2020年10月21日

999 トムヤムラーメン (日比谷)

R0012960001

なんだか辛いものでスッキリとしたくて、久しぶりにタイ料理で辛いものをと思いつく。そういえば、日比谷のJR高架下に出来た日比谷グラメゾンに、タイ料理屋が出来たんじゃなかったっけ。メイン料理に沢山サイドメニューがついてくるランチだったと記憶している。

やって来て思い出した。中野にもある店だ。パクチー鍋に興味があったが、いつも満席の繁盛店。なるほど、そこの姉妹店か。チープでキッチュな椅子やテーブルにタイポップスで雰囲気もバッチリ。

さて、ランチ(900円)。カオマンガイにカオカームー。ガパオライスにパッタイ、グリーンカレーにトムヤムラーメン。定番どころが勢揃い。今日目当ての辛いマークがついている中から、トムヤムラーメンをお願いする。

お盆の上には、皿が一杯。メインの他、蒸籠に入った蒸し春巻きに、サラダ、冷奴にスープ、季節の小鉢はタイの肉じゃがだそうだ。これにタイ茶のドリンクバー付き。ココナッツミルクが香るトムヤムスープには、大きな海老がドンと乗る。器がやや小さめかと思ったが、中には麺がたっぷり入って、辛くてほんのり甘くて満足。

【お店情報】
タイ屋台999(カオカオカオ) 日比谷店 内幸町1-7 日比谷グルメゾン 地図

| | コメント (0)

2020年10月 6日

エスペロ 日替わりランチ (銀座)

R0012784001

あの玉子炒めが食べたくて、エスペロへ来る。よく伺っていたガス灯通り店は3月で閉店し、みゆき通り店と合体、リニューアルして、すっかり洗練されていて都会的。ガス灯通りの食堂的なムードも好きだったが、こちらはこちらで、また素敵。

続きを読む "エスペロ 日替わりランチ (銀座)"

| | コメント (0)

2020年10月 2日

鳴尾 ユッケジャン (銀座)

R0012752001

温かい具沢山の鍋か汁もの。しかも、肉が入っているものがいい。思い付くのは、松永牧場の肉団子鍋や、升本の豚キムチ鍋、それに愛しの岩戸の豚汁等々。肉の汁ものといえば、いいものがあるじゃないか。そう、鳴尾のユッケジャン(950円)だ。焼肉店らしく、肉がたっぷり入っているのが特長だ。

スープ、ラーメン、クッパから選ぶことが出来るが、自分は断然スープ派だ。たっぷりと入る赤いスープは、いい辛さと旨味のコラボ。今日の目当て肉は、記憶にあるものよりも益々大振りで、一口では頬張れないものも。しかも、煮込まれてほろほろとほぐれる旨い肉。それに、野菜にふんわり玉子も入って大満足。途中ご飯を入れたりしながらスープを飲み干すと、汗もジンワリ。

以前は、小鉢としてチャプチェが付いてきたが、今日はサラダ。キムチがセット。半個室のような席を広々と使わせてくれるのも今時で、よく賑わっている。

【お店情報】
鳴尾 銀座3-9-4 第一文成ビル 1F 地図

| | コメント (0)

2020年9月17日

EIKO スンドゥブチゲ (銀座)

R0012535001

どうしたってスンドゥブチゲだ。汁もので辛いもの。けれども、最近嵌っているユッケジャンではなく、今日はスンドゥブ。何故だろう。自分のことだが、よく分からない。何となく肉より豆腐なのかもしれない。

やってきたのはEIKO。好きなスンドゥブチゲを出してくれる店の一つだ。食べたいものは決まっているから、メニューも確認せずに即注文。待っている間に改めてメニューを見ると思い出した。そうだ、メニューが少し変わって、新たなメニューカムジャタンが気になっていたんだった。でも今日はスンドゥブなのだ。次来るとき、覚えておこう。

さて、スドゥブチゲ(900円)は、相変わらず、威勢よくグツグツと湧いてやって来る。写真を撮っている間だって、冷めないくらいだ。どう見たって熱いから、火傷をしないように、ふうふうしながら口にする。辛くて熱くて、けれども透明感のあるスープ。それに、熱々でふるふるの豆腐に浅利。それに何より好物の玉子。

今日は玉子がいつもより固まっていて、これはご飯を入れておじやにするより、そのまま玉子を食べたほうが旨いだろうと考える。スプーンを入れると、やはりとろり半熟ではなく、8割くらい黄身が固まっている好みの感じ。パクッと頬張ると、スープの辛味が玉子の旨味をふくよかにして、思わず、ふふっと笑みがこぼれる。

まだ蒸し暑いとはいえ、少しずつ秋の匂いがしてきた。次伺う頃は、カムジャタンが旨い季節になっているかもしれないなぁ。

【お店情報】
Korean Dining EIKO 銀座1-5-2 西勢ビル B1 地図

| | コメント (0)

2020年9月 9日

MishMish メッゼプレート (銀座)

R0012471001

泰明庵近くの駐車場と通りがかったとき、見慣れぬランチメニューの看板を見つけた。近づいてみると、中東料理の店だそうで、メッゼプレートや、ピタパンを使ったサンドイッチなどが並んでいる。こんなところに中東料理の店なんてあったんだ。これは愉しそうだなぁ。ぜひ来ようと記憶していたところ。

見知った階段だが、ここを上るのは初めてだ。階段を上がってすぐ左手が目当ての店。どんな店だろうと多少不安だったが、すっきりとして、カウンターの向こうから、シェフがお一人で出迎えてくれた。

サンドイッチにも興味はあるが、やはりここは、前菜的な料理を盛り合わせたメッゼプレート(1,320円)だろう。10分ほどして届いたのは、この色鮮やかなプレート。

フムスに焼き茄子やヨーグルトのペーストと云った、割と馴染みのあるものから、香りの豊かなパレスチナのミックスハーブのペーストや、食感も賑やかなパセリと挽き割り小麦サラダなど、初めてのものも。ファラフェルも、これまでに何度か頂いたことがあるが、初めて味わう風味付け。オリーブも幾つか盛り合わせてあるが、産地が違うなんて面白さ。

これらをピタパンに塗ったり、ポケットにサラダやファラフェルを挟んで、サンドイッチみたいにしたり。とても愉しく美味しく頂いたが、やっぱり傍らにワインがほしい。落ち着いたら、ゆっくりと夜に愉しみに来てみたい。

【お店情報】
MishMish(ミシュミシュ) 銀座6-3-15 長谷第2ビル 2F 地図

| | コメント (0)

2020年8月26日

JSレネップ Wバーグ (有楽町)

R0012233002

すっかりファンになったJSレネップのランチが、9月の頭で終了すると小耳に挟んで、すわ一大事とやって来た。このところ在宅勤務が続いていたから、ほんの少し久しぶり。

最後になるかもしれないと思うと、食べたいメニューが目白押し。好物のソーセージメニューは3種類もあるし、食べてみたい若鶏のビール煮込みや、ハンバーグ。日替わりも、グーラッシュとドリアのハーフ&ハーフと美味しそう。う~ん、これは難しい。

お願いしたのは、Wハーグという2種類のソースがかかった2つのハンバーグの盛り合わせ。併せて180gというから、中々のボリュームだ。赤いトマトソースのほうは、少しピリ辛でスパイシー。もう一方は、まったりとしたクリームソース。ハンバーグは野菜が練り込んであるからだろうか、肉の旨味もあるが重くなく、ペロリ。

生ハムがのったサラダに、スープ、4種類のパン(持ち帰り用の袋付き)、食後のドリンクまでついて1,000円。これが一番高額というのだから、何度伺っても驚きだ。

もう、このランチに出会えないのかと思っていたら、2~3分のところに、9月10日オープンの日比谷OKUROJI(JR高架下)に姉妹店が出来て、ランチはそちらで提供するそう。その距離なら、引き続き伺えそうだ。やった!

【お店情報】
JSレネップ 有楽町2-1-8 地図

| | コメント (0)

2020年8月23日

roji spice&__ (中野)

R0010273001

ついつい路地裏を覗いてしまう質だ。中野の南側、マルイとレンガ坂の裏手に入り組んだ路地があって、あの路、この路と歩いていると、桃園稲荷の脇の路地で気になる1軒に出会った。黒板には、「roji spice &_」という店名と「スパイス料理とナチュラルワインの店」という案内。左手を見ると、古民家を改装したような洒落た店。

続きを読む "roji spice&__ (中野)"

| | コメント (0)

2020年8月 5日

ピッキーヌ トムヤム麺と春巻き (阿佐ヶ谷)

R0011982002

こんな蒸し暑い日には、やっぱりタイ料理が食べたくなる。そこで、やって来たのはピッキーヌ。阿佐ヶ谷駅北口の住宅街の中にあるタイ料理店。創業して30余年。東京でも古い店である。

ここに来るのは、大抵休日の昼。夜に食事の予定があったりして、昼は軽めにしておいたい日だ。シンハーを貰って、揚げ春巻きをツマミにして、タイヌードルで〆。今日みたいな暑い日には、シンハーが格別に旨いと思うが、今は仕事中。そういうわけにはいかぬのだ。

ここのランチセット(900円)は、タイヌードルと小皿料理を一つずつ選ぶ仕組み。タイヌードルは、店のおすすめというカウソイを選ぶことが多いが、今日は酢っぱ辛い味を求めて、トムヤム。一方の小皿料理は、いつもの春巻きを。

春巻きは皮はバリバリ。中には春雨や人参などが入って、添えられている酢と唐辛子タレをつけると、味わいに深みが増す。そして、トムヤム麺。辛いけれども、甘さと酸味とコクが特徴的。平たい細麺をつるつると啜って、スープをゴクリ。グッと体温が上がって汗もジワリ。シロップ漬けのフルーツのデザート付き。

緊急事態宣言を受けて、6月29日まで、テイクアウト半額。ランチメニューは300円引きという太っ腹なサービスをやっていたが、現状に鑑みて、しばらくの間継続するそう。お近くの方はぜひこの機会に。

【お店情報】
ピッキーヌ 阿佐谷北2-9-5 地図

| | コメント (2)

2020年7月16日

せんなり スンドゥブチゲ定食 (高円寺)

R0011839001

今日は久しぶりの在宅勤務。温かい汁物の気分で、出勤していたら、岩戸で豚汁だったかもなぁなんて思いながら、この辺りだとどうしようかと考える。そうだなぁ、この辺りなら、せんなりだ。

新高円寺駅近くの焼肉店。焼肉の他、ユッケジャンやコムタンスープ、スンドゥブチゲなども並ぶ。ユッケジャンも好いが、何故かここではスンドゥブのほうが好みで、今日もスンドゥブチゲ(900円)をお願いする。

グツグツと威勢よく湯気を立て沸きながら、チゲが届く。豆腐や玉子の他、豚肉に海老、浅利が入った豪華版。玉子の具合も完璧で、最後まで半熟。ご飯と混ぜて、玉子たっぷりのおじやにして食べるのがお愉しみ。

チゲの他、盛りのいいサラダに、3種類のおかず、ご飯の他に、韓国風の海苔巻きまでがセットという大盤振る舞い。ニコニコと働き者のお母さんも、また素敵。

【お店情報】
せんなり 梅里2-3-7 地図

| | コメント (0)

2020年7月14日

JSレネップ 牛肉のグーラッシュ (有楽町)

R0011813001_20200715075701

すっかり定番のランチになったJSレネップ。今日伺ってみると、またランチの種類が少し変わっている。好物のソーセージのランチは、なんと3種類。中でも新メニューのソーセージのグラタンが気になる。それに、こちらも初めてのシーフードのグーラッシュ(ドイツシチュー)にも興味が湧く。

なんだかんだと悩んだ挙句、選んだのは牛肉のグーラッシュ(1,000円)。肌寒さに、コク味のある温かい料理が恋しくて。

鴨肉入りのサラダに、野菜がたっぷりと入ったスープに続いて、ドイツパンとグーラッシュが届く。以前頂いたときにも感じたが、想像以上に牛肉がたっぷりと入っていることに驚いた。遠慮なく食べたのに、最後の一口まで、塊肉が残るほど。ブロッコリーに人参、じゃがいも、茸など野菜もふんだんに入って大満足。

食後にはドリンク付き。ドイツのハーブティーを選んだが、仄かな酸味があって、後味すっきり。マスク入れや、パンの持ち帰り用の袋なども用意があって至れり尽くせり。どのメニューも、1,000円以下というのだから、頭が下がる。梅雨が明けたら、仕事終わりにビールでも。

【お店情報】
JSレネップ 有楽町2-1-8 JR高架下 地図

| | コメント (0)

より以前の記事一覧