2018年7月19日

タベルナウオキン 厚切り豚肩ロースのステーキ (京橋)

R0004341001

「そうだ、エドグランの山茂登ですだちの冷やかけを頂こう」とやって来たが、この暑さにサラッとそばでもと思う人が多かったのだろう。見たこともない行列が出来ていて、回れ右。

 

このビルには、他にも飲食店は多くあるが、行列が出来ているところも多くて、ぐるりと見渡す。ウオキンに行列が見えないけれど――と近づいてみると、今週のランチメニューの「厚切り豚肩ロースのステーキ」を見つけた。これ絶対好きなやつ。店に入ってみると、1、2卓だけ空いていて、運よく滑り込めた格好だ。

 

それにしても、「厚切り」という言葉には、胸が躍る。ワクワクしながら待っていると、立派な厚切り肉がやって来た。それも、ソースがテラテラ、ニンニクチップが散らして合って、なんともワンパク。さらには、ポテチサラダに、ケチャップ味のスパゲティには粉チーズまで乗って、スタミナ満点。夏バテ知らず。

 

定番のランチメニューは、ミックスフライにハンバーグ、オムライス。それに、蟹クリームコロッケやアジフライのオプションあり。店自体や店員さんに活気があって、午後からの活力を得られるところが好い。

 

【お店情報】

タベルナウオキン 京橋 京橋2-2-1 京橋エドグラン 1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月18日

松永牧場 焼肉定食 (銀座)

R0004340003

子供の頃、実家で焼肉といえば、切り落としやこま切れを、玉葱と人参の薄切りと一緒に炒めて、焼肉のタレで味をつけたものだった(ちなみに、一枚ずつ焼いて、タレや塩で食べる「焼肉」は、ホットプレートを使っていたから、「鉄板焼き」と呼んでいた)。 

ここのランチメニューに焼肉定食(1,000円)を見つけて、料理の写真を見たとき、野菜と切り落としのような肉を炒めたものだったから、ひどく懐かしくなって、そのうち一度食べようと思っていたもの。暑さのせいか、何のせいか分からないが、昨日の続きて今日も牛肉に野菜の気分で、これを思い出してやって来た次第。

 

これが、失礼ながら、写真よりもずっとそそる料理が運ばれてきた。確かに、薄切りの肉に野菜、玉葱やもやしを加えて、炒めてものだが、玉葱は甘いし、もやしはシャキシャキ、こんもりとボリュームもある。それを、ご飯の上にワンバウンドさせて、タレが染みたご飯も旨いやつ。サラダに牛肉入りの金平、香の物、味噌汁付きと、定食としても申し分ない。

 

エレベーターで一緒になったご婦人方が、景気よく「生ビール」なんて注文している声が聞こえてきて、羨ましくて仕方がない。

 

【お店情報】

松永牧場 銀座本店 銀座2-4-18 アルボーレ銀座8F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月17日

つばめや くまもと あか牛と野菜の陶板焼き (銀座)

R0004315005

食べたいのは肉と野菜。できれば肉は牛肉が好い。そうなると真っ先の思いつくのが、つばめやの陶板焼き(1,469円)だ。

 

何が好きかって、たっぷりとある柔らかくて旨味の強いあか牛と、その旨味をしっかりと纏わせた野菜たち。あか牛の薄切り肉の下には、キャベツや玉葱、人参、ピーマンが、こんもりと山のように盛られている。それらが、下から加熱され、上に敷いた牛肉で蒸されることによって、旨みと甘味、香ばしさを増して、さらにはあか牛の旨味まで加わって旨いこと。

 

それにあか牛は、塩胡椒の味そのままを楽しんだり、タレをつけてみたり、さらにはご飯を巻いたりと、何通りもの食べ方で楽しめて好い。ハンバーグやステーキ丼などが人気だが、自分は最近これ一択。

 

満席で入れないこともあるが、この暑さのせいか、店内にも余裕がある。しかし、夏は暑いものだけれど、毎年こんなにも暑かったっけ?

 

【お店情報】

つばめや 銀座1-2-1 紺屋ビル1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月13日

バインセオサイゴン バインセオとミニフォーのセット (有楽町)

R0004309002

あっさりさっぱりしたものが食べたい気もするし、辛いものが食べたい気もする。うーん、ホントは何が食べたいんだ。溶けそうな頭で考える。熱いものを食べる気力は随分となくなったし、あれだ!バインセオ。

 

バインセオとは、ベトナム風のお好み焼きとかクレープと云われるもの。ターメリックで色付けした米粉ベースの薄い生地の中に具を入れて二つ折りに。これを切り分けて、レタスなどの野菜で巻いて食べるもの。

 

この辺りならば、イトシアの地下1階のバインセオサイゴンで頂ける。ランチならば、ミニフォーとデザート付きのセット(1,170)。届いた途端、その大きさにちょっと驚くが、中身はたっぷりのもやしと海老で、意外に軽い。レタスやコリアンダーで巻いて、タレをつけてパクつくと、パリパリもちもちの皮の食感と、ヌクチャムの香りや酸味がグッと来て、この気候にピッタリ。こういう閃きだけは冴えている。

 

周りを見ていると、やはり人気はフォーのセット。テイクアウトの弁当も人気で、店の中も外も大賑わい。

 

【お店情報】

バインセオサイゴン 有楽町店 有楽町2-7-1 有楽町イトシアB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月11日

美々卯 冷麦 (京橋)

R0004300002

7月の中旬に入ったばかりだというのに、外を歩けば溶けてしまいそうな暑さ。こういうときはさっぱりとした麺だろうと、幾つかと思い浮かべる。すだちそばも目に涼しいが、美々卯の冷麦なんてどうだろう。ガラスの器に氷を張って、よりキラキラと涼やかで、具も彩りよく盛られたハレの素麺。

 

滑らかで、つるつると喉越しがいいが、噛むともっちりとしたコシを感じる自家製麺。冷たい汁につけて啜り上げると、柑橘香がふわりとして、風流で美味。海老に、ほんのりと甘い薄焼きの玉子、肉厚の甘辛く煮付けた椎茸に胡瓜、さくらんぼ、胡麻豆腐まで乗った豪華版。冷麦よりも素麺が好きだが、ここのは別。

 

今日は「冷麦」と決めて来たから、捲らずにいた品書きを改めて手に取ってみると、季節のかやくご飯は鱧ご飯だし、鱧ちりそばに、鱧の天麩羅と鱧づくし。鱧ご飯も頼めばよかった。

 

【お店情報】

美々卯 京橋店 京橋3-6-4 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月10日

別亭 神田新八 梅雨いわし定食 (京橋)

R0004266001

二日続けての東京スクエアガーデン。というのも、コクシネルを後にして、同じフロアのランチを覗いて行こうと見て回っていたところ、梅雨いわし定食(1,100)なるものを見つけた。梅雨時期が最も脂が乗って旨いと云われる鰯を、フライと塩焼きにした定食らしい。青魚好きとしては、これを見逃す手はないと、やって来た次第。

 

限定10食と書いてあったのが気にはなっていたが、間に合ったらしい(ちなみに、1215分で残り1食だった模様)。暫くして届いたのは、大きさのあるフライと、小ぶりの鰯の焼いたものが3尾。

 

焼きは、「頭からカブリとやって下さい」という案内に従ってガブリ。もう一口カブリ。焼けた芳ばしさが鼻を擽って、その後にはギュッと凝縮した脂がジワリジワリ。噛み締めるほどに広がって、もう堪らんとご飯を一口。鰯好きには堪えられない。一方のフライは、サクサクした衣の下にはふかふかの身。辛子をちょいと付けて。好きな物が2種類。それでお腹一杯になるなんて倖せだ。

 

そうそう、ここ数年毎年この時期に登場する冷汁うどんも始まっている。

 

【お店情報】

別亭 神田新八 京橋3-1-1 東京スクエアガーデン 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 9日

ビフトロ バイ ラ コクシネル 豚バラ肉のハニーマスタード焼き (京橋)

R0004258004_5

伺うたびにときめく店がある。行こうと決めたときも店に居る最中も、どきどきして、帰り際は幸福感で満たされる、そんな店。ここもそうだ。

 

最近は、Facebookで予めメニューを確認してから来ることが多いが、今日は確認せずにやって来た。そもそも、人気で入れないこともあるから、そういう意味でもどきどきするが、来てみれば、珍しく今日は余裕がある。「今日は静かなので、ゆっくりしていって下さい」なんて声をかけてもらうと、ワインの一杯でも飲んでしまいたくなる。

 

今日のメニューは3択で、お願いしたのは、豚バラ肉のハニーマスタード焼き。想像した豚バラの脂にやたらとそそられたからだが、実物は、その想像を超えた。蜂蜜の効果も手伝ってカリッと焼き上げられた表面と、とろとろの豚の脂のコントラスト。それにたっぷりとした脂にも関わらず、後味がとても綺麗。色とりどりの付け合わせの野菜も、味わい豊か。

 

食後には、コーヒーと小さなケーキ。食べてみるとレモンの香りがふわりとして、夏に似合い。帰り道の一段と眩しさを増した日差しが、好ましく思えるくらいに。

 

【お店情報】

Beeftro by La Coccinelle 京橋3-1-1 東京スクエアガーデンB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 6日

有薫酒蔵 さば煮付定食 (銀座)

R0004246003

「普通」という言葉で思い描くものは、人それぞれなのだろうし、「普通のご飯」もそうだろう。自分が思う「普通のご飯」は、主菜的な料理はあってもなくてもいいが、全体として、どこにでもありそうなおかずが3種類くらいあるものだ。実家がそんな食卓だったわけではないから、きっと自分が、こういうのがいいなという理想なのだと思う。

 

今日は、そんな「普通のご飯」が食べたいと思った。そうなると、思い浮かぶのがここ。有薫酒蔵。玉子焼きや、ひじきの煮物に切干大根、野菜の煮物などの、家庭的なおかずが幾つかに、ご飯やおにぎり、うどん。ほら、「普通のご飯」だ。

 

今日は日替わりのメニューに、さば煮付定食(900)というのがあって、それを貰う。きっと味噌煮ではなく、甘い醤油で炊いたやつだろうと思っていたら、そのとおり。甘さのきいた味付けで、ご飯のおかずにも、一杯付いてくる猪口の中身にも相応しいやつ。それに別で綺麗な色に焚かれた野菜たちが、家庭の食卓とは違うところ。脇には、切干大根と玉子焼き。味噌汁に香の物と欲しかった味が勢揃い。

 

生憎の天気にも関わらず、続々と客がやって来る。女将さんのふくふくニコニコとした雰囲気も手伝って、実に母性的で家庭的。きっとこういう味を求めている人が沢山いるに違いない。

 

【お店情報】

銀座 有薫酒蔵 銀座2-2-18 西欧ビルB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 5日

TOKYO Mar Mare 柔らか豚バラ肉のポトフ (八重洲・京橋)

R0004239001

先日の振られ続けた日、この店にもやって来たんだ。大変に賑わっていて踵を返したが、今週のランチの太刀魚のフライや、豚バラ肉のポトフが気になっていて、今日改めてやって来た。

 

微妙な天気だからか、今日は比較的空いている。壁際のテーブル席を貰って、周りを見渡す。ローストビーフとブイヤベースがやっぱり人気か。太刀魚も気になっているけれど、昨日も揚げ物だし、今日は少し肌寒いしで、ポトフをお願いすることにする。

 

ここのランチ(1,100)は、メイン料理にサラダやご飯、パン、スープ、ドリンク類はセルフサービス。大体いつも、サラダのお代わりを貰って来たところで、メインの料理が届く。柔らかく煮込まれた豚バラの他、ソーセージや、蓮根やポテト、玉ねぎなどもたっぷりと入る。シンプルな味わいだが、だからこそ、ほかほかと沁みる。

 

そうこうしているうちに、続々と客がやって来て、料理やドリンクが置いてあるバー辺りは渋滞。さて、次の方に席を空けましょう。

 

【お店情報】

TOKYO Mar Mare 八重洲2-5-12 プレリー八重洲ビル1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 4日

いわた 鶏の唐揚げ定食 (銀座)

R0004236003

年に一度あるかないかの鶏の唐揚げ熱がやって来た。鶏の唐揚げ。昼に出しているお店は幾つもあるが、そうだなぁと一悩みして、やって来たのはいわた。ここのフライが大好きだから、ついついフライを選んでしまうが、他のランチメニューも素敵なんだ。

 

今日の目当ての鶏の唐揚げ定食(850)なら、たっぷりの千切りキャベツに、げんこつ大の唐揚げが4つ。しっかりとした味をつけて、カラリと揚げた唐揚げで、衣や皮はパリパリで、後から鶏肉のむっちりとした食感。咀嚼する度に下味が効いて、飯を呼ぶ。ひじきの煮物に、もやしの油炒め、香の物、自家製のおかかのふりかけと脇までしっかり揃っていて、少々値上げはしたものの、それでも申し訳ないくらいだ。

 

たまたま1階が満席で、久しぶりの2階かと思ったら、「ひとりじゃさびしいかしら」なんてお母さんが心配そうに気にしてくれる。ひとりで寂しいような柄でも年でもないというのに。そんなお母さんの人柄に、またグッと来る。

【お店情報】

銀座いわた 銀座7-4-7 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧