2019年9月 3日

都鳥 唐揚げライス (京橋)

R0008696002

十数年、ずっと気になっていたから揚げがある。それが、京橋にある都鳥のランチに出ている唐揚げライス(1,300円)。焼鳥の有名店、伊勢廣や栄一と同じ通りにある焼鳥店で、創業は古く昭和26年と聞く。ランチタイムには焼鳥もあるというのに、多くの人が注文する唐揚げ。ずっと頭の片隅にあったもの。

来るまでに十数年もかかったのは、店の場所がやや遠いことと、から揚げ熱が上がって来るのが、年に一度くらいということ。子供の頃は、から揚げが好物でよく食べたものだが、その頃に、一生分近いから揚げを食べてしまったのかもしれない。

それはさて置き、都鳥。暖簾を潜って引戸を開けると、「いらっしゃい。空いているところへどうぞ」と威勢の良い声が耳に届く。一人客は、1階のカウンター席。目の前は厨房で、次々と入る注文を、声を掛け合い仕上げていく。こういう空気感、好きだ。

お茶に鳥スープ、漬物、ご飯をやって来て、目当ての唐揚げもあっという間に揃う。なるほど、これはインパクトがある。平べったい大きな唐揚げがドカリと4つ。それに、香りの芳ばしさ。喉が鳴るというやつだ。大きく口を開けて一口ガブリと齧り付くと、衣のカラリとした食感に続いて、しっとりジュワッと存在感のある鶏肉。下味のしっかりついたご飯に似合いの唐揚げ。家の唐揚げも下味をたっぷりと効かせたやつだったなぁ。

唐揚げライスは、限定30食。ご常連の中には、マヨネーズを追加でオーダーする方も。回転は速く、サッと食べられるところも、短い昼休みには有難い。

【お店情報】
都鳥 京橋1-4-10 地図

| | コメント (0)

2019年8月20日

TOKYO MarMare カツオのタタキ (八重洲)

R0008579002

昨日野菜が少なかった気がして、今日は野菜を食べたい気分。炒めものというよりもサラダ。といっても、葉野菜ではなくて――とやって来たのは、TOKYO MarMare。こちらのランチ(1,100円)は、サラダバー付き。レタスやキャベツ、水菜もあるが、ブロッコリーやオクラ、トマト、かぼちゃ等、ゴロリとした野菜も用意されていて、今日はそれが目当て。

いざ伺ってみると、今日は時節柄か、トマトやオクラがたっぷりと並んでいてニッコリ。願ったり叶ったり。サラダバーの他、スープやドリンク、ライスやパンもセルフスタイル。好きなものを好きなだけというのが好い。

メインの料理は、いつもなら、ローストポークをお願いしそうなところを、カツオのタタキ。トマトとバジルを使ったソースをあしらった洋風のカルパッチョ的な仕立て。フレッシュなトマトの瑞々しさとバジルの香りが印象的で、カツオのタタキというと、和風に頂くことが多いが、こういう料理の仕方も好いな。

定番のブイヤベースの他、週替わりのメニューがあったりして、リピートしやすいということもあるのだろう。近隣に勤める方で、今日も賑わっている。

【お店情報】
TOKYO MarMare 八重洲2-5-12 プレリー八重洲ビル1F 地図

| | コメント (0)

2019年4月 9日

TOKYO MarMare 濃厚ブイヤベース (八重洲)

R0007120002_1  

久しぶりに京すしにでもと向かったところ、ランチタイムのピークにはまだ早いというのに遠くからでも行列が見える。うーん、やはり普通の日にふらっと伺うのは難しいか。

諦めはしたものの、口はすっかり魚が食べたくなって、ココならあるはずとやって来たのが、Tokyo MarMare。肉料理に魚料理、パスタなどのメイン料理に、スープやサラダ、パン、ライスなどはセルフでおかわり自由というランチ(1,000円~)。今日の魚系のランチは、濃厚ブイヤベースと、鰆の西京味噌漬け。この店は洋食のイメージだからと、ブイヤベース(1,100円)をお願いする。

サラダを盛りつけて、青菜がたっぷりと具として入ったスープのお代わりを貰ったところで、ブイヤベースがやって来た。以前にも頂いたときも驚いたが、浅利にムール貝、烏賊に白身の魚とこれがホントに具沢山。トマトベースのスープには、魚介の香りや出汁が染み出していて、最後の一滴逃さずパンに吸わせて頂きたくなる。

週替わりのメニューがあったり、セルフでおかわり自由だったりという使い勝手の良さもあるんだろう。近隣に勤める方々で、いつも賑わっている。

【お店情報】
TOKYO MarMare 八重洲2-5-12 プレルー八重洲ビル 地図

| | コメント (0)

2019年3月14日

とんかつ富士 しょうが焼き (京橋・八重洲)

R0006840003

そろそろコクシネルに行きたくなって伺ったものの、テラス側から覗き見ただけで、カウンターは一杯。それならあれだ、ぶた焼きだと同じフロアのむーみんヴィノムに向かったものの、今月6日を以て閉店したそうだ。

 

口はもうすっかり豚肉。この辺りなら、そうだ。とんかつ富士のしょうが焼き(850)。個性的でダイナミックでボリュームたっぷり。来る客のほとんどが、ロースかつか、このしょうが焼きを注文する。

 

何が個性的って、ダイナミックな生姜の使い方。隠れようがないほどにたっぷりと入る。それに所々つくほど良き焼き目。それに、こんもりと盛られたキャベツ。緩急が面白くて、ボリュームたっぷり。もちろん、旨い白飯にぴったりと合うところも好い。

 

独り客はカウンターで、複数なら奥のテーブル席。12時を過ぎると、一人、一組と静かにやって来る客が多い。この数年出来た新しいビルの谷間で営業する、いい味わいの個人店。こういう店が賑わっているというのが嬉しい。

 

【お店情報】

とんかつ富士 八重洲2-8-11 地図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年3月 3日

神泡BAR (八重洲)

R0006488001

「神泡」が体感できる店が八重洲にオープン。


続きを読む "神泡BAR (八重洲)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月27日

TOKYO Mar Mare スズキのポワレ (八重洲・京橋)

R0005503001

野菜の補給がしたくて、どこへ行こうかと考える。先日伺った八重洲サラダマーケットに再訪しようと思ったが、同じエリアに、トーキョーマルマーレのランチのサラダバーもあるなと気付く。メイン料理のメニューを見て考えようとやって来たら、スズキのポワレが目に留まった。青海苔とアサリのソースが気になって。

 

こちらのランチは、6種類のメイン料理を選ぶと、サラダやスープ、パン、ライス、ドリンクバーが付いてくるシステム。葉野菜やトマト、玉葱等の他に、オクラやブロッコリー、かぼちゃのロースト、それにタマゴサラダがあって、その日食べたい感じで自分好みのサラダを作ることができるのが愉しいところ。

 

サラダもスープもお代わりをした頃、メインの料理が届く。スズキのポワレの他に、たっぷりと野菜が添えられているのが、今日の気持ちにあって嬉しい。それに、ソースには浅利が想像以上にふんだんに入って、そこに青のりの香りが溶け込んで風味豊か。

 

少し久しぶりだったが、相変わらずの盛況ぶり。寒い日に、ここの煮込み料理というのもいいな。

 

【お店情報】

TOKYO Mar Mare 八重洲2-5-12 プレリー八重洲ビル1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 6日

八重洲サラダマーケット チキンハムサラダ (八重洲・京橋)

R0005301003

昨日、モルチェを出た後、エドグランの周りを探索していると、ダクシンのランチメニューの隣に、見慣れぬ看板が出ていることに気が付いた。どうやら、西洋銀座プロデュースのサラダ専門店らしい。時々サラダランチを欲する味としては、ちょっと気になると思った次第。

 

メニューはサラダ3種類(1,000)。季節のシェフのおすすめサラダに、ローストビーフサラダ、それとチキンハムサラダ。野菜ばかりよりも、メイン料理的なものが入っているほうが好みだから、メニューの説明にそう書かれていた「チキンハムサラダ」をお願い。ドレッシングも3種類からの選択で、シーザードレッシングを選ぶ。

 

程なく運ばれてきたサラダは、なるほど、メインディッシュになりそうな立派なサイズ。大きなサラダボールの中には、鶏肉の他、キャロットラペや、ローストしたじゃが芋、りんごにトマト、クスクス等々。食材の大きさや硬さの異なるものが沢山混ざっているからこその、食感の面白みが愉しいサラダ。


冷たいサラダの一方で、温かくぽってりとしたかぼちゃのスープが付くというのがとても好い。他、パンとドリンクバーもセット。営業時間は、11:3014:00L.O.13:15)。期間限定の営業だそう。

 

【お店情報】

八重洲サラダマーケット 八重洲2-5-12 プレルー八重洲ビル2F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 5日

TOKYO Mar Mare 柔らか豚バラ肉のポトフ (八重洲・京橋)

R0004239001

先日の振られ続けた日、この店にもやって来たんだ。大変に賑わっていて踵を返したが、今週のランチの太刀魚のフライや、豚バラ肉のポトフが気になっていて、今日改めてやって来た。

 

微妙な天気だからか、今日は比較的空いている。壁際のテーブル席を貰って、周りを見渡す。ローストビーフとブイヤベースがやっぱり人気か。太刀魚も気になっているけれど、昨日も揚げ物だし、今日は少し肌寒いしで、ポトフをお願いすることにする。

 

ここのランチ(1,100)は、メイン料理にサラダやご飯、パン、スープ、ドリンク類はセルフサービス。大体いつも、サラダのお代わりを貰って来たところで、メインの料理が届く。柔らかく煮込まれた豚バラの他、ソーセージや、蓮根やポテト、玉ねぎなどもたっぷりと入る。シンプルな味わいだが、だからこそ、ほかほかと沁みる。

 

そうこうしているうちに、続々と客がやって来て、料理やドリンクが置いてあるバー辺りは渋滞。さて、次の方に席を空けましょう。

 

【お店情報】

TOKYO Mar Mare 八重洲2-5-12 プレリー八重洲ビル1F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月11日

沌 トムヤムクン汁そば (丸の内・八重洲)

R0003717003

朝から口がどうしてもトムヤム味。問題は、どこで食べるか。近くて手軽なチャオタイもあるし、エスニック系といえば、銀座ファイブ。この界隈のレストランフロアがあるビルならば、ほとんど食べられそうな気がする。

 

悩んでやって来たのが、PCPビルに入る沌。麺類が非常に充実しているのが特長の店。ここで好きなのが、「辛いものが苦手な人はご遠慮下さい」と断り書きのある「辛口鶏煮込みそば」。最近はこればかりで、トムヤム系の麺を食べたことがないことに気が付いたからだ。

 

ここでの名前は、トムヤムクン汁そば(880)。見た目は辛そうではないが、スープを一口含むと、あゝこれこれ。食べたかった酸っぱ辛い味。それに、海老出汁とレモングラスの香りが食欲を駆り立てる。具は、海老に団子、パクチー、フクロ茸にもやし。ボリューム多めというのも好きなところだ。サラダにタピオカのデザート付き。

 

トムヤムクン春雨に生春巻きのセットや、夏には冷やしのトムヤムクン汁そばもあり。

 

【お店情報】

沌 丸の内1-11-1 パシフィックセンチュリープレイス丸の内B1 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月22日

おでん処 しおの サービス定食 (京橋・八重洲)

R0003265001

先週だったか、先々週だったか、しおのの前を通ったとき、ランチをリニューアルするとの案内を見つけた。なんとなく、和食の気分だった今日、新しいランチってどんなだろう?と気になって、やって来た。

 

ランチメニューは、確かに変わっていて、煮魚か焼魚に、おでんがついた定食(1,000)。階段を上っていくと、「サービス定食」(700)というのもあるらしい。前払い式で、今日の魚の説明を受けると、焼魚は、鮭に赤魚の粕漬け、煮魚は銀鱈。サービス定食は、間八のかぶとだという。そのラインナップなら、値段のことを除いても、間八だ。

 

セルフサービスのサラダを盛って席について暫く。見るも立派なかぶとが届いた。なるほど頭だけではなく、カマもついているんだ。黙々と骨と身を外して食べ進めるが、一人だからいいものの、誰かと一緒だったら、話もしないでと怒られるに違いない。魚以外にも、おでんが2つ(しかも玉子入り!)、納豆、漬物、味噌汁と、この値段では申し訳ない内容と量。

 

店内で食べられる定食だけでなく、グラム売りのテイクアウトのお弁当の販売も始めていて、これも近くに勤める方に人気があるよう。

 

【お店情報】

おでん処 しおの 八重洲2-10-7 SHIONO八重洲ビル2号館 2F 地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧