2017年10月27日

石川亭 本日のランチ(銀座)

R0001797003

相も変わらず、厚切りの豚肉愛。たしか、ここにあったんじゃないかとやって来たのは石川亭。本日のランチ(1,350)の選べるメイン料理を確認すれば、ほら、豚ロースのグリエとある。

続きを読む "石川亭 本日のランチ(銀座)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月26日

ビフトロ バイ ラ コクシネル クラムチャウダーと真鯛のソテー (京橋)

R0001437005

最近振られ続きのコクシネル。けれども、諦めずに足を向ける。すると、どうだろう。珍しくテーブルにもカウンターにも余裕あり。こんな日もあるから、やめられないんだ。

 

今日のランチ(1,250)は3択。中でも一番気になったのは、クラムチャウダーと真鯛のソテー。どんな風に出てくるのかワクワクする。魚料理も珍しいが、「と」というのがとても気になる。

 

それで届いたのがこれだ。スープ仕立てというのは、あるかもと想像していたが、随分おかしい。色合は地味だが、想像していた以上の素材の賑やかさや総やかさ。皿一面にソテーされた真鯛が並んでいて、野菜と貝がたっぷりと。皮のも香ばしさは失われておらず、身はしっとり。そこにスープの旨味も加わって、何たる口福。スープは最後の一滴まで美味しく頂いて、お腹も満腹。大満足。

 

食後にはバナナのケーキと珈琲。「今日は珍しく魚がありましたので、選んで頂けてよかったです」なんてニッコリと話して頂いたが、こちらこそだ。いつも気持ちよく美味しく、大好きな店。

 

【お店情報】

Beeftro by La Coccinelle 京橋3-1-1 東京スクエアガーデンB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月20日

ぺるしぃ (銀座)

R0000815001

あまりに生活に溶け込み過ぎて、定期的に伺っているのに、それほどここで書いていない店が幾つかある。ココ、ぺるしぃもそうだ。このブログを始めてとうに干支は一回りして、長くお伺いしているお店のことを毎度書くのもなぁと思ったりもして、それで。けれども――

続きを読む "ぺるしぃ (銀座)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年7月12日

ビフトロ バイ ラ コクシネル シュークルート (京橋)

R0000717002

そろそろ伺いたいなと店のFacebookを覗いてみると、ランチメニューにシュークルートがあると書いてある。これは!と走って向かうが、問題は席があるか否か。テラス側から近づいてみると、カウンターに空席を確認。よし、もう安心だ。

 

今日はシュークルートの他、三元豚ロースのグリエに、鶏ムネ肉のローストの3種類(1,250)。一応、再考してみるが、やっぱり今日はシュークルート。アルザス地方の郷土料理で発酵させたキャベツと豚肉などを煮込んだもの。

 

きっとボリュームがあるんだろうと予想はしていたけれども、想像以上にドーンと豚バラ肉が乗ってやって来た。淡い桃色の豚肉は、しっとりほろほろ。それに、クミンの風味を纏ったキャベツの酸味が堪らない。あゝ、願わくは、ここにアルザスのリースリングがあればいいのに。

 

食後にはコーヒーとバナナのケーキ。いつも気持ちよく、美味しい。伺うたびに、大好きだと思う店。

 

【お店情報】

Beeftro by La Coccinelle 京橋3-1-1 東京スクエアガーデンB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 6日

ぺるしぃ (銀座)

Gr005226001

好みを知ってくれている人がいる幸せ。

続きを読む "ぺるしぃ (銀座)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月23日

この冬美味しかったもの

Gr005047001

馴染みの店だと中々ここでは書ききれないが、この冬もたくさん美味しい料理を頂いた。Twitter Instagram では、その時々に紹介しているが、ここで書けなかったこの冬美味しかったものを総まとめ。

続きを読む "この冬美味しかったもの"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月21日

ビフトロ バイ ラコクシネル 鶏モモ肉のコンフィ (京橋)

Gr005039002

幾つか行きたいと思っていたところがあったけれども、午前中のハプニングの煽りを受けて、遠くの店にはいけそうにない。けれども、美味しいも譲れないと、ラコクシネルにやって来た。

人気の店。恐る恐る遠目に人出を確認すると、珍しいこともあるもので、かなり余裕がある様子。こんな日もあるもんだ。

 

今日のランチメニュー(1,250)は3種類。三元豚のロースのグリエに、鶏モモ肉のコンフィ、それに香潤鶏ムネ肉のロースト。それぞれソースも異なっていて、しかもどれもそそられる。あゝ、ウレシナヤマシ。

 

結局お願いしたのは、鶏モモ肉のコンフィ。骨付き丸々1本とボリュームたっぷり。しっとりとした身に、酸味のきいたマスタードソースがこれまた好く合う。それに、色とりどりの付け合せの野菜たち。春の苦味や香りもふわりと漂い、やっぱり今日はここで正解だ。

 

空いていたおかげで、店の方とも話が出来たというお愉しみ付きで、短い時間でも充実のランチに。雨の日や連休明けは比較的空いていることもそう。

 

【お店情報】

Beeftro by La Coccinelle 京橋3-1-1 東京スクエアガーデンB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月13日

ヴォージュ ポークのキャベツ蒸し (銀座)

Gr004971002_2

豚肉と野菜の炒めものとか、食べたいのはそういうもの。それで、あずまのじゅーじゅー焼きを思い出したのだが、此の所、気になっているのは、ヴォージュにご無沙汰していること。

それで、ヴォージュの前を通ってメニューを見てから考えようと、ヴォージュが入るビルの前までやって来ると、今日のランチメニュー(1,000)を知らせる黒板に「ポークのキャベツ蒸し」と書いてある。何たる偶然。

 

お肉が乗ったサラダに続いて、やって来たのがコレである。ボリュームはしっかりと織り込み済みだが、このビジュアルには驚いた。こう来たか。キャベツは紫キャベツ。その色味が他の野菜やスープに染み出したんだ。

 

ポークはどこかと思いきや、堆く盛られた柔らかい野菜たちの下。薄めだけれど、皿一面にというくらいの大きさで、このくらいの野菜がないと合わないなと思う立派な量。最後には、皿に残った、野菜の旨みが染み出たスープにご飯を浸して、綺麗に完食。食後にコーヒーを頂いて、今日も満足だ。

 

ワインを片手に、二人でシェアして食事を楽しむマダムに、昨晩の野球の話で盛り上がるサラリーマン。お客さんは色々だが、皆、美味しそうに大盛りの料理を気持ちよく食べていく。そんな雰囲気も好い。

 

【お店情報】

Bistro Vosges 銀座5-4-15 西五ビル7F 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月 5日

オーベルジュ アンドラ モンターニュ (南魚沼)

Gr004354001
魅力は、なんといっても料理の美味しさ、面白さと、ご主人がワイン大使を務めるオーストリアを始めとした旨いワイン。そして、ご主人とマダム、集う人々の人柄の佳さ。

続きを読む "オーベルジュ アンドラ モンターニュ (南魚沼)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月31日

ブラッスリードンピエール 本日のお魚料理 (銀座)

Gr004682001
以前は楽に入れたが、すっかり入りにくくなって、足が遠のいていたブラッスリードンピエール。この寒さにソースの美味しいドリアを思い出してしまって、久しぶりに覗いてみようとやって来た。

 

外から覗くと、幾つか空席がありそうで、店に入るとすぐに案内をして頂けた。が、後でわかったことだが、空いていた席のほとんどは、ご予約の方ばかり。滑り込みセーフだったらしい。

 

さて、メニューをみれば、あれ?ドリアがない。聞けば、ドリアとオムライスは、今お休み中らしい。冬の熱々料理といえば、チーズが乗った焼きカレーも捨てがたいが、せっかくのこんなタイミングなんだから、いつもとは違うものにしよう。それで、お魚料理(1,200)をお願いする。

 

口当たりのよい葉野菜のサラダに続いて、メインの料理がやって来る。今日は、真鯛のポワレ。しっとりふんわり、舌に乗せると甘さがほどける。それも然ることながら、付け合せの野菜も、それぞれの特長が引き立って旨いこと。あゝ、隅々まで美味しい。

 

気軽な小さい店舗のため、隣の方が召し上がっている、こちらも美味しいカレーの香りなんかが漂ってきて、美味しいものを食べているのに、羨ましくなってしまうというのが悩ましいところ。

 

【お店情報】

ブラッスリー ドンピエール 銀座1-10-19 銀座一ビルヂング 1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧