2022年8月24日

Cafeふうらい サラダランチ (荻窪)

R0004124001

そういえば、ここにもサラダランチがなかっただろうか、とやって来たのが、荻窪にあるCafeふうらい。駅前の賑やかな商店会からは、少し離れたところ。とはいっても、駅からは3分ほど。元々は、ランチにポトフがあることが気になっていた店。よく見ると、チキンサラダがメインとなったランチがあったことを思い出した。

続きを読む "Cafeふうらい サラダランチ (荻窪)"

| | コメント (0)

2022年8月17日

honohono cafe サラダランチ (高円寺)

R0004007001

今日はアレを食べようと、ある店に向かったけれど、明日まで夏休みらしい。正月もほぼ休まない店だったから油断していた。この辺りには、幾つか宿題している店があるが、どこも12時からの営業。今日は帰りに寄りたいところがあるからなぁなんて…と思っていると、久しぶりにあそこへ行こうと思い出したのが、honohono cafe。

高円寺のルック商店街にある古民家をリノベーションした洒落たカフェ。テーブルやソファなども、古いもので、形が違うというのも素敵だし、サラダランチのファンでもある。

ここのサラダランチは、コブサラダのような鮮やかな仕上げ。キャベツやレタスの上には、ゆで卵に海老、アボカド、パプリカ、トマト、オリーブにチーズと彩り豊か。ドレッシングも、スパイスを効かせたオリジナルの胡麻ドレッシングで、野菜がもりもり食べられる仕様。パンも温めてあって香りがそそる。

伺った時は、珍しく先客はいらっしゃらなかったが、後から続々と客が訪れる。ランチの後ゆっくりお茶を楽しむ人、テイクアウトで利用する方、子供連れで2階の座敷でくつろぐ方と、老若男女が訪ねてきて、地域密着型の好き店。時々日替わりで登場する具沢山のスープランチも気になっているから、また、そのうちに。

【お店情報】
honohono cafe 高円寺南3-21-19 地図

| | コメント (0)

2022年8月 4日

Chatoan 赤飯豚汁セット (阿佐ヶ谷)

R0003893001

今の気分は、魚料理をメインに、少しだけ刺身があると最高。それなら、阿佐ヶ谷駅近くのあの店だと思いつく。けれども、メディアにも露出の多い人気店。昼時は、いつも店先に長い行列が出来ていて、タイミングが良くなければ、入れない店。今日は天候がイマイチだしと、ちょっと覗いてみると、店先の行列はないものの、店内で待っている人が見える。これなら待つか…とも思ったが、今日は、次の店を考えて来たんだ。

店はChatoan。欧文字で綴ると分かり難いが、分かりやすく書くと「茶とあん」。日本茶に拘った甘味処。甘味だけでなく食事メニューもあって、豚汁(しかも大と小が選べる)がいるもあるという素敵な店。中でも、豚汁に赤飯と季節の小鉢が2つと付くセットがお気に入り。

お願いしたのは、豚汁セットのやっぱり大。汁椀というよりも、うどんでも入っていそうな大振りなどんぶりにたっぷりと。そうそう、これが好きなんだ。大根に豚肉、豆腐に牛蒡、人参、蒟蒻等々の王道の具と、今日は初めての長芋入り。温かくて、ほんのり甘めで、胃に落ちるとポカポカとしてほっとする。赤飯はもっちりとしてやさしい味。

小鉢は、水ナスとトマトのサラダに、インゲンとさつま揚げ、じゃが芋の煮物。季節の野菜を中心とした健康的な料理が、口に身体にうれしい。そして、静かでゆったりとした店の雰囲気も、休息の場所として、とても心地が好い。赤飯のこのセットがお気に入りだが、豚汁うどんも気になるなぁ。

【お店情報】
Chatoan 阿佐谷北1-21-28 地図

| | コメント (0)

2022年7月28日

6th by Oriental Hotel エンチラーダ (有楽町)

R0003820001

在宅勤務で寂しいと思うのは、外国の料理のランチを出してくれる店が少ないこと。数もそうだが、特に種類。韓国やタイ、ベトナム、スペインあたりはあるけれども、それ以外は、中々難しい。最近食べたいのは、メキシコ料理的な味。ハラペーニョやサルサの味が、とても恋しい。それなら、出勤したときに思い、やって来たのが6th by Oriental Hotel。有楽町駅前のテラス席が印象的な店。

ここ数年は、パンケーキやバスクチーズケーキが有名で、今日もそれらを目当てにという方も多くいらっしゃったが、この店は、自分にとっては、エンチラーダの店。

サラダに続いて、エンチラーダがやって来る。大きなSTAUBで届くから、エンチラーダもソースも熱々。そして、玉葱やパクチーもこんもりと。これが食べたかったんだ。

ワクワクしながらナイフを入れると、湯気がふわり。チーズがとろりと溢れ出して、ソースと混じるところもそそる。トルティーヤの中には、鶏肉がたっぷり入って食べ応えも十分。ハラペーニョも記憶にあるよりどっさりと入っていて、予想以上に好みの味。いやー、ここに来て大正解。

窓を開けっぱなしにしているのが、実に様になる。夏の日が落ちてくる頃、このカウンターで軽く一杯飲るのも気持ちが好さそうだ。

【お店情報】
6th by Oriental Hotel 有楽町1-12-1 新有楽町ビル 1F 地図

| | コメント (0)

2022年7月22日

Aola 鯖リエット (荻窪)

R0003776002_20220722191301

2か月ぶりのAola。サンドイッチの専門店で、夜にはクラフトビールやワインで、つまみも楽しめる店。暫く来ていない間に、新しいサンドイッチが登場したり、季節柄もあるのだろう、作り置きは止めて全て作り立てにしたりするなど、更により良くなるような変化があって、益々面白くなっている。

メニューを見ると、前に気になっていたサルシッチャもあれば、恐らく始めましてのBLT。ブルーチーズ・シュリンプも間違いなく美味しそうだしと、悩ましい。もう一つ気になったのが、鯖リエット。以前、夜に伺った際、鰯のリエットがとても印象的で美味しかったのだ。絶対鯖も旨いはず。

手際よくパンに具を挟んで、クルクルと紙で巻いて、ザクッと切れば出来上がり。うん、やっぱり見た目して、もう旨い。鯖のリエットの他、キャロットラペにオクラとレタス。パンは、ライ麦パンをトーストしたもの。リエットには、クリームチーズを混ぜて、リッチだけれども重すぎない塩梅の良さ。これに、パンの酸味や香り。野菜の食感などが折り重なって生まれる美味しさが、やっぱり好きだと思う。

始めてお願いしたアイスコーヒーも、爽やかで夏にぴったり。夜もまた、少し様子が変わっているのだろうか。近いうちに夜にも。

【お店情報】
Aola 天沼3-30-41 地図

| | コメント (0)

2022年7月 8日

wood good brothers 彩りたっぷりサラダランチ (荻窪)

R0003571001_20220708181001

久しぶりのサラダランチ探訪。向かったのは、荻窪にあるwood good brothers。コンセプトは、「体験型インテリアカフェ」。カフェとして使う椅子やテーブル、照明等々、全てタグが付いていて、これら全部購入可能。ぜひ体験してから購入してほしいということから、こういう店舗にしたのだそう。

店に入って勧めて頂いたのは、カウンターの1席。見ると、この椅子にも商品案内のタグがある。ついつい面白くて、あちこちキョロキョロ。確かに、天井を彩るグリーンやランプにも商品タグ。テーブルごとに椅子もテーブルも違うというのも、当然だが面白い。

さて、ランチ。目当てのサラダランチは、葉野菜を中心に、トマトやブロッコリー、茄子や南瓜などの素揚げ、それに生ハム又はサーモンが乗って、その上には、人参ベースのオレンジ色のドレッシング。たしかに彩り、そして食感の豊かこと。それに、ドレッシングの甘さが、軽くなりがちなサラダの味わいに満足感を与えてくれる。

パンとドリンクがセット。パンは温めてあるし、カフェラテも美味しい。他のランチメニューは、ドリアやカレー、ラザニアなど。外からカフェだと気付きにくく、隠れ家的でゆっくりしたいときに好さそうだ。

【お店情報】
wood good brothers 荻窪5-16-20 SNビル1F 地図

| | コメント (0)

2022年7月 4日

ブリッヂ ハムエッグサンド (銀座)

R0003509001_20220705074101

久しぶりにブリッヂに来る。西銀座デパートの地下1階のどんつき。今日も人通りもあまりない場所にあるが、最近は、メロンパンケーキを始めとしたパンケーキ類が人気だし、昭和な雰囲気がエモいと来店する若い方も多いらしい。

けれども、自分の目当ては、ハムエッグサンドだ。Instagramで見たところ、以前いただいたものとは、少し様子が違って見えて、食べてみたいと思っていたのだ。

挟んである具は、玉子とハム、レタスと変わらないが、レタスは千切りになっていて、ハムも恐らく種類と厚さが変わった気がする。パンはトーストされていて、手にすると温かさが伝わって来てほっとする。温かくて優しい味わいの玉子焼きはもちろんのこと、ハムエッグらしく、ハムの旨味の存在感と塩気が好いし、シャキシャキのレタスがいいアクセント。そして、しっかり焼かれたパンの食感と香り。記憶にあるよりも、洗練された印象。

現在メニューを減らしての営業の様子だが、変わらず営業されていて一安心。ゆったりした雰囲気も、また好い。

【お店情報】
ブリッヂ 銀座4-1 西銀座デパート B1 地図

| | コメント (0)

2022年6月 3日

カフェクレエル 具だくさんミネストローネスープ (荻窪)

R0003045001

昨日は具沢山の味噌汁だったが、今日は、具だくさんのスープ。スープランチを出してくれるお店がもっとあってもいいと思っているが、実際には、意外と少ない。だからこそ、出してくれるお店は大事にしたい。

伺ったのは、荻窪駅北側の寿通りにあるカフェクレエル。喫茶店と気軽なレストランの間のような居心地の良さと料理が旨い喫茶店。扉を開けると、カランコロンと控えめにベルが鳴って、ぐっと奥へと広がる景色と、「いらっしゃいませ」と迎えてくれるところから好きだ。

広々とした4人卓を一人占めして、ソファーでのんびりしていると、サラダに続いて、トースト、そしてスープが届く。ミネストーローネと聞くと、トマトベースの赤いスープをイメージしがちだが、こちらのものは、トマトなし。キャベツや玉葱、人参、セロリなどに、ベーコンと花のように細工されたソーセージ。口にすると、じんわりと沁みいる温度だけではない温かさ。お店の方のお人柄が窺えるよう。

そして、すっかり気に入ってしまったバタートースト。瑞々しいパンと芳ばしさ、そしてたっぷりと塗られるバターの贅沢さと背徳感。

店に入ったときは珍しく空いていたが、12時になると続々とご近所にお勤めと思わしき方がやって来る。ハンバーグも美味しいし、カレースパゲッティも気になっているんだ。近くにこんな店があったら通いたくなること必至。大好きな店。

【お店情報】
カフェクレエル 天沼3-30-2 地図

| | コメント (0)

2022年5月25日

Aola アボカドオムレツサンドイッチ (荻窪)

R0002940002

ずっと気になっていたものをようやっと。大好きな荻窪にあるサンドイッチ店Aola。前に伺った直後に、オムレツのサンドイッチが登場して、今度は絶対に食べようと思っていたもの。店の開店当初は、冷製のサンドイッチのみだったが、店も落ち着き、ホットサンドやバゲットサンドなど、パンの種類が増えてきて、益々面白くなってきた。

今日も、新しくサルシッチャのサンドイッチや、フムスやリエットを挟んだものなど、新作が続々。あゝ、サルシッチャとか絶対に旨そう。けれども、絶対飲みたくなりそうだから、今日はやっぱりアボカドオムレツ。

これは冷製ではなく、ホットサンド。そして、注文後にオムレツから焼いてくれるという徹底ぶり。パンももちろん軽くトーストして、クルクルッと紙で巻いて出来上がり。

断面からしてもう旨い。黄色と黄緑が眩しいし、オムレツがほんのり半熟というところもそそる。頬張ると、サクッとしたパンに続いて、ほかほかのとろりオムレツ。アボカドと、少し塗られたツナのペーストがコク味を加えるいい脇役。

前菜の盛り合わせのサラダ仕立てというランチセットも始まっていて、これにサルシッチチャのサンドイッチとビールで週末の昼なんて最高!なんていう妄想が止まらない。夜のメニューもいろいろと変わっているようだし、また近く伺わなくては。

【お店情報】
Aola 天沼3-30-41 地図

| | コメント (0)

2022年5月17日

ル ココ ロールキャベツ (荻窪)

R0002845001

今日もいまいちすっきりしない天気に、やはり温かいものが欲しくなる。今日は汁物ではないんだ。グラタンは昨日食べた…。そうだ、ロールキャベツなんてどうだろう。それならと向かったのは、ル・ココ。荻窪駅の西口、すずらん通りから横道に入ったところにあるカフェ。ご家族で営まれているそうで、品が良く温かい雰囲気も好きだ。

ランチメニューは4種類あるが、一番人気がロールキャベツ。トマトベースのソースで煮込まれた、ゲンコツよりも大きなロールキャベツが2つとボリューム満点。けれども、ナイフを当てると、スーッと入っていくほどに柔らかく煮込まれていて、やさしい口当たり。噛み締めると肉とキャベツの旨味に、トマトソースがギュッと溢れて混じっていく。口いっぱいに広がる幸せに、体だけでなく、気持ちまで温まる。

サラダなら、ヨーグルトのような酸味のある自家製のドレッシングが美味しいし、食後には、ドリンクとアイスクリームで、ゆったりと寛げるところも好い。

テラス席もあって、天気のいい日なら頗る気持ちがいいだろう。ランチセットのほか、ケーキセットなどもあり、散歩の途中で一息入れるにも好い。そうそう、ここのグラタンも気になっているのだ。

【お店情報】
ル・ココ 荻窪5-17-6 トーワビル 1F 地図

| | コメント (0)

より以前の記事一覧