2021年4月 4日

SUGAR Sake & Coffee (阿佐ヶ谷)

R0012112001

深化し続ける肴と燗酒。大切な店。

続きを読む "SUGAR Sake & Coffee (阿佐ヶ谷)"

| | コメント (0)

2021年4月 2日

フォーハノイ ピリ辛牛肉春雨スープ麺 (阿佐ヶ谷)

R0014951002_20210402184501

欲しいのは、少しパンチがある味。もう一つ云うと、あまり重くないものがいい。それならば、タイ料理か、ベトナム料理の辛いもの。それぞれの店のメニューをつらつらと考えて、うん、今日はあれだと、フォーハノイ。先日ブンボーフエを頂いたベトナム料理店。

ブンボーフエを頂いたときに、気になったメニューがあって、今日はそれが目当て。ランチのセットメニューにあった、ピリ辛牛肉春雨スープ麺(950円)。ブンボーフエとは、麺以外に何が違うか聞いてみると、麺以外は同じらしい。それなら絶対好きなやつだ。

そうそう、こういうスープが欲しかったんだ。少し赤みがあって、透き通ったスープ。薬味を入れて、スープを一口。味わいも、見た目のとおりに、辛味はあるがクセがなくてスッキリ味。そして、麺を引き上げて、ズルリ。つるつるだが、もっちりと弾力のある歯ごたえ。それにスープとの絡みもよくて、これいいぞ。丸太のブンも好いが、春雨も好み。これからどちらにするか悩むなぁ。

フォーやバインミーなどのテイクアウトの客も多く、すっかり町のベトナム料理店として定着した様子。どうぞ、長く続けて下さい。

【お店情報】
フォーハノイ キッチン&カフェ 阿佐谷南3-2-3 地図

| | コメント (0)

2021年3月16日

せんなり スンドゥブチゲ定食 (高円寺)

R0014740001

口が辛さを求めている。それならば、ユッケジャンかスンドゥブチゲか。先日ユッケジャンを食べたから、今日はスンドゥブチゲ。それならば、高円寺のせんなりだ。

新高円寺駅近くの焼肉店。焼肉の他、ユッケジャンやコムタンスープ、スンドゥブチ(900円)なども並ぶ。ユッケジャンも好いが、何故かここではスンドゥブのほうが好みなのだ。

グツグツと威勢よく湯気を立て沸きながら、チゲが届く。豆腐や玉子の他、豚肉に浅利、小さいながらも海老、貝柱が入った豪華版。玉子の具合も完璧で、最後まで半熟。ご飯と混ぜて、玉子たっぷりのおじや風にして食べるのもお愉しみ。

チゲの他、盛りのいいサラダに、3種類のおかず、ご飯の他に、韓国風の海苔巻きまでがセットという大盤振る舞い。ニコニコくるくると働き者のお母さんも、また素敵。

【お店情報】
せんなり 梅里2-3-7 地図

| | コメント (0)

2021年3月 2日

ジャーメジャム 日替わりランチセットA (阿佐ヶ谷)

R0014612001

以前から気になっていたジャーメジャムにようやっと。ジャーメジャムは、イラン料理店。来日して20数年のシェフが、2007年に阿佐ヶ谷に開いた店。ケバブや煮込み、フムスや茄子のペーストなどの前菜など、中東らしい料理の他、メニューを見ると、ご飯のメニューが豊富なのが興味深い。

昨年の緊急事態宣言中はテイクアウトのみだったが、現在は、感染症対策を行って営業中。在宅勤務中に行っておきたいと思っていたのだ。

ランチメニューもケバブや煮込み、前菜の盛り合わせなど。前菜の盛り合わせにも、とても興味があったが、日替わり(1,100円)がセロリとラム肉の煮込みと聞いて、こちらをお願い。セロリを使った煮込みが好きなんだ。

届いた皿には、確かにセロリとラム肉がゴロゴロと。口にすると、個性の強い具材たちが好い所を残しながら、程よく溶け合って、そこへハーブの風味がふわり。個性的だが口当たりがよく、こういう煮込み、やっぱり好きだ。それにライスの旨いこと。長粒のイランの米だそうだが、香りがよくてパラパラ。煮込みとの相性はもちろん、一部がサフランで染められていて、そのまま食べてもとても美味しい。

サラダのドレッシングやスープのハーブ使いもエスニック。この他、食後のお茶がセット。他の煮込みも気になるし、前菜やケバブも頂いてみたいし。「お口に合いますか?」とニコニコと話しかけてくれるシェフもチャーミング。やっぱり夜に来てみなければ。

【お店情報】
JameJam 阿佐谷南2-20-7 地図

| | コメント (0)

2021年2月24日

どにどに ユッケジャン定食 (荻窪)

R0014569001

昨日とまでと打って変わって、冷たい日。こんな日は、ユッケジャンだと、在宅勤務中でも行けそうな、ランチでユッケジャンを出しているお店を思い出す。それで、荻窪駅極近くのどにどに。サムギョプサルを始めとした韓国料理の店。駅近くというのに、目立つことなく、ここに韓国料理店があることが、あまり知られていないようなひっそりとした雰囲気。

けれども、店に入ってみると、なるほどご常連さんが多いのか。「この前まで一緒に来てた...」などと、お店の方と親し気に話している。ランチメニューは豊富で、ずらり20種類以上。ビビンバや参鶏湯、プルコギにチゲ、鉄板の焼肉、冷麺など、知られた韓国料理が勢揃い。そして、いずれも1,000円前後とリースナブル。

目当てのユッケジャン(1,000円)は、グツグツで濛々と湯気を上げてやって来る。マスク越しにも伝わるいい香り。これはいいぞ。熱いよなぁ...とそっとスプーンを持ち上げて、ふぅふぅ、ゴクリ。肉も入っているが、野菜が多めのヘルシーテイスト。春雨入りで、スープを吸ったところもご馳走だ。

この店の特長は、セットの惣菜。コロナ渦前はビュッフェスタイルだったそう。感染対策で止めたが、どれもボリューム満点。帰り足は、すっかりポカポカ。週末にかけて、まだまだ寒い日が続くそう。皆様、どうぞご自愛下さい。

【お店情報】
どにどに 荻窪5-30-12 B1 地図

| | コメント (0)

2021年2月12日

フォーハノイ ブンボーフエ (南阿佐ヶ谷)

R0014510001

昨年の9月、青梅街道沿いにオープンしたベトナム料理店、フォーハノイ。その半年ほど前に、近くにあったベトナム料理店が閉店してしまったため、気になっていたところ。ランチメニューというよりは、週末の昼間に、グランドメニューから料理を頂いて、お酒が飲める店ならうれしいなぁと思っていたが、外にはランチメニューしか出ていない。

そんな折、どうしてもブンボーフエが食べたくなって、偵察がてらやって来た。白群色が可愛らしいポップな店。1階は狭いが、2階席もある様子。案内してもらったテーブルを見ると、ランチメニュー以外に、グランドメニューや季節のメニューが置いてあって、昼間からでも頼める様子。それに、酒のメニューが豊富なところも魅力的だ。

それらは、また別の日の愉しみに取っておいて、今日はブンボーフエ。ランチメニューには、フォーなどの麺料理や、バインミー、日替わりのプレートランチなど、いずれも1,000円以下とリーズナブル。それに、提供が早いのも魅力的だ。

ブンボーフエのランチセットは900円。生春巻きや春雨サラダ、キャベツと鶏肉のサラダから1つが付く。先ずはスープを頂くと、辛味はあるがクセがなくてスッキリ味。牛すじに、つるつるの丸太麺。そうそう、こういう味が食べたかったんだ。パクチーや唐辛子が別添えになっているところが、苦手な方にも優しい。

お店の方々は、現地の言葉で会話をしているが、何とものんびりしていて、雰囲気は現地の食堂。さあ次は、いつかの週末の昼に。

【お店情報】
フォーハノイ キッチン&カフェ 阿佐谷南3-2-3 地図

| | コメント (0)

2021年2月 2日

むゆう 牡蠣のスンドゥブチゲ定食 (阿佐ヶ谷)

R0014343001

目指した店の前に来てみると、なにやら貼り紙がある。近づいてみると、ギックリ腰で臨時休業とある。大丈夫だろうかと心配だが、自分の昼餉もどうしたものか。この辺りなら、先日伺ったむゆうだろうか。外に出ているランチメニューを見ると、カキフライも入ったミックスフライに、牡蠣のスンドゥブチゲがある。これはまさに拾う神。

前回伺ったときは、飲んでいる方も多かったが、今日はランチの方ばかり。フライとチゲで悩みに悩んで、お願いしたのはチゲの方(1,280円)。カキフライは他にもあるが、牡蠣のスンドゥブは、中々お目にかかれない。

普段の鍋料理で使っている鍋なのだろう。石鍋ではないが、スープはグツグツ、湯気が濛々とする状態で運ばれてきた。おぉ、これまた立派な牡蠣。ぷっくり丸々。それに長さも立派なもの。ふぅふぅ、はふふ。ぷりっとして身も旨い。他には、あさりと豆腐がたっぷりと。それに忘れてならない半熟玉子。辛さは控えめだが、旨味たっぷりの熱々スープで大満足。ご飯、小鉢と漬物がセット。

あゝ、でも、むゆうのカキフライも、間違いなく旨いだろうなぁ。あるうちに、また伺おう。

【お店情報】
酒場むゆう 阿佐谷南2-20-7 田中ビル 地図

| | コメント (0)

2021年1月18日

鳴尾 ユッケジャンスープ (銀座)

R0014176003_20210118200201

久しぶりの出社。考えるのは、やっぱりどこでランチを戴こうということで、朝からいろんな店を思い浮かべる。行きたい店もあれば、食べたいものもある。また、休業を決めた店もあるようで、さて、どうしたものか。食べたいものは、温かい汁もの。豚汁もいいし、鶏豆腐もいいなぁ。けれど、今日は温かさに加えて、辛さで暖がとれるものが好い。

それなら、ユッケジャンにしようと、向かったのは鳴尾。焼肉店らしく、肉がたっぷり入っているのが、ここのユッケジャンの特長だ。

スープ、ラーメン、クッパから選ぶことが出来るが、自分は断然スープ派だ。たっぷりと入る赤いスープは、いい辛さと旨味のコラボ。肉は、記憶にあるものよりも益々大振りで、一口では頬張れないものが幾つもゴロゴロと。しかも、煮込まれてほろほろとほぐれる旨い肉。それに、野菜にふんわり玉子も入って大満足。途中ご飯を入れたりしながらスープを飲み干すと、汗もジンワリ。

サラダにキムチがセット。半個室のような席を広々と使わせてくれるのも今時で、よく賑わっている。テイクアウトもあり。

【お店情報】
鳴尾 銀座3-9-4 第一文成ビル 1F 地図

| | コメント (0)

2021年1月 6日

せんなり スンドゥブチゲランチ (高円寺)

R0011217001

室内に居ても、外の寒さが伝わって来るようなヒンヤリした空気に、欲しくなるのは、温かい汁物。出勤していたら、岩戸で豚汁だったかもなぁなんて思いながら、この辺りだとどうしようかと考える。そうだなぁ、この辺りなら、せんなりだ。

新高円寺駅近くの焼肉店。焼肉の他、ユッケジャンやコムタンスープ、スンドゥブチゲなども並ぶ。ユッケジャンも好いが、何故かここではスンドゥブのほうが好みで、今日もスンドゥブチゲ(900円)をお願いする。

店に入ると、兎に角温かい。暖房ではなく、焼肉用の炭火のぬくぬくとした温かさ。後から来る方も、「あ~、あったかい」と口にしながらやってくる。温かさって幸せだ。

そして、スンドゥブ。グツグツと威勢よく湯気を立て沸きながらやって来る。火傷しないようにふぅふぅと少し冷ましてゴクリ。まだ熱いが、熱いものが喉を伝って胃に入っていく感じが好きだ。その後、ゆっくりと胃からぽかぽか温まってくるのも、さらに好い。スンドゥブは、豆腐や玉子の他、豚肉に海老、浅利が入った豪華版。玉子の具合も完璧で、7~8割が固まっている好みのタイプ。

チゲの他、盛りのいいサラダに、3種類のおかず、ご飯の他に、韓国風の海苔巻きまでがセットという大盤振る舞い。ニコニコと働き者のお母さんも、また素敵。

【お店情報】
せんなり 梅里2-3-7 地図

| | コメント (0)

2020年12月24日

Toro Tokyo エンチラーダ (銀座)

R0013743001

昨日、北野へ向かう途中、Toro Tokyoの壁面に「このランチみのがせない、ハラミ肉ステーキ 300g 800円」なんていう幕を見つけて、また、ランチを始めたことを知る。店前に置いてあるランチメニューを見ると、ステーキの他にも、以前頂いたコブサラダやチキンファフィータ、エンチラーダなどのメキシコ料理もある様子。エンチラーダ、好きなんだ。知ってしまったら、どうしても食べたくなってしまって、やって来た。

店に入ると、ハラミ肉ステーキを目指して来た方で、かなりの賑わい。一人だったからか、静かな窓際の席を案内してくれた。すると、すぐにスープが届く。ほんのり辛味と酸味を感じるメキシカンテイスト。メイン料理の前のちょっと気の利いたものって、これから届く料理をとても愉しみにさせる。

そして、エンチラーダ。とろりととろけたチーズが何ともそそる。熱々のところを、ナイフで切り分けると、中には牛すじの煮込みがみっちり。そこに、ソースやハラペーニョの辛味がピリリといいアクセント。以前頂いたときよりも好みだ。

ドリンクには、温かいマテティーを。それにしても、続々と客がやって来て、お店の方はてんやわんや。店を出る頃には、10~15分待ちの様子。ちなみに、このランチは、来年1月8日までの平日限定だそう。ステーキ類は、スープ、ドリンク、ライス付き。これで800円(税別)は、確かに破格。

【お店情報】
Toro Gastrobar Tokyo 銀座6-2先 銀座コリドー街 地図

| | コメント (0)

より以前の記事一覧