2022年4月21日

恵 きざみ (荻窪)

R0002471001_20220421221201

今晩は好きな店で飲んで食べる予定があるから、昼はサクッと。好物の半田そうめんの店もいいが、恵でうどんなんてどうだろう。伊勢うどんで育ったから、うどんと云えばやわらかいもの。それとは違う旨いうどんがあることを教えてくれたのがここだ。

カウンターが3席ほどと2人卓が一つという小さな店。「こんにちは~」と暖簾をくぐると、「いらっしゃいませ」と女将さんとうどんを打っている息子さんが出迎えてくれた。

好きなのは、きざみ。今日もきざみかなぁと思って来たが、壁に貼られたメニューを見ると、例えばカレーうどんとか、どうだろうかという気がしてくる。けれども、あの好きな味を思い出すと、やっぱりきざみの温かいのだ。

「お待たせしました~」とカウンター越しに届くのは、醤油っ気が感じられない、やや白く透明な出汁と、たっぷりと入る葱と油揚げが印象的なうどん。先ずは大好きな出汁と具を一口。やわらかくなった葱と、その甘味が染み出た出汁、それをすった油揚げ。絶妙なトライアングル。淡く感じるが、押しつけがましくなく、じわじわと口に身体に染み入る旨味の品の良さ。

そしてうどんは太めの手打ち麺。コシやもっちりとした弾力と、噛んでいると小麦が広がってくるところが好きだ。もちろん出汁との相性も好い。器に入っている皆が主役。

夏になったら、茄子おろしや梅おろしなんかも気になるし、お隣の方が召し上がっていたお店のおすすめの一つ、合わせ(たぬき+きつね)も気になる。けれども絶対きざみが頭をチラチラ。さて次はどうなることやら。

【お店情報】
手打ちうどん 恵 天沼3-6-21 地図

| | コメント (0)

2022年3月27日

ふるやま (南阿佐ヶ谷)

Dsc_0819002

以前、「好い蕎麦屋と聞いて約20年。初めて行ってみたら、こちらが心配になる程の素晴らしさ」と書いたが、以降どっぷりとハマっている。こんなご時勢で、休業されていることもあったが、営業されているならば、定期的に伺う一軒。

続きを読む "ふるやま (南阿佐ヶ谷)"

| | コメント (0)

2022年3月25日

泰明庵 せりカレーそば (銀座)

R0002175001

この秋冬、食べそびれていたものといえば、泰明庵のせりカレーそばもそうだ。今シーズンは秋口にそろそろ出る頃だろうと伺って、せりそばを頂いたが、その後すっかり伺えずに、あっという間に3月下旬。このまま大好物の根っこが入ったせりカレーそばを食べずに、季節が過ぎるなんてありえない。

とは言え繁盛店。入れるだろうかと心配だ。扉の開ける前から「人の気配がするなぁ」と恐る恐る暖簾をくぐると、案の定、1階席は満卓。目が合った女将さんに、「2階は空いてますか?」と聞いてみると、「大丈夫ですよ」とのこと。

2階へ上がると、こちらは打って変わってゆったりムード。壁一面に貼られたメニューから、一応、せりカレーがあるかどうかを確認。ヨシヨシまだある。「根っこ入り?」という問いに、もちろん「はい!」と即答だ。

2階へそばが上がって来る気配がする。順番的に、あれは自分のものに違いないと思っていると、やはり自分のところへやって来た。はー、この香り、久しぶり。それに根っこの太いこと。箸を入れて、そばをグッと引き上げると、カレーと芹の香りもグワリと強くなる。啜り込んで噛み締めると、更に膨らむ香り。それにシャクシャクとした食感が堪らない。

2階にいらっしゃったお姐さんは、どうやらせりと根っこ推しのようで、注文を迷っている方にはすかさずせりを勧め、「今の根っこは特に美味しいのよ」なんて続けている。ホントそうなんだよと言いたい気持ちを押さえながら、今シーズン最後の一杯を満喫する。

【お店情報】
泰明庵 銀座6-3-1 地図

| | コメント (0)

2022年3月 7日

阿波や壱兆 しらすと薬味野菜のそうめん (阿佐ヶ谷)

R0001906002

昼休みの間にやっておきたいことがあって、サクッと食べられるところ。半田そうめんの専門店、阿波や一兆にて、季節限定メニューが気になっていたことを思い出して目指す。気になっていたのは、しらすと薬味野菜のそうめん。季節感と香りを想像すると、ワクワクする。

注文をして待つ間、品書きを改めて確認する。好物の田舎ぶっかけや温麺、カレーそうめんなど定番ものは変わりがないが、寒い時期のメニューだったらしいビーフシチューや、すだち等は見合わせ中。なるほど、季節によってメニューも結構かわるらしい。

そうこうしているうちに、そうめんが届く。カウンターから目の前に下ろすと、マスク越しにも伝わる香り。それに、たっぷりのしらすと緑の薬味は、目にもそそる。丼に箸を入れ、そうめんをグッと持ち上げると、ふわりと香りがさらに増す。かいわれ菜に大葉、生姜に葱、茗荷、胡麻等々、香り豊か。それにしらすの旨味とやわらかい塩気が、つるつるもちもちの半田そうめんに好いアクセント。飲んだ後の〆にも最適だろう。

定番も好きだし、季節限定も好いとなると、益々メニュー選びに迷いそう。トッピングも様々あるし、愉しい悩みは尽きそうにない。

【お店情報】
阿波や壱兆 バイパス店 阿佐谷南3-2-3 ローレルビル 1F 地図

| | コメント (0)

2022年2月24日

ピッキーヌ カウソイと揚げ春巻き (阿佐ヶ谷)

R0001833001

食べたいのは、カレー味。カレーライスにインドカレー、カレーうどん。そうだ、カレースパテゲィもあるじゃないかと考える。そういえば、カレー味といえば、カウソイもあるじゃないか。この辺りでカウソイといえば、ピッキーヌ。少しご無沙汰しているし、今日はピッキーヌで、カウソイだ。

ピッキーヌは、阿佐ヶ谷の住宅街の中にあるタイ料理店。創業して30余年。東京の中でも古い店。ここに来る時の多くは、休日の昼。シンハーを貰って、揚げ春巻きをツマミにして、タイヌードルで〆。けれども、今はアルコールの提供はしていないから、仕事の間の休みに来るのにもってこい。

カウソイ単品での注文も出来るが、小皿料理を付けることが出来るランチセットがお得で、大抵そう。小皿料理には、グリーンカレーや大根餅、ちまきなど6種類ほどメニューがあるが、好きなのは揚げ春巻きだ。

春巻きの皮はバリバリ。中には春雨や人参などが入って、添えられている酢と唐辛子タレをつけると、味わいに深みが増して好きだ。そして、目当てのカウソイ。いつも揚げ麺のところは、シンハーのツマミとして、少し食べてしまうが、今日は端から混ぜてしまって、食感の違いを愉しもう。バリバリした麺とつるつるの麺が散らかる感じが面白いし、少しカレーを吸ってしんなりしてきたところも好い。そして何より、カレーが旨い。やっぱり、このカウソイ好きだ。

緊急事態宣言から始めたテイクアウト半額。ランチメニューは300円引きという太っ腹なサービスは、まだまだ継続中。

【お店情報】
ピッキーヌ 阿佐谷北2-9-5 地図

| | コメント (0)

2022年2月10日

豊年屋 鍋焼きうどん (阿佐ヶ谷)

R0001622001_20220211023001

今日は、豊年屋で鍋焼きうどんを食べようと決めていた。杉並区役所のほぼ目の前。青梅街道沿いにある蕎麦屋。店の傍を通ると温かい汁のいい香りがする、地元に根差した街の店。冬になると、店前の品書きに「あつあつ、鍋焼きうどん、味噌煮込みうどんあります」という貼りだされて、寒い日に一度と思っていたんだ。

みぞれの降る中やってくると、ほぼ満席。近くに勤めているだろうグループを除けば、ほぼ近くにお住まいと思わしき先輩方。慣れ親しんだ空気が温かい。1卓残っていた小上がりに腰を落ち着け、念のためと品書きを見る。温かいものといえば、カレー南蛮もあるよなぁ…。少し迷うが、この寒さ。鍋焼きうどん日和を逃がす手はない。

待つことしばし。鍋焼きうどんがやって来た。目の前に届いてから、女将さんがそっと蓋を開けると、ふわっと湯気が立ち上がる。あゝ温かい。そして香り。外で嗅いでいたあの香りだ。グツグツと沸く汁の中には、蒲鉾になると、玉子焼き。麩に椎茸、豚肉、若芽。それに立派な海老の天ぷらと盛り沢山。海老の天ぷらはここの人気の一つ。花揚げにした衣が汁に合うし、海老も誠実感のある食べ応え。それに、江戸前らしい汁が、うどんや具材に染みた感じも、なんとも云えず温かい。

自分と同じように、鍋焼きうどんを召し上がる方、悩んだカレー南蛮の方。あの海老天が2本に蕎麦が付く天丼を召し上がる方。それぞれにゆったりと愉しんでる雰囲気も好い。野菜の煮物やもつ煮などもあり、酒を飲りつつ、まったりと過ごしてみるのもいいかもなぁ。

【お店情報】
豊年屋 成田東4-37-10 地図

| | コメント (0)

2022年2月 1日

よし田 牡蛎南蛮そば (銀座)

R0001514001_20220201205401

出勤日になると、昼をどうするべきか、どうしたって悩んでしまう。食べたいもの、行きたい店は沢山あるが、中々全てに伺うのは難しい。それで、今日は牡蛎を食べようと、牡蛎しばりで考えてみる。カキフライは当然大好きだし、かきちりや天ぷら、麺類だっていろいろと。

そうだ、よし田の牡蛎南蛮そばなんてどうだろう。毎年、年が明けた後くらいから、丸々とした立派な牡蛎が入って来るし、関西風もあるが、関東風の汁が染みた牡蛎の旨いこと。牡蛎のそばならば、ここが一番好きだ。

待つこと暫し。お目当ての牡蛎南蛮そばが届く。あゝ、やっぱり今日も立派な牡蛎。ぷっくり丸々として弾けんばかり。そして、出汁が染みて少し色づいているところも好い。齧り付くとぷりんと身が弾けて、潮の香りと、出汁が染みた牡蛎の身の旨味がじわり。若芽やとろりと柔らかい葱も名脇役。

ここに来るたび、昼から酒を楽しんでいる方をお見掛けするが、今日も生ビールから始まり、一人静かに過ごす先輩方。静かに呑める場所は、大切。

【お店情報】
銀座よし田 銀座6-4-12 KNビル 2F 地図

| | コメント (0)

2022年1月17日

なか路 牡蠣きのこ玉子とじうどん (銀座)

R0001350003

今日は絶対食べに行こうと思っていたものがあった。銀座なか路の牡蠣きのこ玉子とじうどん。Instagramで度々目にしたもので、牡蠣に玉子、好物のそろい踏み。しかも、以前は遠くて伺えなかったが、頑張ったら伺えるかもという場所に、リニューアルオープンされ、行ってみたいと持っていたのだ。

以前は、かきしゃぶ屋のあった場所。階段を上がって店に入ると、なんだか懐かしい感じ。食べたいものは決まっているが、一応ランチメニューを一眺め。週替わりらしい「小鍋仕立ての豚バラ豆腐煮卸し」にもとても惹かれるが、余所見はせずに、牡蠣きのこ玉子とじうどんをお願いする。

暫くすると「お待たせしました~」と運ばれてきた。うどんだけでなく、サラダや煮物、漬物に味噌汁がセット。うどんの丼には、具がたっぷりと。玉子のベールを覗き込むと、ぷっくりとした牡蠣を発見。1つ、2つ…合計4つ。一つ摘まみ上げてみると、箸を通しても分かるむっちり感。頬張ると、旨味と海の香りが口いっぱいにふんわりと。

そして、出汁が旨いからこその玉子。出汁をたっぷり抱き込んで、ふんわりとした玉子で口が一杯になる倖せ。口を動かすごとに、ふわふわじゅわり。細目のつるつるうどんも、出汁や具にとても合う。

寒くないですか?と声をかけてくれるなど、ご主人のお人柄も感じ良く、ファンになる方も多いんだろうなぁという印象。牡蠣が入った海鮮フライも気になるし、他にも気になる料理が沢山。気合を入れないと難しいが、何度か訪ねてみたいと思う店。

【お店情報】
銀座なか路 銀座3-14-5 地図

| | コメント (0)

2021年12月15日

恵 きざみうどん (荻窪)

R0000824001

どうにもこうにも、うどんの気分。それならあそこだと向かうは、荻窪の恵。初夏に出会って、一遍でファンになってしまった、手打ちうどんの店。特に、きざみうどんが気に入っていて、今日も温かいきざみをいただこうとやって来る。

カウンターが3席と2人卓が一つという小さな店。先客はなく、「こんにちは~」と暖簾をくぐると、「いらっしゃいませ」と今日は女将さんが迎えてくれた。

うどんを茹で、一方で、油揚げや葱を調理。カウンターから見る厨房は、いつも緊張感があるが温かい。こうやって眺めている時間が好きだ。

「お待たせしました~」と届いたのは、もう馴染んだ白く透明な出汁と、たっぷりと入る葱が印象的なうどん。先ずは大好きな出汁と具を一口。やわらかくなった葱と、その甘味が染み出た出汁、それをすった油揚げ。絶妙なトライアングル。これだけ飲んでいたいとも思うし、これに豆腐を入れて肴にしてもいいなぁなんて想像もする。

うどんは太めの手打ち麺。コシやもっちりとした弾力と、噛んでいると小麦が広がってくるところが好きだ。やわらかいうどんで育ったから、やわらかいうどんがもちろん好きだが、ベクトルが違う旨いうどんに出会えたことが今年の収穫。カレーやかき玉なんかも気になってはいるが、好きすぎて、ここに来たら、ついつい「きざみ」といってしまいそうだ。

【お店情報】
手打ちうどん 恵 天沼3-6-21 地図

| | コメント (0)

2021年11月22日

阿波や壱兆 田舎ぶっかけ (阿佐ヶ谷) 

R0016525005

肌寒さに欲するのは、温かいもの。温かい具沢山の汁物が思い浮かぶが、ズルズルッと温かい麺を啜って、スープを飲むのはどうだろう。そうなると、先ず頭に浮かぶのは、フォーの店と半田そうめん。1軒挟んで、ほぼお隣さん。どちらにしようは、店頭に行ってから決めようと来る。

すると、フォーの店は今日は休み。それならば、迷うことなく半田そうめん。品書きから、温かいメニューを探すと、温かいぶっかけに、温麺、カレーや豆乳スープなど。一方で、ここに来るなら、一つやってみたいことがあった。田舎ぶっかけの具として出る、椎茸煮がとても好きで、そのトッピングをお願いすること。それなら、今日は、田舎ぶっかけの椎茸トッピング。つまり椎茸が2倍。ウッシッシ。

店の方からも、「田舎ぶっかけの椎茸2倍です」と届く。たしかに、錦糸卵にわかめ、かにかまなど、カラフルな具が乗るが、椎茸だけがこんもりと。好物は後に取っておく質だから、先ずは、出汁といただくと、温かさと、旨味とあっさりさとの塩梅が好い。そして、ズズズッとそうめんを啜り上げれば、半田そうめんならではの、つるつるでモチモチの存在感が口いっぱい。これが好きなんだ。

そして、椎茸。椎茸自体が好きだが、それを甘く煮たところが好きだし、暫くすると、出汁にほんのり椎茸の味が移るところも好きだ。やっぱりいいなぁ。通常椎茸が乗らない麺に、椎茸トッピングもありだよなぁ。想像が広がってやまない。

【お店情報】
阿波や壱兆 バイパス店 阿佐谷南3-2-3 ローレルビル 1F 地図

| | コメント (0)

より以前の記事一覧