2017年5月10日

一凛 油淋鶏とよだれ鶏の御膳 (築地)

R0000193003

14時少し前、東銀座。辛いものが食べたい気もするが、YOUのオムレツも捨てがたい。そう思いながらYOUの前まで来てみると、どこかで取り上げられたのだろうか、店の外にまで行列が出来ている。

ならば辛いもの。この辺りでと考えてみれば、思い出したのが一凛。以前から気になっていた店ではあるが、人気店で入りにくいこと、それに職場から少し遠いこともあって、来ていなかった店。特に、よだれ鶏のファンが多くて、ランチにも、それが入ったメニューがあるという。

 

L.O.直前だったが、快く迎えてくれて、お願いしたのは、油淋鶏とよだれ鶏の御膳(1,300円)。手際良く揃えてくれたのは、油淋鶏とよだれ鶏の他、勢いよく湯気の立つもち豚焼売にかき玉スープ。

 

メイン料理の油淋鶏は、しっとりとした肉質と衣のバランスの良さだろうか。一口食べた瞬間に、もう旨い!と思うやつ。それに、焼売はきれいな桃色。見た目は肉々しいのに、口にするととろけるようにほどけていく。その後に残る仄甘さも印象的。

 

よだれ鶏は、小鉢として少しのサイズではあるが、しっとりと柔らかい鶏の食べ心地の好いこと。それも然ることながらタレの素敵なこと。香辛料の他、パクチーやナッツ類も入って、香りも食感も豊か。残ったタレをご飯にかけて掻き込みたくなる。

 

好物の麻婆豆腐なんかも気にあるが、今一番気になるのは、よだれ鶏冷麺。これから来る暑い季節に、また一つ楽しみが出来た。

 

【お店情報】

東京チャイニーズ一凛 築地1-5-8 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月24日

御膳房 海鮮八宝菜 (銀座)

R0000012003_2

食べたかったのは八宝菜。どこでも食べられそうなメニューなのに、これが意外に思いつかない。あんかけ焼きそばや汁そば。中華丼なんかはいくつも思い出せるのに、八宝菜は出てこない。

 

確かあったんじゃないかと思って、やって来たのは御膳房。ビルの前に少しだけ出ているメニューを確認すると、あったあった。定番ランチセットの中に「海鮮八宝菜」(1,250)

 

「海鮮」と謳っているだけあって、海老に烏賊、帆立等々がふんだんに。さっぱりした塩味だからこそ、海老や烏賊のぷりぷりとした食感が映える気がする。

 

メインの料理に、サラダ、スープ、サーザイと小鉢、それに杏仁豆腐付き。提供が早いのも、短い昼休みにはありがたい。

 

【お店情報】

御膳房 銀座店 銀座2-6-5 銀座トレシャス11F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 4日

SON マーボー豆腐 (銀座)

Gr005142004_2

久しぶりに中央通り近くの銀座6丁目辺りまで来てみれば、気になるランチがいくつか。ここは、牛肉の塊やナッツが入った独創的な麻婆豆腐が印象に残っていた店。見れば、ランチメニューの数が増えていて、安価なメニューも増えている。その中にマーボー豆腐を見つけて、今はどうだろうかと気になって。

 

マーボー豆腐は、一番安価なビジネスランチ(950)の中の一つ。辛さが3種類からの選択。しばらくすると、想像していた以上に大きな器にたっぷりと運ばれてきた。記憶にあった印象的な肉やナッツはなくなっていたが、滑らかな豆腐の口当たりや辛さや痺れ感よりも、コクや旨みの強さは同じ。食べすすむほどに汗が滲むのだが。

 

スープにザーサイ、杏仁豆腐付き。スタイリッシュで高級感ある造りに、ゆったりとした雰囲気を考えれば安いくらいだ。他の料理も気になって来た。

 

【お店情報】

銀座 CHINESE CUISINE SON 銀座6-8-3 銀座尾張町TOWER 9階 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月28日

遊楽 サービスセット (有楽町)

Gr005073002

今日は中華だ。しかも街の食堂。それで、やって来たのは交通会館。ひょっとこ、キッチン大正軒、あけぼのの相変わらずの行列を横目に見ながら、フロアの真ん中ほどにある遊楽。交通飯店も人気だが、こちらも昼時には待つ人が出来る店。とはいえ、回転が速いから、それほど待たずに入れるのがありがたい。

ラーメンとチャーハンのセットに担担麺、中華丼に酢豚、レバニラ、マーボー豆腐と、らしいメニューが一通り。お願いしたのは、その日のサービスセット(850円)。今日はホイコーローだ。

メインの料理に盛りいいご飯、スープにザーサイが一揃い。ご飯が進むこっくりした味わいを纏ったキャベツに豚肉、彩りのパプリカ。春だからだろうか、キャベツが程よく柔らかく甘くて、そういえば、今日は春らしいいい陽気だと改めて思って、気分が弾む。店の方のソツのない動きがまた素敵だ。

それにしても、余裕がなくとも、せめて30分位は外に出ないな。

【お店情報】

遊楽 有楽町2-10-1 東京交通会館B1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 7日

頤和園 麻婆豆腐 (京橋)

Gr004916001_2

八重洲で働く元同僚と会うことになって、それならここにしようと約束。今月1日、京橋エドグランの6階にオープンした中国料理の頤和園(イワエン)。客席数の多さも選んだ理由だったが、オープンして間もないというのに、ほぼ満席。少し遅ければ相席だったらしい。

 

名物は、胡麻風味の豊かな担担麺だそうだが、麻婆豆腐と見つけたならば、ついついこちらを選んでしまう(980)。すぐに、スープにザーサイ。それにお櫃入りのご飯。食べ放題と書いてあるが、二人でも食べ切れないくらいの立派な量だ。

 

麻婆豆腐は、スパイシーさはあるものの、辛味や痺れは割と穏やか。けれども、ここの素敵なところは、テーブルに山椒のミルが備えてあること。ゴリゴリと挽けば、香り豊か。

 

料理の提供の早さも、とてもうれしい。担担麺のほか、焼売2種盛り定食や週替わりの定食が8種類。他にも汁そば、焼きそば、炒飯など、種類豊富。帰りに気が付いたが、一口杏仁豆腐やランチビールは50円だそうだ。


【お店情報】

頤和園 京橋エドグラン店 京橋2-2-1 京橋エドグラン6F ぐるなび

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月10日

涵梅舫 マーボー豆腐 (銀座)

Gr004742002
食べたいのは辛いもの。それならアレだ!とやって来たのは、涵梅舫。好きな麻婆豆腐(1,080)がここにある。

 

蓋を取ると濛々と湯気が上がるのが、ここの麻婆豆腐の特長。それと同じくして広がる香りがまた好い。その様と香りだけでも、白飯が食べられる。

 

それに、辛さと山椒の痺れ具合。豆腐の滑らかさや、ゴロッと入る挽肉の噛み応え、コク味が次々とやって来て、実に賑やか。食べ終わりに近くなって、豆腐や挽肉の潜れたところを救ってご飯に乗せて頬張るのも、また好い。

 

いつものように熱々で、いつもの辛さと痺れだったが、珍しく今日は、汗をかくというよりも、頭皮の毛穴が開く感じがする。ホントのことは分からないが、体がこれを欲していたのに違いない。

 

【お店情報】

銀座涵梅舫 銀座2-4-6 銀座ベルビア館8階 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 8日

東生園 にらたま定食 (銀座)

Gr004734001_2
玉子が食べたい。もう少し云えば、玉子焼きや目玉焼きより、オムレツだ。思いつくところといえば、松若のオムレツか、オーバカナルのオムレツ。あっ、そうか。あれもオムレツみたいなもんだと思い付いたのが、東生園のにらたまだ。

 

 「ニラ玉」は、いろんな様相をしたものがあるが、ここのは、オムレツタイプ。しかも、外はしっかりと香ばしいが、中はとろり。たっぷりと玉子が使ってあるのも、玉子好きには堪らない。食べるところによって、香ばしくも、とろとろと柔らかくもあり、油の香り、所々に表れるシャキシャキとしたニラの食感と香りも違って楽しい。それに、食べ終わるまで熱々というのも、旨い理由だ。

 

野菜がたっぷり入った優しいかき玉スープに、麻婆豆腐。サーザイもたっぷりとボリューム満点、大満足。昼飯に相応しい玉子料理の一つに挙げたい。

 

【お店情報】

東生園 銀座6-2-7 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 4日

交通飯店 野菜炒め (有楽町)

Gr004493003
新年おめでとうございます。今年は、もっと意欲的に欲求に忠実に、そしてもう少し週末の記事を増やしたいと思ってはおりますが、相変わらず、酔狂・偏愛丸出しのブログになることと思います。懲りずに、今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

さて、凝った美味しい料理に恵まれた年末年始が過ぎて、そろそろ普通の旨い料理に自然と気が向いてくる。とはいえ、まだ営業を始めていない店も多く、「開いていたらいいな」と覗いてみたのが、交通飯店。

 

営業はしているものの、周りの店がやっていないこともあって、行列あり。とはいえ待っているのは2人だけで、これなら他を探すより、待ったほうが早いだろうと後ろに並ぶと、女将さんが顔を出して、「お一人の方いらっしゃいますか?」と声をかけてくれた。

 

結局待たずして店に入って、お願いしたのは野菜炒め。火柱を上げて、ガンガン鍋を鳴らして炒め上げるのがこの店の特長。野菜炒めも、食欲を誘う熱と油の好い香りがして、野菜はシャクシャク。小ライスのセット(スープ、お新香付き)で800円。

 

サクッと食べて席を立てば、すっかり正月気分は抜けてしまった。ちなみに、ひょっとこは営業開始済み。キッチン大正軒とあけぼのは、5日からの営業とのこと。

 

【お店情報】

交通飯店 有楽町2-10-1 東京交通会館B1 地図

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年12月14日

雪園 牡蠣と豆腐のピリ辛石鍋ごはん (京橋)

Gr004200005
この時期、愉しみにしているものの一つが、雪園の牡蠣と豆腐のピリ辛石鍋ごはん(1,340)だ。けれども、ここ数年、昼時は満席になっていることが多く、食べたいときに食べられない。1シーズンに一度出合えればいいところ。それで、遅い時間ならばどうだとやって来た。

 

店のエントランスまで来ると、見慣れた「満席」を知らせる立て看板。ドキッとして案内係の方と目を合わせると「お一人ですか?」とのこと。すぐに空席状況を確認してくれたが、テーブルを片付ける時間が必要だったのだろう。少し待って「3階へどうぞ」と案内された。

 

2時頃だというのに、まだまだテーブルには食事中の方々が何組も。なるほどこの時間でこの状況なら、ピークタイムは入れないはずだ。

 

さて、お愉しみの石鍋ごはん。石鍋にクツクツと沸き立つ姿がそそる。火傷するのは分かっているのに、堪らず口に放り入れれば、案の定熱くてハフッと咽るが、落ち着いて噛むと、辛みと熱さの下から、牡蠣の香りとふくよかな身の旨みが広がる。牡蠣にすっかり気を奪われてしまうが、こっくりとしたコク味を存分に吸いこんだ豆腐が、また好い。この熱、この味わいは冬にぴったりだ。

 

和え物に、コーンスープ、ザーサイや大根の漬物、タピオカのデザート付き。日常のランチとしては少々高いが、それに見合う満足感。なんとか今シーズン中にもう一度。

 

【お店情報】

雪園 京橋店 京橋3-6-3 ぐるなび

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月 9日

涵梅舫 マーボー豆腐 (銀座)

Gr004125002
食べたいのは、麺ではない辛いもの。とすると、麻婆豆腐かスンドゥブチゲか。最近食べてないのはどっちだろう?どちらも好物だから、それほど遠い話ではないと思うが、1か月ほど遠い日に食べた、麻婆豆腐に決める。

 

麻婆豆腐ならば、ここだ。涵梅舫。何とかの一つ覚えみたいだが、好きなんだから仕方がない。

 

蓋を取ると濛々と湯気が上がるのが、ここの麻婆豆腐の特長だが、今日は鍋蓋にかぶせた布巾を通しても、湯気がプシューっと上がるほどにグツグツアツアツ。山椒もいつもよりきいて、あゝ、正にこの味が食べたかったんだ。

 

前菜に玉子スープ、食後には杏仁豆腐がついて1,080円。満足したら、あの美しい海鮮湯面が食べたくなってきてしまった。

 

【お店情報】

銀座涵梅舫 銀座2-4-6 銀座ベルビア館8階 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧