2019年1月18日

ねぎポ しょうが焼き (有楽町)

R0006172002

レバンテでカキフライと意気込んでやってきたが、中を見ると満席。本格的な牡蠣のシーズン。そりゃ、食べたくなるよねと、残念に思いながらも、同志よ!とも思う。

 

さて、どうしたものか。牡蠣の流れで、牡蠣の天ぷらという手もあるが、久しぶりにと国際フォーラム横、JRの高架下にあるねぎポ。牛たんでお馴染みのねぎしがやっている豚肉料理店。とんかつに、とんてき、しょうが焼き、ハンバーグやロールキャベツにスンドゥブも、全部豚肉を使っていて、今一番のお気に入りは、しょうが焼きだ(セット1,000円)。

 

肉厚だが柔らかく、たっぷりと乗る玉葱と一緒に頬張りたいしょうが焼き。生姜のすりおろしが添えられていて、しょうが焼きにつけてもいいし、スープに入れても好いというところも好きだ。しょうが焼きの脇に、スパゲティーサラダが盛られているのが好きだったがなくなってしまったのが残念だが、代わりに、小鉢が付くようになったのは嬉しい。温泉玉子に漬物、なめ味噌なども付いていて、ご飯のおかずに事欠かない。

 

ランチのピークタイムには行列が出きるほどに定着した模様。寒い日にチーズがのったロールキャベツなんかも食べてみたい。

 

【お店情報】

ポークポークポーク ねぎポ 有楽町店 丸の内3-6-1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月17日

三州屋 天然ぶり叩きとライス (銀座)

R0006157001

鳥豆腐が食べたくて、三州屋。自分の目の前で、二人ほど先に店に入っていったから、席があるかどうか心配だったが、開いた扉からそっと覗いてみると、会計をしている人もいるし、少し余裕がありそうだ。

 

ここへ来る道すがら、注文するものはもう決めていたが、一応とホワイトボードを見遣って、あゝ、今日もちゃんとある。おしぼりと箸を持ってきてくれたお姐さんに、「天然ぶり(1,100)を」とお願いする。

 

鳥豆腐の熱々の旨味の濃いスープ。コクリと飲むと温みと旨味が体に染みわたる。豆腐に鳥。それに春菊。これには、この香りがないと寂しいと最近思う。ブリ叩きも見事なこと。ちょいと山葵を付けて、口に放り込むと、載った脂がじわりと溶けて、噛むとむっちりとした身の旨さに頬が緩む。

 

終始、席はほぼ満席で、自分も「ご馳走様」と席を立つと、新たな客が入ってくるという相変わらずの繁盛ぶり。そういえば、カキフライご無沙汰しているなぁ。

 

【お店情報】

三州屋 銀座店 銀座2-3-4 地図

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2019年1月16日

ヴィラモウラ 豚肉とあさりのアレンテジャーナ (銀座)

R0006146001

和食とか、中国料理とか、イタリアンとか、そうじゃないものが食べたい。ありがたいことに、この界隈には、いろんな国の料理を出す店が結構あって、あの店、この店と思い浮かべる。

 

その中の一つが、ポルトガル料理店のヴィラモウラ。ランチタイムにも、ポルトガル的な料理が頂ける。今日は日替わりに、豚肉とあさりのアレンテジャーナがあって、これを。

 

お店の方から、豚肉とあさりのパプリカペーストを使った煮込みとの説明があったが、先ずは、その香りが、コリアンダーやレモンを含んだ香りで、今日食べたかった感じのもの。それに、このボリューム。大きさのある豚肉に、あさりは殻入れが山盛りになるくらいにたっぷり。豚肉とあさりは喧嘩することなく、旨味が融合。パンを貰ったが、ライスを貰って、残ったスープに入れてみたかった(もちろん、パンをスープにたっぷり吸わせても旨かった)。

 

サラダと食後にドリンク付き(1,000)。地下にあってランチタイムでも夜っぽい雰囲気だが、広く開放的で、目配りが利いていて、ゆったりと過ごせるのも好いところ。寒いには、グラタンもいいだろうなぁ。

 

【お店情報】

ヴィラモウラ 銀座本店 銀座6-2-3 ダイワ銀座アネックス B1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月15日

紅蘭 野菜炒め定食にシューマイ (築地)

R0006123002

久しぶりにヤナギだと向かったものの、路地を入ると、営業している様子がない。どうやら貼り紙がしてあると近づくと、「二月から営業再開します」とのこと。再開が決まっているのはうれしいが、どうされたのだろうかと心配になる。

 

一方で、今日のランチをどうするかだ。有難いことに、この辺りは魚竹や蜂の子を始めとして沢山あるエリア。一悩みして、今日は紅蘭。湯気の上がる熱々シューマイを戴こうと思ってのこと。

 

一難去ったが、また一難。シューマイがセットになった盛り合せ定食か、それとも野菜炒めやチャーシューネギラーメンにシューマイを付けるか、それが問題だ。結局決めたのは、野菜炒め定食(1,000)にシューマイを一つ(130)。店に入ったとき、手前の方々が挙って野菜炒めだったから、視覚的にもうそれ!となってしまった。

 

奥ではご主人が野菜を炒める音がして、目の前の蒸籠からは、湯気とともにシューマイが表れる。カウンターでは美味しそうに頬張る人か、自分の番を大人しく待っている人。好い景色だ。

 

運ばれてきた野菜炒めは、素朴に見えるが、掴まれる。しっかり炒められての香りと歯触り。余計なもの、足りないもののない味付け。そして、食べ終わった後の皿の綺麗なこと。シューマイは、見た目にはごろんと大振りで肉感あふれるが、味わいは素朴、かつ真摯で、そして品がいい。セットのスープも相変わらず美しく旨みたっぷり。ワンタンの滑らかな舌触りも素敵だ。あと、瑞々しい漬物も。

 

寡黙なご主人とにこやかなお母さん。それに明るいお嬢さんで、気持ちよく営んでいる姿がとても好きだ。それに、清潔で、昔からの仕事をキチンとやっている感じが好い。ファンが多いのも頷けるというものだ。

 

【お店情報】

紅蘭 築地2-8-8 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月14日

Bistro COBACO (高円寺)

R0005637001_2

ほんわかした雰囲気と旨い料理の止まり木。1周年おめでとうございます。

続きを読む "Bistro COBACO (高円寺)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月11日

EIKO スンドゥブチゲ (銀座)

R0006072002

何だか風邪をひきそうな気配。こういうときは、先ず温めることだと、温まるものをあれこれと考える。好物の大きな茶わん蒸しが、熱を伴って喉から胃へと落ちていくのなんて、好いなと思ったが、やっぱり汁物。久しぶりにEIKOで、チゲかソルロンタンだとやって来る。

 

ソルロンタンかスンドゥブか。体に良さそうなのはソルロンタンだろうが、そこまで体調が悪いわけではないし、スンドゥブ自体がご無沙汰だ。それに、何といったって玉子。それで、スンドゥブチゲ(880)をお願い。

 

今日はいつも以上に景気よく、湯気が濛々。フーフーと火傷しないように注意して飲むスープは、辛いだけではなく自然な旨みがあって旨い。続いて、あふあふと豆腐やあさり、玉葱。肝心の玉子は最後のほうまで残しておいて、少し残したスープにご飯を入れて、辛いおじやみたいに食べる。これが愉しみ。

 

相変わらず人気で、今日も相席必至の繁盛ぶり。今週末も寒くなりそうですから、皆様もどうぞご自愛下さい。


【お店情報】

EIKO 銀座本店 銀座1-5-2 西勢ビルB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月10日

銀座羊屋はなれ ネギ塩ラム肩ロースセット (銀座)

R0006057001

どうしても肉。肉を焼きたい。それで、やって来たのは、3丁目にある銀座羊屋はなれ。王十里サランチェで昼をとった帰り、ここランチやっていたんだと気付いた店。店名のとおり、羊肉がウリの焼肉店。ランチメニューにも、ラム肉があって、今日はこれが目当て。

 

ラムの焼肉は3種類あって、一番人気というネギ塩ラム肩ロースセット(1,100)をお願いする。コンロに火が入ると、一気に回りが暖かくなる。なるほど、寒い日には鍋が思いつくが、焼肉という手もあるんだな。

 

早々に届いたラム肉は8切ほど。ネギ塩と胡麻がたっぷりと乗せられている。網に乗せて、煙が出たり、じわじわと脂が滲み出したりするのを見ていると、なんだかワクワク。いつまでだって見ていられそう。頃合いを見計らって、パクリと頬張ると、柔らかく、想像以上にクセがない。一人だと、遠慮なく自分のスピードで焼けるというのも有難い。

 

サラダとご飯、味噌汁がセット。ラム以外にも、和牛カルビやタン塩もあり。次は、ご常連らしき方が注文していたラムの切り落としを頂こうか。

 

【お店情報】

銀座羊屋 はなれ 銀座3-8-8 太郎坊ビル1F 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年1月 9日

喜心 週替わり御膳 (銀座)

R0006034001_2

マロニエゲート銀座1の宮下や好の笹でのランチの後に、見かけたランチが気になっていた。同じフロアにある喜心のランチ。少し高級で普段使いはしにくいなぁという印象があったが、限定10食の週替わり御膳というものがあって、トンテキやらハンバーグとカキフライやらが、864円という価格。店のウリの北陸の海鮮とは違うけれども、ランチとしては魅力的。

 

今週の週替わりは、ぶり丼と豚汁。店の得意分野だろうし、好物の豚汁と来れば、伺ってみる機会としては絶好だ。

 

ぶり丼は、どんぶり一面といって良いほどに万遍なく鰤が敷き詰められていて、一切れが大振り。寒ブリらしい脂が乗っているものの、嫌味のない軽やかな脂で好感。ご飯と一緒に口いっぱいに頬張る幸せ。一方の豚汁は、具がたっぷりと。白味噌のまろやかな甘さが、ほかほかと口に胃に染みて、寒い今日には格別だ。

 

サラダに、カニ身の乗った蟹味噌豆腐、漬物付きでこの価格は、かなりのお得感。あまり知られていないのか、ゆったりと頂けるのも嬉しいところだ。

 

【お店情報】

北陸海鮮 喜心 銀座2-2-14 マロニエゲート銀座1 12F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 8日

北野 カキフライ (銀座)

R0006004001

北野の今年のランチ初めは今日。それで、今日のランチメニューはなんだろうと、店のtwitterを確認すれば、なんと、カキフライ(1,200)があるという。一昨年から宿題にしていたが、中々出会えなかったもの。昨日牡蠣を食べたばかりだが、この機会を逃す手はない。

 

とはいえ、以前、目の前でアジフライが完売した経験もある。きっとカキフライも数量限定。間に合うといいなぁと思って伺えば、まだ席にも余裕があって、カキフライにもありつけた。

 

カキフライは、平たい牡蠣そのままにパン粉をつけたような小判型。けれども、横幅や長さは立派で、一口二口では入りきらないくらいだ。黄金色の細やかな衣に齧り付くと、サクッと軽やかな音と瑞々しく旨味たっぷりの牡蠣の身。辛子やレモンも好いし、自家製の粗く刻んだ具がたっぷり入ったタルタルソースも、和の店らしくあっさりして旨い。

 

小鉢はカニ身入りの酢の物。旨い白飯に具沢山の味噌汁、香の物。デザート付きと、相変わらず周りも充実している定食。すっかり人気も定着したようで、12時を過ぎた頃から、続々と客がやって来て、結局行列が出来た。今年もお世話になります。


【お店情報】

炭割烹 北野 銀座7-2 先 コリドー街 2F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 7日

よし田 牡蠣南ばん (銀座)

R0005996001

通勤途中、今日は牡蠣だと思いつく。フライも好いが、この寒さ。温かい蕎麦なんてどうだろう。美々卯の牡蠣そばは、既に頂いたから、今日はよし田。Twitterを確認すれば、どうやら今年の営業は、今日かららしい。

 

伺うと、いつもより幾分賑やか。徳利を傾けるご常連もいらっしゃれば、ビールで喉を潤す買物帰りの方、それに年始の挨拶途中らしい方々。外から入って来る時は寒そうではあるが、どことなく晴れやかで、こちらまで明るい気持ちになるというもの。

 

さて、牡蠣南ばん(1,500円)。こちらでは、関東風と関西風の汁を用意していて、今日は関西風を。関東風に比べると、色も味わいもあっさり気味で、むっちりとグラマラスな牡蠣の味わいがよりダイレクトにやって来る。柔らかく火の入った葱のシャクシャクとした食感や若芽の香りも好い脇役。

 

そういえば、こう寒いと鍋焼きうどんも好いだろうなぁ。それはまたの寒い日に。

 

【お店情報】

銀座 よし田 銀座6-4-12 KNビル 2F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧