2019年9月11日

紅蘭 野菜炒め定食にシューマイ (築地)

R0008809001_20190912075601

急遽予定が変更になって、11時半少し前に新富町辺り。この辺りなら、ランチを食べに行きたい店が沢山ある。ヤナギに蜂の子、気になっている中村家。魚竹はつい先日伺ったし、おやおや、一凛は、行列が出来ている。そうだ、紅蘭で野菜炒め(1,000円)とシューマイ(130円)だ。

店の前に着いたのがちょうど11時半。けれども、店の前には「準備中」の札。一回りしてくるかと思っていたら、ご常連さんがいらっしゃって、「もう大丈夫~?」なんて入っていく。自分のそれに乗っかって、中に入れて頂いた。

奥ではご主人が野菜を炒める音がして、目の前の蒸籠からは、湯気とともにシューマイが表れる。奥様が野菜炒めを綺麗に盛り直して、お嬢さんがご飯を盛る。この連携も好きだ。

運ばれてきた野菜炒めは、素朴に見えるが、掴まれる。しっかり炒められたからこその香りと歯触り。余計なもの、足りないもののない味付け。そして、食べ終わった後の皿の綺麗なこと。シューマイは、見た目にはごろんと大振りで肉感あふれるが、味わいは素朴、かつ真摯で、そして品がいい。セットのスープも相変わらず美しく旨みたっぷり。ワンタンの滑らかな舌触りも素敵だ。あと、瑞々しい漬物も。

大満足のはずなのに、隣の方が召し上がっている盛り合わせや、ラーメンもいいなぁなんて思えてくるのが悩ましいが、どれも旨いのだから、仕方がないというもの。なぁに、また伺えばいいのだ。

【お店情報】
紅蘭 築地2-8-8 地図

| | コメント (0)

2019年7月17日

謝謝ラーメン ニラ玉子炒め定食 (日比谷・有楽町)

R0008306001

ここ半年ばかり、ずっと気になっているものがあった。日比谷の高架の向い。昼時になると行列ができる町中華。これが食べたいと気になっていたのは、ニラ玉子炒め。店前に出されているメニューの写真を見ると、惜しまれつつ閉店した中華シブヤのニラ玉のように、炒めた野菜の上に焼いた玉子の帽子をかぶせたようなやつだからだ。

ほとんどの日に行列があって、食べるものを決めているときに限って行列がなかったりして、中々伺えず仕舞いだったが、今日はどうだと向かったら、行列はなし。会計する人を待つだけで、席にありつくことが出来た。

注文はもちろん、ニラ玉子炒め定食(820円)。皿の上には、眩い黄色。しかもこのふわっとした感じと襞。焼きすぎでも半熟でもなく、程良い空気感を保った玉子で、かなり好みの口当たり。下のニラやもやし、豚肉の炒めものを巻いて食べるのも好い。定食には、餃子が3つ、ライス、味噌汁、卓上には漬物がセットの満腹ランチ。

テーブルは勿論相席必至。「いつも」「毎度」の客が多い日常の店で、回転は頗る速い。酒場に「ニラ玉」があると、ついつい注文してしまうが(「ニラ玉」は店によって様々でとても面白いと思っているが、その話はまた別の機会に)、また一つ、好きなニラ玉を見つけた気分だ。

【お店情報】
謝謝ラーメン 有楽町1-3-8 かどやビル 地図

| | コメント (0)

2019年7月10日

テクストゥーラ Lunch Plate (日比谷)

R0008204003

約5年お世話になった方とお疲れさまのランチ。お互いにとって来やすい場所で、好いランチがなかっただろうかとアレコレ考えて、選んだのがテクストゥーラ。築地の一凛の斎藤シェフが手掛ける新店。気になってはいたものの、独りでの平日の慌ただしいランチには向かないだろうと思っていたところ。こういうときにこそ、というやつである。

中華料理とスペイン料理ということで、カジュアルなLunch Plate(1,700円税抜)も両方の料理から選べる仕様。一凛のよだれ鶏やもち豚焼売、麻婆豆腐は好物だから、中華料理を選択する。ちなみに、スペイン料理なら、アヒージョやカスパチョ、トルティージャ等。

麻婆豆腐を中心に、よだれ鶏、もち豚焼売、季節野菜の蒸しスープで一揃え。そして、どれを食べても満たされる感のある美味しい料理。

一凛で感激したよだれ鶏なら、それ自体はもちろんのこと、ご飯にかけて食べたいと思っていたタレに山椒の香る麺を入れてどうぞという愉しい仕掛け。むっちりした肉々しいのにとろけるような焼売や、繊細だがコク味や程良い痺れ、後味にふっと香る爽やかさが印象的な麻婆豆腐。それに、旨味たっぷりの優しく品の良い蒸しスープ。これだけでもずっと飲んでいたいくらいだ。

惜しむらくは、自分の時間に余裕がないことだけ。ランチメニューとして、一凛でも人気のよだれ鶏冷麺や、カツサンドも登場。これらのランチは、入口近くのカジュアルエリアで。コースの場合は、店奥のテーブル席となるようだ。

【お店情報】
TexturA(テクストゥーラ) 有楽町1-7-1 地図

| | コメント (0)

2019年6月24日

沁馥園 熱々土鍋麻婆豆腐 (銀座)

R0007990001

季節が逆戻りしたような天気に、欲するのは温まるもの。宿題にしているエスニックなスープとも悩んだが、やっぱり熱くて辛いものだろうと、沁馥園の土鍋に入った麻婆豆腐を目指す。

予約をしてコース料理をゆっくり召し上がる方も多いが、仕事の合間の短いランチにやって来る方もチラホラと。手渡されたランチメニューを見ると、月替わりのランチが「ラム肉のホイコーロー」とラム肉好きとしては頗る心が惹かれるもの。3度ほどやっぱりコッチ、いやアッチと悩みに悩んで、やっぱり今日は麻婆豆腐をお願いする(1,296円)。

タコのサラダに、冬瓜と鶏肉のスープと続いて、麻婆豆腐がやって来た。「熱々土鍋麻婆豆腐」という名前のとおり、土鍋の中はグツグツ熱々。辛さや痺れというよりも、牛肉のコク味や旨味が印象的。それに葱が好い風味付け。味わいに尖ったところはなく上品だが、食べ進むほどに、額にはじんわりと汗が滲んできて、今日の気分にぴったり。コレを選んで正解だ。花椒が入ったミルも出してくれるので、刺激が好きな方もご安心を。

食後には、マンゴー入りの杏仁豆腐。お茶は温かいものと冷たいものを聞いてくれる等、丁寧な接客で居心地がいい。束の間だがゆったりと贅沢している気分になる。

【お店情報】
GINZA沁馥園 銀座6-5-17 銀座みゆき館ビル 6F 地図

| | コメント (0)

2019年6月18日

喜記 海老と玉子のトマトソース (銀座)

R0007919001_1

さっぱりと蒸し鶏なんていいなんじゃないか。幾つか思い当たる店を思い出して、久しぶりに喜記に行ってみようと思い立つ。ランチセットに、生姜ソースの美味しい茹で鶏とチャーシューのセットがあったはず。

いざ、店の前までやって来て、ランチメニューを確認すると、海老と玉子のトマトソース(980円)が目に入る。好きなものは、ついつい目に入ってしまうというが本当だ。

「お待たせしました」と届いた皿には、トマトソースの中で見た目にもプリプリの大振りの海老と、やわらかくまとめた玉子が泳いでいる。あゝ、この玉子は好きな感じと一口に頬張ると、とろとろではなくしっかりと焼けてはいるが、やわらかくふんわりとした口当たり。そうそう、こうでなくては。それに、トマトソースにはキュッとするような酸味があって、蒸し暑い日に、とても似合い。

サラダにスープ、ご飯又はお粥。食後には温かい烏龍茶。本領発揮は夜だろうが、ほぼ満席で、手軽なランチが頂けるところとして、すっかり定着している様子。

【お店情報】
喜記 銀座6-3-11 西銀座ビル2F 地図

| | コメント (0)

2019年6月16日

酒一番/宝雲亭 (博多)

R0007534001

旅の最後は、やはり博多。

続きを読む "酒一番/宝雲亭 (博多)"

| | コメント (0)

2019年5月19日

黒兵衛 (宮崎)

R0007347004

混雑が苦手だから、毎年GWは自宅周り、徒歩圏内をウロウロするくらいだが、今年は10連休。さすがに家に閉じ籠り切りというのもどうだろうかという気になって、久しぶりの宮崎、鹿児島。

続きを読む "黒兵衛 (宮崎)"

| | コメント (0)

2019年4月 2日

沁馥園 沁馥園オリジナルよだれ鶏 (銀座)

R0007021001

以前頂いた麻婆豆腐がとても美味しかった沁馥園。その後、何度か足を運んだものの、予約のお客様で一杯ということで振られ続け、すっかり足が遠のいてしまっていたところ。何かの拍子にふと思い出して訪ねてみたら、やはり予約のお客様は多いものの、空席があって、久しぶりに席を頂けた。

あの麻婆豆腐も気になったが、前には無かった(と思われる)よだれ鶏(1,404円)をメニューに見つけてお願いする。

オリジナルと銘打っていてどんなものだろうと思っていたら、届いたのは、なるほど確かにオリジナル。エディブルフラワーをあしらった見た目の華やかさにも目を奪われるが、よくあるような赤いタレは見当たらない。口にすると、穏やかに香る山椒の香りに、胡麻やナッツの香りと食感が膨らみを与える好いソース。鶏肉を食べ終わった後に残ったソースとご飯で食べても、もちろん旨い。

タコや数種類の豆類の入るサラダに、白キクラゲと鶏の蒸しスープ、食後にはデザート付き。煌やかな店内に、丁寧な接客。束の間だがゆったりと贅沢した気分だ。

【お店情報】
GINZA沁馥園 銀座6-5-17 銀座みゆき館ビル 6F 地図

| | コメント (0)

2019年3月27日

北京烤鴨店 蒸し鶏のネギ醤油ソース掛け (銀座)

R0006973002

今週の週替わりが好きそうなものが揃っていて、北京烤鴨店へやって来る。蒸し鶏に、豚の生姜焼き、牛肉と野菜のオイスターソース、それに、海鮮の山椒辛子煮。

特に、辛子煮は前から食べてみたかったものだから、今日の大本命だったが、余りの温かさに、爽やかなものを欲して、蒸し鶏のネギ醤油ソース掛け(850円)をお願いする。

ここのウリは、北京ダック。ランチでも2つセットで付いてくる。この2つというのが絶妙で、巻いて食べても、もう一つあるというのが嬉しいこと。そして、蒸し鶏は、鶏の山が二つもあるというボリューム。酸味のあるソースと葱と一緒に食べると、希望どおりのひんやりサッパリとした味わい。

サラダに玉子と豆腐のスープ、ザーサイ、杏仁豆腐までついてこの値段。席数は多いが、それでもなお賑わっている、使い勝手の良い店。

【お店情報】
北京烤鴨店 銀座店 銀座2-8-12 ユニデン銀座ビル5,6F 地図

| | コメント (0)

2019年3月12日

東生園 麻辣スープ春雨 (銀座)

R0006827003_2

先日、泰明庵でセリカレーそばを食べた帰り道、東生園に気になる新しいメニューが出ているのに気が付いた。それが、麻辣スープ春雨。しかも「大辛」なんて書いてあって、かなり興味をそそられる。ここのニラ玉が好きだが、時折、面白いメニューが登場するところも好きだ。

 

やって来たのは、メニューに貼られていた写真よりもずっと赤くていかにも辛そうなスープ。隣には、サービスの麻婆豆腐が付いていて、辛いものばかりの組み合わせに、ちょっと可笑しくなってくる。

 

スープを一口。おっと辛い。が、それ以上に熱さで驚く。スープには、春雨の他、恐らく五目焼きそばなどにも使うのであろう、豚肉、白菜、しめじ、キクラゲ、人参等々。スープに油も入っていて、春雨と野菜たっぷりの水煮豚肉みたいだ。

 

辛さと熱さで、当然のように額には汗。刺激は強いが、ご飯にザーサイ付きで850円と懐には優しい。なんだかやみつきになりそうだ。

 

【お店情報】

東生園 銀座6-2-7 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧