2021年9月16日

アンドビール 2種がけカレー定食 (高円寺)

R0017134001

高円寺と阿佐ヶ谷の間。中央線の線路沿いに洒落た店が並ぶ一角がある。その中でも人気の高い店の一つが、アンドビール。ブルワリーとスパイス料理の店。自由に飲みに行けたころは、いつも混み合っているしと尻込みをし、自宅からは少し遠くて、ランチタイムに伺うには時間が足りないかと思い、ずっと伺えていなかった店。

けれどもやっぱり気になるし、今日はそれほど忙しいわけでもない。それに今日なら長い時間歩いても、気持ちが良さそうだと、伺うことを決めた。

店に着くと、外の席にも先客がいて、満席だろうかと心配したが、カウンターの空きがあって一安心。見ていると、回転は速く、満席でもしばらくすれば入れそうだ。

カレーは、1種類からあいがけを、4種類(日によっては3種類)から選ぶ仕組み。それに、アチャールやパパド、煮たまごなどがセットとして付いてくる。カレー選びは、どれも旨そうだから困る。あれこれ悩んで、絶対に好きそうなケララチキンと、たぶん好みだろうなと、モロヘイヤとマッシュルームのラジマ(赤インゲン豆のカレー)を選ぶ。

盛り付けが先ず素敵だし、それに、香りのそそること。ココナッツベースのやさしさはあるものの、キリッと辛さのあるケララチキン。一方のラジマは、豆のほくほくとやわらかい甘さがあって、違いが愉しめるというのがとても好い。

丁寧に作られたカレーに、居心地のいい店内。人気なのもなるほど。でも魅力はまだ半分も知っていない。次は、自家製ビールとスパイル料理をいただきに。

【お店情報】
アンドビール 高円寺北4-2-24 アールリエット高円寺 A棟 105 地図

| | コメント (0)

2021年9月14日

鍋家 青菜と牛バラの煮込み (阿佐ヶ谷)

R0017107001

今日は美味しいものを食べようと、ずっとワインが飲みたくなるからと避けていた店でランチと思っていたのだが、来てみると休みらしい。定休日は水曜のはずだし、先日も営業していたが、こんな状況かだから、そうとも限らないのかもしれないなぁ。

気を取り直して、どうしたものか。中杉通りまで出てみると、いつもは混雑している鍋家が空いている。気軽に美味しい料理を、手軽な値段で出して入れる中国料理店。だから、コロナ渦前は、相席必須の繁盛店。今も店内営業はもちろんだが、テイクアウトも積極的で、なんとも逞しい。

ランチメニューは、週替わり。エビチリに油淋鶏、麻婆豆腐など6種類。四川風という麻婆豆腐にも惹かれるが、ご飯のおかずとしては、青菜と牛バラの煮込みなんて良さそうだ。そう、この店は、一人でもお櫃でご飯が提供されるんだ。蓋を開けると、湯気がふわり。好いねぇ…、でもこれ何合あるんだ?

副菜と玉子スープ、お櫃ごはんに続いて、メイン料理がやって来る。いいねぇ、この牛バラの艶と八角などの中華らしいスパイスの香り。それに、茶色と緑のコントラスト。先ずは、やっぱり牛バラだと頬張ると、ほろりとほどける柔らかさ。次は青菜と一緒に口にすると、シャキシャキとした食感とシンプルな青さが、コク味のあるタレと好相性。そして、やっぱり白い飯。これで780円。

空いていると入ったが、12時を過ぎると、近くにお勤めと思わしき方々が次々とやって来る。テイクアウトもそう。久しぶりだったが、このスピード感と気軽さ、バランス感。相変わらずの人気ぶりに納得。

【お店情報】
鍋家(KOYA) 阿佐ヶ谷店 阿佐谷南1-16-11 地図

| | コメント (0)

2021年9月13日

源氏 銀かれい照焼 (荻窪)

R0017102001_20210913192701

食べたいのは焼き魚。あそこに行けば、きっと何かはあるだろうとやってきたのは、源氏。荻窪にある魚料理が豊富な店。刺身にフライ、焼魚に煮魚、ちらし寿司等、10種類ほどの魚料理がずらりと並ぶ。

今日のランチメニューを確認すると、秋刀魚の塩焼きが目に入る。最近、魚屋なでも見かけるようになったし、秋が近づいてきているんだなぁと思うが、今日はまだ秋刀魚の気分ではない。他にないかと探してみると、銀かれいの照焼という字が目に入る。今日はこれだ。

運ばれてきたのは、艶々の紛うことなき銀かれいの照焼。とろみのある煮汁がなんともそそる。箸を入れるとほろっとほどけて、口にすれば、とろりと溶ける。甘辛い味付けと脂が白飯を呼んで、「食欲の秋」「天高く馬肥ゆる秋」という言葉がふと過ぎる。確かに秋も近いのかもしれない。

切り昆布煮に、お浸し、サラダに漬物と、小鉢類が充実しているのも、この店の定食の好きなところ。店の方の働きぶりも気持ち好い。いつ来ても変わらない安定感も頼もしい。

【お店情報】
日本料理 源氏 荻窪5-23-8 地図

| | コメント (0)

2021年9月10日

ラ デヘサ お魚のランチ (荻窪)

R0017054001

半年ほど、ずっと気になっていた店があった。4月に荻窪の路地に出来たスペイン料理店。夜にタパスでワインを飲めたら好いなと思っていたら、こんな事態になってしまった。けれども、ある日前を通りがかると、ランチの営業を始めていることを知る。ランチは、金土日の3日のみ。それなら、金曜日にと思っていたところ。

美味しいもの頂くのであれば、時間に余裕がある日を。今日は、仕事にも気分的にも余裕があるし、天気も良い。伺うには、絶好の日だ。

ランチメニューは、2人からのパエリアや、肉料理、魚料理、スパイシーカレーと4種類。肉料理は、ポークソテーにマッシュポテト。魚料理は、のどぐろのソテーにクスクスだそう。豚肉も好きだが、のどぐろにクスクスなんて、ランチでは中々出会わない組み合わせ。こんなチャンスは逃せない。

続きを読む "ラ デヘサ お魚のランチ (荻窪)"

| | コメント (0)

2021年9月 9日

パーラーエル 自家製ハンバーグ (阿佐ヶ谷)

R0017042001

食べてみたいものがあって、とある店に向かう。人気店だからいつも行列が出来ていて、雨の降る今日みたいな日なら入れるかもと思ってのこと。店を覗くと、確かにいつもよりは空いているが、行列はある。流石の人気だなぁ…。けれども、今日は、次の店を決めていた。それが、パーラーエル。阿佐ヶ谷住民にはなくてはならないパールセンター商店街の、古くからある喫茶店。

ここの来たのも、ずっと気になっていたメニューがあるからだ。それが、自家製ハンバーグ。態々「自家製」と書いてあるのも気になるし、このハンバーグを使ったサンドイッチもある。ぜひこれを食べてと云われているような気がして、それで。

サンドイッチも食べてみたいが、まずは、ハンバーグの定食を。届いたのは、ソースでつやつやのハンバーグ。マスク越しにも分かる懐かしいソースの香り。それにふっくらとして旨そうだ。箸で割って口にすると、表面の焼いた香りと、中の程よい柔らかさ。昔乍らのレシピを忠実に守っているような、誠実で、過剰な演出がないのが好ましい。

それに、千切りキャベツにトマトと胡瓜、ゆで卵にケチャップスパゲティと脇も完璧。食事と一緒にコーヒーを注文すると、1杯150円になるというサービスもありがたい。ミルクの他、ホイップクリームが出てくるというのも素敵だ。

近くにお勤めと思わしき方に、きっとご近所にお住まいの先輩方。年のついた店内も、どこか落ち着く。こういう場所がある街は好い。

【お店情報】
パーラーエル 阿佐谷南2-14-12 イセモトビル2F 地図

| | コメント (0)

2021年9月 8日

らんふぁ 焼肉定食 (阿佐ヶ谷)

R0017035001

慌ただしい一日の束の間の昼休み。こういうときは、定番的な定食が安心だ。和定食が食べられる店を幾つか思い浮かべて、向かったのは、らんふぁ。たい焼きやたこ焼き、焼きそばなどを売る軽食屋。その2階で提供されているランチとその雰囲気に一遍で気に入ってしまった店。

下から2階を見上げると、ありがたいことに空席がある様子。2階へ上がる足音が聞こえると、「いらっしゃいませ~」と明るい声が届く。こういうところから気持ちが好い。定食類は、焼肉、鯖塩、焼鮭と3種類。一通りいただいたから、今日はどれにしようか。何となく、野菜が食べたい気分で、キャベツの千切りが付く焼肉定食を選択。

焼肉というのは、豚肉の甘辛い炒め物。タレが少し多めで、たっぷりと添えられた千切りキャベツも美味しくいただけるのが嬉しい。豚肉は脂よりも肉が多めでやわらかくて、好い食べ心地。

3種類の小鉢が来るところも好きなところ。今日は、玉子焼きに切干大根、肉団子。おや、肉団子は初めてだ。手作りで噛むとホロッと崩れるやわらかさ。お弁当に入っていたらうれしいヤツ。

普通だが、それがとても心地いい食堂。早い時間はご近所の先輩方、12時を過ぎると、区役所など近くでお勤めの方が続々とやってくる。ごちそうさま。また来ます。

【お店情報】
らんふぁ 阿佐谷南1-13-14 地図

| | コメント (0)

2021年9月 7日

やの志ん Bセット (阿佐ヶ谷)

R0017033001

不思議と阿佐ヶ谷には、佳い蕎麦屋が多くある。休日に遠慮なく昼から飲ませてくれる店、好い肴と蕎麦、酒のある落ち着いた店。それぞれ個性がありながらも、好い時間を過ごさせてくれる店たち。やの志んもその一つ。開店当時には、何度かお伺いしていたが、すっかり予約必須の店になり、暫くご無沙汰していたところ。

けれども、前を通りかかると、平日のランチタイムならば、ふらりと入れるときもありそうだと気付いて、近いうちにと思っていたところ。在宅勤務、万歳である(飲めないのは残念だが)。

着いたのは、11時50分頃。既に店内には、客が多く入っていて、生憎一人客用のカウンター席は埋まっている。少しお待ちいただけますか?と云われ待っていると、一人、二人と続々と客が来る。中には予約されている方もいらっしゃって、なるほど平日の昼でも、予約が安心なんだと知る。

現在、緊急事態宣言中ということで、品書きは限定的。せいろにかけ、海老天せいろ、季節の野菜天せいろなど。それに、平日ランチ限定のセットが2種類。せいろと人気の鶏天は同じで、炊き込みご飯か、本日の副菜+わらびもちが違うところ。副菜が気になるなぁと、Bセットをお願いする。

本日の副菜は、じゃがいもと人参のすり流し。鮮やかな色合いひんやりとした冷たさ、滑らかな喉越しが心地いい。それに、鶏天は、大山地鶏を使用。衣はサクサクで、齧り付くと溢れる肉汁。下味をつけているのか、そのままでも旨味たっぷり。この2皿で、酒が飲めたらなぁ…なんて妄想する。

ほどなく、蕎麦が届く。キリッとして艶やか。ズズッと啜り上げると、喉越しの軽快なこと。蕎麦汁の強さもこの蕎麦に向いて、残る爽やかな心地良さ。食後には、抹茶仕立てのわらび餅。抹茶の香りの豊かなこと。

今日は客足が早かったと伺ったが、自分の後ろ3人で店じまい。平日でも予め電話を入れておいたほうが確実のよう。相変わらずの人気ぶりに一安心。そうだ、酒が飲める日が来たら、予定を入れなくては。

【お店情報】
やの志ん 阿佐谷南3-33-11 地図

| | コメント (0)

2021年9月 6日

おにぎりのさんかく山 けんちん汁定食 (荻窪)

R0017020001

今朝方、空気の入れ替えをしたせいか、自室が北側にあるせいか、気温の数字よりも肌寒い。こういうときは、温かい汁物だなぁ。先週の金曜日もそんなことを言ってユッケジャンを食べたんだっけ。そうすると、韓国系のスープは今日はなし。大きな豚汁のchatoanは、定休日。それなら、おにぎりのさんかく山だ。

大好きな店だが、最近益々人気なようで、オープンの12時に伺っても振られる始末。それで今日はオープン前に伺って待とうと決めて向かう。店の前には、すでに2人並んでいらっしゃるが、これなら安心。自分の後にも人が並び始めて、結局12時を待たずに開店となる。

定食は幾つかあるが、今日はけんちん汁一択。キャベツに人参、かぼちゃ、豆腐、油揚げなどがゴロゴロ入る大振りの汁。味噌の味も出汁も、ほんわかとやさしい味わい。それに、握りたてのおにぎり。温かくて、やわらかくて、ほろりと解けるところが好きだ。海苔もパリッとしたところと、しっとりしたところがある好みのタイプ。それに、海苔が全面に巻いてあるのも、とても好い。やっぱりここのおにぎり、好きだ。

3種類の小鉢に漬物、食後には甘味付き。食べている間に、すっかり体は温まってぽかぽか。雨が降る中歩いて自宅まで帰ったが、冷えることなく、どこか気持ちもぽかぽかとして、気分はご機嫌。ランチは、単に腹を満たすだけのものではない。

【お店情報】
おにぎりのさんかく山 荻窪5-29-9 地図

| | コメント (0)

2021年9月 3日

炭火村 ユッケジャン (阿佐ヶ谷・高円寺)

R0016981001_20210903192101

肌寒い日が続くと、恋しくなるのが具沢山の汁物である。しかも、メインを張れそうにたっぷりとあるのが欲しい。出勤しているならば、岩戸の豚汁に、ふくろうの味噌汁。それに、韓国料理店や焼肉店で、スープがメインの定食など、選り取り見取り。

在宅の時は、随分と探したけれども、まだまだ候補がほしいと思っていたところ、ここ好い店ですよという話を耳にした。南阿佐ヶ谷と新高円寺の中間辺りにある焼肉・韓国料理店、炭火村。よく前を通るって気にはなっていたが、外から中が窺いにくく、躊躇していたところ。これは今いかなくては。

引戸を開けると、どうやら一番客だったらしい。想像したより広い店内。席間が広く、ゆったりとしたところも好い。ランチメニューを見ると、推しは焼肉ランチ。一方で、ビビンバや冷麺、スンドゥブチゲにコムタン、参鶏湯なども並ぶ。スープ系だとどれだろう。悩ましいから、こういうときは好物をと、ユッケジャンをお願いする。

まず、サラダとおかず3品が届いて、次にユッケジャンがやって来る。おぉ、これは中々辛そうな面構え。グツグツ湧いているところを掬って、先ずは一口。おおおっ、これはいい辛さ。これまで食べたユッケジャンの中で、一番辛いくらいかも。具はどちらかというと、野菜が中心。でも、しっかりと入って、シャクシャクとした食感が堪らない。シャクシャク、ズズズッー、そこへご飯を一口。これは好いトライアングル。

そうこうしている間に、次から次へと客が来る。体を鍛えていたり、使っていたりしてそうな方が多め。皆、焼肉の定食に、単品で何かを足している様子。それでも、一人1,000円台というのが魅力なのだろう。

次来たら、何を食べよう。参鶏湯なんてどうだろうか。数種類のタンの盛り合わせの定食や、サムギョプサルなんかもあって、悩ましいがワクワクする。

【お店情報】
炭火村 梅里2丁目25−13 高円寺プラザ 地図

| | コメント (0)

2021年9月 2日

かつ源 ヒレメンチ定食 (阿佐ヶ谷)

R0016949001

どうしようもなく揚げ物気分。阿佐ヶ谷で揚げ物ならば、候補に上がるのが、青梅街道沿いにあるかつ源。平日のランチタイムなら、ロースかつ定食が1,000円とリーズナブルかつ旨いことで人気のとんかつ屋。この地で約30年。箸袋の裏には、「阿佐ヶ谷の3つ星目指して歩んでる」と書いてある、地域密着型の気軽な店。

これまで、カキフライにアジフライ、しょうが焼きといただいて来たから、そろそろ、大本命のロースかつ定食か、平日のランチで人気のヒレメンチのどちらかだ。けれども、本命よりも、ついつい「じゃないほう」に興味を持ってしまうのが悪い癖。

ヒレメンチとは、ヒレカツとメンチカツの盛り合わせ。平日ランチタイムは、800円とリーズナブルだが、届いたのは、ヒレカツ3つとメンチカツ1つという中々立派な盛り合わせ。先ずは、ヒレカツ。生パン粉を使った軽やかな衣に、やわらかいヒレ。きめ細やかで旨味と後味の軽やかさが好い。

一方のメンチカツも、ジューシーで肉感はあるのに、重くないのが印象的。それに、毎度おなじみのたっぷりと添えられたキャベツの山。繊細な極細切りで、ふっくら。いくらでも食べられそうな気がする。

旨いご飯にたっぷりと装われた味噌汁、漬物がセット。この値段では、却って申し訳ないくらいの満足感。それに、お姐さん方の接客の安定ぶりも素晴らしい。地元に根付いた佳店。

【お店情報】
かつ源 成田東5-35-12 地図

| | コメント (0)

より以前の記事一覧