2018年10月16日

よし田 巣ごもり (銀座)

R0005112004_2

どうしようもなく食べたいものがあって、やって来たのはよし田。銀座に明治の頃からある古い蕎麦屋。そばの他、きしめんやにゅうめん等も出していて、時々足を運ぶ店。

 

今日の目当ては、巣ごもり(1,250)。揚げた蕎麦に餡をかけたもの。ざっくりといえば、(焼きではなく揚げだが)和風のかた焼きそばのようなものだ。6丁目に移転して来た頃は一時期出していなかったが、無事復活。

 

醤油味の他、ここにはカレー味があって、今日食べたいのはカレー味。出汁とカレーが合わさった、正しく蕎麦屋のカレーで、その香りだけで食欲が刺激される。芳ばしく上がった蕎麦に箸を入れるとパリパリと割れて、そこへカレー餡がとろりと絡む。口にすると、ポリポリとろり。そして、スパイスの香りがふわりと広がって堪らない。

 

食べすすむほどに、パリパリしていた蕎麦が餡を吸って柔らかくはなるけれども、香ばしさはそのままに、で、ありそうでない他にはない美味しさ。餡の具にしたって、海老にかまぼこ、椎茸、鶏肉にうずらの玉子、長葱等々と盛り沢山。夢中で箸を進めると、餡かけの熱も手伝って、涼しくなってきたと云うのに少し汗ばむくらいだ。

 

壁に貼られた紙を見ると、かきそばやかき鍋も始まったらしい。寒くなれば、鍋焼きうどんも旨いだろうし、伺う機会が増える季節の到来だ。

【お店情報】

銀座よし田 銀座6-4-12 KNビル2F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 9日

泰明庵 せりカレーそば (銀座)

R0005081002

牡蠣の季節が来たということは、この季節もやって来るということだ。そう、泰明庵のせりそばだ。

 

ガラリと引き戸を開けると、相席できる席が見当たらないほどの繁盛ぶり。一番手前のテーブルに空席があって、「そこへ入って」という案内。さて、せりはあるだろうかとザッと見渡すと――、あった、あった。今年も無事出会えたぞ。せりそばと迷ったけれども、せっかくだから大好きなせりカレーそば(1,300)を。しかも、この時期だとないこともある「根っこは入れますか?」と云う。

 

勿論根っこを入れて貰って、丼が届く。根っこが入っていなくとも、セリの香りが芳しいが、根っこが入ると、あの独特の香りがグッと強く増す。そば屋らしい出汁の混じるカレーの香りと相まって、ここにしかない香りに味わい。それに、シャクシャクとした根っこの歯ざわり。あゝ、この季節がやって来た。

 

隣に入った方も、後ろのほうからも、せりそばの注文が入る。同じように待っていた人もたくさんいるんだと思うと、途端に親近感が湧いてくる。一方で、ご常連さんが「○○ある?」と問うと、「今日はないんですよ。市場が開いてないから」なんて回答が耳に入る。季節の変わり目、時代の変わり目。


【お店情報】

泰明庵 銀座6-13-14 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年10月 3日

ブラン亭 チキンカレーとキーマカレー (銀座)

R0005028001

大好きなのに、此の所、全く伺えていないのがブラン亭だ。以前は、コリドー街の古く狭いビルの地下一階にあったが、ビルの老朽化により一時閉店。再開されたのは嬉しいが、銀座8丁目の金春通り沿い、すぐ目の前は新橋という場所で、通常の昼休みには伺えなくなってしまった。

 

けれども今日は出先途中の昼休憩。それで、今日はチャンスとやって来た。移転先はこちらも年期の入ったビルで、エレベーターはなく3階まで階段でというところ。昔、このビルのスナックに連れて来て貰ったのは、好い思い出だ。

 

店に足を踏み入れると、以前と変わらぬ雰囲気。カウンターの奥にいらっしゃるママも変わらぬ姿。けれども、店の広さは倍以上だろうか。カウンターは似たようなものだが、奥にテーブル席が3卓。カラオケ設備まであって、なるほど居抜きだ。

 

メニューもほぼ変わらぬまま。「しらす」というのが新しく加わっていたが、今日は入荷がないと云う。それでも実に悩ましい。チキン、ポーク、キーマに野菜、豆とどれも滋味深く旨いことは分かっている。だからこそ、2種類合いがけ(850)は必須だ。

 

お願いしたのは、チキンとキーマ。スパイスが利く一方で、鶏の旨みたっぷりのチキンカレーに、こってり濃厚なキーマ。これらに合わせるらっきょに福神漬け、フライドオニオン、レーズン、獅子唐のみじん切り等々、盛り沢山の薬味も変わらず。

 

何より、「キーマにオクラを入れてもいいかしら?」なんて話しかけてくれるママの朗らかで品の良い立ち振る舞いが変わらず素敵。今は昼から22時までの通し営業。また、時間を作って来なければ。

 

【お店情報】

ブラン亭 銀座8-8-19瓢山会館3F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月21日

オールドデリー リッチランチ (銀座)

R0004108002_2

久しぶりにオールドデリーに足を向ける。なんだかどうしても、タンドリーチキンが食べたくて、タンドリーチキンが付くランチをあれこれと思い浮かべる。デリーもいいけど、今日は木曜。たしか、オールドデリーの曜日替わりのカレーに、チキンバターマサラがあったはず。

 

ランチタイムには、お得なセットが幾つかあって、タンドリーチキンが入るものから、リッチランチ(1,300)。タンドリーチキンに、小さいカレーとナンorライス、サラダとラッシーがつくセット。

 

タンドリーチキンは、骨付きのもも肉1本。食べたかったスパイス感と芳ばしさにニンマリする。チキンバターマサラは、香りからもう旨いやつ。ふわふわ柔らかいナンにたっぷりとつけて口にすると、リッチな中にトマトの酸味が効いた味わい。

 

相変わらず人気のようで、老若男女問わず客がひっきりなしに訪れる。銀座がカレーの激戦区となって久しいが、変わらず在ることを頼もしい。

 

【お店情報】

オールドデリー 銀座2-7-18 銀座2丁目メルサ4F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 5日

泰明庵 冷やしカレーそば (銀座)

R0003908001

愛しのヒヤアツ。冷やしカレーそばの美味しい季節がやって来た。

 

見た目は、普通のカレーそばと同じ。もったりテリテリとしたカレーの餡かけからは湯気が立ち昇って、カレーが装われている丼の上部分は熱いけれども、麺が入る下の部分は冷たいというヒヤアツ構造。

 

箸を入れて、そばをグッと引き上げると、冷たいそばに、アツアツのカレーのあんかけが絡みついて、熱くも冷たい絶妙な温度感。油断をすると、あんが絡んだ豚や玉ねぎで火傷しそうになるが、ご愛敬。カレーもスパイシーで、とても夏向きだとも思う。

 

泰明庵の隣には、交通会館の人気店ひょっとこの銀座店がオープン(9日までプレオープン)して、すでに行列が出来ている。ピッツァのイゾラ系の新店も先日オープンして、この通りも賑やかになりそうだ。

 

【お店情報】

泰明庵 銀座6-3-14 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月15日

泰明庵 セリカレーそば (銀座)

R0003203002

牡蠣も終盤ということは、泰明庵のセリそばも終わりが近いということだ。根っこは、もっと終わりが早い。そろそろ食べ納めにいかねば、知らないうちに終わってしまう可能性ありだ。

 

混んでいなければいいけれど、とやって来ると、相変わらず繁盛していて、相席ができそうな席が1つ2つ。席が確保できたら、壁を確認。よかった「セリ」はまだあった。注文すると、「根っこは入れましょうか?」と来た。よかった「根っこ」もまだあった。お願いしますと答えれば、もう安心だ。

 

待っている間の愉しみは、ずらりと並ぶ品書き。季節の移ろいとともに、少しずつ変わっていく。菜の花があったり、こごみがあったり。今日の見どころは、ミニ天丼セットの天ぷらの豊富さ。ホタルイカにマツカワカレイ、小キンキ、キスに穴子にかき揚げ。端から端まで旨そうだ。

 

そうこうしていると、あの香りが近付いてくる。器の一面を覆うほどにたっぷりと盛られた芹の香りと、カレーらしいスパイス香りは、何度来てもうっとりとする。ふぅーと深くその香りを吸いこんで、箸を入れて手繰り寄せ、ようやっと確認できるそばとともに啜り噛むと、シャクシャクと歯切れよい食感と、さらに強く感じる香り。根っこは見事に太くなって、より甘さと香りを強く感じる。

 

そうだ、そうだ。かつ煮とかも気になっているんだ。せりのない季節も、まだ知らない愉しみがきっとあるに違いない。

 

【お店情報】

泰明庵 銀座6-3-14 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月17日

3丁目のカレー屋さん 焼きチーズビーフカレー (京橋)

R0002670001

時間をずらしてランチに行ける日。こんな日は、遠いとか、行列が出来るとか、ピークタイムに伺うのが難しい店に行ける日である。それで、募る想いのこの店、あの店を思い出して、どこへ行こうか悩む日でもある。

 

それで、選んだのは、雪園だった。この時期はもちろん、冬限定の牡蠣のピリ辛石鍋ご飯が目当てだ。けれども、店の前まで行けば、今日は17:30~という残念な知らせ。時間は、ほぼ2時。この時間に開いているお店か――。幾つか思い出したが、しばらくぶりに思い出したのが、3丁目のカレー屋さんだ。

 

まさか、こんなところに、こんな店といった雰囲気の店だが、旨いカレー店としてすっかりと知られるようになった。一番人気は、恐らく「焼きチーズビーフカレー」(1,400)。オーブンで焼かれてフツフツと湧くカレーに、チーズ。温まること請け合いだ。

 

「お待たせしました」と運ばれてきた傍から、クツクツという音と湯気、そして芳ばしい香り。溶けたチーズが好きでこれを食べることが多かったが、久し振りに食べてみると、カレー自体の旨いこと。20種類以上のスパイスを使っているそうだが、尖ったところのない、まろやかで、品と深いコクある味わい。

 

小さいシュークリームが一つ付くのも変わらず、懐かしい。そして、変わらないといえば、素晴らしい音響設備。水・木・金曜日限定の夜営業では、限定のメニューやアルコール類もあるようで、一度訪ねてみたいと思っている。

 

【お店情報】

3丁目のカレー屋さん 京橋3-9-9 ウィンド京橋ビルB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月10日

泰明庵 セリカレーそば (銀座)

R0002580006

何が食べたいか決めきれず、とりあえずとコリドー辺りにやって来る。日本料理店やトルコ料理店、スペイン料理店等々と一通り眺めたが、やっぱり、泰明庵で白菜そばだ!と暖簾を潜る。

いつも相席必至の繁盛店だが、今日はいつにも増してという雰囲気。相席をお願いして、腰を掛けながら、壁に貼られたメニューを見ると、あらら、白菜そばの上に白い紙が貼ってある。たしかになぁ。この頃白菜が高すぎる。

 

それならと、大好物のせりカレーそば(1,200)。もちろん、この時期なら、根っこははずせない。

 

器の一面を覆うほどにたっぷりと盛られた芹の香りと、カレーらしいスパイス香りは、いつ来ても、食欲が刺激される。ふぅーと深くその香りを吸いこんで、箸を入れて手繰り寄せ、ようやっと確認できるそばとともに啜り噛むと、シャクシャクと歯切れよい食感と、さらに強く感じる香り。ゆるい餡状のカレーで、最後までアツアツなのもこの時期格別だ。

 

そういえば、今日は牡蠣も見かけなかった。牡蠣に白菜、次はお目にかかれると嬉しいのだが

 

【お店情報】

泰明庵 銀座6-3-11 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月13日

泰明庵 せりカレーそば (銀座)

R0001995002_2

根っこの季節がやって来た。先月、せりカレーそばを頂いたときには、まだ出ていなかったセリの根っこ。そろそろ、出始める頃じゃないかと見計らって。

 

せりカレーそばをお願いすると、女将さんから「根っこはいれる?」という言葉。待ってました!とばかりに、「お願いします」と答える。

 

根っこが入っていなくとも、セリの香りが芳しいが、根っこが入ると、あの独特の香りの強さはグッと増す。そば屋らしい出汁の混じるカレーの香りと相まって、ここにしかない香りに味わい。それに、シャクシャクとした根っこの歯ざわり。これがまた、堪らないんだ。

 

そうそう、昨年は出会えなかった白菜そばが、今年はお出まし。普通のせりそばも食べたいし、せりせいろも、これまた好い。ひと冬の間、伺くたびに悩むことが想像に容易い。

 

【お店情報】

泰明庵 銀座6-3-14 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月 2日

泰明庵 セリカレーそば (銀座)

R0001469001_2

この時期になると、牡蠣も気になるが、もう一つ気になるのが、泰明庵のセリカレーだ。とある店にランチメニューに書いてあった「カキフライ」を横目にして、やや小走りでやって来た。

今日はまだ無くても仕方がないと思っていたが、「セリ」系メニューの定番の正面左側の壁に「セリカレーそば/うどん」「セリそば/うどん」の文字が並んでいる。しかも、不思議と今日は空いていて、「空いているところにどうぞ~」と告げられる。

 

オーソドックスなセリそばにしようか、かしわを入れてみようか。なんなら生卵を一つ……なんて想像どころか妄想が広がって行く。が、結局、お馴染みのセリカレーそば(1,200)


おー、来た来た。下から蕎麦を手繰り上げれば、穏やかながらも、あの香りがグッと鼻腔にやってくる。葉や茎も細く柔らかく若々しく。冬の盛りの圧倒的な存在感ではなく、蕎麦に寄り添う感じだか、それがむしろ、これからの盛りを想像させてそそるというもの。あゝ、これからの季節が楽しみだ。


【お店情報】

泰明庵 銀座6-3-14 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧