2022年1月26日

孫ちゃん 四川風煮込み麺/羊肉 (阿佐ヶ谷)

R0001485001

阿佐ヶ谷のメイン商店街、パールセンターの中程にある気軽な中国料理店、孫ちゃん上海焼き小籠包酒場。高円寺にある店の姉妹店として出来たのは約2年前。真っ先に気になったのは(今もだが)、店頭の行灯。刀削麺を削るロボットの写真が大きく張られていて、とりあえずそのロボットを実際に見てみたいと思っているが、お目にかかれたことがない。

そして、最近気になって来たのが、ここなら休日の昼間から、グランドメニューで飲めるのではないかということ。その探索を兼ねて、ランチに来たという次第。

店のウリは、その刀削麺と店名にもある焼き小籠包。とはいえ、メニューは豊富で、麻婆豆腐や油淋鶏などの定食もあり、麺類や中華粥などのメニューも豊富。さらに、これらに、焼き小籠包とデザートが付くセットもあるという充実ぶり。

かなり悩んでお願いしたのは、四川風煮込み麺。麺は刀削麺とラーメンが選べるし、具も、牛か豚、羊肉からの選択。もちろん辛さも調整可。うーんそれなら、ここは刀削麺と羊肉でお願い。

程なくして、刀削麺がやって来た。見た目は赤くて中々に辛そうだ。けれども、もっと印象的だったのがその香り。山椒っぽいスパイスの香りが食欲を刺激する。勢いよく吸い込むと危険な気がして慎重に啜ると、唐辛子の辛さよりも、ビリビリとした刺激が来る。辛さは指定しなかったが、これでピリ辛というのだから恐ろしいやら、頼もしいやら。羊はクセがないし、モチモチの麺も旨い。それに、具として乗っているもやしが、細もやしというところが、個人的なツボだ。

聞いてみれば、どの時間に来ても、全てのメニューが注文できるそう。羊肉串や、鴨の足や頭などもあって、沖縄に行ったときに連日通った中国料理店に似た雰囲気なのも興味深い。これは絶対また来てしまうなぁ。

【お店情報】
孫ちゃん 上海焼き小籠包酒場 阿佐ヶ谷店 地図

| | コメント (0)

2022年1月19日

オトノハ 日替わり定食 (阿佐ヶ谷)

R0001381001

オトノハがイートインのランチを再開されたことに気が付いて、喜び勇んで来る。店の改装も終わり、先週再開したらしい。けれどもファンの多い店。満席かもなぁと店を覗くと、2席ほど空席が見える。

入ってみると、なるほどこういう改装か。窓が増えたり、カウンターを設置したり。それに4人卓をなくして2人卓のみ。元々対策をしっかりされていた店。より今のご時勢に合わせてということだろう。

ランチは、大抵3種類。麻婆豆腐に、五目あんかけ焼麺。それに日替わり。今日の日替わりは、青菜と木の子の干し蝦炒め。中国料理店の青菜炒めって美味しいし、それに干し蝦。絶対旨いに違いない。

見るだけで、シャキシャキしていることが分かる青菜にきくらげや椎茸、エリンギなどの茸類。油が回って艶々として、これまたそそる。口にするとシャクシャクシコシコ豊かな食感に続いて、干し蝦の旨味と香りがふわりと立つ。揚げた牛蒡が、見た目にも食味にもいいアクセント。

副菜には、茄子のはさみ揚げ。とろりとした茄子と挽肉の旨味がじんわりと。それに自家製を甜醤油の甘みが利いて、こちらも好い。ご飯、味噌汁、搾菜がセット。

やはり再開を待ちわびていた方も多いようで、会計の折に一言二言挨拶されていく方も。改装して一人客は入りやすくなった気がする。焼麺も食べてみたいし、また伺わなくては。

【お店情報】
オトノハ 阿佐谷南1-14-12 地図

| | コメント (0)

2021年11月11日

悟空 広島県産カキのチリソース定食 (銀座)

R0000285003

今日出社したら、絶対これを昼に食べようと思っていたんだ。悟空のカキのチリソース。今週のランチに、今シーズン初登場と聞いて、これを逃す手はない。昨年出会って、何度でも食べたいと思うお気に入り。

店の前まで来ると、既に6人ほどが並んでいる。行列は苦手だが、今日を逃がすと次がいつに分からないし、回転は速いし待ってみよう。

すると、5分も待つことなく、自分の番がやって来た。待っているうちに、オーダーを聞いてくれるから、席についてほどなく、料理が届く。時間のない昼休みだからありがたい。

そうそう、これこれ。赤いソースの中に、こんもりして見えるところが牡蠣。牡蠣を一つ摘まみ上げてパクリ。粉を塗し油通しをして、チリソースと併せているのだろう。薄い衣が牡蠣の風味を閉じ込めた上に、ソースが絡んで更に旨くなる。頬張って噛みしめると、ジュジュ~っと旨みや牡蠣のエキスが弾けて広がって、ズルいなぁと思うほどに上手い料理。

それにソース。これがとにかくご飯に合う。ワンバウンドさせたご飯もうまいが、たっぷりのソースをご飯にかけても、これまたうまい。ご飯があっという間になくなってしまうんだ。

温まるかき玉のスープに、小鉢、ご飯とザーサイで一通り。食べ終えて店を出ると、20人近い行列。いつも行列の絶えない店だが、すごい人気だなぁ。

【お店情報】
中国名菜処 悟空 銀座1-15-7 マックビル1F 地図

| | コメント (2)

2021年10月28日

呉さんの台湾料理 本日のランチ (荻窪)

R0000067001

荻窪の商店街のドンツキあたり。ランチは、平日の水木金しかやっていない評判の店がある。昼を食べた後に、前を通りがかると、評判どおりに、席が空くのを待っている人が並んでいて、いつか行ってみたいと思っていたところ。

11時50分頃に店の前に着くと、行列はなかったが、「只今満席です」という札が出ている。うむ、やはり時間をずらすか、予約をするしかないか。それでも、この辺りなら、旨い店がたくさんある。先日感激したクレエルもそうだし、クレープリーのコムデジュルノー。すっかり定番になった呉さんの台湾料理もそうだ。

今日のランチを確認すると、かなり好みだ。茄子とトマトの豚肉炒めに、れんこんとザーサイの炒め、ファンの中華粥は漢方の粥とある。

厨房から、チャーッと油を熱する音が聞こえてくると、程なく料理が届くというところも好きなところだ。艶々の茄子に、熱が入ってとろりとしたトマト、そして、それらの旨味を纏った豚肉の旨いこと。

一方で、れんこんとザーサイは、あっさりとした仕上げで、歯応えの違いが面白い。そして粥の香りの良さ。何が入っているかは全く分からないが、やわらかいが香り高く、口にすると、染み込むような滋味と温かさ。おかわり可というのもうれしい。デザートには、杏仁豆腐。

以前から人気だったが、今日は満席で入れなくなる人も出る繁盛ぶり。寒くなってくると、ますますこの粥が恋しくなってくるだろうな。

【お店情報】
呉さんの台湾料理 天沼3-1-15 地図

| | コメント (0)

2021年10月27日

鍋家 ゆで豚のニンニク辛子ソースかけ (阿佐ヶ谷)

R0000058002

阿佐ヶ谷駅近くで、10時から、玉子サンドのキッチンカーが出るというので、今日のランチはそれにしようと決めていた。玉子サンドは、厚焼き玉子のサンドイッチが2種類、玉子サラダが1種類。どれにしようか楽しみにしていたが、12時前に駅前に着くと、本日分は、すでに売り入れ。うーん、残念。ちなみに、明日も出店するそうだが、きっと昼には売り切れだろうなぁ。

さて、どうしたものか。テイクアウトにしようと思ったのも、今日は、午後一からWeb会議。それなら、サッと食べられるところが都合がいい。この場所ならば、あそこだと向かったのは、中杉通り沿いにある鍋家。気軽に美味しい料理を、手軽な値段で出してくれる中国料理店。

ランチメニューは、週替わり。定番で人気のエビチリに、麻婆豆腐、かた焼きそばなど6種類。今日目を惹いたのは、ゆで豚のニンニク辛子ソースかけ。どんな風に出てくるだろう。

副菜と玉子スープ、お櫃ごはんに続いて、メイン料理がやって来る。ほほう、こう来たか。これは、好物の豚しゃぶサラダじゃないか。一口食べてみると、温かい豚肉に、中々にパンチのあるニンニク味。そして、これにはやっぱり白い飯。お櫃というのがありがたい。それにしても、在宅勤務でよかったなぁ。

入ったときには空いていたが、すぐ後から、近くにお勤めと思わしき方々が次々とやって来て、かなりの賑わい。このスピード感と気軽さ、バランス感。相変わらずの人気ぶりに納得。

【お店情報】
鍋家(KOYA) 阿佐ヶ谷店 阿佐谷南1-16-11 地図

| | コメント (0)

2021年9月30日

呉さんの台湾料理 本日のランチ (荻窪)

R0017201001

今日は粥が食べたくて、呉さんの台湾料理。あの香りがよくてほってりとした粥。粥は日替わりで、今日は大根と冬菜の粥だそう。じんわりと沁みる美味しい予感がする。

平日のランチメニューは、日替わり1本のみ。目当ての中華粥又はライスに、主菜と副菜、デザートがセット。今日は、辣子鶏丁に、しめじと玉子の炒め。副菜が玉子というのも、何かの巡り合わせかも。

厨房から、チャーッと油を熱する音が聞こえてくると、程なく料理が届くというところも好きなところだ。辣子鶏丁は、ピリ辛程度で、むしろ、葱や玉ねぎの瑞々しくシャキシャキとした食感と、鶏肉の旨味が印象的。玉子もとろりと好い焼き加減。何度来ても、炒め加減と軽快さ、品の良さに感心する。

それに中華粥。ぽってりとして、食べるとお腹までほかほか。生姜を始めとするオリエンタルな香りがふわりとして、ついついもう一口と進んでしまう。

一番客だったが、12時を回ると、続々と客が来て、相変わらず人気の様子。明日からは、ずらりと黒板に並ぶメニューで、飲めるのだろうか。営業再開のお知らせのチェックと明日以降の予定を立てるのに大忙し。

【お店情報】
呉さんの台湾料理 天沼3-1-5 地図

| | コメント (0)

2021年9月14日

鍋家 青菜と牛バラの煮込み (阿佐ヶ谷)

R0017107001

今日は美味しいものを食べようと、ずっとワインが飲みたくなるからと避けていた店でランチと思っていたのだが、来てみると休みらしい。定休日は水曜のはずだし、先日も営業していたが、こんな状況かだから、そうとも限らないのかもしれないなぁ。

気を取り直して、どうしたものか。中杉通りまで出てみると、いつもは混雑している鍋家が空いている。気軽に美味しい料理を、手軽な値段で出して入れる中国料理店。だから、コロナ渦前は、相席必須の繁盛店。今も店内営業はもちろんだが、テイクアウトも積極的で、なんとも逞しい。

ランチメニューは、週替わり。エビチリに油淋鶏、麻婆豆腐など6種類。四川風という麻婆豆腐にも惹かれるが、ご飯のおかずとしては、青菜と牛バラの煮込みなんて良さそうだ。そう、この店は、一人でもお櫃でご飯が提供されるんだ。蓋を開けると、湯気がふわり。好いねぇ…、でもこれ何合あるんだ?

副菜と玉子スープ、お櫃ごはんに続いて、メイン料理がやって来る。いいねぇ、この牛バラの艶と八角などの中華らしいスパイスの香り。それに、茶色と緑のコントラスト。先ずは、やっぱり牛バラだと頬張ると、ほろりとほどける柔らかさ。次は青菜と一緒に口にすると、シャキシャキとした食感とシンプルな青さが、コク味のあるタレと好相性。そして、やっぱり白い飯。これで780円。

空いていると入ったが、12時を過ぎると、近くにお勤めと思わしき方々が次々とやって来る。テイクアウトもそう。久しぶりだったが、このスピード感と気軽さ、バランス感。相変わらずの人気ぶりに納得。

【お店情報】
鍋家(KOYA) 阿佐ヶ谷店 阿佐谷南1-16-11 地図

| | コメント (0)

2021年8月11日

翠海 海老と玉子の炒め (阿佐ヶ谷)

R0016696001

もしかしたら、今週の週替わりの一つが、海老と玉子の炒めかもしてないと思って、翠海へ向かう。阿佐ヶ谷駅北口のビルの飲食店にある中国料理店。大抵、週末の昼からグランドメニューで酒を貰って愉しむために来るが、昨今そういうわけにも行かず、こうしたランチか、テイクアウトでお世話になる。

この店の名物の一つと云えるのが、麻婆豆腐や担担麺、冷麺など。山椒がバチッと効いていて、ヤミツキになるやつ。一方で、週末には、海鮮や野菜の薄塩炒めなんかが大好きだ。一方で、玉子は好物だが、ここでは、かに玉を一度食べた切りだと思う。これは一度改めてと、玉子熱の火が付いたという次第。

料理が出るのが早いというのも、好きなところだ。「おまたせしました~」と運ばれてきたのは、ゆるやかな餡に浮かぶ黄色と桜色。なるほど、こう来るか。先ずと玉子を掬って一口。焼き目のない鮮やかな黄色は、やわらかすぎず、固すぎず、内側だけが僅かにやわらか。口の中でほろほろとける。見た目以上のボリュームがあって大満足。

サラダに副菜、スープ、搾菜とサイドメニューも盛り沢山。まだ暫く週末には来られないが、テイクアウトでお世話になります。

【お店情報】
翠海 阿佐谷北2-13-2 阿佐谷北口駅前ビル(パサージュ)2F 地図

| | コメント (0)

2021年7月29日

呉さんの台湾料理 本日のランチ (荻窪)

R0016542001

少し久しぶりの呉さんの台湾料理。今週のランチメニューをチェックしたところ、冬瓜の粥というのが気になって。食べる機会はそれほど多くないが、瓜系は好物。特に、夏の瓜が好きだ。

平日のランチメニューは、日替わり1本のみ。主菜と副菜、中華粥又はライス、デザートがセット。今日は、豚肉とピーマンのオイスターソース炒めに、厚揚げとセロリの炒め、それに目当ての冬瓜の粥というラインアップ。

厨房から、チャーッと油を熱する音が聞こえてくると、程なく料理が届くというところも好きだ。豚肉とピーマンの炒め物なんて、特別な料理ではないが、どことなく品があるのが素敵。細切りされた野菜は、火が入っているのに、艶と張りがあって歯ざわりの良いこと。厚揚げとセロリの炒め物に入っていた叉焼の仕事ぶりも見逃せない。

そして冬瓜の粥は、口にして、ほんのりと広がる青い香りが、涼やかで心地いい。ほってりとしてやさしい味わい。多くの人がライスでなく、中華粥を頼む。具が日替わりというのも、ファンが多い理由だろう。

デザートは、これまでの杏仁豆腐とは違って、涼し気なゼリー。すっかり籠った熱が取り除かれた感じ。夜に来ることができる日を愉しみに。

【お店情報】
呉さんの台湾料理 天沼3-1-5 地図

| | コメント (0)

2021年6月23日

孫 日替わりランチ (阿佐ヶ谷)

R0016057001

宣言が解除され、営業が再開した店へ行こうと、機嫌良く店の前まで来たけれど、入口はチャッターが締まっている。営業時間を見ても、営っているはずの時間。おかしいなぁと思って、スマートフォンでチェックをすると、なんと今日は定休日。しばらくぶりだったから、すっかり頭から抜けていた。

続きを読む "孫 日替わりランチ (阿佐ヶ谷)"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧