2023年1月23日

Aola たらの白子と里芋のグラタン定食 (荻窪)

R0005989001

今年初のAola。ボリューム満点のサンドイッチが美味しい店だが、昨年の終わりごろからランチタイムに定食を始めて、こちらもすっかりと気に入ってしまった。冬らしい寒さだから、シチューやグラタンなんかがあるといいなぁ。なければ、宿題にしている新しいオムレツサンドをいただこうと思って来た。

今日の定食メニューを見ると、なんとグラタンがある。しかも、たらの白子と里芋なんて、絶対に美味いやつ。待っている間に、先客のグラタンが出来上がり。ちらっと見えた焼き色のそそること。「わぁ~おいしそう」なんて声が聞こえてきて、もう堪らない。

さて、自分のグラタンがやって来た。見た目だけでなく香りにも誘われる。スプーンを入れると、先ず表れたのは里芋。ほくほくねっとりのやわらかさも美味しい。次には白子。口にするととろりととろけて、口いっぱいに広がる旨味。どこにスプーンを入れても、具に当たるという具のたっぷりさも大好きだ。

スープにサラダ、オムレツ、ご飯と漬物がセット。大満足だが、他の方が注文したオムレツサンドやカキフライサンドもやっぱり気になる。そうか、グラタン単品とサンドイッチのハーフという方法もあるか。いずれにしても、楽しみが増えて、益々足が向く機会が増えそうな予感。

【お店情報】
Aola 杉並区天沼3-30-41 地図

| | コメント (0)

2023年1月20日

Chatoan 赤飯豚汁セット (阿佐ヶ谷)

R0005986001

しばらく営業が不定期なことが続いて、少しご無沙汰していたChatoan。天気もいいし、幾分暖かいし、こんな日に歩いて向かうには丁度いい距離。住宅街の中にある日本茶カフェで、日本茶や和菓子などの他、軽食もあって、そこで出されている豚汁のファン。具沢山というだけはなく、豚汁の「大」が選べるというのも好きなところ。

豚汁うどんも気になっているが、お願いするのはいつも、赤飯豚汁セットの、豚汁大。普通の汁椀よりも二周りほど大きな立派なサイズにたっぷりと装われているのがうれしいし、大根に豚肉、豆腐にごぼう、蒟蒻、人参、油揚げ等々、王道どころが勢揃い。ほんのり甘めでほっとする。そして、赤飯は、もっちりとしてやさしい味。上に乗った胡麻がこれまた好い味わい。

日替わりの小鉢2種類がセット。今日はキャベツのコールスローと菜の花と厚揚げの煮物。いつも、季節の野菜を使った健康的な料理で、楽しみの一つだ。

お茶をお願いしてゆったりと自分の時間を過ごす方、食事と女将さんとのお話が好きで来られる方など、人によって過ごすスタイルはそれそれだが、店中に流れるゆったりとした空気に、気持ちもゆるやかになっていく。中々機会はないが、こういう場所でのんびりと過ごす時間も大切。

【お店情報】
Chatoan (茶とあん) 阿佐谷北1-21-28 地図

| | コメント (0)

2023年1月12日

オーバカナル 牡蠣チャウダーのチーズオムレツ (銀座)

R0005806001

食べたいものが多すぎて、悩みっぱなしの午前中。牡蠣不足だし、気になっている新しい店もあるし、久しぶりのせりそばも食べたい。あと、冬ならではの温かいもの。そうだ、オーバカナルのオニオングラタンスープも、この季節は格別だろうな。とりあえず、オーバカナルや泰明庵のほうに向かいながら、考えようと歩き出す。

先ず、オーバカナルにやって来て、店頭のメニューをちらり。オニオングラタンスープの単品だけでなく、ランチのセットもあるのか、と思ってみていると、「本日のオムレツ」が「牡蠣チャウダーのチーズオムレツ」と書いてあるに気がついた。ちょっと待て。牡蠣のチャウダーにオムレツ。どこからどう見たって、好きなものばかりの組み合わせ。もう絶対食べるしかない。

「お待たせしました」と届いたのは、あの焼き目一つない美しいオムレツに、牡蠣とほうれん草のチャウダーが添えられている。牡蠣はゴロンと5つ。この時点でもううっとり。

ナイフを入れると、中身がとろりと蕩け出る見事な半熟。フォークで掬いあげると、今度はチーズがとろ~んと伸びて、こちらを誘う。口にすれば柔らかい食感と、玉子とチーズの香りがふわり。そして、チャウダーからは牡蠣の香り。エキスもたっぷりスープに移っていて、バゲットにたっぷり吸わせてないと勿体ない。

いやいや、今日はこれに出会えて大満足。牡蠣欲も玉子欲もすっかり落ち着いた。Instagramを見てみると、このオムレツは、ここ最近比較的登場している様子。シーズン中にもう一度出会えるといいな。

【お店情報】
オーバカナル 銀座 銀座6-3-2 ギャラリーセンタービル 1F 地図

| | コメント (0)

2023年1月10日

ストラーダ 煮込みハンバーグシチュー (荻窪)

R0005789001

食べたいのは、どうしたってハンバーグ。けれどもこの寒さ。温まるものもほしい。そんな都合のいいもの、どこかにないかと考えていたら閃いた。カフェストラーダに、煮込みハンバーグシチューがあったじゃないか。

ストラーダは、カフェと名乗っているが、老舗洋食店から独立したお父さんと、バリスタの息子さんが営む店。だから、コーヒーだけでなく、洋食メニューも豊富で旨いのだ。

それに、目当ての煮込みハンバーグシチューは、小鍋でクツクツと熱々の状態で運ばれてくるところが先ず素敵。湧いている状態を見るだけで、もう温まりそう。ハンバーグの他、ブロッコリーや人参、じゃがいものなどの野菜が、深い色合いのブラウンソースに浸かっている。

湯気が少し落ち着いて来たところで、ハンバーグにスプーンを入れると、もわっと上がる湯気とともに、空腹を刺激する牛肉やナツメグなどの香りが溢れ出す。堪らずハフッと頬張ると、熱さに一瞬怯んだが、程良い肉感とソースのコク味とほろ苦さが何とも好い。食べている間、ずっと温かくてほくほく。これからの季節、温かさは正義だ。

セットのドリンクは、単なるコーヒーではなく、エスプレッソやカフェラテなども選択可で、自分はすっかりカフェラテのファン。季節限定のチキンクリームコロッケも、とても気になるし、近いうちにまた。

【お店情報】
CAFFE STRADA 荻窪4-21-19 荻窪スカイハイツ1F 地図

| | コメント (0)

2022年12月27日

ラポム 大満足サラダプレート (阿佐ヶ谷)

R0005472001

恐らく今年最後の新規開拓。阿佐ヶ谷南側のつり堀近くにあるラポム。カレーや生姜焼きがあったり、パンや焼き菓子などの販売をしていたりと、正直に言うと、ずっと何の店だろうと思っていたところ。

少し前に、阿佐ヶ谷で素晴らしいサラダランチの店を目にしたが、すっかりどこだか忘れてしまって、つい先日思い出したら、この店だった。年末年始はついつい食べ過ぎ、飲み過ぎてしまうから、今日辺りここでサラダランチなんてどうだろうと考えた次第。

カフェ的店かとな店かと思っていたら、自ら作るのが好きというシェフとマダムの店だそう。牛肉も塊で買って店で捌く。パンはもちろん自家製で、低糖質のパンも販売。ランチメニューも定番が9種類のほか、日替わりでいくつか。

大満足サラダランチも、定番の一つ。大満足と謡っているが、運ばれて来るのと見て「おぉっ」と思わず声が漏れた。葉野菜の上には、蓮根や南瓜、蕪などの焼いた野菜や、コンビーフやポテトサラダ、キャロットラペ、柿のサラダなどの、自家製の惣菜もたっぷりと。それにパンも2種類あって、どちらも温かくて立派な量。たしかにこれは大満足。

こうなると、厚切りの豚肉ファンとしては、厚切りのポークジンジャーも気になるし、魚プレートやハンバーグ、この時期ならミートドリアだって気になって来る。家庭的で朗らかで雰囲気も素敵だ。今までなぜ来なかったんだろうと悔しいくらい。来年は絶対お世話になりたい店。

【お店情報】
ラポム 阿佐谷南3-38-37 地図

| | コメント (0)

2022年12月20日

Aola 今日のランチ (荻窪)

R0005380001

今年出会って、すっかりファンになった店といえば、Aolaもその一つ。荻窪にあるサンドイッチの専門店で、夜にはクラフトビールやワインで、つまみも楽しめる店。オープン当初は、冷製のサンドイッチのみだったが、ホットサンドの提供を始め、最近、ランチタイムに定食を始めたそうだ。しかも、グラタンだったり、ラザニアだったり、トリッパの煮込みだったり。絶対好きに違いない。

オムレツサンドが新しくなって、それを頂くつもりだったのに、ワクワクする新展開。行く前から悩んでいても仕方ないから、今日のメニューを見て、何を食べようか考えようとやって来た。

メニューを貰うと、今日の定食は、白子と旬野菜のクリーム煮と、チキンのスパイスカレーの2種類。はぁ、悩む。特に白子のクリーム煮なんて、絶対ワインが欲しくなりそう。けれどもやっぱり気になるから、食べたい気持ちに正直に、クリーム煮をお願い。

しばらくして定食が届く。クリーム煮の他、スープにサラダ、オムレツにパン、リンゴまでがついた充実ぶり。クリーム煮は、注文が入ってからソースと白子や野菜を合わせる出来立てで、味わいも瑞々しく綺麗。白子は口にするとプチッと弾けて、濃厚な味わいがとろり。ほうれん草や芽キャベツなど、冬野菜の個性もあって、ワインが欲しくなるが大満足。ミネストローネも具沢山で、旨味とトマトの酸味がとても好い。

サンドイッチだけでもファンなのに、それとは別にこの定食を食べに来たい。来年は、益々うかがう頻度が増えそうな予感。

【お店情報】
Aola 天沼3-30-41 地図

| | コメント (0)

2022年12月13日

ひゃっかみつ Hyaccamitsuのまかないドリア (阿佐ヶ谷)

R0005290002

雨が降って、真冬のような寒さ。こんな日なら、近くの町蕎麦で、カレー南蛮なんてどうだろうと思い立つ。雨も止んできた頃、店前まで向かうと、嗚呼しまった。定休日か。気持ちはすっかり温まるものを迎える気分。どこか代わりになりそうなもの…と思い出したのが、ひゃっかみつのまかないドリアだ。

阿佐ヶ谷の北口、8月下旬にオープンしたカフェ。キャンドルレッスンなども開いている洒落たカフェだが、牛タンシチューや件のドリア、夜には軽く料理を食べながら飲むことが出来る店として記憶していたところだ。

続きを読む "ひゃっかみつ Hyaccamitsuのまかないドリア (阿佐ヶ谷)"

| | コメント (0)

2022年12月12日

はまの屋パーラー 玉子・サンドゥイッチ (有楽町)

R0005284001_20221213074701

今日は絶対にはまの屋で玉子サンドと決めて来た。自分でも驚くことに、今年の5月以来7か月ぶり。やはり食べ納めをしておかなくては、というか、もう食べたくて仕方なかった。それに、はまの屋パーラーが入るこのビルは、来年閉館予定。ここに気軽に食べられなくなる日が近づいている。

やって来ると、ありがたいことに、「お好きなところにどうぞ」という状態。けれども、12時を過ぎるころになると、続々と席は埋まっていき、行列が出来始める。人気は相変わらずだなぁ。

お願いするのは、もちろん玉子・サンドゥイッチの半分だけトースト。それにブレンド。運ばれてきたサンドイッチは、気のせいだろうが、玉子が幾分厚めに見える。玉子好きとしては、なんだかうれしい。

トーストしたのと、していないの。どちらを先に食べようか。今日は、トーストした方を手に取る。カサカサと芳ばしいパンと、薄いパンに対するどっしりとした玉子の存在感。それに今日の玉子は少し焼き目がついていて、トーストしたパンとの相性がいい。日によって、多少玉子の焼き加減が異なるが、それもまた出会いの面白さ。

そして、最後の1つもどちらにするか、一悩み。大抵気に入ったほうを最後にするが、今日はトーストしてない方。指が沈み込みそうなパンの柔らかさと甘さ、玉子とパンのとろけ方、バランスの良さの見事なこと。久しぶりだが、やはり大好きな玉子サンド。スペシャルや、フルーツサンドもと思うが、自分には、玉子の吸引力が強すぎる。

【お店情報】
はまの屋パーラー 有楽町1-12-1 新有楽町ビル B1 地図

| | コメント (0)

2022年12月 1日

カフェストラーダ 若鶏とごろごろ野菜のクリーム煮込み (荻窪)

R0005168001

今日は確実に寒くなると聞いていたから、ランチはこれにしようと決めていたものがあった。それが、カフェストラーダの若鶏のごろごろ野菜のクリーム煮込み。期間限定メニューがいつもあって、今の時期のメニューがこれ。ビーフシチュー的な煮込みを出してくれる店はいくつかあるが、クリームシチューやクリーム煮込みはあまりないし。

セットのサラダとパンに続いて、目当てのクリーム煮込みが届く。器自体も熱々で、「お気をつけて」とやって来た。メニュー名のとおりに、野菜と鶏肉がごろごろ。ブロッコリーの他、南瓜、じゃがいも、人参等々、ホクホクとした野菜が多いのが素敵。クリーム煮込みらしく、シチューというよりも、サラッとあっさりとして、穏やかでやさしいコク味。食べ進めると、ぽかぽかと胃から身体が温まって来る。ちなみに、このメニューは、12/6頃までだそう。

老舗洋食店から独立したお父さんと、バリスタの息子さんが営む店。だから、ドリンクにもこだわりがあって、とても好きだ。コーヒーの他、クラフトビールなどもあったり、自家製のデザートなどもあったりして、カフェとして使うのも楽しそう。

そんなこともあってか、12時を過ぎると、近くにお勤めらしい方々が続々と。予約までして来る方もいらっしゃって、人気の程が窺えるというものだ。定番には、煮込みハンバーグシチューもあるし、昨シーズンから楽しみにしている冬季限定のボルシチなど、これからの季節にぴったりなメニューもあって、寒いのは苦手だが、これからも楽しみなのだ。

【お店情報】
カフェ ストラーダ 荻窪4-21-19 荻窪スカイハイツ1F 地図

| | コメント (0)

2022年11月21日

ル・ココ ロールキャベツ (荻窪)

R0005064002

いまいちすっきりしない天気に、温かいものが欲しくなる。今日は汁物ではないんだ。グラタンもいいけれど、そうだ、ロールキャベツなんてどうだろう。それならと向かったのは、ル・ココ。荻窪駅の西口、すずらん通りから横道に入ったところにあるカフェ。ご家族で営まれているそうで、品が良く温かい雰囲気も好きだ。

現在はカフェスタイルだが、以前は以前はカジュアルフレンチレストランを営まれていたそうで、本格派の料理も魅力。ランチメニューは4種類あるが、一番人気がロールキャベツ。トマトベースのソースで煮込まれた、ゲンコツよりも大きなロールキャベツが2つとボリューム満点。けれども、ナイフを当てると、スーッと入っていくほどに柔らかく煮込まれていて、やさしい口当たり。噛み締めると肉とキャベツの旨味に、トマトソースがギュッと溢れて混じっていく。口いっぱいに広がる幸せに、体だけでなく気持ちまで温まる。

サラダなら、ヨーグルトのような酸味のある自家製のドレッシングが美味しいし、食後には、ドリンクとアイスクリームで、ゆったりと寛げるところも好い。

テラス席もあって、陽が差す日なら気持ちがいいだろう。ランチセットのほか、ケーキセットなどもあり、散歩の途中で一息入れるにも好い。そうそう、ここのグラタンも気になっているのだ。

【お店情報】
ル・ココ 荻窪5-17-6 トーワビル 1F 地図

| | コメント (0)

より以前の記事一覧