2021年9月16日

アンドビール 2種がけカレー定食 (高円寺)

R0017134001

高円寺と阿佐ヶ谷の間。中央線の線路沿いに洒落た店が並ぶ一角がある。その中でも人気の高い店の一つが、アンドビール。ブルワリーとスパイス料理の店。自由に飲みに行けたころは、いつも混み合っているしと尻込みをし、自宅からは少し遠くて、ランチタイムに伺うには時間が足りないかと思い、ずっと伺えていなかった店。

けれどもやっぱり気になるし、今日はそれほど忙しいわけでもない。それに今日なら長い時間歩いても、気持ちが良さそうだと、伺うことを決めた。

店に着くと、外の席にも先客がいて、満席だろうかと心配したが、カウンターの空きがあって一安心。見ていると、回転は速く、満席でもしばらくすれば入れそうだ。

カレーは、1種類からあいがけを、4種類(日によっては3種類)から選ぶ仕組み。それに、アチャールやパパド、煮たまごなどがセットとして付いてくる。カレー選びは、どれも旨そうだから困る。あれこれ悩んで、絶対に好きそうなケララチキンと、たぶん好みだろうなと、モロヘイヤとマッシュルームのラジマ(赤インゲン豆のカレー)を選ぶ。

盛り付けが先ず素敵だし、それに、香りのそそること。ココナッツベースのやさしさはあるものの、キリッと辛さのあるケララチキン。一方のラジマは、豆のほくほくとやわらかい甘さがあって、違いが愉しめるというのがとても好い。

丁寧に作られたカレーに、居心地のいい店内。人気なのもなるほど。でも魅力はまだ半分も知っていない。次は、自家製ビールとスパイル料理をいただきに。

【お店情報】
アンドビール 高円寺北4-2-24 アールリエット高円寺 A棟 105 地図

| | コメント (0)

2021年6月30日

プラバート Bランチ (阿佐ヶ谷)

R0016144001

昼休みには出遅れるし、午後一でWeb会議はあるしで、サクッと食べて帰ってくることが出来るところ。そして、もちろん美味しいこと。その一つといえば、プラバート。南阿佐ヶ谷駅すぐにある南インド料理店。ドーザやポロッタなどが、ランチから愉しめるのが好きなところ。

ドーサも気になっているが、今日もお気に入りのポロッタの入るBセット。2種類のカレーとタンドリーチキン、ミニライス、サラダ、デザート、ドリンクまでがセットという充実ぶり。

カレーだけは別のものにしようと、野菜と、日替わりの内容を聞いて気になった、白いチキンカレー。昔、何かで見て作ってみたことがあったが、白いカレーはそれっきり。プロ、それも美味しい店の方が作るとどうなるんだろうと興味が湧くというものだ。

やって来たカレーは、僅かに黄味がかってはいるが、確かに白い。サラサラとして、口にすると、ほんのり甘い中にスパイスやココナッツの風味。ポロッタはもちろん、ご飯にも合うんだ。野菜のカレーも辛さ控えめの爽やかでやさしい味わい。ナンやポロッタは、1枚おかわり可で、もちろん、おかわりする方多数。

タンドリーチキンも香りよくジューシー。デザートに、食後にはホットチャイと、短い時間でも、満足させてくれるランチ。今度はゆっくりと愉しみに。

【お店情報】
プラバート 阿佐谷南1-15-6 地図

| | コメント (0)

2021年5月 7日

阿波や壱兆 きのこの出汁カレー温麺 (阿佐ヶ谷)

R0015483001

昼休み中にやっておきたいことがあって、サッと食べられるところと、阿波や壱兆に来る。好物の半田そうめんの専門店。そうめんと出汁のシンプルなものから、様々な味が愉しめるアレンジメニューが揃っているところも魅力だ。

前回は、定番的な田舎ぶっかけを頂いたが、今日はアレンジ系を頂こうとメニューを捲る。豆乳を使ったもの、カレー系、鯖缶を使ったトマト味のつけ麺など、どんなのだろうと興味をそそられるものが勢揃い。今日は中から、きのこの出汁カレー温麺を。

「お待たせしました」と運ばれてきた途端に、マスク越しにも届くカレーの香り。あゝ、これは堪らない。先ずはカレーを一口とレンゲで啜ると、カレーライスのカレーとも、蕎麦屋のカレーとも違う、出汁の効いた和風のカレー。それに想像以上のスパイス感。なるほど香り高いはずだ。

そして、そうめんを持ち上げると、しめじと挽肉が絡まって、ズズッとすすれば、つるつるでモチモチの存在感と旨味、香りで口いっぱい。やっぱりこの食感好きだ。最後は残ったカレーにご飯を入れて食べきりたいくらいに大満足。

今後来るころは、すだちそうめんが美味しい季節だろうか。まだまだ食べてみたいメニューが沢山。たのしみだ。

【お店情報】
阿波や壱兆 バイパス店 阿佐谷南3-2-3 ローレルビル 1F 地図

| | コメント (0)

2021年4月12日

プラバート Bランチ (阿佐ヶ谷)

R0015087001_20210412204901

前回伺って、スパイス使いとポロッタに感激したプラバートに再び。南阿佐ヶ谷駅すぐにある南インド料理店。ドーザやポロッタなどが、ランチから愉しめるし、ランチメニューも計7種類と豊富。

前回ポロッタを頂いたから、ドーサなど別のものにしようと思ったが、あのポロッタをもう一度と、前回と同じ2種類のカレーとタンドリーチキン、ミニライス、サラダ、ポロッタorナン、デザート、ドリンクがセットのBランチ。一方で、カレーは別のものを。聞いた瞬間絶対好きそうだと思った日替わりの芹のチキンカレーと、キーマをお願い。

先ずは、それぞれのカレーを一口ずつ。芹とカレーといえば、泰明庵でお馴染みだが、出汁や醤油を使っていないから、やはり味の方向性が全く違う。旨味はあるが、スッキリ爽やか。一方のキーマは、口にして開くスパイス感がとても好きだ。

そして、ポロッタ。渦巻き状の薄い層で出来ているパイのようなパン。食感もよくこれだけでも夢中で食べたくなるくらいだが、カレーとの馴染みが好いところも好きなところだ。1枚お代わり可というのも太っ腹。

タンドリーチキンも香りよくジューシー。デザートとして、今日はバーミセリという細い麺をミルクと砂糖で煮たキールがセット。次こそドーサやミールスを食べてみたいが、このポロッタも、また食べたいし。うーん、悩ましい。

【お店情報】
プラバート 阿佐谷南1-15-6 第2熊倉ビル 2F 地図

| | コメント (0)

2021年1月 4日

プラバート Bランチ (南阿佐ヶ谷)

R0013969001

新年明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願い致します。世の中の状況が厳しく、仕事始めは在宅勤務。年末年始に、辺りの飲食店の営業状況を確認したところ、明日5日からというところが多い様子。それで、営業している店の中から、行ってみたいと思っていたプラバートを目指して来る。

南阿佐ヶ谷駅近くの南インド料理店。美味しいという噂を聞いていたし、ドーザやポロッタなどが、ランチから愉しめるということで、気になっていた店。ランチメニューも豊富で計7種類。カレー自体も種類があるから、どれにしようか選ぶことから面白い。

お願いしたのは、2種類のカレーとタンドリーチキン、ミニライス、サラダ、ポロッタorナン、ドリンクがセットのBランチ(1,050円)。カレーも幾つか食べたいし、ポロッタも食べたいしと選んだもの。カレーはマトンと日替わりのほうれん草チキンをお願い。

先ず、気になるのがポロッタ。渦巻き状の丸いパンで、よく見ると、薄い層で出来ている。ちぎって一口。パイ生地のようにサクサク。もっちり軽やかで、これだけでも夢中で食べたくなるくらい。ちなみに、1枚お代わり可。それにカレー。ホールスパイスも使われていて、香りや風味の鮮やかなこと。食後には、ホットチャイを。甘さを選べるところも素敵だ。

新年早々、旨いランチに出会えて、幸先の良いスタート。他のカレーやドーサ、ミールスなんかも食べてみたいし、これから愉しみだ。

【お店情報】
プラバート 阿佐谷南1-15-6 第2熊倉ビル 2F 地図

| | コメント (0)

2020年12月 9日

泰明庵 せりカレーそば (銀座)

R0013552001

肌寒くなってきたから、そうだ!こういう日こそ、せりカレーそば(1,300円)で暖まろうと、泰明庵までやって来る。ガラガラと引き戸を開けると、丁度、店を出る人とすれ違い。その1卓空いた席に滑り込み。

この時期なら、「せりカレーそばを『根っこ入りで』」とお願いするのが常。より香りのと食感の強い芹の根っこが入るのが、この店のせり入りのそばの特長。湯気とともに立ち上る香りは少々乱暴なくらいで、芹好きの自分にとっては他には代えがたい一品だ。

丼がやってきたら、とりあえず箸を入れて、グワッと麺を引き上げる。すると、カレーと芹の香りがグワッと広がって、あゝ、これこれ。普通にせりそばも戴くが、不思議とカレーのほうが芹の香りが強く感じるのは気のせいだろうか。芹のシャクシャクとした食感と、食んでまた広がる香り。食べ終わってもなお漂う残り香に、やっぱり好きだと思う。

食べている途中に入って来た方の注文は、舞茸天カレーそば。メニューにないものでも、出来るものはやってくれることを知って、随分昔にあれこれ説明してお願いしたものだが、すっかり定番のメニューの一つになっていたらしい。あれもうまいんだ。そのうちに、またお願いしよう。

【お店情報】
泰明庵 銀座6-3-14 地図

| | コメント (2)

2020年8月23日

roji spice&__ (中野)

R0010273001

ついつい路地裏を覗いてしまう質だ。中野の南側、マルイとレンガ坂の裏手に入り組んだ路地があって、あの路、この路と歩いていると、桃園稲荷の脇の路地で気になる1軒に出会った。黒板には、「roji spice &_」という店名と「スパイス料理とナチュラルワインの店」という案内。左手を見ると、古民家を改装したような洒落た店。

続きを読む "roji spice&__ (中野)"

| | コメント (0)

2020年2月17日

泰明庵 せりカレーそば (銀座)

R0010245004

朝から気分は、カレーそば。そうと来れば、どうしたって大好きな泰明庵だ。そして、カレーそばも好いが、この季節ならせりカレーそば(1,300円)。早いもので、もう2月も半ばを過ぎた。

店の前で、ちょうど店から出てきた人とすれ違う。これなら間違いなく入れそうだなぁと思いながらも、ついつい大丈夫かなぁなんて姿勢で引戸を開ける。すると、思っていたよりも空いていて、珍しく相席ではなく席を確保(とはいえ、やっぱり後に相席になるのだが)。

「おまたせしました」の声よりも早く、カレーと芹の香りが、そばが届くのを知らせてくれる。目の前に届いた器に目をやると、たっぷりのセリと、随分と太くなってきた根っこ。箸を入れて、そばをグッと引き上げると、カレーと芹の香りもグワリと強くなる。啜り込んで噛み締めると、更に膨らむ香り。それにシャクシャクとした食感が堪らない。

相席になった方々は、せりそば。お隣のテーブルの方々はせりカレー。品書きの多い店だが、この時期の人気はやっぱりせり。季節のうちに、もう一度か二度。

【お店情報】
泰明庵 銀座6-3-1 地図

| | コメント (0)

2020年1月16日

泰明庵 せりカレーそば (銀座)

R0009948001

味噌汁のついた定食にしようと、銀座5丁目から新橋方向へ行く途中、なぜだか急に、せりカレーそばが頭を過ぎる。この交差点を、こっちに向かえば泰明庵を云う処。こういう時は、思いつきに乗っかるのが正解と、行先変更。

したのはいいものの、入れるかどうかは別問題だ。覗いてみれば、相席できる場所が少々。そして、口はすっかりせりカレー。相席でお邪魔すると、後からも客が続々と。昼時は相席必至の繁盛店だが、今日は、相席の場所すらもなくなってしまう盛況ぶり。「また来るよ」と踵を返すご常連も。寒い日の温かいそばは好いもんなぁ。同じ気持ちの方が多かったのかもしれないな。

そんなこともあって、今日は少し待って、せりカレーそば(1,300円)がやって来た。もちろん根入り。器が届いた途端、芹とカレーの相混じった、せりカレーならではの香りが満ちる。箸を入れて、そばをグッと持ち上げると、さらに香りは噎せ返るように強くなる。一面に入ったせりのシャクシャクとした食感、カレーそばらしい香りと出汁の味わい。火傷しそうな熱さ。これでなくちゃと思う冬の逸品。

向かいの方は、せりそば。隣の方は、せりセイロ。奥のほうからは、せりのうどん。あちこちから「せり」の声が聞こえてきて、親近感が湧いてくると云うもの。

さて、食べ終わったら、早々に会計をして次の方へ。帰り道でも、自分から、せりカレーの香りがことに、ホクホクしながら。

【お店情報】
泰明庵 銀座6-3-14 地図

| | コメント (0)

2019年10月10日

泰明庵 せりカレーそば (銀座)

R0009077001

牡蠣の季節が来たということは、こちらの季節も来るということである。そろそろ、泰明庵のせりそばが出ているんじゃないだろうか。安全を見て、来週にでもと考えたが、なかったならば、今年は未だ頂いていない冷やしカレーを食べようと思い直して、やって来た。

引戸を開けると、おぉ、今日も客で一杯。素早くせりそばの短冊が出される辺りに目をやると、あるある。「せりそば」「せりカレー」に、「せりせいろ」。嬉しいなぁ。女将さんから「お二階覗いて見て下さい」と声をかけられ、久しぶりの二階へ上がる。こちらもほぼ満席という繁盛ぶり。流石なり。

せりそばか、せりカレーか。悩ましいが、今日はせりカレーそば(1,300円)。冷やしカレーが少々頭に引っかかっていたせいだ。「根っこ入れますか?」の一言は、今年も同じ。もちろん「お願いします」だ。

届いた丼には、控えめにしか芹は見えないが、箸を入れて蕎麦を持ち上げると、カレーに潜んだ芹の姿、そして香りの存在感がグッと増す。蕎麦屋らしい出汁の混じるカレーの香りと相まって、ここにしかない香りに味わい。それに、シャクシャクとした根っこの歯ざわり。あゝ、この季節がやって来た。

【お店情報】
泰明庵 銀座6-3-14 地図

| | コメント (4)

より以前の記事一覧