2018年8月15日

ラ・コクシネル 豚バラ肉のコンフィ (京橋)

R0004622001_2

今朝、出勤前に厚切りの豚肉を見てしまったから、気分はすっかり厚切りの豚肉。そういうとき、思い出す店の一つが、ラ・コクシネルだ。大抵、ボリュームのある肉料理が並んでいて、豚肉料理が並んでいることも多い。問題は、入れるかどうかだ。テラス側から覗いてみると、僅かだが空席がありそうだ。

 

今日のランチ(1,250円)は、豚ロースのポワレに、メカジキのソテー、豚バラ肉のコンフィの3択。うーん、これは難問だ。魚も珍しいから気になるけれども、昨日は昼も夜も魚だったし。予定どおり、厚みのある豚肉から考えると、豚バラ肉のコンフィだな。

 

それで、届いたのは期待どおりの厚みのある肉。周りは香ばしく焼いてあるが、コンフィされた豚肉はしっとり柔らか。脂の部分なんてトロトロで堪らない。それに程良くピリリ利くマスタードソースがとても好い。


そして、いつも愉しみなのが、周りを彩る野菜たち。夏らしい万願寺どうがらしや、立派なトマトも添えられている。それぞれ色どりだけでなく、香りも味も濃くて、次はどれを食べようかとワクワクするのだ。

 

食後には、今日は2種類のケーキと珈琲を。伺ったときにはまだ少し余裕のあった店内も、テラス席まで満席と、変わらぬ繁盛ぶり。いつも気持ちよく、美味しい。伺うたびに、大好きだと思う店。

 

【お店情報】

Beeftro by La Coccinelle 京橋3-1-1 東京スクエアガーデンB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月29日

ぺるしぃ (銀座)

R0004377003

変わらず好きでいることを。


続きを読む "ぺるしぃ (銀座)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 9日

ビフトロ バイ ラ コクシネル 豚バラ肉のハニーマスタード焼き (京橋)

R0004258004_5

伺うたびにときめく店がある。行こうと決めたときも店に居る最中も、どきどきして、帰り際は幸福感で満たされる、そんな店。ここもそうだ。

 

最近は、Facebookで予めメニューを確認してから来ることが多いが、今日は確認せずにやって来た。そもそも、人気で入れないこともあるから、そういう意味でもどきどきするが、来てみれば、珍しく今日は余裕がある。「今日は静かなので、ゆっくりしていって下さい」なんて声をかけてもらうと、ワインの一杯でも飲んでしまいたくなる。

 

今日のメニューは3択で、お願いしたのは、豚バラ肉のハニーマスタード焼き。想像した豚バラの脂にやたらとそそられたからだが、実物は、その想像を超えた。蜂蜜の効果も手伝ってカリッと焼き上げられた表面と、とろとろの豚の脂のコントラスト。それにたっぷりとした脂にも関わらず、後味がとても綺麗。色とりどりの付け合わせの野菜も、味わい豊か。

 

食後には、コーヒーと小さなケーキ。食べてみるとレモンの香りがふわりとして、夏に似合い。帰り道の一段と眩しさを増した日差しが、好ましく思えるくらいに。

 

【お店情報】

Beeftro by La Coccinelle 京橋3-1-1 東京スクエアガーデンB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 2日

石川亭 本日のランチ (銀座)

R0004201001

打ち合わせが少し昼休みまでずれ込んで、近場でどこかと考える。先日、久しぶりに石川亭のことを思い出したから、ベルビアの定点観測も兼ねてとやって来た。

 

続きを読む "石川亭 本日のランチ (銀座)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月13日

ルヴァン エ・ラ・ヴィアンド 鴨もも肉のコンフィ (銀座)

R0004027001

朝から今日は絶対ハラミステーキ!と意気込んで、四方善に向かったものの、階段を下りる前に数人の行列を見つけて、回れ右。でも、すっかり肉気分だった気持ちは消えないもので、この辺りでの肉料理を思い浮かべる。


近場で云えば、しゃぶしゃぶがあるが、薄い肉には今興味がない。それなら、ルヴァン。ランチはハンバーグが人気のビストロ。ハンバーグ以外にそれっぽいメニューがないかと覗いてみると、鴨もも肉のコンフィ(1,000)がある。今日はこれだ。

 

運ばれてきたのは、骨付き丸々1本の鴨肉。ナイフを入れると、ほろほろとほどける。口にすれば、濃い旨味。まさに傍らにワインがないのがおかしいくらい。一方で、添えられたキャベツとベーコンの旨味豊かな優しい味も染みる。

 

メイン料理に加えて、サラダとドリンクがつくランチセットは+200円。客が席を立てば、すぐに埋まるをいう繁盛ぶり。肩肘張らずに愉しめる雰囲気が素敵だ。

 

【お店情報】

LE VIN ET LA VINDE 銀座3-9-18 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 4日

世界食堂Transit Table d'Or メキシカンタコスサラダ (京橋)

R0003901002_2

ここのところ食べたいと思っていたのが、サルサやチリソースのような、メキシコっぽい味。近いうちにどこかへ食べに行こうかなぁと思っていたところ、ここの週替わりのランチメニューを見たら、今週のサラダランチが、メキシカンタコスサラダ(1,000)だという。タコスをイメージしたサラダだそうで、本格的なメキシコ料理ではないけれど、そういう味が食べたいんだからとやって来たという次第。

 

冷製のスープに続いて、サラダが運ばれてくる。たっぷりのレタスにトマトやアボカド、トルティーヤチップス、チーズ。それに挽肉が添えられていて、「挽肉を全体によく混ぜてお召し上がり下さい」とのこと。

 

この挽肉が、チリソースが効いていて、今日欲しかった味。混ぜて食べると、アボカドのねっとり感、フレッシュで瑞々しいトマト、それにスパイシーで濃厚な挽肉が、たしかにそれっぽい。

 

客席数は多いがいつも満席近い繁盛売り。サラダランチの他には、パスタと肉料理があり、使い勝手の良さも魅力の一つだろう。ドリンクは、持ち帰りも可。


【お店情報】
世界食堂Transit Table d'Or 京橋3-7-1 相互館110タワーB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 8日

ビフトロ バイ ラ コクシネル ハチノスのトマト煮 チーズ焼き (京橋)

R0003688002

そろそろ伺いたいなと店のFacebookを覗いてみると、3種類あるランチメニュー(1,250)の中に「ハチノスのトマト煮 チーズ焼き」というのが目に入る。これは、どう考えたって好きなやつ。そして、今日みたいな肌寒い日には、どう考えたってお誂え向き。

 

不安だったのは、人気店故の満席問題。けれども、微妙な天候が功を奏してか席を頂けて、後はもう身を任せるのみ。


「皿がとても熱くなっていますので――」と届いたトマト煮は、煮込みだけではなく、野菜がふんだんに乗っていて驚いた。数種類の葉野菜の下には、蕪や牛蒡、ブロッコリーにポテトなど。

 

そして、トマト煮は、臭みがないのは勿論、トマトの風味がフレッシュで爽やか。そこに、クニュっとしたハチノスの食感や、チーズの香ばしさとコク味が合わさって、とても好み。「これはワインが欲しくなりますよね」と悪戯っぽく笑われて、「仕事中でなければ」と苦笑い。これをワインなしで食べ切った自分を褒めたいくらいだ。

 

食後には小さい焼き菓子と珈琲を頂いて。美味しいだけでなく、居心地の良さがとても好きだ。ここへ行くと思うだけで、心が浮き立つくらいに。

【お店情報】

Beeftro by La Coccinelle 京橋3-1-1 東京スクエアガーデンB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 1日

ビストロ カツキ ローズマリー香るローストポーク (京橋)

R0003653003_2

GW中だから、もしかしたら、何時も混んでいる店が空いていたりしないだろうか。レストランサカキは、伺っていた頃、もう既に人気店だったが、最近は拍車がかかって、今はもうすっかり入れないと諦めてしまっている。けれども、出社時の電車は空いていたし、ふと思いついてしまったのだ。

 

しかしだ。店の前まで来てみたら、知る限り、ここで見たことのある一番長い行列があった。なるほど、GWだから、むしろ遠くからいらっしゃっている方々もいるようだ。

 

それでやって来たのが、並びにあるビストロカツキ。ホテルの1Fにあるカジュアルな店。ランチタイムには、肉料理に魚料理、パスタにカレーなどが並ぶ(全品1,000)

 

お願いしたのは、定番で一番人気らしいローストポーク。淡い桃色の豚肉が2枚。見た目どおり、しっとりと柔らかくて、添えられた西洋わさびを添えると、ピリリといいアクセント。ライスorパン。スープバーとドリンクバー付き。パンは温められていて好感。明るくて気持ちよく、普段使いにいい店。

 

【お店情報】

ビストロ カツキ 京橋2-11-1 相鉄フレッサイン東京京橋 1F 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年4月19日

LE VIN DEUX シュークルートと豚肩ロースのコンフィ (銀座)

R0003494001

昼だというのに、珍しく、コレというものが思いつかない。というか、あれこれ思いついてしまって、困ったというのが正直なところだ。職場を出て、半分くらいは信号まかせで、道を渡ったり、曲がったり。そのうちに、そういえば久しぶりと思い出したのが、ルヴァンドゥ。

 

店があることを知らないと分からないような細い路地に入口を構える店。限定の鴨・牛・豚肉のハンバーグはすっかり人気で、地下にある店へと向かう階段を下りる最中でさえ、店の中の賑わいが聞こえるほどだ。

 

件のハンバーグの他、肉料理やパスタが並ぶ。今日の肉料理(1,200)は、シュークルートと豚肩ロースのコンフィ。これは絶対好きなやつ。

 

コンフィは、しっとりとして、脂の部分はぷるぷる。厚みがあるからこその噛むほどにほどける旨味。こういうの大好きだ。それに、たっぷりと添えられたアルザス風のシュークルート。肉の旨味と酸味が堪らない。あゝ、ここにワインがないことが、この上なくもどかしい。ソーセージも付いて、ボリューム的にも大満足。

 

食後には、ドリンク付き。目配りの効く店の方も心地よく、次は久しぶりにならないうちに。


【お店情報】

ルヴァンドゥ 銀座3-3-12 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月20日

TOKYO Mar Mare ブイヤベース (八重洲)

R0003252001_2

久しぶりの肌寒さのせいだろう。食べたいのは、温かい汁物。いつもなら、愛しの豚汁やスンドゥブ、ユッケジャンなんかを思い出すが、今日は、ブイヤベースを思い出した。宿題にしていた、TOKYO Mar Mare ブイヤベースのランチのブイヤベース。

 

メイン料理にサラダバー、ドリンクバー、スープがついたランチ(1,100)の人気のメインメニューだそうだが、ついつい、シチューやポークソテーなんかに目を奪われて、後回しにしていたもの。今日も豚肉料理があって、ついつい気になってしまったが、今日こそはである。

 

届いた皿を見て、驚いた。想像していたよりも、ずっと具沢山。あさりにムール貝、烏賊に鱈。あさりなんて、10個近くゴロゴロと入る。スープを頂けば、トマトのベースに魚介の香りや出汁が染み出していて、最後の一滴逃さずパンに吸わせて。

 

他のメイン料理は、数量限定のローストビーフに、魚のフライ、パスタ、グリーンカレーなど。ブイヤベースとローストビーフ以外は週替わり。

 

【お店情報】

TOKYO Mar Mare 八重洲2-5-12 プレリー八重洲ビル1F 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧