2018年7月13日

バインセオサイゴン バインセオとミニフォーのセット (有楽町)

R0004309002

あっさりさっぱりしたものが食べたい気もするし、辛いものが食べたい気もする。うーん、ホントは何が食べたいんだ。溶けそうな頭で考える。熱いものを食べる気力は随分となくなったし、あれだ!バインセオ。

 

バインセオとは、ベトナム風のお好み焼きとかクレープと云われるもの。ターメリックで色付けした米粉ベースの薄い生地の中に具を入れて二つ折りに。これを切り分けて、レタスなどの野菜で巻いて食べるもの。

 

この辺りならば、イトシアの地下1階のバインセオサイゴンで頂ける。ランチならば、ミニフォーとデザート付きのセット(1,170)。届いた途端、その大きさにちょっと驚くが、中身はたっぷりのもやしと海老で、意外に軽い。レタスやコリアンダーで巻いて、タレをつけてパクつくと、パリパリもちもちの皮の食感と、ヌクチャムの香りや酸味がグッと来て、この気候にピッタリ。こういう閃きだけは冴えている。

 

周りを見ていると、やはり人気はフォーのセット。テイクアウトの弁当も人気で、店の中も外も大賑わい。

 

【お店情報】

バインセオサイゴン 有楽町店 有楽町2-7-1 有楽町イトシアB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月29日

チャオタイ ガパオラーカオ (銀座)

R0004161002

こう暑いと、恋しくなるのはエスニック味。それで手軽に楽しめるチャオタイにやって来た。ランチメニューが豊富なことが魅力の一つで、やっぱり食べたいものに悩んでしまう。辛くてさっぱりとした麺類もいいし、それならセットのスープをトムヤムクンに変えるのもいい。そうだな、やっぱりここはらしい味、定番的な味がいいだろうと、ガパオ炒めご飯をお願いする。

 

鶏肉と豚肉が選べるスタイルで、今日は豚肉。それに、目玉焼きのトッピングも忘れずに。挽肉のゴロゴロとした粗みじんの加減や、たっぷりと入るガパオの量。辛口の具合。ガパオ炒めご飯は、すっかり定番のタイ料理の一つで、いろんなところで食べることが出来るが、ここのはとても好みだ。

 

敢えての半熟の黄身と、油でヒラヒラパリパリとした白身、それにご飯をガチャガチャとかき混ぜてガブリ。辛味やコク味が程良く一体となって、そうそう、食べたかったのは正にコレ。

 

朝の天気予報で、来週も晴れ続きで暑そうだと思ったら、関東は今日梅雨が明けたらしい。こういう味が恋しくなる日が、今年は多くなりそうだ。

 

【お店情報】

チャオタイ 銀座店 銀座2-2 銀座インズ2 B1 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月28日

スーペルバッカーナ 牧草牛のステーキランチ (銀座)

R0004148001

ガッツリ&肉の気分。ご無沙汰気味の石川亭も思い浮かんだが、やって来たのはスーペルバッカーナ。シュラスコの店だが、肉料理にビュッフェ付きのランチが近隣に勤める方には人気。そのビュッフェは、サラダなら珍しい野菜が並ぶし、フェジョアータなどのブラジル料理、シュラスコ用の肉を使ったカレーなど、メニューが豊富で飽きない。

 

今日印象に残ったのは、自家製というハーブや唐辛子を使ったサラダ用のドレッシングとカンジャ・デ・ガリーニャというブラジルの米を使った鶏スープ(雑炊のようなもの)。楽しくて、ついつい取りすぎてしまいたくなるが、ステーキが待っているから要注意だ。

 

メインには、牧草牛のステーキ(1,296)を。「とてもお熱いのでお気をつけください」と運ばれてくるステーキは、鉄板の上でジュージュー。カメラのレンズが曇るほど勢いのいい湯気が上がる。ソースもあるが、塩胡椒だけでも十分なステーキは、たっぷり150g

 

ビルの10階で、ガラス窓が大きく取られているから、今日のような日は本当に気持ちがいい。あとここにビールと時間の余裕があれば、最高なのだが。

 

【お店情報】

Super Bacana 銀座2-5-19 Puzzle銀座10F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月24日

SUGAR (阿佐ヶ谷)

R0004040001_3

レモンサワーの旨い季節がやって来た!

続きを読む "SUGAR (阿佐ヶ谷)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月12日

ドブロ マグロのレアカツレツと海老フライ (京橋)

R0004015001_2

今日はドブロ。京橋にあるクロアチア料理店。前日、久しぶりに出向いたところ、余りのメカジキステーキの余りのボリュームがとても印象的だった。それで、次は別のものも頂いてみたいと思ってのこと。 

気になっていたものは幾つかあって、人気という牛ほほ肉の赤ワイン煮込みや、サバのソテー、それにマグロのカツレツ(1,200)。マグロのカツレツは「レア仕立て」と書いてあって、それに海老フライ2本付き。どんなものが出てくるんだろうと、一番ワクワクしそうなものをお願いする。

 

冷製のコーンスープに続いてやって来たのが、これだ。綺麗に整列したマグロのカツレツと、その奥にお頭付きの海老フライ。マグロは細やかな衣で外側だけサッと揚げているようで、中はほぼ生。程よい厚みがあって、刺身とはまた違う味わい。海老フライは、それよりも、香草焼きといった風情で軽い仕上がり。たっぷりの葉野菜。味わい優しいクリームリゾット付き。

 

前回ほどではなかったが、やはりたっぷりとしたボリューム。意外に箱が大きく、提供のスピードが速いのも魅力。魚・魚と来たから、次は肉料理を頂いてみようか。

 

【お店情報】

Dobro 京橋2-6-14 日立第六ビル 1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月11日

ぴょんぴょん舎 GINZA UNA ユッケジャンスープランチ (銀座)

R0003995003_2

食べたいのは温かい汁物。岩戸の豚汁や、三州屋の鶏豆腐なんかが頭に浮かんだが、今日は刺身の類の気分ではない。そうとすると、あれだ、ユッケジャンなんてどうだ。これまで食べていないユッケジャンがないだろうか。それで思い出したのが、ギンザグラッセにあるぴょんぴょん舎。

 

冷麺が有名なぴょんぴょん舎だが、ここは焼肉や韓国料理も出す店。ユッケジャンやソルロンタン、それらを使った温かい麺もある。

 

お願いしたのは、もちろんユッケジャンスープランチ(1,188)。わらびや野菜がたっぷりと入ったスープは、結構赤味が強いものの、辛味に続いてじんわりとした甘さがふわり。もっちりとした五穀米に、牛筋と根菜の煮込み(これ好き)、カクテキ、ナムル、フルーツと脇が充実したセット。

 

近隣に勤める方々もいらっしゃるが、昼から肉を焼いているご家族連れやマダムも多い。こんな天気でも、大きく取ったガラス窓から見える景色は壮観。

 

【お店情報】

ぴょんぴょん舎 GINZA UNA 銀座3-2-15 ギンザグラッセ11F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 1日

チャオタイ バミーギョクントムヤム (銀座)

R0003895002

昨日、一昨日とはうって変わっての暑さに、食べたいのは酸っぱ辛い味。やっぱりそうだな、トムヤム味だと、インズのチャオタイにやって来る。

 

トムヤム味と云ったって、ここでは少し悩む。ランチセットのスープをトムヤムスープに変えて貰うこともできるし、トムヤムスープの麺類だって3種類。アレがいいな、いやこっちかな。なんて3週くらい迷って、海老ワンタン入りのトムヤム麺、バミーギョクントムヤム(850)をお願いする。

 

赤みのあるスープをまず一口。あー、これこれ。程よい辛味と心地よい酸味。余程、この味が食べたかったらしく、もう一口、もう一口と手が止まらない。そして麺。米麺で食べることが多いが、今日は小麦粉の中華麺。柔らかい細麺で、同じトムヤムスープでも麺の違いで、こんなにも食べ心地が異なるものなんだ。それに、海老ワンタンは、厚めの皮にエビがプリッと入ったつるりモチモチ。

 

使い勝手の良い店で、いつも賑わっているが、今日の12時過ぎなどは、本当にひっきりなしに客がやって来る状態。この陽気にタイ料理気分になった人が多かったのかもしれない。

 

【お店情報】

チャオタイ 銀座店 銀座2-2 銀座インズ2 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月28日

王十里サランチェ 豚肉鉄板炒め (銀座)

R0003858003

梅雨が近付いてきていることをまざまざと感じるムシムシとした天気。この空気を吹き飛ばすような何か、ないだろうか。それで思いついたのが、王十里サランチェの豚肉鉄板炒め(900)。宿題にしていたランチの一つだ。

 

前に相席になった方のを拝見したことがあるが、鉄板でジュージュー焼かれた山盛りの豚肉と野菜、それに赤いタレ。ガッツリ食べて汗でもかけば、スカッとするんじゃなかろうかと思ってのこと。

 

鉄板焼きは、やっぱり、ジュージューと音を鳴らしてやって来た。こんもりとした山に、ブクブクと鉄板で沸くソース。食べてみると、見た目ほどの辛味はなく、むしろコク味でご飯が頗るすすむやつ。メインの鉄板炒めの他に、2種類のナムルと玉子焼き、それにキムチ。熱々のわかめスープもついて、大満足。

 

人気のほどは相変わらずで、一人ならば相席になることも。タッカルビも気になるし、愛しのユッケジャンも食べたいし、嗚呼、ウレシナヤマシ。

 

【お店情報】

王十里 サランチェ 銀座3-9-18 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月25日

サイゴン 蒸し鶏白髪ネギ (有楽町)

R0003838001

暑さのせいだろうか、食べたいのは、豚の冷しゃぶのようなもの。だとすると、あそこの店にあったはず――なんて思っていたが、ふと、豚じゃなくてもいいんじゃないかと思いつく。例えば、サイゴンの蒸し鶏とか。ごまダレも選べたはずだ。

 

サイゴンは、席数が多い店だが、12時前でも結構な混みよう。隅の席をもらって、注文するのは、目当ての蒸し鶏白髪ネギ(1,000)

 

やって来たものを見て、「あゝこれこれ」と思う一方で、「あっ、そうだった」とも思った。ここのごまダレは、ちょっと赤い辛味の効いた憎い奴。柔らかい辛味が最後にピリリと来るのだが、それがこの暑い季節に好ましい。

 

こんもりと積み上がった上から下まで、ほぼ丸々全部が蒸し鶏とボリューム満点。揚げ春巻に生姜が効いた春雨たっぷりのスープ、盛りいいライスにザーサイ付き。お腹も大満足のランチ。

 

【お店情報】

サイゴン 有楽町店 有楽町1-10-1 有楽町ビルヂング B1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月23日

EIKO サムゲタン (銀座)

R0003825003

5月の青い匂いの雨の中、一目散に向かったのはEIKO。今朝から、昼はどうしてもサムゲタンと決めていたのだ。

 

注文するものは決まっている。けれどもメニューをザザッと見ると、もう冷麺が始まっている。5月とはいえ暑い日の多い昨今。そういえば、「冷やし中華始めました」の貼り紙も、もう幾つも見た気がする。

 

目当てのサムゲタン(1,450)は、グラグラ濛々と湯気を立ててやってくるが、湯気とともに立ち上がってくる、如何にも濃厚そうなスープの香りが堪らない。その香りに違わず、とろみを帯びたスープは、口にすると、喉元を通って、生気がじわじわと体中に染みわたるような気がする。ホロホロとほぐれるほどに煮込まれた鶏肉もたっぷり入って、食べ応えも十分。

 

他のメニューと同様に、3種類のおかずとサラダ付き。食べ終わると、いつも不思議とすっきりした気がするのは、きっと気のせいではない。

 

【お店情報】

韓国味工房EIKO 銀座本店 銀座1-5-2 西勢ビルB1 地図

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧