2020年3月31日

ドブロ 牛ほほ肉の赤ワイン煮 (京橋)

R0010911002_20200331215501

昼を食べた後、最近何度かサカキの前を通ったが、行列がない。ここまでもそうかと、今日来てみれば、いつもよりやや短いが、行列があって、なんだかホッとする。その流れで、やって来たのは、ドブロ。クロアチア料理店で、ランチタイムは、ボリューム満点の洋風メニューがズラリと並ぶ。メカジキのステーキや、鮪のレアカツ&エビフライ、サーモンソテー、若鶏のコンフィなど。

今日は、これまで頂いていないものをと、10種類ほどあるメニューの中から、牛ほほ肉の赤ワイン煮(1,200円)を。肉料理の定番で人気のメニューだそうだ。

スープに続いて、彩りも賑やかな皿が届いた。つやつやとしたソースを纏った牛ほほ肉に、黄色いガーリックライス、ポテトサラダに葉野菜のサラダ。それにしても、牛ほほ肉の立派なこと。けれども、ナイフを入れると、ほろほろと簡単にほぐれる柔らかさ。コックリとした味わいに、ガーリックライスの芳ばしさと風味がよく合うこと。

まだまだ食べたいメニューはあるし、もう一度食べたいメニューもある。そして、一人ビールからの白ワインを召し上がっていた方が羨ましくて仕方がない。

【お店情報】
ドブロ 京橋2-6-14 日立第六ビル 1F 地図

| | コメント (0)

2020年3月30日

三州屋 かきフライ定食 (銀座)

R0010907001

そろそろ牡蠣の食べ納めと、やって来たのは三州屋。朝から電車も街にも人が少なく、先週よりも増して、テレワークへ移行した企業が増えたような気がする。

三州屋もそうだ。ガラリと引き戸を開けて暖簾をくぐると、半分も人がいないかという程。お姐さん方も余裕があって、マスク越しに、いつもより、一言二言多めの会話が進んでいく。まだあるだろうと思って来たが、念のため、ホワイドボードを確認すると、よかった、あるある、かきフライ定食(1,350円)。

それにしても、何度見ても、心が躍る。衣を纏っても、ぷっくりと肥ったフォルムが分かる牡蠣フライ。頬張れば、衣に守られていた成熟した旨みがドッと溢れて、今年も良く育ってくれましたと思わず感謝。そして、咀嚼するたび、その旨みが衣や油と混じり合って昇華する。う~ん、これこそ牡蠣フライの醍醐味。

もう一口、もう一個。終えてしまうのが勿体ないと思いつつ、それでも夢中で箸が動いてしまう。無理な話だが、欲を云えば、後1、2個追加してみたいところだ。3月も明日で終わり。来シーズンも美味しく頂けますことを。

【お店情報】
三州屋 銀座店 銀座2-3-4 地図

| | コメント (0)

2020年3月27日

魚久 本さわら酒粕白味噌漬け (銀座)

R0010888001_20200327223101

焼魚。しかも西京漬けとか、漬けた魚。幾つか頭に思い浮かべて、もしかしたら空いているかもしれないと、魚久へ足を向ける。大正時代から続く粕漬の有名店。銀座の店には、2階で、自慢の粕漬を頂くことができる。

いつもは行列が出来ているが、6割ほどの入りだろうか。心配したが、12時を過ぎた頃から、絶え間なく客がやって来て、あっという間にほぼ満席。

ランチは4種類。本さわらの酒粕白味噌漬け、鮭京粕漬、銀鱈京粕漬と、3種類を少しずつ盛り合わせたあじみせ。前回は、たしか鮭を頂いたから、今日は本さわら(990円)をお願いする。

中々家で上手く焼くのは難しいが、さすがは専門店。つやつやと綺麗で旨そうな焼き色。淡白で繊細な身にぐっと旨みが乗って、口の中で柔らかい身がほどけると、仄甘い香りがふわりと抜ける。竹の子の煮物に塩辛、漬物と、ご飯を進める脇役たちも勢揃いで、箸が止まる暇がない。

切り落としが残っていたら、買っていきたいと思っていたが、やはり12時前に既に売り切れていた。

【お店情報】
京粕漬 魚久 銀座店 銀座3-10-15 東銀ビル 1,2F 地図

| | コメント (0)

2020年3月26日

十勝屋 十勝屋特製ハンバーグ (銀座)

R0010878001

先日、コリドー街を歩いていたら、十勝屋でランチの営業が始まったことを知る。もう10年以上前になるだろうか。一度、何かの2次会でやって来た記憶がある。北海道・十勝の食材をメインに扱う店。ランチメニューには、十勝名物の豚丼や、牛トロフレークを使った牛トロ丼などが並ぶ。

メニューを見て、一番気になったのがハンバーグ(1,380円)。コロンと丸くて、つやつやのデミグラスソースがかかって蠱惑的。ハンバーグが食べたくなったら、来てみようと思っていたのだ。

セットのサラダとスープに続いて、ハンバーグがやって来た。小判型ではなく、写真でみたとおりのたっぷりと厚みのあるハンバーグ。ナイフを入れると、ジュワリと肉汁が出るが、口にしてみると、みっちりとして肉々しい食べ応えのあるハンバーグ。付け合わせは、さやえんどうに、人参のグラッセ、バターの風味豊かなマッシュポテト。

他には、ビーフシチューや、日替わりのパスタ、素揚げ野菜とザンギが乗る丼と計6種類(980円~)。全品、サラダ、スープ付き。

【お店情報】
十勝屋 銀座6-2先コリドー街 地図

| | コメント (0)

2020年3月25日

泰明庵 せりそば (銀座)

R0010869001

牡蠣がそろそろ終わりということは、こちらもそろそろ終わりだと、泰明庵にやって来る。目当ては、せりそば。芹自体は、もうしばらくあるだろうが、根っこの終わりは少し早い。

混んでいなければいいけれど、とやって来ると、なんと1階の先客が2人だけ。こんな光景みたことない。しばらくすると、ぽつぽつと客がやって来るが、相席にならない程度。偶々だったらいいのだが。

せりカレーそばや、せりせいろもあるが、今日はシンプルにせりそば(1,000円)を。湯掻かれ、おそらく1把分はあろう程にたっぷりと盛られた芹の、湯気とともに立ち上がる香りに喉が鳴る。そばとともに啜り噛むと、シャクシャクとした音と共に、香りが更に強く立つ。そばつゆとの相性も好く、ボリュームも満点。五感が満たされるというものだ。

改めて品書きを見ると、新物の若芽やめかぶも並び始めた。春来る。

【お店情報】
泰明庵 銀座6-3-14 地図

| | コメント (0)

2020年3月24日

JSレネップ 平日限定ランチ (有楽町)

R0010857002

先日頂いた限定ランチがとてもよかったから、またとやって来たのはJSレネップ。3月の火曜・水曜限定のランチだから、今日、明日でお仕舞い。

ランチメニューは8種類。けれども少しメニューが変わっている。前回気になっていたグーラッシュや、ミートローフグリルはそのままに、自慢のソーセージのオーブングリル(1,000円)が加わっている。前回もソーセージ(4種類の盛り合わせ)を頂いたが、やはり好物。お願いせずにはいられない。

「鉄板が熱くなっておりますので、お気をつけ下さい」とやって来たソーセージグリルは、これまたボリューム満点。太さや長さの異なる3種類のソーセージに、チーズ。下には、これまたたっぷりとマッシュポテトが敷かれている。何より、チーズとスパイシーなソースの香りがそそること。ここに足りないのはビールだけだ。

前菜、スープ、ドイツパン3種類と、食後のドリンク付き。前に伺った時よりも、明らかに客が増えていて、しかも多くがリピーターの方のよう。この内容でしかも旨い。自分もそうだが、そりゃ、また来たくなるというものだ。平日ランチは、明日が最終日。そのうちに、また、やってくれないだろうか。

【お店情報】
JSレネップ 有楽町2-1-8 JR高架下 地図

| | コメント (0)

2020年3月23日

宮下 月替わり御膳 (銀座)

R0010841001

久しぶりにハンバーグなんてどうだろうと、幾つか店を思い浮かべる。こんなご時世だし、もしかしたら有り付くことができるかもと、いつもは混んでいる宮下へやって来た。限定10食の国産ハンバーグ御膳が人気で、12時前でも、運がいいと間に合うかもという感じ。伺ってみると、店前のメニューには、まだ「売り切れ」の貼り紙がされていない。

店に入って、一度はとメニューを見ると、こちらもお得な月替わり御膳(850円)に惹かれてしまった。今月は、手羽大根。手羽元と大根をじっくりと煮たのって、旨いよね。ご飯にも、ツマミとしても、とても好い。せっかくハンバーグのチャンスというのに、すっかり心変わり。

手羽大根は、手羽元は3本に、厚切りの大根、厚揚げとボリューム満点。手羽元なら、箸を入れただけで、ほろりと肉がほどけるし、大根は中まで出汁や鶏の旨味がしっかり染みている。特別ではないが、普段の食事には、こういう料理が相応しい。

それに、サラダに茶碗蒸し、小鉢、ご飯、味噌汁、香の物。さらには、ドリンクバーが付いて、この値段。場所も考えると、こちらが心配になるくらいの充実ぶり。マロニエゲートのレストランフロアは、どの店も客が少ない様子。気になる店がある方は、いい機会かも知れません。

【お店情報】
肉割烹 宮下 銀座2-2-14 マロニエゲート1 12F  地図

| | コメント (0)

2020年3月19日

朔月 せいろ蒸し (銀座)

R0010821002

肉料理の気分だが、そこから先が決まらない。ハンバーグも好いし、生姜焼きも捨てがたい。ポークソテーも好きだしなぁ…。そこで閃いたのが朔月である。鉄板焼きの店で、ランチメニューには、ステーキにハンバーグ、せいろ蒸し、シチューなどが並ぶ。先ずは、店に行ってから悩もうという算段。

最後まで悩んだのは、ハンバーグ。肉汁溢れて、みっちりと肉々しい人気のメニュー。先客の方も、皆ハンバーグだ。けれども、お願いしたのは、せいろ蒸し(1,000円)。柚子胡椒で食べる、あの味がとても好きなのだ。

せいろ蒸しは、大きな蒸籠の中にびっしりと豚肉が敷いてあって、その下には、葱や水菜、えのきやしめじなどがふんだんに。豚肉に野菜をたっぷりと巻き込んで、一口に頬張る。蒸してはいるものの、豚肉は旨味が強く、さっぱりとしたおろしだれや、爽やかな柚子胡椒との相性がいい。そうそう、この味。漬物の梅干しを巻いてみたが、さっぱりとしてこれも好いぞ。

件の漬物に、小鉢、味噌汁がセット。今日の小鉢は、鮪の角煮。甘辛で、ご飯のお供に最適なやつ。相変わらずの繁盛ぶりで、今日も満席だと断られている方も。さて、次来るときは、どうしようか。次こそハンバーグか。関西風のお好み焼きも気になっていたりする。

【お店情報】
朔月 銀座3-3-14 銀座グランディアⅡ 9F 地図

| | コメント (0)

2020年3月18日

チャオタイ センレック イェンタフォー (銀座)

R0010797002

い先日までとは打って変わったポカポカ陽気。そのせいだろう、食べたくなったのは酸っぱくて辛い料理。酢辣なども思い出すが、どちらかというと、トムヤムとかタイのテイスト。他に何かなかったかなぁ… そうだ、イェンタフォー(880円)。以前、チャオタイで食べた酢っぱ辛いタイヌードル。

イェンタフォーは、ピンク色のスープに、少々発酵臭の香りのするスープ麺。その色と香りの正体は、紅豆腐乳(豆腐に紅麹をつけて発酵させたもの)。そう聞くと、少々奇抜に思えるが、食べてみると、酸味と甘み、ピリッとした辛味が相まって、クセになる味。今日はこの味が欲しかったのだ。

具は、烏賊やチャーシュー、すりみ、揚げワンタンなどと具沢山。久しぶりだが、やっぱり美味しい、やはり好きだ。他の店でも食べてみたいが、中々お目にかかれていない。

【お店情報】
チャオタイ 銀座店 銀座2-2 銀座インズ2 B1 地図

| | コメント (0)

2020年3月17日

日東コーナー ロールキャベツ トマトソース (銀座)

R0010779002

昼だと外に出たら、想像していた以上に空気が冷たい。うん、今日は温まるものがいいなぁ。それで思い出したのが、日東コーナーのロールキャベツだ。少々遠いが、行けなくもないことが分かって、近々伺いたいと思っていたところ。

以前は歌舞伎座の近くにあって、数年前に京橋公園そばに移転。天井が高く、洒落たカフェのような雰囲気。ベビーカーでも入店可という優しい造り。

ランチメニューは、目当てのロールキャベツ(1,150円)に、今週からスタートというローストビーフ丼と焼きチーズカレーの3種類。カレーは隔週。翌週は、代わりにハヤシライスが出るそうだ。

ロールキャベツは、スキレットで熱々の状態で運ばれてくる。2つ入るロールキャベツは、ソースが染みて、見るからによく煮込まれていそうだ。さてと、とナイフを入れると、キャベツはとろとろ。落ちないように気をつけながら口に運ぶと、キャベツはもちろん、中身もしっとり柔らかで、ほろほろと溶ける。トマトソースというよりも、デミグラスソースに近い濃厚ソースは、ロールキャベツはもちろんのこと、ご飯に殊の外合う。

サラダ、スープがセットで、サラダとライスはお代わり自由。消毒用アルコールを染み込ませたおしぼりの他、手が乾燥するようならハンドクリームも用意がありますと気遣い満点。来週、再来週辺りなら、京橋公園の桜も見ごろだろうか。

【お店情報】
日東コーナー 銀座1-27-10 ザアソシエイトビル1F 地図

| | コメント (0)

より以前の記事一覧