2017年9月20日

トラジ ピビンBAR (京橋)

R0001379004

最近の食事を思い返してみると、明らかな野菜不足。とはいえ、サラダの気分ではないんだ。そうだなぁ、例えば惣菜のビュッフェのランチとか。そうだ、久しぶりにトラジでピビンBARはどうだ。

 

ピビンBARは、京橋店限定メニュー。ブッフェスタイルでピビンパを自分で作るというもので、プルコギやチヂミなどの韓国惣菜やスープ、デザートも、60分間食べ放題。

 

皿に、3種類あるご飯や、ナムル等を装って仕上げていく。それにしても、ナムルの種類の多いこと。定番の小松菜やもやし、蕨、人参の他、レンコンや枝豆、ブロッコリーやカリフラワー、筍等。他にも、キムチ、トマトやスプラウトなどの生野菜など併せて20種類程。

 

「解毒力」「抗酸化力」「免疫力」なんていう説明書きもあったりして、女性向けに推した印象を受けるが、野菜を摂りたい人、ご飯は控えたいけどお腹一杯食べたい人にも好く、男性客もかなり多い。さらに、トラジらしく焼肉をプラスする人も。

 

自分もナムルをたっぷり。若芽スープに、カレー、プルコギなど韓国惣菜にデザートまで。昔はブッフェが苦手だったが、食べたいものだけ食べられる有り難さを、しみじみ感じる今日この頃。

 

【お店情報】

トラジ 京橋店 京橋3-1 東京スクエアガーデン 2F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月12日

EIKO ユッケジャン (銀座)

R0001343003

辛いものを食べてシャキッとしたい。それならココだ、EIKO。最初はスンドゥブチゲのつもりでやって来たが、注文を待っているうちに、「そういえば、ユッケジャンって食べたことあったっけ?」と思い至る。辛さが好みの店。きっと好きなはずだ。

 

そうすると、想像以上に赤い色をしたスープがやって来た。スープを飲めば確かにかなりの辛め。でも、溶いた玉子が具に絡んで、全体としては優しく辛く旨い。

それに、大きな器のせいで、パッと見、具が少なめに見えるが、底から宝箱みたいに蕨やもやしなどの野菜の他、牛肉や春雨がザクザクと出てきて具沢山。スープがたっぷりとあるから、途中でご飯を入れて、ユッケジャンクッパにしてしまうというのもアリだ。

 

先日も振られた繁盛店。今日は入れた!と思いきや、案の定の相席。先日のイトシアの妻家房は女性客がほとんどだったが、ここは半々というのも面白い。

【お店情報】

韓国味工房EIKO 銀座1-5-2 西勢ビルB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 8日

エスペロ 日替わりランチ (銀座)

R0001309001

どうしても玉子の気分。

続きを読む "エスペロ 日替わりランチ (銀座)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月31日

妻家房 スンドゥブチゲ (有楽町)

R0001265001

昼休み直前に鳴る電話。しかも外は雨。早歩きで遠くまでというには、かなり条件が悪い。

 

今日は目玉焼きの気分だったから、目玉焼きがのったハンバーグか、少し違うがチゲかと考えていて、遅れた分を取り戻せそうな場所を探す。それで、思いついたのがイトシアに入る妻家房。妻家房には伺ったことがあるが、イトシアの店には伺ったことはないし、スンドゥブチゲも食べていない。

 

スンドゥブチゲ(1,180)の最初の醍醐味は、グツグツと湧きたってやって来る見た目と立ち上る湯気、香り。それだけで、お腹がグッとなりそうだ。特別「海鮮入り」とは書いていないが、アサリに烏賊、帆立などがふんだんに入る。それらの旨味が溶けたスープも旨い。


目当ての玉子は、最後のほうまで取っておいて、8割くらいに火が入るまで待つのが自分流。ご飯を少し入れて、黄身をたっぷりと絡ませて食べるのが好きだ。

 

セットとしてキムチにコリッとした食感のチャンジャ、たっぷりと付く韓国のりが嬉しい。12時を過ぎると、やはり行列。それにしても、客のほとんどが女性というのも面白い。

 

【お店情報】

妻家房 有楽町イトシア店 有楽町2-7-1 有楽町イトシアB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月16日

チャオタイ 鶏肉のドライカレーライス (銀座)

R0001165002

昨日まで休みを貰って、今年は四国の瀬戸内側あたり。特に、前から飲みに行きたかった高松は楽しすぎて、ハシゴしたにも関わらず、1泊では足りないと思うほど。その辺りの話は追々書くとして、そんな訳で、スパイスものや辛いものが食べたい今日。溜まった仕事も捌きたいしと、近場の手軽なチャオタイを選ぶ。

 

メニューから辛いマークがついているものを中心にアレコレ悩んで、お願いしたのは、鶏肉のドライカレーライス(ゲーン パネン ガイ ラーカオ:930円)。

 

届いたとたんに香るスパイスやハーブの香り。これこれ、欲しかったのはこういうもの。スプーンでご飯の山を崩して、カレーと混ぜ合わせてパクリ。程よい辛味が心地いい。白いご飯がカレーの赤に染まるほどに、いよいよ食欲が増してくる不思議。辛さによるものか、香りか、はたまた色か。いつも以上に具沢山のスープやサラダを箸休めに、あっという間に、先程までの欲は収まった。

 

まだ休みの方も多いのか、いつも混雑しているこの店も、今日は余裕あり。明日からは、通常モードに変わるだろうか。

 

【お店情報】

チャオタイ 銀座店 銀座2-2 銀座インズ2 B1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 7日

王十里 サランチェ 和牛ユッケジャン (銀座)

R0000953002_2

暑いときこそ、辛くて熱いもの。それで、王十里サランチェまでやって来た。いつもは、スンドゥブチゲをお願いするところだが、今日は気分を変えて、和牛ユッケジャン(1,000)。となりには「(辛)」と赤く印が付いていて、今日食べたいヤツに違いないと思ってのこと。

 

ナムルや玉子焼きの盛り合わせとキムチに続いて、それほど待たずにやって来た。チゲよりも深い赤さのスープに、器にたっぷりと装われた牛肉に、ワラビやモヤシのナムル、野菜。期待どおりに辛くて熱くて、汗が止まらないが、旨味もたっぷりで動かす手も止まらない。

 

チゲもいいがこちらも好きだ。何故、今まで食べなかったのだろうと軽く後悔するくらいに。次来るとき、絶対悩む自信がある。

 

相変わらず人気で、相席や行列必死。季節柄、冷麺にも惹かれるが、個人的には夏こそ辛くて熱いもの。おかげで、夏バテだけはしそうにない。

 

【お店情報】

王十里 サランチェ 銀座3-9-18 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 3日

サイゴン 蒸し鶏白髪ねぎランチ (有楽町)

R0000939001

昨晩たっぷりと飲んで語らう楽しい時間を過ごしての今日。すっかり腹は減っているが、さっぱりとしたものが好いと、アレコレ思い巡らせる。思いついたのが、サイゴンの蒸し鶏(1,000円)。

 

ピリ辛ゴマダレも好いが、今日の気分は「さっぱり」だからと醤油ベースのタレ。こんもりと山積みになった鶏肉に、醤油辛さと酸味のきいたタレ。目的どおりにキレ良く小気味いい。さっぱりひんやりとして、蒸し暑い日に似合い。

 

好物の揚げ春巻に生姜が効いた春雨スープ、盛りいいライスにザーサイ付き。それにしても、かなりの席数があるというのに、伺う度に大賑わい。家族連れという方もいらっしゃって、夏休みだということを思い出す。

 

【お店情報】

サイゴン 有楽町店 有楽町1-10-1 有楽町ビルヂング B1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 3日

EIKO サムゲタン (銀座)

R0000625003

梅雨が明けたような暑さに、真っ先に頭に浮かぶのは、岩戸の冷や汁。7月になったし、月曜日だし、今日から出すんじゃないかと思って向かったが、店前の品書きには、残念ながら「冷や汁」はなし。

 

季節柄、いわし天も確実に旨いのは分かっているが、天ぷらを食べる気分ではない。タイ料理にも気が向いたが、そうだ、夏こそサムゲタン!と、並びのEIKOへやって来た。

 

冷麺も始まっていて、そちらにも気を取られるが、店の中は景気よくクーラーが効いていて、これなら熱々のサムゲタン(1,450)を頂いても大丈夫と踏む。

 

いつにも増して、濛々と立つ湯気。濃くとろみを帯びているから、中々冷めそうにない。サラダや3種類の総菜を頂きつつ、少し落ち着くのを待って、スープを一口。喉元を通って、温かさを旨味が、胃から体中に染み渡る。箸とスプーンで簡単にホロホロとほぐれるトロ肉もたっぷり入って、食べごたえも十分。

 

会計をして店を出る。奥にあった春宵のランチメニューが出ていないことが気になって良く見てみると、馬肉料理の仲巳屋の看板に変わっていた。

 

【お店情報】

EIKO 銀座1-5-2 西勢ビル B1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月30日

松永牧場 肉団子チゲ鍋 (銀座)

R0000603004

喉が痛くなって3日目。なんとなく怠い気もするし、本格的に何とかせねば。こういうときは、温かくて安定の豚汁を思い出したが、鍋もののほうが喉通りがいいかと、松永牧場へやって来る。

 

目当ては、ここの肉団子鍋。ゴロンと大きな肉団子が3つに、たっぷりの野菜。温まるし、柔らかくなった野菜ってのが都合がいい。しかもチゲ味にも出来るというのが好い。

 

待つこと15分ほど。グツグツ沸いてやって来た。鍋に擦切り一杯ほどにたっぷりと具が入る。件の肉団子に、豆腐、キャベツや玉葱、ニラ等々。これらを少し食べて、隙間が空いたところに、温泉たまごをぽとりと落とす。これを温めつつ、最後まで残しておいて、そこへご飯を投入。いざっ!と玉子にレンゲを入れて、とろりと溢れ出た黄身をご飯と汁に纏わせて、おじやみたいして〆。

 

食べているうちは、先程までの怠さを感じないというのは、どういうことだ。それはさておき、あと半日で週末。もう一息。

 

【お店情報】

松永牧場 銀座本店 銀座2-4-18 アルボーレ銀座8F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月23日

赤から ランチビュッフェ (銀座)

R0000545001_2

から揚げか、或いは、岩戸でいわし天なんて思って歩いていたが、あまりの暑さに、何やらエスニックな気分になってくる。そうだなぁ、これまであまり行ったことのない店はどうだろう。以前、赤から鍋を頂いた店で、アジアン料理ビュッフェをやっていたことを思い出した。

 

来てみて驚いた。以前とシステムが変わっていた。前は定食かビュッフェ利用かを聞かれたが、一応「赤から鍋定食」はあるものの、「お時間は1時間でいいですか?」と始まって、基本がビュッフェスタイルらしい。1時間なら税込1,000円。グリーンカレーやフォー、自分で巻く生春巻きなどの他、件の赤から鍋や野菜炒め、野菜の天ぷらなどもあるという懐の深さ。

 

最初食べたいと思っていたから揚げやら、運よく大好物の蒸しまで茶碗蒸しまであって、まさか、こんなにも食べたいものを食べられるとは思わなかった。

 

ドリンクバーはもちろん、フルーツバーやチョコレートファウンテン、ベトナム風ぜんざい、チェーのコーナーまで。料理がなくなると、すぐに補充される点も良い。

 

【お店情報】

赤から 有楽町店 銀座西2-2 銀座インズ2 2F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧