2020年1月24日

TOKYO Mar Mare 濃厚ブイヤベース (八重洲)

R0010020001

たっぷり食べたい気もするし、汁物がほしい気分でもある。どこかピタッとくるランチはないだろうかと、あれやこれやと考える。なるほど、ビュッフェスタイルの店はいいかもしれないなぁ。量も好みどおり、スープなんかがあれば最高だ。

それで、やって来たのは、TOKYO Mar Mare。メイン料理に、サラダやスープ、ドリンクバーがセットになったランチが人気。メイン料理は、5種類ほど。週替わりのメニューのローストポークと悩んで、今日は、定番の濃厚ブイヤベース(1,100円)をお願いする。

濃厚というとおり、届けられると辺りが魚介の香りで一杯になる。そして、スープにもしっかりと香りと出汁が染みていて、汁物欲が満たされる。具もゴロゴロと。あさりにムール貝、烏賊に鱈。ワインが欲しくて仕方がない。

スープは、今日はかき玉。しかもふわふわの玉子がふんだんに入って、大満足。そうこうしているうちに、入口辺りに行列が出来始めた。さて、次の方に席を空けましょう。

【お店情報】
TOKYO Mar Mare 八重洲2-5-12 プレリー八重洲ビル1F 地図

| | コメント (0)

2020年1月22日

アロッサ 本日のランチ (銀座)

R0009986001

久しぶりの定点観測とやって来たベルビア館。とりあえずと、8階でエレベーターを降りてみると、珍しく、アロッサの前に行列がない。こんな日もあるもんだと店の中を覗くと、カウンターに空席を見つけて、久しぶりのアロッサ。

続きを読む "アロッサ 本日のランチ (銀座)"

| | コメント (0)

2019年12月 5日

ビフトロ バイ ラ コクシネル 仔羊と豚肉のミートボール (京橋)

R0009500002

もう12月。そろそろ今年お世話になったお店へ、今年もありがとうの挨拶にと、コクシネル。と云うのは半分ホントで半分ウソ。残りの半分は、単純に来たかっただけだ。

前回は、シェフが変わって…というタイミングだったが、今日伺うと、以前のシェフが戻っていらっしゃって、びっくり。ニッコリと出迎えてくれて、思いがけない嬉しい再会。

さて、今日のランチメニュー(1,300円)が問題だ。今日は4択。定番的にある三元豚ロースのローストに、鶏モモ肉のコンフィ。割と目新しいところでは、洋風メンチカツに、初めてお目にかかる仔羊と豚肉のミートボール。定番の料理が美味いことは知っているが、初めてのメニューも、ここなら絶対に美味しいはずと思うから、実に悩ましい。

それで、悩みに悩んでミートボール。何故って仔羊と聞いたら外せないというやつである。届いたのは、トマトソースに彩り野菜を従えた華やかな皿。ミートボールは、ふわふわの肉汁たっぷりというものではなく、みっちりむっちり肉々しい。けれども、併せられたコリアンダーやクミンなどのスパイスで、とても軽やかな食後感。あゝ、やっぱり好きだ。

食後には、小さいマドレーヌとコーヒーを。店に入ったときは、今日は比較的静かだなぁと思っていたが、続々とお客様がやって来て、結局いつもどおりの繁盛ぶり。入れない日もあるけれど、今年もお世話になりました。来年もお世話になります。

【お店情報】
Beeftro by La Coccinelle 京橋3-1-1 東京スクエアガーデンB1 地図

| | コメント (0)

2019年11月10日

Swing Stomp Sway (高円寺)

R0008801001

軽やかで温かくて、穏やか。気持ちのいい小さなビストロ。

続きを読む "Swing Stomp Sway (高円寺)"

| | コメント (0)

2019年9月26日

シャンティイ B肉料理 (銀座)

R0008922001

昭和通りの1本築地側の通り。地下へと続く狭い階段の入口に、トリコロールカラーがついた看板と、メニューを書いたボードがある。その奥に挙げられた黒板によれば、23年店を営んでいた虎ノ門から移転されてきたそうだ。虎ノ門サラリーマンに好評だったというカレーや、体にやさしいランチなど、気になる言葉が並んでいて、少し遠いが気になっていたところ。

ランチメニューは、魚料理や肉料理、件のカレーに、サラダプレートなどが1080円から。確かに、蒸し煮や煮込みといった料理が多く、油控えめ、体にやさしい感じがする。お願いした肉料理(1,080円)なら、今日は、鶏もも肉の煮込み。

サラダとスープに続いて、メイン料理が届くが、とても提供が早いのが好い。鶏もも肉は、骨付きのものがゴロンと1本。ナイフとフォークで簡単に切り分けられるほどに、ホロホロとろとろ。添えられた野菜と鶏むね肉で作ったクネルは、ホワッとやわらか。やさしさとコク味のあるソースを絡ませて頂くと、好い味わい。パンも熱々なのもうれしい。

切り盛りするお二人は、恐らくご夫婦だろう。家庭的で、地下ということもあってか静かで感じが好い。出来ることならばワイン。とまでは云わずとも、珈琲でも頂いてゆっくりしたい気持ちになる。

【お店情報】
欧風料理シャンティイ 銀座1-20-9 岡崎ビルB1 地図

| | コメント (0)

2019年9月18日

カイラダ (銀座)

R0008870001_20190919062701

予定外に少し時間に余裕が出来た昼前の時間。この時間ならば、いつもは伺うのはちょっと難しい店に出向くチャンスだ。しかも、東銀座から築地、新富町が窺える範囲。さて、どこに伺おうか。あーでもない、こうでもないと、俄然気持ちが忙しくなってくる。

暑い時期に、頭の片隅にずっとあったのが、カイラダだ。裏銀座にあるフランス料理店。何を頂いても美味しい店だが、特に印象的な料理の一つが、夏時期にだけ登場するガスパチョ。暑い夏のご馳走だ。

続きを読む "カイラダ (銀座)"

| | コメント (0)

2019年9月12日

ビフトロ バイラ コクシネル 真鯛のフリット (京橋)

R0008813001_20190913081101

暫く伺っていないと、うずうずしてくる店がある。コクシネルもそうだ。料理の美味しさと居心地の好さ。仕事の合間の短い時間でも、胃袋と気持ちを満たしてくれる大好きな店。

そう思う方も多くいる人気店で、満席で入れないこともしばしば。けれども、今日は運よく席に余裕があって一安心。そういえば、シェフが変わってから伺うのは初めてだ。

ランチ(1,250円)は大抵3~4種類からの選択。今日は豚ロースに鶏胸肉、真鯛のフリット。鶏胸肉のタルタルソースも、玉子好きとしてはとても気になるが、こちらでフリットを頂いたことがないなと、真鯛をお願い。

シェフが変わっても、ボリュームと野菜がたっぷり添えられているところは変わらない。ほわりとして甘みや旨味がギュッと詰まった真鯛はたっぷりと10切ほどもあるし、その下には、これまた野菜がこんもりと。焼いた香りはそそるし、秋を感じる立派な茸も印象的だ。

食後には、ドリンクとスイーツを頂いて、大満足。何度伺っても、気持ち良く美味しい店。これからもどうぞよろしくお願いします。

【お店情報】
Beeftro by La Coccinelle 京橋3-1-1 東京スクエアガーデンB1 地図

| | コメント (2)

2019年9月 4日

オーバカナル キッシュランチ (銀座)

R0008742001

昨晩は、大いに飲んで食べた愉しい夜で、今日の昼は少し軽めにしておこうと、オーバカナルへやって来る。たしか、スープランチやキッシュランチがあったはずだし、オムレツを貰うという手もある。

店に近づくと、気候が好いからか、今日は扉を開けて、窓側はテラス席のようにしてあって、ご機嫌にランチをとる姿が見える。今日は過ごしやすい日だし、休みで軽く飲めたなら、さぞ気持ちが好いだろう。

さてと、注文。スープランチはオニオングラタンスープか、とうもろこしの冷製スープ。玉子好きとしては、断然オムレツだが、スープやキッシュのランチには、3種類のサラダが入っているというのが気になって、キッシュランチ(1,200円)をお願いする。

届くと、ふわりとバターの芳醇な香りと温かさが辺りに漂う。軽めの食事と思ってきたが、料理の温かさは、やはり大事。グッと食欲も湧いてくる。サラダは葉野菜の他、キャロットラペに、レンズ豆とベーコン。こういうので、冷えた泡なんかを飲ると旨いだろうなと思わせるニクい味で、昨晩あれだけ飲んだのにと苦笑い。

【お店情報】
オーバカナル 銀座店 銀座6-3-2 ギャラリーセンタービル 地図

| | コメント (0)

2019年7月 3日

クーリ Meat Lunch (新富町)

R0008130001

今日も久しぶりの店。時間のズレたランチの日。こういう日ならクーリへも行けるだろうとホームページを見れば、Fish Lunchに「鮎」を見つけて、これは気になると思ってそれで。

けれども、伺えるのは14時頃。売り切れているかもしれないと気をもんでいたら、案の定。代わったカレイもいいなと思ったが、ソースの黒酢は、昨晩とても好みで旨いものを頂いて、それで肉。若鶏のグリルを(1,300円)。

続きを読む "クーリ Meat Lunch (新富町)"

| | コメント (2)

2019年6月25日

ビフトロ バイ ラ コクシネル ハンバーグ (京橋)

R0008006001

以前、コクシネルのランチのハンバーグを食べ損ねた話を書いたが、またハンバーグが出ていると知って、いそいそとやって来た。今日も満席かもしれないと心配しながら伺ったが、カウンターに空席を見つけて、心の中でガッツポーズ。

食べたいものは決まっているが、ランチメニューに目を向ける。今日は4択。ハンバーグの他には、豚のローストに真鯛のフリット、鶏ムネ肉のロースト(いずれも1,250円)。う~ん、フリットも気になるなぁ。特に、ガスパチョソースというのがそそる。けれども、今日はどうしたってハンバーグなのだ。

届いた皿を見て、思わずうっとり。艶々としたソースの照りの見事なこと。そしてふっくらと綺麗に整えられた小判型のハンバーグ。もったいないなぁなんて思いながらナイフを入れると、少し入れただけなのに、表面から肉汁がジワリと湧き出てソースと混ざる。

けれども、肉汁たっぷりのふわふわしたものではなく、みっちりと肉の詰まった肉々しいもので、口にすると肉の旨さガツンと来る。洗練、そして逞しい。ソースもそれに負けない豊かな味わいで、口福とはこういうことだなぁと改めて思う。

彩り豊かな旬の野菜がたっぷりと添えられているのも嬉しいし、食後には小さなマドレーヌにドリンクが付いて、至れり尽くせり。相変わらず居心地も満点の大好きな店。

【お店情報】
Beeftro by La Coccinelle 京橋3-1-1 東京スクエアガーデンB1 地図

| | コメント (0)

より以前の記事一覧