2018年9月21日

妻家房 スンドゥブチゲ (有楽町)

R0004941001

昨晩の雨から急に気温が下がったし、今日も引き続きの雨。自然と温まるものが欲しくなる。豚汁か、はたまたチゲか。ソルロンタンは先日食べたから、ユッケジャンでもいいなぁ――なんて思い浮かべる。今日は辛いの。スンドゥブチゲだな。

 

それでやって来たのが妻家房。昼時は、行列のできる繁盛店だが、駆け足でやってくれば、よかった。席は空いている。お茶を持ってきてくれたその場で、目当てのスンドゥブチゲ(1,280)を注文して、後は、やってくるのを待つばかり。

 

スンドゥブチゲの最初の醍醐味は、グツグツと湧きたってやって来る見た目と立ち上る湯気、香り。それだけで、お腹がグッとなりそうだ。特別「海鮮入り」とは書いていないが、アサリに烏賊、帆立などがふんだんに入る。

 

大好物の玉子は、最後のほうまで取っておいて、8割くらいに火が入るまで待つのが自分流。ご飯を少し入れて、黄身をたっぷりと絡ませて食べるのが好きだ。これを食べずして、スンドゥブチゲを食べた気にはならないくらいに。

 

セットとしてキムチにコリッとした食感のチャンジャ、たっぷりと付く韓国のりが嬉しい。帰る頃には、今日も満席。大盛況。

 

【お店情報】

妻家房 有楽町イトシア店 有楽町2-7-1 有楽町イトシアB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月20日

BEEF UP TOKYO カットステーキ (京橋)

R0004933001

カオソイが食べたくて、久しぶりのタイ料理屋に向かったが、来ない間にメニューが随分と変わっていて、カオソイは無くなってしまったらしい。それで、ここまで来たならばと足を向けたのがBEEF UP TOKYO。前に頂いたラムステーキをもう一度と思ってのこと。

 

こういう日もあるもので、ラムステーキもメニューから姿を消している。代わりにサラダにステーキが乗ったステーキハウスサラダや、ステーキ重などが並んでいる。そうだなぁ、前に悩んだ300gのジャンボステーキにも惹かれるが、今日はカットステーキを(150g1,200)

 

スープとサラダが届いて暫くすると、ジューッという食欲を刺激する音と肉の香り。その後に続いては視覚への刺激。ステーキが鉄板で音を立てて運ばれてくる姿は、幾つになってもワクワクするというものだ。肉はサガリで、柔らかく脂は軽くてあっさり。故にぺろり。

 

右も左も、ジャンボステーキにソースをつけて、大盛ライスにバウンドさせながらモリモリと頬張る若者。頼もしい。

 

【お店情報】

BEEF UP TOKYO 京橋3-6-18 東京建物京橋ビル B1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月19日

保志乃 鯖一夜干しセット (銀座)

R0004924001

今日は焼き魚だと決めていた。けれども、問題はどこで何を頂くかだ。干物もあれば、西京焼きも好いし、それぞれを出す店も幾つかあるから悩ましい。

 

こういうときは、少々信号に運をまかせて、渡れないからこっちの道にと進んだ結果、晴海通りまでやって来た。ここまで来たなら、あそこだ、保志乃。十数種類の魚系のランチが揃う店。

 

でも、ちょっといわたも気になる。今日のお好み定食がアジフライだったら悩むなぁなんて、一応店先に出ているメニューを確認。どうやら今日のフライは、メンチカツとイカフライ。メンチは旨いし、イカフライは頂いたことがないから気にはなるが、初志貫徹で焼き魚だと舞い戻る。

 

さて、店は決まったが、何を頂くかだ。西京焼きに、季節ものとして秋刀魚の塩焼き。それに鯖の一夜干しに、ぎんだら照り焼。うーん、悩ましいが、ここは鯖一夜干だ(1,080)。理由の一つは、刺身がセットになっていること。季節の刺身が2種類ほど。今日は鯵のタタキに戻り鰹。メイン料理ではないのに、この揃えが好ましい。

 

それに一夜干しは、香りだけでもう旨い。色良く焼けた皮に箸を入れると、ふっかりした身。程よくのった脂と香りがご飯を呼ぶというやつだ。これに小鉢(今日はひじきの煮物)にふりかけ付き。


定食類ならこれで最高値というのは魅力的だし、料理の提供が早いというのも、仕事合間のランチには打って付け。そんなわけで、一人で、グループでと近くに勤めるサラリーマンで、今日も賑わっている。

 

【お店情報】

吟漁亭 保志乃 銀座7-4-14 光ビル1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月18日

バルピノーロ トンテキ定食 (銀座)

R0004916001

何時だったが。昼餉をとった後、銀座ファイブを通って職場まで戻る途中、トンテキという文字とやけに迫力のある写真が目に留まった。たしか、ここはイタリアンバルではなかったか。調べてみると、リニューアルをして、ランチタイムには、トンテキや重量系のナポリタンをウリにしているらしい。

 

周りを見てみると、実際出るのも、トンテキ(950)とナポリタン。ナポリタンやミートソースは300g400g、カレーwithナポなんてのは600gオーバーだそう。やはり男性客が多いが、女性の姿もあって頼もしい。

 

トンテキは、熱々のスキレットでジュージューとやって来る。こちらも中々立派な大きさで、たっぷり200g。それにこちらもたっぷりと添えられた千切りキャベツ。甘みの利いたタレで、白いご飯をすすめるやつ。味噌汁と漬物がセット。

 

銀座ファイブも、長くある店もあるが、閉店する店も数多い。好きなところ、気になるところは、できるだけ足を運びたいと改めて思う。

 

【お店情報】

バルピノーロ銀座 銀座5-1 銀座ファイブB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月14日

EIKO ソルロンタン (銀座)

R0004898001

温かい汁ものが食べたくて、足を向けたのがEIKO。最近少しご無沙汰気味だし、チゲにサムゲタン、ユッケジャン、ソルロンタンと温かい汁物が豊富に並ぶというのが、今日に好い。

 

伺うと、おやマダムの姿が見えないし、珍しく先客がお一人だけ。こんな日もあるんだな。さあ、料理はどうしよう。辛いものというわけではないから、久しぶりにソルロンタン(950円)。

 

以前は偶にあるメニューだったソルロンタンだが、すっかり定番化。以前、隣になった韓国へも良く行かれるというご常連さんが、韓国で食べるよりも美味しいと教えてくれたことがある。見るからにエキスが良く出た濃い白濁スープだが、さっぱりとした綺麗な味わい。それにしても、ここのスープはどれも優しく旨い。

 

食べている間に、どんどん客はやって来るし、マダムもやって来て、すっかりいつもの賑やかさ。やっぱりいつもの雰囲気が一番落ち着く。

 

【お店情報】

EIKO 銀座1-5-2 西勢ビルB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月12日

矢場とん ヒレ串かつと豚汁 (銀座)

R0004894001

それ程思い入れがあるわけではないが、偶に無性に食べたくなる味噌かつだ。昨晩から口が味噌だれを求めていて、矢場とんに駆け込んだ。

 

人生で初めて味噌かつを食べたのが、この矢場とん。社会人になる少し前、配属先が名古屋になると聞いて職場の下見に行った際、名物でも食べようと入った店だ。当時は全国展開もしていないし、本店もあんなに綺麗なビルではなく、如何にも、とんかつ屋、食堂という趣の店だった。それが今では、東京でも気軽に食べられるなんて、当時は想像だにしなかった。

 

初めて食べたのはみそかつ丼だったが、最近はロース串かつが定番(5本:702円)。他のものより少々リーズナブルだし、スポーツ観戦等のお供にと買っているうちに、すっかりこれが定番の味になってしまったからだ。

 

けれども、今日は誤ってヒレ串かつ(5本:810円)がやって来た。少しは気をつけろという誰かからの圧力のような気もするが、いつもとは違うものが食べられるぞと食い気が勝ってしまう性分だ。確かに、記憶にあるものよりも、柔らかくきめ細やか。けれども、甘辛い味噌だれと豚肉の相性は格別なのは変わらない。

 

それに今日は味噌汁の代わりにと初めて貰った矢場とん汁(324)が好かった。豚肉の他にふんだんに白菜と葱が入った汁で、手にずっしりと来るほど大きな器にたっぷりと。これは、また寒い日に思い出してしまいそうだ。豚汁好きとしては、こういう豚汁セットみたいなメニュー、出してくれないだろうか。

 

【お店情報】

矢場とん 東京銀座店 銀座2-11-2 銀座大作ビル 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月11日

トロヤン ブルガリアン ランチビュッフェ (銀座)

R0004861001_2

オープン直後に伺ってから、ご無沙汰してしまったトロヤン。八重洲時代の「ソフィア」同様、こちらもすっかり人気が定着しているようで、ちょっと尻込みしていたというのが正直なところだ。実際伺ってみると、随分な盛況ぶりで、オードブルビュッフェの前には、人がずらりと並んでいる。

 

こちらのランチ(1,100)は、メイン料理を一つ選んで、それにオードブルビュッフェがつくというスタイル。肉団子に根菜の煮込み、パスタやピラフの他、ブルガリアらしいヨーグルトのサラダ、ヨーグルトドリンク等が並ぶ。

 

メイン料理は、前に伺った時よりも増えている。特に、好きな豚肩ロースのソテーが増えていて気になったが、やっぱり玉子好きとしては、カヴァルマを外せない。豚肉と野菜の煮込みで、玉子を乗せてから焼くから熱々。スプーンを入れると、ハーブ類のエキゾチックな香りが鼻を擽る。口にすれば、サラリとしているがしっかりと旨みが出たスープがジワジワと胃に染みる。途中で黄身をつぶせば、まろやかさとコク味が加わって、また旨い。

 

ピーク時には、ビュッフェの料理がなくなることもあるが、補充は早い。12時半以降であれば、ゆったりと過ごせそうだ。

【お店情報】

ブルガリアンダイニング トロヤン 銀座 銀座1-9-5 ホテルユニゾ銀座一丁目1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月10日

ルヴァン・ドゥ 仔羊のトマト煮 クスクス添え (銀座)

R0004851001

今日は少し足を延ばしてと思っていたが、パラパラと雨が降り始めて、この辺りならと逃げ込んだのが、ルヴァン・ドゥ。肉料理に好みのものがなければ、久しぶりにハンバーグでもと思いメニューを見れば、そこには、ナヴァラン(仔羊のトマト煮)と書いてある。あゝ、これは、見たら絶対に食べたいやつ。これも雨のおかげと先程まで疎ましかった雨に感謝したりなんて、現金なものだ。

 

届いた皿は、鮮やかなトマトの色とゴロゴロと入る仔羊。それにたっぷりと添えられたクスクス。この大きめの塊ながらも、ナイフを入れると綺麗にほどける仔羊肉は、柔らかくて好い香り。一方の野菜とトマトのスープは爽やかさがあって、夏の終わりに相応しい。それを吸ったクスクスも当然旨いわけで、途中、アリッサを加えたりして、一粒残らず頂いた。

 

熱々の自家製パンと食後にはドリンク付き(1,200)。会計をして外に出れば、すっかり雨は上がっている。そういえば、空も風も随分と秋めいてきた。

【お店情報】

LE VIN 2 DEUX 銀座3-3-12 銀座ビルディングB1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 7日

朔月 豪州産ロースステーキ (銀座)

R0004844001

肉と野菜の気分である。こういう時は、肉野菜炒めや、つばめやの「くまもと あか牛と野菜の陶板焼き」のことが多いが、今日はちょっと違うものにしようと考える。うぅん、そうだな。野菜も食べられるステーキという手があるな。それで、スーペルバッカーナと迷って、朔月にやって来た。

 

この店の好きなところは、セットのスープやサラダが新鮮で気が利いていること。今日の野菜がふんだんに入ったスープも目新しく、野菜が欲しい今日には打って付け。

 

メイン料理は、豪州産ロースステーキ(1,000)。鉄板の上でジューッと運ばれてくるステーキは、鉄板からはみ出そうな大きさというのが好い。上等ではないが、気軽に食べるには十分に柔らかく程よい脂。ステーキの下には、野菜が敷かれていて、牛肉の脂を纏った野菜のまた旨いんだ。

 

以前からある程度混んでいる店だったが、今日は二人以上の場合は予約必須という混雑ぶり。そういえば、ランチにお好み焼きが復活している。

 

【お店情報】

朔月 銀座3-3-14 銀座グランディアⅡ 9F 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年9月 6日

世界食堂Transit Table d'Or シーフードのチョップドサラダ (京橋)

R0004834001

昨日のガッツリモリモリとは打って変わって、今日はサラダ。幾つかサラダランチ的なものを出す店を思い出す。すっかりご無沙汰しているあの店にしようかとも思ったが、この店は、今週のランチメニューをFacebookに載せているからと覗いてみると、今週は好きなチョップドサラダ(1,000)。しかも、シーフードと書いてある。それならここに決まりだ。

 

大きな皿にどっさりと盛られて運ばれてくるが、想像以上に葉野菜以外の部分の多さがとてもうれしい。海老に烏賊、タコの他、トマトにパプリカ、胡瓜にレンズ豆。クスクスも入って賑やかなこと。食感の面白さに加えて、これだけたっぷりと量があると食べ応えもあるというもの。

 

冷製のスープにパン、ドリンク付き。近隣の方などは、会計前にテイクアウト用のカップにドリンクを入れ、持って帰るのが定番の様子。入店時、珍しく空いていると思ったが、店を出る頃には、100席近くある席はほぼ埋まっている繁盛店。

 

【お店情報】

世界食堂Transit Table d'Or 京橋3-7-1 相互館110タワーB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧