2018年4月 9日

伊萬里 A5和牛本格石焼麻婆豆腐 (銀座)

R0003407001

期間限定メニューでも、焼肉サービスは健在。

続きを読む "伊萬里 A5和牛本格石焼麻婆豆腐 (銀座)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 5日

涵梅舫 マーボー豆腐 (銀座)

R0003371001

今日はどうしても、ここのマーボー豆腐(1,080)。土鍋から噴き出すほどに熱々で、程よく山椒が効いたアレ。今日木曜日の日替わりが、大好きな玉子炒めの日だと分かっていてもだ。

 

「熱いですので、お気を付け下さい」という台詞が必ず添えられて登場するマーボー豆腐。そして、徐に蓋を開けると、濛々と湯気が上がるのが、ここの麻婆豆腐の特長。それと同じくして広がる香りがまた好い。その様と香りだけでも、白飯が食べられる。

 

それに、辛さと山椒の痺れ具合。豆腐の滑らかさや、ゴロッと入る挽肉の噛み応え、コク味が次々とやって来て、実に賑やか。食べ終わりに近くなって、豆腐や挽肉の潜れたところを救ってご飯に乗せて頬張るのも、また好い。

 

ベルビアの定点観測としては、8階のtetote3月で閉店した模様。

 

【お店情報】

銀座涵梅舫 銀座2-4-6 銀座ベルビア館8F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月28日

紅蘭 盛り合わせ定食 (築地)

R0003066001

取引先で打ち合わせが終わったのが12時半。職場に戻りつつどこかで昼をと考える。通り道を考えると、蜂の子のカキフライも食べたいし、魚竹にも伺いたい。それにご無沙汰してしまっているヤナギとか。どちらにも伺いたいが、今日は紅蘭。すっかりご無沙汰してしまったが、先日、ふと、盛り合わせ定食を思い出して伺いたかったところ。

 

紅蘭は、築地の路地にある目立たぬ中国料理店。けれども、昼時には、近所にお勤めと思われる勝手知ったるご常連方で一杯になる店だ。12時半も回った時分というのに、1Fのカウンターはほぼ満席。2階も人で満ちている雰囲気だ。

 

注文は、もちろん盛り合わせ定食(1,000)。シューマイ3つとチャーシュー2枚、ライスとスープの定食だ。見た目にはごろんと大振りで肉感あふれるが、味わいは素朴、かつ真摯で、そして品がいい。それに、厚切りの柔らかいチャーシューも嚙み締めたときの香りの豊かなこと。ワンタンスープも漬物も好い佇まい。

 

ランチメニューは、他、野菜炒めにチャーシューネギラーメン。野菜炒めにシューマイを追加というのが、ご常連方に多いスタイル。そうそう、野菜炒めもラーメンも旨いんだ。それに、ご家族の皆さんもお変わりなくて良かった。あゝ、ご無沙汰してしまったことが悔やまれてならない。

 

【お店情報】

紅蘭 築地2-8-8 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月30日

東生園 にらたま定食 (銀座)

R0002800001

今日は玉子なんだ。松若のオムレツや、はまの屋の玉子サンドは行列が出来ていて入れないと困るから、そうだな東生園のにらたまは、オーバカナルのオムレツあたりはどうだろう。そうだな――、表面がしっかり焼いてあって、焼き目がついているほうが、今日はいいかな。それで、向かったのは東生園。

 

ところがその途中、泰明庵のほうをチラリと見たところ、今日は宿題にしている「白菜そば」がありそうだ。あゝ、迷う、迷うなぁ。それで、もう一度泰明庵を見ると、どうやらいつも以上に混雑しているらしい。

 

それで、やはり東生園でにらたま定食(850円)。こちらも手前の席は、全卓埋まっていたものの、ズンズンと奥の部屋まで進むと、席は空いている。厨房に近いから、調理をする音が聞こえて来るわけだが、やはり玉子を調理する音というのは格別で、音を聞きながら出来上がっていく様を想像するのも愉しいもの。

 

やって来たのは、ふっくらたっぷりと玉子を使ったオムレツタイプ。外は焼けて香ばしいが、箸を入れた中は淡い卵色。半熟でもなく、焼き過ぎでもない適度な焼き加減で、ご飯のおかずに持ってこい。玉子好きとしては、ニラよりも玉子多めというのが、これまた嬉しいのだ。

 

野菜がたっぷり入ったスープに麻婆豆腐。サーザイもたっぷりとボリューム満点。メニューにあった「海鮮スープ焼きそば」が気になったけれども、この「にらたま」の誘惑からは抗えそうにない。

 

【お店情報】

東生園 銀座6-2-7 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月24日

涵梅舫 マーボー豆腐 (銀座)

R0002740002

今日は、どうしても麻婆豆腐。それも、涵梅舫のやつだ。土鍋から噴き出すほどに熱々で、程よく山椒が効いたアレ。今日水曜日の日替わりが、美味しくて温まる豆腐の塩煮込みで、一瞬心が揺れたが、メニューを持って来てくれたところへ、すぐに「マーボー豆腐」(1,080)を注文。やっぱり、どうしたって、今日はコレなんだ。

 

最近は、木曜の日替わりの海老と玉子の炒めばかり食べていたから、マーボー豆腐は久しぶり。蓋を取ると濛々と湯気が上がるのが、ここの麻婆豆腐の特長。それと同じくして広がる香りがまた好い。その様と香りだけでも、白飯が食べられる。

 

それに、辛さと山椒の痺れ具合。豆腐の滑らかさや、ゴロッと入る挽肉の噛み応え、コク味が次々とやって来て、実に賑やか。食べ終わりに近くなって、豆腐や挽肉の潜れたところを救ってご飯に乗せて頬張るのも、また好い。

 

はぁ、満足満足。そうか、明日は玉子炒めの日か――と思うと、また、明日も来たくなってしまうどうしようもない玉子好き。

 

【お店情報】

銀座涵梅舫 銀座2-4-6 銀座ベルビア館 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 9日

大連餃子基地 DALIAN STAND 酸辣湯 (有楽町)

R0002574002

スープランチのようなものが欲しい。そういうときは、豚汁やスンドゥブチゲだなぁと、イトシアの妻家房を目指して来る。ところが、地下1階について、妻家房のほうへ歩き出す途中、「食べるスープセット」「酸辣湯」の文字が見えた。酸辣湯かぁ。久しくあの味を食べてないな。それで、路線変更した次第。

 

店は、大連餃子基地 DALIAN。弁当のテイクアウトの店舗に併設して、イートインスペースが設けられている。五目あんかけや油淋鶏、麻婆豆腐、担担麺など、定番の中華料理がずらりと並ぶ。

 

酸辣湯(1,080)は、土鍋に入ってやって来た。トマトに茸、タコの団子が入った具沢山。そのままでも、辛くて酸っぱいが、卓上の酢や辣油で、好みの味に仕上げるのも愉しい。サラダに春巻、ご飯付き。

 

パクチー餃子やビールもあって、軽く一杯や時間調整にも使えるかもしれない。

 

【お店情報】

大連餃子基地 DALIAN STAND 有楽町店 有楽町2-7-1 有楽町イトシアB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月26日

御膳房 豚肉と野菜のマーラー煮込み (銀座)

R0002365003_3

絶賛中華の気分。今年出会った新しい店は、予約でいっぱいになるほど人気店になったし、涵梅舫は先週伺ったばかり。それならと、御膳房に向かう。

 

ビルの前に出ている週替わりの料理を見れば、「豚肉と野菜のマーラー煮込み」(1,050)というのが目に入る。あゝ、これは好きなタイプに違いない。それで、エレベーターで11階へ。

 

いつも程よく賑わっている店。提供が早くて、メニューの種類も多く、リーズナブル。人数も入るし、近くで働いている人にとって使いやすい。今日も少しスマートフォンをチェックしたところで、料理が運ばれてきた。

 

赤みのある汁に使った豚肉、野菜。辛味や痺れは穏やかではあるけれども、食べすすむほどに、汗が滲むし、ご飯が進むいい塩梅。サラダに小鉢、スープ、杏仁豆腐のデザート付き。

 

今晩は、今年最後の忘年会。だいぶ、年が押し迫って来た感じがする。

【お店情報】

御膳房 雲南キノコ火鍋 銀座店 銀座2-6-5 銀座トレシャス11F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月21日

涵梅舫 日替わりランチ・海老と玉子炒め (銀座)

R0002324001

今年出会って大好きになった玉子料理が、涵梅舫の海老と玉子炒めだ。何時頃からか始まった日替わりランチ(という名の曜日替わり)の木曜日のメニュー。今年は今日か来週の2日のみ。先のことは分からないから、行ける今日とやって来た。

 

たっぷりの玉子炒めとぷりぷりの海老。好みのしっかりと焼けている表と柔らかいところのある焼き加減。それに品のいい塩ベースの味付け。玉子欲を存分に満たしてくれる量も素敵だ。以前に、「単純だけどゴージャス」といったコメントを頂戴したが、まさにそう。使っているシンプルなのに、華やかなのだ。

 

そういえば、日替わりの別の曜日のメニュー。前に頂いた水曜の海鮮入り豆腐の塩味煮込み以外は、回鍋肉、油淋鶏、鶏とカシューナッツ炒めらしい。久しぶりに、麻婆豆腐も食べに来なくては。

【お店情報】

銀座涵梅舫 銀座2-4-6 銀座ベルビア館8F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月29日

小花 鮮蠔湯麺(牡蠣そば) (丸の内)

R0002122001

牡蠣のシーズンになれば、必ず食べたい「あの店のアレ」が幾つかあるが、これもその一つ。小花の牡蠣そば(1,080)だ。

 

店内で食べる人と弁当を買う人でごった返す店前。店内で食べる方にも5人ほどの列があって、どうしたものかと思っていると、5人組ですぐに案内されるよう。続けて並んで、女将さんと目を合わせながら一人と知らせると、「ちょっと待ってて」と云って前のお客さんを案内してから、カウンター席を案内してくれた。

 

それにしても、12時前というのに相変わらずの賑わいぶり。そして、やはり注文は「牡蠣そば」が一番人気だ。それに続くは、担担麺。

 

牡蠣そばとは、半年ぶりのご対面。目に見えて、牡蠣がゴロゴロと入るのが見えるから、堪らない。牡蠣は、粉を塗し油通しをしてあるのが、ここの特長。薄い衣が牡蠣の風味を閉じ込めた上に、スープを吸って更に旨くなる。頬張って噛みしめると、ジュジュ~っと旨みや牡蠣のエキスが弾けて広がって、ズルいなぁと思うほどに上手い料理。この牡蠣をオンザライスにするのも堪らない。

 

ふぅ、満足満足。さあ、次はどこで牡蠣料理を頂こう。

 

【お店情報】

小花 丸の内3-3-1 新東京ビルヂングB1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月22日

敦煌 四川風牛肉煮込み (銀座)

R0002100006

昨年の今頃だったか、ランチメニューが変わったと記憶していたが、先日、久しぶりに、ランチメニューを確認すると、記憶にないものが幾つか。単に記憶にないだけかもしれないが、四川風牛肉煮込みや、辛口ソースの水餃子なんて、見たらきっと覚えているはず。

 

こんな寒い日、四川風の煮込みは絶対旨いに違いない。それで今日。最近も中国料理店は、続々と銀座に出来ているから、どうだろうと思っていたが、近隣にお勤めの方、買物や観劇の途中の方と、相変わらずの盛況ぶり。

 

前菜とスープに続いて、目当てのソレがやって来た。想像していたよりもずっと大きい器――、おぅっと、色といい、香りといい、唐辛子の入りっぷりといい、好い感じに辛そうだ。たっぷりと入る肉はもちろんだが、中に入ったキャベツもしっとりとして、グンと甘みが増して旨いこと。

 

食後には杏仁豆腐。熱く辛い料理の後には、ひんやりつるりとしたデザートが嬉しいというもの。辛口水餃子も気になるが、寒い間に、これを頂きにもう一度。

 

【お店情報】

敦煌 敦煌 銀座2-6-9 Ginza269ビル7F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧