2018年1月19日

TOKYO Mar Mare ポークソテー (八重洲)

R0002687003

今日は京橋エドグランあたりでと考えていたら、ランチを再開したTOKYO Mar Mareを思い出した。半田そうめんのランチをやめて、今は、メイン料理にサラダバー、ドリンクバー、スープがついたランチ(1,100)。前回はポークシチューを頂いたが、使い勝手が良かったのが印象的だ。

 

今日は、宿題にしているブイヤベースをと思っていたのに、「ポークソテー」を見てしまったら、ついつい厚切り豚肉好きの血が騒いでしまった。

 

サラダもスープも2回転めに入ったところで、ポークソテーがやって来た。期待どおりの厚切りの一枚肉。野菜に煮込みが添えられているのも嬉しい。サラダバーでは、ついつい玉子サラダを多く取ってしまうのも、お約束だ。人によって、バランスのよい人、トマトが半分くらい占める人等々、個性が出て、見ているのも中々に面白い。

 

それにしても、大盛況。半田そうめん贔屓としては寂しいところだが、この賑わいもよく分かる。次こそは、ブイヤベースを。

 

【お店情報】

TOKYO Mar Mare 八重洲2-5-12 プレリー八重洲ビル1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月18日

保志乃 鯖一夜干しセット (銀座)

R0002679002

食べたいものは、鯖を焼いたの(写真は刺身がメインのようだが)。幾つか店は思い浮かぶが、必ずあるのはココだとやって来たのは、保志乃。魚料理の店。ランチライムでも常時10数種類の魚のランチが並んでいて、そのうちの一つが、鯖一夜干しセットだ(1,080)

 

季節柄だろうか、記憶にあるよりも、ずっと脂が乗っていて、そこに加わるは程よく焼けた芳ばしい香り。ご飯が進んで仕方がないというやつだ。それに、刺身が2種類5切。小鉢は、切干大根。ふりかけに香の物と、他にもご飯の供が盛り沢山の好い定食。

 

定番の定食類なら、この値段が最高値というのも魅力だし、料理の提供が早いと、普段使いのランチにはもってこい。そんなわけで、一人で、グループでと近くに勤めるサラリーマンで、今日も賑わっている。

 

【お店情報】

吟漁亭 保志乃 銀座7-4-14 光ビル1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月17日

3丁目のカレー屋さん 焼きチーズビーフカレー (京橋)

R0002670001

時間をずらしてランチに行ける日。こんな日は、遠いとか、行列が出来るとか、ピークタイムに伺うのが難しい店に行ける日である。それで、募る想いのこの店、あの店を思い出して、どこへ行こうか悩む日でもある。

 

それで、選んだのは、雪園だった。この時期はもちろん、冬限定の牡蠣のピリ辛石鍋ご飯が目当てだ。けれども、店の前まで行けば、今日は17:30~という残念な知らせ。時間は、ほぼ2時。この時間に開いているお店か――。幾つか思い出したが、しばらくぶりに思い出したのが、3丁目のカレー屋さんだ。

 

まさか、こんなところに、こんな店といった雰囲気の店だが、旨いカレー店としてすっかりと知られるようになった。一番人気は、恐らく「焼きチーズビーフカレー」(1,400)。オーブンで焼かれてフツフツと湧くカレーに、チーズ。温まること請け合いだ。

 

「お待たせしました」と運ばれてきた傍から、クツクツという音と湯気、そして芳ばしい香り。溶けたチーズが好きでこれを食べることが多かったが、久し振りに食べてみると、カレー自体の旨いこと。20種類以上のスパイスを使っているそうだが、尖ったところのない、まろやかで、品と深いコクある味わい。

 

小さいシュークリームが一つ付くのも変わらず、懐かしい。そして、変わらないといえば、素晴らしい音響設備。水・木・金曜日限定の夜営業では、限定のメニューやアルコール類もあるようで、一度訪ねてみたいと思っている。

 

【お店情報】

3丁目のカレー屋さん 京橋3-9-9 ウィンド京橋ビルB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月16日

オリーブオイルキッチン オリーブオイルサラダ&バケット (銀座)

R0002654001

サラダランチの気分。それで、インズに先月オープンしたオリーブオイルキッチンにやって来る。金沢にあるオリーブオイルに拘ったスペイン料理・地中海料理店が、インズに出店したそうだ。

 

ランチタイムは、日替わりや完熟トマトとモッツァレラのパスタ、サーロインステーキ、パエリアに、目当てのサラダのランチ(1,080)

 

サラダは、深さのある器にたっぷりと装われて、運ばれてきた。「ほぼ味を付けていないので――」と、塩・胡椒・シェリービネガーと、オリーブオイルで、自分好みの味を仕上げる仕組み。生の野菜だけでなく、マリネされている野菜も入っているのが嬉しいところ。付いてくる香ばしいパンを千切って加えたりしても好い。

 

セットには、この時期はより心嬉しいクラムチャウダー。席数が多く、グループでも入りやすいのも、近くで働くサラリーマン・OLにはありがたいかも。斜め向かいにも、先日、南インド料理店がオープン。ランチはドーサランチなど。

 

【お店情報】

オリーブオイルキッチン 銀座インズ店 銀座西2-2先 銀座インズ2 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月15日

やまと かつ煮(ロース)定食 (銀座)

R0002643003_2

やまとのランチメニューがリニューアルした後訪ねた際、隣の方に運ばれてきたかつ煮定食が美味しそうで気になっていたことを、ふと思い出した。とんかつは、食べたいと思うことはそれこそ年に1度くらいあるかないか。けれども、それが玉子でとじてある、さらに云えば、どんぶりではなく、ご飯とは別であるというのが、気に留めたポイントだ。

ロースが1,000円、ヒレならば1,200円。ロースをお願いしたが、皿一杯に敷き詰められて、ボリュームたっぷり。玉子は半熟部分がやや多め。そのため、揚げたての衣のサクサク感が残っているところも愉しめる。

 

汁と玉子で覆われた部分は、やはりご飯との相性がバツグンで、結局は自分の一口に合わせた「かつ煮ライス」を作って口に放り込んでしまうのだ。

 

前回伺ったときにはなかった、日替わりのかつランチや、ハンバーグ、リブロースステーキなど、サービスランチ(1,000)が登場。そのせいか、リニューアル直後より、賑わっている様子。

 

【お店情報】

やまと 豚肉創作料理やまと 銀座本店 銀座2-4-18 アルボーレ銀座9F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月12日

ねぎポ すんどぅぶ~ (有楽町)

R0002598001

昨年12月にオープンして、年が明けたら伺おうと思っていた店。東京国際フォーラム裏手の有楽町の高架下、牛たんのねぎしの隣。そのねぎしの豚料理店。何が気になったかって、とんてきがメニューにあることだ。

 

高架下とは思えない洒落た綺麗な店。ランチメニューはなく、豚肉料理を5種類に絞り込んでいるのが面白い。とんてきに、とんかつ、ハンバーグ、ロールキャベツ、そしてスンドゥブ。とんてきを食べに来たはずだが、余りの寒さに、ロールキャベツと悩んでスンドゥブ(セット:1,080)を。料理のそれぞれに、可愛らしい名前が付いているのも面白い。

 

グツグツを沸いて運ばれてきたスンドゥブ。豚肉がたっぷりと入って、スンドゥブというよりも、豚肉たっぷりチゲといったほうが似合い。スープの辛味は穏やかだが、今はこの温かさが何よりのご馳走。それに、豚肉は柔らかくて脂が甘い。

 

オープンキッチンの隣に座っていたから、いい匂いが漂って来る。一番心惹かれたのは、生姜のタレの香りだったが、それはとんてきのものらしい。よし、今度はとんてきを頂きに。

 

【お店情報】

ポークポークポーク ねぎポ 有楽町店 丸の内3-6-1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月10日

泰明庵 セリカレーそば (銀座)

R0002580006

何が食べたいか決めきれず、とりあえずとコリドー辺りにやって来る。日本料理店やトルコ料理店、スペイン料理店等々と一通り眺めたが、やっぱり、泰明庵で白菜そばだ!と暖簾を潜る。

いつも相席必至の繁盛店だが、今日はいつにも増してという雰囲気。相席をお願いして、腰を掛けながら、壁に貼られたメニューを見ると、あらら、白菜そばの上に白い紙が貼ってある。たしかになぁ。この頃白菜が高すぎる。

 

それならと、大好物のせりカレーそば(1,200)。もちろん、この時期なら、根っこははずせない。

 

器の一面を覆うほどにたっぷりと盛られた芹の香りと、カレーらしいスパイス香りは、いつ来ても、食欲が刺激される。ふぅーと深くその香りを吸いこんで、箸を入れて手繰り寄せ、ようやっと確認できるそばとともに啜り噛むと、シャクシャクと歯切れよい食感と、さらに強く感じる香り。ゆるい餡状のカレーで、最後までアツアツなのもこの時期格別だ。

 

そういえば、今日は牡蠣も見かけなかった。牡蠣に白菜、次はお目にかかれると嬉しいのだが

 

【お店情報】

泰明庵 銀座6-3-11 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 9日

大連餃子基地 DALIAN STAND 酸辣湯 (有楽町)

R0002574002

スープランチのようなものが欲しい。そういうときは、豚汁やスンドゥブチゲだなぁと、イトシアの妻家房を目指して来る。ところが、地下1階について、妻家房のほうへ歩き出す途中、「食べるスープセット」「酸辣湯」の文字が見えた。酸辣湯かぁ。久しくあの味を食べてないな。それで、路線変更した次第。

 

店は、大連餃子基地 DALIAN。弁当のテイクアウトの店舗に併設して、イートインスペースが設けられている。五目あんかけや油淋鶏、麻婆豆腐、担担麺など、定番の中華料理がずらりと並ぶ。

 

酸辣湯(1,080)は、土鍋に入ってやって来た。トマトに茸、タコの団子が入った具沢山。そのままでも、辛くて酸っぱいが、卓上の酢や辣油で、好みの味に仕上げるのも愉しい。サラダに春巻、ご飯付き。

 

パクチー餃子やビールもあって、軽く一杯や時間調整にも使えるかもしれない。

 

【お店情報】

大連餃子基地 DALIAN STAND 有楽町店 有楽町2-7-1 有楽町イトシアB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 5日

ぶーみんヴィノム ぶた焼き (京橋)

R0002531002

昨日が仕事初めだったけれども、昼前に取引先に挨拶に行ったところ、そのままランチという流れに。それで今日が、ある意味本当のランチ初め。どうぞ、今年もよろしくお願い致します。

 

さて、毎年そうだが、この時期には、どうしても野菜が食べたくなる。そして、今日は肉と野菜。野菜も火が入ったものがいいなと、銀座のある店に向かったが、生憎、今日はまだホリデーランチで目当てのメニューがない様子。それで、足を延ばして、やって来たのが、ぶーみんヴィノム。たっぷりの千切りキャベツの上に、焼いた豚肉がのったぶた焼きが目当て。

 

ぶた焼きは、いつもは3枚だが、今日は張り切って4枚(1,000)。それに、キャベツも大盛にしてもらったら、こんなにも、こんもりとわんぱくな感じに。一見生姜焼きのように見えるが、ベースの玉ねぎが下支えする酸味とニンニクの風味の旨味濃いタレで、豚肉にはもちろん、敷かれたキャベツとも相性バツグン。ぶた焼きなら1枚から、ご飯もなし(-50円)~100g毎にオーダーできるところも好い。

 

元々繁盛店ではあるが、まだ通常のランチを始めていない店もあるせいか、待つ人も出来る大盛況。隣の方は、豚軟骨入りのカレーにぶた焼きを乗せて、ライスは大盛というワイルドコンビネーション。働く人を支える元気を貰える昼飯処。

 

【お店情報】

ぶーみんヴィノム 東京スクエアガーデン 京橋3-1-1 東京スクエアガーデンB1 地図

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年12月28日

岩戸 豚汁定食 (銀座)

R0002380001

やはり、ここに挨拶に来なくてはと、岩戸にやって来る。入れるだろうかと心配しながらやって来たが、既に休みに入っている方も多いのか、比較的余裕がある。

 

いつもの「豚汁」(1,000円)をお願いすると、程なく提供されるというのも、ありがたいところ。大根に里芋、玉ねぎ、人参、牛蒡、それに豚肉が、大きな丼にたっぷりと装われている。ズズズッーと吸い込むと、冷えた身体には熱いくらい。けれども、喉を通って、胃に落ちるところまで、その熱が伝わっていく様子が、とても好きだ。

 

そして、鮪の漬け。これをご飯に乗せて、一口で頬張るのが好い。最近、小鉢として出されるようになったひじきの煮物も好み。それに、いつも朗らかに迎えてくれる女将さん。今年もお世話になりました。そうそう、来年は5日からの営業だそう。

 

さて、今年の更新は、これにてお仕舞。今年は昼休みも儘ならないことが多く、更新が飛び勝ちでしたが、来年は今年よりも、昼休みの確保が出来そうです。引き続き、どうぞよろしくお願い致します。そして、皆様、佳い年をお迎え下さい。

 

【お店情報】

岩戸 銀座店 銀座1-5-1 地図

| | コメント (8) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧