2017年6月 7日

長生庵 冷やし鴨南蛮蕎麦 (築地)

R0000415003_3

今日は築地方面に行こうと都合をつける。先日、よだれ鶏が美味しかった一凛で、よだれ鶏の冷麺とか、布恒更科で夏のお愉しみの冷やしすだちや冷汁。それに、そろそろ長生庵で夏の蕎麦も捨てがたい。

悩みに悩んでやって来たのは、長生庵。決めては、Twitterで流れてきた「三重県桑名産の大粒ハマグリの花巻蕎麦とミニしらす丼セット」。もしなければ、大好物の冷やし鴨南蛮にしようとやって来た。

 

2時過ぎだというのに、どの時期に来ても繁盛している。案内された席に腰をかけつつ、壁に貼られたおすすめメニューを確認する――と、「貼ってはあるんですけど、花巻そばと海鮮六色丼は終わってしまって……」という残念な知らせ。それで、冷やし鴨南蛮蕎麦(1,400円)をお願いする。

 

届いたそばから、芳しい脂と汁の香りが食欲をそそる。ラードで炒めコク味を増した鴨と、その脂を吸った茄子に葱。そして、ここの油とよく合う蕎麦の汁。シャクシャク葱に、ジュワリと旨味が染み出る茄子を絡めて、蕎麦をツルツル。時々、山椒なんかを振ってもまた旨い。

 

すぐそこに日本酒があることは分かっている。この頭の部分だけで、冷酒をキュッとやったら最高だろうと思うが、残念ながら想像だけに止めておく。

 

【お店情報】

築地長生庵 築地4-14-1 モンテベルデ101 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月29日

よし田 きしめん (銀座)

R0000350001

6丁目のよし田できしめん。なぜだか食べたいものが温かいきしめんで、確か、ここにあったんじゃなかっただろうかと、記憶を頼りにやって来た。もしなければ、にゅうめんでもと思っていたが、「きしめん」(850円)は、ちゃんとそこにあった。

 

届いたどんぶりには、名物コロッケそばと同じような葱と、甘い揚げが2枚に麩。自分が子供の頃から親しんでいた、鰹節が躍るきしめんとは、随分と趣が異なるが、きしめんを啜り上げ、ピロピロと揺れる度に広がる汁の香り方は同じ。それに特長は柚子の香り。なんとも爽やか。これも旨いもんだなぁ。

 

ここに来るたび、昼から酒を楽しんでいる人を必ず見ていたが、今日は、皆食事をする人ばかり。見るにつけ羨ましいと思っていたが、居なければ居ないで、寂しいもので。

 

【お店情報】

そば処 よし田 銀座6-4-12 KNビル 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 2日

よもだそば とろろそば (銀座)

R0000143001_3

年に何度か食べたくなるとろろ。時間があまりとれないからサクッと。だからこそ、休日中の客が少ないだろう店が好い。

それならばココだろう、とやって来たのがよもだそば。いつもなら12時近くでは、狭い店一杯に客がいるが、予想どおり、今日はその半分くらい。冷たいのと悩んだが、まだ温かくていいかと、温かいとろろそば(370)

 

食券を渡してから、1分足らずでの提供。そばに汁。葱にとろろと頗るシンプル。それにしても、濃い色の汁に白いとろろが映えて眩しい。

 

店に入ってから出るまで5分もない。けれども、結構幸せなんだ。

 

【お店情報】

よもだそば 銀座店 銀座4-3-2銀座白亜ビル1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月15日

泰明庵 セリカレーそば (銀座)

Gr005004001

牡蠣もそうだが、そろそろ芹も終盤戦。何時伺おうかと迷っていたが、冬が舞い戻って来たような寒い今日。セリカレーで温まるなんて最高じゃないかと、泰明庵にやって来る。

混んでいるだろうかと覗けば、意外にも誰も座っていないテーブルもある。「2階空いてる?」「空いてますよ。今日はすいてるから」なんて、後から入ったご常連さんと女将さんとの会話が繰り広げられるほど。

湯気と香りを振りまきながら、セリカレーそば(1,200)がやって来た。あゝ、流石に根っこはなかったか。確かに、茎のこの太さを見れば納得もする。それに、鼻腔のいっぱいに広がるカレーにも負けない芹の香り。シャクシャクとした食感。何度食べても堪らない。今シーズンも、うんとお世話になりました。

そう云えば、食べたい食べたいと繰り返していた、白菜そばをようやっと見つけた。冬が過ぎ去る前に、もう一度来なくては。

【お店情報】

泰明庵 銀座6-3-14 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 1日

長生庵 かき天カレーそば (築地)

Gr004861001

早いもので、もう3月。牡蠣料理は、2月一杯で終わりという店もあったりして、気が急いてくる時期。長生庵も、そろそろ牡蠣が終わる頃。今シーズン中に伺えるのは今日くらいだろうと、昨日も牡蠣を食べたのに、構うもんかとやって来た。

来てみれば、店内に貼りだされているおすすめメニューの多いこと。キス天や、初つみの海苔の花巻そば、それに「そろそろ旬が終わり」とかき天そばに、かき天カレー。かきとキスの天ぷらの天もり等々。それに、「干し柿の天ぷら」なんて、メニューも。

あゝ、実に悩ましい。けれども、今日は牡蠣を食べずには帰れない。それでも、悩みは尽きず。かき天そばか、かき天カレーそばか。重大な問題だ。カレーも旨いし、ここのかけ汁は天ぷらに頗る合うのだ。

決め手は、なんとなく寒かったからということで、かき天カレー。牡蠣の天ぷらは2つ。とはいえ堂々と立派なもので、長さも太さも一級品。さっくり揚がった熱々のところを齧り付くと、牡蠣の豊かな香りと旨味に驚かされる。まるで、佳いところだけ残しましたとでも云うような芳醇さと清々しさ。身の旨さと食べ応えも時期を語るに相応しい。

牡蠣そのものも素晴らしいが、衣に揚げ方、それにカレーそれ自体も美味しくて、そばを食べて残ったカレーにご飯を投入したくなる。

次来るときは、牡蠣がないが、冷やし鴨南なんかも食べたくなってくるだろうし、他の天ぷらそばも食べたいし、結局悩みはつきそうにない。

【お店情報】

長生庵 築地4-14-1 モンテベルデ101 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月14日

よし田 牡蠣南ばん (銀座)

Gr004749002
それにしても、丸々ぷりぷりと立派な牡蠣。御姐さんが運んでくるなり、「今日の牡蠣はぷりっぷりなのよ」と、とてもうれしそうに器を置いてくれたが、聞いて想像した以上の見事なもの。

 

先日、よし田で鍋焼きうどんを食べた折、牡蠣のそばも忘れぬうちにと決めていた。もう2月も半ば。そろそろ、牡蠣を思うと気が漫ろになってくる。

 

さて、ここの牡蠣南ばん(1,350)。面白いのは、関東風の出汁と関西風の出汁のどちらが良いかを聞いてくれるところ。今日は関東風。汁の色と味の染みたところが、今日のようは立派な牡蠣にはすこぶる合う。レアよりもも一声二声、火が入っているが、だからこその程よく締まった身と旨味。若芽に葱も好い脇役。

 

前に、ここでは飲んでいる人の方が多いなんて書いたが、今日は皆一人で、蕎麦に向かう人たちだけ。蕎麦を啜る音だけが聞こえるこの雰囲気も、また好いもんだ。

 

【お店情報】

そば所 よし田 銀座6-4-12 KNビル 2F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 2日

よし田 鍋焼きうどん・玉子入り (銀座)

Gr004695001
昨晩は、盛り上がって想像以上の8時間コースだった。二日酔いではないが、肉とかはちょっと遠慮したい。欲しいのは、温かい汁物か若しくはうどん。こういうとき、すぐに岩戸を思ってしまうが、いやいや、ちょっと考えよう。できれば、落ち着いた店がいいんだが――とあれこれ悩んで、やって来たのが6丁目のよし田。ここで鍋焼きうどんなんて、どうだろう。

 

鍋焼きうどんと聞くと、海老天が入っているのを思い浮かべる人が多いと思うが、ここの鍋焼きうどんは、具が五目そばと同じもの。だから、海老天入りで注文するスタイルだ。自分は、鍋焼きうどんに海老天は必須ではないけれども、玉子は必要。それで、鍋焼きうどんの玉子入り(1,050円+玉子100円)。

 

グツグツ、湯気を濛々とあげて運ばれてきた。「器が大変熱くなっておりますので、お気をつけ下さいね」とおいてくれるが、手の火傷も気を付けなければだが、口の火傷も心配だ。

 

取り皿に装って、ふーふー、つるる。うどんが通った傍から、喉や胃がポッポと温まる。出汁が染みた油揚げにかまぼこ、シャクシャクの筍。思わぬ熱さにびっくりのうずらの玉子。具沢山というのは、それだけで愉しいもんだ。そして、追加でお願いした玉子は、やはり最後のほうまで取っておく。うどんが残り2口3口となったところで、熱で固まった白身に箸を当て、とろりと溢れ出る黄身をたっぷりとうどんに絡ませる。うどんと黄身のコク味、それに程よく醤油の効いた汁。クライマックスに相応しい。

 

それにしても、昼から飲んでいる人の多いこと。ざっと見ても半分以上。一番奥では、お燗と〆の鍋焼き。そりゃあ、暖まるに違いない。

 

【お店情報】

そば所 よし田 銀座6-4-12 KNビル 2F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月23日

泰明庵 セリカレーそば (銀座)

Gr004627005
今日は蕎麦だと、泰明庵へ足を向ける。この時期の泰明庵といえば、芹入りのそばか、白菜そば。どれにしようか、どれも捨てがたいんだよなぁなんて、考えながら引き戸を開ける。

 

おや珍しい。空いている。相席でなくても座れる席が幾つか。品書きが書かれた短冊が良く見える席を陣取って、つらつらと眺める。せりはあるが、白菜は今日もなしか――。それなら、この寒さに対抗できそうな、セリカレーそば(1,200円)で決まりだ。もちろん、根っこ入り。

 

器の一面を覆うほどにたっぷりと盛られた芹の香りと、カレーらしいスパイス香りは、いつ来ても、食欲が刺激される。ふぅーと深くその香りを吸いこんで、箸を入れて手繰り寄せ、ようやっと確認できるそばとともに啜り噛むと、シャクシャクと歯切れよい食感と、さらに強く感じる香り。ゆるい餡状のカレーで、最後までアツアツなのもこの時期格別なのだ。

 

店の電話がなって、何の用だろうと様子を窺っていると、どうやら今日、白菜そばがあるかどうかの問い合わせだったらしい。「云っておきます」なんて言っていたが、白菜の登場、こちらからも強く希望します。

 

【お店情報】

泰明庵 銀座6-3-11 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月11日

美々卯 牡蠣そば (京橋)

Gr004525002_2
別の牡蠣料理を目指していたが、生憎今日はないらしい。それならコッチとやって来たのは美々卯。この時期に出る牡蠣そば(1,350)が目当てだ。

 

ここの牡蠣そばが好きなのは、ゴロゴロと7、8個も入る牡蠣も然ることながら、器一面にふんだんに入るわかめと、こちらもたっぷりと添えられる生姜。わかめの香りと牡蠣の香りが混じり合って、何とも云えず幸せな潮の香りが、湯気と共にふわりと立ち上がるのが堪らない。そこに生姜。潮風のべたつきを払拭してくれるように、さっぱりキリリと引き締めて、さあ、もう一口と誘う名脇役。


牡蠣といえば、季節のかやくご飯(320)も、今は牡蠣。うずらそばか、きざみうどんに牡蠣ご飯ってのも好いなぁ――、なんて思っていたら、お隣の方がきざみに牡蠣飯。くー、次はそれだ。

【お店情報】

美々卯 京橋店 京橋3-6-4 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月22日

TOKYO Mar Mare トムヤムそうめん (八重洲)

Gr004300002
最近のヒットといえば、TOKYO Mar Mareのトムヤムそうめん(750)。使っているそうめんが半田そうめんと云うだけで好きだというのに、酸っぱ辛いトムヤム味。パクチーももさもさと乗って、好きなものばかりを集めたみたい。思い出すだけで、ムズムズとしてきてしまう。

 

だからこそ、やっぱり年内にもう一度。そうめんという名前だが、少し太くて腰ある半田そうめん独自の食感。それに、タイ料理店かと思うくらいの本格的なトムヤムスープ。パクチーだけでなく、海老も惜しみなく入って、やっぱり好きだー。

 

すっかりリピーターの方も増えたようで、12時を回ると、中々の賑わい。偶然隣になった方も、半田そうめんを出し始めた頃からのファンだそうで、この賑わいぶりが嬉しい様子。そうだよなぁ。来年も、またお世話になります。

 

【お店情報】

TOKYO Mar Mare 八重洲2-5-12 プレリー八重洲ビル1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧