2020年1月27日

長寿韓酒房 牛テールのコムタン (銀座)

夜にかけてグッと冷え込みそうな今日。こういう日は温まるものだよなぁ。ついつい好物のユッケジャンを思い浮かべてしまうが、辛くないスープだってあるじゃないかと思いつく。そういえば、先日、3丁目の長寿韓酒房のランチメニューに、コムタンがあることに気付いたばかり。これも何かの巡りあわせ。随分前に一度伺ったきりだと調べてみると、何と2006年のこと。まさに、光陰矢の如しである。

店に入ると、あゝ、確かにこんな感じだったと思い出す。店内は広いが、既に結構な数のお客さんで埋まっていて、賑やか。頼むものは決まっているが、立派なメニューブックを開いてみると、おや、ユッケジャンもあるじゃないか。でも、今日は初志貫徹。コムタン(1,000円)をお願いする。

牛テールを3日間茹でて作るというコムタンは、見事に白濁したスープ。見た目どおりにコックリとして滋養たっぷり。塩や胡椒を加えなくとも、物足りなさを感じないほど。そして、中には、牛テールがゴロゴロと。骨から肉がほろりとほぐれるほどの柔らかさ。キムチにナムル、焼魚、サラダなど5種類のおかずがセット。焼魚っていうところが、素朴で何だかちょっと嬉しい。

それにしても、10何年も来なかったんだろう。これをまた食べに来るだろうし、ユッケジャンも気になる。すぐそこにある王十里サランチェの誘惑を避けられるかどうかが問題だ。

*写真は後程追加
【お店情報】
長寿韓酒房 銀座店 銀座3-9-11紙パルプ会館B1 地図

| | コメント (0)

2020年1月21日

でーびる沖縄 豚の生姜焼き (銀座)

R0009976001

久しぶりにきつね庵でうどんでもと思い立ち、伺ったところ、タイミング悪く、少々お時間がかかりますとのこと。それで、この近くなら宿題にしている生姜焼きをと、でーびる沖縄。ゴーヤや麩のチャンプルーに、前回は、カレー味のチャンプルー、はたまたポーク玉子等々、ボリューム満点のランチの店。その名のとおり、沖縄料理店だが、生姜焼きやチキン南蛮も人気で、次こそはと思っていたもの。

この店の好きなところは、その活気。挨拶の声も好いし、チャンプルーや生姜焼きをジャッジャッーと炒める音は途切れることなく聞こえてくる。そんな調子で出来上がった生姜焼きも、出来立てほやほや。湯気をたっぷり上げて届く。

あー、やっぱり。これもまた、大きな皿にたっぷりとボリューム満点。それに、生姜の香りがプーンと食欲を誘う。豚肉とやや厚切りの玉ねぎというシンプルな作りで、ご飯に間違いなく合うやつ。千切りキャベツに生姜焼きのタレがチラッとかかっているのが、これまた憎い。

ランチメニューから、カレー味のチャンプルーなど幾つかのメニューが減って、サーターアンダギーもなくなったが、それでも値段は据え置きで、相変わらずのボリューム。だから今日も変わらず大繁盛。

【お店情報】
でーびる沖縄 銀座3-8-10 地図

| | コメント (0)

2020年1月17日

エスペロ 日替わりランチ (銀座)

R0009953001

玉子の気分でもあるし、温かいものもほしい。それならココだと、エスペロへやって来る。前菜的な料理と、メインの料理を組み合わせる日替わりランチ(1,200円)が目当てだ。一皿目には、大好物の玉子炒めを選んで、メイン料理には、熱々の土鍋で提供される煮込み料理があるはずだ。

続きを読む "エスペロ 日替わりランチ (銀座)"

| | コメント (0)

2020年1月 9日

王十里サランチェ 和牛ユッケジャン (銀座)

R0009888001

そろそろ辛いものが食べたい気分。それなら今年初のユッケジャンだ。どこで食べるかが問題だが、とりあえず、ユッケジャンドライアングルに行けば間違いない。伊萬里と王十里サランチェ、それに11月からランチを始めた鳴尾。どの店もそれぞれに旨いユッケジャンを出してくれる。

一番久しぶりなのは、どこだろう。年末に伊萬里には伺ったから、王十里サランチェだ。それで、こちらに。それにしても、さすがの人気店。12時前だというのに、相席でもよろしいですか?という盛況ぶり。

こちらのユッケジャン(1,050円)の好きなところは、具がたっぷりと入るところ。そうではあるが、今日は、驚くほどの具沢山ぶり。焼肉のように大きな肉が入っていて、野菜はどっさり。玉子もたっぷりと絡まっていて、スープというよりも、煮込みと云ったほうが正しいくらい。大満足。

ユッケジャンも大好きだが、サムゲタンや、豚肉や鶏肉の鉄板焼きなんかも好い。それに、ホルモン鍋がこの冬の宿題なのだ。今年もお世話になります。

【お店情報】
王十里サランチェ 銀座3-9-18 地図

| | コメント (0)

2019年12月16日

伊萬里 ユッケジャンスープとライス (銀座)

R0009570001

久しぶりに伊萬里。温まるもの――、それならユッケジャンだと思ったことと、それと焼肉。

続きを読む "伊萬里 ユッケジャンスープとライス (銀座)"

| | コメント (0)

2019年12月 3日

ヴィラモウラ ジャルディネイラ (銀座)

R0009483001_20191204075301

肉の煮込みやシチューなんかの気分で、ここに来れば食べたいものがありそうだと、やって来たのは、ポルトガル料理店のヴィラモウラ。定番のランチメニューに、豚バラ肉と豆の煮込み「フェイジョアーダ」があるし、日替わりで煮込みが出されることもある。

やって来ると、今日の日替わり(1,000円)は、「ジャルディネイラ」という、牛肉の肩の肉と野菜のポルトガル風の煮込みと云う。これは願ったり叶ったり。もちろん、これをお願いする。

先ずはサラダ。たっぷりと大きさのあるサラダで、伺うたびに、少しずつ違うというのが面白いところ。今日は、豆や雑穀がどんと乗って、食感と風味が豊かで好み。

メインの料理は、ドンと塊の肉でやってきた。こちらにも豆がたっぷり。ナイフを入れると、ホロリと簡単にほどける煮込みよう。ギュッと噛むとじわりと旨味が染み出してくる。じゃがいもや人参、玉葱が主体で、親しみやすい味わいだが、時々ミントの爽快さがやってきて、そうだったとハッと目覚める。けれども、牛肉と野菜の旨味たっぷりのスープは、たっぷりと満たしてくれて、残すのはもったいないくらいに親しい感じ。

この日替わりは人気で、12時15分を待たずに売り切れ。一方で、件のフェイジョアーダや、タラのグラタンなんかも、この時期うれしいご馳走。近いうちにまた。

【お店情報】
ヴィラモウラ 銀座本店 銀座6-2-3 ダイワ銀座アネックスB1 地図

| | コメント (0)

2019年11月29日

トロヤン ブルガリアンランチビュッフェ (銀座)

R0009474002
時々、ヨーグルトの酸味のある味が食べたくなることがあって、今日もそう。そういうときは、トロヤンである。メインの料理に、ビュッフェ形式でオードブルバーのブルガリア料理がつくランチ(1,100円)があって、ヨーグルトを使った料理や飲み物がいくつか並んでいるからだ。

続きを読む "トロヤン ブルガリアンランチビュッフェ (銀座)"

| | コメント (0)

2019年11月21日

ラサマレーシア チクテーセット (銀座)

R0009397001

早いもので、11月ももう下旬。年を越す前に、気になったままにしている料理を食べておこうと、やって来たのは、ラサマレーシア。その名のとおり、マレーシア料理を提供する店。気になっていたのは、ランチに新しく加わったチクテーセット(1,500円)。チクテー(鶏骨茶)とは、随分と知られるようになったバクテー(肉骨茶)の、鶏肉バージョン。骨付きの鶏肉を煮込んだスープ料理。

簡易コンロがセットされて、チクテーがやって来る。一人用の小さい土鍋に、鶏肉と油揚げ、椎茸やえのき、レタスにパクチーと具沢山。それに、スープの香りの良いこと。フーっと少しだけ冷まして口にすると、まろやかで、旨味はたっぷり。そして、じんわりと体に染み込むよう。鶏肉にもしっかりとスープが染みていて、骨がするりと外れるほど、ほろほろと柔らか。

ランチセットは、他のランチと同様に、スープ、サラダと、デザートorドリンク付き。指の先までもしっかりと温まってくるのは、単にスープの温かさだけでなく、使われている薬膳の作用もあるのだろう。印象的なのは、美味しさの余韻の長さ。寒い時期、何度も伺ってしまいそうだ。

【お店情報】
ラサマレーシア 銀座3-3-6 銀座モリタビル5F 地図

| | コメント (0)

2019年11月18日

鳴尾 ユッケジャン (銀座)

R0009363002

昼をとった後、時間が少しあるからと回り道をしたときのこと。鳴尾でランチが始まっていることを知る。それも、ユッケジャンがあるじゃないか。これは近々来なければと思っていて、それで今日。

銀座3丁目、昭和通りから1本銀座寄りにある焼肉・ホルモンの店。ランチタイムは、件のユッケジャンの他、ホルモン丼と鶏ハラミの2色丼の3種類。自分が一番客だったが、続々と客がやって来て、中々の賑わいぶり。

ユッケジャン(950円)は、ラーメン、クッパ、スープから選ぶことが出来て、スープでお願い。暫くして運ばれてきたユッケジャンは、見た目にも刺激的な赤。先ずはとスープを飲むと、確かに辛さはしっかりめ。けれども、辛いだけでなく、グイっと飲める旨辛系。何より、焼肉屋らしく、肉が塊でゴロッとたっぷりと入るのが素敵。しかも、しっかりと煮込まれ、とろとろホロホロ。大満足。チャプチェにキムチが付く。

いろんなお店でユッケジャンを頂くが、この店らしい特長があって好い感じ。食べ終わる頃には、体はポカポカ。これからの寒い季節、必ずやお世話になります。

【お店情報】
鳴尾 銀座3-9-4 第一文成ビル 1F 地図

| | コメント (0)

2019年11月12日

ドブロ 若鶏のコンフィ (京橋)


Img_20191112_120922001_20191113075701

ふと或る店の女将さんのことを思い出して、昼に寄ってみようと思ったが、昼も夜も人気店。今日も12時前だというのに遠くからでも店前に並んでいる人の列が見える。半ば予想はしていたが、やっぱりかぁとちょっと残念。そして、問題はどうするかだ。この辺りは、京橋にお勤めの方でいい店はどこも一杯。

ドブロはどうだろう。こちらも人気の店だが客席数が多め。訪ねてみると、お一人ならばと席に案内してくれた。滑り込みセーフ。

クロアチア料理店だが、ランチタイムは、ボリューム満点の洋風メニューがズラリと並ぶ。メカジキのステーキや、鮪のレアカツ&エビフライ、サーモンソテー。そう云えば、魚ばかり頂いてきたなと思って、今日は若鶏のコンフィ(1,000円)。基本は1本だが、2本、3本というオーダーも可能。「1本で大丈夫ですか?」と心配気に聞かれたのは、気のせいだったことにしたい。

さて、やって来た若鶏のコンフィ。ナイフを入れると、サクッという音として、中から湯気がふわっと上がる。あゝ、これはいい香りだ。堪らず口にすると、その熱さでハフッとなる。皮目はサクサクで、身はしっとりとしてホロホロ、ジューシー。店の方が「冷めないうちにお召し上がり下さい」とニッコリと言い残していった訳がよく分かる。熱が落ち着いてからも旨いが、出来立ては格別だ。

ランチメニューは、魚料理が5種類、肉料理が4種類。まだまだ食べたいものがある。そして、一人ビールからの白ワインを召し上がっていた方が羨ましいくて仕方ない。

【お店情報】
ドブロ 京橋2-6-14 日立第六ビル 1F 地図

| | コメント (0)

より以前の記事一覧