2021年9月10日

ラ デヘサ お魚のランチ (荻窪)

R0017054001

半年ほど、ずっと気になっていた店があった。4月に荻窪の路地に出来たスペイン料理店。夜にタパスでワインを飲めたら好いなと思っていたら、こんな事態になってしまった。けれども、ある日前を通りがかると、ランチの営業を始めていることを知る。ランチは、金土日の3日のみ。それなら、金曜日にと思っていたところ。

美味しいもの頂くのであれば、時間に余裕がある日を。今日は、仕事にも気分的にも余裕があるし、天気も良い。伺うには、絶好の日だ。

ランチメニューは、2人からのパエリアや、肉料理、魚料理、スパイシーカレーと4種類。肉料理は、ポークソテーにマッシュポテト。魚料理は、のどぐろのソテーにクスクスだそう。豚肉も好きだが、のどぐろにクスクスなんて、ランチでは中々出会わない組み合わせ。こんなチャンスは逃せない。

続きを読む "ラ デヘサ お魚のランチ (荻窪)"

| | コメント (0)

2021年9月 3日

炭火村 ユッケジャン (阿佐ヶ谷・高円寺)

R0016981001_20210903192101

肌寒い日が続くと、恋しくなるのが具沢山の汁物である。しかも、メインを張れそうにたっぷりとあるのが欲しい。出勤しているならば、岩戸の豚汁に、ふくろうの味噌汁。それに、韓国料理店や焼肉店で、スープがメインの定食など、選り取り見取り。

在宅の時は、随分と探したけれども、まだまだ候補がほしいと思っていたところ、ここ好い店ですよという話を耳にした。南阿佐ヶ谷と新高円寺の中間辺りにある焼肉・韓国料理店、炭火村。よく前を通るって気にはなっていたが、外から中が窺いにくく、躊躇していたところ。これは今いかなくては。

引戸を開けると、どうやら一番客だったらしい。想像したより広い店内。席間が広く、ゆったりとしたところも好い。ランチメニューを見ると、推しは焼肉ランチ。一方で、ビビンバや冷麺、スンドゥブチゲにコムタン、参鶏湯なども並ぶ。スープ系だとどれだろう。悩ましいから、こういうときは好物をと、ユッケジャンをお願いする。

まず、サラダとおかず3品が届いて、次にユッケジャンがやって来る。おぉ、これは中々辛そうな面構え。グツグツ湧いているところを掬って、先ずは一口。おおおっ、これはいい辛さ。これまで食べたユッケジャンの中で、一番辛いくらいかも。具はどちらかというと、野菜が中心。でも、しっかりと入って、シャクシャクとした食感が堪らない。シャクシャク、ズズズッー、そこへご飯を一口。これは好いトライアングル。

そうこうしている間に、次から次へと客が来る。体を鍛えていたり、使っていたりしてそうな方が多め。皆、焼肉の定食に、単品で何かを足している様子。それでも、一人1,000円台というのが魅力なのだろう。

次来たら、何を食べよう。参鶏湯なんてどうだろうか。数種類のタンの盛り合わせの定食や、サムギョプサルなんかもあって、悩ましいがワクワクする。

【お店情報】
炭火村 梅里2丁目25−13 高円寺プラザ 地図

| | コメント (0)

2021年8月23日

せんなり コムタンスープ定食 (高円寺)

R0016860001

久しぶりの高円寺。とある店の様子が気になってというのが理由の一つ。閉じられた扉の貼り紙を見ると、9/12まで休業とあって、少しほっとしたが、どうにもこうにもやるせない。

一方で、それでも腹は減るんだと、向かうはせんなり。新高円寺駅近くの焼肉店。焼肉のランチもあるが、スンドゥブチゲやユッケジャンがお気に入り。そういえば、コムタンスープは食べたことがないことに気が付いて、それで。

先ず、サラダや3種類の日替わりのおかず、韓国海苔巻きが届いて、その後スープがやって来る。ほほう、コムタンは、石鍋でグツグツスタイルではないんだ。白濁スープに、ごろりと牛肉。こりゃいいぞ。先ずは一口とスープを飲むと、おぉ!旨味はたっぷりなのに、後味の綺麗なこと。ついついもう一口と捗るやつ。

次は肉とエイヤッと持ち上げると、想像上の大きさに驚く。骨付きのゲンコツ状のものが、気前よく2つも入る。箸を入れると、ほろほろとくずれるほどに柔らかく、身もたっぷり。大根や春雨もふんだんに入って大満足。

栄養満点で、明日辺り、顔がテカテカになっているんじゃないかと思うが、在宅だし、会議もないし気にしない。それにしても、このコムタンはとても好み。今まで食べなかったのがもったいないくらいだ。焼肉も気になっているというのに、またうれしい悩みが一つ。

【お店情報】
せんなり 梅里2-3-7 地図

| | コメント (0)

2021年8月18日

ピッキーヌ カオマンガイ (阿佐ヶ谷)

R0016788001_20210819073801

久しぶりの青い空。暑いのも大変だが、夏はやっぱり太陽と青い空、白い雲。これが好い。こんな日なら、暑い国の食べ物と、向かったのは老舗タイ料理のピッキーヌ。遠くに黒い雲が見えるが大丈夫だろうか。

ここに来るのは、大抵休日の昼。夜に食事の予定があったりして、昼は軽めにしておいたい日だ。シンハーを貰って、揚げ春巻きをツマミにして、タイヌードルで〆。今日みたいな暑い日には、シンハーが格別に旨いと思うが、今は仕事中。そういうわけにはいかぬのだ。

ここのランチのメインは、タイヌードルと小皿料理のセット。しかしながら、今日の目当ては、カオマンガイ。これはセットにはできないが、お店の自信作で、実際にとても旨い。カオマンガイは、あまり食べないが、ここのは時々食べたくなる。

カオマンガイとスープが届くだけで、マスク越しにもいい香りが鼻を擽る。ハァー、この鶏肉の旨味が凝縮したような香り、堪らない。先ずスープを一口。旨味に加えて、ハーブの香りがふわり。鶏肉なら、しっとりとしてそのままでも十分旨いが、タレが格別。辛味と酸味、スパイスが、グッと鶏肉の旨味を引き上げる。そしてご飯も、この色からして分かるように旨味たっぷり含んで、香り高い。パラパラで鶏肉やタレと一緒に食べても格別。

外に出ると、青い空は変わらないが、地面はびしょ濡れだし、ファサードからは滴る雨。通り雨か。どうやら、あの時の黒い雲の仕業らしい。肌寒い日が続いたが、また暑い日が続くよう。どうぞ、皆様、ご自愛ください。

【お店情報】
ピッキーヌ 阿佐谷北2-9-5 地図

| | コメント (0)

2021年7月20日

くーたん スン豆腐チゲ (荻窪)

R0016498003

なんだか辛いものを食べてスカッとしたい気分。それなら、スンドゥブチゲやユッケジャン。そうだ、荻窪のくーたんのスンドゥブチゲは、まだ宿題のままだから、都合がいいぞと考える。

けれども、ライチタイムには、何度か振られたことのある人気店。ダメならしょうがないと思ってやって来ると、珍しいこともあるもので、なんと一番のり。思わず、営業時間が変わったんじゃないかと、焦ってしまった。

まず、サラダにキムチ、韓国のりが運ばれてきて、その後、チゲが届く。濛々と立つ湯気にグツグツと沸くスープ。それに中々の赤み。おーおー、これこれ。先ずは一口とスープを飲むと、辛さもあるが濃い旨味。もう一口と食べ進むと、海鮮系の具がたっぷりで、それらの旨味だと気付く。こういうチゲ初めてだ。もちろん玉子は半熟で、残しておいたご飯を入れて、玉子たっぷりのおじやにして〆。

それほど辛くないと思っていたが、熱さもあって、食べ終わるころには気分もスッキリ。器はやや小ぶりだが、美味しさの情報量がふんだんで、まさに口福。夏限定の冷麺も始まっているが、参鶏湯も気になるなぁ。

【お店情報】
くーたん 荻窪5-29-11 地図

| | コメント (0)

2021年7月16日

フォーハノイ ブンチャージョー (阿佐ヶ谷)

R0016486001_20210717050601

梅雨明けらしい眩しい陽射し。こんな日は、絶好の半田そうめん日和と照り付ける太陽の下向かったところ、店の前にいつも置いてあるメニューを知らせる看板がない。どうしたんだろうと、よく見てみると、今日から一週間、改装工事のために臨時休業するとのこと。口はすっかり、冷たい麺をツルツルッとするつもりになっている。

けれども、この場所なら救世主がすぐ近くにいる。並びには、ベトナム料理店フォーハノイがある。先日もいただいたブンチャージョー再びである。

「お待たせしました~」とブンチャージョーが届く。目の麺の上には、揚げ春巻と胡瓜、葉野菜がたっぷりと。人参にナッツも加わって、彩り鮮やかで涼し気。そうそう、こういうのがほしかったんだ。

タレをかけて、全体を混ぜて啜り上げると、口に広がる甘味と酸味。それに、ナッツやフライドガーリックの食感と風味のアクセント。それに、好物の揚げ春巻きは、サクサクの皮の中にみっちりとひき肉が詰まった肉々しい仕様。肉に野菜に炭水化物。考えてみれば、夏に相応しいバランス食。これがあれば、夏バテ知らず(食欲がなくなったことなどないけれど)。

【お店情報】
フォーハノイ キッチン&カフェ 阿佐谷南3-2-3 地図

| | コメント (0)

2021年6月22日

せんなり スンドゥブチゲ定食 (高円寺)

R0016023001

緊急事態宣言中は、休業していた店が再開したと聞いて、今日行こうと思っていたが、生憎、今日の昼の営業は、12:30からと云う。その時間は、ちょっと厳しい。それなら食べたいものをと、改めて考えると、思いつくのは、やっぱり具沢山の汁もの。豚汁、けんちん汁、それに韓国系のスープ等々、いろいろあるが、そういえば、久しぶりと向かうはせんなり。

高円寺にある人気の焼肉店。焼肉ランチはもちろん、チゲやユッケジャンなどもある。韓国料理となると、最近は荻窪ばかりに行っていたから、少しご無沙汰してしまった。

ここの好い所の一つは、焼肉店ならではの、一人でも大きなテーブルを貰えること。ゆったりと愉しめるのは、このご時世、ありがたい。焼肉よりも、チゲは少し時間がかかるが、聞こえてくる肉の焼ける音を聞きながら待つというのも乙なもの。

「熱くなってますから、気をつけて下さいね」とやって来たチゲは、本当にグツグツと湯気を立て沸きながら届く。豆腐や玉子、浅利の他、小さいながらも豚肉に海老、貝柱などが入って具沢山。玉子の具合も完璧で、最後まで半熟。ご飯と混ぜて、玉子たっぷりのおじやにして食べるのが、いつもの愉しみ。

チゲの他、盛りのいいサラダに、3種類の日替わりおかず、ご飯の他に、韓国風の海苔巻きまでがセットという大盤振る舞い。クルクルと働くおかあさんも、元気も素。

【お店情報】
せんなり 梅里2-3-7 地図

| | コメント (0)

2021年6月21日

フォーハノイ ブンチャージョー (阿佐ヶ谷)

R0015991001

あまり時間の余裕がなくて、できるだけササッと食べられるものと考える。そうとすると、半田そうめんか、ベトナム麺か。先日、すだちの半田そうめんを頂いたから、久しぶりにベトナム麺だと、フォーハノイを目指す。

前にいただいて気に入ったピリ辛の春雨スープ麺にしようと思って来たが、季節限定というサラダ麺が紹介されていて、中に、有楽町サイゴンで気に入っていた「ブンチャージョー」を発見。今日食べるべきは、これだ!

ほどなくして、ブンチャージョーの登場。店の方が「これをかけて、和えてお召し上がり下さいね」とタレを指さしながら、説明をしてくれる。細目の麺の上には、揚げ春巻と胡瓜、葉野菜がたっぷりと。あゝ、これは夏にうれしい涼やかさ。

混ぜて啜り上げると、口に広がる甘味と酸味。それに、ナッツやフライドガーリックの食感と風味のアクセント。それに、サクサクの皮の中には、豚ひき肉がみっちりと詰まった肉々しい揚げ春巻。そうそう、これが好きなんだ。阿佐ヶ谷で、ブンチャージョーが食べられるなんて感激。この夏、お世話になります。

【お店情報】
フォーハノイ キッチン&カフェ 阿佐谷南3-2-3 地図

| | コメント (0)

2021年6月16日

くーたん ソルロンタン (荻窪)

R0015943001

先日、臨時休業で振られたくーたんに再訪。荻窪駅のほど近く。けれども、ビルの奥まったところにあって、分かりにくい韓国料理店。先日、好物のユッケジャンをいただいて、他の料理も食べてみたいと思っていたのだ。

人気だからと早めに伺ったが、12時前にもかかわらず、残っていたのは、大きいテーブルのみ。こんなご時世だから、相席にすることもなく、申し訳ないタイミング。

さて、気を取り直して、何をお願いしよう。具沢山スープの括りでいえば、スンドゥブチゲか、ソルロンタン。湿度高めの蒸し暑い日だから、辛いものでスカッと行こうかとも思うが、辛くないものも食べてみたいという欲望。ふむ、悩ましい。

結局お願いしたのは、ソルロンタン。ユッケジャン同様、こちらも濛々と湯気を上げてやって来る。湯気が少し落ち着くまで待って、改めて石鍋を覗くと、かなり濃厚な白濁スープ。しっかりとコク味があって、一方でベタベタせずに程良くあっさり。牛肉の他、春雨も旨いスープを吸い込んで好い。塩気が足りなければと、塩ではなく、あみの塩辛を出してくれるところも素敵。

サラダ、キムチ、韓国のりがセット。チゲや参鶏湯など、一通り食べてみたいなぁ。注文している方が多いプルコギも気になってくるし、大変だ。

【お店情報】
くーたん 荻窪5-29-11 プラザいなば1F 地図

| | コメント (0)

2021年5月18日

くーたん ユッケジャン (荻窪)

R0015630001

満席で振られたり、定休日に行ってしまったりで、中々伺えなかったくーたんにようやっと。荻窪駅のほど近く。けれども、ビルの奥まったところにあって、ビルの前に置かれたメニューに気付いても、少し辿りにくいかもしれない。それでも、満席というのだから、人気のほどが窺える。

くーたんは、韓国料理店。ランチタイムは、石焼ビビンバやプルコギ、純豆腐チゲ、参鶏湯など、定番どころが勢揃い。今日の目当ては、好物のユッケジャン。壁に貼られたメニューを見ると、人気料理の一つだそう。これは愉しみだ。

届いたユッケジャンは、濛々と湯気を上げてやって来た。スープもグツグツ沸き立って、これはそそる。少し落ち着いて来たところで、改めて見てみると、これまた、大変具沢山。石鍋にみっちりと入る牛肉に蕨、野菜。パプリカも入って、中々華やか。そして、それらに絡んでまとめる玉子。スープを頂くと、しっかりと辛さもあるが、旨味も乗った好いスープ。サラダ、カクテキ、韓国のりがセット。

こうなると、ソルロンタンや参鶏湯、チゲなんかも気になってくる。スタイリッシュでモダンな空間というのも、人気の理由なのだろう。今日も、一組帰れば、また一組という繁盛ぶり。必ずや、また。

【お店情報】
くーたん 荻窪5-29-11 プラザいなば 1F 地図

| | コメント (0)

より以前の記事一覧