2017年10月18日

涵梅舫 日替わりランチ・海鮮入り豆腐の塩味煮込み (銀座)

R0001654002

スープのあるランチが好いとある店に向かったところ、今日のスープが何だか今日の気分ではなく、どうしたものかと考える。場所は銀座2丁目。そうだ、涵梅舫の木曜(海老と玉子炒め)以外の日替わりランチ(1,080)は何だろうと閃いた。つい先日伺ったばかりだが、気になるんだから仕方ない。

 

店前に出ているメニューを確認すると、今日は海鮮入り豆腐の塩味煮込みとある。思い起こすのは、海鮮湯麺。これは絶対好きに違いない。

 

前菜と玉子のスープに続いて、目当てのそれがやって来た。美しい餡にたっぷりと漬かる豆腐と烏賊や海老。それに彩りを添える野菜たち。見た目の色合いよりもずっと濃い旨味。それに、とろみがあるから熱をずっと保って、これから先の寒い季節に格別だと思う。

 

こうなると、他の曜日が益々気になって来るというもんだ。月・火・金。どこから攻めようか。

 

【お店情報】

銀座涵梅舫 銀座2-4-6 銀座ベルビア館8F 地図

【おまけ】

明日19日は、東京国際フォーラムのレストランのランチ半額デー。レバンテのカキフライランチも半額。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月12日

涵梅舫 日替わりランチ (銀座)

R0001611002

久しぶりに、松若のオムレツが食べたくて、やって来たものの、外から中を覗いてみると、生憎の満席。でも、すっかり玉子を食べる口になってしまっているから、エスペロへ行こうかと思ったが、そういえば、今日は木曜日。涵梅舫の日替わりが「海老と玉子炒め」の日ではないか。

 

もう、前に頂いて、すっかりファンになった一品。たっぷりの玉子炒めとぷりぷりの海老。好みのしっかりと焼けている表と柔らかいところのある焼き加減。それに品のいい塩ベースの味付け。玉子欲を存分に満たしてくれる量も素敵だ。

 

昼時でも、割と落ち着いた店だが、今日は予約の大人数のお客様の他、続々と客がやって来て、満席の大賑わい。そうそう、他の曜日のメニューも確認しなければ。

 

【お店情報】

銀座涵梅舫 銀座2-4-6 銀座ベルビア館8F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月25日

頤和園 麻婆豆腐 (京橋)

R0001393004

麻婆豆腐が食べたいと思ったら、パッと浮かんだのが、頤和園の麻婆豆腐(980)。オープン当初に伺って以来だから、半年ぶりくらい。

 

京橋エドグランの6F100席近い席数があるというにも関わらず、10人近い方が自分の前で待っている。すっかりランチの店として定着したんだなぁと思う一方、回転は速く、「相席でよろしければ」と5分と待たずに案内された。

 

麻婆豆腐は、スパイシーさはあるものの、辛味や痺れは割と穏やか。けれども、ここの素敵なところは、テーブルに山椒のミルが備えてあること。ゴリゴリと挽けば、香り豊か。それにご飯はお櫃事。二人前といってもいい位に十分な量。それにザーサイ、スープ付き。

 

相席になった方々は、人気の担担麺に、麻婆豆腐。それに具沢山の海鮮湯麺。けれども、一番印象的だったのは、隣の方の、アオリイカと季節野菜のハムユイソース炒め。あの香りは堪らない。


【お店情報】

頤和園 京橋エドグラン店 京橋2-2-1 京橋エドグラン6F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月14日

涵梅舫 日替わりランチ (銀座)

R0001364001

珍しく「これが食べたい!」というのが湧いてこない。それで、好きな店が並ぶ銀座1丁目から2丁目の辺りをうろうろして、ベルビア館までやって来た。久しぶりにあの大好きな麻婆豆腐にしようか、と涵梅舫までやって来ると、これまで目にしたことのなかった「日替わりランチ」(1,080)というメニューが見える。

 

しかも、今日のメニューは「海老と玉子炒め」。あゝ、これは玉子の神様が引き寄せてくれたに違いない。

 

いつもの玉子スープと前菜に続いて、玉子炒めがやって来た。おう、これは見るからに好きなやつ。たっぷりの玉子炒めとぷりぷりの海老。好みのしっかりと焼けている表と柔らかいところのある焼き加減。それに品のいい塩ベースの味付け。アクセントの葱。こちらで海鮮湯面を頂いたことのある人なら、あの感じと云えば分かるだろう。それにしても、好きなものだけでお腹いっぱいになるって幸せだ。

 

テーブルにあった日替わりメニューには「木曜日」と書いてあった。ということは、日替わりというよりも曜日替わりなんだろうか。それを確かめに、また来なくては。

 

【お店情報】

涵梅舫 銀座涵梅舫 銀座2-4-6 銀座ベルビア館8F 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月29日

沁馥園 麻と辣の土鍋麻婆豆腐 (銀座)

R0001240001

連日の麻婆豆腐行脚。今日は6丁目の沁馥園。嘉禅の並び、先月オープンのまだ新しい中国料理店。前に1,000円からランチがありますとチラシを頂いて、ホームページを見てみれば、麻婆豆腐があると知って、気になっていたところ。 

ランチメニューは、麻婆豆腐が一番安価(1,000円:税別)で、他、黒酢豚や長茄子と豚挽肉の炒め等のセットもの、タン麺やサンラータン麺、コース等。

 

セットは、シェフの気まぐれサラダから。鴨肉の他、ナッツや香菜などが入って香りや食感が豊か。その後には、体に沁み込む鶏肉と野菜の蒸しスープ。

 

麻婆豆腐は、土鍋でグツグツと運ばれてくる。赤みよりも黒い印象の麻婆豆腐は、なるほどコク味や肉の旨味がたっぷりと。それに山椒が程よく効かせて。それにどこか品があって、好きだなぁ、これ。食後には、ジュレやフルーツが乗った見た目も美しい杏仁豆腐。

 

お茶は温かいのと冷たいのを聞いてくれたり、居心地も良い。「またメニューも変わりますので是非」と案内頂いたし、また次を愉しみに。

 

【お店情報】

GINZA沁馥園(しんふうえん) 銀座6-5-17 銀座みゆき館ビル6F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月28日

クラフトビールタップ シノワ 四川風麻婆豆腐セット (銀座)

R0001226003

麻婆豆腐がメニューに並ぶ店が幾つか気になっていて、今日はその一店。ハンズメッセ開催中のマロニエゲートの11階。以前はクラフトビールレストランという印象だったが、いつの間にやら、クラフトビールと創作中華の店に変わっていたらしい。

 

ランチメニューも一変していて、鶏そばや麻婆豆腐、黒酢酢豚、エビチリ、担担麺等が並ぶ(1,200円~)。油淋鶏にも惹かれたが、今日の目的は麻婆豆腐のセット(1,200)

 

続きを読む "クラフトビールタップ シノワ 四川風麻婆豆腐セット (銀座)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月21日

嘉禅 平日限定サービスランチ (銀座)

R0001199003

別の店に向かうつもりで外堀通りを歩いていたが、やっぱり――と後ろ髪を惹かれて、嘉禅へ出向く。前にとても感じのよい料理と接客で、そのうちにまた必ずと気にしていた店。オープン直後に伺って、ちょうど2か月。変わっているだろうかとドキドキする。

 

フカヒレのランチなども人気らしいが、今日も平日限定のサービスランチ(1,200)。毎週火曜日のメニューが変わるそう。今日は、国産サーロインと蒸し茄子の自家製の辣油ソース。

 

続きを読む "嘉禅 平日限定サービスランチ (銀座)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 9日

遊楽 サービスセット (有楽町)

R0000981001

息をするのも苦しいくらいの今年一番の暑さ。もう少し先まで足を延ばそうかとも思っていたが、思わず東京交通会館に逃げ込んだ。

 

行列が出来る店も多いココ。ひょっとこに、キッチン大勝軒、あげぼの、それに交通飯店も長い行列。あゝ、遊楽。昼時には、サラリーマンで一杯になる中華食堂。店定番の定食類の他に、日替わり的なサービスセット(850)というのがあって、今日は何だろうと確認するのが一つの愉しみである。

 

今日は、「鶏肉の辛し炒め」。薄くそぎ切りにした鶏肉と筍や人参、獅子唐、キクラゲなどの野菜を辛い味付けで炒めたもの。あっさりとした鶏肉に、シャクシャク、シャキシャキ、プチリと様々な野菜の食感。何よりピリリと辛い味付けがご飯を進めるし、この暑さにとても似合い。

 

いつもはサラリーマンばかりだが、今日は家族連れに外国人観光客と多彩な顔触れ。店を出ると、キッチン大勝軒もびっくりの行列だった。

 

【お店情報】

遊楽 有楽町2-10-1 東京交通会館B1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 2日

一凛 よだれ鶏冷麺とお粥の御膳 (築地)

R0000931003

築地まで来る都合がつけられて、夏の間に来ようと思っていた一凛へ来る。目当ては、よだれ鶏冷麺。前に伺ったときに頂いたよだれ鶏が忘れられず、夜に来るという手もあるが、ランチのよだれ鶏冷麺を頂いてみたいと思ってのこと。

 

ラストオーダーの直前。快く迎えてくれたが、その後からも続々と客がやって来る。流石人気店というものだ。一応メニューに目を通すが、今日は目移りしない。よだれ鶏冷麺は、お粥ともち豚焼売とのセット(1,300円)。

 

手際よく拵えられた冷麺は、美しく装われてやって来た。パクチーや葱の濃淡ある緑に、ナッツの茶色。鶏の桃色。それにタレの赤色と色鮮やか。だからこそ、もったいないとは思うけれど、全部を混ぜて頂くのがいいに違いない。

 

遠慮なくかき混ぜると、先日印象的だった香りがふわり。細い麺とともに啜り上げると、それは益々濃くなって、食感の鮮やかさが更に味わいを深くする。

 

テーブル備え付けの青唐辛子の醤油漬けを加えたり、ピクルスで口直しをしたりと、愉しみが尽きないのも嬉しいところ。今度はいつ来られるだろうか。麻婆豆腐なんかも気になっているんだ。

 

【お店情報】

東京チャイニーズ一凛 築地1-5-8 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月31日

御膳房 ラム肉とタマネギのクミン炒め (銀座)

R0000903001_2

食べたかったのは黒酢の酢豚。記憶によればきっとあると踏んだのが、御膳房と敦煌。両店とも、店の前にメニューが出ているから、確認して入ろうと思っていた。

 

まず向かったのは御膳房。おぉ、あるある。黒酢の酢豚。ちなみに週替わりってなんだろうと目を向けると、「ラム肉とタマネギのクミン炒め」(1,050)と書いてある。ラム肉!に、クミン!なんて素敵な響き。好物ばかりだ。

 

けれども今日は黒酢酢豚と、並びにある敦煌のランチも確認する。すると、こちらにも「黒酢豚」。これは困った。どうしよう。

 

50mくらいの間で悩む悩む。暫く考えて、やっぱり気になるのは、ラム肉にクミン。届いたのは。色合いも地味な、豚肉の生姜焼きといっても好い見た目。けれども、ふらりとクミンの香りが漂って、何ともそそる。口に入れれば、溢れるラムらしい香り。玉ねぎもシャクシャクとして、今日は好いものに出会ったな、これは。

 

サラダとスープ、揚げ雲呑、杏仁豆腐付き。料理の提供が早いもの、短い昼休みには有難い。

 

【お店情報】

御膳房 銀座店 銀座2-6-5 銀座トレシャス11F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧