2021年9月14日

鍋家 青菜と牛バラの煮込み (阿佐ヶ谷)

R0017107001

今日は美味しいものを食べようと、ずっとワインが飲みたくなるからと避けていた店でランチと思っていたのだが、来てみると休みらしい。定休日は水曜のはずだし、先日も営業していたが、こんな状況かだから、そうとも限らないのかもしれないなぁ。

気を取り直して、どうしたものか。中杉通りまで出てみると、いつもは混雑している鍋家が空いている。気軽に美味しい料理を、手軽な値段で出して入れる中国料理店。だから、コロナ渦前は、相席必須の繁盛店。今も店内営業はもちろんだが、テイクアウトも積極的で、なんとも逞しい。

ランチメニューは、週替わり。エビチリに油淋鶏、麻婆豆腐など6種類。四川風という麻婆豆腐にも惹かれるが、ご飯のおかずとしては、青菜と牛バラの煮込みなんて良さそうだ。そう、この店は、一人でもお櫃でご飯が提供されるんだ。蓋を開けると、湯気がふわり。好いねぇ…、でもこれ何合あるんだ?

副菜と玉子スープ、お櫃ごはんに続いて、メイン料理がやって来る。いいねぇ、この牛バラの艶と八角などの中華らしいスパイスの香り。それに、茶色と緑のコントラスト。先ずは、やっぱり牛バラだと頬張ると、ほろりとほどける柔らかさ。次は青菜と一緒に口にすると、シャキシャキとした食感とシンプルな青さが、コク味のあるタレと好相性。そして、やっぱり白い飯。これで780円。

空いていると入ったが、12時を過ぎると、近くにお勤めと思わしき方々が次々とやって来る。テイクアウトもそう。久しぶりだったが、このスピード感と気軽さ、バランス感。相変わらずの人気ぶりに納得。

【お店情報】
鍋家(KOYA) 阿佐ヶ谷店 阿佐谷南1-16-11 地図

| | コメント (0)

2021年8月11日

翠海 海老と玉子の炒め (阿佐ヶ谷)

R0016696001

もしかしたら、今週の週替わりの一つが、海老と玉子の炒めかもしてないと思って、翠海へ向かう。阿佐ヶ谷駅北口のビルの飲食店にある中国料理店。大抵、週末の昼からグランドメニューで酒を貰って愉しむために来るが、昨今そういうわけにも行かず、こうしたランチか、テイクアウトでお世話になる。

この店の名物の一つと云えるのが、麻婆豆腐や担担麺、冷麺など。山椒がバチッと効いていて、ヤミツキになるやつ。一方で、週末には、海鮮や野菜の薄塩炒めなんかが大好きだ。一方で、玉子は好物だが、ここでは、かに玉を一度食べた切りだと思う。これは一度改めてと、玉子熱の火が付いたという次第。

料理が出るのが早いというのも、好きなところだ。「おまたせしました~」と運ばれてきたのは、ゆるやかな餡に浮かぶ黄色と桜色。なるほど、こう来るか。先ずと玉子を掬って一口。焼き目のない鮮やかな黄色は、やわらかすぎず、固すぎず、内側だけが僅かにやわらか。口の中でほろほろとける。見た目以上のボリュームがあって大満足。

サラダに副菜、スープ、搾菜とサイドメニューも盛り沢山。まだ暫く週末には来られないが、テイクアウトでお世話になります。

【お店情報】
翠海 阿佐谷北2-13-2 阿佐谷北口駅前ビル(パサージュ)2F 地図

| | コメント (0)

2021年7月29日

呉さんの台湾料理 本日のランチ (荻窪)

R0016542001

少し久しぶりの呉さんの台湾料理。今週のランチメニューをチェックしたところ、冬瓜の粥というのが気になって。食べる機会はそれほど多くないが、瓜系は好物。特に、夏の瓜が好きだ。

平日のランチメニューは、日替わり1本のみ。主菜と副菜、中華粥又はライス、デザートがセット。今日は、豚肉とピーマンのオイスターソース炒めに、厚揚げとセロリの炒め、それに目当ての冬瓜の粥というラインアップ。

厨房から、チャーッと油を熱する音が聞こえてくると、程なく料理が届くというところも好きだ。豚肉とピーマンの炒め物なんて、特別な料理ではないが、どことなく品があるのが素敵。細切りされた野菜は、火が入っているのに、艶と張りがあって歯ざわりの良いこと。厚揚げとセロリの炒め物に入っていた叉焼の仕事ぶりも見逃せない。

そして冬瓜の粥は、口にして、ほんのりと広がる青い香りが、涼やかで心地いい。ほってりとしてやさしい味わい。多くの人がライスでなく、中華粥を頼む。具が日替わりというのも、ファンが多い理由だろう。

デザートは、これまでの杏仁豆腐とは違って、涼し気なゼリー。すっかり籠った熱が取り除かれた感じ。夜に来ることができる日を愉しみに。

【お店情報】
呉さんの台湾料理 天沼3-1-5 地図

| | コメント (0)

2021年6月23日

孫 日替わりランチ (阿佐ヶ谷)

R0016057001

宣言が解除され、営業が再開した店へ行こうと、機嫌良く店の前まで来たけれど、入口はチャッターが締まっている。営業時間を見ても、営っているはずの時間。おかしいなぁと思って、スマートフォンでチェックをすると、なんと今日は定休日。しばらくぶりだったから、すっかり頭から抜けていた。

続きを読む "孫 日替わりランチ (阿佐ヶ谷)"

| | コメント (0)

2021年6月14日

とりや鈴なり よだれ鶏 (阿佐ヶ谷)

R0015908001

週末に散歩をしていたところ、鈴なりでランチタイムの営業を始めたことを知る。阿佐ヶ谷で好きな焼鳥店の一つ。焼鳥から肴まで、何を食べても美味しいし、日本酒の揃えもとても好み。けれどもこの状況下。休業を続けていて、気にかかっていた店の一つだった。

現在、営業はランチタイムのみ。メニューは、以前から〆に人気のそぼろごはんに、よだれ鶏、海南鶏飯と、なるほどのラインアップ。よだれ鶏や海南鶏飯なら、もも肉か胸肉、ハーフ&ハーフを選べるというのも、らしいいところ。

お願いしたのは、よだれ鶏のハーフ&ハーフ。やっぱりどちらも食べてみたいじゃないか。届いたよだれ鶏は、美しい盛り付けで、見た目からそそる。白い鶏肉を彩る黒いタレに、ナッツ、胡麻、葱に香草。まずは、胸肉からと口に運ぶと。辛味はあるものの、黒酢や薬味などの風味が豊かで、とても好み。

それに、ご飯がこれまた素晴らしい。鶏のスープで炊いてあって、ほぐした身入り。派手さはないが、静かにしみじみ、じんわりと広がる旨味。スープも、澄んで綺麗だけれども、旨味たっぷり。焼鳥の〆で頂くのもいいんだ、これ。

明日にでもまた食べに行きたいくらいのお気に入り。胸なら830円、ももは930円という値頃感も素敵だ。一方で、焼鳥と肴を、日本酒で頂ける日が来ることを愉しみにして。

【お店情報】
とりや鈴なり 阿佐谷北1-27-5 2F 地図

| | コメント (0)

2021年5月31日

オトノハ 日替わり定食 (阿佐ヶ谷)

R0015791004

先日、久しぶりに伺って、変わらない丁寧な料理に感心したオトノハ。Instagramを見ていたところ、今日もランチタイムに店内飲食の営業をすると知って、誘われるように来てしまった。そういう方も多いのだろう、12時前にもかかわらず、ほぼ満席という状態。

ランチメニューは、今日も3種類。定番の麻婆豆腐に、五目あんかけ焼麺、それに日替わり。先日は、麻婆豆腐を頂いたから、パリパリの細麺が美味しそうな五目あんかけ焼麺も気になるし、日替わりの、鶏と野菜の甘辛酢炒めも、酸味が美味しそうで食べてみたいし。悩ましいが、次出会うのが難しそうな日替わりをお願いする。

これはまた、そそる料理。油と照りで艶々とした色とりどりの野菜たち。ブロッコリーは、コリッとした食感と青味が残る一方、茄子はとろとろ。それに鶏むね肉は、しっとりと柔らかくて、口がよろこぶ。甘みと辛味、酸味のバランスも絶妙で、頂く方まで、丁寧に頂きたくなる。

副菜の蓮根のはさみ揚げも、蓮根の歯ざわりと海老と美味しさと香りが、思わずにっこり。味噌汁に入った独活の香りもご馳走。黙食かつ消毒など感染対策もバッチリ。倖せな週始め。さて、今週もがんばりましょう。

【お店情報】
オトノハ 阿佐谷南1-14-12 地図

| | コメント (0)

2021年5月17日

オトノハ 麻婆豆腐定食 (阿佐ヶ谷)

R0015621002

テイクアウト営業をしていたオトノハが、店内営業を再開されたのを知って、ようやっと。惜しまれつつ閉店した希須林小澤の料理長を経て、オープンした中国料理店。細やかで丁寧な料理が評判の人気店。以前は、予約をしなければ、入れなかったほどだ。

現在、営業は不定期。Instagramやtwitterでの告知を要チェック。その日のメニューも併せて告知されていて、今日は定番の麻婆豆腐、五目あんかけ焼麺、日替わりの3種類。久しぶりだし、ここは定番で人気の麻婆豆腐だ。

厨房から、鍋を振る音、揚げる音が聞こえてくる。姿は見えなくても、臨場感ある音は、食欲を刺激する。こういう時間が大好きだ。そして、麻婆豆腐がやって来る。赤というよりも黒味が強くて、それに香りの芳しいこと。山椒などの刺激はあるが、辛さは控えめで、むしろ味噌っぽいコク味が印象的。

日替わりの副菜の油淋鶏も、揚げ立てで、衣は軽く、酸味と薬味の風味で、味わい軽やか。野菜がたっぷりと入った味噌汁、ザーサイ、ご飯がセット。変わらぬ丁寧で繊細な料理に大満足。人気ぶりも相変わらずで、一安心。消毒、黙食、換気の徹底等、感染対策も万全。

【お店情報】
オトノハ 阿佐谷南1-14-12 地図

| | コメント (0)

2021年4月30日

翠海 本格四川マーボー豆腐 (阿佐ヶ谷)

R0015316001

中華な気分で、翠海へ行こうと思いつく。茄子を使った炒め物や、イカの炒め物なんかがあるとうれしいなと思って来たが、生憎、今週の週替わりにはない模様。そうとすると、お願いするのは、定番の麻婆豆腐だ。

前身の店の時代から、麻婆豆腐や担々麺が、この店の名物の一つ。初めて注文するだろう方には、「うちのは辛いけど大丈夫?」と声がかかるのがお決まり。そう、唐辛子の唐さもあるが、山椒がガツンと聞いた痺れ系の辛さが魅力。

テーブルに届いた途端に、鼻を擽る山椒の香り。いざ口にすると、確かに痺れが来るが、ただ痺れるだけではなく、広がるコクや旨み、香り。豆腐のツルツル、挽肉のゴロゴロという鮮やかな食感。五感が呼び覚まされる感じ。ご飯、スープ、副菜、ザーサイがセット。

いつもなら、休日の昼間にグランドメニューでゆっくりと飲みに来る店。いつもはニコニコと明るい女将さんも、「お酒が提供できなくなっちゃって…」と寂しそう。GW中にテイクアウトでもしに来ますかね。

【お店情報】
翠海 阿佐谷北2-13-2 阿佐谷北口駅前ビル(パサージュ)2F 地図

| | コメント (0)

2021年4月16日

呉さんの台湾料理 本日のランチ (荻窪)

R0015155001_20210416182901

美味しい料理とぽってりとした粥にすっかり嵌ってしまった、呉さんの台湾料理。Instagramに掲載されている今日のランチメニューが、絶対好みに違いないとやって来た。

平日のランチメニューは、日替わり1本のみ。今日は、葱油鶏に、ボイルレタスのオイスターソース、それに中華粥はコーンと玉子、デザート付き。粥まで日替わりというのも、何とも素敵だ。

厨房から、チャーッと油を熱する音が聞こえてくると、程なく料理が届くというところも好きだ。届いた途端、鼻を擽るのは、コーンの甘い香り。それに、葱油鶏がたっぷりとあって、見た目からそそる。むっちりとした鶏肉に、葱と生姜が利いたタレの旨いこと。レタスなら、シャキッとした食感は残しつつ、やわらかくなって食が進む。また、オイスターソースの塩梅の良さ。

ぽってりとした粥は、コーンの甘さと玉子でやさしい味わい。昨日は牛蒡の粥だったらしい。気になるなぁ。来るたびに、どんどんいろんな料理を頂きたくなる。いつか夜にも。

【お店情報】
呉さんの台湾料理 天沼3-1-5 地図

| | コメント (0)

2021年4月 4日

SUGAR Sake & Coffee (阿佐ヶ谷)

R0012112001

深化し続ける肴と燗酒。大切な店。

続きを読む "SUGAR Sake & Coffee (阿佐ヶ谷)"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧