2019年8月19日

ニルワナム ランチビュッフェ (銀座)

R0008561001

夏休みの頭をキリッとするにはカレーだろうと、先週のうちから今日はここだと決めていた。ベルビア館に先日オープンした南インド料理店、ニルワナム。ランチはビュッフェスタイル(1,296円)。カレーのビュッフェに伺ったことはあるが、南インド料理のランチビュッフェは初めてで、愉しみにしていたところ。

料理の内容は日替わり。入ってすぐのところに、料理がズラリと並んでいて、今日はカレーが5種類を始めとした10種類ほど。サンバルやドーナツのようなワダもあって、なるほど南インドという感じ。

特にカレーは興味があったから、あれもこれもと欲張って全種類を。スパイス感がたっぷりで一番好みだったマラバルマトンはお代わりまでして、お腹一杯。サラダやデザートの他、ライスもあり。ちなみに、ナンはバスケットに入れて、店の方が運んできてくれる。

日によっては、ビリヤニがあったりすることもあるそうで、他のカレーも気になるところ、ランチメニューは、お店のFacebookで確認できるようだ。

【お店情報】
ニルワナム 銀座店 銀座2-4-6 銀座ベルビア館7F 地図

| | コメント (2)

2019年8月 5日

ブラン亭 チキンとキーマ (銀座)

R0008469001

ブラン亭の再移転オープンの話を聞いて、すぐにでも伺いたかったところだったが、生憎、ほんの少しだけ職場から遠くて、機会を窺っていたところ。場所はコリドー街にあった当初の店の近く。以前、ロックフィッシュのあったビルと云えば、分かる方も多いだろうか。

店はビルの4階。ビルの前にも、フロアにも案内が出ているから、迷うことはないだろう。ドアを開けると、前の店よりもスペースは狭いものの、スナックの居抜きっぽいところは変わらないし、黒電話も健在だ。

今日のカレーは、お馴染みのチキン、ポーク、キーマ、豆の4種類(900円)。それに味玉が100円。どれも滋味深く旨いことは分かっているから、2種類の合いがけというのがありがたい。

お願いしたのは、チキンとキーマ。スパイスが利く一方で、鶏の旨みたっぷりのチキンカレーに、茄子と獅子唐がたっぷりと入った夏らしいキーマ。それに、「今日、作ってみたんだけど、お掛けしてもいい?」と云われたミントヨーグルトソースが、爽やかだし、カレーに合うし、何よりとても好みの味。他に客がいらっしゃらなかったことをいいことに、ミントやカレー、食材について、ついつい話に花が咲いてしまった。

これなら普通のランチタイムでも、ギリギリ来られるかもしれない。通えるところに移転してきてくれて、本当にありがとう。

【お店情報】
ブラン亭 銀座7-2-14 第26ポールスタービル 4F 地図

| | コメント (0)

2019年5月20日

やぶ久 名物黒豚カレー南ばん (銀座)

R0007653001_1

先週金曜日のラサに伺った帰り、そういえば、同じビルの地下1階に、日本橋やぶ久の姉妹店が出来たのを思い出した。天候もいまいちの今日、名物のカレー南ばんを頂くには、丁度いいんじゃなかろうかと、早速やって来た次第。

地下に降りていく階段も、入口も、楚々として気持ちがいい。店内もそう広くはないが、一人客でもテーブルを占領して、ゆったりと寛げる。

ランチタイムには、そばに天丼やそば米穴子寿司がつくセットもあるが、今日は名物黒豚カレー南ばん(1,296円)を単品で。カレー南ばんには、辛口、大辛口なんていうメニューも用意されているが、こちらも普通のものを頂くことに。

テーブルに届いた途端に鼻を擽るカレーの香りの鮮やかなこと。木の蓮華で、汁を掬って口にすると、蕎麦屋のそれらしい出汁の風味と共に、想像以上のスパイシーさがやって来る。汁はとろみのないサラッとしたもので、細くたおやかな蕎麦との相性も良く、ツルツルと小気味の好い食べ心地。そして食べ終わる頃には、じんわりと額に汗。

もう少し暑くなってきたら、カレーせいろというのも好いだろう。それにしても、品書きの一品料理の感じが良くて、呑みに来たくなっている。

【お店情報】
日本ばし やぶ久 銀座店 銀座3-3-6 銀座モリタビル B1 地図

| | コメント (0)

2019年2月26日

泰明庵 せりカレーそば (銀座)

R0006710001

牡蠣のシーズンの終わりが見えてきたということは、せりそばの季節の終わりも近づいてきたということだ。特に、「根っこ」は終わりが早い。終わってしまう前にもう一度、とやって来た。

 

今日も相席必至の繁盛ぶり。もう食べるものは決まっているから、すぐにお願い。もちろん「根っこも入れて下さい」を忘れずに。

 

運ばれてくる途中から、カレーとセリの香りが近付いてくるのが分かる。あー、あれは自分のだなと思っていたら、やっぱりやって来た。湯気と共に立ち上る香りは更に強く。そして、根っこも随分と太くなったもんだ。

 

シャクシャクシャク、ズズッと黙々と啜っているが、食感と咀嚼する度に広がる香りに心は踊る。せりそばも好きだが、カレーとの組み合わせは本当に素敵。芹とカレーの組み合わせを考え出した方にお礼が云いたいくらいだ。

 

今日は半数くらいの方が、せりのそば。芹がなくなってしまう前に、せりセイロも頂きたいな。

 

【お店情報】

泰明庵 銀座6-3-14 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月14日

泰明庵 せりカレーそば (銀座)

R0005721003

今年もお世話になったお礼を兼ねて泰明庵。この時期、泰明庵といえば、せり入りの蕎麦が大好物だが、今日は何となく白菜そばの気分だなぁ。ここの汁が染みた白菜が、甘くて柔らかくて、とても旨いんだ。

 

とりあえず、まぁなんだ。混んでいては入れなければ意味がない。ガラリと引き戸を開けると、珍しく相席せずとも座れるほど。ゆったりと座って、品書きを眺める。「白菜は――」っと探すけれども、今日はどうやらないらしい。それならと、「せりカレーを」(1,300)とお願いすれば、お馴染みの「根っこは入れますか?」と声がかかる。もちろんお願いしますと答えれば、後は待つのみ。

 

カレーの香りと共に、セリの香りが一緒になってやって来ると、おっ、あれは自分のだなと思う。目の前に置かれると、益々強く香る。それにしても、随分と根っこも立派になったものだ。箸を入れて手繰り寄せ、ようやっと確認できるそばとともに啜り噛むと、シャクシャクと歯切れよい食感と、さらに強く感じる香り。ゆるい餡状のカレーで、最後までアツアツなのもこの時期格別だ。

 

空いていると思ったのは最初だけで、どんどん客がやってきて、結局は密度の高い相席に。そういえば、今年はここで牡蠣をまだ見ていないなぁ。

 

【お店情報】

泰明庵 銀座6-3-11 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年10月16日

よし田 巣ごもり (銀座)

R0005112004_2

どうしようもなく食べたいものがあって、やって来たのはよし田。銀座に明治の頃からある古い蕎麦屋。そばの他、きしめんやにゅうめん等も出していて、時々足を運ぶ店。

 

今日の目当ては、巣ごもり(1,250)。揚げた蕎麦に餡をかけたもの。ざっくりといえば、(焼きではなく揚げだが)和風のかた焼きそばのようなものだ。6丁目に移転して来た頃は一時期出していなかったが、無事復活。

 

醤油味の他、ここにはカレー味があって、今日食べたいのはカレー味。出汁とカレーが合わさった、正しく蕎麦屋のカレーで、その香りだけで食欲が刺激される。芳ばしく上がった蕎麦に箸を入れるとパリパリと割れて、そこへカレー餡がとろりと絡む。口にすると、ポリポリとろり。そして、スパイスの香りがふわりと広がって堪らない。

 

食べすすむほどに、パリパリしていた蕎麦が餡を吸って柔らかくはなるけれども、香ばしさはそのままに、で、ありそうでない他にはない美味しさ。餡の具にしたって、海老にかまぼこ、椎茸、鶏肉にうずらの玉子、長葱等々と盛り沢山。夢中で箸を進めると、餡かけの熱も手伝って、涼しくなってきたと云うのに少し汗ばむくらいだ。

 

壁に貼られた紙を見ると、かきそばやかき鍋も始まったらしい。寒くなれば、鍋焼きうどんも旨いだろうし、伺う機会が増える季節の到来だ。

【お店情報】

銀座よし田 銀座6-4-12 KNビル2F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 9日

泰明庵 せりカレーそば (銀座)

R0005081002

牡蠣の季節が来たということは、この季節もやって来るということだ。そう、泰明庵のせりそばだ。

 

ガラリと引き戸を開けると、相席できる席が見当たらないほどの繁盛ぶり。一番手前のテーブルに空席があって、「そこへ入って」という案内。さて、せりはあるだろうかとザッと見渡すと――、あった、あった。今年も無事出会えたぞ。せりそばと迷ったけれども、せっかくだから大好きなせりカレーそば(1,300)を。しかも、この時期だとないこともある「根っこは入れますか?」と云う。

 

勿論根っこを入れて貰って、丼が届く。根っこが入っていなくとも、セリの香りが芳しいが、根っこが入ると、あの独特の香りがグッと強く増す。そば屋らしい出汁の混じるカレーの香りと相まって、ここにしかない香りに味わい。それに、シャクシャクとした根っこの歯ざわり。あゝ、この季節がやって来た。

 

隣に入った方も、後ろのほうからも、せりそばの注文が入る。同じように待っていた人もたくさんいるんだと思うと、途端に親近感が湧いてくる。一方で、ご常連さんが「○○ある?」と問うと、「今日はないんですよ。市場が開いてないから」なんて回答が耳に入る。季節の変わり目、時代の変わり目。


【お店情報】

泰明庵 銀座6-13-14 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年10月 3日

ブラン亭 チキンカレーとキーマカレー (銀座)

R0005028001

大好きなのに、此の所、全く伺えていないのがブラン亭だ。以前は、コリドー街の古く狭いビルの地下一階にあったが、ビルの老朽化により一時閉店。再開されたのは嬉しいが、銀座8丁目の金春通り沿い、すぐ目の前は新橋という場所で、通常の昼休みには伺えなくなってしまった。

 

けれども今日は出先途中の昼休憩。それで、今日はチャンスとやって来た。移転先はこちらも年期の入ったビルで、エレベーターはなく3階まで階段でというところ。昔、このビルのスナックに連れて来て貰ったのは、好い思い出だ。

 

店に足を踏み入れると、以前と変わらぬ雰囲気。カウンターの奥にいらっしゃるママも変わらぬ姿。けれども、店の広さは倍以上だろうか。カウンターは似たようなものだが、奥にテーブル席が3卓。カラオケ設備まであって、なるほど居抜きだ。

 

メニューもほぼ変わらぬまま。「しらす」というのが新しく加わっていたが、今日は入荷がないと云う。それでも実に悩ましい。チキン、ポーク、キーマに野菜、豆とどれも滋味深く旨いことは分かっている。だからこそ、2種類合いがけ(850)は必須だ。

 

お願いしたのは、チキンとキーマ。スパイスが利く一方で、鶏の旨みたっぷりのチキンカレーに、こってり濃厚なキーマ。これらに合わせるらっきょに福神漬け、フライドオニオン、レーズン、獅子唐のみじん切り等々、盛り沢山の薬味も変わらず。

 

何より、「キーマにオクラを入れてもいいかしら?」なんて話しかけてくれるママの朗らかで品の良い立ち振る舞いが変わらず素敵。今は昼から22時までの通し営業。また、時間を作って来なければ。

 

【お店情報】

ブラン亭 銀座8-8-19瓢山会館3F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月21日

オールドデリー リッチランチ (銀座)

R0004108002_2

久しぶりにオールドデリーに足を向ける。なんだかどうしても、タンドリーチキンが食べたくて、タンドリーチキンが付くランチをあれこれと思い浮かべる。デリーもいいけど、今日は木曜。たしか、オールドデリーの曜日替わりのカレーに、チキンバターマサラがあったはず。

 

ランチタイムには、お得なセットが幾つかあって、タンドリーチキンが入るものから、リッチランチ(1,300)。タンドリーチキンに、小さいカレーとナンorライス、サラダとラッシーがつくセット。

 

タンドリーチキンは、骨付きのもも肉1本。食べたかったスパイス感と芳ばしさにニンマリする。チキンバターマサラは、香りからもう旨いやつ。ふわふわ柔らかいナンにたっぷりとつけて口にすると、リッチな中にトマトの酸味が効いた味わい。

 

相変わらず人気のようで、老若男女問わず客がひっきりなしに訪れる。銀座がカレーの激戦区となって久しいが、変わらず在ることを頼もしい。

 

【お店情報】

オールドデリー 銀座2-7-18 銀座2丁目メルサ4F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 5日

泰明庵 冷やしカレーそば (銀座)

R0003908001

愛しのヒヤアツ。冷やしカレーそばの美味しい季節がやって来た。

 

見た目は、普通のカレーそばと同じ。もったりテリテリとしたカレーの餡かけからは湯気が立ち昇って、カレーが装われている丼の上部分は熱いけれども、麺が入る下の部分は冷たいというヒヤアツ構造。

 

箸を入れて、そばをグッと引き上げると、冷たいそばに、アツアツのカレーのあんかけが絡みついて、熱くも冷たい絶妙な温度感。油断をすると、あんが絡んだ豚や玉ねぎで火傷しそうになるが、ご愛敬。カレーもスパイシーで、とても夏向きだとも思う。

 

泰明庵の隣には、交通会館の人気店ひょっとこの銀座店がオープン(9日までプレオープン)して、すでに行列が出来ている。ピッツァのイゾラ系の新店も先日オープンして、この通りも賑やかになりそうだ。

 

【お店情報】

泰明庵 銀座6-3-14 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧