2021年11月15日

エスペロ 日替わりランチ (銀座)

R0000334001

伺いたい店、久しぶりの店などいろいろあるが、今日はあの卵炒めが食べたくて、エスペロ。パエリアが名物のスペイン料理店。ずっとガス灯通り店にお世話になっていたが、今はリニューアルして洗練された銀座5丁目の店。

大好きな卵炒めは、ランチメニューの中の前菜的な一皿。前菜的な料理とメイン料理を選んで、パン又はライス、ドリンクがランチセット。人気のパエリアや、サラダ、スープ、スパゲティなどが並ぶが、自分が選ぶのは、必ずこの卵炒め。

続きを読む "エスペロ 日替わりランチ (銀座)"

| | コメント (0)

2021年11月 4日

くーたん 参鶏湯 (荻窪)

R0000184001

宿題にしていた参鶏湯を食べようと、荻窪のくーたん。荻窪駅のほど近く。けれども、ビルの奥まったところにあって、分かりにくい韓国料理店。ユッケジャンを皮切りに、ソルロンタンに、スンドゥブチゲといただいたが、どれも旨い。参鶏湯も美味しいに違いないと思ってのこと。

ライチタイムには、何度か振られたことのある人気店。ダメならしょうがないと思ってやって来ると、珍しいこともあるもので、なんと一番のり。とはいえ、注文を済ませて待っていると、次から次へと客が来て、12時を回ると満席になる。

まず、サラダにキムチ、韓国のりが運ばれてきて、その後、参鶏湯が届く。おぉ、これは立派だこと。半身の一人分ではあるが、大きさのある石鍋に取り皿まで。濃厚そうな白濁スープは、グツグツと沸いているし、思わず、「おおっすごい」と声が出る。

先ずはスープを一口。綺麗でやさしい味付けだが、濃密で旨味はたっぷり。ずっと飲んでいたいくらいだ。たっぷりと入る鶏肉は、スプーンや箸で簡単にほぐれるほどにやわらか。もち米やナツメ、ニンニク、朝鮮人参なども入って、滋養も満点。とても好きな味。

参鶏湯は、元々夏の料理だそうだが、寒さや風邪に負けないためにも、これからの季節にもってこい。これは必ずや、また。

【お店情報】
くーたん 荻窪5-29-11 地図

| | コメント (0)

2021年10月14日

JSレネップ ドイツソーセージと野菜のポトフ仕立て (有楽町)

R0017452003

先日のランチの帰りに、JRの高架近くを歩いていたところ、好きでよく来ていたJSレネップのランチに、新たな魅力的なものを見つけて、来なければと思っていた。そのメニューは、ドイツソーセージと野菜のポトフ仕立て。元々ソーセージは好きだし、ポトフも好物。少し肌寒くなってきたから、さらに魅力が増すというもの。

少し前は、日比谷OKURIJIの新店舗のほうへ伺っていたから、高架下の本店は久しぶりだ。緊急事態宣言が解除されて、しばらく経ったからだろうか。以前よりも、グッと客の数が増えていて、活気が戻って来た気がする。

先ず運ばれてくるのが、セットのスープとサラダ。以前からセットというには申し訳ない前菜やサラダが出ていたが、なんだか皿の大きさが一回り大きくなったような立派さ。それにドイツハムが乗っているところ好い感じ。スープは、野菜がたっぷりと入ったやさしい味わい。

そして、メイン料理のポトフ仕立て。ソーセージは3本まるっと、それに野菜もたっぷりと入ってボリューム満点。ソーセージは、それぞれ違うもので、味わいや歯ざわりが異なるお楽しみ。食べ進むほどに、ほかほかとしてくるところも好い。

ご飯とパンが選べるが、パンを選ぶと4種類もふんだんに出してくれるところも相変わらず。食べきれなければ、持ち帰り用の袋も用意してくれるという心憎さ。食後には、ドリンク付き。これで、概ね1,000円以下というのだから、何度来ても驚きだ。

なお、高架下の本店は、来週18日から修繕工事のため、しばらく休業だそう。その間は、日比谷OKUROJIのhanareでランチを営業されるとのこと。

【お店情報】
JSレネップ 有楽町2-1-8 地図 

| | コメント (2)

2021年10月12日

せんなり コムタンスープ定食 (高円寺)

R0017432001

今日は、高円寺方面へ向かおうと目当ての店を目指したが、灯りが付いておらず、店の案内を見ると、どうやら定休日だったらしい。そうとなると、この辺りで他の店を。となると、好きな高円寺食堂か、せんなりだ。雨も降っているし、温まるものがいい。それで、せんなりへ足を向けた。

何度訪ねても、いつも繁盛している店だが、今日はいつにも増しての賑わいぶり。手前の方々は、酒を飲みながら、しっぽりと肉を焼く。そして、クルクルと忙し気に走る女将さん。目線を合わせて、「一人です」と告げると、空いている席を案内してくれた。

食べるものは決めていないが、前回、とても気に入ったコムタンスープの定食をお願いする。白濁スープに、ごろりと牛肉。写真を撮っていると、すぐにコラーゲンの膜が張って来るところが、栄養満点ぶりを伝えてくれる。だからこそ、スープを飲むと、旨味はたっぷりなのに、後味の美しいこと。

肉は、小さいげんこつくらいの大きさが2つほど。箸を入れると、ほろほろとくずれるほどに柔らかく、肉もたっぷり。大根や春雨もふんだんに入って大満足。それに、サラダに3種類のおかず、韓国海苔巻きに白飯と、サイドメニューも大充実。

自分は、汁物系ばかりの注文だが、人気は5種類ほどある焼肉の定食。いつか食べてみたいと思っているが、どうにもこうにも、汁物系の引力が強くて悩ましい。

【お店情報】
せんなり 梅里2-3-7 地図

| | コメント (0)

2021年9月27日

ジョッパルゲ ユッケジャン (荻窪)

R0017182001

荻窪にユッケジャンが人気の店があると聞いていたが、在宅勤務中のランチには、少し時間が足りないかもなぁと、二の足を踏んでいたところ。店の名前はチョッパルゲ。駅前から少し離れたところにあるが、伺ってみると、確かにランチタイムから賑わっている。

ランチメニューは、ユッケジャンの他、ソルロンタンや石焼ビビンバ、スンドゥブチゲなど、定番どころが揃っている。目当てのユッケジャンは、クッパかラーメン、うどんからの選択。スープとライスを別々にもらえないだろうかと伺うと、大丈夫ですよ~とニコヤカに帰ってきた。

ほどなくして、ユッケジャンスープとライス、キムチが届く。おぉ、これはまた、たっぷりとしたスープだこと。先ずはスープをと一口。しっかり辛いが透明感ある旨いスープ。それに、野菜を中心とした具は、種類も量もふんだん。キムチも、酸味が旨いタイプで、なるほど、これは人気になるはず。

後からいらっしゃった後ろの席のほうから、何からジュージューといい音が聞こえてきて、帰り際にチラッと見てみると、サムギョプサルらしい。ランチメニューにはなかったが、こういう使い方も出来るんだ。俄然、ソルロンタンやスンドゥブチゲも気になってきたから、遠くないうちに、また来なくては。

【お店情報】
韓国食堂 ジョッパルゲ 上荻1-11-9 ナインフラッツ1F 地図

| | コメント (0)

2021年9月22日

フォーハノイ ねぎフォー (阿佐ヶ谷)

R0017148001

温かくてやわらかい麺を食べよう。それなら、青梅街道沿いの半田そうめんの阿波や壱兆か、ベトナム料理のフォーハノイ。外から窺うと、阿波や壱兆は、少し席に余裕がある。フォーハノイは1階席が満席。それならと踵を返そうかと思ったが、2階席へ行くチャンスじゃないかと方向転換。

2階席は初めてだ。厨房のある1階席よりグッと広くて、しかも静か。落ち着いた雰囲気だ。さて、何を食べようか。温かいもの…とランチメニューを一通り見て、グランドメニューを開けてみると、「季節メニュー」として、「ねぎフォー」と「生姜フォー」というのが目に入る。これ気になるなぁ…と店の方に聞いてみると、注文可とのこと。生姜も気になるが、どんぶり一杯のねぎが目を惹いて、ねぎフォーをお願いする。

ほどなく運ばれてくるのも、ここの魅力。それにしても、運ばれてきたどんぶりは、写真で見たように全面みどり。全部ねぎ。フォーや牛肉の姿が見えない。先ずはスープと口にすると、クリアで、旨味とコクがしっかりある美味しいスープ。そういえば、ここでこういうフォーを食べたことがなかったなぁ。ツルツルの麺とシャキシャキねぎ。時折顔を出す牛肉もいい味。今日の気分には、ぴったり。

先日まで気に入っていた、夏のメニューと入れ替わりだろうか。お気に入りの定番メニューもありがたいが、飛び出てくる季節メニューも楽しいもの。生姜フォーは、見た目はすこぶる地味だが、かなり気になる。会計をすると、1周年としてフォーガーのスープの素と生春巻き1本無料券を頂いた。もう一年か。すっかりこの界隈では、気軽なベトナム料理店として定着した様子。

【お店情報】
フォーハノイ キッチン&カフェ 阿佐谷南3-2-3 地図

| | コメント (0)

2021年9月10日

ラ デヘサ お魚のランチ (荻窪)

R0017054001

半年ほど、ずっと気になっていた店があった。4月に荻窪の路地に出来たスペイン料理店。夜にタパスでワインを飲めたら好いなと思っていたら、こんな事態になってしまった。けれども、ある日前を通りがかると、ランチの営業を始めていることを知る。ランチは、金土日の3日のみ。それなら、金曜日にと思っていたところ。

美味しいもの頂くのであれば、時間に余裕がある日を。今日は、仕事にも気分的にも余裕があるし、天気も良い。伺うには、絶好の日だ。

ランチメニューは、2人からのパエリアや、肉料理、魚料理、スパイシーカレーと4種類。肉料理は、ポークソテーにマッシュポテト。魚料理は、のどぐろのソテーにクスクスだそう。豚肉も好きだが、のどぐろにクスクスなんて、ランチでは中々出会わない組み合わせ。こんなチャンスは逃せない。

続きを読む "ラ デヘサ お魚のランチ (荻窪)"

| | コメント (0)

2021年9月 3日

炭火村 ユッケジャン (阿佐ヶ谷・高円寺)

R0016981001_20210903192101

肌寒い日が続くと、恋しくなるのが具沢山の汁物である。しかも、メインを張れそうにたっぷりとあるのが欲しい。出勤しているならば、岩戸の豚汁に、ふくろうの味噌汁。それに、韓国料理店や焼肉店で、スープがメインの定食など、選り取り見取り。

在宅の時は、随分と探したけれども、まだまだ候補がほしいと思っていたところ、ここ好い店ですよという話を耳にした。南阿佐ヶ谷と新高円寺の中間辺りにある焼肉・韓国料理店、炭火村。よく前を通るって気にはなっていたが、外から中が窺いにくく、躊躇していたところ。これは今いかなくては。

引戸を開けると、どうやら一番客だったらしい。想像したより広い店内。席間が広く、ゆったりとしたところも好い。ランチメニューを見ると、推しは焼肉ランチ。一方で、ビビンバや冷麺、スンドゥブチゲにコムタン、参鶏湯なども並ぶ。スープ系だとどれだろう。悩ましいから、こういうときは好物をと、ユッケジャンをお願いする。

まず、サラダとおかず3品が届いて、次にユッケジャンがやって来る。おぉ、これは中々辛そうな面構え。グツグツ湧いているところを掬って、先ずは一口。おおおっ、これはいい辛さ。これまで食べたユッケジャンの中で、一番辛いくらいかも。具はどちらかというと、野菜が中心。でも、しっかりと入って、シャクシャクとした食感が堪らない。シャクシャク、ズズズッー、そこへご飯を一口。これは好いトライアングル。

そうこうしている間に、次から次へと客が来る。体を鍛えていたり、使っていたりしてそうな方が多め。皆、焼肉の定食に、単品で何かを足している様子。それでも、一人1,000円台というのが魅力なのだろう。

次来たら、何を食べよう。参鶏湯なんてどうだろうか。数種類のタンの盛り合わせの定食や、サムギョプサルなんかもあって、悩ましいがワクワクする。

【お店情報】
炭火村 梅里2丁目25−13 高円寺プラザ 地図

| | コメント (0)

2021年8月23日

せんなり コムタンスープ定食 (高円寺)

R0016860001

久しぶりの高円寺。とある店の様子が気になってというのが理由の一つ。閉じられた扉の貼り紙を見ると、9/12まで休業とあって、少しほっとしたが、どうにもこうにもやるせない。

一方で、それでも腹は減るんだと、向かうはせんなり。新高円寺駅近くの焼肉店。焼肉のランチもあるが、スンドゥブチゲやユッケジャンがお気に入り。そういえば、コムタンスープは食べたことがないことに気が付いて、それで。

先ず、サラダや3種類の日替わりのおかず、韓国海苔巻きが届いて、その後スープがやって来る。ほほう、コムタンは、石鍋でグツグツスタイルではないんだ。白濁スープに、ごろりと牛肉。こりゃいいぞ。先ずは一口とスープを飲むと、おぉ!旨味はたっぷりなのに、後味の綺麗なこと。ついついもう一口と捗るやつ。

次は肉とエイヤッと持ち上げると、想像上の大きさに驚く。骨付きのゲンコツ状のものが、気前よく2つも入る。箸を入れると、ほろほろとくずれるほどに柔らかく、身もたっぷり。大根や春雨もふんだんに入って大満足。

栄養満点で、明日辺り、顔がテカテカになっているんじゃないかと思うが、在宅だし、会議もないし気にしない。それにしても、このコムタンはとても好み。今まで食べなかったのがもったいないくらいだ。焼肉も気になっているというのに、またうれしい悩みが一つ。

【お店情報】
せんなり 梅里2-3-7 地図

| | コメント (0)

2021年8月18日

ピッキーヌ カオマンガイ (阿佐ヶ谷)

R0016788001_20210819073801

久しぶりの青い空。暑いのも大変だが、夏はやっぱり太陽と青い空、白い雲。これが好い。こんな日なら、暑い国の食べ物と、向かったのは老舗タイ料理のピッキーヌ。遠くに黒い雲が見えるが大丈夫だろうか。

ここに来るのは、大抵休日の昼。夜に食事の予定があったりして、昼は軽めにしておいたい日だ。シンハーを貰って、揚げ春巻きをツマミにして、タイヌードルで〆。今日みたいな暑い日には、シンハーが格別に旨いと思うが、今は仕事中。そういうわけにはいかぬのだ。

ここのランチのメインは、タイヌードルと小皿料理のセット。しかしながら、今日の目当ては、カオマンガイ。これはセットにはできないが、お店の自信作で、実際にとても旨い。カオマンガイは、あまり食べないが、ここのは時々食べたくなる。

カオマンガイとスープが届くだけで、マスク越しにもいい香りが鼻を擽る。ハァー、この鶏肉の旨味が凝縮したような香り、堪らない。先ずスープを一口。旨味に加えて、ハーブの香りがふわり。鶏肉なら、しっとりとしてそのままでも十分旨いが、タレが格別。辛味と酸味、スパイスが、グッと鶏肉の旨味を引き上げる。そしてご飯も、この色からして分かるように旨味たっぷり含んで、香り高い。パラパラで鶏肉やタレと一緒に食べても格別。

外に出ると、青い空は変わらないが、地面はびしょ濡れだし、ファサードからは滴る雨。通り雨か。どうやら、あの時の黒い雲の仕業らしい。肌寒い日が続いたが、また暑い日が続くよう。どうぞ、皆様、ご自愛ください。

【お店情報】
ピッキーヌ 阿佐谷北2-9-5 地図

| | コメント (0)

より以前の記事一覧