2024年4月22日

豊年屋 カレー南蛮そば (阿佐ヶ谷)

R0006163001

週末の晴天とは打って変わって、肌寒さを感じる今日。温まるものがいいし、ズルズルッと麺をすするのもいいかもいいかもしれないと思いつく。それなら太めのうどんよりも、細いそばだ。それなら、豊年屋でカレー南蛮だ。

杉並区役所のほぼ目の前。店の傍を通ると出汁の良い香りがする、地元に根差した街の店。12時にはまだ少し早い時間ということもあって、少々のんびりムード。時代が付いた店内も落ち着いて、ゆったりとして居心地がいい。周りを見ると、ご常連に人気の大たぬきの他、蕎麦付きのどんぶりものも人気の様子。

そうこうしているうちに、カレー南蛮が届く。粘度のあるカレーの表面に、時折ポコッとあぶくが立つ。箸を入れて蕎麦を持ち上げると、カレーの香りと湯気が立ち上がる。ズズッと吸い上げると、カレーの香りと共に出汁や醤油の香り。それに葱の甘さ。スパイスの刺激は穏やかだが、むしろそれがいい感じ。特筆すべきは、立派な豚肉。しっかりと厚みと脂のついた豚肉が5~6枚入って滋養も満点。

カレー南蛮はもちろんだが、街に愛される蕎麦屋の雰囲気に気持ちまでも温まる。この温かさが消える前に、急いで戻ろう。

【お店情報】
豊年屋 成田東4-37-10 地図7

| | コメント (0)

2024年4月21日

Ashu 鮮魚のポワレ (荻窪)

R0010495001_20240421142401

心地よい週末の午後に

続きを読む "Ashu 鮮魚のポワレ (荻窪)"

| | コメント (0)

2024年4月19日

かみや 日替わり定食 (荻窪)

R0010911002_20240419190101

今日は魚だ。魚以外は決まっていないから、それなら荻窪まで行ってから悩むのがいい。魚ならなんでもござれの店もあれば、種類の多い日替わりの店、頗る美味い鰯の丸干しの店。どこにしようかとかみやの日替わりを確認しにくると、2種類ある日替わりの1つが、あじとピーマンのフライとある。

このところ、ずっと食べたかったんだ、アジフライ。かみやならきっと美味いに違いないと、暖簾をくぐることにする。

注文を終えて周りを見ると、アジフライ半分、半分はもう一方の日替わりの鯖の塩焼き。どちらも定番の人気者。ご飯を大盛にして、納豆を付けるベテランの常連も。

そうこうしているうちに届くスピード感も魅力だ。「お待たせしました~」とやって来たのは、半身タイプのアジとピーマンのフライ。先ずはとアジフライを一切れ箸で持ち上げると、カラッと揚がっているのが分かる軽やかさ。ガブリと頬張ると、しっとりしとやか。揚げ方の寸止め加減の見事で、噛むほどに旨味がじわじわと広がる幸せ。ピーマンもジューシーさと青さが共存して、野菜好きにうれしい味わい。

サラダと南瓜の煮付け。それに自家製の糠漬け、特に蕪の美味いことったら。少々値が上がったといっても、小ライス(普通の茶碗1杯分)で800円というのも頭が下がる。庶民に寄り添う良き店。

【お店情報】
酒処 かみや 荻窪5-26-8 小山ビル1F 地図

| | コメント (0)

2024年4月18日

ツバキ亭 豚肉の生姜焼き (荻窪)

R0010904001_20240418190901

荻窪駅北口に火・水・木のみやっているランチを食べに来たのだが、やっている気配がない。店に近づいて張り紙を見ると、どうやら、ランチは火・水のみに変更になったらしい。なるほど、そういうことか。

それじゃ今からどうしよう。木曜日のこのタイミングだったら、呉さんの台湾料理で中華粥のランチも思いつくが、頭にチラつくのは、ツバキ亭のかき玉子の味噌汁と、メイン料理に添えられる千切りキャベツと白いスパゲティ。それならツバキ亭だ。

店に入ると賑やかだが、カウンター席には1席余裕があって安心して腰を下ろす。そうだ、まだメイン料理を決めていない。ランチタイムは、日替わりやフライ、ハンバーグが人気。う~ん迷う。それなら久しぶりに生姜焼きなんてどうだろう。

先ず、ご飯とかきたまの味噌汁が届いて、続いて生姜焼きがやって来た。途端に鼻を擽る生姜と甘辛いタレの香り。ご飯に生姜焼きをバウンドさせて頬張る絵が浮かんで、ニヤニヤが止まらない。

イメージどおりに一切れ摘まんで、ご飯にちょんとバウンドさせて、口に運ぶと、程良い脂身と切れある生姜。そして豚肉の襞に絡まる甘辛いタレの味。そこへご飯を放り込んでゴクン。きっかけだった、タレが染みた山盛りキャベツや白スパも、よきご馳走。

最後に一口残った味噌汁を飲んでお仕舞い。ここに来て大正解だ。美味しくて、手頃で、感じが好い。日常に沿う良店。

【お店情報】
洋食 ツバキ亭 上荻1-6-12 2F 地図

| | コメント (0)

2024年4月17日

らせん屋 旬野菜と豚しゃぶ肉の山盛り和風サラダ (阿佐ヶ谷)

R0010868001

久しぶりに焼鳥が食べたいなぁ…と思っていたけれども、あまりの暖かさに、久しぶりにサラダランチとか、豚しゃぶとか、さっぱりしたものが欲しくなる。それなら、らせん屋の豚しゃぶサラダだ。

らせん屋なら、名物の仔羊のハンバーグも大好きだし、グラタンや日替わりのランチも好いが、この豚しゃぶサラダのファンだ。何がいいって、この圧倒的な存在感。大きな皿に、山のように装われた豚しゃぶとサラダ。色鮮やで目にも食欲を誘うところも素敵だし、季節によって野菜が違うところも好い。今日なら、春を思わせる色とりどりのトマトとか。

ドレッシングもバルサミコ酢ベースのものに加えて、豚しゃぶらしく和風の胡麻ドレッシングも忍ばせてあって、味わいも豊か。山盛りでも食べ飽きることがないというのも魅力だ。パン又はライス、ドリンクがセット。食後にハーブティと共に小さなチョコレート菓子が頂けるのも好い。

入ったときは、珍しく空いているかと思ったが、ご予約の方が続々といらっしゃって好い賑わい。久しぶりに夜にも来たいなぁ。

【お店情報】
らせん屋 阿佐ヶ谷店 阿佐谷北2-5-10 地図

| | コメント (0)

2024年4月16日

レンガ オムレッチトースト (築地)

R0010864001

もう15年ほど昔になるが、ホットサンドをいただいたことがある喫茶レンガ。気持ちのよい雰囲気と、とろとろの玉子などが入った彩りのよいホットサンド。それに美味しいコーヒーと良い記憶しかない喫茶店。

人気店だし、中々行ける機会もなかったが、最近知ったオムレッチトーストが気になってチャンスを伺っていた。今日昼より少し早い時間に店を覗いたところ、まだ席に余裕があって、腰を落ち着けたという次第。とはいえ、今時らしくインバウンドの方やご常連と思わしき方で、すでに7割ほどの席は埋まっていて、昼が近づくにつれて満席となる。

さて、オムレッチトーストだ。先ず名前からして謎であるが、中身は、オムレツとソーセージが乗ったチーズトースト。名前が可愛らしくて、注文するとき少しためらってしまうが、恥ずかしさも食欲の前には形無しだ。すぐにセットのポタージュスープとサラダが届く。右手に見えるキッチンは、続くナポリタンの注文に急がしそうだ。

「お待たせしました~」と運ばれてきたトースト、想像以上に厚切り。チーズの焼けた香りが何ともそそる。入っている切れ目に沿って切り離すと、とろけるチーズの隙間から半熟のオムレツとケチャップ、ソーセージがお目見え。たまらず頬張ると、ふっかりした食パンと、とろとろのオムレツとケチャップのコクと酸味、ソーセージが混ざり合って、初めてなのに懐かしい味わい。これはクセになる。

ランチを楽しむ方々で賑やかだが、どこか穏やかでやさしい空気感が好い。気軽に来ることはできないけれど、機会を作ってまた。

【お店情報】
喫茶レンガ 築地2-15-15 1F 地図

| | コメント (0)

2024年4月15日

ビフトロ バイラ コクシネル 豚バラのグリル (京橋)

R0010855001

いろいろと行きたいお店はあるけれど、中でも気になっているのはコクシネル。人気店で、満席で振られることも多い店。テラス席もあって、冬の間は遠慮したいが、今日のような日ならテラスも大歓迎だと店に向かうと、テーブル席が1卓空いていて、滑り込みセーフ。

さて、何を食べようか。定番的な三元豚のロースや、タラのポワレ。豚は豚でも、豚バラなんてどうだろう。この店でもあまり食べた記憶がないし。

しばらくして届いた皿は、相変わらず色鮮やかでボリューム満点。豚バラも厚みのあるものが2枚ドドンと。一口大にして頬張ると、香ばしく噛むほどに脂がじんわり。一方で、余分な脂は落ちているし、粒マスタードソースの香りや爽やかな辛味も手伝って、この量でもぺろり。

そして、種類も量もふんだんな野菜も相変わらず。定番のブロッコリーやカリフラワーに加えて、瑞々しいトマトに、ホワイトアスパラもしっかり1本分。ジューシーで甘み溢れる季節の恵み。

食後には、コーヒーを頂いて。料理が美味しいことはもちろん、活気のある雰囲気も好きだ。そして、次はどんな料理に出会えるか、今からもう楽しみなのだ。

【お店情報】
Beeftro by La Coccinelle 京橋3-1-1 東京スクエアガーデンB1 地図

| | コメント (0)

2024年4月12日

カーザドルチェカーザ 本日の魚の香草パン粉焼き (浜田山)

R0010833001

桜並木が広がる善福寺川緑地。今年はまだ行けておらず、もう葉桜だろうけれど少し景色をみたい気がする。それならばと、すぐ裏手が善福寺川緑地の場所にあるカーザドルチェカーザへ行こう。

生憎小雨が降ってきたが、客席のある2階は、善福寺川緑地に向かって、広く窓が取られていて、新緑が目に眩しい。

ランチは、パスタが2種類と、魚料理と肉料理がそれぞれ1種類。肉料理はチキンのグリル。魚料理は、香草パン粉焼き。今日の魚を聞いてみるとワラサという。うん、間違いなくお願い美味いやつだ。

先ずはセットのスープとサラダが運ばれてくる。セットのサラダやスープというには申し訳ないくらい質も量もキチンとしたもの。サラダなら、野菜だけでなく、鶏ハムなども入ってボリュームもあるし、ドレッシングの香りも好い。スープは、今日はじゃがいもポタージュ。クリーミーだが、軽い仕上がり。小雨混じりに美味しい味わい。

そして、メインの香草パン粉焼きも中々のボリューム。それに香りからもう美味しい。サクサクのパン粉の下には、ワラサのしっとりとした身。噛み締めるとじんわりやさしく広がる旨味。そして、付け合わせのポテトが、相変わらず旨い。シュワッとしたアルコールを飲みながら、一皿独り占めしたいくらいだ。

食後にはコーヒーを頂いて大満足。帰る途中、自分の口から時折ほんのりとローズマリーの香りがして、あの美味しさが蘇る。久しぶりに夜にも来なくては。

【お店情報】
Casa dolce casa 杉並区成田西3-17-10 地図

| | コメント (0)

2024年4月11日

岩戸 豚汁定食 (銀座)

R0010795003

昨晩は、美味しいフレンチとワインで満喫したから、今日の昼は和食の気分。和食のランチといって必ず思い浮かべるのは、岩戸の豚汁。大好物だが、最近は長い行列が出来ていたり、臨時休業だったりして、思うように食べられていない。

今日も難しいかもしれないけれど、とりあえず行ってみようと店の近くまで来ると、店の前に人影は見えるものの、長い行列はない様子。これなら待っても少しだし、この機会を逃す手はないと急ぎ足。

入口で食券を買うために並んでいる人はいるものの、ちょうど入れ替わりのタイミングで、左程待つことなく入店。お母さんも久しぶり。今日は何にしましょうと問われるけれど、今日は豚汁一択だ。

料理が程なくやって来るのも好きなところ。大きい器にたっぷり盛られた豚汁に、今日はいつもより景気よく盛られている気がするまぐろ漬け、ご飯とがり昆布がセット。

豚汁のごろごろと大振りの野菜たちに、負けない存在感の豚肉。ズズズッと汁を吸って、大振りの野菜を持ち上げては、はふはふと頬張るこのサイズが好きだ。同じ豚汁なのに、日によって個性があるのも面白いところで、今日は大根控えめの里芋多め。

まぐろの漬けは、ご飯に載せて頬張って、ガリ昆布を合いの手にして。最近は、漬けのタレの追加なんかも出来るらしい。確かにご飯が進みそうだ。

店を出ると、12時を回ったせいか、10人ほどの行列。春になると、新人さんを伴って自慢げにこの店を紹介する姿を見るのも、もはや自分の春の風物詩。長くその様子を見られますよう。

【お店情報】
岩戸 銀座店 銀座1-5-1 地図

| | コメント (0)

2024年4月10日

輝咲 さわら塩焼 (有楽町)

R0010764001_20240411055501

食べたいのは和定食。岩戸で豚汁もいいし、三州屋でアジフライもいいなぁ。焼魚ならどこだろう。そうだ、久しぶりに有楽町の輝咲なんてどうだろう。

有楽町のJRの高架沿いにあるビルの6階。ビルのエレベーター前に小さな案内があるだけで、分かり難い店だが、焼き魚を目当てに客が集う店。今日も入ったときはカウンターに余裕もあったが、一人、また一人と客が続く。

ここの焼魚は炭火焼。鯖と黒むつ、さわらの3種類あって、今日は断然さわらの気分。好きなんだ、さわら。注文してから串を打って炭火で焼いてくれるから、少し時間はかかるが、美味しさが分かっているから、待っている時間も楽しみで仕方がない。

届いたさわらは、厚みもたっぷりとした立派な身。箸を入れると、炭火で焼いた香りがふわりとして、噛むほどに、やわらかい身から、じわりじわりと滲み出す繊細な旨み。そこへご飯を一口。そして赤出汁。胃と気持ちが落ち着いていくトライアングル。

脇には、サラダに豆と野菜の煮物、漬物と副菜も揃っているのも好きなところだ。派手ではないが、間違いなく幸せと思う昼餉。

【お店情報】
輝咲 有楽町1-2-9 有楽町小川ビル 6F 地図

| | コメント (0)

より以前の記事一覧