2019年11月12日

ドブロ 若鶏のコンフィ (京橋)


Img_20191112_120922001_20191113075701

ふと或る店の女将さんのことを思い出して、昼に寄ってみようと思ったが、昼も夜も人気店。今日も12時前だというのに遠くからでも店前に並んでいる人の列が見える。半ば予想はしていたが、やっぱりかぁとちょっと残念。そして、問題はどうするかだ。この辺りは、京橋にお勤めの方でいい店はどこも一杯。

ドブロはどうだろう。こちらも人気の店だが客席数が多め。訪ねてみると、お一人ならばと席に案内してくれた。滑り込みセーフ。

クロアチア料理店だが、ランチタイムは、ボリューム満点の洋風メニューがズラリと並ぶ。メカジキのステーキや、鮪のレアカツ&エビフライ、サーモンソテー。そう云えば、魚ばかり頂いてきたなと思って、今日は若鶏のコンフィ(1,000円)。基本は1本だが、2本、3本というオーダーも可能。「1本で大丈夫ですか?」と心配気に聞かれたのは、気のせいだったことにしたい。

さて、やって来た若鶏のコンフィ。ナイフを入れると、サクッという音として、中から湯気がふわっと上がる。あゝ、これはいい香りだ。堪らず口にすると、その熱さでハフッとなる。皮目はサクサクで、身はしっとりとしてホロホロ、ジューシー。店の方が「冷めないうちにお召し上がり下さい」とニッコリと言い残していった訳がよく分かる。熱が落ち着いてからも旨いが、出来立ては格別だ。

ランチメニューは、魚料理が5種類、肉料理が4種類。まだまだ食べたいものがある。そして、一人ビールからの白ワインを召し上がっていた方が羨ましいくて仕方ない。

【お店情報】
ドブロ 京橋2-6-14 日立第六ビル 1F 地図

| | コメント (0)

2019年11月 1日

EIKO スンドゥブチゲ (銀座)

R0009277001

どうにもこうにもスンドゥブチゲの気分で、久しぶりにEIKOに来る。そういえば、スンドゥブチゲ(900円)も久しぶりだ。

いつも混み合う人気の店だが、今日も12時前だというのに、厨房はてんやわんやの真っ最中。辺りを見ると、なるほど、少し前にドッとお客さんが入ったようだ。食べたいものは決まっているが、ゆっくりとメニューを見ていると、限定メニューなんていうものがある。水キムチから自家製の水冷麺なんてものがあって、とても気になる。

とはいえ、今日はスンドゥブなのだ。石鍋で濛々と湯気を上げてやってくる。そうそう、これだ。どう見たって熱いから、火傷をしないように、ふうふうしながら口にする。辛くて熱くて、けれども透明感のあるスープ。それに、熱々でふるふるの豆腐にあさり。それに何より大好きな玉子だ。

食べている途中で崩してしまわないように、玉子のある位置を確認しながら、スプーンを入れて食べ進む。残りは玉子と汁が少しとなったところで、ご飯を入れて、エイヤッとスプーンを入れる。半熟の黄身がとろりと零れてきたところを、ご飯と混ぜておじや風にして食べるのが自分のスタイル。今日の玉子の出来は上々。玉子感たっぷりなところが大好きだ。

食べ終わる頃には、汗がじんわり。気分はスカッと爽快。うん、やっぱりスンドゥブチゲいいな。

【お店情報】
EIKO 銀座1-5-2 西勢ビル B1 地図

| | コメント (0)

2019年10月28日

でーびる沖縄 カレー風味チャンプルー (銀座)

R0009240001

野菜が食べたい。しかもサラダじゃなくてというときは、中華料理か沖縄料理だ。今日はそういう気分で、でーびる沖縄を目指す。松屋銀座の裏手にある沖縄料理店。ボリューム満点のランチが人気の店。

ここには、チャンプルー(1,000円)が幾つかあって、今日はそれが目当て。前頂いたのは、ごーやチャンプルーと麩チャンプルー。残されているのは、カレー風味ととうふの2つ。迷うが、これまでの2つとは味が大きく違うだろう、カレー風味に決めた。

ボリューム満点だと分かっているのに、また届いたものを見て、おぉっと驚く。25cmほどはある大きな皿にこんもりと。そして、鼻を擽るカレーの香り。うん、これは旨そうだ。ニラやもやし、玉葱などの野菜の他、想像以上に立派な豚肉やランチョンミートがたっぷりと。これはご飯片手にワシワシとワンパクに食べたいやつ。

今日はアオサや豆腐、野菜が入った具沢山のすまし汁に、漬物、サーターアンダギー付き。気になっていた煮付け定食など、限定のランチが姿を消していたが、お値段据え置き、むしろ値下げしたものもある庶民の味方の店。とうふチャンプルーも頂きたいし、沖縄料理ではないが注文する人の多いしょうが焼きも気になっている。

【お店情報】
でーびる沖縄 銀座3-8-10 朝日ビルB1 地図

| | コメント (0)

2019年10月27日

イズミル (阿佐ヶ谷)

R0009212001

知ってから十数年。天邪鬼を拗らせてこれまで訪ねてこなかったことが、本当に悔やまれるが、その分、これから伺いたいと思う絶品トルコ料理店。阿佐ヶ谷駅北口ビルの2階。トルコブルーの看板とイズニックタイルが目印。

続きを読む "イズミル (阿佐ヶ谷)"

| | コメント (0)

2019年10月16日

王十里サランチェ 和牛ユッケジャン (銀座)

R0009137001

朝夕は肌寒さを感じるようになってきたからだろう。朝から食べたかったものは、温まるもの。鍋も好いし、スンドゥブチゲもある。けれどもやっぱり、好物のユッケジャンだと、王十里サランチェへ足を向ける。

開店時間が変わったのだろうか。12時前だが満席に近い状態。相席でよければと席を案内された。食べたいものは決まっているが、増税のこともあるしとメニューを見れば、そういえば、ここには鍋もあるし、鉄板で熱々の豚や鶏もあるなと思い出した。けれども今日はやっぱりユッケジャンなのだ(1,050円)。ちなみに、一律50円増し。

暫くすると、「お待たせしました~」とユッケジャンがやって来た。やや、どう見ても具が多いぞ。ここのユッケジャンの好きなところは、具が多いところが一つだが、それにしても具沢山。スプーンを入れても、器の底まで具で一杯。和牛も野菜も、玉子(重要)もたっぷりで、スープというよりも煮込みと云うほうが正しいくらい。値段が上がっても、それ以上の満足感。

いつも大人気の店だが、今日も行列。そうだ、そうだ。今年の冬は、ここでホルモン鍋を食べるのが宿題だ。

【お店情報】
王十里サランチェ 銀座3-9-18 地図

| | コメント (0)

2019年9月 6日

イスタンブール 日替わりランチ (銀座)

R0008782002_20190907064801

今日はいつもとちょっと違ったものが食べたい。そうすると、外国料理を出す店へ伺うのが一番だ。幸いにも、この界隈には、珍しい外国の料理を出す店も幾つかある。ポルトガルにトルコ、クロアチアにブルガリア、メキシコ等々。徒歩圏内にこんなにもいろんな店があるというのは、凄いと思うし、ありがたい。

やって来たのは、トルコ料理を出すイスタンブール。ケバブを頂くことが多いが、マントゥ(水餃子みたいなもの)も気になっているし、スープやサラダからさり気なく香るハーブ使いが好きな店。今日来てみると、生憎マントゥは無かったが、日替わり(1,080円)にキャフテを見つけて、それを。

キャフテとは、中東や南アジアなどにおけるミートボールやバンバーグのような肉料理。こちらのものは、牛肉と羊肉を混ぜて使っているそうで、ちょっと細くて長い小ぶりのハンバーグのよう。ギュッと旨味が詰まっていて、噛むほどにスパイスが香ってエキゾチック。ポテトやパプリカがたっぷりと入ったトマトソースが、ライスに染みたところが地味に好きだ。

食後には、ドリンク付き。トルコ紅茶を頂きながら、少しだけのんびりした雰囲気に身を任せてみる週末前。

【お店情報】
イスタンブール 銀座店 銀座7-2 銀座コリドー街 1F 地図

| | コメント (2)

2019年8月27日

サイゴン シーフードビーフン (有楽町)

Img_20190827_115802001

夏の入りが遅かったせいで、幾つか夏の麺を食べそびれているのだけれど、今食べたいのは、温かい細い麺。細いうどんや煮麺も考えたが、そういえば、こういうのもあるじゃないかとやって来たのは、サイゴン。こちらにも、夏の好物、ブンチャーゾーがあるが、今日は、シーフードビーフンだ。

素敵なのは、先ず届いたときのスープの香り。干し海老のようなグッと食欲を誘うもの。それが、素麺のように細くて柔らかいビーフンを啜り上げるたびに、ふわりふわりと漂うのだから堪らない。それに所狭しと入る蟹に海老、ホタテ、烏賊に浅利。少しの辛味とレモンの爽快感もあって、和の麺にはない感じも好い。

それに、好物の揚げ春巻と蒸し春巻をセットにして(1,080円)。パリパリとした皮にみっちりと具が入る揚げ春巻に、蒸してトロリととろけるようなライスペーパーと、挽肉や椎茸の強い風味の蒸し春巻。うーん、コレ。冷たいビールにもピッタリだろうなぁ。夏が終わる前に宿題が盛り沢山だ。

【お店情報】
サイゴン 有楽町店 有楽町1-10-1 有楽町ビルヂングB1F 地図

| | コメント (0)

2019年8月 6日

エスペロ 日替わりランチ (銀座)

R0008474001

エスペロと銀座スイスの間を行ったり来たり。なんでスペイン料理と洋食の間でと思うだろうが、今日の主軸は玉子。あのスペイン風の卵炒めと、銀座スイスのオムレツ付きのランチの間で悩んでいたのだ。オムレツ付きのランチは、曜日替わりでオムレツ以外の料理の内容が変わる。火曜日の今日はポークカツ。今日はもうちょっと軽い気分で、エスペロにやって来た。

続きを読む "エスペロ 日替わりランチ (銀座)"

| | コメント (2)

2019年7月31日

ちゃんぷるぅ家 ゴーヤー定食 (銀座)

R0008441001

暑くなってくると、暑い土地の料理が食べたくなるもので、今日食べたくなったのは沖縄料理。沖縄料理といえば、最近は、ボリューム満点のでーびる沖縄に伺うことが多いが、今日はちゃんぷるぅ家。リーズナブルで、近くで働く方で混み合う人気店。

ここの玉子の焼き加減が好きで、ポーク玉子にしようかとも考えたが、青い苦みが欲しくて、今日はゴーヤー定食(850円)。

シャキシャキと食感を残したゴーヤに、豆腐、ランチョンミート。何といっても、好みの火入れ加減の玉子。なんだか元気になりそうなご飯がすすむ味わいで、自然と箸が進む。小鉢に漬物、こちらも火加減バツグンのかき玉の汁物。それに、暑さのせいだろうか。ご飯と一緒に装われているあぶら味噌が、格別にウマい。

店の方々も元気があって、ここに来ていたら夏バテ知らずという雰囲気。もう一つ云うと、泡盛がグッと飲みたくなってくる。

【お店情報】
ちゃんぷるぅ家 銀座3-4-16 銀座サニービル B1F 地図

| | コメント (0)

2019年7月19日

ムーチョ モダン メキシカーノ ポーチドサーモン (丸の内)

R0008368001

昨晩の愉しい酒のせいだろう。今日は、酸っぱくて辛いものが欲しくて仕方がない。タイ料理も頭を過ぎったが、何となくメキシカン。サルサソースっぽい味が食べたい。それで、やって来たのは、TOKIAのムーチョモダンメキシカーノ。明るくてフレンドリー、活気のあるメキシコ料理店。

ランチメニューも充実していて、タコスにチキンファフィータ、エンチラーダ、トスターダサラダ等々。うむ、悩む…。エンチラーダは好物だし、なんて思っていると週替わり(1,000円)のランチが目に入る。ポーチドサーモン。ソースがハラペーニョ・ラビゴットソースとあって、ピンと来た。食べたいのはコレ。

セットのスープとドリンクに続いて、料理が運ばれてきた。サラダにメイン料理のサーモン。フライドポテトと元気になりそうな黄色いライスのワンプレート。たっぷりと厚みのあるサーモンは、しっとり柔らか。そこに、フレッシュで爽やかな辛味と酸味がいいアクセント。香草もたっぷり添えられていて、そうそう、今日欲しかったのはこういう味。

丸の内にお勤めらしい方々で大盛況。次は、エンチラーダ気分のときに。

【お店情報】
MUCHO MODERN MEXICANO 丸の内2-7-3 東京ビルTOKIA 2F 地図

| | コメント (0)

より以前の記事一覧