2018年7月27日

涵梅舫 マーボー豆腐 (銀座)

R0004442005

蒸し暑さにスカッとしたくて辛いもの。それで、思い出したのが涵梅舫の麻婆豆腐(1,080)。最近は、すっかり木曜限定の海老と玉子炒めに心を奪われているが、麻婆豆腐も大好きだ。

 

今日はいつも以上に混み合っているらしく、普段は使われていない手前の個室に案内された。食べたいものは決まっているし、木曜日でもないし、メニューブックを確認するまでもなく、麻婆豆腐をお願いする。

 

「熱いですので、お気を付け下さい」という台詞が必ず添えられて登場するマーボー豆腐。そして、徐に蓋を開けると、濛々と湯気が上がるのが、ここの麻婆豆腐の特長。それと同じくして広がる香りがまた好い。その様と香りだけでも、白飯が食べられる。

 

それに、辛さと山椒の痺れ具合。豆腐の滑らかさや、ゴロッと入る挽肉の噛み応え、コク味が次々とやって来て、実に賑やか。食べ終わりに近くなって、豆腐や挽肉の潜れたところを救ってご飯に乗せて頬張るのも、また好い。

 

食べ終わる頃には、汗も滲んで、気分もすっきり。こういう時、冷たいお茶が大変ありがたい。

【お店情報】

銀座涵梅舫 銀座2-4-6 銀座ベルビア館8F 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年7月23日

喜記 チャーシューと茹で鶏の生姜ソース添え (銀座)

R0004401001

昨年10月に日本初上陸として銀座にオープンした喜記。マッドクラブが看板料理の香港で有名なレストランで、オープン以来いろんな方がいらっしゃっているのを拝見して、天邪鬼が発動。それで今更ながらようやっと。

ランチタイムは、手軽なランチセットが充実していて、4種類から選ぶメインの料理にサラダとスープがつくランチセット(980)や、海老ワンタン麺に炒飯、少し値が張る特製ランチ。ランチセットの中から、チャーシューと茹で鶏の生姜ソース添えを貰う。

 

茹で鶏とチャーシューは、厚切りのものが5枚ずつ。しっとりとした茹で鶏には、葱がたっぷりで、一方のチャーシューは香ばしくてしっかりとした味わい。ご飯や粥もいいが、ビールがあったら最高だろうな。

 

ミニデザートや小鉢のオプションもあって、海老ワンタン麺にこの蒸し鶏やチャーシューをつけてみようか(そしてビールも)と考えるのも面白い。本領発揮は夜だろうが、昼はリーズナブルな昼飯処として重宝しそうだ。

 

【お店情報】

喜記(ヘイゲイ) 銀座6-3-11 西銀座ビル2F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月24日

SUGAR (阿佐ヶ谷)

R0004040001_3

レモンサワーの旨い季節がやって来た!

続きを読む "SUGAR (阿佐ヶ谷)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月17日

宝雲亭 (博多)

R0003637002

博多の夜は、やはり中洲。前に来たとき宿題にした小さな路地を目指したが、時間が早いせいと、気になっていた店の一つが臨時休業らしく、この時点では空振り。さて、どうしよう。先ずは、この界隈の散策だ。車が入れる通りよりも、細い路が好い。そうやって、何本か小路を漫ろ歩いている途中、賑やかな店を見つけた。

続きを読む "宝雲亭 (博多)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月24日

涵梅舫 日替わりランチ (銀座)

R0001364002_2

どうやら一旦火がつくと、なかなか消えない質らしい。いや、単に玉子が好きなだけか。先日エスペロで大好きな玉子炒めを食べたというのに、どうしても玉子が食べたくて、今日が木曜日だと気づくと否や、今日の昼は涵梅舫で日替わり(1,080)だと決めた。

 

木曜日の日替わり(というか、正確には曜日替わり)は、海老と玉子炒め。たっぷりの玉子にぷりっぷりの海老が入る大好物の一品だ。

 

真白い皿の上に乗る焦げ目一つないふわふわの黄色は、自分好みのしっかりと焼けている表と柔らかいところのある絶妙な焼き加減。シンプルながら華やかさを感じる味わい。この大好きな味わいの玉子が、メインの料理としてたっぷりとあるというのがこれの醍醐味。好きなものだけでお腹がいっぱいになる。なんて倖せだ。

 

他のメニュー同様、3種類の前菜とスープ、食後には杏仁豆腐がつく。これも好きだし、麻婆豆腐も好み、火曜日の日替わりも時々食べたくなるしで、本当に悩ましい。

 

【お店情報】

銀座涵梅舫 銀座2-4-6 銀座ベルビア館8F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月13日

一番餃子屋 (那覇・安里)

R0002880002

これだから、旅はやめられない。

続きを読む "一番餃子屋 (那覇・安里)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 7日

交通飯店 きくらげ豚肉玉子炒め (有楽町)

R0003686001

時々無性に来たくなる交通飯店。けれども、交通会館の中でも指折りの人気店で、行列が出来ていることが多い店。行列が出来ているようなら、諦めようと思ってやって来たら、運のいいことに、前にはお一人が待っているだけ。よし、これなら待とうと待っていると、すぐに席を立つ方がいらっしゃって、早々に席に在りつけた。

 

炒飯がとても人気で、多くの方が炒飯単品か、半炒飯に餃子をつけた餃子セットを頼む中、お願いしたのは、きくらげ豚肉玉子炒めと小ライスのランチセット(800)

 

ここのは、「きくらげ」が品書きの一番初めに書いてあるとおりに、木耳が主役。皿の上の半分は黒褐色。ちなみに、注文も「きくらげ」で通る。木耳は、量だけでなく、一つ一つがそれぞれ立派で、食感はシャクシャク。お馴染みの玉子や豚肉は、熱と油の香りがして、さすが、火柱を上げて、ガンガン鍋を鳴らして炒め上げるこの店の味だと思う。

 

回転がいいが、それでも空席はほぼない繁盛店。待っている方がいるかもしれないからと、早々に席を立つと、外には長い行列が出来ていた。

 

【お店情報】

交通飯店 有楽町2-10-1 東京交通会館B1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 2日

御膳房 鶏肉団子と野菜の辛味煮込み (銀座)

R0003661001_2

昨日の反省を生かして、人気店は避けよう。一方で、個人店では休みの店もある。それと、決めていたのは、今日は豚肉はやめておこうということ。最近のランチを見直すと、豚肉率の高いこと。好きだから別にいいのだけれど(昨晩も食べた)、敢えて今日は外すことに。

 

そうすると、メニューの選択肢が多そうなのは、中華だろうか。ここなら、観光の客も多くはないだろうし、料理の提供も安定している。それで、トレシャスにある御膳房にやって来た。

 

日替わりや週替わり、定番のメニューを眺める。あゝ、ここでも角煮やら黒酢酢豚が目に入るが、から揚げ、ホイコーロー、エビチリ等々、豚肉以外のメニューも豊富。中から週替わりの一つだった、鶏肉団子と野菜の辛味煮込みをお願いする(1,050)

 

こんもりと山のような肉団子が、赤いスープに浸ってやって来た。ふんわり食感やわらかな団子には筍だろうか、食感の違う食材も入っていて好感。そんな団子の下には、もやし等の野菜や厚揚げもたっぷり。辛味と穏やかながらもスパイスが香って、我ながら、好きな感じのいい選択だったと悦に入る。

 

サラダに小鉢、スープ、杏仁豆腐のデザート付き。あと半日の間に収めてしまいたい駆け込み仕事のために、急ぎ足で職場に戻ろう。


【お店情報】

御膳房 銀座店 銀座2-6-5 銀座トレシャス11F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 9日

伊萬里 A5和牛本格石焼麻婆豆腐 (銀座)

R0003407001

期間限定メニューでも、焼肉サービスは健在。

続きを読む "伊萬里 A5和牛本格石焼麻婆豆腐 (銀座)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年4月 5日

涵梅舫 マーボー豆腐 (銀座)

R0003371001

今日はどうしても、ここのマーボー豆腐(1,080)。土鍋から噴き出すほどに熱々で、程よく山椒が効いたアレ。今日木曜日の日替わりが、大好きな玉子炒めの日だと分かっていてもだ。

 

「熱いですので、お気を付け下さい」という台詞が必ず添えられて登場するマーボー豆腐。そして、徐に蓋を開けると、濛々と湯気が上がるのが、ここの麻婆豆腐の特長。それと同じくして広がる香りがまた好い。その様と香りだけでも、白飯が食べられる。

 

それに、辛さと山椒の痺れ具合。豆腐の滑らかさや、ゴロッと入る挽肉の噛み応え、コク味が次々とやって来て、実に賑やか。食べ終わりに近くなって、豆腐や挽肉の潜れたところを救ってご飯に乗せて頬張るのも、また好い。

 

ベルビアの定点観測としては、8階のtetote3月で閉店した模様。

 

【お店情報】

銀座涵梅舫 銀座2-4-6 銀座ベルビア館8F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧