2018年11月15日

涵梅舫 日替わりランチ・海老と玉子炒め (銀座)

朝方の寒さに、今日は鳥豆腐と意気込んで、三州屋まで来たものの、12時前にも関わらず、店の外にまで行列が出来ている。うーん、これじゃぁなぁと回れ右をする。さて、どうするか。

 

温まるものといえば、向いのビルの肉団子鍋。同じビルなら豚肉のやまともある。そうだ、今日は木曜日。涵梅舫の木曜日の日替わりランチは、あの玉子炒めじゃないか。思い出したら、案の定、どうしても食べたくて、ベルビアへ足を向ける。

 

麻婆豆腐も好きだが、これも好きだ。黄色に所々散らばる薄桃色と萌黄色。口にすると、しっかりと焼けている表と柔らかいところがあるのが好きで、それに時折ぷりっとした海老の食感が混じるもの愉しい。それに品のいい塩ベースの味付け。玉子欲を存分に満たしてくれる量も好い。

 

帰りに再び三州屋の前を通れば、先程よりも長い行列。空いている隙を狙うしかないか。

 

*写真は後程追加

【お店情報】

銀座涵梅舫 銀座2-4-6 銀座ベルビア館8F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月14日

菊亭 牡蠣の天ぷら定食 (丸の内)

R0005365001

この季節、毎年愉しみにしているものの一つが、菊亭の牡蠣の天ぷら(1,296)だ。もう出ているかだろうと踏んでやって来たが、今年もA4サイズに堂々と「季節限定 牡蠣の天ぷら定食」と書かれた他のメニューとは違う特別な品書きが、なんとも嬉しく頼もしい。

 

但し、数量限定。でも、上天重などが人気で、自分が伺う時間には売り切れていたことはない。それでも客が多い気配がすると、残っているだろうかとハラハラするが、きっとあるだろうと期待をしてお願いする。

 

程なくして表れた丸々とした牡蠣に、思わず笑みが零れる。薄黄色の衣を纏っていても隠せないほどグラマラス。箸で持ち上げると、しっかりとした丸みと重さを感じられる身に堪らず歯を立てると、まるで慌てないでと窘められるように、ジュッとエキスが迸る。中は程よくレアで、追ってやって来る磯の香りが芳しい。

 

天つゆにレモンの他、塩やカレー塩など、薬味を変えながら食べるのも、また愉し。胡麻風味のサラダに蜆の味噌汁も変わらず、今年もまた頂けたことに感じる幸せ。外に出れば、店には行列が出来ている。

 

【お店情報】

てんぷら 菊亭 丸の内2-7-3 東京ビル TOKIA B1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月13日

北野 旬魚の炭火焼き (銀座)

R0005360003

焼魚を欲して、北野。最近すっかり混んでしまって、恐る恐る中を覗けば、カウンターには珍しく空きが目立つ。勧めて頂いた席に腰をかけると、「今日は、たらの煮付けがおすすめです」と云う。数席先の方が召し上がっているのがそうだろう。ここの煮付けは頂いたことがないが、たっぷりとあって、何時も旨そうだと思っていたところだ。けれども、今日は、焼魚。

 

そして、一口に焼魚と云っても、いつも3種類用意されているのが好い。今日は、かんぱち塩焼き、たらの柚庵焼き、ほっけの一夜干しだ。

 

待っている間も愉しいのも、この店の好きなところだ。今日は、炭焼き場が見える特等席。あれは自分のやつだなと思いながら、眺めるのも愉しいし、煮付けもやっぱり美味しそうだと、次への宿題を作るのも好い。

 

届いたのは、皮の焼き目が何ともそそるかんぱちの塩焼き。切身とカマに近いところの2切とたっぷりと乗るのが嬉しい。箸を入れると、ほわっと湯気が上がって、しっとりとした白い柔肌が顔を出す。口にすると、品の良い脂が堪らない。添えられた昆布の山椒煮が、またご飯のいいお供。小鉢に漬物、甘味までついて、何時もながら大満足。

 

そうこうしている間に、店内は満席で厨房はフル回転。今度は煮付けか、偶に出るフライにも出会いたいが、ついつい焼き物に手が伸びてしまう。悩ましい。

 

【お店情報】

炭割烹 北野 銀座7-2先 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月12日

伊萬里 ユッケジャンスープとライス (銀座)

R0005354001

急に寒くなったから、温まるもの。思い付くのは、単純に温かいものというよりも、温かくて辛いもの。チゲやユッケジャン、麻婆豆腐に水煮牛肉――。そうだ、Instagram で美味しいので是非と教えて貰った、伊萬里のユッケジャンはどうだろう。

 

続きを読む "伊萬里 ユッケジャンスープとライス (銀座)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年11月 9日

有楽町ワイン倶楽部 ビフテキ (有楽町)

R0005342001

今日も今日とて肉である。違うことは、今日はステーキの気分であること。そうは云っても、この界隈ではランチステーキを出す店が多いが、やって来たのは、有楽町ワインクラブ。気軽な値段で気取りなく食べられるカジュアルな店。しかも、サラダやスープ、ドリンクが自由というのが好い。

 

ここに来ると、トンテキをお願いすることが多いが、今日はビフテキ(1,000)。鉄板に乗せられてジュージューとやって来る。この音、これが先ず堪らない。想像していたよりも、肉はたっぷりとあって、柔らかでジューシー。下に敷かれたキャベツが、肉の脂をたっぷりと吸って、これもご馳走だ。

 

他には、ドリアやオムライス、パスタ、カレーなど、洋食的なランチメニューが並ぶ。使い勝手が好いからだろう。結構な席数があるが、伺うたびに行列が出来ている。

 

【お店情報】

有楽町ワイン倶楽部 有楽町1-7-1 有楽町電気ビルB1 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年11月 8日

宮下 月替わり御膳 (銀座)

R0005324003

何てったって肉。けれども、焼肉でも、ハンバーグでも、ステーキでも好い。というか、牛でも、豚でも、鶏でも、羊でも、なんでも御座れという、他人なら面倒くさいぼんやりとした欲望。

 

そうだな、あの辺りに行けば、朔月もやまともあるし、しゃぶ通や宮下、スーペルバッカーナやベルビア館もエリア内と考えて、銀座2丁目、3丁目を目指す。一番久しぶりなのは、宮下だろうかと考えて、先ずは、マロニエゲート。数量限定のハンバーグがなければ、同じフロアのしゃぶ通に行こうという目論みだったが、ハンバーグは既に売り切れだし、しゃぶ通は満席。結局、宮下に舞い戻ることにした。だって、他にも肉料理はある。

 

高級和牛を扱う割烹故、ランチも結構な値段のものもあるが、お手軽なのが、件のハンバーグ(950)と、月替わり御膳(850)、今月平日のおすすめ御膳(900)の3つ。おすすめの方は、焼肉重で重な気分ではなかったから、月替わりの「照り焼きチキン御膳」をお願いすることに。

 

そういえば、照り焼きチキンも、ものすごく久しぶりだ。むっちりとした鶏肉に、過ぎない甘辛さが好ましい。たっぷりと添えられた野菜に、小鉢、牛筋入りの茶碗蒸しまでついて、この値段は値打ち物。

 

【お店情報】

江戸前肉割烹 宮下 月替わり御膳 銀座2-2-14 マロニエゲート12F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 7日

クーリ 牡蠣のポワレ (新富町)

R0005316004

少し時間をずらした昼休みの日は、どこへ行こうかと考えるのが、いつも以上に愉しく悩ましい。今朝、クーリのホームページで「牡蠣のポワレ」を発見したから、今日は絶対ここだと決める。

続きを読む "クーリ 牡蠣のポワレ (新富町)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年11月 6日

八重洲サラダマーケット チキンハムサラダ (八重洲・京橋)

R0005301003

昨日、モルチェを出た後、エドグランの周りを探索していると、ダクシンのランチメニューの隣に、見慣れぬ看板が出ていることに気が付いた。どうやら、西洋銀座プロデュースのサラダ専門店らしい。時々サラダランチを欲する味としては、ちょっと気になると思った次第。

 

メニューはサラダ3種類(1,000)。季節のシェフのおすすめサラダに、ローストビーフサラダ、それとチキンハムサラダ。野菜ばかりよりも、メイン料理的なものが入っているほうが好みだから、メニューの説明にそう書かれていた「チキンハムサラダ」をお願い。ドレッシングも3種類からの選択で、シーザードレッシングを選ぶ。

 

程なく運ばれてきたサラダは、なるほど、メインディッシュになりそうな立派なサイズ。大きなサラダボールの中には、鶏肉の他、キャロットラペや、ローストしたじゃが芋、りんごにトマト、クスクス等々。食材の大きさや硬さの異なるものが沢山混ざっているからこその、食感の面白みが愉しいサラダ。


冷たいサラダの一方で、温かくぽってりとしたかぼちゃのスープが付くというのがとても好い。他、パンとドリンクバーもセット。営業時間は、11:3014:00L.O.13:15)。期間限定の営業だそう。

 

【お店情報】

八重洲サラダマーケット 八重洲2-5-12 プレルー八重洲ビル2F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 5日

京橋モルチェ カキドリア (京橋)

R0005296002

寒さを感じると、俄然、グラタンやドリアが食べたくなる。それに牡蠣も旬。そうだ、モルチェにカキドリアがあったじゃないか。それで、モルチェへと足を向けた。

 

広い店内が活気に満ちていることも多いが、今日は幾分静か。入口近くの4人掛けのテーブルを貰って、念のため、メニューを一睨み。カキフライもあって、一瞬悩むが、熱々のドリアを頬張る様子を想像したら、やっぱりこちらだとカキドリア(1,200)をお願いする。

 

サラダに続いてドリアが登場。「器が大変熱くなっておりますので、お気をつけ下さい。」と台詞も、欲を駆り立てて仕方がない。

 

色好い焼き目のベージュに身を委ねる牡蠣は5つ。スプーンを入れて、牡蠣とソースを口の近くまで持ち上げると、漂う熱と潮の香りが混じったソースのそそる香り。口にすれば、火が入ってくっと凝縮したぷりぷりの牡蠣の身と、ソースに染み出した牡蠣の風味の旨いこと。

 

周りを見渡せば、やはり人気はハンバーグだろうか。皆がにこにこと嬉し気に頬張る姿は、こちらまで愉しくなる。

 

【お店情報】

京橋モルチェ 京橋2-2-1 京橋エドグラン 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 2日

いちにぃさん 蒸しとうふセット (銀座)

R0005260003

夜の予定を考えると、軽めにしておきたい。サラダランチも考えたが、できれば温かくて和風のものがいい。それなら――、とやって来たのがいちにぃさん。定番で人気のせいろ蒸し。

 

黒豚や野菜、豆腐の蒸し料理があって、今日は蒸しとうふセット(890)。豆腐の他、キャベツにブロッコリー、しめじ、南瓜、椎茸に薩摩芋等々の野菜に、玉子焼き付きと盛り沢山。次はこれ、また次はこれと、食べすすむのも愉しい。その合いの手には豚汁をズズズッーっと。やはり、この大きさに具沢山なところが魅力的。ご飯だって、炊き込みご飯の蒸し寿司と凝っている。

 

この店では、ねぎしゃぶセットが好きだが、やはり定番で人気のせいろ蒸しも好いもんだ。最近は、外国からのお客様も増えて、店に居る間、ずっと行列が出来る盛況ぶり。随分と湯気が恋しい季節になって来たし、益々入りにくくなったりして。

 

【お店情報】

いちにぃさん 銀座店 銀座西3-1 銀座インズB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧