2018年12月 5日

一凛 陳麻婆豆腐の御膳 (築地)

R0005596003

時間のズレた昼休み。こういう時は、ピークタイムなら伺うのが難しい店に伺うチャンス。あそこに行きたい、ここにもと幾つか店が浮かんでくる。決めたのは、一凛。ラストオーダーは14時。たぶん、ギリギリ間に合うはずだ。 

店に着いたのは、1356分。まだ「OPEN」の木札が出ていてほっとするが、「まだ大丈夫ですか?」と念のため声をかける。そういう自分の後からも、まだ客が入って来て、人気ぶりが分かるというもの。

 

特に、よだれ鶏が評判で、確かに美味しかったし、よだれ鶏の冷麺も大変好かった。だから、よだれ鶏御膳にも惹かれたが、今日の目当ては、陳麻婆豆腐の御膳(1,000)。もう長いこと宿題にしていたものだ。あゝ、そうだ、焼売もとても美味しかったことを思い出して、単品(200)で追加をお願いする。

 

届くのは、あっという間。石鍋に入った麻婆豆腐は、見た目にはトラディショナルだが、口にしてみると、上質さやバランスの良さがとても印象的だ。繊細だがコク味や、後味にふっと香る爽やかさがキラリと光る。それに湯気を濛々と立てて届いたもち豚焼売。見た目には肉感が強く豊満だが、口にするととろけるようにほどけていく。

 

テーブル備え付けの青唐辛子の醤油漬けを加えたり、ピクルスで口直しをしたりと、愉しみが尽きないのも嬉しいところ。ちなみに、夜には、この時期、白子の麻婆豆腐があるそうだ。

 

【お店情報】

東京チャイニーズ 一凛 築地1-5-8 樋泉ビル 1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月21日

敦煌 四川風牛肉煮込み (銀座)

R0005428002

肌寒さを感じると、食べたくなるのは、辛くて温かいもの。今日もそんな気分で、あれやこれやと思い浮かべる。先ず出てくるのは、定番のチゲやユッケジャン、麻婆豆腐だが、今日は、敦煌の四川風牛肉煮込み(1,280)を思い出した。

 

深さのある大きな器が運ばれてくると、花椒や油で熱した唐辛子の芳ばしい香りが広がって、食欲を誘う。油の入った赤みのあるスープの下は、まだ熱々で、たっぷりと入る牛肉はもちろん、キャベツや青梗菜もしっとりとして、グンと甘みが増して旨いこと。熱くて辛くて、ご飯が進む。堪らない。

続きを読む "敦煌 四川風牛肉煮込み (銀座)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月20日

慶楽 豚肉とモヤシの焼きそば (有楽町)

R0005408001

慶楽に来る。twitterで、年内で店を閉じるとの話が流れてきたからだ。長く多くの方に愛されてきた店。来月なんて、もうきっと沢山の方がお別れに来るだろうから、今のうちにとやって来た。

 

メニューが豊富で、さらには、品書きに書かれていないメニューもたっぷりとあって、食べていないものが余りに多過ぎる。そんな中でも、好きなものと云えば焼きそばだ。特に、豚肉とモヤシの焼きそばと、タイ式焼きそば。今日はどちらを戴こうか、昨晩からずっと悩んでいた。

 

お願いしたのは、豚肉とモヤシの焼きそば(1,080)。褐色の細麺の上に載る、麺よりも多いと思うほどにたっぷりと盛られた豚肉とモヤシの炒め物は、ゆるくトロリとする餡かけ風。熱感がたっぷりで、味も香りもされどのモヤシ。麺と絡めて啜ればシュルリ。咀嚼すればシャクシャクと響く音。自分が立てているのに、余りにも旨そうな音で、更に欲を駆り立てられて、夢中で箸を進めてしまう一品だ。

 

いつも混み合う店だが、注文が殺到して、今日はてんやわんや。同じように訪ねた人も多かったのかもしれないなぁ。数年前に焼きそばが(も)大好きだった店が閉店して、そして今年この店も。好きだと云い続け、伺い続けたいと思う今日。

 

【お店情報】

慶楽 有楽町1-2-8 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年11月15日

涵梅舫 日替わりランチ・海老と玉子炒め (銀座)

R0005374001

朝方の寒さに、今日は鳥豆腐と意気込んで、三州屋まで来たものの、12時前にも関わらず、店の外にまで行列が出来ている。うーん、これじゃぁなぁと回れ右をする。さて、どうするか。

 

温まるものといえば、向いのビルの肉団子鍋。同じビルなら豚肉のやまともある。そうだ、今日は木曜日。涵梅舫の木曜日の日替わりランチは、あの玉子炒めじゃないか。思い出したら、案の定、どうしても食べたくて、ベルビアへ足を向ける。

 

麻婆豆腐も好きだが、これも好きだ。黄色に所々散らばる薄桃色と萌黄色。口にすると、しっかりと焼けている表と柔らかいところがあるのが好きで、それに時折ぷりっとした海老の食感が混じるもの愉しい。それに品のいい塩ベースの味付け。玉子欲を存分に満たしてくれる量も好い。

 

帰りに再び三州屋の前を通れば、先程よりも長い行列。空いている隙を狙うしかないか。

 

【お店情報】

銀座涵梅舫 銀座2-4-6 銀座ベルビア館8F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月22日

慶楽 豆板冷麺 (有楽町)

R0004708005

舞い戻って来た猛烈な暑さに、こういう日こそ冷麺だろうと思い立つ。そういえば、久しく慶楽の冷麺も頂いてないな。それで、JR高架脇までやって来た。

 

記憶には、慶楽の冷麺は、ごまだれの芝麻冷麺(甘いの)、豆板冷麺(辛いの)、姜葱鶏冷麺(塩味)の3種類があったはずだが、今年は、季節メニューの姜葱鶏冷麺と海南鶏飯の上に、白い紙が貼って合って、目隠しがされている。

 

そうか――。豆板冷麺と姜葱鶏冷麺で、悩んでいたんだけどな。それなら悩む必要はないと、豆板冷麺をお願いする。

 

涼し気なガラスの皿の上には、赤と白と緑のコントラスト。大きくカットされた烏賊に旨味たっぷりと焼豚、叩いた胡瓜。それに、しっかりと締められた細い麺。赤みの割に辛さは程よく、こちらも過ぎない酸味が好ましいタレが絡まって、喉越しも爽やか。先程までの暑さもすっかり落ち着いて、やはり夏には、こんな一皿が嬉しい。

 

人気は相変わらずで、客が入れ替わり、立ち替わりやって来る。おねえさん方の客あしらいも相変わらずで、なんだか妙にホッとする。

 

【お店情報】

慶楽 有楽町1-2-8 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月27日

涵梅舫 マーボー豆腐 (銀座)

R0004442005

蒸し暑さにスカッとしたくて辛いもの。それで、思い出したのが涵梅舫の麻婆豆腐(1,080)。最近は、すっかり木曜限定の海老と玉子炒めに心を奪われているが、麻婆豆腐も大好きだ。

 

今日はいつも以上に混み合っているらしく、普段は使われていない手前の個室に案内された。食べたいものは決まっているし、木曜日でもないし、メニューブックを確認するまでもなく、麻婆豆腐をお願いする。

 

「熱いですので、お気を付け下さい」という台詞が必ず添えられて登場するマーボー豆腐。そして、徐に蓋を開けると、濛々と湯気が上がるのが、ここの麻婆豆腐の特長。それと同じくして広がる香りがまた好い。その様と香りだけでも、白飯が食べられる。

 

それに、辛さと山椒の痺れ具合。豆腐の滑らかさや、ゴロッと入る挽肉の噛み応え、コク味が次々とやって来て、実に賑やか。食べ終わりに近くなって、豆腐や挽肉の潜れたところを救ってご飯に乗せて頬張るのも、また好い。

 

食べ終わる頃には、汗も滲んで、気分もすっきり。こういう時、冷たいお茶が大変ありがたい。

【お店情報】

銀座涵梅舫 銀座2-4-6 銀座ベルビア館8F 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年7月23日

喜記 チャーシューと茹で鶏の生姜ソース添え (銀座)

R0004401001

昨年10月に日本初上陸として銀座にオープンした喜記。マッドクラブが看板料理の香港で有名なレストランで、オープン以来いろんな方がいらっしゃっているのを拝見して、天邪鬼が発動。それで今更ながらようやっと。

ランチタイムは、手軽なランチセットが充実していて、4種類から選ぶメインの料理にサラダとスープがつくランチセット(980)や、海老ワンタン麺に炒飯、少し値が張る特製ランチ。ランチセットの中から、チャーシューと茹で鶏の生姜ソース添えを貰う。

 

茹で鶏とチャーシューは、厚切りのものが5枚ずつ。しっとりとした茹で鶏には、葱がたっぷりで、一方のチャーシューは香ばしくてしっかりとした味わい。ご飯や粥もいいが、ビールがあったら最高だろうな。

 

ミニデザートや小鉢のオプションもあって、海老ワンタン麺にこの蒸し鶏やチャーシューをつけてみようか(そしてビールも)と考えるのも面白い。本領発揮は夜だろうが、昼はリーズナブルな昼飯処として重宝しそうだ。

 

【お店情報】

喜記(ヘイゲイ) 銀座6-3-11 西銀座ビル2F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月24日

SUGAR (阿佐ヶ谷)

R0004040001_3

レモンサワーの旨い季節がやって来た!

続きを読む "SUGAR (阿佐ヶ谷)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月17日

宝雲亭 (博多)

R0003637002

博多の夜は、やはり中洲。前に来たとき宿題にした小さな路地を目指したが、時間が早いせいと、気になっていた店の一つが臨時休業らしく、この時点では空振り。さて、どうしよう。先ずは、この界隈の散策だ。車が入れる通りよりも、細い路が好い。そうやって、何本か小路を漫ろ歩いている途中、賑やかな店を見つけた。

続きを読む "宝雲亭 (博多)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月24日

涵梅舫 日替わりランチ (銀座)

R0001364002_2

どうやら一旦火がつくと、なかなか消えない質らしい。いや、単に玉子が好きなだけか。先日エスペロで大好きな玉子炒めを食べたというのに、どうしても玉子が食べたくて、今日が木曜日だと気づくと否や、今日の昼は涵梅舫で日替わり(1,080)だと決めた。

 

木曜日の日替わり(というか、正確には曜日替わり)は、海老と玉子炒め。たっぷりの玉子にぷりっぷりの海老が入る大好物の一品だ。

 

真白い皿の上に乗る焦げ目一つないふわふわの黄色は、自分好みのしっかりと焼けている表と柔らかいところのある絶妙な焼き加減。シンプルながら華やかさを感じる味わい。この大好きな味わいの玉子が、メインの料理としてたっぷりとあるというのがこれの醍醐味。好きなものだけでお腹がいっぱいになる。なんて倖せだ。

 

他のメニュー同様、3種類の前菜とスープ、食後には杏仁豆腐がつく。これも好きだし、麻婆豆腐も好み、火曜日の日替わりも時々食べたくなるしで、本当に悩ましい。

 

【お店情報】

銀座涵梅舫 銀座2-4-6 銀座ベルビア館8F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧