2022年5月17日

ル ココ ロールキャベツ (荻窪)

R0002845001

今日もいまいちすっきりしない天気に、やはり温かいものが欲しくなる。今日は汁物ではないんだ。グラタンは昨日食べた…。そうだ、ロールキャベツなんてどうだろう。それならと向かったのは、ル・ココ。荻窪駅の西口、すずらん通りから横道に入ったところにあるカフェ。ご家族で営まれているそうで、品が良く温かい雰囲気も好きだ。

ランチメニューは4種類あるが、一番人気がロールキャベツ。トマトベースのソースで煮込まれた、ゲンコツよりも大きなロールキャベツが2つとボリューム満点。けれども、ナイフを当てると、スーッと入っていくほどに柔らかく煮込まれていて、やさしい口当たり。噛み締めると肉とキャベツの旨味に、トマトソースがギュッと溢れて混じっていく。口いっぱいに広がる幸せに、体だけでなく、気持ちまで温まる。

サラダなら、ヨーグルトのような酸味のある自家製のドレッシングが美味しいし、食後には、ドリンクとアイスクリームで、ゆったりと寛げるところも好い。

テラス席もあって、天気のいい日なら頗る気持ちがいいだろう。ランチセットのほか、ケーキセットなどもあり、散歩の途中で一息入れるにも好い。そうそう、ここのグラタンも気になっているのだ。

【お店情報】
ル・ココ 荻窪5-17-6 トーワビル 1F 地図

| | コメント (0)

2022年5月 9日

ブーケ タマゴサンドイッチ (高円寺)

R0002694001

昼に夜にと飲んでいたGWを振り返って、今日は少し健康的にとおばんざいのランチを求めて向かったものの、店にはシャッター。定休日はなかったはずだが今日は休みか…。残念だけれど、それなら他。この辺りなら、せんなりでチゲか、先日伺って美味しかったスペインバルと考えていると、そういえば、ここはずっと気になっていた喫茶店の前。

新高円寺駅のすぐ近く。青梅街道沿いにあるブーケ。最初に見かけたのは夜の帰宅時間。こんな時間なのに、煌々と灯が付いていて、どうしたって目に入る。それに長く営業しているようだが、清潔で温かい雰囲気が見て取れたこと。ランチタイムなら、店頭にカレーやパスタのセットの案内が出るし、メニューに玉子サンドがあるのもチェック済みだ。

少し奥まったドアを開け「こんにちは~」と声をかけると、奥からおかあさんが迎えてくれた。おそらくご夫婦で切り盛り。マスターはカウンターの中で、ご常連の相手をしている。昼時のため、ランチメニューを持って来て下さったが、やはり玉子サンドが気になる。「ランチメニュー以外でも大丈夫ですか?」と聞いてみると、「大丈夫ですよ」とにっこり。

ラジオの音に混じって聞こえたのは、ゆで玉子の殻を割る音だろうか。行き過ぎる人を眺めながらぼんやりしていると、サンドイッチが届く。

これはまた、懐かしくもあり、カットの仕方などは個性的でもあり。そして、黄身を潰した香り。そう、こういうサンドイッチに飢えているんだ。シンプルで普通。そして、真摯だ。柔らかいパンと玉子、僅かなマヨネーズ。こういう普通が、稀有になっていくのだろうか。

聞けば、この地で50年以上。どうぞ末永く。またお伺いします。

【お店情報】
Café ブーケ 高円寺南2-20-2 新高円寺ビル1F 地図

| | コメント (0)

2022年5月 2日

はまの屋パーラー 玉子サンドゥイッチ (有楽町)

R0002628002

玉子サンドゥイッチか、豚汁か。それが問題だ。大問題だ。3月まではカキフライを追っていたから、どちらもかなりの久しぶり。そして、どちらも大好きなもの。ゴールデンウィーク中だし、観光の方もいらっしゃるだろうか…なんて考え始めると、どうにもこうにも決めきれない。結局、向かう道の信号が緑の方。行く先は、はまの屋パーラー。

店の傍まで来てみると、行列は見当たらない。これは大丈夫かも!と店を覗くと、ちょうど満席。店の方に伺うと、恐らく10分ほどで空くかもとのこと。ここまで来たら今日は待ってみようと、珍しく店の外の椅子で待つ。

予想はぴったり。10分ほどで席が空いた。周りを見ると、やはり大きい荷物を持った方も幾人かいらっしゃる。さて注文だ。食べたいものは決まっている。お水を持って来てくれたところへ、「玉子サンドゥイッチの半分だけトーストを」それにブレンドを。

トーストしたのと、していないの。どちらを先に食べようかと悩む。今日は、トーストした方を手に取った。カサカサと芳ばしいパンと、薄いパンに対するどっしりとした玉子の存在感。日によって、多少玉子の焼き加減が異なるが、それもまた出会いの面白さ。

そして、最後の1つもどちらにするか、一悩み。大抵気に入ったほうを最後にするが、今日はトーストしてない方。指が沈み込みそうなパンの柔らかさと甘さ、玉子とパンのとろけ方、バランスの良さの見事なこと。久しぶりにスペシャルや、フルーツサンドもと思うが、玉子の吸引力が強すぎる。

12時を回ると、近所にお勤めと思わしき方々が続々と訪れる。新有楽町ビルは、来年建て替えのため閉館が決まっているが、ここはどうなるのだろう。

【お店情報】
はまの屋パーラー 有楽町1-12-1 新有楽町ビル B1 地図

| | コメント (0)

2022年4月27日

秋田きりたんぽ茶屋 いぶりがっこと比内地鶏のだし巻きサンド (阿佐ヶ谷)

R0002540001

昨年末にオープンした秋田きりたんぽ茶屋。JR阿佐ヶ谷駅近く。その名のとおり、秋田の名物、名産品を使った和風カフェ&バー。西荻窪にある秋田の郷土料理店の姉妹店だそう。当初は冬ということもあって、きりたんぽ鍋を推していて気になっていたはいたものの、ランチには少し使いにくいなぁと思っていた。春になり、芹の季節も終わってしまったが、先日、新メニューとして、「いぶりがっこと比内地鶏のだし巻きサンド」が登場したのを発見。これは食べに行かなくてはと、早速やって来た次第。

店は、小さなビルの2階。階段を上がっていくと、店の方が迎えてくれた。2人用のテーブルが6卓ほどの小さなカフェ。メニューはたくさんあるようだが、14時までは基本的にランチメニューのみ。それでも、稲庭うどんなどメジャーな料理もあれば、初耳の「緑のざる中華」なるものも。「へぇ~」と思っていたところ、後からいらっしゃった親子連れがどうやら秋田のご出身らしく、「あー、ざる中華もある!」と感激していて、なるほど、そうなのかと認識を新たにする。

さて、いぶりがっこと比内地鶏のだし巻きサンドは、名前から分かるように、いぶりがっこが入っただし巻玉子のサンドイッチ。ポリポリとしたいぶりがっこの食感とやわらかい薫香、それと出汁を含んだジューシーで程よいやわらかさのだし巻き玉子。厚みもあって、中々のボリューム。パンとだし巻きのバランスも好く、好きなタイプ。

今日はフルサイズでお願いしたが、ハーフサイズもあって、テイクアウトも可。秋田のツマミと日本酒を頂いて、〆にハーフのサンドイッチというのもあるなぁ…なんて考え始めたらワクワクが止まらない。稲庭うどんがあるというのも好いし、また来よう。

【お店情報】
秋田きりたんぽ茶屋 阿佐谷南2-17-5 2F 地図

| | コメント (0)

2022年4月24日

AOLA (荻窪)

R0002459001_20220424145001

サンドイッチのファンだけど、夜のツマミがまた秀逸。

続きを読む "AOLA (荻窪)"

| | コメント (0)

2022年4月14日

café spile タンドリーポーク (阿佐ヶ谷)

R0002408001

昼休みの時間を25分ほど過ぎて、ようやくWeb会議から解放。遠くの店には行きにくいが、オープンが遅い時間の店に行けるチャンスと思えば、気分もいいもの。その一つが、呑みに伺ったことのある居酒屋のランチ。週に数日だけだが、メインの料理に小鉢が2つ、それに具沢山の味噌汁がつくという、かなり好みな予感がして気になっているもの。

店頭に出されている黒板を見ると、今日はミルフィーユカツだそう。うーん、揚げ物の気分じゃないんだなぁ…。それなら、他にバランスの好いランチを出してくれるところ。そうだ、こんな天気だし、今日なら入れるかもと向かったのがcafé spile。住宅街の中にある洒落たカフェ。土日や祝日などは一日中若い方で賑わっているし、在宅勤務中のランチに足を運ぶ人も多い。

外から店を覗くと、賑わってはいるが、手前のカウンター席は空いている。ヨシ予想は的中。後は何をいただこうか。このカフェの魅力は、料理の種類が豊富で美味しいこと。人気の車麩のフライや唐揚げ、タコライスやカレーなど、常時10種類程度。定番もあれば入れ替わるものもあって、新鮮なのも愉しいもの。週替わりというバジルクリームチキンも気になるが、選んだのは、タンドリーポーク。スパイス使いに工夫があるから愉しみだ。

届いたのは、目にも鮮やかな皿。タンドリーポークの香りも食欲を誘う。しっかり豚肉にスパイスやヨーグルトを染み込ませているのだろう。噛むと香りと辛味、爽やかな刺激などがあちこちから。特に辛味は刺激的。

サラダのドレッチングの軽やかさや、ポテトサラダの風味付け、切干大根のスパイス感などもそっと気が利いていて、口にするたび新鮮な驚きがあるのも面白い。しかも、健康的で大満足。ドリンクとミニデザートも付けて、少しゆっくりされる方も多いよう。

【お店情報】
café spile 阿佐谷南3-4-22 地図

| | コメント (0)

2022年3月29日

ヤゼット 豚肉の生姜焼き (阿佐ヶ谷)

R0002188002

久しぶりにあの店に行こうと思い立って伺ったものの、入口にはシャッター。後から調べてみれば、定休日だったらしい。ここは駅前から少し離れた場所で、この時間に空いている飲食店は、そう多くない。うーん、どうしたものか。駅前まで戻るか。それともどこかなかったか――。そうだ!閃いた店が1軒ある。

JRの高架近くにあるヤゼット。店頭で野菜の販売もしていたりする、旬の野菜をテーマとするカフェレストラン。モーニングから夕方まで、地元の方がひっそりと集う店。ランチはうどんを中心に日替わり。今日はうどんの他、豚肉の生姜焼き、店頭で販売していたルッコラと生ハムを使ったパスタ。このメニューなら、生姜焼きで決まりだ。

野菜がテーマということもあって、野菜が豊富。先ず、生姜焼きの添えられたキャベツやレタスがハッとする瑞々しさと美味しさ。他、ほうれん草と玉子、油揚げの小鉢に、里芋と烏賊の煮物、胡瓜やキャベツの浅漬けと野菜を使った料理が盛り沢山。生姜焼きも豚肉はたっぷりあるが、脂は少なめで、こちらも健康的。

喫茶店らしく、トーストやピザトースト、自家製のプリンやケーキ、タルトなどもあり、気になっているのが、厚切カツと厚焼玉子のサンドイッチ。タイミングが合えば、テイクアウトもあるそう。要チェック。

【お店情報】
Yazetto aguri café 阿佐谷北1-3-17 ナカヤハイツ1F 地図

| | コメント (0)

2022年3月11日

ウィング 海老とホーレン草とベーコンのオムレツ  (阿佐ヶ谷)

R0001984002_20220311185401

別の店に向かう途中、「今日のウィングの日替わりは何だろう。とりあえず、チェックだけしてみよう。」と思いつく。阿佐ヶ谷駅南口のロータリーを望む喫茶店。いわゆる喫茶店の料理よりも、レストラン寄りの見た目にも美しい料理が豊富な店。

店前に出ている「本日のおすすめ品」を見ると、何とオムレツがある。海老とほうれん草とベーコンか。しかも、写真のオムレツは、ぽってりとしたフォルムでかなりそそる。これは絶対食べたいやつ。数分前の自分を褒めてあげたい。

店に入ると、ご婦人方のグループや、少し早いランチをとるサラリーマンなどで、中々の賑わい。隣のお二人は、焼きサンドイッチとオムレツ。やっぱりオムレツに惹かれますよねと思いながら、焼きサンドイッチも食べて見たかったことを思い出した。

運ばれてきたのは、湯気の立つ焼き立てのオムレツ。玉子の黄色と白に、僅かに見えるほうれん草の緑、トマトクリームのやわらかい赤色が、春みたいだ。フォークを入れると、中には海老やほうれん草がゴロゴロと。玉子も好みの火の通りで、とろりとした玉子に、ぷりぷり、シャクシャクといろんな食感が入り混じって賑やかなこと。

ランチタイムは、コーヒーか紅茶がセット。悩んでアイスコーヒーを貰ったが、これが正解。冷たい飲み物が美味しい季節になって来た。

【お店情報】
カフェ ド ウィング 阿佐谷南3-37-14 第2北原ビル 2F 地図

| | コメント (0)

2022年3月 4日

ライトサイドカフェ 鮭のベジタルタル (高円寺)

R0001898001

半年ぶりに、ライトサイドカフェに来る。カフェでもあるが、料理の美味しい店。こちらの料理の特徴は、小鉢やスープにまで、野菜をふんだんに使っていて、肉料理でも魚料理でも、後味が軽やかなこと。店のコンセプト「ココロとカラダをlightな方へ」そのものだ。

料理は様々。ハンバーグやパスタなどの定番ものもあれば、月替わりや週替わりには、フライやカレーなども入る。今日気になったのは、週替わりの鮭のベジタルタル。最近、鮭が好きなこともあるが、ベジタルタルが気になって。

届いた鮭は、焼いたものにタルタルがたっぷりと。見た目は、本当に普通のタルタル。どんな味だろうと、一口そのまま食べてみても、幾分軽いという気がするが、言われなければ違いに気付かないくらい、見事なタルタル。

たっぷりのサラダに、青菜の煮浸しとトマトと胡瓜のヨーグルト和え。ふんだんに野菜が入ったスープは、今日は食欲を誘うカレー風味。ご飯は玄米と、相変わらず体に優しい料理と味わい。

ドリンクはフリー。広い窓から太陽の光がたっぷりと入るし、食後もゆったりと出来るのも好いところ。

【お店情報】
light side cafe 杉並区高円寺南2-20-19 地図

| | コメント (0)

2022年2月21日

Fイワモリ オリジナルトーストセット (荻窪)

R0001753001

ここ最近になって、気になって来た喫茶店、Fイワモリ。荻窪駅の南口から続く商店街を歩いて1、2分ほど。30余年愛されている店だが、飲む店ばかり探していた自分には、あまり意識が向かなかった。けれども、在宅勤務が増えて、昼に街を歩いてみると、違う景色が見えてくるというもの。

ある日メニューを見ていると、シフォンケーキを始めとしたケーキ類やアイスクリーム、クッキーなど、全て手作り。それに、おすすめメニューにあるオリジナルトーストが気になる。玉子+チーズ、こちらも自家製のトマトソース+チーズなど。トーストと書いてあるが、写真を見ると、トーストサンドらしい。玉子サンド好きとしては、一度食べてみたいと思っていたんだ。

パンに玉子ペーストを塗って、チーズを乗せ、焼き上げるトーストサンド。口にすると、玉子ととろ~り伸びるチーズがやってくるが、ポイントは黒胡椒。僅かにピリリとするが、印象的なのはその香り。余韻が残る大人味。コーヒーは、中煎り、深煎り、酸味のあるものと3種類から。

品の良いマダムがお一人で切り盛り。店も静かでゆったりとして、温かい。入口には、キャンドルがずらりと並んでいるが、こちらも店主の手作りだそう。店名には、ちゃんと「『カフェキャンドル』Fイワモリ」とある。

【お店情報】
Fイワモリ 荻窪5-21-11 地図

| | コメント (0)

より以前の記事一覧