2018年9月21日

妻家房 スンドゥブチゲ (有楽町)

R0004941001

昨晩の雨から急に気温が下がったし、今日も引き続きの雨。自然と温まるものが欲しくなる。豚汁か、はたまたチゲか。ソルロンタンは先日食べたから、ユッケジャンでもいいなぁ――なんて思い浮かべる。今日は辛いの。スンドゥブチゲだな。

 

それでやって来たのが妻家房。昼時は、行列のできる繁盛店だが、駆け足でやってくれば、よかった。席は空いている。お茶を持ってきてくれたその場で、目当てのスンドゥブチゲ(1,280)を注文して、後は、やってくるのを待つばかり。

 

スンドゥブチゲの最初の醍醐味は、グツグツと湧きたってやって来る見た目と立ち上る湯気、香り。それだけで、お腹がグッとなりそうだ。特別「海鮮入り」とは書いていないが、アサリに烏賊、帆立などがふんだんに入る。

 

大好物の玉子は、最後のほうまで取っておいて、8割くらいに火が入るまで待つのが自分流。ご飯を少し入れて、黄身をたっぷりと絡ませて食べるのが好きだ。これを食べずして、スンドゥブチゲを食べた気にはならないくらいに。

 

セットとしてキムチにコリッとした食感のチャンジャ、たっぷりと付く韓国のりが嬉しい。帰る頃には、今日も満席。大盛況。

 

【お店情報】

妻家房 有楽町イトシア店 有楽町2-7-1 有楽町イトシアB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月14日

EIKO ソルロンタン (銀座)

R0004898001

温かい汁ものが食べたくて、足を向けたのがEIKO。最近少しご無沙汰気味だし、チゲにサムゲタン、ユッケジャン、ソルロンタンと温かい汁物が豊富に並ぶというのが、今日に好い。

 

伺うと、おやマダムの姿が見えないし、珍しく先客がお一人だけ。こんな日もあるんだな。さあ、料理はどうしよう。辛いものというわけではないから、久しぶりにソルロンタン(950円)。

 

以前は偶にあるメニューだったソルロンタンだが、すっかり定番化。以前、隣になった韓国へも良く行かれるというご常連さんが、韓国で食べるよりも美味しいと教えてくれたことがある。見るからにエキスが良く出た濃い白濁スープだが、さっぱりとした綺麗な味わい。それにしても、ここのスープはどれも優しく旨い。

 

食べている間に、どんどん客はやって来るし、マダムもやって来て、すっかりいつもの賑やかさ。やっぱりいつもの雰囲気が一番落ち着く。

 

【お店情報】

EIKO 銀座1-5-2 西勢ビルB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月11日

トロヤン ブルガリアン ランチビュッフェ (銀座)

R0004861001_2

オープン直後に伺ってから、ご無沙汰してしまったトロヤン。八重洲時代の「ソフィア」同様、こちらもすっかり人気が定着しているようで、ちょっと尻込みしていたというのが正直なところだ。実際伺ってみると、随分な盛況ぶりで、オードブルビュッフェの前には、人がずらりと並んでいる。

 

こちらのランチ(1,100)は、メイン料理を一つ選んで、それにオードブルビュッフェがつくというスタイル。肉団子に根菜の煮込み、パスタやピラフの他、ブルガリアらしいヨーグルトのサラダ、ヨーグルトドリンク等が並ぶ。

 

メイン料理は、前に伺った時よりも増えている。特に、好きな豚肩ロースのソテーが増えていて気になったが、やっぱり玉子好きとしては、カヴァルマを外せない。豚肉と野菜の煮込みで、玉子を乗せてから焼くから熱々。スプーンを入れると、ハーブ類のエキゾチックな香りが鼻を擽る。口にすれば、サラリとしているがしっかりと旨みが出たスープがジワジワと胃に染みる。途中で黄身をつぶせば、まろやかさとコク味が加わって、また旨い。

 

ピーク時には、ビュッフェの料理がなくなることもあるが、補充は早い。12時半以降であれば、ゆったりと過ごせそうだ。

【お店情報】

ブルガリアンダイニング トロヤン 銀座 銀座1-9-5 ホテルユニゾ銀座一丁目1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 5日

王十里 サランチェ 鉄板鶏カルビ (銀座)

R0004826001

ガッツリモリモリと食べたい気分。それも、味付けもしっかりめで、ご飯をワシワシできるような、そんなもの。あゝ、そうだ。宿題にしていた鶏鉄板カルビなんて、きっと打ってつけな気がする。それで、王十里サランチェを目指す。

 

行列が出来ていないかと不安だったが、今日は都合よく滑り込み。後は、届くのを待つだけだ。

 

目当てのものは、ジュージューと音と湯気を上げてやって来た。鉄板の上には、こんもりとした赤い山。その正体は、柔らかい鶏肉にふんだんに野菜が入るから。アツッと声をこぼしながら頬張ると、辛味もあるが、コク味豊かな味わいで、思ったとおりのご飯がすすむやつ。メインの鉄板炒めの他に、4種類の韓国おかず。わかめたっぷりの熱々スープもついて、大満足。

 

会計をしようと入口に向かえば、待っている方で混雑中。やはり人気は相変わらずらしい。なるほど、入るときに行列がなかったのは、昼の営業時間が変わった(12:00~)からか。

【お店情報】

王十里サランチェ 銀座3-9-18 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月30日

イスタンブール ケバブ&ライス (銀座)

R0004780004

今日は絶対にコレだと心に決めて、やって来たのがコリドー街にあるイスタンブール。店名から分かるように、トルコ料理店で、今日の目当ては、ケバブ&ライス。

 

もうランチメニュー(全て1,080)なんて見なくてもいいと思ったけれども、テーブルに置かれたメニューを見ると、日替わりに「マントゥ(トルコ風水餃子)」なんて書いてある。あゝ、これ好きなやつ。でもなぁ、今日はどうしてもケバブなんだ。

 

皿には、かわいらしく整えられたバラーライスに、薄く削いだケバブがたっぷり。このケバブは入口近くで焼かれているドネルケバブから削いだものだろう。香ばしいところもあれば、ジューシーなところも楽しめるし、さっぱりしたトマトソースで食べるのも好きだ。

 

それに、スープやサラダも気が利いていて好い。今日はチキンと野菜がたっぷり入った味わい豊かなスープに、新鮮なサラダ。今日は暑さ故にトルコ紅茶を選ばなかったが、こういうドリンクの用意があるのも嬉しい。

 

異国情緒のある清潔な店内には、少しのんびりした空気が流れていて、ゆったりとした気分にさせてくれる。ところであの水餃子、次見かけたら、絶対に食べるんだ。

 

【お店情報】

イスタンブール 銀座7-2 銀座コリドー街 1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月27日

シャム イカ、竹の子、カレー炒め (日比谷)

R0004756001

朝から絶賛タイ料理の気分である。昨日の昼も、タイとラオス料理の店で食べたというのにだ。きっと、この蒸し暑さのせいに違いない。この界隈はタイ料理を出す店が幾つもあるが、はてどうしよう。いつもと毛色の違うところへ行ってみたいという欲が湧いてきた。

 

それで思い出したのが、シャム。東京ミッドタウンの斜向かいの雑居ビルに入るタイ料理店。ホームページによれば、今年で創業30年。東京でも古い部類の店だろう。エレベーターの扉が開くと、そこはすぐに店。明るく広々とした店内だが、12時前というのに、すでに半分以上席は埋まっている。

 

ランチメニューは豊富で、ガパオにタイカレー、パッタイ、カオマンガイ、タイヌードルなど、一般的に親しまれているタイ料理は網羅されている様子。今日はそういう気分じゃないんだと、野菜炒めと迷って、イカ、竹の子、カレー炒めをお願いする(1,080)

 

運ばれてきた途端に、発酵調味料の香りがして、俄然食欲が湧いてくる。口にすると、竹の子のシャクシャクに、イカのむっちりが楽しいレッドカレーの炒め物。ご飯と混ぜると、香りよりも辛味は穏やかで、纏まりとバランスの好い味わい。2種類のサラダ(鶏肉とパクチーのサラダ、かなり好き)にスープ、タピオカのデザート。食後にコーヒーが運ばれてくる。

 

小皿のカレーやトムヤムスープ、ガパオにヌードルと豊富なオプションメニューがあるのも素敵だ。続々と近隣に勤めているらしい方々ややって来るのも頷ける。

 

【お店情報】

SIAM 有楽町店 有楽町1-6-1 第2日比谷ビル 10F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月10日

サイゴン ブンチャーゾー (有楽町)

R0004593001

台風が去ったら、真夏が舞い戻って来た。こういうときは、米よりも麺。いろいろと思う浮かぶものはあるが、夏に一度は食べておかなくてはと、サイゴンへ来る。

 

ここの夏向きの麺といえば、ブンチャーゾー(1,000)。素麺や冷麦のような細く丸い米麺「ブン」に、揚げ春巻きや豚肉を乗せた和え麺。

 

冷たい麺に甘酸っぱいタレがさっぱりとして夏っぽいが、みっちりと詰まった肉々しい揚げ春巻きに、香ばしく焼かれた厚みのある豚肉までのって、ボリュームとスタミナも満点。野菜も入って、考えてみれば、夏に相応しいバランス食。

 

豚肉のタレが染みた麺も好いし、ナッツの食感や香草の香りも賑やかで、テーブルに備え付けの調味料で、好みの味に仕立てながら、あっという間にペロリの夏バテ知らず。まぁ、自分について云えば、暑いからといって、食欲が落ちるなんてことはないのだけれど。

 

【お店情報】

サイゴン 有楽町店 有楽町1-10-1 有楽町ビル B1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 6日

ラサ マレーシア ローストチキンライス (銀座)

R0004563003

銀座5丁目にあったマレーシア料理店、ラサマレーシアが3丁目に移転すると聞いて、愉しみにしていた。5丁目にあった頃、ラクサ等を頂いた記憶があるが、正直1時間で行って帰って来るには少々遠い。それで、近くに移転してくるならば、久しぶりに伺いたいと思っていたのだ。

 

移転先は、銀座3丁目の真新しいビルの5階。メニューリスト等も出ていないから、知っていても中々に入りづらい。エレベーターの扉が開くと、そこが店の入り口。

 

ランチ(1,000)は、定番のものと曜日替わりのものが用意されていて、定番ものは、チャークェテォ(太いビーフンを炒めたもの)、ナシゴレン、カレーラクサで、月曜日のメニューがローストチキンライスに焼きビーフン。たしか、ローストチキンは頂いたことがないはずだ。

 

サラダとスープに続いて、やって来たローストチキンライスは、先ず、鼻を擽るライスの好い香りにうっとりする。ローストチキンは、その見た目からそそられる。芳ばしいパリパリの皮にむっちりした身のチキンに、チリソース等の3種類のソースを交互につけたり、バターライスと併せたりして食べる楽しさ。

 

冷たい飲み物が欲しくて今日はドリンクをお願いしたが、ドリンク又はデザート付き。バナナ春巻やマレーシアらしいボーボーチャーチャーなど魅力的。

 

【お店情報】

Rasa Malaysia Cuisine Ginza 銀座3-3-6モリタビル5階 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 3日

エスペロ 日替わりランチ (銀座)

R0004520001

玉子を求めてエスペロである。日替わりランチ(1,200)の選べる前菜の一品に、定番的にある玉子炒めが今日の目当て。こんな暑い日には、ガスパチョも捨てがたいが、どうしても今日は玉子なのだ。

 

この玉子炒めの何が好きって、たっぷりと量があるのはもちろんだが、程良い焼き色が付いていて、中はやわらか。それにアツアツ。それが好きだ。今日は、海老とトマト、空豆入り。空豆の鮮やかな緑とホクホクとした食感にプリプリの海老が、ふっかりした玉子に好いアクセント。

 

続きを読む "エスペロ 日替わりランチ (銀座)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月24日

ちゃんぷるぅ家 ゴーヤー定食 (銀座)

R0004411001

食べたいのは、暑い地域のもの。タイ料理が最初に思い浮かんだが、ランチは大抵、麺類かご飯もの。どちらかというと、メインのおかずがあってほしいという気分で、他のものを考えてみる。ベトナムとか、後は――沖縄か。

 

それでやって来たのが、ちゃんぷるぅ屋。ここならば、定食類はあるし、そばとのハーフの定食もある。スープ代わりに、半ゴーヤーに半そばの定食(おかず大盛:100円)にしようかと思ったが、悩んで、結局は、ゴーヤー定食(850)

 

ここのゴーヤチャンプルーは好きだ。シャキシャキと食感を残したゴーヤに、豆腐、ランチョンミート。何といっても、好みの火入れ加減の玉子。なんだか元気になりそうなご飯がすすむ味わいで、自然と箸が進む。小鉢に納豆、もずく入りの汁物。それに、ご飯と一緒に装われているあぶら味噌が、こんな気候にとても好ましい。

 

ところで、ここの隣に先日、ロブスターロールで有名な「ルークスロブスター」の銀座店が出来たが、こんな暑さのせいか、かなり余裕のある様子。

【お店情報】

ちゃんぷるぅ家 銀座3-4-16 銀座サニービル B1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧