2018年9月 6日

世界食堂Transit Table d'Or シーフードのチョップドサラダ (京橋)

R0004834001

昨日のガッツリモリモリとは打って変わって、今日はサラダ。幾つかサラダランチ的なものを出す店を思い出す。すっかりご無沙汰しているあの店にしようかとも思ったが、この店は、今週のランチメニューをFacebookに載せているからと覗いてみると、今週は好きなチョップドサラダ(1,000)。しかも、シーフードと書いてある。それならここに決まりだ。

 

大きな皿にどっさりと盛られて運ばれてくるが、想像以上に葉野菜以外の部分の多さがとてもうれしい。海老に烏賊、タコの他、トマトにパプリカ、胡瓜にレンズ豆。クスクスも入って賑やかなこと。食感の面白さに加えて、これだけたっぷりと量があると食べ応えもあるというもの。

 

冷製のスープにパン、ドリンク付き。近隣の方などは、会計前にテイクアウト用のカップにドリンクを入れ、持って帰るのが定番の様子。入店時、珍しく空いていると思ったが、店を出る頃には、100席近くある席はほぼ埋まっている繁盛店。

 

【お店情報】

世界食堂Transit Table d'Or 京橋3-7-1 相互館110タワーB1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月13日

はまの屋パーラー 玉子・サンドゥイッチ (有楽町)

R0004613003

最近、やって来ては行列が出来ていて、振られてばかりのはまの屋パーラー。ランチタイムに入るのは、もう無理かもしれないと、半ば諦め気味になってはいるが、朝の電車の空き具合に、もしかしたら、今日なら入れるんじゃないかと思い立つ。

 

店の夏休みもチェックをすれば、去る1112日が休みで、今日から営業しているという。けれども、夏休みで東京に遊びに来てなんていう人もいるかもしれないしなぁなんて、過度な期待はしないようにやって来ると、「お好きなところにどうぞ」という具合。あゝ、久しぶりだ。

 

注文はもう決まっている。玉子・サンドゥイッチを半分はトーストで、半分はそのままで(コーヒー付き900円)。

 

交互に食べてみると、特長が良く分かる。トーストなら、焼いたからこその香ばしさに、カサカサとしたパンと玉子の食感の面白さ。そのままならば、指が沈むほどに柔らかいパンから、直接焼き立ての玉子の温かみがジンワリ届き、パンと柔らかい玉子が同じように口溶けるところ。特に、今日は玉子に柔らかいところがあって、パンと混ざってとろける感じが心地好く、うっとりする。

 

周りの注文を聞いていると、トーストの玉子とフルーツサンドのハーフが人気の様子。久しぶりに玉子以外もという気がないでもないが、やっぱり玉子だと思うのだ。

 

【お店情報】

はまの屋パーラー 有楽町1-12-1 新有楽町ビルヂング B1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 1日

やまもと喫茶 (京都)

R0003959004

ちょっと野暮用で京都まで。用事は昼の時間。せっかくだから、朝と夜は好きなものを食べようと算段して。

続きを読む "やまもと喫茶 (京都)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月10日

ばらーど (中野)

R0003843001

移転後も変わらず美味しいタマゴトースト

続きを読む "ばらーど (中野)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 1日

はまの屋パーラー 玉子・サンドゥイッチを半分トースト、もう半分をそのままで (有楽町)

R0003071001

今朝、最寄り駅を出たら、雨はすっかり上がっていて、空気は少し温かい。あゝ、春だな。そう思ったら、次の瞬間、今日は玉子だと閃いた。年中、「たまご、たまご」と云っているが、春に似合うと思っている。先ずは、色。玉子の色に春を思う。

 

全面が眩い黄色のオムレツなんてどうだろうと思ったが、やっぱり今日は、玉子サンドだ。それなら、はまの屋パーラー。最近振られ続きだったが、幸運にも、今日は少し空席があった。

 

パンを焼くのと、焼かないの。どちらにするかは重要な問題だ。今日は、そのままのもいいなぁ。けれども、トーストも捨てがたい。それで、半分はトースト、半分はそのままでとお願いする。まだ不慣れそうな店員さんだったが、快く引き受けてくれた。

 

交互に食べてみると、特長が良く分かる。そのままなら、指が沈む柔らかいパンから、直接焼き立ての玉子の温かみがジンワリ届き、パンと柔らかい玉子が同じように口溶ける感じ。一方のトーストなら、焼いたからこその香ばしさに、カサカサとしたパンと玉子の食感の面白さ。どちらも好いなぁ。あゝ、そうだ。春らしさという点でいえば、そのままの方かもしれない。

 

そういえば、サンドゥイッチに+100円で、フルーツヨーグルトが付けられるようになった模様。

 

【お店情報】

はまの屋パーラー 有楽町1-12-1 新有楽町ビルヂング B1 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年2月13日

G3 cafe&bar ミニビュッフェランチ (銀座)

R0002950001

できれば、近場でサッとランチを済ませたい。こういうときは、愛しの「岩戸の豚汁」を選ぶことが多いが、ふと思いついたランチがあった。銀座2丁目のカフェ&バーG3のランチだ。


日替わりのおかずが3種類をビュッフェスタイルでというランチ(1,000)。今日の料理は何だろうと見てみれば、マーボー茄子、チキンとビーンズの白ワイン煮、メカジキのフライと、好きな料理が勢揃い。

 

カウンターだけの小体な店の、これまたカウンターに料理と野菜類が幾つか。確かに、「ミニ」ではあるが、家庭的で、温かい料理は温かく、口に馴染む料理ばかり。サラダやご飯もあって、マーボー茄子なら丼にしてみたり、お好きにどうぞというのが、ビュッフェスタイルのいいところ。

 

前に伺ったときは中華系の料理。カオマンガイ風蒸し鶏や、グルーンカレーの日もあれば、魚の煮付けや貝の酒蒸しと和風の日もあったりと、幅広いラインナップが面白く、通うご常連もいる様子。テイクアウト(800)もあり。

 

【お店情報】

G3 cafebar 銀座2-4-2 銀座201ビル B1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月11日

はまの屋パーラー 玉子・サンドゥイッチ (有楽町)

R0002225001

今日は午後の事情、夜の予定のため、クイックで軽いもの。はまの屋が空いているといいなぁと思って来たところ、幸運なことに、1卓だけ空席がある。

席に着くなり、玉子サンドゥイッチとブレンド(870)。2種類をハーフに出来るのが店の特長だが、いつも玉子だけ。好きなものばかりを愉しみたい。そして、前回、トーストを焼く機械が壊れていたから、今日こそはのトースト(+30)をお願いする。

 

しばらくして届いたのは、少しの間うっとりしてしまうくらいの濃い黄色の玉子色。厚みもあって、手に取ると、焼き立てならではの温かさ。口にすると、柔らかすぎず噛むごとにほどけて広がる温みとコク味。この感じがとても好きだ。久しぶりの温かい日の、陽だまりみたいな玉子サンド。

 

そうそう、平日限定で、モーニングサービスが始まっているそうだ。サンドイッチのハーフにコーヒーで500円。昼に振られ続けたら、朝来ればいいのか。

 

【お店情報】

はまの屋パーラー 有楽町1-12-1 新有楽町ビルヂングB1F 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年12月 7日

G3 cafe&bar ミニブッフェランチ (銀座)

R0002191001

先日、松永牧場からの帰り道、「リニューアル」「ランチ」という看板が目に入った。以前に、ランチで伺ったことがあるカフェバー。喫煙者が憩うビルの狭間から入るビルの地下1階にある店。

 

「ミニブッフェランチ」(1,000)とあって、日替わりメニューが3、4つほど。今日は「マーボー豆腐、鶏チリソース、団子甘酢かけ」と久しぶりの中華っぽい料理、しかも好きなメニューが並んでいて、伺ってみようと階段を下りた次第。

 

カウンターだけの小体な店の、これまたカウンターに料理が幾つか。確かに、「ミニ」ではあるが、家庭的で、温くて、中々に美味しそうな料理ばかり。サラダやご飯もあって、お好きにどうぞというのが、ブッフェスタイルのいいところ。お隣の方は、マーボー豆腐をご飯に載せて「マーボー丼」にして、もう一皿には、野菜と肉団子を大盛りに。

 

日によって、ガパオやグリーンカレーとタイ料理的な日や、生姜焼きの日、フライの日、デザートがある日もあったりと、バリエーションに富んだ料理を出しているそうだ。14時くらいまでだそうだが、料理が売り切れた日は、早く〆ることもあるとのこと。

【お店情報】

G3 cafebar 銀座2-4-2 銀座201ビル B1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 6日

Cafe634 肉団子のプレートランチ (東銀座)

R0002184001

久しぶりにYOUのオムレツが食べたくて、歌舞伎座辺りまでやって来る。最近、14時くらいでも行列を見かけることが多いが、今日はどうしてもという気分。2,3人くらいなら待つつもりだったが、道路にはみ出るほどの行列に退散する。

 

この辺りでこの時間に開いている店。並びのイマカツは昨日フライを食べたし、早川は昨日洋食だったし。そうだ、こんな寒い日、エルベでシチューなんてどうだと向かう途中、そういえばと、Cafe634を思い出した。ランチメニュー(1,000円)を見れば、好物の白和え。それが決め手。

 

さすがにこの時間だと売り切れいているメニューも幾つか。それで選んだのは、肉団子と白菜のクリーム煮がメイン料理の肉団子のプレート。選べる副菜2品には、もちろん白和えと牛蒡のごま酢和え。

 

クリーム煮なら、ほわりとチーズが香って食欲を誘うし、ごま酢和えなら牛蒡の太さと香り、食感が魅力。それに、白和えに使っているほうれん草の美味しいこと。こういう食事が17:30まで出来るというのは有難いだろう。14時を過ぎても満席というのも納得。なお、8日~13日までは臨時休業とのこと。

 

【お店情報】

Cafe634 銀座3-12-7 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月19日

ロン タマゴサンドイッチ (四ツ谷)

R0001966001

永年の憧れだった喫茶店とタマゴサンド。


続きを読む "ロン タマゴサンドイッチ (四ツ谷)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧