2024年7月 7日

オーベルジュ アンドラ モンターニュ (南魚沼)

R0011133001_20240708055301

GWの旅の最終目的地は、毎年年末に伺っているアンドラモンターニュ。夏に訪ねたこともあるがこの時期は初めて。出迎えてくれたのは、山里に訪れる遅い春。

続きを読む "オーベルジュ アンドラ モンターニュ (南魚沼)"

| | コメント (0)

2024年6月25日

ビフトロ バイラ コクシネル ハチノスのトマト煮 (京橋)

R0011647005

今日は俄然肉気分。トンテキやハンバーグ、あと厚切りのポークとか。それなら、コクシネルは候補の一つと、店のInstagramを確認すると、昨日からの新メニューとして、羊と豚のハンバーグが登場。これはいいぞと思っていると、ハチノスのトマト煮も、同じく新メニューとしてラインアップ。別日にあったら、絶対どちらも選んでるのに。

当初の予定としては、ハンバーグがドストライク。けれども、ハチノスのトマト煮も、好物だけど、ここのところ食べていない。ハンバーグのほうが、後日にチャンスがあるかもしれないと、ハチノスのトマト煮を選択。ワインが欲しくなるだろうけど。

さて問題は席があるかどうか。人気店だから満席で入れないという日もあるが、この天気ならテラス席でもいいなと気軽に来てみたら、その気軽さが良かったのか比較的空いていて、カウンター席を無事確保。これで幸せのランチタイムは約束されたも同然だ。

パンが運ばれてくると、もうすぐ料理が届きますよというサイン。しばらくしてやって来た皿は、相変わらずボリューム満点。トマト煮はもちろんのこと、ブロッコリーやカリフラワー、アスパラ、ズッキーニなどの野菜とフライドポテトもこんもりと。

ハチノスはかなり大振り。けれども、しっかり柔らかく煮込まれて、臭みがないのは勿論、トマトの風味がフレッシュで爽やか。トマトソースもたっぷりで、野菜やポテトに添えたりして大満足。惜しむらくは、やはりワインがないことだけだ。

食後にはオリーブ茶を頂いて。ホールスタッフの方も感じ良く、変わらず居心地のいい店であることがとてもうれしい。

【お店情報】
Beeftro by La Coccinelle 京橋3-1-1 東京スクエアガーデンB1 地図

| | コメント (0)

2024年4月21日

Ashu 鮮魚のポワレ (荻窪)

R0010495001_20240421142401

心地よい週末の午後に

続きを読む "Ashu 鮮魚のポワレ (荻窪)"

| | コメント (0)

2024年4月15日

ビフトロ バイラ コクシネル 豚バラのグリル (京橋)

R0010855001

いろいろと行きたいお店はあるけれど、中でも気になっているのはコクシネル。人気店で、満席で振られることも多い店。テラス席もあって、冬の間は遠慮したいが、今日のような日ならテラスも大歓迎だと店に向かうと、テーブル席が1卓空いていて、滑り込みセーフ。

さて、何を食べようか。定番的な三元豚のロースや、タラのポワレ。豚は豚でも、豚バラなんてどうだろう。この店でもあまり食べた記憶がないし。

しばらくして届いた皿は、相変わらず色鮮やかでボリューム満点。豚バラも厚みのあるものが2枚ドドンと。一口大にして頬張ると、香ばしく噛むほどに脂がじんわり。一方で、余分な脂は落ちているし、粒マスタードソースの香りや爽やかな辛味も手伝って、この量でもぺろり。

そして、種類も量もふんだんな野菜も相変わらず。定番のブロッコリーやカリフラワーに加えて、瑞々しいトマトに、ホワイトアスパラもしっかり1本分。ジューシーで甘み溢れる季節の恵み。

食後には、コーヒーを頂いて。料理が美味しいことはもちろん、活気のある雰囲気も好きだ。そして、次はどんな料理に出会えるか、今からもう楽しみなのだ。

【お店情報】
Beeftro by La Coccinelle 京橋3-1-1 東京スクエアガーデンB1 地図

| | コメント (0)

2024年2月20日

エノテカ ガルビーノ 豚バラ肉の赤ワイン煮込み (銀座)

R0010333001_20240220223801

先週食べ逃した牡蠣を今週こそ食べようと出社したのだけれど、もはや暑いくらいの陽気に、なんとなく牡蠣の気分が下がり気味。他のランチはどんなものがあるだろうと探してみると、ガルビーノのランチの一つ「豚バラ肉の赤ワイン煮込み」に目が留まる。こういうランチはご無沙汰かも。俄然食欲がわいてくる。

続きを読む "エノテカ ガルビーノ 豚バラ肉の赤ワイン煮込み (銀座)"

| | コメント (0)

2024年1月28日

オーベルジュ・アンドラ・モンターニュ (南魚沼)

R0009789002

昨年末は、毎年恒例のアンドラ・モンターニュ。一昨年は大雪だったけれど、昨年末は、雪が残っているものの温かくて春先のような陽気。こんなのは15年間で初めてだ。

続きを読む "オーベルジュ・アンドラ・モンターニュ (南魚沼)"

| | コメント (0)

2023年11月20日

ビフトロ バイラ コクシネル 豚バラのグリル (京橋)

R0009402002

出社したら行きたいと脳内でリストアップしている店を幾つか思い浮かべながら、職場を出る。こう寒くなってくると、愛しの岩戸の豚汁や、大きな茶碗蒸しも好いな。そうだ、コクシネルも少しご無沙汰している。けれども、人気店だし、とりあえず店を覗いて入れそうだったら入ろう。

やってくると相変わらずの盛況ぶりだが、カウンターに1席空席を確認。無事席を確保。され、次は何を食べよう。定番の三元豚のローストに、最近よくいただく魚のポワレ。豚は豚でも、豚バラなんてどうだろう。この店でもあまり食べた記憶がないし。

しばらくして届いた皿は、相変わらず色鮮やかでボリューム満点。豚バラも20cmほどありそうなものが2枚ドドンと。一口大にして頬張ると、香ばしく噛むほどに脂がじんわり。一方で、余分な脂は抜け落ちているし、タイムソースの清々しい香りも手伝って、この量でもぺろり。

種類も量もふんだんな野菜も相変わらず。提案のブロッコリーやカリフラワーに加えて、好物の椎茸に、熱してとろりとしたアボカド、外はこんがり中はジューシーな茄子。ポテトフライもたっぷりとあって大充実。

食後には、コーヒーを頂いて。料理が美味しいことはもちろん、活気のある雰囲気も好きだ。そして、次はどんな料理に出会えるか、今からもう楽しみなんだ。

【お店情報】
Beeftro by La Coccinelle 京橋3-1-1 東京スクエアガーデンB1 地図

| | コメント (0)

2023年10月18日

シェ・マルコ カスレ (荻窪)

R0009083001

荻窪ルミネの辺りを歩いていたときに、気になるランチメニューを見つけた。フレンチ料理の写真やコースメニューが貼られたボードと共に、「出血大サービス食べなきゃ損!」「アイスバイン」の文字が躍っている。しかも値段は800円。確かに出血大サービス。

こんなところに欧風レストランなんてあったっけ?と思って周りを見ると、ビルの奥まったところに地階に続く階段があって、そこにフランス国色の看板が。年季がありそうだと調べてみると、1998年オープン。20年以上この辺りに住んでいるのに、全然知らなかった。

階段を降りていくと、店から出てきたシェフをばったり。「こんにちは」と声をかけると、にっこりと迎えてくれた。今日は、覚えていたアイスバインではなく、鶏肉のクリーム煮(850円)とカスレ(1,000円)。クリーム煮も好きだが、やっぱりカスレ。飲みたくなる気がするけれど。

しばらくして届いたのは、こんもりと装われたカスレと大きなパン。いやいやボリューム満点だぞ。野菜たっぷりに見えたが、下には、ほろほろほぐれる角煮のような豚肉や鶏肉がゴロゴロと。それに忘れてはならない、肉の旨味をたっぷりと吸った豆。肉の焼き目やソーセージの薫香。ソースも美味しくて、パンもすっかりなくなってしまった。美味いものでお腹一杯というのは幸せだ。

「カスレは、骨付きの肉のほうが美味しいんだけどね」なんて、料理のことやこの先の構想などもニコニコと話してくれて、楽しいひと時。コロナの頃は店を閉めていたそうで、店も一部は使っていない様子だったが、やる気もあって時折見せる顔がチャーミング。他のランチも気になるし、また伺うつもりだ。

【お店情報】
シェ・マルコ 上荻1-16-5 三徳ビルB1 地図

| | コメント (0)

2023年9月 3日

Yukio Sasaki (円山・札幌)

R0007950002

札幌に来る機会が増えて、この機に一度行ってみたいと思っていたのがフレンチ。北海道の旬の食材を使ったお店も多く、人気が高いと聞く。今回伺ったのは、Yukio Sasaki。料理の評判はもちろんだが、ご夫婦で営むレストランというところが、惹かれたところ。伺ってみると、路面店にも関わらず、小さな看板が掲げられているだけで、思わず見落としそうになくらい控えめな外観。けれども、一度扉を開けると、あっという間に、美味しい香りと温かさに包まれる。

続きを読む "Yukio Sasaki (円山・札幌)"

| | コメント (0)

2023年7月19日

ビフトロ バイ ラコクシネル トラウトサーモンのフリット (京橋)

R00081430012

気分としては厚切りの豚肉。それなら、あそこに行けば必ずあるに違いないとやって来たのが、ビフトロ バイ ラコクシネル。4種類ほど並ぶランチメニューの中に、大抵「三元豚ロースのロースト」があるからだ。

店に来ると、店内はカウンターもテーブルも満席。どうしようかと思っていると、シェフから「テラスでよければどうぞ」と声がかかる。初のテラス席!むしろウキウキとしてテラスへ向かう。

さて今日は目当ての豚肉はあるだろうかとメニューを見ると、豚もあるが、気になったのが、トラウトサーモンのフリット。メニューを見ただけで、出てくるだろう色鮮やかな皿が思い浮かんで、結局お願いしてしまった。

届いた皿は、やはりカラフルでボリューム満点。フリットは、素揚げと言ってもいい程に薄衣で、トラウトサーモンの鮮やかな色が目にも鮮やか。身の旨味にとろりと溶ける脂。添えられた温泉バジルのソースも、柔らかい萌黄色と爽やかな香りがいいアクセント。

それに、添えられたラタトゥイユも見事。野菜の存在感もうれしいし、味わいの濃さや甘さも好い。嗚呼、ここに冷えた泡か白ワインがあったら言うことないのに。いつも同様、ブロッコリーやカリフラワーなどの野菜やポテトフライもふんだんに。

テラスは大きなファンも回っているし、日陰だし、思っていた以上に快適空間。寒くない季節なら、テラス席大歓迎。

【お店情報】
Beeftro by La Coccinelle 京橋3-1-1 東京スクエアガーデンB1 地図

| | コメント (0)

より以前の記事一覧