,000円)をお願いする。

牛テールを3日間茹でて作るというコムタンは、見事に白濁したスープ。見た目どおりにコックリとして滋養たっぷり。塩や胡椒を加えなくとも、物足りなさを感じないほど。そして、中には、牛テールがゴロゴロと。骨から肉がほろりとほぐれるほどの柔らかさ。キムチにナムル、焼魚、サラダなど5種類のおかずがセット。焼魚っていうところが、素朴で何だかちょっと嬉しい。

それにしても、なぜ10何年も来なかったんだろう。これをまた食べに来るだろうし、ユッケジャンも気になる。すぐそこにある王十里サランチェの誘惑を避けられるかが問題だ。

【お店情報】
長寿韓酒房 銀座店 銀座3-9-11紙パルプ会館B1 地図

| | コメント (0)

2020年1月21日

でーびる沖縄 豚の生姜焼き (銀座)

R0009976001

久しぶりにきつね庵でうどんでもと思い立ち、伺ったところ、タイミング悪く、少々お時間がかかりますとのこと。それで、この近くなら宿題にしている生姜焼きをと、でーびる沖縄。ゴーヤや麩のチャンプルーに、前回は、カレー味のチャンプルー、はたまたポーク玉子等々、ボリューム満点のランチの店。その名のとおり、沖縄料理店だが、生姜焼きやチキン南蛮も人気で、次こそはと思っていたもの。

この店の好きなところは、その活気。挨拶の声も好いし、チャンプルーや生姜焼きをジャッジャッーと炒める音は途切れることなく聞こえてくる。そんな調子で出来上がった生姜焼きも、出来立てほやほや。湯気をたっぷり上げて届く。

あー、やっぱり。これもまた、大きな皿にたっぷりとボリューム満点。それに、生姜の香りがプーンと食欲を誘う。豚肉とやや厚切りの玉ねぎというシンプルな作りで、ご飯に間違いなく合うやつ。千切りキャベツに生姜焼きのタレがチラッとかかっているのが、これまた憎い。

ランチメニューから、カレー味のチャンプルーなど幾つかのメニューが減って、サーターアンダギーもなくなったが、それでも値段は据え置きで、相変わらずのボリューム。だから今日も変わらず大繁盛。

【お店情報】
でーびる沖縄 銀座3-8-10 地図

| | コメント (0)

より以前の記事一覧