2019年8月30日

はまの屋パーラー 玉子・サンドゥイッチ (有楽町)

R0008685001_20190831080101

夏休みということもあったのだろうか。ここ最近、何度も振られているはまの屋パーラー。けれども、今日は生憎の天気だし、8月も末。そろそろ、空いている日があったっていいじゃないかとやって来る。

同じフロアまでやって来ると、今日は行列がないのが確認できる。けれども、自分の前には、お一人様の女性が何人か。あそこへ向かっているんだろうなぁと思っていると、やはり2人が先に入られて、緊張気味に後に続くと、まだ少し空席があるという余裕ぶり。こういう日もあるんだな。

少し前まで、次ここに来たら、玉子と久しぶりに「ハム」をお願いしようかと考えていたけれど、いざ来てしまうと、やっぱり玉子。それも、半分トースト、半分そのまま。二つの玉子サンドを愉しめるアレである(コーヒー付き900円)。

2種類愉しめるのは、とても愉しいが、どちらを最後に残すかというのが、とても悩ましい。好きなものは最後に残すタイプだが、どちらが好きかというのは、不思議と日によって変わったりする。最近は、ふんわりと柔らかいパンと温かい玉子が、口の中で一緒にとろけていく感じが好きだったが、今日は、カサカサと芳ばしく少し薄くなったパンに、どっしりとした玉子の存在感がとても好み。

「ハム」以外にも「スペシャル」や「ツナ」なんかも久しぶりに食べてみたいという気がしているが、自分には、玉子の吸引力が強すぎる。ここに入ることさえ、いつもとい訳にはいかないから、口にするのは一体何時になることやら。

【お店情報】
はまの屋パーラー 有楽町店 有楽町1-12-1 新有楽町ビルB1 地図

| | コメント (0)

2019年6月 5日

セントル ザ・ベーカリー オムレツサンド (銀座)

R0007795001_1

職場を出たのが14時少し前。こういう時は、普段のランチタイムは難しいが、この時間ならば入れるという店へ伺いたい。そこで思い付いたのが、セントル・ザ・ベーカリー。いつもランチタイムには、食パンを買い求める行列も、カフェに入るための行列も絶えることない人気店だ。

サンドイッチならば、並ばずともテイクアウトすればいいかと思っていたら、前回訪ねてから、随分と時間が経ってしまっていた。

今日も食パンを求める行列は相変わらずだが、流石にこの時間は、カフェのほうに行列はない。けれども、店内は客が一杯で続々と新たな客がやって来る。

ドアを開けると、途端にほんわりと優しい甘い香りがする。温みのあるこの香りに包まれるだけで、なんだか倖せになれそうな、そんな空気。一方で、頭の中は乱れっぱなしだ。最近食べたいと思っているのは、ゆで玉子を潰したサンドイッチ。けれども、せっかく店に来たのだから、焼き立てのオムレツを挟んだサンドイッチも捨てがたい。

結局お願いしたのは、オムレツサンド。やはり作り立て、焼き立てに強く惹かれて。

サンドイッチのカットの仕方が少し変わっただろうか。以前は6つに切り分けてあったが、今日は4つ。手にとると、指がグッと沈みこむほどの柔らかさ。きめ細やかでしっとりとしなやか。厚いオムレツも口に含むと、パンを同じように溶けて消える。仄かなパンの甘さとピリリと利くマスタード、それに見た目は派手だが慎ましやかなオムレツの味付けの調和も見事。なるほどな。

これだけでも旨いパンの耳や、付け合わせのピクルスやポテトチップス、お供にとお願いしたスープ(今日はポテトとハムのポタージュ)まで、気が配られている。

季節のおすすめというマンゴーサンドイッチは、メニューの写真を見たところ、映える断面は圧巻。ここに来ると、サンドイッチ熱が確実に上がる。

【お店情報】
セントル ザ・ベーカリー 銀座1-2-1 東京高速道路紺屋ビル 地図

| | コメント (0)

2019年5月30日

CAFE DECO 1日20品目 サラダのプレートランチ (銀座・宝町)

R0007761001

気に入っているサラダランチの一つが、ここCAFE DECOのサラダのプレートランチだ。

見た目の華やかさが目を惹くが、葉野菜だけでなく、ブロッコリーにパプリカ、南瓜、ヤングコーンにピーマン等々の豊富な種類の野菜たち。それに、ムール貝や玉子、厚揚げなども入っていて、それこそ20品目以上あろうかという、しっかりと食べ応えのあるもの。しかも、パン(これも美味しい)に代えて、チキンやバナナを選ぶことが出来て、スープ付きで800円という値段。野菜を欲しているときに、とても重宝していたランチだ。

けれども、このランチは、6月14日で終了するという。このカフェ自体は残るが、ランチタイムは、(おそらくピカソ美科学研究所の)社食になって、14:00以降は一般営業するもののランチメニューは提供しないということだそう。

それにしても、今日も見事な山盛り具合。10数種類から選べるドレッシングをつけながら、アレを食べて、また次はコレと目にも口にしても愉しく旨いサラダ。スープは生姜がきいていて、食べるだけで健康になれるような気がする。

客は女性だけでなく、先輩であろう年齢の男性も必ず見かける。ご常連らしい方が名残惜しそうに、「またコーヒーでも飲みに来るよ」と挨拶されているのが心に残る。

【お店情報】
CAFE DECO 銀座1-16-3 PICASO TOWER GINZA 1・2F 地図

| | コメント (2)

2019年5月 7日

はまの屋パーラー 玉子・サンドゥイッチとフルーツ・サンドゥイッチ (有楽町)


R0007543001_1

GW中もメールだけはチェックをしていたけれども、いざ職場にやって来ると、唯でさえ月初だというのに、かなりのバタバタ。けれども、今日はランチタイムを死守したい。なぜなら、はまの屋パーラーの玉子サンドが食べたいからだ。GWの後半から、ずっと考えていたことだ。

行列が出来ていて入れないことも多い店だが、何故だか今日は入れる気がしていた。実際に伺ってみると、少しだが余裕があって、「お好きなところにどうぞ」という状態。こういう感は、よく当たるんだ。

兎に角、ここの玉子サンドが大好きだから、最近は、「半分だけトースト」という注文をするのだけれども、今日は珍しいことに、別のものが食べたい気分。あれこれと組み合わせを考えてみると、トーストしない玉子サンドと、フルーツサンドのハーフ。やさしく甘い組み合わせ(コーヒー付き:870円)。

もう数年ぶりというか、リニューアル前の店でしか、フルーツサンドは頂いたことがなかったかもしれない。やわらかいパンには、程良い生クリームに幾種類かのフルーツ。頬張る場所によって、口に入るフルーツが違うから、食感や香り、くちどけの違いにワクワクする。

それにお馴染みの玉子なら、フルーツにはない焼き立てならではの温かみ。やわらかいパンと指先を通って伝わるこの温かみが堪らなく好きなのだ。あゝ、普段の生活が返って来た。

【お店情報】
はまの屋パーラー 有楽町1-12-1 新有楽町ビルB1 地図

| | コメント (2)

2019年4月24日

ブリッヂ ハムエッグサンド (銀座)

R0007286001_1

先日、西銀座デパートにある喫茶店ブリッヂの前を通りがかった時、商品サンプルが並んだショーケースを見てみると、何やら厚切りサンドイッチのようなものがあるのに気が付いた。あれは何だろうとメニューを見ると、どうやらハムエッグサンド(1,000円)らしい。近いうちに食べに来ようと心に決めて、今日やって来た次第。

それにしても、久しぶりだ。西銀座デパートの地下1階のどんつき。今日も人通りもあまりない場所にあるが、最近は、メロンパンケーキを始めとしたパンケーキ類が人気らしい。今日もランチを食べた後に、メロンパンケーキをシェアするサラリーマンの姿がある。

さて、今日の目当てのハムエッグサンドは、トーストしたパンに玉子と薄切りのハム、レタスを挟んだもの。焼き立てだからこその玉子の香りがとても好い。ガブリと頬張ると、よく焼けたパンの香り、それにカサカサとした食感からのふわっとしたパンの噛み応え。そしてレタスのシャキシャキ。そこへマヨネーズがビュッと表れて、初めて食べるのに、なんだか懐かしい味がする。

メニューは、パンケーキやサンドイッチ以外にも、ランチのセットやハンバーグが数種類、スパテゲィーにピラフ。スムージーにフレッシュジュース等々、かなりの品数。中に、ずっと探していたホワイトシチューのセットを見つけた。新たな宿題の発見だ。

【お店情報】
ブリッヂ 銀座4-1 西銀座デパート B1 地図

| | コメント (0)

2019年3月 7日

はまの屋パーラー 玉子・サンドゥイッチ (有楽町)

R0006822003

「雨の日は行列店へ」に従って、先週振られたはまの屋パーラーにやって来る。自分の前を歩く人が入っていこうとするのを見て不安になるが、店内には、まだ空席があって、並ぶことなく席を頂くことができた。

 

お願いするものは決まっている。玉子・サンドゥイッチの半分だけトーストにコーヒー(900円)。トーストしたのと、そのままのと、両方愉しめる最近のお気に入り。

 

春を待つこの季節に相応しい黄色と白と若草色。さて、今日はどちらから手をつけようか。うーんと一悩みして、手に取ったのは、そのままの方。指が沈み込むほどに柔らかいパンとパンを通しても温かさが伝わる焼き立ての玉子。口にすると、パンと玉子が同じように柔らかくほどけて消える。

 

次に手にしたトーストした方。こちらは焼かれてカサカサしたパンと厚い玉子の食感の面白さ。美味しい香ばしさも堪らない。どちらも特長があって、どちらも好き。だから、どちらを最後にするかが、また大問題なのだ。

 

【お店情報】

はまの屋パーラー 有楽町1-12-1 新有楽町ビルヂング B1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月27日

Café Deco サラダのプレートランチ (銀座・宝町)

R0006729003

野菜不足を感じるときは、中華や沖縄料理の炒め物に走ることが多いが、今日サラダにしようと、やって来たのは、カフェデコ。昭和通り沿いの銀座と京橋の間、高速道路の脇。オフィスビルに併設されたカフェで、知らなければとても入りにくい。が、知った人は繰り返しやって来るから、いつも客で一杯の店。

 

目当てのサラダランチは、「1日20品目 サラダのプレートランチ」というのが正式な名前(800)。大きな皿にどっさりと色取り取りの野菜が盛られていて、20品目どころではないだろう。ブロッコリーにパプリカ、焼いたピーマン、菜の花に南瓜、ヤングコーンにピーマン、オクラ、トマト、人参、蕪等々の野菜たち。季節によって、内容が少し変わるところも好い。

 

パンではなくチキンを選べば、タンパク質もしっかりと。これがしっとりと柔らかい蒸し鶏で野菜との相性も好い。これらに10数種類から選べるドレッシングをつけながら、アレを食べて、次はコレと目にも食べても愉しく旨い。生姜の効いた温かいスープもついて、食べるだけで健康になれるようだ。

 

良い野菜がこんなにも戴けてこの値段というのは破格。だからこそだろう、女性客ばかりと思いきや、約半数は男性客。隣の方が召し上がっていたマッサマンカレーのランチも好い香りがして旨そうだ。

 

【お店情報】

Café Deco 銀座1-16-3 PICASO TOWER GINZA 12F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月19日

カフェオハナ 豚汁定食 (銀座)

R0005791002

昨日、サムゲタンで温まった後、ちょっと散歩と銀座をうろつく。時節柄か、格安チケット店の前にいつも以上の人込みがあって驚いていたら、「豚汁定食」と書かれた黒板が目に入った。

 

こんなところで、何処が?と近づいてみると、Café Ohanaのものだった。ランチタイムには、ハンバーグやカレーを出している印象だったが、なるほど週替わりのメニューらしい。それで、早速今日というわけ。

 

もう10年ぶりくらいになるだろうか。と調べてみたら、もう少しで11年ぶりらしい。店内は記憶にあるものとそう変わっていないが、クリスマスのオーナメントが、彩っている。温かくてゆったりとした雰囲気も、記憶にあるとおりだ。

 

お願いした豚汁定食(980)は、フィッシュフライ付き。豚肉、大根、人参、蒟蒻、牛蒡の他、こちらはじゃが芋入り。こっくりした味噌にごま油がきいていて、コクと風味が豊か。ゆずの香りが美味しい大根の漬物も好い。食後には、コーヒー又は紅茶付き。

 

圧倒的に女性客が多いかと思いきや、3割くらいは男性客。ゆったり過ごしたいときに、また。

 

【お店情報】

Café Ohana 銀座3-3-12 銀座ビルディング4F 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年12月17日

はまの屋パーラー 玉子サンドゥイッチ (有楽町)

R0005758001_2

夜の予定を考えると、ランチは軽めにしておきたい。はまの屋のサンドイッチなんてちょうど具合がいいのだけれど、やっぱり行列が出来ているだろうか。

 

とりあえず、行ってみようと店の近くまで来ると、行列の姿はないし、ちょうど店から出る人の姿が見える。これなら確実に入れそうだと中を覗くと、おや、珍しい。半分ほども入っていない。文字通り「お好きなところへどうぞ」といった感じだ。

 

お願いするものは決まっている。玉子サンドゥイッチのトーストするのと、しないのと半分ずつにホットコーヒー(900)。玉子サンドを満喫したいという願望が叶う注文。

 

交互に食べてみると、特長が良く分かる。そのままなら、指が沈む柔らかいパンから、直接焼き立ての玉子の温かみがジンワリ届き、パンと柔らかい玉子が同じように口溶ける感じ。一方のトーストなら、焼いたからこその香ばしさに、カサカサとしたパンと玉子の食感の面白さ。最近は、そのままのほうが好きかもなぁと思っていたが、今日は美味しい香ばしさの後から来るパンの優しい甘みが、とても印象的だった。

 

今年ここへ来るのは、もうきっとこれが最後。今年もお世話になりました。また来年も。

 

【お店情報】

はまの屋パーラー 有楽町1-12-1 新有楽町ビルヂング B1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月29日

アメニテ ギンザ ディアボラ風チキンステーキ (銀座)

R0005544001_3

アンリシャルパンティエや大塚家具のほど近くの雑居ビルの前に、ステーキやハンバーグのランチメニューを出しているのを見つけて、一度伺ってみようと思っていたところ。目当ての店は、そのビルの5階。

 

2丁目にある「アパルトマン301」の姉妹店と聞いていたが、こちらも内装がフォトジェニック。一方で、「カフェ」ではなく「カフェビストロ」と云うところに、料理への興味がそそられる。

 

ランチメニューは、バベットステーキ、ハンバーグの他、パスタやメリメロサラダ等。ランチメニューを手渡しながら、「こちらには、ガーリックオイルを使っております」なんて説明が入ったりして気が利いている。

 

お願いしたのはチキンステーキ(1,080)。盛り付けが洒落ているが、チキンの焼き目や皮のパリパリ具合も素敵だ。それに、程よいスパイス感や、チキンの下に引かれた雑穀サラダの味付けも好い。パンorライス、ドリンク付き。

 

女性ばかりかと思ったが、男性客の姿もあり。確かに、ゆったりのんびりと過ごせる空間で居心地がいい。窓際の席は、太陽が良く差し込んで、ついつい微睡んでしまいそうだ。ちなみに、ランチのL.O.は16時まで。

 

【お店情報】

amenite ginza 銀座1-9-12 西山興業東銀座ビル 5F 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧