2019年5月 6日

ぺるしぃ (銀座)

R0007317001

ありがとう、さよなら、ぺるしぃ。

続きを読む "ぺるしぃ (銀座)"

| | コメント (0)

2019年4月23日

ル・ヴァン・ドゥ 大山鶏モモ肉のコンフィ (銀座)

R0007249001

暖かいが、今日は何だかせいろ蒸しの気分で、久しぶりに朔月を訪ねた。9Fにある店へ向かうエレベーターで、目的地が同じ方と一緒になって、もしかして混んでいるかも?という気がしてくる。

エレベーターの扉が開くと、そこには、席を待つ人が数人。店の方と目が合って聞いてみると、やはり満席という答え。さぁ、この辺りで他の店だとどこだろう――と閃いたのは、ル・ヴァン・ドゥ。店があることを知らないと分からないような細い路地に入口を構えるビストロ。限定の鴨・牛・豚肉のハンバーグはすっかり人気。

地下のフロアへ降りたって驚いた。人気のある店だが、12時前にほぼ満席なんてことは、一度もなかった。フロアには、仲良し3、4人組と云ったマダムが沢山。先程の朔月にせよ、この辺りで何かあるのかと思ってしまう。

それでも、丁度残っていた1席を頂いて、さて何にしようか。件のハンバーグの他、肉料理やパスタが並ぶ。今日の肉料理(1,200円)は、大山鶏モモ肉のコンフィ。それに春キャベツのブレゼ添えとある。あゝ、今日はこれだ。

運ばれてきたのは、骨付き丸々1本の鴨肉。パリパリの皮目にナイフを入れると、下の身まで、ほろほろとほどける。皮の食感は然ることながら、香りの美味しいこと。春キャベツもたっぷりと添えられて、旨味豊かな優しい味も染みる。

食後にはコーヒーを頂いて。会計をして外へ向かってみれば、階段の上まで続きそうな行列。本日は、行列日和なり。

【お店情報】
LE VIN DEUX 銀座3-3-12 銀座ビルディングB1 地図

| | コメント (0)

2019年4月 9日

TOKYO MarMare 濃厚ブイヤベース (八重洲)

R0007120002_1  

久しぶりに京すしにでもと向かったところ、ランチタイムのピークにはまだ早いというのに遠くからでも行列が見える。うーん、やはり普通の日にふらっと伺うのは難しいか。

諦めはしたものの、口はすっかり魚が食べたくなって、ココならあるはずとやって来たのが、Tokyo MarMare。肉料理に魚料理、パスタなどのメイン料理に、スープやサラダ、パン、ライスなどはセルフでおかわり自由というランチ(1,000円~)。今日の魚系のランチは、濃厚ブイヤベースと、鰆の西京味噌漬け。この店は洋食のイメージだからと、ブイヤベース(1,100円)をお願いする。

サラダを盛りつけて、青菜がたっぷりと具として入ったスープのお代わりを貰ったところで、ブイヤベースがやって来た。以前にも頂いたときも驚いたが、浅利にムール貝、烏賊に白身の魚とこれがホントに具沢山。トマトベースのスープには、魚介の香りや出汁が染み出していて、最後の一滴逃さずパンに吸わせて頂きたくなる。

週替わりのメニューがあったり、セルフでおかわり自由だったりという使い勝手の良さもあるんだろう。近隣に勤める方々で、いつも賑わっている。

【お店情報】
TOKYO MarMare 八重洲2-5-12 プレルー八重洲ビル 地図

| | コメント (0)

2019年4月 5日

OLIVIERS & CO Weekly Lunch (銀座)

R0007072002

銀座桜通りの通り沿い。茨城のアンテナショップや、セントルザベーカリーの向い辺りに、気になる店があった。気になったきっかけは、ランチメニューが目に入ったことだったが、そこはレストランではなく、高級オリーブオイル専門店。ガラス張りの店内には、綺麗に陳列されたボトルがズラリと並んでいて、奥にカウンターと小さいテーブルが幾つか。

扉を開けると、店の方が「ランチですか?」と声をかけてくれて一安心。「こちらは初めてですか?」と問われたから返事をすると、週替わりのワンプレートランチ(1,296円)であること、この店で扱っているオリーブオイルやペーストを使った料理であることを説明してくれた。

今週のメニューは、チキンのプロヴァンスハーブマスタード煮、えんどう豆のスープとサラダ。それに、バゲットとライ麦パン。おすすめというオリーブオイル2種類とバルサミコ酢も一緒にやって来て、教えて頂いたように色々試してみると、味わいの奥行きやニュアンスが変わっていくのがとても面白い。それに、えんどう豆のスープの青々とした色と豆らしいやさしい甘みが、春っぽくて好きだ。

好みのフレーバーオイルも幾つか出して頂いて、あれやこれやと話していたら、あっと言う間に時間切れ。これをあの野菜に、あの肉に合わせて料理したらなんて考えていると、想像が止まらないんだ。時間にあるときに、ゆっくりとまた。

【お店情報】
OLIVIERS & CO GINZA (オリビエアンドコー) 銀座1-3-3 G1ビル 1F 地図

| | コメント (0)

2019年3月20日

ビフトロ バイ ラ コクシネル 鶏もも肉のクスクス (京橋)

R0006881001_1

先週振られたコクシネル。今日はどうだろうなんて思いながら、店のFacebookを覗いてみると、今日のランチメニューにクスクスがあると知る。クスクスは好物。好きな店だが、否、だからこそ、今日を逃す手はあるまい。

テラス側から遠目に店内を覗いてみれば、カウンターに僅かながらも空席が見える。よしっ、ついている。今日のランチ(1,250円)は4択だったが、迷うことなくクスクス一択。

相変わらず、見た目にも美味しそうな皿にウキウキするが、先ず魅惑的なのはその香り。エキゾチックで旅心と食欲を駆り立てられる。野菜も鶏肉も、嬉しいことにゴロゴロとした大振りサイズ。けれども、ナイフを入れるとスッと簡単に切れる柔らかさ。美味しいものがたっぷりとある倖せ。

食後にはチョコレート味のマドレーヌとコーヒーを。いつもながらお店の方はとても気持ちが良く、居心地も抜群に好い。次伺えるときが、今から愉しみでならない。

【お店情報】
Beeftro by La Coccinelle 京橋3-1-1 東京スクエアガーデンB1 地図

| | コメント (2)

2019年2月24日

らせん屋 (阿佐ヶ谷)

R0006118001_2

夜にも昼にも、食事をするにも飲むにも、使いが良くて感じが好い店。


続きを読む "らせん屋 (阿佐ヶ谷)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月15日

石川亭 Aランチ (銀座)

R0006544001_3
やって来たのはベルビアに入る石川亭。ランチの内容が随分と変わっていることに気が付いて、気になっていたところ。以前のような、前菜とメイン料理を組み合わせるタイプではなくて、メイン料理にバケットや、サラダ、スープなどが付いてくるスタイル。メイン料理によって、値段も異なるスタイル。今日は、豚肉のグリルやカレー、牛肉の赤ワイン煮込みに、ステックフリッツ。その他、コースランチの用意もある。

続きを読む "石川亭 Aランチ (銀座)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月27日

アンドラ・モンラーニュ (南魚沼)

R0005937001

昨年末も、南魚沼のオーベルジュ・アンドラ・モンターニュ。ちょうど年末寒波がやって来ているときで、例年以上の雪の量。ここに来始めた頃は、スキーの序でだったのに、スキーはすっかりやめてしまって、こちらで呑んで寝る(後は本を読む)生活。

続きを読む "アンドラ・モンラーニュ (南魚沼)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月14日

Bistro COBACO (高円寺)

R0005637001_2

ほんわかした雰囲気と旨い料理の止まり木。1周年おめでとうございます。

続きを読む "Bistro COBACO (高円寺)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 4日

ビフトロ バイ ラ コクシネル 鶏モモ肉の香草パン粉焼き (京橋)

R0005979003

明けましておめでとうございます。今年も食べて呑んでの毎日になろうかと思いますが、引き続き、どうぞよろしくお願いします。

 

今日から仕事初めだけれども、明日は週末。まだ休みという方も多いようで、朝の電車はとても空いているし、飲食店も休みというところも多い今日。ランチ難民になりそうだと思っていたが、年末に挨拶に伺って、年始は4日からと伺っていたコクシネルにやって来る。年始から大好きな店。幸先のいいスタートだ。

 

東京スクエアガーデンのレストランフロアも半分くらいはまだ休みで比較的静か。コクシネルも、団体のお客様もいらっしゃってが、やはりいつもより静か。「今年もよろしくお願いします」と挨拶をゆっくりとして、ランチメニュー(1,250)に目を向ける。

 

今日は3卓。一つは先日頂いたメカジキ、もう一つは定番的にある三元豚のロースだったから、鶏モモ肉の香草パン粉焼きをお願いする。届いたのは、いつものように彩りの野菜と、鮮やかな朱色のトマトソース。瑞々しいトマトを思わせるようなフレッシュな味わいが印象的。香ばしくむっちりとした鶏肉だけでなく、バゲットにつけてみたくなる。

 

食後には小さいケーキと珈琲を頂いて。何度伺っても、気持ち良く美味しい店。今年もどうぞよろしくお願い致します。

 

【お店情報】

Beeftro by La Coccinelle 京橋3-1-1 東京スクエアガーデンB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧