2018年4月25日

のもっか 週替わり (有楽町)

昼休みで、外に出たのは、まだ雨が降って、強いビル風が吹いていた頃。こんな天候なら、いつも行列ができているはまのやパーラーだって空いているかもとやって来た。

 

ところが、然うは問屋が卸さない。店の外に置かれた待つ人用の椅子には、座っている方が何人か。うむ、こんな天気でもダメだったか。

 

それならとやって来たのが、同じビルに入るのもっか。以前は豚肉料理店だったところが衣替え。けれども、ランチタイムには、豚肉料理が多く並ぶ。昨日も豚肉だったけど、まぁいっか。流石に昨日食べたしょうが焼きは外して――と、冷しゃぶや、せいろ蒸し。週替わりのメニューを聞いてみると、ポークソテーと来た。今日はこれだ。

 

お願いしたポークソテーは、トマトソースを添えたもの。シンプルなポークソテーに、たっぷりと添えられた瑞々しいトマトソースがうれしい。プレートには葉野菜が添えられているが、別途サラダも付く。しかもお代わり自由。デザートやドリンクもセルフサービスで、お気に召すまま。それで、値段はいずれも1,000円。

 

カウンターで一人ササッと食べる人、同僚と語らいながら過ごす人。手軽なランチ処として重宝している様子。

 

*写真は後ほど追加

【お店情報】

遊楽酒場 のもっか! 有楽町1-12-1 新有楽町ビルB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月24日

ねぎポ しょうが焼き (有楽町・丸の内)

R0003556001

今日は夜に魚だから、昼には肉。そうだなぁとアチコチの店を思い浮かべていると、ねぎポに、新メニューが出来ていたことを思い出した。ねぎポとは、東京国際フォーラム裏手の有楽町の高架下、牛たんのねぎしの隣。そのねぎしの豚料理店。

 

その新メニューとは、角煮カレーと、しょうが焼き。より肉々しいのはこっちだろうと、しょうが焼き(990)をお願いする。

 

葉野菜のサラダと人参がたっぷり混ぜ込んだスパゲティーサラダを従えて、しょうが焼きはやって来た。肉厚だけれど、やわらかくて、頬張ってむしゃむしゃとワンパクに食べたいしょうが焼き。添えられた生姜は、混ぜてもいいし、スープに溶くのもお勧めだそう。

 

オープン当初よりも、店内にずっと活気があって、行列も出来ている。この賑わい、好い感じ。

 

【お店情報】

ポークポークポーク ねぎポ 有楽町店 丸の内3-6-1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月23日

のまえ おでん定食 (銀座)

R0003551001

久しぶりに東急プラザへやって来る。下鴨茶寮が手掛ける日本酒バル「のまえ」のランチが目当て。以前は普段のランチには贅沢だと思っていたが、最近は、手軽なランチがあることを知って、それで。

 

大きな暖簾を潜ると、中央に大きなカウンターと、窓際にテーブル席がいくつか。カウンターの一角の席を頂いて、ランチメニューを眺める。おでん定食に、親子丼、それに刺定の定食。最近、昼におでんが食べられる店がすっかり減ってしまったしと、一番手頃なおでん定食(972円)をお願いする。

 

おでんは、おまかせ。頂いたのは、大根、昆布、厚揚げ、さつま揚げが2種類に、蒟蒻、白滝と、好物が沢山。種には、品のいい出汁が染みていて、噛むほどにじわりと溢れ出る。新玉ねぎの美味しいサラダに冷奴。ご飯、味噌汁付き。オプションでたまごかけご飯のセット等もあり。

 

解放感のある空間と、程よい静けさ。落ち着いて昼を摂りたいときにも向く。

 

【お店情報】

日本酒バル のまえ 銀座5-2-1 東急プラザ銀座11F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月20日

岩戸 豚汁定食 (銀座)

R0003496001

岩戸の豚汁は、定期的に食べたくなるものの筆頭だと思う。今日は、少し汗ばむくらいだというのに、どうしてもあの熱々の豚汁が恋しくてならない。

 

ガラリと引き戸を開けると、見えるカウンターはすでに満席。テーブル席も相席が少しある程度の賑わいぶり。なんとか入れそうだと思っていると、ここからは見えないカウンターの一番奥の席が空いていたらしい。

 

座るとすぐ位の早さで、提供されるのもうれしいところ。おやおや、今日の豚汁はいつにも増しての気前のいい盛り。椀の淵を超えるような盛りの良さ。片手で持ち上げるとずっしりと感じる重み。大根や人参も大振り。大根なんかを頬張って、はふっとなるのが旨いんだ。そして、汁をズズッー。あゝ、沁みる。

 

もう一つのお楽しみの鮪の漬けはご飯に乗せて。いつも以上にご飯が旨くて、「少なめ」を忘れたよかったなんて思ったりする。

 

食べ終わる頃には、ジャケットを脱いでも、暑いくらい。汗を拭って、さて後半日で週末だ。

【お店情報】

岩戸 銀座店 銀座1-5-1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月19日

LE VIN DEUX シュークルートと豚肩ロースのコンフィ (銀座)

R0003494001

昼だというのに、珍しく、コレというものが思いつかない。というか、あれこれ思いついてしまって、困ったというのが正直なところだ。職場を出て、半分くらいは信号まかせで、道を渡ったり、曲がったり。そのうちに、そういえば久しぶりと思い出したのが、ルヴァンドゥ。

 

店があることを知らないと分からないような細い路地に入口を構える店。限定の鴨・牛・豚肉のハンバーグはすっかり人気で、地下にある店へと向かう階段を下りる最中でさえ、店の中の賑わいが聞こえるほどだ。

 

件のハンバーグの他、肉料理やパスタが並ぶ。今日の肉料理(1,200)は、シュークルートと豚肩ロースのコンフィ。これは絶対好きなやつ。

 

コンフィは、しっとりとして、脂の部分はぷるぷる。厚みがあるからこその噛むほどにほどける旨味。こういうの大好きだ。それに、たっぷりと添えられたアルザス風のシュークルート。肉の旨味と酸味が堪らない。あゝ、ここにワインがないことが、この上なくもどかしい。ソーセージも付いて、ボリューム的にも大満足。

 

食後には、ドリンク付き。目配りの効く店の方も心地よく、次は久しぶりにならないうちに。


【お店情報】

ルヴァンドゥ 銀座3-3-12 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月18日

かてて しょうが焼き定食 (京橋)

R0003489001_3

野菜をもりもり食べたくて、東京スクエアガーデンや相互館110タワーを覗いたが、こんな天気だからだろう。同じビルにオフィスのある方々で、いつも以上の長い行列。近くのサラダランチの美味しいカフェも覗いてみたが、こちらも一杯。職場に戻る時間も考えると、そろそろ腰を落ち着けたい。

 

ここも満席かな?と思ったが、ちょっと覗いておこうと向かったのが、かてて。京橋のアパホテルの1階にある、九州料理をウリにする居酒屋。チキン南蛮が食べたいとき等に時々覗くが、満席であることが多いランチの人気店。

 

今日はありがたいことに、カウンターならと席を貰って、さて、何を頂こう。チキン南蛮もいいし、そうだ、だご汁は前に頂いた。それなら、しょうが焼き(940)はどうだ。豚肉好きがここで疼く。

 

これが中々に個性的。豚肉に厚みがあるのもいいし、見た目のとおりに醤油ではなく、まろやかな甘さのある生姜焼き。一方で、生姜も程よく効いていて、優しいだけではなく、ご飯を誘う。それに、もやしも入るし、葉野菜も添えられて、さらには、味噌汁にはごろごろとした野菜入り。野菜欲求も満たされるというものだ。

 

ちゃんぽんや皿うどん、それにから揚げ+昭和コロッケが人気の様子。ランチメニューの殆どが1,000円以下というのも、人気の理由だろう。

 

【お店情報】

かてて 京橋店 京橋3-6-7 アパホテル銀座京橋1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月17日

まだん スンドゥブチゲ (銀座・内幸町)

R0003485001_2

昼のまだんは、久しぶりだ。JRの高架下、西銀座JRセンターと呼ばれる銀座・日比谷付近の半地下通路をズンズンと。以前から昼でも薄暗かったが、最近は、高架の耐震工事の関係で、ポツポツとあった店の灯は、すっかりと減ってしまった。もう、営業している店はないんじゃないかと思うほどに。

 

けれども、まだんは、まだそこにある。半開きにした扉の向こうには、女将さんを始めとして、女性ばかりの店の方。それに、すっかりベテランといった風な客も多い。夜も昼もと賑わう店だが、今日は少し余裕のある様子だ。

 

スンドゥブチゲ(900)を注文すると、小鉢やキムチが出されて、しばらくすると、まぁ、大層グツグツと沸き立った鍋が届いた。あゝ、このグツグツを見ているだけで、ご飯が食べられると本気で思う。フーフー冷ましてみたところで、焼石に水のような熱さに、アチチと啜ると、気持ちのよい辛さにグッとくる。一方で、辛味に負けないコク味や旨み、葱や椎茸などの地味な具の滋味な旨みに、やっぱり好きだと再認識。

 

繰り返し使えるチケットで、会計時には100円引きで大満足。一方で残念なお知らせとしては、こちらも耐震工事の影響で、一先ず629日までの営業のよう。帰り際には、夜の予約を入れていくご常連客も。もう一回、夜来られるだろうか。

 

【お店情報】

まだん 千代田区内幸町1-7-24-47 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月16日

三州屋 カツオ叩きとライス (銀座)

R0003481001

昨晩、魚を食べようと思っていたのに、肉料理にしてしまったからだろう。今、食べたいのは魚。それも、刺身だ。つらつらと店を思い浮かべてみる。岩戸で豚汁とまぐろ漬けにも惹かれたが、やっぱり三州屋だ。そろそろカツオ叩き(1,100)なんてどうだろう。

 

暖簾を潜って引き戸を開けると、おや、珍しく余裕がある。勧められたカウンターに腰かけて、目の前のホワイトボードを見遣ると、よぉし、カツオもあるじゃないか。

 

叩きは早々に出てくるのがありがたい。鳥豆腐にカツオ、それにご飯や漬物が揃うと、随分と手狭になるが、目の前が好物で一杯というのは、何という幸せだろう。鰹に薬味を乗せてパクリ。続けざまに、ご飯を介して鳥豆腐。この温かみとコク。叩きとの相性抜群の素晴らしいセットだ。

 

入ったときは、余裕があるなんて思ったものの、12時を過ぎたころから、続々と客がやって来る。隣の方の注文は、アジフライ。そうだ、そうだよ。あれも好物。サックリ揚がって旨いんだよなぁ。次はきっとアジフライだ。

 

【お店情報】

三州屋 銀座店 銀座2-3-4 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月13日

サイゴン ブンボーフエと揚げ春巻・蒸し春巻 (有楽町)

R0003457001

暖かくなってきたからだろうか。エスニックっぽい味が恋しくなった。タイカレーやガパオなんかもいいが、気分は汁めん。だったらトムヤム?カオソイ?そうだ、ベトナム。ブンボーフエみたいな辛口のスープはアリだ。

 

それで、やってきたのがサイゴン。最近は、鶏もも肉の香り焼きや蒸し鶏に嵌っていて、麺類を食べるのは久しぶり。けれども、フォーガーなど数種類ある汁めんに、生春巻きなどのセット(1,000)が、この店の一番人気だ。

 

辛口スープの麺は、ブンボーフエかシーフードビーフンの2種類。シーフードビーフンの干し海老のような香りが印象的なスープも捨てがたいが、お願いしたのは、辛口牛肉入りの麺「ブンボーフエ」。小さい器ながらたっぷりと入る細い米麺。ツルツルとしなやかなに喉を滑ると、スープのピリッとした辛味やレモンの爽やかな香り、八角の香りがふわりと踊って、さらに食欲が湧くというもの。

 

セットは、好物の揚げ春巻と蒸し春巻。蒸してトロリととろけるような皮と、挽肉や椎茸の風味が特長の蒸し春巻と、パリパリの皮とむっちりと具が詰まった揚げ春巻。蒸し春巻は特に久しぶりだが、やっぱり好きだ。こうなると、今度はシーフードビーフンにも、ご無沙汰を謝りにこなくてはという気がしてくる。

 

【お店情報】

サイゴン 有楽町店 有楽町1-10-1 有楽町ビルヂングB1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月11日

はし本のおばんざい お魚膳 (銀座)

R0003444001

今日は和定食。魚のあるところがいいとあれこれ思案して、はし本のおばんざいにやって来た。おばんざいを盛り合わせた定食や、メインの料理に、サラダやおばんざいが3種類、香の物、ふりかけに甘味までつく和定食が人気の店。

 

お魚膳(1,080)という、日替わりの焼魚や煮魚がメイン料理の定食もあって、今日はそれが目当て。今日の魚は、銀鮭の粕漬けだそうだ。

 

届いたのは、大きさも厚みも立派な粕漬け。脂がふつふつとして、皮はしっかりとした焼き目。もうこれ絶対旨いやつだ。それに、おばんざいには、切干大根、小松菜の煮浸し、練物と油麩の煮物。それに、玉子焼き付きまで。大きめの茶碗に装われたご飯も、すっかりと無くなってしまう充実ぶり。桜を混ぜ込んだ羊羹も春らしくて素敵だ。

 

だし巻玉子の定食がなくなり、値段も少し上がったが、それでも結構な繁盛ぶり。女性客が多いが、ご常連らしい先輩紳士の姿も見える。カウンターの座り心地の良さも好みだ。

 

【お店情報】

はし本のおばんざい 銀座2-10-5 銀座オオイビル2F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧