2019年9月18日

カイラダ (銀座)

R0008870001_20190919062701

予定外に少し時間に余裕が出来た昼前の時間。この時間ならば、いつもは伺うのはちょっと難しい店に出向くチャンスだ。しかも、東銀座から築地、新富町が窺える範囲。さて、どこに伺おうか。あーでもない、こうでもないと、俄然気持ちが忙しくなってくる。

暑い時期に、頭の片隅にずっとあったのが、カイラダだ。裏銀座にあるフランス料理店。何を頂いても美味しい店だが、特に印象的な料理の一つが、夏時期にだけ登場するガスパチョ。暑い夏のご馳走だ。

続きを読む "カイラダ (銀座)"

| | コメント (0)

2019年9月12日

ビフトロ バイラ コクシネル 真鯛のフリット (京橋)

R0008813001_20190913081101

暫く伺っていないと、うずうずしてくる店がある。コクシネルもそうだ。料理の美味しさと居心地の好さ。仕事の合間の短い時間でも、胃袋と気持ちを満たしてくれる大好きな店。

そう思う方も多くいる人気店で、満席で入れないこともしばしば。けれども、今日は運よく席に余裕があって一安心。そういえば、シェフが変わってから伺うのは初めてだ。

ランチ(1,250円)は大抵3~4種類からの選択。今日は豚ロースに鶏胸肉、真鯛のフリット。鶏胸肉のタルタルソースも、玉子好きとしてはとても気になるが、こちらでフリットを頂いたことがないなと、真鯛をお願い。

シェフが変わっても、ボリュームと野菜がたっぷり添えられているところは変わらない。ほわりとして甘みや旨味がギュッと詰まった真鯛はたっぷりと10切ほどもあるし、その下には、これまた野菜がこんもりと。焼いた香りはそそるし、秋を感じる立派な茸も印象的だ。

食後には、ドリンクとスイーツを頂いて、大満足。何度伺っても、気持ち良く美味しい店。これからもどうぞよろしくお願いします。

【お店情報】
Beeftro by La Coccinelle 京橋3-1-1 東京スクエアガーデンB1 地図

| | コメント (2)

2019年9月 4日

オーバカナル キッシュランチ (銀座)

R0008742001

昨晩は、大いに飲んで食べた愉しい夜で、今日の昼は少し軽めにしておこうと、オーバカナルへやって来る。たしか、スープランチやキッシュランチがあったはずだし、オムレツを貰うという手もある。

店に近づくと、気候が好いからか、今日は扉を開けて、窓側はテラス席のようにしてあって、ご機嫌にランチをとる姿が見える。今日は過ごしやすい日だし、休みで軽く飲めたなら、さぞ気持ちが好いだろう。

さてと、注文。スープランチはオニオングラタンスープか、とうもろこしの冷製スープ。玉子好きとしては、断然オムレツだが、スープやキッシュのランチには、3種類のサラダが入っているというのが気になって、キッシュランチ(1,200円)をお願いする。

届くと、ふわりとバターの芳醇な香りと温かさが辺りに漂う。軽めの食事と思ってきたが、料理の温かさは、やはり大事。グッと食欲も湧いてくる。サラダは葉野菜の他、キャロットラペに、レンズ豆とベーコン。こういうので、冷えた泡なんかを飲ると旨いだろうなと思わせるニクい味で、昨晩あれだけ飲んだのにと苦笑い。

【お店情報】
オーバカナル 銀座店 銀座6-3-2 ギャラリーセンタービル 地図

| | コメント (0)

2019年7月 3日

クーリ Meat Lunch (新富町)

R0008130001

今日も久しぶりの店。時間のズレたランチの日。こういう日ならクーリへも行けるだろうとホームページを見れば、Fish Lunchに「鮎」を見つけて、これは気になると思ってそれで。

けれども、伺えるのは14時頃。売り切れているかもしれないと気をもんでいたら、案の定。代わったカレイもいいなと思ったが、ソースの黒酢は、昨晩とても好みで旨いものを頂いて、それで肉。若鶏のグリルを(1,300円)。

続きを読む "クーリ Meat Lunch (新富町)"

| | コメント (2)

2019年6月25日

ビフトロ バイ ラ コクシネル ハンバーグ (京橋)

R0008006001

以前、コクシネルのランチのハンバーグを食べ損ねた話を書いたが、またハンバーグが出ていると知って、いそいそとやって来た。今日も満席かもしれないと心配しながら伺ったが、カウンターに空席を見つけて、心の中でガッツポーズ。

食べたいものは決まっているが、ランチメニューに目を向ける。今日は4択。ハンバーグの他には、豚のローストに真鯛のフリット、鶏ムネ肉のロースト(いずれも1,250円)。う~ん、フリットも気になるなぁ。特に、ガスパチョソースというのがそそる。けれども、今日はどうしたってハンバーグなのだ。

届いた皿を見て、思わずうっとり。艶々としたソースの照りの見事なこと。そしてふっくらと綺麗に整えられた小判型のハンバーグ。もったいないなぁなんて思いながらナイフを入れると、少し入れただけなのに、表面から肉汁がジワリと湧き出てソースと混ざる。

けれども、肉汁たっぷりのふわふわしたものではなく、みっちりと肉の詰まった肉々しいもので、口にすると肉の旨さガツンと来る。洗練、そして逞しい。ソースもそれに負けない豊かな味わいで、口福とはこういうことだなぁと改めて思う。

彩り豊かな旬の野菜がたっぷりと添えられているのも嬉しいし、食後には小さなマドレーヌにドリンクが付いて、至れり尽くせり。相変わらず居心地も満点の大好きな店。

【お店情報】
Beeftro by La Coccinelle 京橋3-1-1 東京スクエアガーデンB1 地図

| | コメント (0)

2019年5月28日

ビフトロ バイラ コクシネル 目鯛のポワレ (京橋)

R0007729004

近いうちに行こう、行こうと思っていたコクシネルにようやっと。前に見かけて食べたかったハンバーグは、既にランチメニュー(1,250円)から消えているけれど、今日はメニュー豊富で4種類からの選択。三元豚のロースに豚バラ、目鯛、若鶏はコンフィ。ソースも凝っていて、トマトレモンなんて初夏らしいものもあって、ううん、実に悩ましい。

お願いしたのは、目鯛のポワレ。選んだ理由は、ここでは肉よりも魚が並ぶことが少ないから。肉料理も、抜群に旨いけれどね。

魚といっても、ボリューム満点なのは変わらない。ポワレは4切れがこんもりと立体的に盛られていて、奥には相変わらずたっぷり乗る野菜たち。旬のものが必ず入っていて、今日は野生のアスパラも。平日のランチタイムに出会えるなんて思ってなかったから感激。ソースはケッパーを使ったもので、目鯛にも野菜にも、柔らかい酸味と香りをふわりと纏っていて清々しい。

食後には小さなマドレーヌとコーヒーを。テラス席までお客さんが一杯のいつも通りの繁盛ぶり。それでも騒々しいことはなく、心地よく過ごせる空気感が、とても好きだ。

【お店情報】
Beeftro by La Coccinelle 京橋3-1-1 東京スクエアガーデンB1 地図

| | コメント (0)

2019年5月 6日

ぺるしぃ (銀座)

R0007317001

ありがとう、さよなら、ぺるしぃ。

続きを読む "ぺるしぃ (銀座)"

| | コメント (0)

2019年4月23日

ル・ヴァン・ドゥ 大山鶏モモ肉のコンフィ (銀座)

R0007249001

暖かいが、今日は何だかせいろ蒸しの気分で、久しぶりに朔月を訪ねた。9Fにある店へ向かうエレベーターで、目的地が同じ方と一緒になって、もしかして混んでいるかも?という気がしてくる。

エレベーターの扉が開くと、そこには、席を待つ人が数人。店の方と目が合って聞いてみると、やはり満席という答え。さぁ、この辺りで他の店だとどこだろう――と閃いたのは、ル・ヴァン・ドゥ。店があることを知らないと分からないような細い路地に入口を構えるビストロ。限定の鴨・牛・豚肉のハンバーグはすっかり人気。

地下のフロアへ降りたって驚いた。人気のある店だが、12時前にほぼ満席なんてことは、一度もなかった。フロアには、仲良し3、4人組と云ったマダムが沢山。先程の朔月にせよ、この辺りで何かあるのかと思ってしまう。

それでも、丁度残っていた1席を頂いて、さて何にしようか。件のハンバーグの他、肉料理やパスタが並ぶ。今日の肉料理(1,200円)は、大山鶏モモ肉のコンフィ。それに春キャベツのブレゼ添えとある。あゝ、今日はこれだ。

運ばれてきたのは、骨付き丸々1本の鴨肉。パリパリの皮目にナイフを入れると、下の身まで、ほろほろとほどける。皮の食感は然ることながら、香りの美味しいこと。春キャベツもたっぷりと添えられて、旨味豊かな優しい味も染みる。

食後にはコーヒーを頂いて。会計をして外へ向かってみれば、階段の上まで続きそうな行列。本日は、行列日和なり。

【お店情報】
LE VIN DEUX 銀座3-3-12 銀座ビルディングB1 地図

| | コメント (0)

2019年4月 9日

TOKYO MarMare 濃厚ブイヤベース (八重洲)

R0007120002_1  

久しぶりに京すしにでもと向かったところ、ランチタイムのピークにはまだ早いというのに遠くからでも行列が見える。うーん、やはり普通の日にふらっと伺うのは難しいか。

諦めはしたものの、口はすっかり魚が食べたくなって、ココならあるはずとやって来たのが、Tokyo MarMare。肉料理に魚料理、パスタなどのメイン料理に、スープやサラダ、パン、ライスなどはセルフでおかわり自由というランチ(1,000円~)。今日の魚系のランチは、濃厚ブイヤベースと、鰆の西京味噌漬け。この店は洋食のイメージだからと、ブイヤベース(1,100円)をお願いする。

サラダを盛りつけて、青菜がたっぷりと具として入ったスープのお代わりを貰ったところで、ブイヤベースがやって来た。以前にも頂いたときも驚いたが、浅利にムール貝、烏賊に白身の魚とこれがホントに具沢山。トマトベースのスープには、魚介の香りや出汁が染み出していて、最後の一滴逃さずパンに吸わせて頂きたくなる。

週替わりのメニューがあったり、セルフでおかわり自由だったりという使い勝手の良さもあるんだろう。近隣に勤める方々で、いつも賑わっている。

【お店情報】
TOKYO MarMare 八重洲2-5-12 プレルー八重洲ビル 地図

| | コメント (0)

2019年4月 5日

OLIVIERS & CO Weekly Lunch (銀座)

R0007072002

銀座桜通りの通り沿い。茨城のアンテナショップや、セントルザベーカリーの向い辺りに、気になる店があった。気になったきっかけは、ランチメニューが目に入ったことだったが、そこはレストランではなく、高級オリーブオイル専門店。ガラス張りの店内には、綺麗に陳列されたボトルがズラリと並んでいて、奥にカウンターと小さいテーブルが幾つか。

扉を開けると、店の方が「ランチですか?」と声をかけてくれて一安心。「こちらは初めてですか?」と問われたから返事をすると、週替わりのワンプレートランチ(1,296円)であること、この店で扱っているオリーブオイルやペーストを使った料理であることを説明してくれた。

今週のメニューは、チキンのプロヴァンスハーブマスタード煮、えんどう豆のスープとサラダ。それに、バゲットとライ麦パン。おすすめというオリーブオイル2種類とバルサミコ酢も一緒にやって来て、教えて頂いたように色々試してみると、味わいの奥行きやニュアンスが変わっていくのがとても面白い。それに、えんどう豆のスープの青々とした色と豆らしいやさしい甘みが、春っぽくて好きだ。

好みのフレーバーオイルも幾つか出して頂いて、あれやこれやと話していたら、あっと言う間に時間切れ。これをあの野菜に、あの肉に合わせて料理したらなんて考えていると、想像が止まらないんだ。時間にあるときに、ゆっくりとまた。

【お店情報】
OLIVIERS & CO GINZA (オリビエアンドコー) 銀座1-3-3 G1ビル 1F 地図

| | コメント (0)

より以前の記事一覧