2024年2月21日

Aola オムレツサンドイッチ (荻窪)

R0010353001

そろそろAolaのサンドイッチを食べたいなぁと思ったものの、水曜は定休日。けれども、今どんなランチをやっているのだろうと、店のInstagramを見てみると、今週月曜日に臨時休業をしたため、今日は営業するとも知らせを発見。なんと素敵なタイミング。これは今日伺わなくては。

生憎の天気も手伝ってか、店には一番のり。今日のランチメニューを見ると、今日食べようと思っていたオムレツサンドの他、ランチプレートとして海老とポテトのグラタンがある。グラタンだよ、グラタン。こちらも好物で肌寒い日にはぴったり。うーん悩む。

結局お願いしたのは、オムレツサンド。最近は、カキフライサンドやクリームシチューなどいただいていたから、少々久しぶりだし好物だし。それに、一口にオムレツサンドと言っても、毎回ソースやオムレツに入る具材が違うのだ。

オムレツを焼いて、パンとトーストして、具材を重ねてスパッと包丁で切ると、湯気が立って焼いた玉子とパンの香りがこちらまで届く。ハァ、大好きな香りだ。厚いサンドイッチがこぼれないようにガブリと一口。やわらかなオムレツは、なるほどチーズ入り。それに茸のクリームソースと、シャキシャキのレタス。まろやかさとコク、瑞々しさの組み合わせ。

それに、サラダとスープがセットだが、今日のスープが豚汁という幸運。サンドイッチに豚汁?と思うかもしれないが、やさしい味噌の味が合うし、豚肉や根菜の旨味もたっぷりで、毎日飲みたいくらいに好きな味。ランチプレートを目当てに、明日また来ようかな。

【お店情報】
Aola 天沼3-30-41 地図

| | コメント (0)

2024年2月19日

おさかな食堂 サワラのゆず香り焼き定食 (阿佐ヶ谷)

R0015186002_20240220074001

夕方から雨と聞いていたが、家を出ると既に雨。しかも、ポツポツというよりも、ザァーっと降っているときもあって、本格的な雨模様。商店街のアーケードを歩いて移動していると、いつも行列があるおさかな食堂に、珍しく待っている人がいない。こんな天気だからだろうなぁ。

阿佐ヶ谷のメイン商店街、パールセンターの駅側ほど近くにある、おさかな食堂。チェーン店のように見えるが個人店。店名のとおり、魚料理推しの店。清潔で一人で入りやすいこともあり、老若男女にファンがいる。

定食類が豊富なのも愉しいところだ。定番の定食に、旬の魚の定食や、日替わり定食等々。人気のまぐろメンチもあれば、今の季節ならカキフライもある。あれこれ思い巡らせながら品書きを捲っていると、好物のサワラの文字が目に入る。うん、今日はこれだ。

サワラのゆず香り焼きの定食の、調子に乗って、小さい刺身が付くセット。「お焼するのに10分ほどかかりますがよろしいですか?」と聞かれたから、勿論です。忙しいランチタイムに、焼き置きをしていないことがむしろ素敵だ。

10分も待たずして運ばれてきた。程よい焼き目と艶が何ともそそる。ほぐして口にすると、爽やかな柚子の香りがふわり。品のいい鰆の味によく似合う。小刺身とあるが、立派で角の立った刺身が2種類4切の盛り合わせ。冷奴、漬物付きで大満足。一組腰を上げれば、また一組やって来るという繁盛ぶりも納得というものだ。

【お店情報】
おさかな食堂 阿佐谷南2-14-12 地図

| | コメント (0)

2024年2月14日

ピッキーヌ トムヤム (阿佐ヶ谷)

R0010287001

家を出てみると、聞いてはいたもののあまりの温かさにびっくり。そうなると、欲しくなるのは暑い国の味。それならば、大好きなピッキーヌへ向かおう。ピッキーヌは、阿佐ヶ谷駅北口の住宅街の中にあるタイ料理店。創業して30余年。東京でも古い店の一つだ。

昼の名物は、ランチセット(夜でも注文可)。麺料理と小皿料理を一つずつ選ぶ仕組みで、麺料理も小皿料理も6種類ほどから選択可。麺料理については、ここではカレー味のカウソイが大好きだが、今日はこっくり味よりも、辛い味や酸っぱい味。それなら今日はトムヤムだ。

ここのトムヤムは、甘みが特徴的。飲んだ後、甘さがグッと来たかと思いきや、辛味や酸味が追いかけてきて、欲していたタイらしい味。それに、豚肉のコク味や野菜のシャキシャキ感なども混じって、後惹く美味しさ。麺は平細麺。つるつると啜って、スープをゴクリと飲むと、グッと体温が上がって汗もジワリ。麺単品ならば650円とリーズナブルで大満足。

同じことを思う方が多いのか、店は満席大賑わい。隣の方は、取引先の方を自分のお気に入りのこの店に連れてきた様子で、あれこれと説明している姿が頼もしく微笑ましい。この店ではよく見る光景で、こうやってファンが増えていくんだな。

【お店情報】
ピッキーヌ 阿佐谷北2-9-5 地図

| | コメント (0)

2024年2月13日

どにどに 純豆腐チゲ (荻窪)

R0010282001

どうしたって、たっぷりの汁物気分。豚汁を出す店や、韓国料理店などを幾つか思い出すけれど、定休日だったり、祝日の翌日で休みという店がほとんど。他にどこかなかっただろうか…と思い返すと、一度伺ったきりの韓国料理店を思い出した。

荻窪駅南口すぐのビルの地下にある「どにどに」。界隈に韓国料理店が多くて、すっかりご無沙汰していた店。そうそう、メニューが豊富で、あの日も悩んで好物のユッケジャンにした記憶がある。

今日もスープを存分に食べたいからという理由だから、スープやチゲだけで、20種類近くという種類の多さは、悩ましくもうれしいところ。コムタンもあれば、参鶏湯も好い。そうなると、決め手は玉子。それなら、純豆腐チゲ。それだけだけでも5種類あるけれども、一番プレーンな純豆腐チゲをお願い。

先ず、3種類のおかずとご飯が届いて、湯気をたたえたチゲが届く。おぉ、思っていたよりも辛そうだ。グツグツと沸くスープにスプーンを入れて一口。うん、辛味はしっかりあるけれども、それだけではないスープの旨み。あゝ、これ今日欲しかった味。

具のメインは豆腐だけれど、浅利にイカに海老が小さいながらもふんだんに入って、いい味わい。玉子は割ると、僅かに黄身がとろりと溢れる好みの固さ。最後にご飯を入れて大満足。すっかりご無沙汰していたことを後悔。食べてみたいメニューは山ほどあるし、久しぶりにならないうちにまた来なくては。

【お店情報】
どにどに 荻窪5-30-12 グローリアビル荻窪 B1F 地図

| | コメント (0)

2024年2月 9日

紅矢 ビーフシチュー (阿佐ヶ谷)

R0010212001

雪が降ってから少し経つが、日陰にはまだ雪が残っているせいか、しんしんと冷えて、やたらと温まるものが恋しい。今日の気分は辛いものというよりも、こっくり美味しいシチューとか。それでやって来たのが紅矢。食品製造会社が直営している、グラスフェッドビーフのステーキやハンバーグがリーズナブルな人気店。

やはり、ステーキやハンバーグが人気だが、個人的に好きなのは、ステーキをパンで挟んだステーキサンドや、今日の目当てのビーフシチュー。

このビーフシチューの好きなところは、パッと見では分かりにくいが、牛肉と野菜がゴロゴロと。これほどたっぷりと牛肉が入るビーフシチュー見たことないというくらい。牛肉はすね肉だろうか、スプーンを入れると、ほろりと解けるやわらかさ。さらにとご飯との相性がバツグンというのも好ましい。

一人悦に入っていると、隣の方のカレーソースハンバーグが届いて、その香りに心を奪われる。それに大盛ご飯は完璧。鉄板の威力ってやっぱりすごい。湯気はごちそう。

【お店情報】
紅矢 阿佐ヶ谷店 阿佐谷南1-12-5 レミントンハウス阿佐ヶ谷 地図

| | コメント (0)

2024年2月 8日

呉さんの台湾料理 日替わりランチ (荻窪)

R0010191003

そういえば、呉さんも少しご無沙汰しているなと、店のInstagramを開く。ランチの営業は、木~日の4日間。今日の日替わりを見ると、メイン料理は麻婆茄子。辛いものが食べたい気分でもあったし、たしか麻婆茄子は初めてのはず。それなら今日は、ここで決まりだ。

まだ12時前ということもあって、カウンター席も随分と空いている。が、その後続々と客が続いて、あっという間に満席に。人気は相変わらずらしい。メニューは、日替わり1本だから、中華粥かご飯を選んで伝えるのみ。そうすると、チャッと鍋を振ったかと思うと、早々に料理が届く。

先ず目を惹くのが麻婆茄子。茄子が艶々。そして辛くてスパイシーないい香り。堪らず箸を付けると、油を吸った茄子はもちろんのこと、挽肉のコク味に、麻婆豆腐とは異なるキレのある辛さ。それに食べる前よりも鮮やかな香り。しかも、油を使っているのに軽やかでとても好きだ。

副菜は、豚肉とセロリの炒め。そしてファンの日替わり中華粥は、今日はしらすと若芽。口に含んで仄か感じる塩気と香り、温かさが心地いい。デザートには杏仁豆腐。ちなみに、麻婆茄子は、夜の新メニューとしても登場した様子。他にメニューが増えていて、夜にもまた来なくては。

【お店情報】
呉さんの台湾料理 天沼3-1-5 地図

| | コメント (0)

2024年2月 7日

瓜坊の定食屋さん エビグラタン定食 (荻窪)

R0010181001

そういえば、あの味噌汁を最近飲んでないぞ、といそいそとやって来たのが、瓜坊の定食屋さん。料理のカテゴリーに拘らない定食が、いつも8種類ほど。それに、美味い味噌汁と副菜の多さも魅力の店。

昨日や一昨日より暖かいけれど、グラタンが食べたくて、あるといいなぁと思っていたら、今日のメニューの中に「エビグラタン」がある。もう完璧。

グラタンなどが準備される一方で、玉子をかき混ぜているなぁと思っていると、厚焼き玉子が焼かれていく。今日の副菜に出てくるだろうかと、ほのかに期待したけれど、焼いた後は冷まして味を落ち着かせている様子。残念。これには少し早かったみたいだ。

そうこうしていると、グラタンの定食が届く。ふつふつと沸き立つグラタンに、俄然元気が湧いてくる。器の縁のソースがやや焦げているところから、スプーンを入れると、立ち上がる香りとのびるチーズにそそられる。立派な海老ではないけれど、風味と食感、それにそれらが染みたソースが美味しい。

副菜も、蕪の煮物や、もやしと木耳のナムル、小松菜のお浸しなど、相変わらずの充実ぶり。それにご飯と、大好きな味噌汁は、今日も余計なもののない綺麗な味わい。ここに来ると、胃と気持ちがほっとする。

【お店情報】
瓜坊の定食屋さん&お惣菜お弁当 荻窪5-7-11 地図

| | コメント (0)

2024年2月 6日

阿波や壱兆 鴨南蛮そうめん (阿佐ヶ谷)

R0010174001

時間的な余裕もないし、寒いし、道路には雪がまだあるし。けれども、美味しいものが食べたいんだ。こういうときにその欲求を叶えてくれるのは、阿波や壱兆。愛しの半田そうめんの専門店だ。

店のInstagramを見ると、昨夜は一人用の鍋を出していて、今日もあればいいなと思っていたけれど、これはなし。けれども、昨冬に食べたかったけれども、食べ逃した鴨南蛮そうめんがあって、こちらをお願い。やっぱり寒い時期には、鴨と葱。

運ばれてきたのは、いつもより少し濃いめの出汁のそうめん。先ずはと出汁を一口飲むと、いつもより甘辛くて、鴨の脂やそれを吸った葱の香りや甘さがじわりと沁みる。そこへそうめんをズズッと。この出汁は、蕎麦はもちろんだが、細麺でコシの強い半田そうめんにもぴったりだ。添えられた牛蒡やすだちからの香りも、いいアクセント。これも良い季節の一品。

やはり温かいものを求めてか、客が続々とやって来る。他の方の注文を聞いては、あゝ、それも旨いよね、なんてついつい思ってしまうメニューの豊富さ。大好きな半田そうめんを出してくれるのはもちろんのこと、いろんな食べ方を提案してくれる大好きな店。

【お店情報】
阿波や壱兆 バイパス店 阿佐谷南3-2-3 ローレルビル 1F 地図

| | コメント (0)

2024年2月 5日

オトノハ 日替わり定食 (阿佐ヶ谷)

R0010168001

家を出たところで、霙混じりの雨が降り始めて、遠くまで歩くことを断念。今の最優先事項は、暖かいところで温かい料理。鍋焼きうどんやカレー南蛮なども思いついたけれども、ここはどうだと向かったのが、オトノハ。杉並区役所の傍にある地元で人気の中国料理店。出来立て熱々の料理も好いし、店の雰囲気も温かい。

店を覗くと満席だったけれど、ちょうど会計をする方がいらっしゃって入れ替わり。腰を掛けると、暖房がしっかりあたる席でほっかほか。出してくれるお茶も温かで、ほっと一息。暖かさってありがたい。

お願いしたのは、日替わりの「チンジャオロース」。麻婆豆腐も考えたが、チンジャオロースは、ここでいただいたことがないはずだから。

「お待たせしました~」と料理が届く。パプリカも入って彩り豊かで艶々のチンジャオロースに箸を入れて持ち上げると、ふわっと湯気が立ち上る。あゝ湯気。香りも良くて気持ちが逸る。口にすると、筍のシャクシャク、ピーマンのシャキシャキ、豚肉のむっちりとした食感からの旨味の膨らみにうっとりする。

副菜は、自家製の胡麻ダレの水餃子。むっちりと餡が詰まってむちむちパンパン。ツルンとした皮からのたっぷりとした餡で、食べ応えもバツグン。たっぷりと添えられたザーサイと、ご飯とスープで、今日も大満足。しっかりと温まって帰り足はすっかり軽い。美味しい料理は幸せを運んでくる。

【お店情報】
オトノハ 阿佐谷南1-14-12 地図

| | コメント (0)

2024年2月 2日

きょうのランチェ 具だくさん鮭粕汁おにぎりセット (荻窪)

R0010139001

荻窪駅南口にあるナチュラルローソンの向かい。気になっていたのが、Barの間借りでランチ営業をしている「きょうのランチェ」。メイン料理に小鉢が3品、ご飯とスープの定食って、絶対好きな感じ。しかも、今週はメニューに粕汁とおにぎりのセットがあると知って、絶対に伺うなら今週だと決めていたんだ。

入口を開けると、先客グループが1組。「少しお時間がかかりますが大丈夫ですか」と一人で切り盛りする店主が声をかけてくれて、カウンターの端に腰を下ろした。ランチメニューは、目当ての粕汁とおにぎりのセットの他、チキン南蛮と豆腐の大葉チーズ豚巻きの3種類。確かに、小さなキッチンで、一人で作って運んでというのは忙しそう。けれども手際よく、そして、彩り豊かなランチが届けられていく。

おにぎりを握って、粕汁を装って、それらが自分の前にやって来た。文字通り具沢山の粕汁に2種類のおにぎり。それに3種類の小鉢にサラダと、わくわくするような料理がずらり。先ずは粕汁を一口。酒粕の風味はあるが、優しい味わい。鮭の他、根菜類や油揚げなども入って、食べすすめるほどに、体だけでなく、気持ちもほかほかと温まるよう。

小鉢も、生姜が効いた浅利の佃煮や、南瓜の金平、蕪と塩昆布の和え物など、家庭的な料理だが家庭の味ではない塩梅の良さ。別の料理も食べてみたいし、これからお世話になる予感しかない。

【お店情報】
きょうのランチェ 荻窪5-29-1 地図

| | コメント (0)

より以前の記事一覧