2018年6月15日

宝 サバの桜干し膳 (丸の内・有楽町)

R0004032001

食べたいのは鯖。それも焼いたの。焼き鯖のランチを出しているお店を幾つか思い出す中、そういえばと思い出したのが、東京国際フォーラムに入る宝。全国9つの蔵元が協賛し、夢酒みずきなどを手掛ける会社が経営するから、「酒蔵レストラン」と謳う店。同じフロアにあるレバンテでの食事の帰り道、この店のランチメニューを見たところ、「日本一の桜干し」と書いてあったことを思い出した。

 

スタイリッシュな店内。大きなテーブル席もあれば、2人用のテーブルにカウンター席。12時前に店に来たときは、テーブルは満席だが、カウンターはゆったりした状態だったが、12時を回るとカウンターも満席。近隣に勤める方の気軽なランチスポットらしい。

 

届いたサバの桜干し(1,000)は、上品に4つにカットされたもの。そして、こちらから見える皮目の、何とも旨そうなこと。芳ばしさと、つやつやぷっくりと膨らんだところ。焼いている過程が想像できて、それだけでご飯がすすみそうだ。口にすると、桜干しらしい甘みと、何といっても鯖の脂。紛うことなき飯泥棒。

 

メニューを見れば、どうやら、その桜干しは、丹後は天橋立近くのやまいちという鮮魚店から仕入れているようだ。豚汁と小鉢が2つ。豚汁はお代わりまで貰って満足(ご飯、豚汁お代わり可)。

 

【お店情報】

酒蔵レストラン宝 東京国際フォーラム店 丸の内3-5-1 東京国際フォーラム B1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月13日

ルヴァン エ・ラ・ヴィアンド 鴨もも肉のコンフィ (銀座)

R0004027001

朝から今日は絶対ハラミステーキ!と意気込んで、四方善に向かったものの、階段を下りる前に数人の行列を見つけて、回れ右。でも、すっかり肉気分だった気持ちは消えないもので、この辺りでの肉料理を思い浮かべる。


近場で云えば、しゃぶしゃぶがあるが、薄い肉には今興味がない。それなら、ルヴァン。ランチはハンバーグが人気のビストロ。ハンバーグ以外にそれっぽいメニューがないかと覗いてみると、鴨もも肉のコンフィ(1,000)がある。今日はこれだ。

 

運ばれてきたのは、骨付き丸々1本の鴨肉。ナイフを入れると、ほろほろとほどける。口にすれば、濃い旨味。まさに傍らにワインがないのがおかしいくらい。一方で、添えられたキャベツとベーコンの旨味豊かな優しい味も染みる。

 

メイン料理に加えて、サラダとドリンクがつくランチセットは+200円。客が席を立てば、すぐに埋まるをいう繁盛ぶり。肩肘張らずに愉しめる雰囲気が素敵だ。

 

【お店情報】

LE VIN ET LA VINDE 銀座3-9-18 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月12日

ドブロ マグロのレアカツレツと海老フライ (京橋)

R0004015001_2

今日はドブロ。京橋にあるクロアチア料理店。前日、久しぶりに出向いたところ、余りのメカジキステーキの余りのボリュームがとても印象的だった。それで、次は別のものも頂いてみたいと思ってのこと。 

気になっていたものは幾つかあって、人気という牛ほほ肉の赤ワイン煮込みや、サバのソテー、それにマグロのカツレツ(1,200)。マグロのカツレツは「レア仕立て」と書いてあって、それに海老フライ2本付き。どんなものが出てくるんだろうと、一番ワクワクしそうなものをお願いする。

 

冷製のコーンスープに続いてやって来たのが、これだ。綺麗に整列したマグロのカツレツと、その奥にお頭付きの海老フライ。マグロは細やかな衣で外側だけサッと揚げているようで、中はほぼ生。程よい厚みがあって、刺身とはまた違う味わい。海老フライは、それよりも、香草焼きといった風情で軽い仕上がり。たっぷりの葉野菜。味わい優しいクリームリゾット付き。

 

前回ほどではなかったが、やはりたっぷりとしたボリューム。意外に箱が大きく、提供のスピードが速いのも魅力。魚・魚と来たから、次は肉料理を頂いてみようか。

 

【お店情報】

Dobro 京橋2-6-14 日立第六ビル 1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月11日

ぴょんぴょん舎 GINZA UNA ユッケジャンスープランチ (銀座)

R0003995003_2

食べたいのは温かい汁物。岩戸の豚汁や、三州屋の鶏豆腐なんかが頭に浮かんだが、今日は刺身の類の気分ではない。そうとすると、あれだ、ユッケジャンなんてどうだ。これまで食べていないユッケジャンがないだろうか。それで思い出したのが、ギンザグラッセにあるぴょんぴょん舎。

 

冷麺が有名なぴょんぴょん舎だが、ここは焼肉や韓国料理も出す店。ユッケジャンやソルロンタン、それらを使った温かい麺もある。

 

お願いしたのは、もちろんユッケジャンスープランチ(1,188)。わらびや野菜がたっぷりと入ったスープは、結構赤味が強いものの、辛味に続いてじんわりとした甘さがふわり。もっちりとした五穀米に、牛筋と根菜の煮込み(これ好き)、カクテキ、ナムル、フルーツと脇が充実したセット。

 

近隣に勤める方々もいらっしゃるが、昼から肉を焼いているご家族連れやマダムも多い。こんな天気でも、大きく取ったガラス窓から見える景色は壮観。

 

【お店情報】

ぴょんぴょん舎 GINZA UNA 銀座3-2-15 ギンザグラッセ11F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 8日

有楽町ワイン倶楽部 トンテキ (有楽町・日比谷)

Gr000214003

はまの屋パーラーの行列に敗れた後、やって来たのは有楽町ワイン倶楽部。ワインショップ併設の気軽なビストロ。自分的には、ステーキやトンテキ等の肉ランチの店だ。サラダ、スープ、ドリンクがフリーで、そのほとんどが1,000円以下ということもあって、近隣に勤める方で大賑わい。

 

ビフテキと迷って、やっぱりトンテキ。ここのトンテキは、いわゆる四日市のトンテキではなく、ポークステーキ。それも200g。熱々ジュージューの鉄板で運ばれてくると、テンションも上がるというもの。無骨なフォークとナイフで少し大きめにカットして、むしゃむしゃと頬張りたくなる。ボリュームはあるが、余計なもののないシンプルな味付けで、軽くペロリ。鉄板と豚肉の間に挟まれ、蒸し焼き状態になったキャベツも結構好みだ。

 

結構な大箱にも関わらず近隣に勤める人で大賑わい。この活気も午後へのいい景気付け。

 

【お店情報】

有楽町ワイン倶楽部 有楽町1-7-1 有楽町電気ビルB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 7日

北野 鮎の一夜干し (銀座)

R0003927001

今日は魚だとやって来たのは、北野。魚のランチで気に入っている店の一つ。炭火焼きが看板の店で、旬の物を炭火で焼いてくれる炭火焼きのランチ(1,200)が目当て。

 

最近はすっかり人気が定着したようで、入れるか心配しながら伺っているが、今日も空席はカウンターに2席のみ。滑り込みセーフだ。

 

今日の魚は、ひらまさの柚庵焼き、鰊の塩焼き、それに鮎の一夜干し。今日は数量限定で、ひらまさのあら煮もあって、それにも激しく惹かれたが、やっぱり鮎が気になる。

 

届いたものは、中々にいい大きさ。身をほぐして、一口。あゝ、これは夏の香りだ。ふわりとした身の味わいと芳ばしい皮。これは酒がほしくなるなぁ。けれども、ここはご飯もふっくらとして旨いんだ。こちらも旬の物を使った気の利いた小鉢に漬物。デザートも自家製で、伺うたびに満足する。

 

次来る時は、どんな魚があるだろうと思いつつ、以前いただいた豚肉の炭火焼きも、今日改めて見ると、これまた美味しそうで、愉しい悩みは尽きない。

 

【お店情報】

炭割烹 北野 銀座7-2-先 銀座コリドー街 2F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 6日

あけぼの お好み定食 (有楽町)

R0003915001

時間のずれたランチタイム。こういう時こそ、最近行列が過ぎて、すっかり行けなくなったお店へ行こうと考える。キッチン大正軒もそうだし、はまの屋パーラーも最近振られてばかりだ。そういえば、大正軒は、もう2年以上伺えていない。アジフライにしょうが焼き――なんて思い出したら、居ても立っても居られない。

 

それで2時頃。東京交通会館にやって来たわけだが、ひょっとこにも、あけぼのにも行列があるというのに、大正軒の前は静かだ。そういえば、前にも休みのことがあったなと近づいてみると、店内に「しばらく水曜日のランチはお休み」という旨の貼り紙があった。なるほど、そういうことか。

 

口はすっかり、アジフライ、フライ口。それなら、あけぼのの行列に並んでしまおう。待っているのは4人ほど。これならそう長い時間はかからないだろう。そうすると、10分としないうちに、「次のお客様~」と声がかかった。

 

注文は、アジフライが入ったものだ。アジフライ定食もあれば、フライものを幾つか組み合わせたセットもある。お願いしたのは、お好み定食(1,000円)。アジフライ、メンチカツ、カニクリームコロッケ、串かつから、好みのものを3つ選ぶ定食だ。これらの中からどれかを一つはずすというのはとても難しく悩ましい。

 

届いた皿には、こんもりとした千切りキャベツの裾野に立てかけるようなアジフライ、串かつ、クリームコロッケ。食べたかったアジフライはもちろんのこと、豪快な串かつや、カリカリの中からとろとろのクリームが溢れる自家製のコロッケも、おかずに最適。

 

それに、キャベツを手切りし、調理台や調味料入れをこまめに手入れし、明るく丁寧に接客しと、くるくると細やかに働く店の気持ち良さ。働くための人の店は、実に働き者である。

 

【お店情報】

あけぼの 有楽町2-10-1 東京交通会館 B1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 5日

泰明庵 冷やしカレーそば (銀座)

R0003908001

愛しのヒヤアツ。冷やしカレーそばの美味しい季節がやって来た。

 

見た目は、普通のカレーそばと同じ。もったりテリテリとしたカレーの餡かけからは湯気が立ち昇って、カレーが装われている丼の上部分は熱いけれども、麺が入る下の部分は冷たいというヒヤアツ構造。

 

箸を入れて、そばをグッと引き上げると、冷たいそばに、アツアツのカレーのあんかけが絡みついて、熱くも冷たい絶妙な温度感。油断をすると、あんが絡んだ豚や玉ねぎで火傷しそうになるが、ご愛敬。カレーもスパイシーで、とても夏向きだとも思う。

 

泰明庵の隣には、交通会館の人気店ひょっとこの銀座店がオープン(9日までプレオープン)して、すでに行列が出来ている。ピッツァのイゾラ系の新店も先日オープンして、この通りも賑やかになりそうだ。

 

【お店情報】

泰明庵 銀座6-3-14 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 4日

世界食堂Transit Table d'Or メキシカンタコスサラダ (京橋)

R0003901002_2

ここのところ食べたいと思っていたのが、サルサやチリソースのような、メキシコっぽい味。近いうちにどこかへ食べに行こうかなぁと思っていたところ、ここの週替わりのランチメニューを見たら、今週のサラダランチが、メキシカンタコスサラダ(1,000)だという。タコスをイメージしたサラダだそうで、本格的なメキシコ料理ではないけれど、そういう味が食べたいんだからとやって来たという次第。

 

冷製のスープに続いて、サラダが運ばれてくる。たっぷりのレタスにトマトやアボカド、トルティーヤチップス、チーズ。それに挽肉が添えられていて、「挽肉を全体によく混ぜてお召し上がり下さい」とのこと。

 

この挽肉が、チリソースが効いていて、今日欲しかった味。混ぜて食べると、アボカドのねっとり感、フレッシュで瑞々しいトマト、それにスパイシーで濃厚な挽肉が、たしかにそれっぽい。

 

客席数は多いがいつも満席近い繁盛売り。サラダランチの他には、パスタと肉料理があり、使い勝手の良さも魅力の一つだろう。ドリンクは、持ち帰りも可。


【お店情報】
世界食堂Transit Table d'Or 京橋3-7-1 相互館110タワーB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 1日

チャオタイ バミーギョクントムヤム (銀座)

R0003895002

昨日、一昨日とはうって変わっての暑さに、食べたいのは酸っぱ辛い味。やっぱりそうだな、トムヤム味だと、インズのチャオタイにやって来る。

 

トムヤム味と云ったって、ここでは少し悩む。ランチセットのスープをトムヤムスープに変えて貰うこともできるし、トムヤムスープの麺類だって3種類。アレがいいな、いやこっちかな。なんて3週くらい迷って、海老ワンタン入りのトムヤム麺、バミーギョクントムヤム(850)をお願いする。

 

赤みのあるスープをまず一口。あー、これこれ。程よい辛味と心地よい酸味。余程、この味が食べたかったらしく、もう一口、もう一口と手が止まらない。そして麺。米麺で食べることが多いが、今日は小麦粉の中華麺。柔らかい細麺で、同じトムヤムスープでも麺の違いで、こんなにも食べ心地が異なるものなんだ。それに、海老ワンタンは、厚めの皮にエビがプリッと入ったつるりモチモチ。

 

使い勝手の良い店で、いつも賑わっているが、今日の12時過ぎなどは、本当にひっきりなしに客がやって来る状態。この陽気にタイ料理気分になった人が多かったのかもしれない。

 

【お店情報】

チャオタイ 銀座店 銀座2-2 銀座インズ2 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧